Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-07-31

悩みが多すぎてどうしようもないときの対処法

| 23:48 | 悩みが多すぎてどうしようもないときの対処法を含むブックマーク

ネガティブなのはいつからか。考えたら幼稚園のときからネガティブだった。他人の心をうまく察することができない子供だったからか。

無理やりポジティブに考えろとか言うやつは、生粋のネガティブを見たことが無いか、見ないようにしているのだろう。

ネガティブな人間に必要なこと

現実逃避をして頭をすっきりさせる。

個人的には笑うのがいいと思う。作り笑いとかできないから、お笑いサイトやアニメなどがいいと思う。テレビは他人を誹謗中傷して笑いを取る番組が多いのでおススメしない。

あと、僕のように異性と関わりが無い人は、かわいい女の子やかっこいい男の子が出てくるアニメを見ると安定剤になるかもしれない。

どちらも共通していることは、「笑う」ということだ。

自分から笑えとかいうポジティブ本のアドバイスとは違う。つらいときは作り笑いもつらいのだ。

自分から笑えない人はアニメに笑わせてもらえ。

ネットの馬鹿に笑わせてもらえ。馬鹿は悪い意味ではない。

2chのまとめサイトはあまり好きではなかったが、このときは感謝した。「画像で笑ったら寝ろ」シリーズが好きだ。

笑うと体の緊張が抜けて、結構リラックスできる。体の痛みが一時的になくなることもある。

現実は何も変わらないけど、小さなことで悩んでいた自分に気が付いて、ずいぶん楽になる。

それで調子が良くなって初めて、次のことを考えよう。僕はもうちょっと余裕が必要みたいだ。

2013-07-27

社会で生きていくために必要な基礎能力

| 16:32 | 社会で生きていくために必要な基礎能力を含むブックマーク

社会で生きていくために必要な能力は何か。もちろん読み書きなどができないと話にならないが、それよりもっと根本的な必要条件ともいうべき能力がある。

それは

他人から愛される能力

である。


コミュ力ではない、愛される能力だ

僕は記憶をさかのぼっても家族以外から、愛されたことが無い。愛されるというのは、ここでは、気に入られるとか、受け入れられるとかである。

小学校から大学までいろいろなクラブ・部活などのコミュニティに所属していたが、僕自身が愛されたことは無い。後輩とかの世話はよくしていたから慕われていた感じもあったが、それは単なる社交辞令だったかもしれない。

特に教師には好かれない。会社の上司にも好かれない。年上に好かれないのかもしれない。

おそらく可愛げがないのだ。確かに尻尾を振るなんて絶対にしたくなかったし、どうでもいい事で上司を持ち上げることもしなかった。尊敬できる部分は素直にそう発言していたが、表現力がないので伝わっていなかったかもしれない。

感情表現があまりはっきりしないので、不気味な奴と思われていたかもしれない。長戸よりは表現していたと思うが、もこっちみたいになっていた可能性は否定できない。

そんなおかげで、どのコミュニティに属していても、(上の人間から)好かれたことがない。

コミュ力自体はがんばって鍛えていたと思う。ひねりの利いた発言を控えれば、聞き上手として良く酒の席に誘われた。技術や勉強の話など目的がある会話はそれなりに話せたし楽しかった。女・酒・ギャンブルの話はついていけなかった。

そのせいでつまらない奴と思っていた人もいたはずだ。

しかしそれこそが重要だったみたいだ。恋愛の話やギャンブルの話など己の弱みを話さなければならなかったのだ。それができずに、そもそも経験がないのだが、僕は孤立した。これもコミュ力の一種かもしれないが、愛される能力と分類しよう。

上司・教師に愛されないと、どういう結果を生むか。仕事をもらえないし、アドバイスもおなざりになるし、アフターフォローなんてもってのほかである。この状況で成長するにはかなりの努力が必要とされるし、コミュニティという戦場以外に心の支えがいるだろう。


