Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-02-15

自律神経失調症を治療するため、地味な筋トレをすることにした

21:32 | 自律神経失調症を治療するため、地味な筋トレをすることにしたを含むブックマーク

地味な病気とは理解されにくいものである。自律神経失調症はそのような病気の一つである。見た目は健康そうに見えるのに(顔色は多少悪いが)、体が痛みを感じる。傷・病気の治りが遅いし、皮膚もすぐに荒れるし(指先が荒れて痛いのでタイピングがつらい)、この時期だと冷えがつらい。冷えなんぞ特に気にしてなかったが、体が弱るとじわじわ効いてくる。


いろいろ挑戦してみた

自律神経失調症についてネットで調べてみたら、やれ朝日を浴びろだの、ウォーキングしろだの言われていて、実践してみたが、そう劇的な変化はなかった。特に早朝のウォーキングは、老人がひしめきあっていて、若い人間は注目の的でとてもリラックスして歩けない。僕の住んでいる地域ではこの早朝の時間帯が一番人が多いと思われる。

それが嫌で人の少ない山のほうの道を歩いていたら、何か悪い人と勘違いされて警察から注意を受けた。ともかく散歩関係はまったくリラックスできないし体調も良くならないからやめた。

代わりに夕刻にジョギングをやっている。走る方が僕にとってはずいぶん調子が良い。老人からじろりと見られるのも一瞬だ。反動で丸一日ほど疲れが来るが、もうそれで気分まで引きずられることは殆どなくなった。

治療にいろいろな食べ物も摂取してみたが、効いた試しは無い。

漢方薬も飲んでいるが、治る気配はない。症状を抑えてくれている可能性があるので、漢方は続けるが、食べ物で治るというのはどうにも信じがたい。よほど偏ってない限り、食事内容は気にしないで腹八分を守れば良いと思う。また、よく咀嚼してゆっくり食べるとなお良い。


マッチョになる

マッチョと言っても、普通の人より筋肉質になる程度である。あまりに筋肉質になると性格が攻撃的になってしまいそうで怖いからやめておく(きついトレーニングをしたくない言い訳ではない)。三島由紀夫も筋肉をつけすぎたばかりに、割腹してしまわれたように思える。

なぜマッチョになりたいのかというと、「マッチョの自律神経失調症なんて見たことも聞いたことねぇ」と思ったからである。実際、筋肉が増え、体中の血流量が増えると治るような気がする。少なくとも改善はしそうである。

しかし、自律神経失調症の治療ための筋トレなので、地味である。指先、手首、足首など末端の血流を意識したメニューになる。傍から見ると筋トレに見えないだろう。僕はこれを地味トレと呼ぶことにした。ジムなどには行く必要は無い。部屋の中でひっそりとやる。

今のところ1週間ほど続けている。3ヶ月くらいすると健康になってやる気もみなぎっていることだろう。


病気の人間は先のことを考えてはいけない

これは度々言っていることだが、病気の人間はあまり将来のことを考えてはいけない。どうしてもネガティブになってしまうからだ。よって、考えるのは完全に治ってから、というより、回復していけば自ずと考える時期が来るように思える。

僕は最近、それなりに体が回復していろいろできるようになって、何かと生き急ぐような思考になっていた。この年齢で就職を決めてしまわないと、もう将来がないぞ、とかネットで見かけてずいぶん焦った。特に、5ヶ月前に30歳になってからひどく焦っていた。つい最近まで焦って、悩んでいた。

しかし、焦るべきだとの意見は、膨大な有象無象のネットユーザーの一個人の意見でしかない。信頼性はかなり低い。そんなものに左右されて焦って道を誤っては、臨終の際に強く後悔するだろう。

それに体が弱い状態(フルタイムに耐えられない状態)で職を探しても、この時代はまったくない。人材不足と言われて、一人あたりの仕事量が増えているので、残業は当たり前のようだ。そんなところに今の状態で飛び込んでも、(よほど仏のような人の庇護にあわない限り)返り討ちにあうだけだ。

