元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)WRX STI関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。

2008/02/29

OSC2008 Tokyo/Spring

オープンソースカンファレンス2008(OSC2008 Tokyo/Spring)に行ってきました(1日目)


結構楽しかったです、OSC2008。今回の隠れテーマは「.web」だそうです。

普段オープンソースを業務で使うことが多い自分には、興味深い話題ばかりで、どのセッションに出ようか迷いましたが、とりあえず自分の気持ちに任せて、"現在"聞きたいセッションに出てきました。


オープンソースカンファレンス2008 Tokyo/Spring
http://www.ospn.jp/osc2008-spring/

1日講演を聞いてみて、個人的に、GlassFishに関心を持ったことと、Xenに対してもう少し足を踏み入れようかなという気持ちになりました。

あと、最後に聞いた楽天のOSS活用事例の話(というか、OSS活用に対する方針の話)は、もっと時間をかけて聞きたかったセッションです。


GlassFishは、自分自身業務でRuby on Railsを使っていることもあり、JRuby(on Rails)には注目していて、Javaプラットフォームで稼動させるアプリケーションサーバの1つとして、性能・運用管理性ともに注目する価値は十分にあるな、と。

Xenのクラスタの仕組みについては、十分に実現方法が自分で理解できている(Virtual Iron等の商用プロダクトに触れていることもあって)こともあって、そこまで目新しい話ではないのですが、商用製品ではなくてフルオープンソースプロダクトな構成でも、商用製品と同レベルの機能実現が出来そうだと感じました。(あ、運用とかの話は一旦置いておいてね)


聴衆は様々な年齢層の方がいらしてたように思います。外国の方も。あと、ノートPC率が意外と低かったなぁ。1割に満たないくらい?でも「Linux crush dump 読み方入門」のセッションだけは、半数近くいた気も。なんとなく頷ける。


せっかくなので、以下に自分が出席したセッションのメモ書きを貼り付けておきます。出席したセッションは以下です。

  • Innovation and the Open Web
  • Linux/OSSの最新技術動向とLPICによるスキルアップとは
  • 世界で今一番ホットなオープンソースアプリケーションサーバ:GlassFish
  • Xenのクラスタってどうするのさ!?
  • Linux crush dump 読み方入門
  • 楽天株式会社におけるOSS活用の現状と今後の展開について(サード・リアリティ時代に向けて)

# 2日目は、d:id:rx7:20080301:p2 へどうぞ。

# ところどころ省略したり端折ったりしていますが、メモってことでご了承ください。にしても長くてすみません。


続きを読む

2008/02/28

MacBook Pro

Ubuntuでrootになるには?


最近、CentOS5に付いている仮想マシンマネージャ(Virtual Machine Manager)で、仮想マシン(Xenにて)を作り、その上でLinux OSを動かして遊んでいます。

以前は、Xenをバイナリでインストールし、CUI上でxmコマンドをゴリゴリ動かしていたので、それから比べるとすげぇー便利になったなぁ、と思う次第です。


さて、そんなVMの1つにUbuntu Linux(7.10)のDesktop版が動いているのですが、というか最近インストールしたばかりで、実は初めて触るディストリビューションだったり。今ノリにノッてるDistだし、Debian使いとしては、流行りの派生版は触っておかないと、と思いまして。


確かに評判通りインストールはすごく簡単で、こりゃ初心者でも敷居が低くなって触りやすくなってるなぁ、という印象を受けましたが、逆にインストール時やインストール後に設定する事項が無さ過ぎて、私なんかはどう設定されているのか分からず逆に不安になりました(^^;)


その不安の1つとして、これまでLinuxディストリビューションのOSインストール時に、必ず聞かれるはずのrootパスワードが1度も聞かれなかったのに不安を覚えたのは私だけではないはず。


で、個人(一般)ユーザの登録はインストール時に行ったので、そのアカウントでログインした後に、rootにsuしようと思ったら案の定出来ない。パスワードがわからないのですよ。

で、適当に触っているとsudoは出来るらしい。なるほど、そういう仕様か。

でも、suして作業したい時もあるよなー、と5秒ほど考えて、思いつきました。その方法を。


$ sudo su -
# passwd

これで、rootパスワードを変更し、いつでもsuできるようになりました。あ、普通でしたかね・・・。

話題のノートPCが続々発表


されてますよねー、ここ二日で。


アップル、MacBookとMacBook Proをモデルチェンジ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0227/apple.htm
レノボ、1.42kgのSSDモバイルノート「ThinkPad X300」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0226/lenovo1.htm

