Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-19

うつ病を防ぐ方法

| 18:44 | うつ病を防ぐ方法を含むブックマーク

『こだわり』の多さがうつ病を生む - sadadadの読書日記

この記事を読んで感じたこと。ブコメでは文字数足りなかったので。

こだわりって仕方ない?

確かに社会の硬直性(=こだわり)が個人の自由さ、個性を奪い、うつ病を生んでいる面もある。

でもそれって仕方ないことだと感じない?

組織が組織として形作られていくにはこだわりって必要なことだと思う。

個人の個性をどこまでも認めたら組織として成り立たなくなっちゃう。

だけど厳しすぎても社員が疲れてうつ病になっちゃうよねって話。


おっと、話が逸れそうだ。

こだわりを仕方ないと感じるのは資本主義の弊害とでも言うべきかな。

日本型経営の特徴である終身雇用制度。それに伴う年功序列賃金制度。

これらの制度の下では、組織ってのは規律を重んじなければならない。

んー、ちょっと飛躍したかな?

だって年功序列でしょ。

若くて優秀な人材がいても長年勤めた木偶の坊には従わなければならないの。

大人しく従わせるにはどうすればいいか。

年上は絶対だという風潮、もとい規則を作ってしまえばいい。

このようにして出来上がった日本の組織観が、今の僕たちにこだわりって仕方ないよねって思わせているんじゃないのかな?

だからこの記事のように、一人一人がうんぬん言っても何も解決しない。相変わらずうつ病患者は増え続けるだろう。少なくとも減りはしない。


うつ病患者として

うつ病になぜなるのか。

その理由は人それぞれだ。この記事のように一概には言い切れない。

大切な人を失った悲しみかもしれないし、仕事の忙しさかもしれないし、虐待やいじめかもしれない。

とにかく、あまりに異常なプレッシャーに晒され続けて、脳が異常をきたし、うつ病になるのだ。

そして心から没頭できることがある人はうつ病にならないというのも嘘っぱちだ。

うつ病はそれすら奪っていく。没頭できていたことすら出来なくなってしまうのがうつ病なのである。


うつ病を防げない人

うつ病になる理由はわからないが、ただなんとなく法則がある気がする。

それは、真面目で友達が少ない人がうつ病になりやすい、というものである。

いや、防ぐことが出来ない、というべきか。

うつ病は誰でもなりうる。すぐ隣にいる。それを防ぐのが友達である。

友達というのは愚痴を言える間柄の友達である。

愚痴を言える友達がいないと、ストレスの吐き出し先がなくなってしまう。

もちろん愚痴を言う相手は、親や兄弟姉妹でもいい。

真面目な人はそれが出来ない(自分の偏見かもしれないが)。

愚痴を聞く相手の気持ちを考えてしまって、愚痴を言うのをためらってしまうのだ。


言える相手がいない人は、日記でもいいかもしれない。

しかし日記は対処療法でしかない。やはり反応がある相手に愚痴を言えることが重要である。


愚痴を言うことで、ストレスというのは驚くほど軽減される。

それに、愚痴ることで頭が整理され、気持ちが落ち着くこともある。運がよければ問題が解決するかもしれない。

これによってうつ病を防ぐことができるのだ。

あくまでうつ病体験者の考えだけど。


うつ病にならないために

真面目な人よ、遠慮するな。誰かに愚痴を言うんだ。苦労してつらい経験をしたのだ。誰かに甘えたっていい。神様はそのくらい許してくれる。

友達がいない人は友達を作るんだ。

それができないから苦労している?