よって、僕は地味トレを始めた。もちろん、普通のトレーニングも(強度は低くして)している。自律神経失調症は直接的な原因が不明なので、治らないとふさぎ込んでいたが、(地味トレで)治る可能性もあるので、それにかけてみる。

ちなみにここで治るとは、デスマーチ*1に連続で遭遇しても口笛を吹いて受け流すことができるほどに強靱な心身を手に入れることである。もちろん、そんな状況に遭遇してしまわないよう全力を尽くすが、この時代にそれを避けるのは難しいように思える。考えすぎだろうか。


体が治ってから、全てを始めよう

30歳にもなって何も結果を出せてない自分に対して厳しい評価を下していたが、それは早計な判断だった、と思う。よく考えたら20代後半はうつ病で殆ど引きこもって寝ていたのである。それで結果を出せる奴なんてほとんどいないだろう。

そして、全てを始めるのは体が治ってからで良い。治ったら、覚悟を決めて、怒濤の勢いで、目標に邁進すれば良い。そこに年齢などおそらく関係ない。関係ある、と言う奴はきっと狭量な奴なのだろう。聞く耳を持たなくて良い。

それに、前述したが、体が回復してくれば、自ずと動き出したくなるはずである。その時期が必ず来る。それまで逸る心を抑え、きっちりと耐えて、心身共に健康・健全な状態を準備しておくべきである。

その時期がきたら、僕には、社畜に戻りたいなどと弱気なことを言わずに、自営業で糊口を凌ぐと強気な発言をしてほしい(強気ではないか……)。

*1:主にプログラマの人たちが苛酷なプロジェクトへの従事(死の行進)を強いられること。

DIDI 2015/02/18 19:39 ダメ院生の末路ですね
他人事ではないので気持ちはわかります。
お互い頑張りましょう
ROM専でした

31歳31歳 2015/02/19 02:07 キツい事を言ってしまいますが、貴方はおそらく人付き合いが嫌いで自分一人の才能でなんとか世の中に認められようとしているように見えます。
実際親類にそのような者はいましたが、殆ど全ての仕事では気にくわない人も含む他人とのやり取りは避けて通れないと思います。
また心身を崩した者が独力で得られるスキルが果たしてどれほどかという事を考えると(非常に苦痛でしょうが)何らかのコミュニティに属して対人スキルや支援してくれる友人を作るのが大事になるのではと思いました。
文章を拝見しただけですが能力自体は十分あると思いますので。
無理はなさらない方がいいですが比較的近い境遇だった者としてそう感じました。
差し出がましいコメント失礼致しました。

ruisouruisou 2015/02/19 13:08 > DI さん
コメントありがとうございます。
ダメ院生でも、それなりに常人よりは勉学に励んだので、良い方向に進めると信じています。まだ末路ではありませんw
はい、お互い頑張りましょう。

ruisouruisou 2015/02/19 13:27 > 31歳さん
コメントありがとうございます。
そしてご心配もありがとうございます。以前の僕なら聞く耳持たなかったと思いますが、今はその言葉がよくわかります。実際、独力の限界というかマンネリを感じておりますので、社会との接点を探しているところです。
体は、基本的に自分の力で治すものと思っていますので(特に貧乏人は)、このような強気なエントリになってしまいましたが、同時進行で社会との接点(コミュニティに属するなど)は探していくつもりです。今は少々下準備をしております。ブログに書くほど進んでませんので、まだ書いてません。
まあ、なんと言いますか、他人と摩擦を起こしやすいタイプですので、それをできるだけ起こさないよう心と体を鍛え(体の不調がダイレクトに心の不調に繋がっておりますので、それをできるだけ軽減するために体も鍛えています。それが今は地味トレ中心がであります)、自分からはもとより他人からの摩擦が起こっても、受け流すほどに鍛えようと決心している程度のエントリです。これはたとえ社会人になろうと、最終的には自分一人で鍛えることになると思いますので、今から鍛えてかつ習慣にしておくのは非常に有用と感じています。
長くなりましたが、僕のような者に助言をありがとうございます。僕のような人間に声をかけてくれる方は貴重ですので、今後僕のような人をネットでもリアルでも見かけたら声をかけてやってください。
それでは、ありがとうございました。

duke77duke77 2015/02/26 02:09 株式投資とかしてみてはいかがでしょうか。とても勉強家な感じするので向いている気が。
勉強とか分析が報われる分野だと思います。私は現在ドハマリしていますw

