♪Cookie Times♪

♪Cookie Times♪
「里親募集」でウチの子になったクッキーくん。
2012年5月にリンパ腫が見つかり、残された時間は3週間と診断されました。
それでも、2013年1月9日に神さまから永遠の命を授かる、その瞬間まで
うんとうんと、ほんとうに頑張ってくれたクッキーくん。
私たちにたくさんのシアワセをありがとう。
いつまでもクッキーは家族だよ。

2016年04月22日(金) *舎人公園ドッグランでのトラブルのこと

去年の8月に栃木のシェルターから引き取ったロジャくん。

日々「うちの子」になってきていることが感じられて、うれしいかぎりです。

来た当初は外でしかできなかったシーシーも、今は廊下に置いたシート(& 100均の人工芝)で何気なくしてくれるようになりました。

ちょっとした「なにか」が彼の内なる恐怖を呼びさますのか、口が出てしまうこともありましたが……これも徐々に落ち着いてきているのがわかります

そんなロジャくんの苦手のひとつはドッグラン

シェルター時代にイジメられっ子だったせいか、他の犬に対してとても臆病です。

でも、お散歩途中で時々ロジャのほうから好意を寄せる子がいるのも事実

無理強いをするつもりはまったくありませんが、仲良く出来る子がいることを少しずつでも気づいてくれたらなあと思います

今日ドライブ散歩は舎人公園に。

f:id:rune-witch:20160422151014j:image

最初はとても楽しかったのに、結局嫌な気分になってしまいました…。

平日の昼間ということもあり、ドッグランの先客は2頭のみ。

なんと1頭はちょうどハーネスをはずしてもらった盲導犬!とてもうれしそう。尻尾がとれそうなほどクルクルクルクル!

f:id:rune-witch:20160422153629j:image

そして、もう1頭も穏やかな子だったので、渋るロジャを連れて入ってみました。

しばらくリードをつけたままロジャと一緒に中を歩き、ロジャが落ち着いたのでリードをはずしました。が、私から離れない。

他の2頭もそれぞれの飼い主のところから動こうともせず、ドッグランなのに不思議な感じです。

f:id:rune-witch:20160422154020j:image

そんなこんなで1匹が出て行くと、盲導犬とロジャだけに。

すると、盲導犬ちゃん、そろそろと私たちに近づいてくるではないですか。

f:id:rune-witch:20160422153735j:image

f:id:rune-witch:20160422154541j:image

はじめはビビっていたロジャも徐々に打ち解け、飼い主さんと私が話しはじめると、そばに来て頭を撫でられたりしていました。

f:id:rune-witch:20160422154617j:image

盲導犬の子はdちゃん。とても人懐こくて私にぴったりと寄り添ってきます

ハーネスを外している時なら遊んでも良い?頭を撫でても良い?」と確認すると

「いまは撫でてもらっていいんです。どうぞたくさん遊んでやってください!」とお許しをいただいたので、ロジャといっしょにボールでたっぷり遊びました。

たっぷり、と言ってもロジャは走っていくだけ。持って帰ってくるのはdちゃんのみ!さすが〜。

すると、今度は超大型犬を2頭連れた女性が入ってきました。ランに入るなりリードを外し、そのうちの1頭がまっすぐこちらに走ってきました。

私の後ろに隠れるロジャ。

追いかけられ逃げるdちゃん。

dちゃんが転がり「ヒン!」と声をあげ、また逃げましたが、その大型犬はしつこく追いかけます

飼い主女性に「やめさせてください!その子、嫌がっているじゃないですか!」と言いましたが、すぐにやめさせようともしないので、再度「止めてください!その子、盲導犬ですよ!」と強くお願いしたところ

