Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-22

10年前の自分に会えたら、10年後の自分が来たら

01:39 | 10年前の自分に会えたら、10年後の自分が来たらを含むブックマーク

少々前に、こんなまとめ記事を見つけました。

子供「おじさん誰?」大人「未来のお前だ」

この記事の評価は、読んだ人に委ねるとします。自分は楽しませていただきました。

ただ、これを読んだ後の焦りがひどかったです。

この記事みたいに、私が10年前にタイムスリップ(この言い方古いのか?)できたとして、私は自分にどういうアドバイスをするべきだろうか。逆に、10年後の自分が今の自分に会いに来たらどういうアドバイスをするだろうか。

と、悶々と考え出したのです。

10年前の自分に対するアドバイスはまだ考えやすい、と思っていたのですが、案外そうでもなかったのです。結局、今の自分を基点にしたアドバイスしかできない、つまり、今新社会人としてスタートした自分をよりよい状況に導くアドバイス ( もっといい会社に就職する方法とか、もっといい学生生活を送る方法とか ) しかできないのです。

確かに今の私は自分自身に不満があるし、学生時代にしても、およそ平均的な大学生活からは掛け離れた散々な大学生活を送ってきました。できることならアドバイスをしたいです。

でも、それって今 ( まで ) の自分を幸せを高めることしかできないんですよね。結局、今の自分の幸せを高めることができるからといって、未来の自分の幸せを高めることにはならないんです。

じゃあ、未来の自分は今の自分にどういうアドバイスをするだろうと考えてみました。何となくですけど、未来の自分はこう言いそうです。

「10年後の自分がどうなりたいかをしっかり計画して、それに向かって今日から行動しろ」

結局、自分で決めろ、ってことですね。たぶん自分に厳しいところがあるから、こんなこと平気で言いそうです。せっかく過去の自分にアドバイスできるのにw まあ、はい、今日からやります。

追伸:

ん?でも未来の幸せのために今の幸せを犠牲にするのは、はたして正しい判断でしょうか。若いころの苦労は買ってでもしろ、とよく言われたものですが…。

さて、どうなんでしょう。

(ヒトは、同じ損失でも未来の損失より現在の損失を過大に受け取る、みたいな理論が行動経済学にあったような。うろ覚え。ということは、若いころの苦労は…という考えには皆反対してるのかな?)

確かに、私の今までの学生時代の苦労は社会人になってからも生きている部分はありますが、全部が全部生きているわけではないですし、むしろなくてもいい苦労の方が多かったような気もします(まあ、自分は必要以上に苦労を引きこんでしまう体質みたいですけど)。

それにいつになったら苦労をしなくていい年齢になるんでしょうか。…なんか、なんだかんだいって、定年退職するまで苦労をしてなくちゃいけない、と言われそうで怖いです。言われなくてもしてしまいそうな自分が怖いです。

だから結論はこうです。

今は、したいことやって(←幸せの部分)、同時に未来に向かって努力(←苦労の部分)もしよう。なんだか欲張りですねw でもいいんです。どちらかに偏ると、偏った考えに捕らわれがちですから。

2009-09-19

社会人になって

23:33 | 社会人になってを含むブックマーク

社会人になってまず感じたことは、


「なんて自由なんだ!」


ということです。


なぜかというと、課題がないからです!


仕事が終わると、あとは自分の時間なのです!

(個人情報保護方針のため、仕事の持ち帰りは許可なくできません。

そして、そんな重要な情報を取り扱う仕事は新人には回ってきません。)


私は学生のころは真面目で、というか愚直で、

課題・レポートなどはほぼ全部こなしてきました。

でも頭が悪いので、ものすごく時間がかかっていました。

その上、部活やバイトもしていましたし。

ということで自分に使える時間は、ごく限られていました。


しかし!社会人になった今、課題などはありません!

帰って、夕食を食べたら、自由です!


最初のころはうれしくて7時間くらいゲームしてみたり、

カフェに閉店まで居座ったり、

とにかく、ウハウハでした。

まあ、今も、ウハウハなんですけど。

2009-09-15

はじめまして

23:47 | はじめましてを含むブックマーク

今日誕生日です。

25歳になりました。

四半世紀生きてきましたが、自分はいままで

本当に何もしてこなかったなぁ、無自覚に生きてきたなぁ、

と振り返ってます。

ということで、25歳の誕生日を記念して、

このブログを誕生させたいと思います。

文章を書くのは慣れていないので

拙い文章になるかと思いますが、

よろしくお願いします。