東方錆恋録 〜Slipping Rusted Magnemite〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

横スクロール2Dアクションゲーム「ラミナの動物園」フリー公開中!→

2015-01-28

[][]ゼスティリア スキル融合メモ

2周目行く前に持ってた装備で同スロットの異なるスキルの融合に関して色々試してわかったこと

-
--
---
----
-----

2015-01-27

[][]テイルズオブゼスティリア一周目感想(2/2)

ネタバレ感想続き。ラスボス戦以外の部分


戦闘に関してはバトルアクトやスキルを全部見た訳じゃなく攻略本が無いと詳しい計算など不明な点もあるのであくまで一周目終了時の評価ということで。

まずCC制じゃなくなったのが一番大きくて、D2のSPみたいなSC(スピリットチェイン)を消費して技を出す感じに(ただ回復速度はCCやハーツのEGとかに近い)。そして術技の連携数が4固定になった(一応バトルアクトのチェインブラストを間に挟めばBGが続く限り3連携ずつ伸ばしていくことが可能)。で、ステップも何故かこの連携にカウントされる

従来であればステップは連携に必要なコスト少量消費で立ち位置のアドバンテージを取る技という感じだったが、今回はどんな術技でも連携数消費1なので奥義(GfのB技に相当)メインの連携の場合は相対的にステップのコストが上がっている。

しかも対応回避で連携数が回復する訳でもないので、ステップ回避→連携開始とすると連携数が1減ってしまう。(GfにおけるA技にあたる特技はステップを挟んだ部分がスキップされるので基本的には弱い初段が飛ばされるだけで済むが。)

この辺りがたたって結構シナリオ後半でダメージが稼ぎ辛く戦闘が長期化する感は否めなかったけど、タイミングよくチェインブラストを出すとBGが回復するバトルアクト(タイミングがまだ習得できてないので使ってない)や装備品スキルでBGを補強できてチェインブラストをバンバン撃っていけるようになれば改善はしそう。


また、弱点連携の仕様が大幅退化。グレイセスのように大量に有効特性があって連携中で突けば突くほど有利だったりエクシリア2のように弱点ヒット後は別の属性で倍率上昇というのではなく、基本5属性の弱点があったりなかったり+種族特性1〜2個程度になって"一度弱点を突けば連携中は弱点扱い"というだけになっている。つまりハーツやグレイセスのようにコンボに色んな術技を組み込むメリットが無いので結局弱点の技→ダメージ効率のいい技連打が一番いいということになりそうで、グレイセスの時の全有効特性を突くとCC回復コンボもう一ループおかわりみたいなのが好きだったこともあり結構残念。


新要素の特技・奥義・術の3すくみについてはまだ「詠唱は特技じゃないと止められない」「奥義は特技で止められない」しか使えてないけど多分3つめの「奥義に合わせて詠唱すると詠唱が加速する」を使いこなせるようになるとめっちゃ楽しそう。術を使えるのが神依化を除くと天族だけなので術師操作で本領発揮といったところか。

ただ敵が詠唱してる所を特技で止めようとしたらロゼが奥義で突っ込んで敵の詠唱加速させるのは本当にやめて頂きたい…


神依化は手数が1人分減るし使える技の数も少なく、敵の詠唱を止められないので、性能は高いけど使い所も考えなきゃいけなくてエクシリア2の骸殻のようなとりあえずゲージ溜まったらぶっぱして殴るみたいなのじゃない所が好感持てる。(少なくとも低難易度だと敵の術全部対応回避で見切ったら神依化して遠距離撃ってるだけで勝てる程度には強いけど…)

状態異常や特技の確率効果(青防御で確率効果の発生率上げてステップで特技のルートスキップして目当ての特技当てて自己強化かけて別の効果で上書きして倍率上げて…等)、スキルシート・ノルミン・装備の融合辺りはまだ全然使いこなせなかったので追々色々試してみる予定。ここまで一周しただけでシステムの全貌が掴めず広がりを感じるのはナイツ・イン・ザ・ナイトメア以来かもしれない


戦闘演出に関しては今回の目玉のフィールドの地形がそのままバトルフィールドになる擬似シームレス戦闘はまだまだ要調整といった感じ。木や壁などが障害物としてそのまま戦闘に影響するのはまだいいが、カメラも壁の影響を受けるため、壁際に寄るとカメラが壁に引っかかってキャラに寄るしかなくなりほぼ一人称視点ぐらいになることが多々あってとても見辛い。参考画像

f:id:rusted_coil:20150127001625p:image

あとシームレスだからか何なのか、(多分エンカウントした時に近くに他のシンボルがいると)戦闘中に他の雑魚が乱入してきてしかも全くアナウンスが無いのはやめてほしかった。