関係ないでしょう?私の判断で止めるから。だいたい盲導犬が遊べるの?」という返事がきました。

なんと思いやりのない人でしょう。

そもそもドッグランに犬を入れる時は、まず様子を見るのがマナーです。自分の犬が他の子に比べて明らかに大きい時は、まわりにうんと気をつかうべきです。

dちゃんは、首に大きな札を下げていて盲導犬であることは一目瞭然でした。

盲導犬にも遊ばせてあげたいという気持ちで飼い主さんはドッグランにいらしたのだと思います

でも、もし、あの時、dちゃんが大きな怪我をさせられていたら…一体そのあとどうなるのか。

私たち健常者のちょっとした気遣い必要なのだと思います

クッキーを舎人公園のドッグランに連れて来た時、黒い大型犬に噛まれたことがありました。

http://d.hatena.ne.jp/rune-witch/20070929

その時の飼い主も薄ら笑いを浮かべて見ているだけで、やめさせてください!と私が叫んでも止めませんでした。

そんな嫌な事件を思い出してしまいました。

しかし、こう言っちゃなんですが、今日みたいな返事をする女性って同じような顔をしているものですね。

あいう考え方をするからこそ、憎ったらしい顔つきになっちゃうんでしょうか。

そして、追いかけ回した子は断耳クリップがついていました。私個人的気持ちで言わせてもらうならば、断耳とか断尾とかって嫌いなんですっっっっ。

f:id:rune-witch:20160422155730j:image

そもそも、こんな超大型犬女性がひとりで2頭もランに連れてくること自体ちょっとどうかと思います

なにかあった時、彼女は止めることができるのでしょうか。

また、視覚障害者の方がドッグランに犬を連れてくること……

大喜びで飛び跳ねている盲導犬のdちゃんを、とても微笑ましいと見ていましたが、実際に今日トラブルで飼い主の方は状況が一切「見えず」自分の犬を守ることはできなかった。このことに関して、今になって疑問も感じはじめました。

あの時、止めに入ったのは私で(余計なお節介かもしれませんが)飼い主さんはベンチに座っているだけでした。

大型犬の興奮が大きくなりすぎて盲導犬を傷つけてしまったら、あの女性飼い主はきちんとケアすることができたんでしょうか。彼女の受け答えからして、まともな対応が期待できるとは私には思えません。

善意の人や、当たり前のマナーを守れる人だけではないんですよね…悲しいかな。

なんだかあまりに後味の悪いトラブルでした。

私は、もう二度と舎人公園のドッグランには行きません。




去年の8月に栃木のシェルターから引き取ったロジャくん。

日々「うちの子」になってきていることが感じられて、うれしいかぎりです。

来た当初は外でしかできなかったシーシーも、今は廊下に置いたシート(& 100均の人工芝)で何気なくしてくれるようになりました。

ちょっとした「なにか」が彼の内なる恐怖を呼びさますのか、口が出てしまうこともありましたが……これも徐々に落ち着いてきているのがわかります

そんなロジャくんの苦手のひとつはドッグラン

シェルター時代にイジメられっ子だったせいか、他の犬に対してとても臆病です。

でも、お散歩途中で時々ロジャのほうから好意を寄せる子がいるのも事実

無理強いをするつもりはまったくありませんが、仲良く出来る子がいることを少しずつでも気づいてくれたらなあと思います

今日ドライブ散歩は舎人公園に。

f:id:rune-witch:20160422151014j:image

最初はとても楽しかったのに、結局嫌な気分になってしまいました…。

平日の昼間ということもあり、ドッグランの先客は2頭のみ。

なんと1頭はちょうどハーネスをはずしてもらった盲導犬!とてもうれしそう。尻尾がとれそうなほどクルクルクルクル!

f:id:rune-witch:20160422153629j:image

そして、もう1頭も穏やかな子だったので、渋るロジャを連れて入ってみました。

しばらくリードをつけたままロジャと一緒に中を歩き、ロジャが落ち着いたのでリードをはずしました。が、私から離れない。

他の2頭もそれぞれの飼い主のところから動こうともせず、ドッグランなのに不思議な感じです。

f:id:rune-witch:20160422154020j:image

そんなこんなで1匹が出て行くと、盲導犬とロジャだけに。

すると、盲導犬ちゃん、そろそろと私たちに近づいてくるではないですか。

f:id:rune-witch:20160422153735j:image

f:id:rune-witch:20160422154541j:image

はじめはビビっていたロジャも徐々に打ち解け、飼い主さんと私が話しはじめると、そばに来て頭を撫でられたりしていました。

f:id:rune-witch:20160422154617j:image

盲導犬の子はdちゃん。とても人懐こくて私にぴったりと寄り添ってきます

ハーネスを外している時なら遊んでも良い?頭を撫でても良い?」と確認すると

「いまは撫でてもらっていいんです。どうぞたくさん遊んでやってください!」とお許しをいただいたので、ロジャといっしょにボールでたっぷり遊びました。

たっぷり、と言ってもロジャは走っていくだけ。持って帰ってくるのはdちゃんのみ!さすが〜。

すると、今度は超大型犬を2頭連れた女性が入ってきました。ランに入るなりリードを外し、そのうちの1頭がまっすぐこちらに走ってきました。

私の後ろに隠れるロジャ。

追いかけられ逃げるdちゃん。

dちゃんが転がり「ヒン!」と声をあげ、また逃げましたが、その大型犬はしつこく追いかけます

飼い主女性に「やめさせてください!その子、嫌がっているじゃないですか!」と言いましたが、すぐにやめさせようともしないので、再度「止めてください!その子、盲導犬ですよ!」と強くお願いしたところ