ついには家族にも

家族はもう僕のことを重荷に感じている。いつも親戚の子供のことを話しているし。

僕のことを話すのはタブーのようになっている。僕がどれだけがんばっても駄目だったことを力説したのがよくなかった。どうしてネガティブなことを言うときだけ弁が立つのだろう。

もっと家族といる時間を減らさなければ、だんだん険悪になるだろう。家には寝るためだけに帰るようになるのが理想である。体力が戻り次第、そうしたい。

しかし、家族にも愛されないってよっぽどな気がする。家出する少年少女が存在する理由がわからなくもない。しかし中高生で健康な体があるなら将来に絶望する意味がわからんのだが、よほど環境が悪いのか?

家族も一つの社会、すなわちコミュニティである。

多くの人が一番最初に関わるコミュニティである。そこでも愛されないのは少々きつい。きついのはいいんだが、世話にならなければ生きていけない状況がつらい。

ていうか僕は一番年下だから好かれないのかもしれない。妹がいればよかった。弟はリア充になりそうな気がするから嫌だ。

どうせ最終的には皆離れていくだろうけど。


金を払っても

そして前回の日記につながるのだが、僕は医者にも嫌われる。

一般的な症状がでない患者は医者に嫌われる - Random Work To

一応、金を払ってきている客である。でも追い払われる。なぜか。

愛される能力がないからだ。

この能力がないと、病気の治療すら困難になるのかもしれない。なんとも世知辛い世の中である。


まずは愛せよとかいう奴

上の人間に親切にしても大抵、いい顔をされない。仕事を奪った、みたいな顔をされることが多い。

年下は、少なくとも表向きは感謝してくれる。だからよく手助けをしていた。

今思い返すと、迷惑だったかもしれない。しかし顔には出さないのは良い後輩をもったものだ。

手伝いや親切にすることは僕なりの愛情表現だったのだが。

ともかくまずは愛する、ということを実践しているが、世の中の人間は大半が恩なんぞ三日で忘れる。

感謝されることを期待しているわけではないが、ありがとうの一言は欲しいものである。

もちろん感謝してくれる人もいる。だけど彼ら/彼女らは、びっくりするほどあっさり人生が好転していく。そして一度軌道に乗れば、僕のことなんて忘れる。

僕はいつまで底辺にいるのだろう。そしてその状況でいつまで他人を助けるのだろう。単なる踏み台になっているだけかもしれない。

踏み台にすらなれないよりマシか。

いつか書いたけど、僕は現代社会を生きるのに向いていない。他人の踏み台にしかなれないから。愛される能力がないから。

scksck 2013/07/28 02:46 こんばんは。
腰の調子はどうですか?

わたしはあなたの文章が好きです。
ちょっと理屈っぽくて難しいけど、わたしが読んでいる限りではほとんど誤字や脱字も見当たりません。何度も読み返しながら書いているんでしょうか。
わたしが知るあなたの情報はこのブログだけですが、きっと真面目で完璧主義な方なんだろうなと思っています。
そんな人だから、ちょっと疲れちゃったんですね。
わたしはあなたほどの頭はないし、男性でもないので同じではないし、わかるって言うと「軽く言うなよ」って思うかもしれないけど。
血液型占いってあながち外れてないとわたしは思うけど、あなたはどうですか?
あなたはA型ですか?わたしもA型なんですけど。ハズレかな(^-^)
…話が逸れてごめんなさい。


わたしは三姉妹の末っ子で、次姉とも5つ離れているので多分甘やかされることに慣れてて、自分の中に『年下扱いしてほしい』っていう甘えがあるんでしょうね。そのうえ人見知りもしてしまうので、相手が男性でも女性でも年上の人の方が安心するんです。

あなたの兄弟構成がわかりませんが、末っ子さんなんですね。
あなたは末っ子だけど、男の子だから甘えちゃいけないって思ってませんでしたか?

