Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-31

一人で生きていくのに自営業という選択肢をとることについて

23:06 | 一人で生きていくのに自営業という選択肢をとることについてを含むブックマーク

自営業を開業した。春に開業した。

詳しいことは伏せるが、暖かくなるのに合わせて正式開業した。とても地味な開業で、ほとんど誰も知らない。もちろん、表に花を飾ったりなどしない。今までは住み込み的な感じでやっていたが、この春からは正式である。やることはほとんど変わらないが、自分一人でやらなくてはならないことが増えるし、収入は減る。今年も年収は100万切りそうである。


自営業について最初の反省

節約のために機材をケチったらとんでもないことになる。初期不良の多いこと多いこと。初期不良を見つける仕事に転職しようと思ったほどである。基本的に、安物で揃えると、初期不良とか増えて、時間を食われる。メインの機材は予備があるからいいものの、それでも時間を無駄にしてしまうことは確実である。

そして僕は、性格上、細かいことが気になる。細かいことは気にしたら負けだと言い聞かせても、やはり気になる。大行は細瑾を顧みずと言い聞かせてなんとか凌いでいるが、己の器の小ささを実感する今日この頃。器ってどうしようもない。

また、3年やって開業費を回収できるかどうかを基準にしているが、現在のペースだとまず無理である。頭の中に戦略はたくさんあるが、体力が無い。看護師とかやっている収入のよい嫁が欲しい。それってヒモじゃん。体裁とか気にしないから、ヒモになりたい。


ネットで稼ぐと言ったな。あれは嘘だ

以前このブログでネットで稼ぐと言ったような気がするが、ネットは活用しているだけで、メインではない。僕のような、魅力もなく、中途半端な知識しか無い人間は、ネットメインの活動は厳しいと判断した。どちらかが特出していれば、ネットで自営業を展開するのは悪くない選択肢だと思う。しかし、不安定さマックスだし、大手にパクられたら終わりだし、サイト維持も意外と大変だとわかった。

それなら普通にリアルで働いた方がいい。それに、ネットで稼ぐには、結局作業体力がめちゃくちゃいることがわかったし。


自営業にむいている人

何で自営業者は自分のブログで語りたがるのか。きっと友達がいないからである。僕も例に漏れず、自営業のことを語ろうと思う。むいている人の人物像がわかってきたから書く:

1.マメな人。

どんな業種の自営業でも、自分一人で何でもやるのだからマメさは必要である。バイトの一人くらい雇うかもしれないから、相手に情報を正確に伝える工夫が必要になるだろう。それに必要なのはやはりマメさである。

2.体力のある人。

自営業などはたいてい、ハプニングが起こる。毎日のようにハプニングが起こる。その対処で体力が奪われる。メインの仕事に取りかかるときにはへとへとになっていることが多い。

3.決断力のある人。

僕はあまりもっていないが、決断力があれば、週に一度くらい休みが取れるのではないかと考えることがある。とにかく決断の連続で、何でもイエスというわけにはいかない。体力があればイエスと言って、三日三晩寝ないで仕事をやればこなせるかもしれないが、僕にはその体力は明らかに無い。よりよい決断が必要である。

三つに絞るとしたら、以上の三つになる。

他にも、孤独に耐えられる・気分転換ができる・人に愛される(できれば手伝ってくれる嫁がいる)・自分なりの哲学がある・自営業をどうやって発展させるか戦略をいくつかもっている・自分のためなら勉強することが苦ではない、など挙げればキリがない。これらが満たされれば余裕で自営業ができるだろう。絞り込んだらやはり、マメさ体力決断力の三つとなる。

しかし、これらがなくても、味のある自営業者はたくさんいるので、どれか一つでもあれば、自営業を挑戦してみてもいいかもしれない。僕には1.のマメさしかなかったから苦労したし、利益もほとんど無い。近所の高校生の方が明らかに金を持っている。


貧乏自営業を目指してもいいと思う人の特徴

1.金銭的な欲望があまりない

2.金より大事なこだわりがある

3.生きている間に評価されなくていい

以上の三つである。

1.について。自営業は、休んだらその分実質収入が減る。それでも、収入が減ってでも休める人。そうでないと絶対に体力がもたない。

2.について。僕の場合、金より重要なこだわりがありすぎて困るのだが、それでも一つだけ人生で貫くとしたらどれがいいかと考えた。考えて今の仕事を開業した。

3.について。生きている間に評価されないでもいい、というのは明らかに古い東洋的な考えで、欧米のハウツー本には載っていないのではなかろうか。経営学の神様と言われたドラッカーですら、「何によって覚えられたいか」と名声を気にしていた。

僕は金も要らないが名声はもっといらない。評価だって死んでから100年くらいして誰かが気づいてくれればいいと思っている。別に清廉潔白な人柄ではなくて、その哲学がないととてもじゃないけど貧乏自営業を続けられないからである。死んだあとに、しかも100年後くらいに気が付いてもらえれば、という程度の控えめな名声欲は、多少あっても許されるのではないか思う。