関係ないでしょう?私の判断で止めるから。だいたい盲導犬が遊べるの?」という返事がきました。

なんと思いやりのない人でしょう。

そもそもドッグランに犬を入れる時は、まず様子を見るのがマナーです。自分の犬が他の子に比べて明らかに大きい時は、まわりにうんと気をつかうべきです。

dちゃんは、首に大きな札を下げていて盲導犬であることは一目瞭然でした。

盲導犬にも遊ばせてあげたいという気持ちで飼い主さんはドッグランにいらしたのだと思います

でも、もし、あの時、dちゃんが大きな怪我をさせられていたら…一体そのあとどうなるのか。

私たち健常者のちょっとした気遣い必要なのだと思います

クッキーを舎人公園のドッグランに連れて来た時、黒い大型犬に噛まれたことがありました。

http://d.hatena.ne.jp/rune-witch/20070929

その時の飼い主も薄ら笑いを浮かべて見ているだけで、やめさせてください!と私が叫んでも止めませんでした。

そんな嫌な事件を思い出してしまいました。

しかし、こう言っちゃなんですが、今日みたいな返事をする女性って同じような顔をしているものですね。

あいう考え方をするからこそ、憎ったらしい顔つきになっちゃうんでしょうか。

そして、追いかけ回した子は断耳クリップがついていました。私個人的気持ちで言わせてもらうならば、断耳とか断尾とかって嫌いなんですっっっっ。

f:id:rune-witch:20160422155730j:image

そもそも、こんな超大型犬女性がひとりで2頭もランに連れてくること自体ちょっとどうかと思います

なにかあった時、彼女は止めることができるのでしょうか。

また、視覚障害者の方がドッグランに犬を連れてくること……

大喜びで飛び跳ねている盲導犬のdちゃんを、とても微笑ましいと見ていましたが、実際に今日トラブルで飼い主の方は状況が一切「見えず」自分の犬を守ることはできなかった。このことに関して、今になって疑問も感じはじめました。

あの時、止めに入ったのは私で(余計なお節介かもしれませんが)飼い主さんはベンチに座っているだけでした。

大型犬の興奮が大きくなりすぎて盲導犬を傷つけてしまったら、あの女性飼い主はきちんとケアすることができたんでしょうか。彼女の受け答えからして、まともな対応が期待できるとは私には思えません。

善意の人や、当たり前のマナーを守れる人だけではないんですよね…悲しいかな。

なんだかあまりに後味の悪いトラブルでした。

私は、もう二度と舎人公園のドッグランには行きません。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

犬ラブ犬ラブ 2016/11/16 21:07 この大型犬二頭連れの人知ってます!
やな人!
本当に顔に出てる!

私も、耳や尾を切るの反対です!

盲導犬のたまにの休息…可哀想に。

2015年08月10日(月) 新しい家族ができました。

今日日記クッキーママのお店のブログから転載です。

ここは、クッキーのブログなので、このままここで続けようかどうしようか迷い、お店のブログに書いたのですが…。

ドッグシェルターに行ってきたお話です。

どなたかの目に入ることを祈りつつ。

ーーーーー

 昨日の日曜日は栃木のドッグシェルター栃木動物緊急避難所まで行ってきました。

 お天気にも恵まれ、しかも、ここ1週間ではちょっと涼しめ…良いドライブ日和。

 お見合い希望していた男の子はこの子。

 元飼い主さんが1年前に外国に帰ることになったため置いて行かれてしまったそうです。

日本から海外に犬を連れて出るのはとても面倒なことは知っています

でも、犬にそんな事情がわかるはずもなく。

どんなにショックを受けたことでしょうか。

 シェルターに来た日は、そのショックからとても荒れていたそうです。

そりゃそうでしょう。もっとも愛して、もっとも信頼している人から裏切られるなんて

この子の気持ち想像しただけで胸が苦しくなってきます

 私たちとの相性はどうかなあと、シェルターのまわりをお散歩させてもらいました。

多少引きはあるものの、これならすぐになれそうな…


 シェルターに戻ると、「ぼくはいい子です」アピールがすごいすごい。

 他の子を見ていると、超絶「ぼくだけをみて〜!」アピール(笑)

 もう、後には引けない感じです。

本当は「まずトライアル」でお願いする予定だったのですが、一度、我が家に連れてきてしまったら、もう戻すことなどできないでしょう。早速、譲渡契約をさせていただくことにしました。

 

 車の中にあるバッグからペンを出そうとすると、すでに車に乗る気満々。

折りたたみのケージを出したところ、さっさと入り込み、くるりと丸くなって寝てしまうではありませんか!

これには本当にびっくり。

しかも、そのままでは車に入れられないので一度出そうとしても出ようとしません。無理やり引っ張り出すという…(笑)

 きっと、私たちのことを気に入ってくれたんでしょう。よかった、よかった。

 そして、車を出すときシェルターの所長さんである巴さんが「幸せになれよ!」と、この子を抱きしめた後、ギュっと顔をしかめ涙をこらえていらっしゃるのをみてしまいました。

 家族が見つかるまで、と必死で頑張っていらっしゃる方々はみなさん同じです。胸が…しめつけられるような思いになります

 これからは私たちが家族です。いっぱい甘えさせてやろうと思います

 クッキーのブログでも、いつも書かせていただいていたことなのですが、もし、あなたが犬や猫を家族に迎えようと考えられる日が来たら、どうぞペットショップではなく保健所からレスキューなど里親募集をしている子たちのことも思い出してほしいなと思います

 毎日たくさんの命が無為に殺されています子猫子犬から家族にしなくとも、彼らはじゅうぶん私たちの家族になってくれます

ほら、一晩一緒に過ごしただけで、この様子!

