Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-30

みんなのように運が良くなりたい

18:36 | みんなのように運が良くなりたいを含むブックマーク

色んな人の話の話を聞くことが多くなったのだが、だいたいの大人ってマジでラッキーで生きている。田舎だからだろうか。とにかく成功したときの話を聞くと、信じられないくらいラッキーである。さすがに水を差したりはしないけど。

書籍になるような苦悩の人生を生きている人間なんて、そうはいない。

僕はどうしてここまで運が悪いのだろうと思う。誰もが理解するような絶対的な不運でなく(知名度の高い重い病気になる・家族に不幸がある)、微妙に、いや、絶妙に運が悪い。命に関わるようなことじゃない。だけど運が悪い。

原因はわかっているが、対処法がわからない。原因は継続力がないことだ。とにかく周囲の人間に嫌がらせを受けて諦めてしまうパターンが多い。嫌がらせ程度で諦めるのがわるいのだが、歯を食いしばって続けても、良いことがなかったし、継続が毒になっていたので辞めたことがたくさんある。

どうも人生で成功した体験がないので(もちろん性交した経験も無い)、とてつもなく自信を失っているし、何事にも将来の希望を語ることができないのだ。


特に都会育ち

都会育ちの人間って、ちょっとした事でモテている。学生時代の思い出を聞いていてもそうだし、社会に出てからもそうである。都会と言っても、常識のある人がそこそこ集まって生活する場所って程度のことである。そこそこ集まる場所で生活している場所で、そこそこの成績を残せば先輩にしろ上司にしろ異性にしろ、縁がでてくるようである。

一方、田舎で孤独に踏ん張っていても、縁などそうそう生まれず、近所の爺さんが嫌がらせをしてくる程度しかない。最近は猛暑で大人しいが。

また、田舎者は都会の集まりに混ざろうとすると、いつも踏み台にされる。見た目がみすぼらしいとかそういうのがあるのかもしれないが、そもそも日本人はここまで見た目を気にする民族だっただろうか。とにかく僕は身長も低く、顔も醜い部類らしいので、ハイカラな都会人には嫌われる。よって関係を持とうとしても、笑いのネタにされるばかりである。

しかし僕がもし都会に生まれていたら、クラスが4クラスもあるような学校に通っていたら、モテていたんじゃないかと思う。逆に都会のモテモテくんでも、田舎に生まれていたらモテなかったとかいうのはあるかもしれない。結局、自分と環境がうまく合っているかで人生が変わって行くのだ。

生まれた環境が悪かったというだけで人生が一気にハードモードになっているのはこの年でも凄く感じる。帰った田舎がDQN爺さんだらけになっているとか、やはりハードモードである。



運が悪い理由の一つ

たぶん母親だとは思う。母親健在なのは最大の幸福の一つではあるが、何でもかんでも世話をしたがるので、こちらとしてはきつくてたまらないのだ。父親が引退して世話をする人がいなくなって暇なのはわかるが、僕の孤独な職場に来て食事から掃除から世話をしたがる。しかもしたいことだけをして、帰る。そのフォローは僕がやる。二倍疲れる。

そりゃ差し入れとかはありがいたいけど、僕だって外に出たいこともある。しかし忙しいだろうからと母が代わりに買ってきてくれる。大量に。ありがい、ありがいたいが、僕はまるで牢に囚われているような錯覚に襲われる。今年は夏の日差しをまだ浴びていないような気もする。気が狂いそうである。

ソバとか食いにふらりとでかけたいわけである。蕎麦屋が近所にないけど。しかし金もないから差し入れで我慢するしかないわけである。その差し入れだって気まぐれだから、どうも生活リズムが整わない。深夜にコンビニに行く羽目になる。深夜にコンビニに出現するバカップルに笑いものにされる。よくわからないが僕は見られるだけでなぜか笑われる。怒られるよりマシだが、あまり良い気分ではない。

昼間に自分で定期的に調達できればこんなことには滅多にならないと思われる。まあ、ともかくもっと普通のつながりがあれば良さそうなのだが、昼間は部屋に缶詰で、夜にちょっとした食料調達の生活習慣では、降ってくる幸運も降ってこないだろう。ていうかまるでニートじゃなの、これ。ニート生活の時はジョギングしていたからまだ健康的だったような気がする。

細かい話はともかく、ニート同様、親の手厚い庇護があっては、他の有益な出会い、幸運(特に人運)は巡ってこないだろう。


超絶幸運ゆとり世代

それにしてもゆとり世代っていったい何なのだろう。僕はゆとり教育は別に反対などしていないのだが、僕たちより就職率がいいのはどうも腑に落ちない。ていうか就職率過去最高ってなんだよ。あいつらチャラチャラ遊んでいただけじゃないか。勉強もろくしないで人手不足だから好待遇で就職とかふざけんな。同じ能力でも10年前はボロクソに言われてなかなか内定取れなかったのに。まあ、おかげでこっちは自由な(親の介入はあるが)自営業を始められたのだが、明るい未来が全く見えない。さすがに桁違いの借金の可能性はないが。それでも若いサラリーマンが女連れているのをみると、たまに嫉妬心が出てくる。うらやましい。ボーナスってみんなもらったのだろうか。。もらってみたかったなぁ、ボーナス。

