Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-29

IT業界の未経験者歓迎のホントのところ

| 15:38 | IT業界の未経験者歓迎のホントのところを含むブックマーク

IT業界の求人で未経験者歓迎の文字をよく見かける。

かくいう自分もそれにつられて入ったクチである。

しかしこれはゼロからでも育てます、という意味ではなく、

ゼロの状態で現場に放り込んで、育てばラッキー、育たずつぶれてしまったらサヨウナラ、という意味である。


この現実を知らない情弱な若者が今日もIT業界の餌食になっていく。

マッチョになってもウィンプになってもどちらにしろ

会社に利用されているのには変わりがない。


あ、IT業界っていっても中小の人売りばっかりやっている会社のことですよ。

ちゃんと自分の会社でサービスを生み出しているところはまた別。

2010-08-17

プログラマという職業に対する恐怖

22:45 | プログラマという職業に対する恐怖を含むブックマーク

プログラマという職業に就いてから約一年と半年経った。

まともな業務に就くことなく手伝い的な仕事ばかりこなしてきた。

未経験で採用されたし、大学までは文系だったし

最初はプログラミングってよくわからなかったから仕方ないのかもしれないけど。

で、今の正直な感想は、

”プログラマという職業って軽い恐怖なんだけど”

である。

ころころ変わる言語

というのも、自分は1年目はJavaとhtmlしかさわってない。いずれも2ヶ月ほど。

htmlは2ヶ月もさわっていれば大体のことはわかるようになる。

デザインとかの話はまだまだ勉強の余地があるけど。

問題はJavaである。

2ヶ月間Javaをやったところで何がわかるのだろう。しかも半分以上はテストである。

一口にJavaといってもJ2EEやらEJBやらMVCやらstrutsやらseaser2やらわけのわからない世界がふんだんに広がっている。2ヶ月でこれらを理解するのは不可能である。