9月になって涼しくなったら、ルーンショールームでお出迎えいたしますので、どうぞ遊びに来てやってくださいね名前はロジャくんです!

 栃木動物緊急避難所など、動物たちの命を助けるために必死に頑張ってくださっている方がいることも知ってほしいなと思います

様々な事情で家族に迎えたくてもできない、そんな時はぜひ寄付をお願いしたいです。どんな少額だとしても、それは命を救う大きな力となります

________________

やっと少し涼しくなったと思ったら、明日はまた猛暑日になるそうな。

体を温める食材を使う時は、冷ます食材と合わせると丁度良くなるんですよ。

ます食材ばかりを食べてしまうと、真夏でもやはり体は冷え過ぎてしまいます

毎日、とにかくバランスをとること!

当たり前のことですが、この時期は忘れがちなんですね。

そんな、バランスをとるための調理法ワンポイントも含め

126品オールカラーでご紹介しています

質問はお気軽にお寄せください。



RUNE WITCH'S GROTTO

http://www.rune-witch.com

東京都北区神谷3-45-5

03-3901-7230

基本営業時間:月〜金 14:00~18:00

クリックおねがいいたします

イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへにほんブログ村





 

みみみみ 2015/08/11 22:35 ロジャくん、良かったね。
クッキーくんの分も頑張ってね!

クッキーママクッキーママ 2016/01/09 00:17 みみさん
ありがとうございます!
お返事、ものすごく遅くなってしまってゴメンなさい。
ロジャくん、今やすっかりウチの子になりました。

2015年07月31日(金) 暑いのかな

 お久しぶり!で、クッキーのブログを更新しています

最後投稿したのは……わぁ、もう1年前。

 

 クッキーのことを思い出さない日は1日だってありませんが、それでも、やはりクッキーとの「新しい」ことが書けないのは

あまりに辛すぎて……。

 でも、実は昨日からやけに「音」がするのです。いつものようにテーブルにパソコンを置いて原稿を書いていると…ザッザッザ、ザザッザザッ、ザザザザザッ

 …まるでクッキーが床を掘っている音。

 暑い日はあちこち掘って(もちろん家の中の床ですが)涼しいところを探しまくっていたクッキーでしたが、お気に入りのポイントが何箇所かありました。

 どうやら、それは床の下に水道管が走っているところで、真夏でもひんやり。犬って、よくわかっているものです。

f:id:rune-witch:20150730080543j:image

 中でも年間通していちばんのお気に入りだった場所は、私の椅子のすぐ横。最後に歩いてたどりついたのも、ココでした。

 クッキーが「あっついよ〜!」って床を掘っているのかしら。

 あれ?

考えてみたら、クッキーがうちに来た日は7月30日だった。

 そっか、帰ってきてたのか!ごめん、ごめん。気付かなくて!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーー

イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!



 

2014年07月26日(土) 思い出:7年前の今頃

 7年前の今頃、我が家では毎晩家族会議が開かれていました。

「犬」の里親になるか、ならないか?

 一時預かりをするのか、しないのか?

 当時は元気だった父も加わり、会議と言う名の大喧嘩

と言うのも、その一年前の8月に、23年も家族としてすごした猫・ターニャンを

失って1年が過ぎても、ペットロスから立ち直れずにいた私たちでしたから…。

「もう動物死ぬのは見たくない。」

70代の両親そろって、ありきたりな反対意見でした。

私はと言えば、小学生の頃から猫を拾ってきてばかりの子供でしたから

そうそう引き下がりはしません。

いかにクッキー(当時はミルキーと言う仮名がありました)が可哀想な境遇

たとえば、それまでに一度も散歩もしたことがない…

もう7か月で、しかも大きめのコッカーであることから里親がつきづらい…

もし、ウチの子になったら受験生の息子にとってどんなに心が癒されるか…

などなど必死で食い下がり1週間。

そして、なんとか里親になることに成功したのです。

とくに父は「申年から犬には好かれない。」と常々言っているくらいの犬嫌われ。

(犬嫌い、ではなく、犬嫌われ)

実際、母の持参金ならぬ「持参犬」にはホントに嫌われていまして(^^;