ただ、試練のダンジョンやイベント戦闘ではシームレスっぽくBGMが途切れることなく戦闘に入るという演出になっていてそれはかなり熱かった。特に試練のダンジョンレジェンディアの椎名さん作曲らしくめちゃ格好いいクラシック系(?)の戦闘BGMがダンジョンでも戦闘でもかかりっぱなしなのが凄く良かった(ただし水の試練はクソダンジョン)。

秘奥義演出もグレイセス並にテンポよくて素晴らしい。今回はBGという共通リソース消費するのであんまり撃つ機会無いのが寂しいけど。


シナリオは後半結構展開が強引でよく分からなかった。いやまあやりたいことはわかるけども。なんか大荒れっぽいアリーシャ序盤で永久離脱に関しては前情報全く追ってなくてスレイとミクリオぐらいしかキャラ把握してなかったのであんまり。というかずっと後ろについてきて話し相手になってくれて実質2人旅なロゼ正妻でいいよ

ただデゼルはスキットで結構いいキャラしてたので死んだのは残念だ…

結局最後まで毒舌ツンデレ幼女のあざとすぎるエドナが普通にかわいかったのでエドナゲーですね。決戦前夜イベントの笑顔でいやよって言う所とか最高でした。


ということでサブイベ後回しで経験値とかグレード上昇取ってさくっと2周目やるか…ちなみに引き継ぎポイントは加護レベルをnとすると3n*(n+1)っぽい

なりきり称号は今回あるのかな?と思ったけど人間と天族で明確に枠分かれてるし無理っぽい。ロゼソロカオスとかで最初からやってみたかったけど

[][]ゼスティリア グレード稼ぎメモ

とりあえず2周目行きたいので引き継ぎの奉納ポイントとグレード関係をざっと調査

  • 加護レベルとグレードと引き継ぎポイントの関係
加護レベル累計グレード引き継ぎポイント1グレード当たりの引き継ぎポイント
280180.255
3180360.2
4300600.2
5450900.2
66301260.2
78501680.198
811102160.196
914202700.190
1017903300.184

という感じなのでまずは各エリアレベル6を目指すのがよさそう

  • アイテム奉納時のポイント

いくつか調査してみた結果(売値は買値の25%四捨五入。ライフボトルだけ10%)

品名売値奉納ポイント
暗黒物体101.00
アップルグミ251.58
ピーチグミ1253.54
グレープグミ5007.07
オールディバイド5007.07
アワーグラス200014.14

となり、売値が4倍になると奉納ポイントが2倍になることがわかる。暗黒物体がキリがよかったのでそれ基準で計算するとおそらく奉納ポイント=√(売値/10)

つまり所持ガルドをグレードに変換する場合なるべく安いものを買った方がいいという結論に。ただその分単価が安いので消費アイテム30個を取ってないときつそう。

ローグリンはセーブポイントと店が近いので消費アイテムまとめ買い→即奉納が可能

  • 戦闘で稼ぐ場合
    • 弱いエリアなら、難易度を最高にして全員に「短時間撃破グレード増加」の称号をつけて、ミクリオ神依→○連打で倒すと速そう。5秒以内に撃破すればハードで1回10以上入る。
    • ノルミンがまだ見つかってないので未確認だがワンダー(敵撃破時にBG増加)装備で固めれば撃破時の回復と戦闘開始時の回復だけで神依一回分のBGが賄えて無限ループできる?
    • 隠しダンジョン1層のソルヴェイカーがミクリオ神依でメイルシュトローム何回か撃つだけで終わるので楽。ガルド稼ぎと併用に

2015-01-26

[][]テイルズオブゼスティリア一周目感想(1/2)

ゼスティリア一周目クリア。パーティLv48〜55でプレイ時間34時間ほど。

以下ネタバレあり感想とか。長くなってしまったのでとりあえず一番印象に残ったとあるボス戦についてだけ


一番記憶に新しいところから言うとラスボスの2戦目が超絶クソボスだった…

相手のHPが20万(ノーマル)で1/4削る毎にダウン、ダウンしたらデゼルやメーヴィン戦みたいに銃で仲間を撃ちこんでいく若干イベント戦闘みたいなもの。…なんだけど、まず敵が硬い。1回イベントが発生するノルマHP5万に対し神依スレイの通常連携で1200ダメージほど。

1段階削るのに5分ぐらいかかり、やっと5万削ったと思ったら敵が突然しゃべり始めて、ああこういうイベントかと思いメーヴィン戦と同じかなと考えてL1を押す→神 依 解 除

L1を押せって出てなかったしタイミング早かったかな?と思ってもう一度神依化して待ってたら何やら聞き覚えのある詠唱が始まってインディグネイションで全滅。

は???ってなりながら再挑戦、また長い削り作業(しかも慎重にやれば敵の攻撃が簡単に避けられるため緊張感すらない)。敵情報見たら「神依化して最大の攻撃で」みたいなことが書いてあったので秘奥義撃てばいいのかなと思い削りフェイズで緑防御をこまめに挟んでBG溜めつつイベント入ったら○+R2→発 動 し な い