しかし会社からみれば自分はもう立派にJavaプログラマらしい。

会社が作った経歴書を見てみたら、7ヶ月Javaをやっていることになっていたし。


そして最近はC言語でプログラミングしている。こちらもWIN32APIとかwindowsのことを知らないとまともにソースを追うこともできない。

でもJavaできるんだし、もう2年目だしやればできるよね、っていうのが上の人たちの見解である。


で、来月からはC#になるらしい。予備知識なし。オブジェクト指向ってことくらいなら知ってるけど。


先輩も業務もころころ変わる

こうなってくると、もう頭がいっぱいいっぱいで混乱してくる。

どれもまともに理解していないのに、また新しい環境で新しい言語で仕事をしろと。

せめて言語が一緒なら。せめて対象業務が同じなら。せめて自分に教えてくれる先輩が同じ人なら。どれか一つでもいいから欲しい。


特に自分のようなコミュ力不足の奴には同じ先輩をつけて欲しい

時間をかければそれなりに信頼関係を築ける自信がある。

だけど1ヶ月や2ヶ月では到底無理である。

先輩のこともよく理解できないし、自分のことも理解してもらうことができない。

これでは仕事に支障が出る。


でも会社としてはお構いなし。とにかく現場に経歴詐称してでも放り込んでおけば

成長して戻ってくるだろうと思っている。

ごめんなさい。自分、そんなにマッチョじゃないんです

むしろ適応障害うつ病なんです。隠してるけど。


これが普通なのだろうか

やっぱり中小ITに就職したら、こういう状況が普通なのだろうか。

だとしたら耐えている人はホントにすごい。

フリーランスの人になんて神に思える。

自分は腰をすえて一つのことに黙々と取り組んでいくというスタンスで生きてきたから、正直この状況はつらい。冒頭でも言ったが、軽く恐怖を覚える。


そもそも凡人にプログラマは務まるのか

自分は変わり者であるけど、凡人である。努力はするけど凡人である。

そもそもそんな自分にプログラマが務まるのか。こんなエントリを見つけた。

http://ukstudio.jp/posts/2010/01/31/programmer_is_severe_job/

タイトルがすべてを物語っている。コメント欄で他の職業も同じくらい努力がいる

って書かれているけど、たぶん違う。


プログラマの知識ってコーディングの知識だけじゃない。

対象業務の仕事内容も覚える必要があるし、

資格試験もコーディングの知識だけでは到底合格できないようになっている。


これは受験を控えた学生並みに勉強し続けないとカバーできない量だ。

テレビなんて見る暇ないし、ブログなんて書いている暇も無い。

他の職種の人たちがそんなに勉強しているとは思えない。*1


さらにこんなエントリも。

プログラマが他のいかなる職業とも決定的に異なる理由は「誰にでもできるつまらない仕事」の生産性にある - 分裂勘違い君劇場

自分には耳が痛いどころかお腹が痛くなる話でした。


やっぱりプログラマって恐い職業だ。

ちょっとプログラミングが好き、ってくらいでなる職業じゃない。

人生の中で一番好きってくらいじゃないと真の意味でのプログラマにはなれない

気がする。

*1:いたらすみません

2010-08-11

会社色に染まるなんてまっぴらごめんです

12:24 | 会社色に染まるなんてまっぴらごめんですを含むブックマーク

会社色に染まっていく若者たち

会社の上司と言うものはたいてい自分たちの仕事哲学を押しつけてくる。主に飲み会の席で。


いわく、

会社とはつらいものだ。

上司に口答えするものじゃない。

客(元請け)に気に入られることは名誉だ。

俺たちはこういう地獄を経験してきた。

お前らは甘やかされて育っているから使いものにならない。

など、

自分はそんな意見最初から聞く耳もたないのだが、

若い世代の面々はうんうん頷いている。

勤続年数を重ねるごとにだんだん飼いならされている感じ。


きついのが当たり前。きつくなければ成長できない。

上から文句言われるのが当たり前。むしろそれをありがたく思わなければならない。


そう考える若者が増えていっている。

もちろんきついことや説教に対して愚痴は言うが愚痴をいって終わりである。

特に自分たちの哲学があるわけではない。


会社色に染まってしまった若者は

後輩に対してもすでに会社の哲学を語っているかもしれない。

そして後輩たちも自分を守る哲学なんてもってない者が

ほとんどだろうから、やはり会社色に染まっていく。


たぶんこういう人たちが会社で幸せに生き残る人たちなんだろう。

自分の考えを持っていないので、次第に会社の考えに染まっていく。

会社のDNAを立派に受け継いだ戦士の出来上がりである。

戦士になりきれない自分は近いうちに会社を去るだろう。


新卒偏重主義

社会人2年目にして会社が新卒を重視する理由がわかった気がする。


新卒とは真っ白な存在なのだ。だから会社色に染めやすい、すなわち扱いやすい。そう考えて新卒を雇うのだ。


既卒の人材は自分の色(哲学)を持っているかもしれない。会社色に染まらない社員は扱いにくいし、もしそいつが優秀だったらもっと条件の良い他の会社に転職するかもしれない。

満足な愚者であるよりも、不満足なソクラテスである方が良い

会社色に染まるのは簡単だ。何も考えなければいい。情報に疎くなればいい。情報源を先輩たちの話だけにすればいい。


でも自分はいやだ。会社色に染まりたくない。特に偽装請負のみの人売りIT企業の色になんか染まりたくない。


会社色に染まると楽なのはわかっている。何も考えないでいいし、社内での評価も上がる。仕事も気分的に楽にできるようになる。周りとの一体感にも包まれることができるだろう。会社色に染まるのは幸せだ。


だが自分はいやなのだ。上記のような空(カラ)の幸福感に包まれて生きていくなんてしたくない。たぶん自分は生きるのが不器用なんだと思う。


こういうときジョン・スチュアート・ミルの言葉を思い出す。


満足な愚者であるよりも、不満足なソクラテスである方が良い

2010-08-07

リーダーついて考えてみた

| 10:19 | リーダーついて考えてみたを含むブックマーク

リーダーについてなんの前知識も無く書いてみる。*1


自分はリーダー経験はほとんど無い。大学のゼミのときくらいか。

だから下からの意見ということで。


リーダーに必要なこと

大学生の頃、友人に聞かれたことがある。

「リーダーに必要なことってなんだろう?」

そのとき自分はとっさに

「心配性なことじゃない?」

って答えた。

そのときの自分は今以上にひよっこだったのだが

意外と的を射た答えを言っていると思う。


心配性ってことは

部下がうまく行くか心配しているし

チームの行く末も心配しているってこと。

これってすごく重要なこと。

傍から見たらもっと堂々としろよって言いたくなるだろうが、

部下を心配したら、ちょくちょくフォローを入れるだろうし

チームを心配したら、外に相談してみたりその分野で勉強したりするだろう。


ドラッカーの言葉を借りるなら「真摯」である。

と当時の自分は言いたかったはずである。


リーダーの不在

しかし今の日本は首相をはじめリーダーが不足しているのではないだろうか。

と思ったのも以下の記事を読んで

競争にもまれても強くならない。 島国大和のド畜生


自分がしたコメント:

問題は正しい知識のある人がリーダーになれていないことではないだろうか。結局、権力争いとか根回しとかくだらんことでリーダーが決定している現状を嘆くべき。

もうちょっと詳しく書くと;