私が赤ちゃんだった頃、父が会社から戻ると唸って側に近寄らせないほど。

まあ、洋酒を輸入する会社を経営していたので、毎日接待などがあって

お酒くさくなって帰宅していたからでしょうけれど…

幼稚園に上ったあとも、私が叱られていると必ず、その犬「ビーちゃん」が

さっと間に入って、父を止めてくれたものです。

声が低くて、ちょっと怒っただけでも怒鳴り声になる父には敵対心むき出し。

しかも、ビーちゃんは体重が15キロ近くあって、かなり大きめのマルチーズ

唸ると結構迫力があったんです。

でも、私や従兄弟など子供には優しい犬で、自分のゴハンをとられても気にせず

優しい目で見ているような子だったんです。

私がお人形用のベビーカーにのせれば、ニコニコとつきあってくれる…

夜が怖くてたまらない時には、そっとそばに寄り添い一緒に寝てくれる…

友達喧嘩して泣いている時は、いつまでも頬を舐めてくれる…

一人っ子だった私にとって、ビーちゃんは頼りになるお姉さんみたいな存在だったと

言っても過言ではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


★自宅でボランティア!サポーターさま募集中

  (クッキーママも参加しています。)

HWJ全国動物収容状況 

  ↑こちらから、ご応募ください!

また、サポーターは無理!と言う方も、拡散していただけますでしょうか?

コピペ、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします


笑顔いっぱいの家族を待っている子達の為に、今日プティアンジェ里親会ポチッ愛情分け、お願いいたします 



★★★

クッキーママ:rinaのウェブショップRUNEにも遊びに来てくださいね

2014年05月29日(木) イタズラ書きがシアワセです。

f:id:rune-witch:20140526142147j:image

f:id:rune-witch:20140526142217j:image

先週から、ふと思い立ち、お店の商品案内にクッキーを登場させています

クッキーが大好きだった「粉もの」……

リンパ腫になってからは一切食べさせなかったので、食べさせてやりたかったなと

言う気持ちなんでしょうか?

今、お店用に毎日本日の焼きたて」と言うオーガニックお菓子を焼いています

レシピを立てている時に、チョコレートがはいるものだと、つい

クッキーは食べられないねえ。」とか、なんともなしに話しかけてしまいます

オーブンの前には、今でもクッキーが陣取っている姿が見える様です。

クッキーを踏まない様に、大きく「またいで」移動する癖がやっと抜けてきました。

そういえば、犬連れのお客さまがグググーンと増えました。

毎朝、バター100%お菓子を焼いているせいか、どうやら「トッテモオイシソウナニオイ」が

からするらしく、フレンドリーな子もそうでない子も、ニコニコと挨拶に来てくれます

飼い主さま唖然

そして、私はものすごくうれしい!

クッキーはヤキモチヤキだったので、他の犬が私のそばに来ると「ダメ〜!!」と

吠えまくるタイプだったので、今までは他の子に触ることはしなかったんですが…笑

やっとお散歩をしている人を見ても、涙が止まらなくなる…というラインから

抜け出せたみたいです。1年半、かかりました。

いや、今でもグッと来る時は来ちゃいますけれど…。

でも大丈夫

またいつか、里親募集のページを涙なしで見ることができるでしょう。

クッキーをウチの子に迎えた様に、シアワセにしてあげたいと思う子に出会うでしょう。

そのうち、ドッグカフェでも開きたいものです。

その前に、犬用オヤツを復活しようかな。

クッキーママ、頑張るからね。見ててね!

イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!

みみみみ 2014/05/31 00:46 我家のみみは、パンが大好きでした。
何かおかしいと何ヶ所もの病院に連れて行きましたが、
診断結果は、バラバラ、私自身は、癌ではないかと疑っていました。色々と調べていく内にペット検査にブドウ糖が使われているということは、癌の好物を遮断しなければと思い、小麦の入ったフード、おやつを与えないことにしましたが、結果として最後となってしまった誕生日にワンコの寿命は、短いのだから、と思いっきり
ケーキを食べさせました。何が良くて何が悪かったのか
美味しそうにケーキを食べている写真だけが残りました。そして、いつでも里親から、今のコッカを迎えましたが、どうしても涙ぐみ、みみを思い出す時があります。仕方がないですね。

2014年02月13日(木) 「そっとしておいてね」のサイン

f:id:rune-witch:20140213013343j:image

 家族以外の存在が苦手だったクッキー

このサインを知っていたら、と残念です。

 みんなが、この黄色リボンのこと知ってくれたら

とってもステキだと思いました。

 よかったらシェアして広めてくださいね

 私たちの家族ワンコもっともっと幸せになれますように。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


★自宅でボランティア!サポーターさま募集中

  (クッキーママも参加しています。)

HWJ全国動物収容状況 

  ↑こちらから、ご応募ください!

また、サポーターは無理!と言う方も、拡散していただけますでしょうか?