末っ子はね、甘えたらいいんです!少なくとも年上の人には。
他人に甘えるのが難しければ家族から。
あなたは愛される能力がないのでなく“愛され下手”なだけ。慣れてないだけだと思います。
誕生日にプレゼントもらうのが苦手な“祝われ下手”とか「上手だね」「すごいね」っていう言葉を素直に受けられない“褒められ下手”とか。

わたしは中学生の頃から福山雅治が好きなんですけど、あんなにキャーキャー言われる彼もそういうのが下手なんだそうです。
九州男児の特徴なんでしょうか?


なんか長々となってしまってごめんなさい。
でも、あなたが住む世界は丸いの。三角形じゃないから底辺なんてないの。
あなたの人生はあなたが中心でいいんです。
あなたは賢くて良識のある人だから、自信を持ってください。

だからって無理して行動しなくていいんです。
ただ、もっと楽に生きましょう、わたしも!(^-^)

ruisouruisou 2013/07/28 09:17 > sck さん
コメントありがとうございます。こんばんは。
完璧主義って治そうと思って治るものじゃないんですよね……。だいぶ抑えてはいるんですが、医者には「8割で満足するんじゃなくて、5割にしなさい」と言われてるくらいです。
たぶん、完璧にしておかないと周囲からひどく叱られていたからだと思うんですが、体に染み付いてますね。特に文字にするときには。新聞などの誤字脱字も気になるし……。

愛される能力はないと思いますよ。愛され下手・褒められ下手なのかもしれませんが、とってつけたような賞賛の言葉をかけられると、寝る前に落ち込みます。寝る前まで気が付かないんですけど。。

世界が丸くても僕の周りは歪んで濁っていってます。中心に汚物があるのです。賢さも良識も、周囲を圧迫しているみたいです。

あまりコメント欄でネガティブなことを言うものではありませんね。失礼しました。

楽に生きるって難しいですねぇ。

ぺろこまるぺろこまる 2013/08/02 20:06 他人とうまく関われず孤立する自分はふつうに働くのを諦めて芸や物乞いをやるしかないのかな?と思っていた超悲観的な時期もありましたが、それですら、いや、それこそ、他人から愛されないとできない仕事ですしねぇ…。非社交的な発達障害者がそこまで追い詰められたらその先はたいがい「無」でしょうね。ここで踏みとどまるしかないッス、ハイ。

余談ですが、きょう発達障害者(推定。知的かも)のおっさんに食料品店内でジュース代をせがまれましたが、100円でいいかという僕の確認に「あ、200円でもいいですよ」という返しをされたのが面白くて、要するに僕は150円分笑わせて頂いたわけです。そういう頼みベタというか非社交性に憐みも多少働いてのお布施でしたが、でも、社会一般から見れば(そのおっさんは働いているようだから)むしろ彼のほうが上等なのか。それを笑う俺のほうがバカなのか。27で社会人経験3か月足らず。踏みとどまるために焦ってマス…。

ruisouruisou 2013/08/03 20:26 > ぺろこまるさん
コメントありがとうございます。
愛嬌のない発達障害者なんて社会から排除される一番の標的ですからね。つらいところです。

飲み物代は出さないほうがいいですよ。買ったジュースをあげるのはまだいいですが、お金を渡すのは良くないです。旅先の出来事ならまだいいですが、近所のところだと顔を覚えられてまた金くれって言われるかもしれません。しばらく近づかないほうがいいです。

2013-07-26

一般的な症状がでない患者は医者に嫌われる

| 11:49 | 一般的な症状がでない患者は医者に嫌われるを含むブックマーク

腰が痛いから整形外科にいく。しかし、大体の医者は僕がうつ病だと告げると、興味を失ったようにテキトウにあしらって帰らせようとする。大体というか今のところ100パーセントだ。


医者がプライド高いのはそのままで良いのか

ニートはプライドが高い、とよく批判される。僕はプライドがないほうだと思うが、やはり多少はある。仕事に対しては、談合にかかわっている会社とか違法な偽装請負・多重派遣をやっている会社は、やはり許せない。ニートを脱出できるとしてもそういうところでは働きたくない。この考えを「プライド高いなぁ」と批判されるなら、僕は一生ニートでいい。

