Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-21

動き出したら周りが味方してくれるという幻想

22:57 | 動き出したら周りが味方してくれるという幻想を含むブックマーク

よく、テレビやらネットやら本やらで、動かないから誰も助けてくれないんだよ、動き出したらみんなが助けてくれるよ、と根拠の無い励ましを見ることがある。

僕も今動き出している途中だが、それを期待していなかったわけではない。頑張っていれば、誰かが助けてくれると思っていた。だが、それは幻想だった。世の中、他人からむしりとることしか考えていないハイエナばかりだった。もちろん、僕の特有の運の悪さが原因であって、これを読んでいる人たちには関係ないから、安心してほしい。


結局、僕は搾取される側

世の中には搾取する側と搾取される側がいるとよく言われる。僕は、どこにいっても搾取される側らしい。起業(というか小さな自営業)をしようとしているのに、始まる前に搾取された。

搾取は言いすぎだが、準備段階で一日10時間以上働かなければどうにもならない状況になってしまった。それで適正な金銭が発生すればいいのだが、完全に相手のペースにのまれてしまって、時給にして300円を切ってしまった。負け戦状態である。もちろん、修行中だから仕方ない部分もあるが。

ぶらっく企業が問題になる中、多忙貧困に苦しんでいる彼らが、僕はちょっとうらやましい。だって、みんなで愚痴を言い合えるし、一応、労働基準監督署に守られている。だが、自営業者にそれはない。


オリンピックメダルなんぞや

皆に応援されて肯定されて結果を出すのは、比較的容易である。それに若さも加われば千人力。オリンピックのメダルは、応援があったからである。

もし、最初から現地で否定されメディアにもうっかりと忘れられ、家族友人誰一人として応援に来ない状況だったら、選手はメダルを取れるだろうか。絶対に取れないと思う。

もうずいぶんと昔のことだが、僕はスポーツの団体戦(練習試合レベルの小さな試合)で、握手を拒否されたことがある。弱すぎたからだ。それを見てチームメイトは苦笑していた。僕もあいまいに笑っていた。もちろん悔しかった。その後、猛特訓をした。一人で毎日のように残って(基礎)トレーニングを延々として、漫画みたいに努力した。だけど最後までまったく結果が出なかった。わかったのは僕にはスポーツの才能が無いということだった。

しかし大人になって思い返してわかったことは、やはり味方がいないと人間は腹の底から力が出ないということだ。努力しても身につかぬということだ。

一流選手にはやはり多くの味方がついてくる。だが僕のような底辺人間には、ゼロである。*1つまり、同じ努力をしても、一流の選手はより高みに登っていくのに、僕はほとんど登ってなどいないのだ。


見てくれるのは若いうちだけ

若いうちは努力していれば、自然と人があつまるかもしれない。しかし、齢30も過ぎてしまった落ちこぼれに、改めて味方になってくれる人はいない。もちろん、そうじゃない人もいるかもしれない。だが、僕はもう世間の実際の人心を知る術はない。自分の周りから判断するのみである。

重要なのは、自分の実際の環境である。ともかく、僕には共に戦ってくれる味方はもとより、応援してくれる人もいない。父親と母親がやや肯定してくれているが、いかんせん田舎の単純労働者と専業主婦である。どちらかというと、自営業より就職してほしいようである。

しかし、僕は自営業が失敗したら腹を切るつもりでやっている。時代錯誤だが、それくらいではないと、鬱状態から脱出できなかったのだ。就職という選択肢は今のところ、というか一生ない。

話がずれたが、ともかくこんな悲壮なおっさんを見てくれる人間などいないのだ。若いのなら、悲壮な覚悟を美談ととらえ、人が寄ってくるかもしれない。しかし僕は30を過ぎた。引きこもっている時期が長すぎたし、年齢的な時期も悪かった。せめてあと1年、できれば2年早く動きたかった。

30過ぎると本当に味方が減る。旧知が離れていくのはもちろん、新しく味方になってくれる人がいなくなる。イケメンだとまた別かもしれないが。顔を整形するところから始めるべきだったか。


