Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-11-12

人生の順番

| 22:08 | 人生の順番を含むブックマーク

自分の人生の順番*1など、回ってこないのか。

順番と言えば、小さい頃、公園の遊具を順番待ちしてて遊んだことを思い出す。

あのときは、大人しく待っていれば、遊具で遊ぶことができた。並んでいるから、もうすぐ僕の番だ、と理解することができた。

そして実際に乗ることができた。だから、大人になっても、何となく素直にしていれば、自分の順番になると思っていた。だけど、違った。何も上手くいかなかった。良い事なんてなかった。誰も助けてはくれなかった。*2

いや、そもそも順番が来て遊んでいただろうか?

自分の順番が来ないで、結局、みんなが疲れて休憩しているとき、遊具を遊んでいたように思える。友達に先んじて遊具を遊んだ覚えはない。


世の中は、順番を待っていて、自分に回ってくることはないのか

余裕のある地域なら別かも知れないが、日本でも有数の貧乏地域ではそういうことはない。実際、国立大学のある地域では、多少人々に優しさがみられた。

だいたい、人生では並んでいても次々と人がやってきて、自分は後方へ追いやられる。先に入り込むのは良くないと誰もが思っているが、世の中やったもん勝ちである。他人はけおとさなくてはならないのかもしれない。自分よりずっと若い人間はまだチャンスがあるのだから、落としてもいいように思える(←ひどい)。しかし、僕なんぞ小心者には、落とす勇気などないだろう。

遊具でも、小さい子が遊びたそうにしてきたら、先に遊ばせるものだ。僕はよく譲っていた、と記憶している。案外中学生の頃までは、後輩や近所のちびっ子に慕われる奴だったように思う。*3

僕は、自分の順番がまだ来ていないのに、次から次へと新しく並んだ人を先に向かわせるのだろうか。この人生は、きっとそうしなければならないのだ。筋肉が枯れ木のように硬直し、心がむせび泣こうとも、笑顔で他人を先にやるのだ。

そして、きっともうすぐ自分の順番が来る、と信じて、一途に行動し続けなくてはならない。三十路越えてしまったが、信じなければならない。四十路を越えても、やらなくてはならない。死ぬ直前まで、信じなければならない。


最悪の気分のとき

気分が最悪なときは、自分のやるべきことがよくわかる。これだけは、という自分の人生の指針を改めて思い出す。

私的なことだが、今月の頭にとてつもなく嫌な出来事があった。個人的に攻撃されたなどということはないので安心してほしいが、心の支えを失った気分である。とてつもなく心が荒れて、やけ食いなどをしていたら体重が3キロ増えて、体脂肪も3パーセント上昇した。*4

気分転換しようと、少し遠くに出かけたのだが、それでも嫌な出来事ばかりが重なって、今日、部屋で一人泣いた。夕食前のストレッチをしながら泣いた。

でもついさっき、自分のすべきことがわかったような気がする。今までと、根本的な部分は変わらないが、もっと純粋な部分がわかった気がする。抽象的で申し訳ない。

最悪の気分も、自分のやるべき事が見えるのなら、悪くない。

*1:順番というと、結婚のことと勘違いする人が多いが、ここではそうではない。もっと広義で抽象的な意味だ。

*2:もちろん、親切にしてくれた人はたくさんいる。だけど僕が本当にどん底に落ちたときは、誰も助けてはくれなかった。どん底の人の愚痴はかなり重いから敬遠する気持ちはわかる。

*3:しかし彼らも、もう童貞ではないのだろうか。そりゃそうか。彼らももう20代後半なのだから……。

*4:増えるときは一瞬だ。エネルギー吸収効率が高くて大変よろしい。

akisibuakisibu 2015/11/14 10:49 人生の順番ってことで、死ぬ順番かと思って読んでいたら、違った。
死ぬ順番なら、どんどん譲る人は生きている時間が長くなる。が、お人よしは死ぬ順番の時にはどんどん譲ってもらってすぐ逝ってしまうかも。
結局は、他人を蹴落としてまでサバイブしたいかどうかという問題にぶちあたる。

massivemassive 2015/11/14 20:42 声が大きくガサツで無神経、その癖上の人間に取り入るのが器用で上手い。
ずうずうしく他人に要求しても、自分から人に何か与えることはしない。
順番の話で言えば譲ってもらって当然とか、逆に譲る奴は馬鹿だとか思ってたり……。
極端な例ですけど、そういう人に会うと、自分にはそこまでできないと嫌悪感を感じちゃいますね。
まぁ、そうじゃなくても結局、誰それ構わず譲ってしまうんで自分が常に順番待ちであることには変わらないんですがね。
自分が行きたい方向はあるのだけど、人の流れを妨げないように、人にぶつからないように、流れに身を任せてひらひらとただ水中を漂う藻屑のような感じです。
端から見れば主体性もなく、度胸も無いダメ人間に映るんでしょうね。

あぁ、すみません私の場合ですよ。

ruisouruisou 2015/11/15 10:22 > akisibu さん
コメントありがとうございます。
よく見たらタイトルからだんだんずれていってしまってますね。。すみません。
死ぬ順番は、あまり譲ってもらいたくないですね。。尤も、来世の僕は神のごとく豪運になりそうですが。
結局、蹴落とす行動はどこかで必要なんですよね。若い人に我慢してもらいますか。。ああ、引きこもって生きていきたい。。

ruisouruisou 2015/11/15 10:29 > massive さん
コメントありがとうございます。
流れるように生きる、いいですね。僕も全く同感です。老荘思想に近いですね。
全然ダメ人間ではありません。せめて同族を見かけたら、優しくしましょう。。お互い流れているから難しいかな。。

ほげほげ 2015/11/24 00:24 傷病手当金受給中の無職です。
辛くなった時は、2012-9-16の記事を読んでます。

主張したもの勝ちですよね。人生は。
人生に勝ち負けなどというものがあるのか
わからないので、この表現は正しくないかも
しれませんが。
タイミングを逃したらそれで終わりです。
まるで女性の扱い方のようです。

ruisouruisou 2015/11/25 19:30 > ほげさん
コメントありがとうございます。
辛いときに読んで貰えるなんて、喜ばしい限りです。ありがとうございます。

主張だけで生きている人は、若いときは良いけど、いずれ歳を取ると悲惨なことになるのかもしれません。時代によりますが。。タイミングも重要ですね。本当に。

療養中にもきっと良い波が来ると思いますので、そのとき思い切って何か行動すると良いかもしれません。あまりに安全策をとりすぎると、僕のように手遅れになりかねないので、いけるときいくのも手かもしれません。とはいってもキツいときはしっかり休んで下さい。