MacBook Airに追随したという噂のThinkPad X300が発表されたと思ってたら、その翌日にはMacBook Proが発表。

MacBookはカッコイイけど、WXGA+の13.3インチで1.4kg、20mmを切った薄さを実現してきたThinkPadも気になる今日この頃。。。

Debianでunstable(sid)へアップグレード


Debian GNU/Linuxのunstableディストリビューションを使おうと思い、stableのCDからインストール後、unstableにアップグレードしたところ、豪快に躓いてしまった。


以下、リンク先のDebianのドキュメントにちゃんと書かれていました。

http://www.debian.org/doc/manuals/reference/ch-woody.ja.html

Debian は中間のリリースを飛ばしたアップグレードをサポートしていません。

へぇ〜、知らなかった。

というわけで、懲りずに次はXen VM上にtestingディストリビューションのDebianを作ったりしていますw

2008/02/26

Running "sudo rm -rf /"


個人的には、古から伝わる言い伝え、、、くらいのイメージなのですが、実際問題どういうわけか全く聞かない話でもないわけですが・・・。

そんなMovieです。自分でもVM上で一回やってみようかなぁ。。。暇なときにでも。

D

2008/02/23

woodland

CentOS5をインストール後、やっておきたいyum関連の設定


CentOS(Red Hat Enterprise Linuxもそうだけど)を使っていると、yumを使ってパッケージをインストールすることは何かと多いかと思います。

他にも色々ある(サードパーティのリポジトリの設定とか)かとは思いますが、yumの使いはじめに、まずはやっておきたい設定をいくつか書き記しておこうと思います。


yumで速くDLできるリポジトリを自動選択

yumコマンドは、自分の持つダウンロードミラーリストから適当なサーバを選択してパッケージのアップデートを実施するのですが、yum-fastestmirrorパッケージを入れておくと、その中からネットワーク的に高速なサーバを自動的に選んで接続してくれる。

デフォルトで入れておいてほしいくらい。

# yum install yum-fastestmirror

centosplusを利用する

centosplusには、将来的に、CentOSのコアパッケージ群に含まれる(かもしれない)ものが使えます。ここのものを対象にテストされているみたい。

有効にするには、以下の設定を行います。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

上記、設定ファイルを編集します。

[centosplus]

・・・省略・・・

#enabled=0
enabled=1

・・・省略・・・

[centosplus]の部分のenabledを0から1に変更するだけ、です。


EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)を利用する

EPELはFedoraプロジェクトで開発・テストされたパッケージをRed Hat Enterprise Linux (RHEL) や RHEL互換のディストリビューションであるCentOSで利用することのできるパッケージ。

こいつを入れておくと、インストール可能なパッケージの幅が広がるので、是非とも有効にしておきたい。


導入は、以下の2コマンドを実行するのみ。32ビットOSの場合は、ダウンロードするURLのx86_64のところをi386に変更してください。

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-2.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-5-2.noarch.rpm

以上をやってしまうと、yumやGUIのパッケージマネージャーで使用可能なパッケージが大幅に増えていることが確認できるかと思います。


他にもyum関連で設定することは、好みに応じて多々あるかと思いますが、まずはここまで。

Newバッテリーが届いた


先週、見事に上がらせてしまったバッテリー(d:id:rx7:20080215:p1)ですが、紆余曲折(というほどでもないですが、d:id:rx7:20080215:p3 参照)を経て、結局ネットで新品を格安購入しました。SAB売価の約半額で買えましたよ。キャンペーン的特価だったけど。


結局、BOSCH Mega Power Silver 90D23Lにしました。まぁ予定通り。


http://farm4.static.flickr.com/3191/2284940613_480f6d034f.jpg

しかしまぁ、当たり前なんだけどめちゃ重いね、自動車用バッテリー。。。

夢の中で頬を抓ると・・・


どうでもいい話ですが、今朝方、良い夢を見た。

夢の中でではあるが、これは夢なのではなかろうか?とほっぺたを思いっきりつねってみたのだが・・・。

つねるとすごく痛かったので、あぁ夢ではないのだな、と勝手に安心している自分がいた。


まぁ、それからしばらくして現実に戻って、あぁやっぱり夢か、と。


結論

夢の中でも、頬を抓ると痛い。

# 痛かったけど、別にそれで目が覚める、とかはなかった。

2008/02/22

NFS mountで「can't read superblock」が出たとき


NFSマウントしようと思ったら、しばらく待たされた挙句「can't read superblock」とエラーを吐かれた。


# mount -t nfs xxx.xxx.xxx.xxx:/tftpboot/Linux /mnt

mount: xxx.xxx.xxx.xxx:/tftpboot/Linux: can't read superblock

で、Google先生に聞いてみたら、すぐに分かりました。

NFSでは、サーバ側にもクライアント側にも、portmapが必須な模様。今回は、そのportmapがクライアントで動いていなかった(インストールされていなかった)という話。