コピペ、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします


笑顔いっぱいの家族を待っている子達の為に、今日プティアンジェ里親会ポチッ愛情分け、お願いいたします 



★★★

クッキーママ:rinaのウェブショップRUNEにも遊びに来てくださいね

クッキークッキー 2014/05/18 20:56 初めまして
クッキー君のブログ、クッキー君が亡くなっただいぶ後、偶然出会い、すべて拝見させていただきました。

クッキー君、とっても可愛らしい子ですね。表情も豊かで、お兄ちゃんととっても仲良しで。
緑の芝生も、おうちの窓際も、どこにいても絵になる素敵なコッカーちゃんです。


何より・・・
病状に伏せた時でも、写真上では「大丈夫だよ」っていう顔をしているように見えて、熱いものがこみあげて涙が止まりませんでした。
本当に優しい子ですね。


クッキー君がお空に旅立っても、きっと家族の絆といっぱいの思い出があって、クッキー君にとってもご家族にとっても、かけがえのない温かい思い出として永遠に大切にされることでしょう。


ご挨拶遅れましたが、私は神戸在住の女性です。愛犬のクッキー、8歳雄と旦那さんと3人で暮らしています。

クッキー君と同じ名前のクッキーです。
クッキーは以前はアスランという名前で、彼が二歳にならない頃、飼い主の勝手な言い分に腹が立ち、里子として迎えた子です。

「思っていたより大きくなったから」
「うちはほんとは犬が飼えないマンションだから、もう無理」

そんな飼い主さんでした。
私と同じ、看護職に就く人。
よくわからないけど、この子は私が迎え入れないといけない、と怒りと悲しみと、人間の身勝手さを改めて感じた時でした。


クッキーは遺伝的に眼の病気を持っていて、うちに来てからたくさん手術、治療を乗り越えてきました。
おととし、右眼の眼圧が抑えきれずに、悩みましたが義眼を挿入しました。

それまでは痛みに耐えて、手術や日に何種類もの目薬をしてきましたが、今は痛みからも解放され、片目の視野にもなれてきました。

「諦めてはいけない」

私はクッキーに教わってきました。
だから、動物の命を軽視する人、動物の生活の質をおろそかにする人に、言いたいことがたくさんあります。

「人間は動物を簡単に裏切ることができるけれど、動物はあなたたちの家族に迎えられた時から、絶対に裏切らないよ」



私の家族もクッキー君と同じ「クッキー」という名前。
クッキー君と同じアメリカン・コッカー・スパニエルの雄、優しい薄茶色のバフ。
振り向いてこちらを見ているお顔がとっても似ている。


そして、私の旧姓は「松永」です。
こんな偶然、自分でも驚きました。

クッキー君の楽しかった日々を覗かせていただいて有難うございました。

今でもよく過去の記事をみさせていただいて元気をもらっています。


クッキー君、ありがとう。

みみみみ 2014/05/27 20:52 クッキー君、どうしているのかな?
忘れないでいますよ!
クッキー君、頑張ったね
ママさん、ご家族の愛情、
クッキー君、君は、幸せだった‼︎

クッキーママクッキーママ 2014/05/29 00:55 クッキーさん
コメントありがとうございます。
実はしばらく、クッキーのブログを見ていなかったんですが、ふと見てみたら、温かいコメントをいただいていて、本当にありがたかったです。感謝しています。
お名前がダブルで同じ!と言う偶然。何かご縁があるのでしょう。
そちらのクッキーくんも、優しいおうちの子になれて本当にシアワセですね!
前の飼い主さん、酷いですね。どうしてこういうことができるのか…まったく理解できません。酷すぎます。
そういえば、犬は人間より視覚に頼っていないから、ビックリするほど早く順応するらしいですね。
この子は全盲で、フェッチができちゃう!楽しそうですよね!
https://www.youtube.com/watch?v=Ha92yzmVv2s&feature=kp

今日は私も久しぶりに、元気な頃のクッキーの日記を読みました。短いけど、たくさん愛しい出来事があって本当に幸せだったと思いました。
思い出話になってばかりもどうなのかしらと書けずにいたのですが、また時々ここでクッキーの思い出を書かせてくださいね。
どうもありがとうございました。

クッキーママクッキーママ 2014/05/29 01:04 みみさん
「どうしているのかな?」のコメント、ありがとうございます!クッキーもきっと天国でシッポをプリプリ振っていることでしょう。
実は、最近お店で商品説明のカードにクッキーをよく登場させているんです。
クッキーが元気だった頃から、よくイタズラ書きはしていたんですが、今は描いているとクッキーがそばにいてくれる気がして…。
つい毎日描いちゃって。

ほんとにありがとうございます。

2013年08月03日(土) 地震が気になるけれど「お留守番」のこと

クッキーが居た時のこと。

私や息子が居る時に災害が起きれば、抱いて逃げることができますが、私たちが居ない時に災害が起きれば、老母が2階から抱いて降りることになります

しかし、クッキー体重が25kg近くあり、また自分階段をおりることができなかったため、いろいろと頭を悩ませた結果、窓からつり下げて降ろす方法を考えましたが、これが結構たいへんで、本人さえ怪しい母一人では100%無理な話です。