増えるのは、敵だけ

なぜ敵だけ増えるのか。いろいろと勘ぐりたくなる。日本が資本主義社会(競争社会)だからではないのか。そして、やはり不景気の波から抜け切れていないからではないのか。

競争社会では、足を引っ張るのも常套手段だし、不景気が蔓延していると、自分の利益を少しでも増やさなければならない。

動き出したら味方が増えてくれるなどと、淡い期待などしてはいけなかったのだ。冷静に考えれば、そうやすやすと味方が増えるわけはない。最初は敵だらけが当たり前なのだ。

だいたい、一人ぼっちで、起業しようとしているのが馬鹿げているのだ。最初の根回しゼロ、コネも当然ゼロでやろうとしているのだ。馬鹿げたことをしているのだから、働けるだけありがたいと思っておく。

なんにせよ、もっとタフにならなければならないとは思う。主に精神的に。そして愚痴を言える味方もいない分、勉強時間を確保しなくてはならないと思う。


参考に

イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】

・・・・・・本当はエッセンシャル版ではなく本家を読むべきなんだろうけど、体力が無いから今はこれで。半分くらい読んだ。

*1:もちろん、ブログの読者は多少いてくれるが、若いブロガーさんたちの比ではない。数ヶ月で読者を3桁作っている人がザラでおそろしい。その話はまたおいおいするとして、僕の味方なんぞ、ここにコメントをくれる人たちくらいである。顔も年齢も性別も連絡先も知らないのに味方といっていいのかわからないが。。

パスカル先生パスカル先生 2016/08/25 21:14 いつもブログの更新を楽しみにしてます。
悩むのも壁にぶち当たるのも目標に向かってちゃんと動いてるからこそ。
誰とも会わず何もしなければ落ち込むこともありませんからね。
応援してますよ!

ruisouruisou 2016/08/25 23:34 > パスカル先生さん
コメントありがとうございます。
また、応援ありがとうございます。ネット経由のその言葉だけで、非常に勇気になります。一人は本当に寂しいですから。。
もうすこし踏ん張ってみます。

のび犬のび犬 2016/08/27 09:27 ruisouさんが「道は開ける」を貼ってくれてますが、おいらもデール・カーネギー先生の「人を動かす」も好きです。くじけそうな時には、自己啓発本を読んだりして、エネルギーとノウハウをもらいたいですね。

ruisouruisou 2016/08/28 18:05 > のび犬さん
コメントありがとうございます。
本を読んでみるのはいいかもしれませんね。しっかり時間を確保して読んでみたいと思います。ありがとうございます。

ushiburpushiburp 2016/11/05 14:52 最近見ているわよ

ruisouruisou 2016/11/06 19:46 > ushiburp さん
コメントありがとうございます。
シャンとしてがんばります!

けいたけいた 2017/01/08 00:31 いろんなブログ点々と見てましてたどり着きました。
全て読ましてもらいましたが、こんなに上手い文が書ける方なら世の中うまくやれそうな方だと思ったんですが。うらやましい文章力と思いました。世の中は甘くないんですね、、、
世の中の一般通念ではなく、そんな視点、考え方もあるのかと気付かされました。
年収50万というのは驚きでした、、、このブログで良い内容が更新されることを願っています。詳しくは分かりませんが、腐らず頑張っている姿が文章から想像できます。応援していますので頑張って下さい。

ruisouruisou 2017/01/08 18:19 > けいたさん
コメントありがとうございます。
基本的な能力が圧倒的に不足しているので、社会ではお荷物です。。文章だけのお仕事はピンハネされまくってますし。都会に行けば仕事があるのはわかってますが、もうちょっと田舎で頑張ってみようかなと思っています。
年収は、あまり気にせずいきたいところです。結婚とかはあきらめてますので、気楽なものです。。両親の気持ちを考えるとちょっと心苦しいですが。。
ともかく、ありがとうございます。がんばります。