Hatena::ブログ(Diary)

Random Work To このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-02-21

小さいのにマスクだけLサイズ

| 12:55 | 小さいのにマスクだけLサイズ - Random Work To  を含むブックマーク

僕はマスクだけLサイズである。洋服はだいたいSサイズだけど。

要するに僕は顔だけがでかいのだ。小さい上に顔がでかい。

なるほど姿見でよくよく全身を見てみると、バランスがいかにも悪そうである。実際は、小学生の頃白線だけを踏んで登下校していた経験もあり、バランス感覚だけは人一倍である。良い子は危険だから真似しないように。


身体的な劣等感

田舎は、特に見た目で判断されやすい。だから、田舎のカップルや夫婦(以下、つがい)は、そこそこ身長が高く、そこそこ顔が整っている人たちが多い。少なくとも、平均以上ではある。

ただ、僕たちより一世代上はそうでもない。40前後になると、僕レベルの見た目の男性が、幸せそうに家庭を持っている。世代で評価が変わるのだろうか。

僕の同年齢では、あまり見かけない。少なくとも、つがいを見ると男側の身長は高い。

身長の高さ、つまり体の大きさは、田舎ほど重要になっている。なぜなら、腕力が(まだ)まかり通っている世界だから。田舎には法律などほとんど届いていない。その場の腕力が、一番の力である。かといって僕は力を手に入れると、すぐに調子に乗ると予想される)ので、腕力をつける努力はしていない。

もっとも、最近は外を歩くときや店で物を買うときは、人や店員に期待しない(というか考えない)ので、劣等感を抱くことはなくなった。人がこちらを見て嘲笑したところで、気にするだけ時間の無駄である。買い物も、別のチェーン店やネットで買えば良い。

ただ、この体は、身長が低いだけならまだしも、なぜ顔がでかいのか。もっといえば、凄く胴が長い。胴長短足である。胴長短足で顔がでかい。立派な日本人体型である。しかしそれは、現代日本では、一番評価が低い体型である。西洋かぶれどもめ。

女性からの評価だけならまだしも、一般的な評価も低い。就職活動にしても、低身長では悪影響という。


ではどうあればよいか

結局、外見劣等生は、頭で勝負するしかないのだ。小村寿太郎だって、渡米して勉学に励み、背が低いのに偉大な事を成し遂げたのだ。

ただ、最近の高身長(平均以上)の奴らは、ちゃっかりと勉強をしている。つまり頭もいい。トークもいける。当然お洒落もしている。なぜそんなにパーフェクトなのだ。

調査をかねて、カフェなどでお洒落な男店員を観察していたら、彼らはなんというか、自然にやっているのだ。仕事も自然にこなしているし、女性(店員)との会話も自然だ。きっと、お洒落な髪型も寝ている間に自然に出来上がったのだろう。きっと、家に帰れば、自然に勉強をしているのだ。僕の倍以上のペースで。家に帰ってまず和菓子を食い出す僕とは、住む世界が違うのだ。

僕は負けを認めて、自分のやるべき勉学を遅々としてこなすことにした。きっと、僕の達成したい目標など、イケメンがさらっとやり遂げてしまうんだろうなぁと思いながら。


しかし、顔のでかさ

ようやく話題を戻す。なんといっても、僕は顔がでかい。太っているわけではない。体脂肪は10パーセントちょっとである。体重計が壊れていない限り。

しかし顔を正面から見るとそうでもない。そう、この顔は、前後にでかいのだ。口と耳が遠い。すなわち、マスクの適正サイズは、Lサイズである。死にたい。

こういうアンバランスは、清潔感がないと見なされる。現代の清潔感とは、どうも平均以上の見た目、の意味で用いられているようである。つまり、妙齢の女性に人気がない。どころか、(以下略。

ただ、きれいに歳を取った(老いを受け入れて老いた)老人や、幼児には人気がそこそこある。僕は運動中でもきちんと道を譲り、あいさつもできるだけしている(声は小さいが……)。ちなみに、未だに半分ニートだから昼間に運動することが多い。

彼/彼女らは、見た目で判断することがあまりないから、僕なんぞにも好感をもってくれる。もっとも、うちの近所限定の話だし、子どもに関しては、小学校高学年に上がる頃から汚物・笑いもの扱いである。その頃の子どもにとっては、顔が整っていなくて(でかくて)、背も低い人が努力しているのは不自然であり、笑えるのだ。

僕も今小学生だったら、集団でいて、その側で見た目に優れない大人が必死に運動していたら、かつ誰かが馬鹿にしたら、一緒に笑ったかもしれない。もちろん、今の子どもと違って、隠れて笑おうとするだろうが。

そんなこと気にせずにマイペースで運動なり勉学なりを励んでいるつもりだが、この時期、Lサイズマスクを買うときに少しだけ哀しくなる。


参考に

本ばっかり読んでないで、たまには菓子でも食おう。非モテ日本男児なら当然和菓子:

ん 2016/02/22 21:47 ん〜?体脂肪10%?
アスリートですな?

パスカル先生パスカル先生 2016/02/23 00:15 顔の前後のサイズがデカい故の悩み、分かりますわ〜。
ゴムの長さが足りないマスクをずっとしてると耳の後ろがめちゃくちゃ痛くなりますよね。
眼鏡かけてもかろうじてつるが耳に引っかかってる、みたいな感じで何か変。
デカいんじゃなくて立体的なだけ!と思うようにしております。

ruisouruisou 2016/02/23 07:44 > んさん
コメントありがとうございます。
一度運動し出すと気を失う寸前までやってしまうクセがあるので……。主に山ですが。しかしバランスが。。

ruisouruisou 2016/02/23 07:49 > パスカル先生
再びコメントありがとうございます。
立体的w いいですね。まあ、見た目を、サイズを気にせず堂々としていればいいんですよね。。マスクに関しては、最近はゴムを伸ばしてから使うようにしています。口そのものは小さいので。。やはりバランス。。

のび犬のび犬 2016/02/23 10:05 明治維新の立役者・慶応義塾大学の創始者・万札の顔 福沢諭吉先生は実の息子に向かって、「ガタイの良い無学者と青白モヤシ博士だったら、前者のほうがいい。後者にだけはなってくれるな」と言いました(出典「福翁自伝」)。日本の教育はこれを教えないからいけません。少子化とも関係あると思います。

ruisouruisou 2016/02/23 17:07 > のび犬さん
コメントありがとうございます。
福沢諭吉はなぜか縁がなくて読んでませんでした。
ガタイの良い人とモヤシっ子……僕はその中間ってところですね……。これもまた使いづらい人材です……。
日本の教育への不満は、大きいですね。色んなところで限界が出てきているようです。

ぞんぞん 2016/03/20 19:28 ぞんです。
心中察するに余りあります。

童貞のワシは、「イケメン」を見るとイライラしてきます。
フツフツと言うほうが合ってるかもしれません。

「ゴムの長さが足りない」
これだけ表記すれば一定数がおじけづいてくれそうです。

ruisouruisou 2016/03/23 07:51 > ぞんさん
コメントありがとうございます。
イケメン、憎たらしいですね。この間、高身長イケメンと一触即発になってやばかったです。この年でケンカなんぞしたら、末代の恥です。
ゴムのネタ、どこかで使わせてもらいますw