Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-26

正直でまじめなやつは馬鹿を見る:とあるニートの昔話

| 12:34 | 正直でまじめなやつは馬鹿を見る:とあるニートの昔話を含むブックマーク

ホントは増田で書こうと思ってたんだけど、日本が混乱してるんでこっちでこっそり書く。おれのちょっとした昔話になる。高校以前のことは省略。部活と受験勉強してただけだったから。

大学時代

地方の中堅国立大学に入学した。俺はとある部活に入部した。すごくゆるい部活だった。部室でゲームしたり漫画読んだり自由だった。部室に寝袋があるから泊まったりもしていた。男だけの部活だった。そしてみんなインドア派だった。

みんないろんな学部で落ちこぼれだった。いわゆるダメ大学生。留年したやつもいたし資格試験受けるやつもいなかった。バイトもしていないやつがほとんどで、やったとしてもすぐに首になる始末。よくもここまでダメなやつが集まったなってくらいダメな部活だった。それでもまあリア充とかほど遠かったけどつるんでて楽しかった。

そんな中俺はちょっと異質な存在で、真面目で成績も良くてバイトもしていた。ゼミでもみんなを引っ張るくらいがんばっていた。でもコミュニケーション能力が皆無に近かったので、バイトではいつも怒られ、ゼミのプレゼンではわかりにくいと先生に怒られ、登山のときも損な役回りばかりやらされていた。まあでも根気とか根性はあったので我慢して過ごしていた。

就職活動→受験勉強

そして就職活動が始まった。俺は誰よりも早く就職活動を始め、早くに内定をもらった。地方都市の中堅企業。いい企業だった。コミュ障の俺には奇跡のような話だった。

ていうかそのときまだ他のメンバーは就職活動を始めてすらいなかった。大学院に行くらしい。そしてゼミのメンバーも大学院に行くという話。なんだか大学院ブームだった。おれは大学院は社会人になってから行くつもりだった。しかしみんながみんな大学院に行くのでなんとなく自分も大学院に行きたくなってきた。そして内定を蹴った。

3月に内定をもらっていたので4月から大学院受験のための勉強も始めた。

しかもなぜか旧帝大の大学院を受けることになった。レベルが違う。つーか内容が違う。だが猛勉強して一発で受かった。

一方、部活のメンバーの進学希望者はみんな同じ大学の大学院を受験した。同じ大学の大学院進学はすごく楽。俺も滑り止めに受けた。ほとんど勉強しないで受かった。

他のメンバーもらくらく合格していた。

大学院時代

ひたすら勉強していた。金がないので塾講師のバイトもしていた。とにかく忙しかった。がんばった。よくがんばった。しかし俺はコミュ障だったから頭のいいやつらにいじめられてしまった。俺は頭は悪いけど勉強時間でそれを補うタイプだったので、次第についていけなくなった。それでまた馬鹿にされた。てか顔を合わせるたびに馬鹿にされた。人生初の0点も取った。もう大学院をやめようかとも考えた。

しかし俺にはちょっとした希望があった。大学院にて所属していたゼミにかわいい子がいて、俺とも仲良くしてくれていた。

ちなみにおれはそれまで一切女っ気がなく、それまで彼女がほしいとか考えたこともなかった。しかしその子と出会って何かが変わった。

俺は何回かデートに誘い出したりして交流を深めた。そして一緒に夏祭りに出かけた帰り道、思い切って告白をした。コミュ障で今まで女の子とろくに話したことのない俺には決死の行動だった。

結果はだめだった。「ありがとう、でもごめんなさい」最強の反撃攻撃を食らっておれは撃沈した。

そして追い討ちを掛けるかのように学会・研究会が続き、準備のために徹夜し、発表し、罵られ……、そんな毎日をわずかな気力で過ごしていた。

そしてインテリ野郎からの毎日の嫌味。おれは精神を壊していった。

結局俺は姉の勧めで心療内科に行くことになった。

うつ病と診断され、引きこもるようになった。薬の副作用にも苦しんだ。意識は混濁し、夢と現実の違いがわからない毎日を過ごすようになった。

再び就職活動

その最悪のタイミングで就職活動の時期がやってきた。といっても学会で忙しかったので活動を始めたのは3月に入ってからだった。大企業のエントリーはほとんど終わっていて、残るは中小企業のみ。しかしメンタルを病んでいたので、性格診断で落とされることが多かった。面接もほとんど1次で落とされた。旧帝大という肩書きはほとんど役に立たなかった。ていうかそのころの俺はもう自分にまったく自信がなく、意識も朦朧とし、正直、就職活動どころではなかった。もう就職浪人しようかと考えていた。