僕もです。*1

誰か友達になってください……。


また、愚痴を言える友達というのは同じ境遇であるほうが望ましい。

プログラマならプログラマの友達のほうが望ましい。

共感できるからだ。


と言うことでプログラマの友達募集中。。*2

*1:だからうつ病になって休職してるんですけどね

*2:出来れば多重派遣・偽装請負の下請けIT企業に勤めるプログラマの方。

2010-11-16

うつ病患者に必要なことはもっとテキトウに生きること

| 12:37 | うつ病患者に必要なことはもっとテキトウに生きることを含むブックマーク

休職して2カ月がたった。もう休職のプロである。

休職中というのはとにかく時間がある。ただ精神力はない。体力もない。

家で座ってじっとしている。3時間くらい座ってるだけとかざらである。

んでうつ病だからネガティブ思考。薬飲んでるからイライラする。

でもって根がまじめだからいろいろ考えちゃう。

もうネガティブ思考の悪循環。

テキトウ思考

でも最近はそうでもない。ネガティブ思考を追いやる思考を手に入れたからだ。

それがテキトウさである。

世の中って案外テキトウである。

新聞を開けば誤字脱字なんて結構あるし、

テレビでも間違った表現を平気で使っている。

車は平気で交通ルールを破っているし、

スーパーのレジ打ちは釣銭を間違える。

生き物なんてもっとテキトウである。

顔の造りって左右で違うし、歯並びもきれいじゃない人が多いし、おっさんは前髪が後退してしまっている。

遺伝子が完璧だったらそんなエラー頻繁に起こさないだろう?

だから小さいことをいちいち気にしてたらきりがないんだ。

歯並びが悪くても多少肌が荒れていても前髪が少し後退しても気にする必要なんてない。だって俺らってテキトウに造られてるんだから。神様がテキトウなのに俺らが完璧を求めても仕方がないだろう?

だからもっと俺らってゆるーく生きていいんじゃないのかな。

テキトウに生きていいんじゃないのかな。

レジ打ちの人が釣銭間違っても怒ったりしないで、あ、間違ってますよーってくらいのノリでいいし、車を運転していて割り込みされても、あらあらしょうがないわねって流していい。

テキトーテキトー。世の中テキトーなんだ。って心の中でつぶやくようにしたら何となくネガティブ思考がどこかにいってしまった。

復職後のこと?考えてませーん。どうにかなるでしょ。だって世の中テキトーなんだから。

きっかけ

で、どうやってこのテキトー思考にたどり着いたかというと、この歌を聴いてたらなんとなくそう感じたんだ。

D

どこがどうよかったかわからないけど、イラストがいい。地球が爆発しても私のせいじゃないんだよ、って表情してるミクと玉葱。

なんかもうそうだよねって思った。世の中嫌なことがいっぱい起こるけど私のせいじゃないよね。だから許してね。

そのくらいのテキトーさで世の中生きてていいんだって思った。

支援

個人的にこのピノキオPさんの曲は全部好きです。こんな世の中の末端ブログではありますが支援させて頂きます。

2010-11-15

プログラマになった理由と現実と復職したら

23:41 | プログラマになった理由と現実と復職したらを含むブックマーク

日本では単純労働者は生きていけない。

海外の安い労働力がどんどん日本に入ってきているからだ。

また、日本の単純労働はどんどん海外に移行されているからだ。

だから知的労働者であるプログラマになったんだ。

というのは建前で、実際はパソコン詳しい人ってかっこいいなぁくらいの動機だった。

しかし現実は全然知的労働じゃない。下請けだからということもあって単純作業ばかりやらされた。そのせいで少し腐ってしまっていた。

しかもうつ病だったから少し不都合な出来事があるとひどくダメージを受けていた。

また、先のこと(会社やIT業界の将来のこと)を考えると不安で情緒不安定になってしまっていた。

先が見えなくなって歩けなくなってしまった。

んで休職したわけか。まあ、いいんじゃない。そんな時期もあるよきっと。

復職したら

ではプログラマとして復帰したらどうするべきか。プログラマ続けるかわかんないけど。

まずは仲間をつくる。つまり社外にコミュニティをもつ。愚痴が言えるような。

社外でもプログラミングする。勉強する。一人じゃ続かないだろうから、そのためのコミュニティをもつ。

これって福岡じゃ難しいのかな。でも今はネットあるしね。全国の人とつながれる。スカイプとかでどうにかなるでしょ。