自営業の少ない根本原因

2017年現在、日本は、ゆったりとしたバブルにあると思う。バブルという表現は古くさいし、正確にはこの状況を表してはいないが、不勉強のため、正確な用語がわからない。よって、ゆったりバブルと呼ぶことにする。

ゆったりだからいいではないか(普通の経済成長ではないか)と言われそうだが、崩壊は一気に起こりそうである。だって、中身がないから。

それにしても、ゆったりバブルのせいで土地が高い。田舎でもお高くなっていて、僕は大変な苦労をしている。もっとも、通販が充実しているから、交通の便が悪い田舎でもそこまで悪い生活ではないのだが、それでも土地を相続しただけの人間(田舎の富裕層はそのほとんどが地主の関係である)に、賃貸料を払い続けるのはどうなのだろうと思う。しかも土地持ちのうち、親戚などには安くで貸しているといううわさもある。おいふざけんな、と思うがよく考えたら自然なことである。だって地主は身内に感謝されるし、よその誰かに貸すよりは、親戚に貸す方が幾分安心である。

都会に行けばベンチャーがどうのとかいって優遇制度があるが、僕の地元にはない。それに優遇制度を活用して成功した自営はどうも長く続かない気がする。そもそも僕のやっていることはベンチャーではない。僕の人生自体はベンチャーだが。


自営業が増えれば、それに有利な社会になる、ような気がする

大企業や役所に勤めるのもいいかもしれないが、変な中小企業、ブラック企業に勤めるよりは、自営業が良いような気がする。何となく判断基準は、イオンに勝てるかどうか、もしくはイオンに出店・出品・納品しても、遜色ないレベルの商品サービスを提供できるか、である。もちろん、実際に出店する業種は限られているが、イオンを基準にすればいいと思う。田舎のイオンについては賛否両論あるみたいだが、自営業者は定規代わりに使えばいいのではないかと思う。真似をすればいいというわけではない。

田舎は今、確かにイオンなどの郊外店が有利である。もしくは通販。それはなぜか。やはり土地代に関係している。中心部の土地代が高すぎて、郊外の土地が安くなっているからである。そんなことはわかりきっていると言われそうだが、中心部の店が次々とつぶれていっているのに、なぜ中心部の土地は下がらないのか。つぶれてもまた借りる人間がいるからなのだが、それにしても強気の価格である。神の見えざる手などなかったのだ。

しかしまともな自営業者が増えれば、土地の経済事情も説明して、より安く適正に借りる人が出てくるだろう。そうやって適正な価格に収束していくことを期待している。

duke77duke77 2017/06/01 18:52 素晴らしいですね。
何が良いかって、「行動したこと」そのものだと思います。
たとえ失敗したとしても、経験値として相当大きいものが手に入ると思いますよ。
やっぱ、人生、行動したもの勝ちですね!

ruisouruisou 2017/06/02 11:27 > duke77 さん
コメントありがとうございます。
行動したこと自体は、褒めて良いかもしれませんね。ますます世俗から孤立したような気もしなくもないですが。。
ともかく、お褒めの言葉をありがとうございます!

とうふとうふ 2017/06/09 11:14 いつも、拝見させてもらってます。
自営業、頑張ってください。応援しています。

自分も今月で会社辞めて無職になります。
なんとかなると思って細々生きてきます。

ruisouruisou 2017/06/13 10:47 > とうふさん
コメントありがとうございます。
無職のプレッシャーはなんといっても収入がないことです。しかしそれに耐え抜くことができれば、人生どうにでもなると思えてきます。実際、どうにでもなるんです。
無職になれたと思って、楽しんでください。言葉は変ですが、この意味がしっくりくれば、無職になった意味もあるというものです。
自営業も、無職のようなものです。収入的には赤字なので、無職のときのほうが金銭的には安定していたくらいです。金の出入り(キャッシュフロー)は桁違いに上がりましたが。ともかく3年は頑張ってみます。

けいけい 2017/06/21 23:03 私もruisou さんと少し似たところあります。大学院出たにも関わらず結局全く他の分野で自営業。渡しの場合、マメで決断力はありますが、体力が☓でした。事業の調子がいい時は、体調もよく売上も絶好調でしたが、パートナーを失ってからは、メンタルで落ち込み、体力も気力もガタガタ、比例するように仕事はガタガタに。もろ売上に影響がでました。ここ1年は迷走中です。なにがあっても独りでやれる体力、絶対必要ですよね。。。。お互いがんばりましょう。

ruisouruisou 2017/06/25 12:18 > けいさん
コメントありがとうございます。
体調はいかがでしょうか。自分の、体力が無い状態を自覚して、あまり気負わずにやってみてください。何でもかんでもやろうとするから、自営業の人は疲れてしまうのかもしれません。自分も気をつけていきたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ruisou/20170531/1496239608