瑠汐さん家

2018-06-11 アイプロの話

2日間くらい記事を書く画面で止まっていたけど、ふと書こうと思った話が思い浮かんだので。


僕とアイドルプロデュースの話をすると、始めて最初イベントが「アイドルプロデュース京町編」と呼ばれるアイプロでした。無駄にドリンクを飲んで、千枝ちゃんをお迎えしようとしたような記憶があったりなかったり。


ちょこちょこ楽しいのでやってたんだけど、夜空に咲く花火編では爆死(といってもPt全然足りなかった記憶)して、担当も出てきたイタリアンでアイプロでは初の1枚取りに成功3rdで1931位という爆死ラインを突っ走った後はおおむね1枚以上は取っているイベントです。


何が楽しいかというと

・今まで知らなかった一面が見れる


に尽きます。さすがにあそこまで苺ジャンキーだということを知らなかったイタリアンアイプロをはじめとして、担当であっても、担当でなくても実はこんな一面があったということを知れるという点で好んでいます。

テキストがほかのイベントに比べても圧倒的な差があるため、そりゃそうだよなと。


アイプロに関してはコミュを見ながらなるほどと頷いていると気付けば1枚ラインにいるので、ほかのイベントに比べて作業感が異様に少ないと感じる点も微速ランナーとしてはメリット

すさんでくると、ゲームがしたいのであって作業がしたいわけではないんだが・・・と言いながらイベントを走ることもあるので、そういう要素がないアイプロは素晴らしいと思います。

この動き方をすると時間がとてもかかるので、音楽を聴きながらとかだととても捗ります。

コミュも同じコミュを毎回頷きながら見るわけではないので、途中からは目を離していてもなんとでもなる気がするのもよいですね。


あと、個人的なこだわりとして、アイプロのアイテム通称お菓子)を集めることも趣味なので、毎回各アイドルのアイテムをコンプリートするのを裏目標にしています。

直近の京都アイプロで一番面白かったのは舞ちゃんの手まり寿司。

舞がくれた手まり寿司。見た目の可愛さだけじゃなく、味も格別。何から食べるか迷っちゃう

説明になぜ迷っちゃうとか入ってしまうのか意味が分からない。


このおかげでアイテム欄は48ページに到達しています。目的のものはもう探せない…。


そんなアイプロですが、いつまで走るんだろうとここ2,3回悩んでいます。

6thアニバは土日がライブと重なり、まともに走れる時間が少なそう。

菜々さんは好きなアイドルだけどアニバは結構体力とかを持っていかれるのでしんどいなーとか考えると走りたい感じはない。

とはいえ、ずっと1枚取り続けているイベントなわけで、簡単に諦めたいわけではない。

というか、馬なりに走って1枚取れるならアニバもやる。

なので、今回と次回は2000位ギリに挑戦して、失敗したらアニバを走らない。

2回とも成功したらやれるだけはやるにしようと思います。

今回は1965位だかなんだかでした。もうちょっと攻めれたなと思う。

次回はもっとエッジを狙っていこうと思います。


いつかどこかで書こうと思ったけど、さっき天啓が下りてきたので。

さて、ぷちコレ殴るか(3rdラウンド残り10分)。

2018-06-04 ネメシスかく語りき

ふわっと語ってみよう。珍しくシャドウバースの話。


一応マスターまでは上がったものの、あんまり時間も取れず、特に強くもないので、グランドマスターまでは上がれない稚魚ですが、ネメシスは時空転生の時から使っているので、ちょっとだけ語ってみようかなと。


デッキの紹介しても何が何だかだろうけど一応。

https://shadowverse-portal.com/deck/3.8.6RMga.6RMga.6RHYc.6RHYc.6RHYc.6RMQo.6RMQo.60a4-.60a4-.60a4-.6RH4I.6RH4I.6RH4I.6RH4S.6RH4S.6RJVc.6RJVc.6RJVc.6V7eI.6V7eI.6V7eI.6RH3g.6RH3g.6RH3-.6RH3-.6RJVm.6RJVm.6RJVm.6RKEA.6RKEA.60a4W.60a4W.60a4W.6RMgQ.6RMgQ.6RLxY.6RLxY.6ROO6.6ROO6.6ROO6?lang=ja



普通は入ってなさそうなカードと入ってそうなのにはいってないカードについては理由もあるし、書いておきます

・虚数物体

速度的には割とゆっくり目になってしまうので、9ターン目以降のフィニッシャー対策

見ているのはギガントキマイラとイージスアジダハーカ、キングエレファントあたり。

あと意外と4点を3点に抑えるだけで1ターン増やせて勝てることもあるので。


肉球砲の撃ち手

声が好きなので…は冗談ですが、後2のネズミ、先3のマーズに対してカード1枚で自然に倒せるところを見た。

確実に引けるなら1枚にしたいけどそんなに引き強くないので2枚。

おおむねロイヤルしか見てないけど、相手の12に当たって生き残るところは評価してます。


・鉄鋼の拳闘士3枚

一番強いアーティファクトレディアントアーティファクトと考えているので。

あと43っていうサイズが先行5ターン目に相手の22進化を倒して生き残るサイズというのが便利。

5回殴れば勝てる!