そんな中、とある零細企業が俺を採用してくれた。IT企業だった。

社会人生活

その後無事に卒業したおれは、採用してくれた企業で働くことになった。

結構目立った。初めての院生。初めての旧帝大。まあでも会社の人はよくしてくれた。ホントのイミでアットホームな会社だった。一年目までは。

二年目から頭角を現す。この会社、人売りIT企業だったのだ。まだメンタルを病んでいた俺は最初の派遣先にたった一人で派遣され(普通は2年目くらいなら先輩の下に派遣される)、一人で業務をこなした。そこでの奴隷のような扱いは以前のエントリーにも書いたので割愛。とにかくメンタルを病んでいたおれは通常できるであろう業務ができず、毎日のように怒られた。名前以外何も知らない人に毎日威圧的に怒られる。そしてそんなプレッシャーを受けながら毎日4〜5時間の残業。家に帰っても飯を食う元気もなく薬だけ飲んでいた。次第に体が動かなくなっていった。薬が増えていった。食欲がなくなった。薬が増えていった。眠れなくなっていった。薬が(ry

休職期間〜まとめ

俺は休職した。半分廃人だった。

もうよくわからなかった。人生ってなんだろう。

大学時代の友人と連絡を取った。大企業に就職しボーナス100マソとか。結婚しているやつとか。公務員になったやつとか。皆成功していた。

あいつらあんなにダメ人間だったのに。中には自転車パクったり、とてもじゃないけど品行方正とはいえないやつも成功していた。口だけは達者だったから。口が達者じゃないやつもいたけど、みんな公務員か準公務員になっていた。

ああ、そっかみんなオメデトウ。俺だけなんだね。ほんとに落ちぶれたのは。

俺が一番真面目だったのに。資格も取ったし、成績もよかったし、旧帝大の大学院までいったのに。学会であんなに発表したのに。

生きるのが不器用なんだ。てか生きるのに向いていない。

正直で真面目かつ口下手な人って生きるの向いてないよ。日本では。ソースは俺。

その後退職して今に至る。もう働く気力もない。

anooooanoooo 2011/03/27 10:21 「正直で真面目かつ口下手な人って生きるの向いてない」に激しく同意。

にゃんこにゃんこ 2011/03/28 23:52 向いてるよ!出来る人だよ。 意地悪な教授や上司のコメント真に受けちゃうんじゃない??
自分を棚に上げてヒトには厳しい人沢山いるよ!私も教授にいじめられてるけど
頑張ってるよ!
私はアホだから気にしないんだ。 
元気だしてね!あなただけじゃないよ!

ruisouruisou 2011/03/30 19:54 にゃんこさん、やさしいコメントありがとうございます。
大変うれしかったです。ほろり。

そちらも苦労されているようですね。
気にしたら負けですよね。今思えばなんと言われようと跳ね除けてやればよかっ
たです。

アホっていいですよね^^
自分もニートになったあかつきにアホになろうかなと思います(笑)

ruisouruisou 2011/03/30 22:38 anooooさん、同意ありがとうございます。
いまは少し落ち着いてちょっと前向きになっています。
そのことについて近々エントリを書きたいと思います。

miyagitomiyagito 2011/04/03 17:00 大変さがしみじみ伝わってきます。
僕も精神病んでいますが、社会に出る前に撤退しています。

ruisouruisou 2011/04/05 10:44 miyagitoさんコメントありがとうございます。
社会に出る前に精神やられると大変ですよね。
理解も得られにくいし……。
ゆっくり療養してください。

