Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-17

心が折れやすい人間は自営業になってはならない

01:10 | 心が折れやすい人間は自営業になってはならないを含むブックマーク

なんだかもう人生がぐだぐだで、おっさんなのに、連休前に泣いた。酒で水分補給した。

なぜここまでうまくいかないのだろう。人生は行動した者が勝ちだといった奴出て来い。行動してもうまくいなかないではないか。

ブログだって9年くらい続けているけど、何かもうそんなことはどうでもいい。


行動しても行動しても、人間の悪意がある

僕の人運がないのがよろしくないのかもしれないが、僕の近所の人間はちょっと変わったというかひどいものがたくさん住んでいる。

そのほとんどが後期高齢者で、僕がニートになった頃から後期高齢者である。あんなに元気なのに、バス代がタダなのが許せん。どころか、自家用車を二台以上持っているのも許せん。

底辺地域に自営業の拠点を構えたせいか、僕は嫌がらせ四天王に囲まれている。きれいに東西南北に布陣しているので、玄武・朱雀・青竜・白虎と呼んでいる。場所が都会ならニュースになっているき奇人っぷりであるが、これだけいるのだからこれがこの地域の普通なのかもしれない。

とくに犯罪的なことをやっているわけではないが、僕の作業をことごとく邪魔をする。僕は一秒を惜しんで仕事をしている(つもりである)。なのに彼らは、ちょっとしたことでこちらにちょっかいをかけてくる。地域のコミュニケーションというやつか。しかしおすそ分けなどもらったことなど無い。

僕の何かが気に食わないのか、少し気に食わなければ言いがかりをつけてくる。つまり何かにつけて僕を邪魔したいのだ。ただ、彼らに心の底からの悪意は無い。ちょっとだけ小突いているつもりなだけで、僕に引導を渡したいわけではない。


笑って許せというけれど

社会が右肩上がりで、僕の自営業もうまくいっているのなら、多少の嫌がらせも笑って許せる。しかしもう、うまくいかないどころか、どん底発見装置のようになっていて、ここ半年は赤字が膨らんでいくだけである。しかし、軍資金が残っているのでもう少し頑張る。

しかし金が無くても笑って許す人間はたくさんいる。現代日本において金が無いというのは、とてつもなく厳しいものである。とくにおっさんになってからはつらい。

三十路越えで自営業といいながら実際はフリーターである。バイト先でも最近はうまくいかないというか他の優秀な人材がたくさんきてしまって僕は完全に用済み状態である。人手不足のときはあれだけ感謝されていたのに、人が増えたとたん邪魔だな状態である。経営者とはやはり図太いものである。これだけ貢献しても寸志のひとつも無い。感謝の言葉はたくさんもらったけど。バイトとは悲しい存在である。

僕はそろそろ罠にかけられて失脚するであろう。しかしこちらも荷物をまとめて失踪の準備をしている。抜かりは無い。抜かりは無いが、移動する金がない。どうしたものか。


地元に貢献しようと思ったら、地元に追われる

別に何も悪さはしていない。何もしていないが、逆恨みばかりを買ってしまって、人間の冷たさを知った。自分の運の悪さを知ったというべきか。

そもそも地域に体力が残っていないから。運気も残っていない。やはり高齢化は危険である。運気を吸い取られる。みすみす吸い取られる僕も悪いが、年寄りを助けたら年頃の娘を紹介してくれるとか心のどこかで期待してしまうではないか。無論、そんなことは一切無く、お年寄りにつきあっても子ども(アラサー)の結婚式や孫の自慢ばかりを聞かされるばかりである。僕は、どうもアホで漫画やドラマのような展開を期待をしてしまうらしい。

助けた挙句に精神的なダメージを負わされて、僕はせめて仕事で頑張ろうとしたが、この夏、仕事も完全に機運を逃したと見え、あとは残りの財産で宝くじを買ったほうがよほど有意義な状態である。

さすがにそれはないが、地元からは出て行かねばならない。

いかんせん顔が広くなりすぎた。広くなった後に悪評が広まって、今や買い物ですら戦々恐々である。

最初は貢献しようとしていた。しかし今は、いかに逃げるかばかり考えている。


気にしなければ何も無いが

何も無いが、気になる。SNS社会では、地域で失敗したらきわめて厳しい状況に追い込まれる。残酷にもほどがある。SNSだけなら匿名でやれるが、地域と合体したら実名で個人情報垂れ流しで、顔まで覚えられて、敵視される。田舎とSNSは最悪の組み合わせである。SNSっていうかLINEである。

思い返せば悪運に対する僕の対応*1が悪いのだが、しかし自営業初めてなのに、アクシデントに完璧もとめられても困る。個人の店になぜそこまで厳しくできるのか理解に苦しむ。きっと日本社会は近代社会になりきれておらず感情優先なのだろう。

田舎社会のいやらしさは、スマホで完璧な布陣を得たことになる。いじめるときの一致団結力はすばらしい。いっそのこと日本選手権とか実施して、いじめ地域王者決定戦とかやればいいのに。

冗談はともかく、気にしなければ何も無い。何も無いが、四天王の悪辣な計らいで小石を投げつけられるのも時間の問題である。別に小石くらいで死ぬことはない。死ぬことは無いが、心は折れる。僕の心はもうほとんど完全に折れてしまった。修復するには、突然誰かが、自営業を手伝ってくれる色白で笑顔が素敵な令嬢を紹介してくれるくらいでないと無理である。それは限りなくゼロに近い確率である。宝くじの一等賞のほうがずいぶんと確率は高いように思われる。

*1:匿名のため詳細は伏せるが、運悪くアクシデントがあってご近所ともめた。

duke77duke77 2018/09/20 23:28 対人・対面系がことごとく上手くいかないんですね。
でも、仕方ないですよね。個性ですし。
でも機を待ちましょう。世の中、どう動くかわかりませんから。
振り返ったら、事業をやった経験が生きるかもしれませんよ。

ruisouruisou 2018/09/21 00:10 > duke77 さん
いつもコメントありがとうございます。
うまくいかないときはうまくいかないですね。人生にまだ底があるのかと毎回驚いています。
おっしゃるとおり、今は機を待ちます。
振り返ったとき、今の経験が生きてくることを祈ります。

duke77duke77 2018/09/23 16:31 まぁ、しかし厳しい時代ですね。今の日本は。
高度経済成長も終わり、どの分野も生き残りをかけている感じします。
結果的に、ものすごい競争時代とういか淘汰が進んでいる時代な感じがひしひしですね。

ruisouruisou 2018/09/23 23:41 > duke77 さん
コメントありがとうございます。
超競争時代となってますね。しかも(新規の)個人の努力では到底太刀打ちできないものを感じます。
巨大企業が地方にも幅を利かせて、凡人が生き残る隙間もほとんど無いですね。フランチャイズとかでやるのが一番良いみたいですね。。結果的に地方は疲弊しますけど。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ruisou/20180917/1537200606