Hatena::ブログ(Diary)

ロゴスの小径 〜心の空洞を埋める方法〜 RSSフィード Twitter

2017-11-13

ポジティブ/ネガティブ

ロゴスの小径へようこそ。

未来のことは誰にもわからない。だから不安ですよね。

常に未来をワクワク待てれば素敵ですが
小学生までですかね、そんな状態はw

いえ小学生だって明日は嫌いな授業があるな、とか
テスト嫌だな、うまくできるかな、とか

ワクワクだけで生きてはいません。


大丈夫!いいことばかりある!と唱えてもw

ふとした瞬間に人は不安になります。


「自分は絶対にそんなことはない。未来はいつもハッピーでワクワク♡」
な人がいたとしたら
本当におめでた・・・あ、いや羨ましいですw


いつも先のことを不安に思ってしまう

そんな自分は「ネガティブ」で
それは「よくない」

と「ネガティブ」になったりしてw


しかし心理学的には、

人にはポジティブな部分とネガティブな部分があるのは当然として

根がポジティブな人、ネガティブな人、というのを
見分けるのに、ざっくりこんな風に考えたりするそうです。

(すいません、自分で文献をあたっていないのであいまいですが^^;)


未来に不安を抱くのは
人間には当たり前のことで

それはネガティブとはいわないそうです。

ネガティブな人とは

未来ではなく過去に悪い思考がいってしまう傾向があるそうです。


つまり


あそこでああすればよかった
あそこでこれを選んだから今がダメなんだ


というように

してもしかたない後悔をしてしまう人のことを
ネガティブな傾向のある人ということができるそうです。


生物学的にも
見えない未来に不安を持つのは、生命維持のために当然といえますよね。

自分の未体験なことに不安を持たないなら
生命のを危険にさらず可能性があがってしまいます。


だから

未来を不安に思っても
自分はネガティブだ、なんて思わなくてもいいそうです。


反省し未来に活かすのではないのなら

過去の後悔でネガティブになるのは意味がないですよね。
時間は戻せませんから。

どうせ悩むなら未来について悩んだ方がいいようです。


あれこれ手段も考えられますよね、その方が。


私は案外心配性なので

いつも先のことを何通りか考えてしまいます。


これがダメでもこっちがある、とかねw


素敵な未来だけを信じていれば
それがかなう、という説もありますが

それを心からできているのでないなら


心配をすることもそう悪いことではないと思ったりします。


もちろん自分を奮い立たせるために
ポジティブでいこう!とするのも大事だと思いますが。


そういえば一時、自分の願いを過去形で話すと叶う、みたいに
言われていた時期がありましたよね
数年前に。


先日それを実践している人に出会ってしまって
びっくりしましたw

「宝くじに当たったから会社を辞めることにした」

というので

えーーーー!!!!!羨ましい!!!すごい!!!!と絶叫したらw


過去形で話すと願いが叶うから
過去形で話すことにしているんだ、だそうで

人騒がせな・・・w


しかしそういうのを実践しているのを見ると
ちょっと引きますね・・・w




昨日の後悔より、明日の心配!


いかがでしたでしょうか。
おかげさまで(入れ替えはあるものの)5位まで回復いたしました^^
更新の励みにしております。応援クリック、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


人気ブログランキング

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ruribyaku/20171113/1510574123