はるはる 2013/02/03 21:33 適当にしていたらしていたで怒られるし、本当にこの世は生きづらいです。
私も社会に出る前から精神を病んでいます。はたから見たら健康そうに見えるので、理解されません。怠けているといわれます。

ruisouruisou 2013/02/03 22:24 > はるさん
コメントありがとうございます。
見た目でわからないものに苦しんでいる人には手助けもしにくいですからね。この苦しみは経験した人間にしか真にはわかりにくいです。
自分で自分を助けるつもりで病気を研究しながら生きていくしかないです。

zzzzzz 2013/06/14 05:23 内定先で上手くやれず内定を蹴り、社会でやっていけるとも思えず、とりあえず大学院行こうかと調べていたら流れ着きましたが
なんといったらよいか、琴線に触れるエントリばかりで驚きました。

まあ、世の中がおかしいのですよ。
だから適合している人間も大半がまともではないのです。
まともじゃない人間に立ち向かうのは困難ですから
とかく生きづらいんだと思います。

文章拝見させていただきまして思うのですが、
ruisouさんは、私の知っている大半の人間よりも親しみが湧きます。文才ありますよ。

ruisouruisou 2013/06/14 23:59 > zzz さん
コメントありがとうございます。
まだ20代前半なら大学院はありだと思います。久々にこのエントリを読み返したのですが、やはり目的をぼんやりしか決めてなかったのが悪かったかなぁと反省しています。
目的とは人生の目的です。普通に生きて普通に幸せになれると思っていましたが、そういうのは私には向いていないとニートになってようやくわかりました。目的についてのエントリはまた後々書きます。1ヶ月以内には……。

しかし文章を褒めてもらえるのはうれしい限りです。これからも当分は書き続けるので良かったらたまに覗いてください。

真面目風クズ真面目風クズ 2013/10/23 06:55 私も質問者様の下位互換(学歴の意味で)的な人生を歩んでいます。

地方の無名私大では、意識の高い学生で通っていたのに、いざ就職するとDQN上司による職場いじめのターゲットとなり、心療内科通いになりました。
休職を経て会社を辞めた後、もう働く気力がなかったのでマーチの大学院へ進学しましたが、慢性的なうつ状態から脱出できず、適性検査で落ちまくりのNNTです。

無名大学時代に自堕落に生きてた同級生たちはそれなりの企業で正社員として働き、恋人や友人に囲まれて人生を楽しんでいるのに、なぜ自分だけと思うと悔しくて、惨めな気持ちになります。

「生きることに向いていない」という表現に強く共感します。
なんのアドバイスもできませんが、お互い自殺と犯罪だけは犯さないよう生きていきましょう。

ruisouruisou 2013/10/23 19:01 > 真面目風クズさん
コメントありがとうございます。
「質問者さま」って知恵袋あたりと間違ってませんか? 良心的に解釈することにします。
ともかく、友人の近況をfacebookなどで検索するのはやめるべきです。友人でなくてもやめたほうがいいです。この記事を書いたときの自分にも叱ってやりたいです。。
お互い自分の生き方を見つけられるといいですね。

酷い目にあった酷い目にあった 2014/11/27 13:55 昔、大学院の先輩にひどい目にあわされた(今でもトラウマです)のを思い出してたどり着きました
自分はインテリ野郎を見返すために、難関資格取りました
当然、無職期間があって、ニート呼ばわりされましたけど、結果的によかったと思います

悪い奴に負けずに、がんばってください

ruisouruisou 2014/12/02 19:17 > 酷い目にあったさん
コメントありがとうございます。
すばらしいです。難関資格取得おめでとうございます。結果的によかったと言えるのは本当にうらやましいです。
それに比べて私は情けないですね。。比較は良くないことなのですが。。

何とか頑張ります。

2011-03-18

東北地方太平洋沖地震について心配なこと

| 14:55 | 東北地方太平洋沖地震について心配なことを含むブックマーク

日本は未曽有の大災害に見舞われている。おいらは福岡にいたから直接的な被害はゼロだったんだけど、まあ被災地の情報を集めていたら不安で眠れなくなりやがった。テレビやネットの情報だけでこれなんだから、現地の人はとてつもない不安があるんじゃないだろうか。


最も心配なこと

最も心配なことは、生き残った人のメンタル面だ。

おいらは若いくせにメンタルやられて仕事辞めちゃったニートだ。つまり繊細な精神をもつ軟弱な野郎だ。そして案外そういう野郎は多いと思う。草食系男子って言われているくらいだし。勝手に草食系男子を代表して言おう。