霞 2015/02/28 08:47 おひさしぶりです。
主様も自律神経やってるんですね…私も数年間患ってますが地味に心身を蝕むのが厄介だと感じてます。冬の冷えはきついですよね。
先のことは考えないとありますが、今回復に努めることこそ将来のための準備になりますね。
この記事を読んで自分の立ち位置を振り返ることができました。ありがとうございます。

ruisouruisou 2015/03/01 22:07 > duke77 さん
コメントありがとうございます。
株式投資は以前やっていましたが、どうにも向いていなかったようです。貧乏性・心配性な人間がやるものではないようです……。
個人で大手証券会社などに常勝するのは至難の業なので、競馬をする程度の気持ちでやるほうがいいかと思います。

ruisouruisou 2015/03/01 22:18 > 霞さん
コメントありがとうございます。
自律神経失調症でしたか……。全ての抵抗力が弱くなる感じで冬とか春先は特につらいですよね……。
なかなか一つに絞るのは難しいですが、自分が満足するまで回復してから動いた方が良いと思います。少なくとも、自分の(症状の)ことをろくに知りもしない他人からの言動に、いちいち右往左往するのはよろしくないです。まあこれも自戒ですが。
おっしゃるとおり、ここは将来への準備と割り切って、ぐっと我慢しましょう。

mykmyk 2016/11/28 07:17 自律神経失調症 改善 筋トレ で検索をしてこちらにたどり着きました、はじめまして。
ここ数ヶ月色々と体調を崩しており、数日前に一気に悪化して
まだ病院にはかかっていないのですが、症状を相談した数名から自律神経失調症ではないかと指摘されています。私自身、セルフチェックなどをしてみた感じ可能性が高いなと感じている段階です。(もちろん素人判断ですので、病院へかかるまで確実とは言えないのは自覚しています)

10年近く慢性的な運動不足で筋力や体力が相当落ちているのですが、ruisouさんはこの地味トレを実践された後、自律神経失調症の症状の改善は実感できましたでしょうか?
現在何を考えても悪い方向へと頭が行ってしまうような状態で、病院へ行くのも勿論ですがとりあえず気休めでも試せそうなものはなんでも試したいと思っています。
もし、地味トレについて体感でもその後効果があったように感じた場合、大体どれくらい続けていたらそんな気がしてきたか、あともしよろしければ一部だけでも地味トレの内容を教えていただけないでしょうか?
唐突なお願いで不躾とは存じますが、よろしくお願い致します。

ruisouruisou 2016/11/28 08:36 > myk さん
コメントありがとうございます。
実際、自律神経失調症の一部が改善したと思います。全快ではないですが、よくなったと思います。
しかし、本当に効果があったのは、夕方のジョギングかと思います。何を考えても悪いほうに行くなら、スロージョギング、とかいいですよ。最初は、「スロージョギングを10分だけ」という気持ちでやっていました。引きこもりにとってこれはかなり厳しい。だけど、毎日やってみてください。だんだん伸ばしていけばいいのです。うつ病も発症しているのなら、あまりすれ違う人の顔はみないようにしてみてください。嫌な思いをしなくてよくなります。ちょっとうつむいてゆっくり走っている人は、フォーム確認してるんだな、と思われるはずなので。。また、見た目にこだわってもダメです。見た目をきちんとしないと走れない、と言い訳をしてしまうからです。靴はちょっといいやつを履いたほうがいいかもしれませんが。
地味トレならぬ、地味ランニングといったところでしょうか。
ともかく地味に頑張ってください。健闘を祈ります。