Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-25

大人の発達障害への偏見がなくならない最も大きな理由

| 21:03 | 大人の発達障害への偏見がなくならない最も大きな理由を含むブックマーク

結論から言うと、医者にもまだ偏見があるから。まだまだ発達障害は未知のもので医者もよくわかってないというのが現状だろう。

だから世間様にも正確に伝わらない。当たり前だ。

また、ここでは発達障害とは自閉症スペクトラム、とくにアスペルガーの事を指す。そして発達障害に対して善処することを治療と呼ぶことにする。


医者にすら嫌われるほどのコミュ障

発達障害とうまく付き合いたい、あるいは少しでも症状をやわらげたいと思って県内の有名な()病院にいった。

しかし、何が悪かったのか俺がしゃべっているうちに、医者はいつのまにか不機嫌になり、

「君は治療する必要がないんじゃないのかな? そのままニートをしていればアスペルガーは治療しなくても問題ないでしょう」

と言われた。

頭が真っ白になった。

その後の会話はよく覚えていない。

なぜそう言われたかははっきりとはわからない。しかしおそらく、俺のトラウマ的な出来事を話せなかったこと、障害年金は当分(貯金がなくなるまで)要らないといったことが原因と思われる。

その医者(以降、ヤブ医者)は、かなりの自信があったのか、初対面であれこれなんでも聞きたがった。そういうのは信頼関係が出来上がってからだと思っていた俺は、驚いてしまって話せなかった。ビビリですみませんね。普通の患者は初対面の人に自分の一番心の底にあるトラウマ的なものを話せるものなのかな?

結局、「幼い頃には」フラッシュバックを伴うようなひどいトラウマはありません、と伝えた。

俺のフラッシュバックは大学院での出来事が多い。しかし聞かれなかったから答えなかった。

もうそれで、治療対象から外れたような気がする。

そしてその後、

「障害年金欲しいんでしょ? 国からお金もらって生活したいんでしょ?」

という趣旨のことをかなりぼかして言われて、お金のことは考えていません。貯金がなくなったら考えます。と伝えたら、かなり不機嫌になった。

そのあとお金のことで説教されたが、起こってもいないこと(=お金がなくなること)に悩んでも仕方がない、うつ状態がひどくなるだけだ、と反論した。それもよくなかったのかもしれない。

ともかく長々と話して、最後にはヤブ医者はかなり不機嫌になっていた。最後の最後まで気がつかなかった。

ヤブ医者は俺に、脅し文句と(お金のことを考えない限り)治療の必要がないことを伝え診察室から追い出した。

俺はすぐにトイレに行って少し泣いた。今年で29のおっさんなのに何やってんだ。


大人の発達障害は今のところ自助努力でという見解か

しかしそれは仕方のないことでもある。このエントリのタイトルに”大人の”とつけたのはわざとである。書店に並んでいる本にも”大人の”とついていることが多い。もともと子供の障害と考えているのだ。そして子供の頃にしっかりとした治療をするのがベストであるというのが分かっているらしい。

つまり大人になってから発見した人に対しては、大人になるまで無事に生きてきたんだからこれからも大丈夫だよね、という見解。

そして、まだ医者の間でも専門的に治療する者が少ない。よってすべての者を診察している暇はない。それならば子供優先でよいと思う。病院で自分だけを優先したがる老人みたいにはなりたくないし。


NHK さまに対するツッコミ

まだまだクローズアップ現代でのことを話題にする。NHK さまが嫌いというわけではない。

クローズアップ現代は視聴者に問いを投げかける形の番組なのでいろいろ言っていいと思う。掲示板とかないのだろうか。書き込む気はないけど。

問題はこの番組:

NHK クローズアップ現代

主旨がずっと職場への適応なのだ。周囲の努力と本人の努力で職場に〜、という内容。

確かに、職場の人にすべて理解してもらって、人間関係うまくいって本人の能力が発揮されれば何も問題はない。けど、アスペルガーは偏りはあるけど、健常者より高い能力があることはまれだ。ならば健常者を雇ったほうが良い、というのは経営者の本心だろう。

はっきりいってこの受け入れ努力はマイナスだ。不幸を生むことにしかならない。何もしないよりはいいとは思うけど。情けで受け入れられても結局集団の中で浮くだけ。修学旅行のグループ決めのようなものだ。次第に孤独を感じてまた辞めていくのではないのかなぁ。

それより発達障害集団を作ったほうがいいと思う。でも世間に虐げられて生きてきた人間がまともな性格のまま大人になっているわけがない。まさに性格が歪むのだ。それに障害の度合いも違うし話が合うとは限らない。障害者同士でも衝突は避けられないから、やはり集団は無理か。否定早くてごめんなさい。


世間に適応できない俺はどう生きるべきか

一般人と同じことをするのではない。自分にしかできないことをやるのだ。

普通にまざろうとするのは良くない。

普通の人間が俺らをうらやましがるような生き方を。

ハイリスクだが、それしかない。

もう普通の生き方なんて理想が高すぎることを知れ。

大人になるまま発達障害を見つけられなかった人間は、自己責任、そして自助努力でなんとかしよう、それがこの国の方針。

できない奴は自殺、ホームレス、野垂れ死に、どれでもどうぞというのが世間の見解。

あ、でもこれを読んだ人は俺が死ぬまで死ぬのはやめとけよ。俺がどうなるか見届けてからにしろ。俺が死んだら指をさして笑え。一年以上ブログの更新がなかったら死んだと思っていい。

ぺろこぺろこ 2013/06/07 02:00 はじめてコメントするので筆者さんの状況はわからないのですが、医者は慎重に選んだほうがいいですよ…相談支援機関とかを通じて評判のいいところを紹介してもらったほうがいいと思います。そのへんのザコの精神科医者はたいがい発達障害かメンヘラ(自分はもう克服したと思い込んでる)で簡単に暴言吐くからヘタしたら二次障害が悪化します…。

ruisouruisou 2013/06/07 09:16 > ぺろこさん
コメントありがとうございます。
このとき痛感しました……。
発達障害に関しては自分の力で対処していきたいと思います。ダメだったら寿命でしょう。

()() 2014/11/04 04:34 シンちゃん(知人の自閉症とか病弱だったりの後遺症とかある人)曰く、
「こういうのは・・・運だから(吃り」とのこと。彼はある日突然奇行を起こします。
ストレスの積み重ね過ぎによるものだけど、他人からすれば「何コイツ」です。
まあ、銃乱射犯とかもそんな感じなんでしょうね。逆に知能指数高いとかあるけど。

ruisouruisou 2014/11/04 18:58 > () さん
コメントありがとうございます。
ストレスの積み重ねによる暴走は自分もいつか起こしてしまいそうで怖いです。このまま日本の景気が悪くなっていったら、余裕が無くなった社会にひどく扱われ、暴走する人が出てくるでしょうね。それが自分で無いことを祈るばかりです。

通りすがり通りすがり 2015/03/28 17:17 凶悪犯罪犯すという選択肢もありますよ。

ruisouruisou 2015/03/28 19:28 > 通りすがりさん
コメントありがとうございます。
凶悪犯罪だったら今の若い発達障害の人に迷惑になりますからねぇ。若い人たちは社会状況が変わって救われる可能性がありますから。
僕たちは超善行でもやって、餓死するくらいがいいのかもしれません。