被災地のメンタル面が非常に心配である。

今日も不安な夜を過ごすだろう。これからの生活はどうなるんだとか、家族友人と連絡が付かないとか、見逃したアニメの再放送はあるのかとか、考え出したらたらキリがない。こういうときヒトはメンタル面に不調を覚え、うつ病になっていく。または、PTSDも考えられる。

404error:文部科学省

子供、女性、老人にばかり注目する傾向にあるが、おいらは大の男も心配。むしろこの非常時に俺がしっかりしなくては、とか思っている人はかなり危険。いきなりぽっきり折れても、非常時だからだれも助けてくれない。どうかあんまりやる気を出さず今出来ることだけやって後は寝てくらはい。


案外どうでもいいこと

案外どうでもいいことは、経済面。多少混乱は起こるかもしれないけど、水も燃料も食料も十分行きわたるだろう。それによって今はマヒしている経済活動も回復に向かうだろう。原発問題は置いとくとして、の話だけど。


ついでの話

ちなみに地震と原発の問題は日本に想像以上のダメージを与えるだろう。だって、地震大国日本の原発は信頼できない→日本の電力は信頼できない→日本のメーカーの信頼と株価が下がる→下手すりゃ倒産、生き残ったメーカーは海外に拠点を移す→日本の産業の空洞化、とか簡単に想像できる。まあ、想像だけど。

2011-03-05

うつ病が長引いている人は、カウンセリングはよく考えてから受けたほうがいい

| 11:13 | うつ病が長引いている人は、カウンセリングはよく考えてから受けたほうがいいを含むブックマーク

実は俺はうつ病をほぼ治していた。

しかしあと一歩何かが足りない。何かもやもやがたまっていた。

そんなときこの記事を見つけた。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

これは非常によく書かれているような気がしたので、

自分の状態と照らし合わし、次のステップはカウンセリングだ、と判断した。

しかしそのカウンセリングが失敗だった。

ちょっとカウンセリングの様子と経過を書いてみる。

カウンセラーとの会話

俺はカウンセリングを2回受けた。2回とも事前調査ということで、基本的に俺が一方的に話した。どんな内容かいまいち覚えていないが

家族構成は?

うつ病になったのはいつごろから?

うつ病になった原因は?

誰かに相談した?

どういう治療をしてきた?

どういう生活をしている?

など事細かに容赦なく聞いてきた。俺は1回目は淡々と答えて何事もなかった。話せてすっきりしたのかな?と疑問をもつ程度だった。

しかし2回目、より突っ込んで話をすることになった。

事細かにうつ病になったときの心情まで話した。それがよくなかった。俺は徐々にうつ病が最もひどかったときまで気分が落ち込んでいった。

一方、話を聞いたカウンセラーは「うんうん、それはつらかったね」などマニュアルどおりの受け答えをするだけ。ホントにそれだけだった。アドバイスも何もなし。


発狂

結局、落ち込んだ気分のまま家に帰った。そしてだんだんと気が立ってきた。なぜ俺はこんな気分にならなくてはならない?それは俺をうつ病に追い込んだやつがいるからだ。そいつを殺せ。殺したい。殺そう。そして俺も死のう。でもそれをやると(俺の)家族に迷惑がかかる。でも殺したい。どうしよう。どうしよう。そんな葛藤が三日くらい続いた。


主治医に相談

たまらず医者に電話した。もうそのときの会話は覚えていない。だが殺人思考の遮断に成功した。名医である。何とか落ち着きを取り戻したが、気分は落ち込んだままだった。

その後、医者に診察してもらったら、自分は過去の記憶を抑圧して何とか平常心を保っていたらしい。それがカウンセリングで解けて発狂したという。軽いPTSDみたいになっているとのこと。

抑圧が開放されたことは悪いことではないらしいが、自分は抑圧以外で平常心を保つ方法がわからない。過去に目を背けることでしか現在を考えることができない。逃げることでしか生きるすべを知らない。

