Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-09-15

ブログ2周年と金を稼ぐ方法を考えてみた

| 23:49 | ブログ2周年と金を稼ぐ方法を考えてみたを含むブックマーク

本当に細々とやっているがなんとか放置もせず2周年を迎えることができた。

おそらく固定読者はいない。アクセス解析してないからわかんないけど!

ちなみに今日誕生日です!誕生日にこのブログ始めました!おめでとう!俺!


このブログの(今後の)こと

愚痴言ったりチラ裏書いたり良くわからん評論書いたり何がしたいんだこのブログは!って感じだけど、このブログは基本俺のために書いているから、何といわれようがかまわんね。まあ、多少、読者の目を意識することもあるけど。

今後もこの調子でこのブログを書いていくのかという話だが、多少、方向転換するかもしれない。もっとこう見たこと聞いたこと考えたことをできるだけリアルタイムで表示できるようなブログにしたいな、とか考えてみたり。

そのためにはもうちょっとブログ改造しないとな……。ほとんどデフォのままだし。でもはてなのデフォ好きなんだよな。

おっと話が逸れた。確か百式管理人の田口さんは自分がメディアになればいい、とおっしゃっていたな。それを初めて聞いたときは俺には無理だなと思ったけど、今は頑張れば出来るんじゃね?と思っている。最初はアホみたいなことでもいいからやってみたい。

お金を稼ぐには

よほどの天才じゃない限り、お金を稼ぐにはそれに見合った下積みが必要だ。それを勉強というのか学習というのか研究というのかは知らない。ただ、今現在稼いでいる(一流の)人たちは(おそらく)みな、過去に何らかの形で下積みを経験しているはずである。

プログラマだったら、当然プログラミングの勉強、カフェのオーナーだったら人気店のメニューの研究から立地条件、店内の配色まで調べているかもしれない。はたまた、小説家だったら、古今東西の小説家の言い回しや物語の展開、プロットの研究をしているかもしれない。

とにかく一流になって稼ぐようになるには大変な努力が必要なのだ。当たり前といえば当たり前なのだが、俺は今日気が付いた。

サラリーマンくらいだ。努力もなしに給料が貰えるのは。しかしあんな高ストレスでしかもいつリストラ・倒産に合うかもしれない環境で働くのはもう二度とごめんだな。

努力が必要、といったが、逆を言えば、努力すれば誰でも一流になれる、と俺は信じている。

ちなみにさっきあげた3つの職業は俺の憧れる三大職業です。