Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-06

うつ病の奴が下手にやる気を出すものではない

| 23:13 | うつ病の奴が下手にやる気を出すものではないを含むブックマーク

「うつ病の人は6割の力で生活するべき」という言葉をすっかり忘れていた。先月の終わり頃から調子がよかったので、ちょっといろいろ張り切りすぎた。

ネトゲは全てのイベント・キャンペーンに参加し、パソコンのカスタマイズを行い、プログラミングの勉強をし、他にも雑多なことをいろいろこなしていたら、なんか急に気分が落ち込んだ。

そして何日間か寝込んだ。

まあ、それだけの話。

しかし、ちょっとやる気出しただけでこの有様なんだから、生産性のある行動はまだ当分先になるようだ。

いつまで続くんだろう。この状態。

ゆとり学生ゆとり学生 2012/02/14 01:53 初めて、コメントします。
アニメのNHKにようこそ!のエントリからこのブログにきまして、そのまま他の内容も拝見させていただきました。
私自身は佐藤君やruisouさんと違って、リア充と言われるグループに近い立場で過ごしてきたので、正直佐藤君がなぜそれほどまでに人付き合いに臆病になってしまうのか理解はできませんでした。あくまで否定ではなく、単純に理解ができないという意味です。
それが知りたくて、様々なブログを見ている途中でこのブログにやってきました。

一番分からなかったのは、「人に迷惑をかける=人に嫌われる」と解釈するところです。確かにこの式は、限りなくイコールに近いですが完全ではないのかなあと私は思います。もちろん色々と反論はあると思いますが。

私自身の人付き合いに関しましては、人の気持ちなんか理解できないのが当然なのでは考えております。だって、生まれも育ちも違うのに完璧に理解なんてできないし、できるのは想像だけだと。
というよりも、世の中でみんな仕組みや答えを理解しようとしすぎて疲れすぎていると感じます。常に原因と結果に落とし込もうとしていて。


つまり、人の気持ちやある悩み、世の中の仕組みについて筋の通ったに答えを求め続けるのは不毛すぎると思います。
NHKにようこそ!を観て、私が良いと感じたのは結局答えを何も提示しなかったこと。私自身は、視聴者が考えろという意味ではなく、単純に答えなんかない。

すいません、今書いている時点ですでにruisouさんのことが頭から抜け落ちていました。
また最後まで、私自身なにを書きたくて、なにを伝えたいのか整理しきれてませんでした。

最後に、ruisouさんにおすすめの小説があります。
重松清の「小さき者へ」「きみの友だち」という本です。特に「小さき者へ」に収録されている、学校を中退しようとする娘と父親の話、『団旗はためくもと』にと、表題作の『小さき者へ』の作品は考えさせれます。ぜひ、どうぞ。

は?は? 2012/02/17 21:20 ゆとり学生さん

人生の転落なぞ一瞬だ、あなたもいつ落ちるかねぇ。
あ、私は新卒で入ったそこそこ良い会社で糞上司の無茶や虐めにあい精神をやられてニート生活8ヶ月目です(^^

ruisouruisou 2012/02/19 16:18 >ゆとり学生さん
コメントありがとうございます。
すみません。私の読解力がないのか何をおっしゃりたいのか、いまいちわかりません。しかし『NHKにようこそ!』を見て(読んで?)心動かされたから本ブログに来たのでしょう。そうやって調べて考えるのは非常に良いことです。良かったらブログを書いてみてはいかがでしょうか。他人のブログのコメント欄よりかなり自由に感想を書けると思いますし、文章力も上がります。
薦められた本、読んでみますね。ありがとうございます。

お前の先輩かなお前の先輩かな 2012/03/05 22:28 体で物を考えてみなよ。
頭でなくて。

だから一時的だけど、肉体労働がお勧め。
倉庫とか比較的楽なものね。

IT業界しって、肉体労働の世界をしったら次の扉が開くよ。
俺はそれで開いた。1年2カ月肉体して開いたよ。