今度主治医の先生に相談してみよう。


カウンセラー選びの条件

カウンセリングを受けるなら、

  • 自分の業界のことに精通している人か(学生なら理系文系)
  • 性別は同じか
  • カウンセリングの失敗例はあるのか

を気にしたほうがいい。あくまで自分の一経験による考えだから、もちろん例外もあるだろう。それにそんな都合のいいカウンセラーがその辺にほいほいいるわけないし。

だが性別は気にしたほうがいいと思う。特に男のうつ病患者は女性のカウンセラーにカウンセリングしてもらわないほうがいい。*1


ちょっと気になったので「カウンセリング 効果」でググってみた

そしたらこんなOKwaveにてこんな質問が。

カウンセリングの効果について - 心の病気・メンタルヘルス 解決済み| 【OKWAVE】

この男性、カウンセリングうまくいったのだろうか。そうは思えない。

俺の見た限りベストアンサーが一番悪い回答だ。No3の回答がベストアンサーに選ばれるべき。

そもそもカウンセリングは長引くのが当然、って考えが気に食わない。それって何回も通わせて金をふんだくろうって考えているだけじゃないのか。それは勘繰り過ぎかな……。俺の理想のカウンセリングは、患者のことを知ったら、その思考パターンを変えるために、何か適切なアドバイスをその場で言うことができるものだ。そんなことできるわけない?できないならするな。こちとら人生掛けて、一縷の望みをもってカウンセラーに会いに来ているんだぞ。臨床心理士の訓練を千時間程度受けたくらいで人の人生を救えると思うのか。千時間なんて一日三時間訓練していれば一年でクリアできるじゃないか。「一万時間続けよ」って言葉を知らんのか。


ということで、カウンセラーの条件に以下を追加:

  • 社会人は社会経験のあるカウンセラーに頼んだほうがいい。

千時間程度訓練を受けただけの、学生あがりのカウンセラーや、カウンセラーとしての社会経験しかないカウンセラーには頼まないほうがいい。考えてみれば当然だが。


ちなみにカウンセリング料は障害者自立支援医療制度を受けていても

1000円かかった。たぶん病院によって異なる。

追記:結局、このカウンセリングのせいで仕事をやめることになった。カウンセリングさえしていなければ、今頃会社に復職している。あーしにてー。

*1:あくまで私見です

yurucoyuruco 2013/08/18 05:07 この記事事態にめっちゃ共感を覚えました!
いろいろあきらめかけて心折れまくりなので、
よかった、似たような感覚になる人が
この国のどこかで存在しているんだ!
と思い、コメントさせていただきました。
私は女性でカウンセリングはおじいちゃんです。
まだ2回しかやってないし、
人気の方のようで、1時間も話は聞いてくれない上、
病院行くまで2時間、診療まで2時間待ち…ほぼ一日潰れるので
仕事を入れないようにしてます。
日本は遅れているし、平和な国かもしれないけど
やさしい国じゃない、そう思います。

ruisouruisou 2013/08/18 10:33 > yuruco さん
コメントありがとうございます。
このブログが何か心の支えになれたのなら幸いです。
基本的にカウンセリングや精神科の通院は一日がかりになってしまいますね……。
カウンセラーは変えることができるのなら病院に頼んでみてはどうでしょうか?
そういのは患者の権利みたいなものなので申し出てもいいと思います。

えだまめえだまめ 2013/11/10 17:52  私はこれまで四通りのカウンセリングや心理療法を受けましたが、どれも効果が上がりませんでした。ついにはカウンセリングという治療行為に強い不信感を抱いていましたが、ただ相性の良いカウンセラーに巡り合えなかっただけだったのですね。
 私に必要だったのは「理系で社会経験のある男性」のカウンセラーだったのだと合点がいきました。カウンセラーや臨床心理士といった職種自体が「文系」ですから、私にマッチする相手が稀有なのも道理です。
 自分に合ったカウンセラーを選べば病状を改善できるかもしれないと思うと、少し気分が楽になりました。ありがとうございました。

ruisouruisou 2013/11/13 14:32 > えだまめさん
コメントありがとうございます。
自分にあうカウンセラーを探すのが難しい世の中ですね。
じっくりとよくしていってください。

ruisouruisou 2014/11/01 14:41 > muishikikun さん
申し訳ありません。期間内に返信もなく、宣伝のためのコメントと判断しましたので、削除しました。