何度試しても誤爆した回復奥義が出るだけでまたもなすすべなく全滅。

再挑戦、そういえばザビーダが「避けられないようにダウンさせてから撃ちこめ」みたいなこと言ってるので会話入ってからダメージ与えればいいのかな?と思い5万削った後に総攻撃してみることに。(ロゼはボスの攻撃を避けてくれないので削り中は蘇生をオート神依に任せて放置、5万削る直前でロゼ側天族にエリクシール→神依化して集中・全力攻撃号令)

会話イベントに入った後ひたすら○連携連打して1万削った辺りで敵がダウン、L1押してジークフリート発動。す、進めた…

要は「ボスのHPを1/4削る→会話イベントが始まるのでその間に一定のダメージを与えるとダウンして仲間を射出するイベント、次の形態へ(ダウンさせ切れなかったらインディグネイション撃たれて全滅)」という流れらしい。

進め方さえ分かってしまえばこっちのもの。ただしダメージ量は低いので一形態5分以上かかる作業。そもそもめんどくさいし、こっちは戦力減ってるのに相手はどうせ強くなっていくんだろうなということで○3で飛び上がって回避でき○N2で竜の弱点をつけるザビーダ、回復奥義の回復量が優秀なミクリオを最後に残してライラ→エドナの順で射出することに。

そして長い戦いの末第3形態会話イベントまで辿り着いた時またも問題発生。なんとフルで殴り続けてもインディグネイションまでにダウンさせられないという事態。それまで1万ぐらい削ったらダウンしてたのに、15000削ってもダウンしない。いやいや10分以上戦っておいてそれはないでしょ…と思いつつ何回かやってみるも毎回3回目で全滅する。

しばらく戦いという名の削り作業を続けた結果

倒し方は分かったのにただ戦力が足りないだけで突破できないなら完全にクソボスだなと思いながら眠さを抑えつつそっと難易度をシンプルへ(それまではむしろセカンドに上げて遊んでたぐらいなのに)。

だがしかしシンプル神依ヘルダルフのインディグネイション無慈悲にもスレイ達を襲う

もしかしてライラ→エドナがたまたま当たっただけで順番固定で(ザビーダでやってたけど)ミクリオ神依じゃないとダウンさせられないんじゃね?と思い順番を変えてみる

ラスボス1戦目倒したツイートから1時間40分、再挑戦のメニュー色々弄っててここであることに気づく

秘奥義は使えないけどもしかして通常R2のブラストアタック使った方がダメージ効率いいんじゃね?

そして挑戦から2時間後、難易度シンプルでようやく撃破

結局、ダウンしたら「SC溜めて3連携→ブラスト→3連携」を連打した方がダメージ効率がよく、それをしないと絶対制限時間内に削り切れないという仕様だったとさ。



このボス戦の何がクソだったかというと、まず今までシナリオで2回ほどやったジークフリート射出のイベントが間に入るのに、今までと違う操作(イベント前にボスをダウンさせる)が入る一方でその方法が明確ではなく(少なくとも初見ではしばらく分からなかった)、所謂わからん殺しになっている。

そして、わからん殺しにも関わらず、敵が無駄に硬いため削るのに時間がかかり、発動条件を検証しようと思っても1回の試行に時間がかかりすぎる。

ボスが強いかと言われればそうでもなく、攻撃が単純かつ頻度が低いので敵の動きを見て連携を止めれば対応回避が余裕。その癖味方CPUは馬鹿なので防御すらしてくれず瞬殺され、長引く戦いでこまめに蘇生させてるとライフボトルが足りなくなる。

つまり「ちまちま削るだけの作業」と「知らないと絶対に越えられないわからん殺し」の繰り返しなので戦っていて楽しいはずがない。

ゼスティリアの戦闘システムは多くがグレイセスからの発展形という印象を受けるが、グレイセスの方のラスボスのラムダ・アンゲルスはというと、ラスボスなのに弱点が多く(これは突ける特性が多くなる一方全弱点連携ボーナスが得にくいというトレードオフにもなっているが)、体が大きいのでほぼ全ての術技が当たり、クリティカル時に仰け反り時間2倍という仕様が存在する。

これは弱点連携やクリティカルゲージといった戦闘システムを使いこなすことで倒せる、まさにラスボスにふさわしい特徴になっていると思うが、神依ヘルダルフの方はゼスティリアの個性的システムを活かしておらず(せいぜいブラストアタックでダメージ効率が上がるとか、思いつかなかったけどダウンしたら攻撃特化装備につけかえるとか程度)、最後の最後で何故こんなボス戦をやらされるのか全く分からない。


以上のような理由から、今回のラスボス(2戦目)はエクシリアのストロングトリート連打ペア以上のクソボスだったと思います。


ちなみに3戦目。

もしかしてそれまでずっと難易度セカンドでやってたから経験値足りてなかっただけ説