・ハクラビ不採用

・異界転送採用

時空転生の時から感じていたんですけど、一番強い動きをするって考えた時にハクラビって弱いんですよね。

6ターン目にデウスエクスマキナを出すと考えると、5ターン目ってあまり動かなくてもいいターンでもある。

もちろん出せないときには強いというのもわかるんですが、低コストで同じ役割するカードが新弾出て2種になったわけで、このカードに頼る必要ある?ってのは感じてます。

異界転送に関しては、基本的消滅が強いゲームであること、一応いつ引いても役割があること、ハクラビで対応できないファッティに対して1枚で対応できることを重視してます。


製造術の不採用

マグナレガシーの不採用

枠がありません。

製造術は入れたいと思う気持ちもあるんだけど、望んでる役割が、生命の量産と比較的かぶっていることが理由の1つ。

マグナレガシーに関しては何かを抜いて1〜2積みは全然ありだと思います。全体除去というのもそうだし、サイズの大きさもそう。


マリガン

基本的にはデウスエクスマキナを探しに行くのが丸いと思います。

ミラーならどれだけ手札が良くてもデウスエクスマキナがいないなら全マリガン安定。

それ以外は意外と横並びしても勝てる時があるので、それが狙えそうなハンドならキープ。

一番多いのが魔鉄かイカロス1枚残して2枚マリガンですね。


・アディショナルカードについて

心なき決闘…5コストで打ってもそんなにアドが見えず、7コストで打つのは重い。人形軸ならワンチャンスあるかもしれないが、さっきのデッキにとりあえず入れて抜いた。

魔導電磁サイ…意外と10点くらいまでは出るし、突進ついてるからおおむね1−1交換ができるのは便利。

ただ、単純に重い。マキナで2枚引いた時の悲しみが半端ない

専用デッキを組めば未来が見えるかもしれないからとりあえず組んだけど、面白い以上の評価はできなかった。

未来は感じてるからそのうちちゃんと組んだり、次の弾に期待したりする。


・対○○

これは言語化ちゃんとできるようになったらまた書きます。

2018-06-02 きのう書こうとしたことをマイルドにしてみた

現状について語ると、基本的ブログに関しては特定の読者(というか読者)の存在意識しないで書くので、ある程度のぶっちゃけ話は出るし(昨日はそれをちょっと書こうとしてあきらめた深夜3時)、誤字脱字以外で一度書いたものを消そうとはあんまりしない。代わりに昨日みたいに書いた50行くらいの雑文を消すこともある。


Twitterフォロワーが基本的に読むんだろうなってことを想定して、あまりマイナスなこととか否定することを書かないように極力気を付けているつもり。まあ、書いてしまうことはありますが。

エアリプとかも本当はダメなんだろうけど、昔から好きなのでこれは治らんわ…と思ってる。

あと、具体的に興味ないことを興味ないって書かないように気を付けてる。

正直今興味あることが少なすぎて大体のことは興味がないように感じてるからそれを書くとネガティブ要素が多すぎる。


ていとしては、どちらも一方的な発信だけども、Twitterに関しては双方向ツールってことを意識してはいる。

本当の知り合い以外のフォロワー自分からは増やそうとはしないのも理由の1つ。

ブログは何書いても自分で許すと思っているので、特に制限はない。


あ、スカイプとかディスコードみたいな話をするツールはあんまり好きじゃないな。

自分で使うのはって意味だけど。他人のを聞いてるのは楽しいかもしれないけど、そんな奴はどう考えても気持ち悪い

チャットくらいがせいぜいかなーと思っているので、グラブルをまじめにやることは一生ないと思う。

生放送は昔に比べると新しいのを探そうとせずに、知ってる人のを見ようとはする。

それも見れなくなりつつある現状。


この後に書こうと思ったことが今日書き直してもやっぱりかけない内容だった。

ある程度落ち着けば書こうと思うけど、落ち着く日は来るのか?