そして一方、医者である。彼らは自分がわからないことがあると、受け入れない。昔の僕もそうだったからよくわかる。患者もネットを使って病気のことを調べてくるから、特定の病気については医者に匹敵するほどの知識があってもおかしくない。もちろん総合的にはぜんぜん駄目なので、判断は医者に任せたほうがいい。しかし、そういう小賢しい患者が来ると医者は機嫌が悪くなる。患者はアホで何も知らないほうがいいらしい。まるで駄目サラリーマンが部下をもったときのようである。

僕はその小賢しい患者だったようで、質問とかしていると機嫌が悪くなっていった。

そして追い返されるように診察室を出て行った。

もちろんこれは若い医者に多い。そしてこいつらはプライドを捨てきることなく生きていくのだろう。もちろん実際に頭がいいのだからプライドはあっていいが、その高慢さが医学の発展を妨げるだろう事は誰にでも想像がつく。


しかしプライドを捨て切る必要はあるのか

究極までプライドを捨てると、ホームレスにならなければならない。彼らから見たら電気代の値上げでピーピー言ってる僕たちは滑稽だろう。医者の文句を言っている僕も滑稽だ。

プライドなんて捨てろ! と言っている人たちはそこまで考えてない。

ただ単に言っているだけだ。他人にアドバイスをする人はおそらくほとんど何も考えてはいない。条件反射的に言っているだけか、自分の経験を語りたいだけである。

人間が人間であるために必要なものの一つは、プライドである。プライドというと安っぽいから、誇り、こだわりと言ってもいい。

これがないと良い生き方はできない。ニートになって捨て去ろうかと思ったが、捨て去ったら本当に生きている意味が無い。

かといって医者の高慢が許されるわけではないが。

やはり高すぎるプライドはどこかで捨てるべきだ。


医者が患者に絶対にやってはいけないこと

医者が患者にやってはいけないことは、医療ミスではない。患者を拒絶することだ。真摯に治療をして、ミスがあったのなら許せる。しかし、わからない、面倒だ、ミスをして後からクレームがきそうだ、のような理由で診察を断るのが一番クズ医者だ。

もちろんあからさまに断る人はいないが、いくつも病院を渡り歩いている僕にはよくわかる。この医者はいまテキトウなことを僕に言って追い払おうとしている、と。

それを感じた瞬間、もう一気に冷めて帰るようにしている。

痛くて痛くてすがるような思いで病院にいくのに、断られたら本当につらい。あまり痛くない状態でいくと、若いのに甘えるな、みたいな事を言われるから、救急車を呼ぶか呼ばないかの瀬戸際まで我慢してから病院にいくようにしている。

そしてその状態で病院を訪れて、拒絶される。

頭が真っ暗になる。帰り道は自殺したくなる。体が元気なら殺したいくらいだ。そもそも元気なら病院にはいかないのだが……。


そもそも僕には人間として欠陥があるようだ。それについては次回書こう。


参考:

アピタル(医療・健康・介護):朝日新聞デジタル

一時騒がれた救急車の受け入れの話。胸糞悪くなったのは言うまでもない。こんな人は医者を辞めて欲しいし、思っていても言葉にしないで欲しい。

2013-07-22

腰痛が治らないのは悩みが多いからかもしれない

| 23:01 | 腰痛が治らないのは悩みが多いからかもしれないを含むブックマーク

悩みやストレスは筋肉を緊張させ、常にフルスロットル状態で体を酷使しているようなものらしい。ちょっと大げさだけど、うつ病の延長で腰痛に悩んでいる身としては、あながち外れているとは思えない。

緊張や不安による筋肉のこわばりをリアルに感じる

最近、体調がじわじわ良くなって、少しずつ社会に参加しようという意思が生まれてきた。しかし、ことごとくうまくいかない。その詳細は特定を避けるために書かないが、久々に家族以外の人間と話して疲れた。しかも真面目な話したし。会社を辞めて2年半、そのブランクをあけて真面目な顔で真面目なことをしゃべった。その疲れは想像を絶する。