そこで、私や息子が助けに行くまで、部屋の中でも非難できる方法として…

出かける時はいつもフリーにして、一番丈夫なテーブルの下にケージを置き、地震が来たら入ることを覚えさせました。

丁度、と言っては何ですが、311以降、微震も含めてたくさん揺れましたから、ぐらっとするたびに「クッキー、テーブル!」(「ハウス」は他の場所に置くこともあるので、あえて「テーブル」にしていました。)と言い、私たちも一緒にテーブルの下に入る…を繰り返していただけですが、すぐに覚えて、揺れると自分でテーブル下に入る様になりました。

また、外に非難した場合、割れたガラスなどで足を傷つけることがあるのではないかと靴にも慣らせなくては…など、普段から考えておかなくてはいけないことがたくさんありました。

大切な家族である彼らのこと。たくさん考えておいて上げたいですよね。

f:id:rune-witch:20130803074749j:image


イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


★自宅でボランティア!サポーターさま募集中!

  (クッキーママも参加しています。)

HWJ全国動物収容状況 

  ↑こちらから、ご応募ください!

また、サポーターは無理!と言う方も、拡散していただけますでしょうか?

コピペ、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします


笑顔いっぱいの家族を待っている子達の為に、今日プティアンジェ里親会ポチッ愛情分け、お願いいたします 



★★★

クッキーママ:rinaのウェブショップRUNEにも遊びに来てくださいね

2013年05月30日(木) 食いしん坊さん

 探し物をしていたら

こんなメモが出てきました。

f:id:rune-witch:20130530211451j:image

 クッキーが旅立った日に、そうとは知らず先生相談するため

メモしたもの


前日までは、何を食べさせたか覚えていたんだけれど、この日に関しては

全く覚えていませんでした。


でも

クッキーったら、天国に到着するまでに、おなかがすかない様に

ちゃんと腹ごしらえをしていったんですね!


 さすがクッキー(;;)


 そっちの様子はどうですか?


 ドンパパと毎日散歩しているのかな?


 ママ達は、とってもさびしいけれど、なんとかやってますよ。

そっちに行くまで、良い子で待っててね。

br

 今夜はママはオニイチャンとハモイベリコ食べるよ〜。

f:id:rune-witch:20130530213617j:image

 ほら!食べたいでしょ?


 ママが行く時には、美味しいおみやげ、たくさん持って行くからね! 




イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


★自宅でボランティア!サポーターさま募集中!

  (クッキーママも参加しています。)

HWJ全国動物収容状況 

  ↑こちらから、ご応募ください!

また、サポーターは無理!と言う方も、拡散していただけますでしょうか?

コピペ、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします


笑顔いっぱいの家族を待っている子達の為に、今日プティアンジェ里親会ポチッ愛情分け、お願いいたします 



★★★

クッキーママ:rinaのウェブショップRUNEにも遊びに来てくださいね

みみみみ 2013/06/02 14:26 クッキー君、何処を散歩しているのかな?
我家のコッカ娘がクッキー君と同じ病気で旅立ち、
アメリカンコッカブログ村で、最初に見たのがクッキー君でした。頑張れ‼って応援しましたが、あの病気は、
強烈、娘も次の日から、治療再開の予定でしたが------
久々のクッキー君、素敵な家族に会えて良かったね

rune-witchrune-witch 2013/06/14 23:30 みみさん
 コメントいただけて嬉しかったです。どうもありがとう!ございます。
みみさんのオウチのお姫さまも同じ病気だったんですね…。
頑張りましたね。
 今頃、一緒に走ったり遊んだりできていたらいいですね!
天国で楽しくやりながら、待っててほしいなと思います。

みみみみ 2013/06/18 21:11 先週、クッキー君と同じく、いつでも里親募集から、
アメリカンコッカの里親になりました。
その子にみみのTAGを付け、女房と城北中央公園に行って来ました。ここをクッキー君もお散歩していたんだな
と話しながら、散歩をしてきました。

rune-witchrune-witch 2014/02/13 01:42 みみさん
 お返事がこんなに遅くなってしまって、本当にごめんなさい。。。
みみちゃん、城北公園、お散歩したんですね。(^^)
クッキーのことも思い出してくださって、本当にありがとうございます。
みみちゃん、どんな子なのかなあ。
きっと、たくさん愛されて幸せいっぱいニコニコなんでしょうね〜。

2013年03月24日(日) クッキーの贈り物

 息子Jが高校一年生の夏休み我が家の子になったクッキー

 クッキーのおかげで、むずかしい年頃だったはずの時期を難なく過ごせた

そんな気がします

f:id:rune-witch:20130324002840j:image

 一人っ子の息子は、クッキーに対しては常に「オニイチャンが…」と

発していました。

 まさに、クッキーは弟だったんですね。

 クッキーのオニイチャンだからクッキーが待っているから

そう考えて、我慢することも多かったと思います

f:id:rune-witch:20130324002839j:image

 クッキーも、そんなJの気持ちによく応えていました。

f:id:rune-witch:20130324004244j:image

 これは、ちょうど去年の今頃。

ソメイヨシノよりも早く咲いて、早く葉桜になる我が家佐藤錦

仲良く見ている兄弟の図です。

 いつもいつもベッタリ!