マイルドに書くと晴れ間の見える日だけじゃないんだって話。


これも消してしまえば何もなかったことになるけど、何もなかったことにしてしまいたくない。

こんな自分はあまり好きではない。

2018-05-29 誕生日でした

あと20分くらいで終わりますが。


年齢も年齢なので特に感慨とかはないですし、祝ってほしいと思う気持ちももはやそんなにない。

Twitterが風船飛ばしてくれたりなんとなくケーキがあったりするだけでじんわり幸せです。


ただまあ誕生日同じって何となく運命的なものを感じますよね。

同じ誕生日というと声優さんだと早見沙織さんですとか金田朋子さん。

アイドルマスターキャラクターだと綾瀬穂乃香さんに白石紬さんですね。

無条件で推せます。


あと、松嵜麗さんは同じ年の2日違いなのでちょっとシンパシーを感じてます。

たぶん他にもいるんだろうけどおおむね調べないのでわからない。


出来事もなんとなく違って見えます。

あるいは今日勝って5割になったのもうれしいですし、5th宮城やU149の3巻も実質発売日なのも、誕生日プレゼント同様ですよね。買うのは自分だけど誕生日プレゼントだと思い込めばせーふせーふ。どっちもありすいるし。


ちょっとした幸せをかみしめていけたらなぁと思います。

2018-05-28 オリックスが好きなんだって話

眠れなかったので。

日付上は翌日(5/28の0:28とかに書いてます)だけど投稿できるんだね。


文集野球とか見て(というか麗ちゃまのやつを見て何となく)。


好きになったのはちょうどオリックスブルーウェーブが一番強いといわれていたころ。

好きな選手はイチローでした。ベタですね。

強いチームが好きなのもあったし、ちょうど野球を始めたくらいの頃で、ヒットが打てるし足が速い外野手にあこがれてました。自分は、外野手以外は全部似てなかったなーとか。


その後好きな選手がしばらく出てこなくて、ハマったのが後藤光尊。華麗な守備と華麗なやらかしに、ツボにはまればびっくりするほどのパワー。どれをとっても最高でした。

トレードで出て行ったあともしばらくいなくて、最近は吉田正尚。今のほうがいい選手なんだけど、個人的に1,2年目の方が好きだったかもしれない。チームからすると半分いなくて大活躍の選手より、1年間それなりの活躍の選手の方がいいんでしょうけど。

投手だと小松が好きでしたね。金子も好きです。ここ最近のルーキーだと澤田と田嶋かな。

外国人だとローズが一番にきて、ラロッカ、ブランボーあたりですかね。

外れ外国人と言われそうな人たちも好きですが、好きの概念が変わるので。


2000〜2004くらいってあんまり記憶にないんですよね。

ちょっとWiki見てたけど北川HRとか当時もっと覚えていていいはずなのに記憶としてない。

2004はまあ、あの問題もありましたしなんとなく覚えてる気がします。


2004末に合併して、オリックス・バファローズになった時に、正直ファンをどうすべきか考えてました。

別に強くもないし、合併したおかげで知らない選手も入ってきたし、ほかのチームに応援趣旨変えしていいんじゃないかなって。

2005年キャンプ観たときにやっぱり応援するチームはこのチームしかないわと思いました。

そう思ったことは覚えてますが、細かい理由は覚えてません。


今考えるとここでやめておいたほうが良かったのでは?と思わなくもない。


2005〜7は特に語ることはないというか、この辺って自分が球場関係アルバイトしてて、結構な数の試合に行ってるんですよね。ただ、仕事してたので、あんまりきっちり試合を追いかけていられなかったり。


2008にはオールスターに行ってますね。初のクライマックスもこの年。

野球って楽しいなぁと思ってました。


2009はそこから強化したら何とかなるやろから何ともなりませんでしたーの1回目。

ビックボーイズは大好きでしたね、強さはわからん


岡田監督時代はよかったなぁと思いますね。

2010はバイナムエフェクトの年か。

2011は惜しかったけど2012は大変でしたね。


糸井が来た喜びと後藤光尊が去った悲しみを味わい、微差は大差って言葉は好きでしたと思い(CSでダルビッシュ見れたのは一生の思い出)、何ともならない年を過ごした翌年が一番酷かったわけで。全部最下位って聞いたことないぞ。


去年は独走してましたね4位。


今年も今のところ4位ですが、GWも乗り切ったし、若手投手はタケノコのごとくわいてくるしで、楽しいですね。

勝っても負けても負けてもそこそこに見れるのが幸せだと思います。

まあできれば日曜日は勝ってほしい、月曜日のダメージが段違いなので。


あんまり球場も行ってないけど、今年はいけるといいなぁ。

何をしてても好きです、オリックス。