Hatena::ブログ(Diary)

摂食障害 一人で悩まず摂食障害を回復しましょう

2015-10-05

2015-06-11

摂食障害  何を食べればいいか考えすぎて疲れてしまう

摂食障害  何を食べればいいか考えすぎて疲れてしまう

摂食障害の患者さんを治療させて頂くにあたり、良くお聞きすることが、いったい何をどれだけ食べればいいのか考えすぎてしまい疲れてしまうということです。

一見何気ない会話のように思えますが、中医学の5行説という専門的なもがあり、この中でも「胃」と「思考」は連鎖しており、摂食障害を患われている方の多くは、食べ物に限らず人間関係自分探しと言ったことに思考が極端にまいすぎる傾向がある事が分かっています。

逆に考えますと思考が舞いすぎるため症状が加速するとも言えるのではないでしょうか。

考えないようにすると言っても、難しいと思いますが、考える事が症状につながりやすいことを理解しておくことも大切だと思います。

2015-06-10

摂食障害はなぜ再発しやすいのか

摂食障害は、一時症状が何かのきっかけや努力により症状が治まったように思われる時があります。

しかし、ストレスな事が起きると、また再発してしまうと言うことが多く、この事を繰り返し経年していく方が多いように思います。

これは完治ではなく停止状態であり脳機能障害や血流障害、気の停滞など問題となる原因が改善していないことから起こると考えています。

症状を一時停止させることだけではなく、脳や体全体のバランスを整え健康な状態に戻してあげることも大切ではないでしょうか。

2015-06-06

過食症 痩せたいと言う感情

摂食障害の患者さんの多くが、強く痩せていたいと言う感情がある事と思います。

この痩せていたいと言う感情は、美しいから、もてたいからと言った単純な理由ではないのではないでしょうか。

その奥にはもっと深い深層心理があるように思います。

幼少期や成長過程において、家族との関係が問題となり、自分という存在を確立できないことから、自分への猜疑心や自己嫌悪となり、自分の居場所、自分という人間の価値を認められなくなっているように思います。

特に母親との関係が問題となることが多いですが、機能不全家族共依存アダルトチルドレンといった言葉が適合してきます。

これらのことから、痩せていることで、自分という存在を認めることができ、社会からも受け入れられると言う、深層心理があるのではないでしょうか。

もちろんこれだけの原因ではなく、脳機能障害や遺伝的要因と言ったことも見逃せませんが、日頃、摂食障害の方や、様々な精神病の方を支援する中、痩せていたいと言う感情の奥にある深層心理を感じることが多くあります。

2015-06-05

摂食障害の治療と食養生

摂食障害を支援する場合、食養生として日頃の食生活を同時にアドバイスさせて頂いています。

食養生は、実はとても重要で、治療回復していく上でも健康な体質作りにおいても大切です。

食べ物で、特に良いのは5色の赤青黄白黒の5つの色をした食べ物を1食10種類以上食べ、5味、甘い、辛い、酸っぱい、苦い、しおからい、と言った5つの味をまんべんなく食べるといいと思います。

なるべく和食中心にして動物性の脂質を減らし、上記のような食養生をされると体のだるさが減り体調がとてもよくなると思います。