というわけで、Debianなので、

$ sudo apt-get install portmap

で、インストール&稼動させてやると、無事マウントできましたとさ。


参考

Stray Penguin - Linux Memo (NFSv4)
http://www.asahi-net.or.jp/~AA4T-NNGK/nfsv4.html

2008/02/21

RedmineでのRailsパフォーマンス比較(1.2.6 vs 2.0.2)


Redmineの公式サイトで、パフォーマンスの比較表が公開されていました。

http://www.redmine.org/news/show/7


フロントエンドにPound(ロードバランサ)を設置し、バックに3つのmongrelインスタンスで動いている前提で、Redmineが処理することが出来たTps(Transactions per second)で比較しているとのこと。

尚、負荷計測には「OpenWebLoad」(http://openwebload.sourceforge.net/)を使っている模様。

勝手ながら、以下に結果を引用させていただきます。


ActionRails 1.2.6
+ PStore
Rails 2.0.2
+ PStore
Rails 2.0.2
+ Cookie store
/49.1155.3369.62
/issues10.0111.2811.69
/projects/roadmap/demo6.529.089.54
/wiki/demo11.5912.3812.41
/projects/activity/demo16.6820.2521.35
/projects/gantt/demo6.518.48.68

上の結果だけ見ても、平均で、

Rails1.2.6Rails2.0.2を比較しても、新しいRails2.0のバージョンが、旧バージョンから平均で20.3%もパフォーマンスが向上しています!(※最大で、39.3%UP。最小で、6.8%UP)

さらに、同じRails2.0でも、PStoreからCookie Storeに変更すると、Cookie StoreがPStoreから平均で7.2%パフォーマンスの向上となっています。(※最大で、25.8%UP。最小で0.2%UP。)

上記2つとも、単純に平均をとっただけですが、それでもすごいなぁ。


まぁ、このあたりはアプリケーションの作りにもよるので、全てにおいて適用されるわけでもないでしょうけど、参考にはなります。


参考

Redmine performance: Rails 1.2.6 vs Rails 2.0.2
http://www.redmine.org/news/show/7

2008/02/20

town lights at night

CentOSのネットワークインストール


CentOSには、以前「Single ServerCD」というCD1枚でOSインストール可能となるセットがありましたが、これがバージョン4.4から止まったままでして、それ以降のバージョンのインストールであれば、CDを4枚〜7枚焼かないといけないと思っていました。

# DVDが読めれば焼く枚数は1枚で済むのですがね。

# CentOS4系であれば、4.4をいったんインストール後、yumでアップグレードって手もあります。


ちょっと調べてみたら、CentOS5.1から、netinstall(ネットワークインストール)が可能となっているみたいです。


これなら、この小さいisoファイル(約7.3MB)をDL後、1枚のCD(CD-RWが良いでしょう)に焼くだけで、あとはネットワーク経由でOSインストールが可能ですね。たくさんCDを焼かなくていいので便利!


ネットワーク経由でのOSインストール手順の細かいやり方は、以下のサイトが詳しいです。ご参考まで。

Linux_CentOS_5_Install_Network - KGWORKS.NET - Trac
http://trac.kgworks.net/wiki/Linux_CentOS_5_Install_Network

早速やってみましたが、いい感じでOSをネットワークインストールできました。

# Debian使いな私ですが、最近は業務の都合上CentOSと触れ合うことが多くなってきました。

2008/02/19

Debianで時間がUTCになったので・・・


debootstrapで作ったOSイメージを起動したら、当然だが、timezoneがセットされていなくて、時刻表記がUTCのままで9時間ほどズレていた。

hostname:~# date
Tue Feb 19 07:43:59 UTC 2008

というわけで、timezoneをセットしておいた。Debianでは、tzconfigコマンドを使う。

hostname:~# tzconfig
Your current time zone is set to Unknown
Do you want to change that? [n]: y

Please enter the number of the geographic area in which you live:


        1) Africa                       7) Australia

        2) America                      8) Europe

        3) US time zones                9) Indian Ocean

        4) Canada time zones            10) Pacific Ocean

        5) Asia                         11) Use System V style time zones

        6) Atlantic Ocean               12) None of the above


Then you will be shown a list of cities which represent the time zone
in which they are located. You should choose a city in your time zone.