今のところすべてうまくいかなくて、このままどうなるんだろうと、布団に寝転がって不安に思っていたら、急に腰の辺りが痛くなってきた。まるで陸上競技のスタート前のような緊張だ。ビーム砲とかのパワーが集まっている場面を想像した。かなりの痛みだ。しかもなかなか収まらない。呼吸も荒くなる。1時間くらい続いた。薬のおかげかなんとか収まった。

家で考え事をするだけで力が入りすぎて、筋肉痛になるとか弱すぎ。しかもこれはかなり引っ張った。薬が切れるたびに痛みが襲ってきた。

ストレス対策を用意しておかないと、まともに活動するのは無理だなぁと思った。


悩みに対する戦略を知らないものは若死にする

これは『道は開ける』に載っている言葉の一つで、ノーベル医学賞受賞者のアレクシス・カレルのものだ。

まさしく今の自分はこれを痛感した。このままじゃ死ぬ。しかも激痛に襲われながら死ぬ。

本書には悩みの解消法がいくつか書かれているが、自分にまず必要なのは、悩みを書き出す、といことだった。あまりに悩みが多すぎて、混乱していること事態が、一つの悩みになっているのだ。

がんばって書いてみた。身を切るような思いで書いてみた。大きく8つあった。

その中でも一番大きな悩みは収入がないことだった。詳しく言うと、収入のためへの活動を満足にできていないことであった。ニートであることは大した問題ではないこともわかった。

収入がないことがすべての足かせになっていた。


死ぬ程痛いのか

確かに腰は痛い。椅子に座り続けるのも一苦労だ。しかし本当に何もできない程痛いのか? と問いかけると、そうではない。

痛みがあることで、何事も集中できなくて、かつ、以前の半分も能力を発揮できない。この自分を実感することで嫌気がさして結局何もしなくなるパターンが多かったのだ。

しかし、何もしない、というのは自分にとって一番ストレスになるみたいだ。

その結果、ストレスにより筋肉がこわばり、痛みが襲ってくる。痛いと何もしたくなくなる。しかし何もしていないとストレスがたまる。ストレスがたまると体が痛くなる。

負のスパイラルである。

痛いのを我慢して、何かを為さなければならないみたいだ。


かといって就職などできない

この辺から蛇足。いつもちょくちょくこのブログで書いていること。

筋肉のこわばりが邪魔をしている。これはうつ病の症状ではある。もはやこれは1,2週間で治るようなものではない。

そして就職するには少なくとも1日8時間はデスクに座っていなければならない。それはできない。立ち仕事や力仕事はもってのほかである。

自分のペースで休みながらできるSOHOのような仕事をするしかない。クラウドソーシングとか夢があるけど、あれはものすごくIT土方の仕事の取り方に似ているからあまり好きになれない。どんどん単価が下がって、足元を見られるようになる可能性が高い。やってみないとわからないが。もう少し体力ができたらレポートしてもいい。1ヶ月単位でできるみたいだし。


ちなみに以前宣言した目標はぜんぜん守れていない(参考:目標をネットで宣言すると大体成功しない - Random Work To )。

一日10分だけでいい、とか言ってそれすらできてないとは……。人間は堕落する生き物だったのだなぁ。

scksck 2013/07/23 01:04 こんばんは。
腰が痛いとほんとに集中できないし力も入らないし、体の真ん中にあるだけに一番大事ですよね。
毎日暑いですし、どうぞ無理をなさらずにお過ごしください。

ruisouruisou 2013/07/23 08:17 > sckさん
コメントありがとうございます。こんばんは。
頭痛に並んで我慢しにくいところですよね、腰は。暑いのもじっと耐えるのは苦手なのでつらいところです。
こういうコメントはうれしい限りです。休みを適度にとりながらやっていきたいと思います。