リーダーってのは正しい判断を求められる

しかしリーダーも人間だ。間違いはある。問題は間違いを正そうとしないこと。

間違いを正そうとしない自信過剰なカリスマだけの人間がリーダーになっていないだろうか。

正しい判断には裏づけされた知識が必要になる。

その知識をもった人がリーダーに選ばれてないような気がする。

もちろん優良企業では選ばれているだろうが。

声がでかくノリがよく上司にゴマをすり尻尾を振っているだけの中身空っぽの人間がリーダーになっていないだろうか。*2


確かにカリスマ性とかノリのよさも会社には必要だろうが

リーダーには必要ないと思う。

ノリがよく上司に尻尾を振っても昇格できないなら

わざわざそんなことする人いなくなるって?

そもそもそんな行為で上に行ける今が異常だと思うのだが。


知識があって正しい判断ができるリーダーなら

たとえノリが悪くて言葉数が少なくても自然と

人がついてくるんじゃないだろうか。少なくとも自分はついていく。


どういう対策すればいいのか

問題は、リーダーを育成する仕組みが無いことと考える。

経営者って社員を現場にリーダーとして放り込めば育つと思っている。

たしかにごく一部は育つかもしれないが

それではあまりにギャンブルだ。

きちんと育成したら良いリーダーになるような人材を見送っていないだろうか。

確かに現場で覚えさせるのが一番手っ取り早いが

企業ってのは齢を重ねるごとにノウハウも蓄積しなくてはならない。

リーダーシップに関するノウハウも然りである。


今の若者が

「経験もある程度積んだし明日からリーダーやってね」

っていわれてもほとんどの人はつぶれてしまうんじゃないだろうか。


ブラックIT業界は何の前触れも無くコレを言われる。

例を挙げると以下の記事である:

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』(リンク略)

これはちょっと極端かもしれないが、この話と同じように唐突に言われるのだ。

「リーダーやってねって」

大学サークルの部長とは分けが違うんだぞ。

いや、大学サークルのほうが引き継ぎやアフターフォローがあるだけ

マシかもしれない。


話が逸れた。

リーダーを育成する仕組みの話だった。

具体的にはリーダーとして成功している人に次期リーダーを育成させる

仕組みを作る。これだけでいい。*3


そういう意味では孫さんのソフトバンクアカデミアは正しい方向だと思う。*4


こういう経営努力ができない企業はつぶれていく。

つぶれるべきだ。自分の会社も然り。経営改善しないと先は無い。

*1:『もし高校野球の女子マネージャがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を除く

*2:これってうちの会社だけなのだろうか。
いや、ネットで評判を聞く限りでは、日本中で行われている。

*3:普通の企業はやっているんですかねぇ

*4:そういう意味もなにも正しい方向だと思います

2010-08-05

地方プログラマーの現状(中小企業)

21:37 | 地方プログラマーの現状(中小企業)を含むブックマーク

地方で働く底辺プログラマの現状ってネットに落ちてないので

こんなエントリを書くことにした。

(自分が調べ切れてないだけかも。Mixiとかやってないし)


現状

まともな仕事がない。もちろん上級SEはよく募集をきく。

経験年数が3年未満の自分みたいなひよっこはまったくお呼びでない。


条件が厳しい上に単金は安め。期間も短い。

明らかに火のついたプロジェクトに人を急募している案件もちらほら。


先日先輩がそんなプロジェクトに回された。

カスタマイズの案件だったが納期が3週間後。

ひよっこの自分から見ても無理難題が明らか。

この件をきっかけに先輩辞めるんじゃないかと心配する程。

先輩、辞めるのは自分が先です。


現状ついでに思うことをば

1コ目。

社長の決め台詞が鬼畜すぎる。

「まあ、なんとかなるやろー」

ならねぇって。

目の前の案件に安易に飛びつきすぎ。

人売りIT業ってだけでも叩かれて然るべきなのに

売り方までひどい有様。

これじゃ人も会社も成長しないって。


2コ目。

底辺プログラマって意外とパソコンに疎い。

パソコン好きなんて数えるほどしかいない。

ビル・ゲイツは知っていても、スティーブ・ジョブズは知らない。

彼らにとってプログラムとは良くも悪くも仕事なのだ。

少なくともわくわくするものじゃない。


3コ目。

地方は技術レベルが低い。(これはうちだけかもしれない)

これは2年目にして思ったことだが、地方には技術が無い。

いや、技術が古いと言った方が正しいか。

いまだに10年前のアーキテクチャを流用しているとかザラだ。

コレって普通なのかな。プログラマの友達がいないからわからん。*1

*1:ていうかだれかプログラマ仲間を社外で探す方法を教えてください。