オニイチャンが大好きなクッキーなのでした。


イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


★自宅でボランティア!サポーターさま募集中!

  (クッキーママも参加しています。)

HWJ全国動物収容状況 

  ↑こちらから、ご応募ください!

また、サポーターは無理!と言う方も、拡散していただけますでしょうか?

コピペ、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします


笑顔いっぱいの家族を待っている子達の為に、今日プティアンジェ里親会ポチッ愛情分け、お願いいたします 



★★★

クッキーママ:rinaのウェブショップRUNEにも遊びに来てくださいね

2013年02月10日(日) ひとつき

 クッキー

我が家から離れて1ヶ月が経ちました。


 俗に言うところのペットロスなのかなあとか

結構、辛い心境です。



 でも


 クッキーがウチの子になる1年前に、ターニャンと言う猫を

私達は失っていました。

 23年もたいした世話もせず、ただただ私達に寄り添って

ゆるりゆるりと、暮らしてくれた猫でした。


 あまりに長生きをしてくれたので、家族ではよく


「ターニャンは妖怪だね。」と笑っていましたが

まり、それほどまでに、彼女にも死が訪れることを私達は

想像することができなくなっていたのです。


 食が徐々に細くなっていき、いよいよ食べられなくなった時

母が叫びました。


「ターニャン!食べなかったら死んじゃうのよ!!!」


 羽の様に軽くなったターニャンは、私達家族の手から一切れずつ

刺身を食べたのです。

 特に息子からは、しっかりと彼の目を見つめて、勢い良く食べて見せました。

f:id:rune-witch:20130210015143j:image

 赤ちゃんの頃から、ずっと息子の「面倒を見て来た」彼女なりの「教育」

だったのかもしれません。


 ターニャンが旅立った6年前。

母はほとんど寝たきりになりました。

 毎日毎日「ターニャンと一緒に私も行こうかな。」と

そんなことばかり。

 1年が過ぎ、里親募集でクッキー出会い、お互い一目惚れをして

(まあ、そう言わせてください!)

クッキーがウチの子になり、ベッドからトイレまで歩くのがやっとだった

そんな母が、クッキーに会いたいあまり、2階まで上がってくる様になりました。


 クッキーとお散歩に行きたい。ドッグランに行ってみたい。

母はみるみる元気を取り戻したのです。

f:id:rune-witch:20130210015344j:image


 これは、舎人公園ドッグランに初めて行った時の母。

玄関から外に出るなど、考えられもしないほど衰弱していた母が、元気に走る

クッキーを見たくて「一緒に行く!」と頑張った日です。


クッキーが私達にくれた最初プレゼントでした。 


:::つづく



イイネ!にほんブログ村 犬ブログ コッカーへ
にほんブログ村応援ポチリとどうかひとつ!


★自宅でボランティア!サポーターさま募集中!

  (クッキーママも参加しています。)

HWJ全国動物収容状況 

  ↑こちらから、ご応募ください!

また、サポーターは無理!と言う方も、拡散していただけますでしょうか?

コピペ、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします


笑顔いっぱいの家族を待っている子達の為に、今日プティアンジェ里親会ポチッ愛情分け、お願いいたします 



★★★

クッキーママ:rinaのウェブショップRUNEにも遊びに来てくださいね

momotenmamamomotenmama 2013/02/10 11:26 クッキーママ
ここのところスマホでFBばかりでブログから少々離れてしまっていたので
クッキーくんの訃報を知るのが遅くなってしまいました。
クッキーくんがお空に旅立って1ヶ月経つのですね。

悲しみや寂しさは続くと思いますが
たくさんクッキーくんのお話をして思い出してあげてください。
いつもそばに寄りそって笑ってくれています。
我が家にもモモテンの他にビーグル親子がいつもそばにいて
笑顔を振りまいてくれているんですよ。
寂しい悲しい気持ちもいっぱい話して涙を流したら
きっと拭いてくれます。
落ち込んでいたら目の前にきて笑顔で励ましてくれます。
ずっとそばにいてくれるから
ママさんが元気になれるんです。
たくさんたくさん思い出してクッキーくんの話題を出してあげてくださいね。
クッキーくんお空からママやJくんを見守ってね♪
ありがとうクッキーくん