結局、ある程度の努力の差はあれども、時代によって幸運は大きく変わる。

生まれた時代や環境の差は驚くほど大きい。

大きな顔をしているバブル世代も、時代の幸運に恵まれた団塊の世代も嫌われまくっているが、おそらく20年後あたり、ゆとり世代は最も嫌われる世代になるだろう。その後の世代が不景気で苦しむことがあれば。


幸運がほしい

さて、本題である。僕に足りない要素、幸運。ツボなどは買う予定はないが、お祓いでも行った方がいいのではないかと思う。本ブログには書いていないが、細かい不運が多すぎる。その細かい不運のせいで大きな話が流れていっているのも悲しい。そればっかりは運命だとは思うが、やはり悔しい。

運命だろうが何だろうが、幸運が欲しい。幸運とまでは言わなくても、もうちょっと報われても良いような気がする。

ネットでちょっと見たのだが、引き寄せの法則とかいうものがあるらしい。かなり怪しい奴だが、強く願って、成功から逆順に行動を決定すれば、願いが実現できるという方法論のようである。「法則」とか言っているからオカルトくさくなっているが、これは至って普通の目標実現の方法である。しかし人生とは予想外の連続である。特に他人の意思の介入による妨害はどうにもやっかいである。つまり目標があっても中々人間は続かない。

キーワードは「強く願う」だろう。しかし「強く願う」とはどうすればいいのか。人が強く願うのは、命が追い込まれたときである。背水の陣である。しかし僕の人生はこれ以上追い込んだらまずいような気がする。しかも周りの人間は、特に追い込んでやっているようには見えない。少なくとも決死の覚悟をしたことのある人間の目ではない。それでも幸せそうである。人生はわからないものである。

まあ、今年は理不尽な仕事もへってきたし、幸運についてじっくりと考えてもいいかもしれない。

duke77duke77 2017/08/03 21:40 >深夜にコンビニに出現するバカップルに笑いものにされる。よくわからないが僕は見られるだけでなぜか笑われる。

↑ これは尋常ではありません。普通、笑われるなんてないです。これが原因だと思います。

ruisouruisou 2017/08/04 00:01 > duke77 さん
コメントいつもありがとうございます。
おそらく田舎だからだと思います。
田舎の希少なコンビニですので、人が集まる場所になっていて、結構知り合いと会う確率が高いのです。それで、向こうは覚えていて(僕は悪い意味で目立っていました)、しかし僕は小中学校の知り合いなんぞほぼ覚えていないので、知らない奴に笑われたと感じたのだと思います。
都会のコンビニでは笑われたことはありません。笑われるのは地元のコンビニでだけです。もっとも自営業で悪目立ちしていますので(変わり者として)、それで笑われたのかもしれません。

トモタカトモタカ 2017/08/04 02:38 「○○の法則」というと、確かに怪しい表現ですが、要は自分が経験している現実は、自分自身で創りだしている(引き寄せている)ということなんです。 実際に、あなたは図らずもこのブログでとても見事に引き寄せの法則を証明しておられます。

人生は、言葉の方向に進みます。
例えば、自分のことをみすぼらしいと言えば(常々本気でそう思っていれば)その通りの経験ができます。

是非、色んな経験なさってくださいね。

duke77duke77 2017/08/04 22:36 知り合いならば変ではないですね(^_^.)

あ 2017/08/19 14:13 なんでずっとそんなネガティヴなことばかり書いているのですか?

ruisouruisou 2017/08/27 10:20 > トモタカさん
コメントありがとうございます。
いろんな経験、したいところです。

> duke77 さん
コメントありがとうございます。
知り合いというか、こちらは忘れているから、一方的に損している気分です。

> あ さん
コメントありがとうございます。
どうして?

enmarkenmark 2017/08/31 06:53 もっと馬鹿になれたら良いのですけどね
我々は一々成功にでも失敗にでも生活にでも原因や理由を求め過ぎだし
全く自分に対する戒めなのですが――アドラーとか悟りとかそんなことじゃなくって、幸運というより、神経過敏を治した方が良い気がする
あとは仰る通り、意志の力次第って感じ。俗だけど林修みたいな

ruisouruisou 2017/09/24 15:42 > enmark さん
コメントありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。
神経過敏、まさに治したいと思っているところです。孤独に引きこもっていては、神経過敏が加速するだけですよね。一人自営業なので気をつけたいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ruisou/20170730/1501407401