ねこねこ 2017/07/09 03:53 私もよく似た感じ。自分だけじゃないと思って、少し気が楽になった。

komenntokomennto 2017/10/03 17:11 はじめまして、こんにちは。

自分の場合はヤフ※に「鬱に関しては心理カウンセラーがいいよ」というコメントを見て試しに検索したら比較的近くにあったので試しに行ってみました。
最初は自分も一方的に過去のトラウマや今現在悩んでいることを喋りましたね〜
結局、愚痴や甘えとしか捉えてもらえず心理士の方もかなり嫌な表情を浮かべてましたね。
3回目くらいにはもう殆ど突き放されていましたね。
こういう所は会社員や主婦などの労働安定者階級(もちろん富裕層も)の方々、つまり絶望的状況の人は救えないし治療も出来ないにも関わらず、部屋にはトラウマだのストレスだの英語の難しそうな分厚い本が雰囲気を出すため(ペテンとは言い過ぎでしょうが)に置いてあって、つい信じてしまいますね。
正直な所、心理士の方には相手の話しを聞いて今現在の状況を聞けば、自分が治せるかもしくは「力」になってあげる事ができるかくらいは最初の段階で分る筈。
自分が行ったところも、金を「ふんだくってやる」感満々でしたね、因みに一回のカウンセリング料は1時間〜1時間半で6千円!でした。4回目くらいからは心理士もツボや体操を教えてくれるだけで特に時間も決まってないのに「これから用事がある」とかなんとか言いだしてあからさまに自己責任で搾取されてくれと言わんばかりの態度でした。

たしかにトラウマの原因やら悩みを話さないと伝えないと意味がない、心理士もどうしたらいいか判らないだろうし自分にとっても何より時間もお金も無駄になってしまう…

たしかに同性ってのは鉄板ですねこれは。あと自分より年上であることも重要ですかね。

最終的に4回目で心理士の態度がきつく冷たかったので、これはダメだと思いました。
こっちが、「なんか凄く辛いんですけど」と言うと、「これは脳筋・脳のトレーニングだから」とか言って事務的で同じことの繰り返しでなんの有意義なアドバイスさえありませんでしたね、これなら加藤諦三さんの本でも読んでた方がずっとマシでボッタクラレタ感かなりありましたね〜

いずれにしても、この業界はビジネス優先過ぎてて話になりません。
こういう所は若くて(10代20代)人生がやり直し出来る人しか行く意味は全く無いでしょう。

県等の行〇機関がやっている所は論外、なんか知っている様な女性が出てきて顔表情は普通だけども眼つきは異常でしたね、まぁこんなところは抹殺されに行くようなもんですかね。

>>一方的に話させる〜ってのは、この手の弱者詐欺ビジネスのマニュアルでしょうね、とにかく相手の弱みを引き出して、詐欺師のペースにしたいという思惑でしょう。

随分と辛らつに書いてしまいましたが、この人達はあくまでも今の時流に乗っかった仕事をしているだけですね、この先もグローバル化競争社会でストレスメンタル業が儲かると踏んでの開業でしょから。苦しんでいる人を助けてあげたいなどとは真面目な話、これっぽっちも考えていないでしょうねぇ。

ruisouruisou 2017/10/04 07:52 > ねこさん
コメントありがとうございます。返事遅れてすみません。
似た人がいてこちらもうれしいです。今はお元気でしょうか?元気であることを祈ります。

ruisouruisou 2017/10/04 08:02 > komennto さん
コメントありがとうございます。
まさにおっしゃるとおりだと思います。カウンセラ本来の役割を真剣に考えるのなら、世間知らずの若造(40代前半くらいまで若造です)がやれる仕事ではないのです。心理カウンセラの職業そのものも、元々はアメリカが勝手に作って市場拡大のために世間に無理やり広めたものです。最初はベトナム戦争へ赴いた兵士のためのもので妥当なものだったようですが、戦争が終わって、職業的需要が減り必要の無い人に無理やり必要だと思わせたアメリカの罪です。
精神を扱う仕事なので、覚悟を決めた人が向かうべきですよね。今の多くの日本人カウンセラは軽すぎです。(もちろん、そうでない人もいるでしょうが)