Number: 5

Aden Almaty Amman Anadyr Aqtau Aqtobe Ashgabat Ashkhabad Baghdad Bahrain
Baku Bangkok Beirut Bishkek Brunei Calcutta Choibalsan Chongqing Chungking
Colombo Dacca Damascus Dhaka Dili Dubai Dushanbe Gaza Harbin Hong_Kong
Hovd Irkutsk Istanbul Jakarta Jayapura Jerusalem Kabul Kamchatka Karachi
Kashgar Katmandu Krasnoyarsk Kuala_Lumpur Kuching Kuwait Macao Macau
Magadan Makassar Manila Muscat Nicosia Novosibirsk Omsk Oral Phnom_Penh
Pontianak Pyongyang Qatar Qyzylorda Rangoon Riyadh Riyadh87 Riyadh88
Riyadh89 Saigon Sakhalin Samarkand Seoul Shanghai Singapore Taipei
Tashkent Tbilisi Tehran Tel_Aviv Thimbu Thimphu Tokyo Ujung_Pandang
Ulaanbaatar Ulan_Bator Urumqi Vientiane Vladivostok Yakutsk Yekaterinburg
Yerevan

Please enter the name of one of these cities or zones
You just need to type enough letters to resolve ambiguities
Press Enter to view all of them again
Name: [] Tokyo
Your default time zone is set to 'Asia/Tokyo'.
Local time is now:      Tue Feb 19 16:46:14 JST 2008.
Universal Time is now:  Tue Feb 19 07:46:14 UTC 2008.

この通り。

hostname:~# cat /etc/timezone
Asia/Tokyo

# すんません、超メモ書きで・・・

2008/02/17

ななめ45°(職業病)


さっき、レッドカーペットを見てたら、結構面白いネタだった。

鉄っちゃんの職業病のネタで結婚報告のやつ。


D

# レッドカーペットのは、↑の短縮版だった。

オレコマンダー


さっきテレビに出ていたんだけど、ゲームをしているときなどに、自分の手を連射機に出来る「オレコマンダー」なるものがあるらしい。

何でも自分の手に取り付けて小刻みな振動を与えることで、秒間20連射が可能になるとか。高橋名人もビックリですねw


以下、HORI STORE.comより引用。

●プレイヤーの手に装着するだけで、最大約20連射(実測値)の能力を手に入れる事ができます。
●指の曲げ伸ばしに連動するので、必要なときに必要なだけ連射ができます。
●指の曲げ伸ばしに関係なく連射する事ができる連射ホールド機能も搭載。
●装着指:親指(推奨)、人差し指、中指

これは、なかなか凄い・・・てか面白い。

ゲームで疲れたときは、そのまま手で方を連射することで、疲れを解すことが出来るらしいw


参考

HORI STORE.com
http://www.horistore.com/shop/item_detail.php?id=326
HORI、「ペリボーグ」第1弾「オレコマンダー」の予約受付を開始
http://watch.impress.co.jp/game%2Fdocs/20051014/hori.htm

2008/02/16

GUNDAM Stamp!

機動戦士ガンダム〜Zガンダム〜ガンダムZZ鑑賞了


約半年ほどかかりましたが、タイトルの件、全て鑑賞しました。


子供の頃、再放送で一通り見たはずですが、ファーストガンダムの中盤くらいからは、さほど記憶が無く、この歳になって新鮮な気持ちで堪能しました。

登場から25年以上経っても、色褪せない。私が言うまでもなく傑作のアニメですよね。

# 画質だけは当時のままなので色褪せている感は否めませんが(^^;


ファーストガンダムは、終盤の早い展開が若干気になりました。これが、当初52話を予定していたが、思うように人気が出ず43話で打ち切りになったという陰りでしょうか。

あくまで私感ですが、やはりファーストシリーズが一番という方が多いかと(勝手に)思っているのですが、個人的にはZガンダムが最も秀逸な作品に感じました。

全体を通してのシナリオの流れもGoodですし、一話一話のストーリーの内容もファーストガンダムのそれに近いほど濃いものとなっていたように思います。ガンダムZZも素晴らしいのだけど、一話一話のコンテンツの濃さが、前者には及ばない印象を受けました。


全てが終わった後に主人公が戦いで残された「業」を半永久的に背負わされる

WikiPediaでも上記のように書かれている通り、ガンダムZZ以外は最後に陰惨な結末を向かえ、特にZガンダムはその傾向が強くやや衝撃的な締めくくりとなっていて、より現実的に人間味を重視した、リアルな精神推移が描写されています。


あと、見ていて、別の観点で楽しいのは、まるで基礎教養のように慣れ親しんでいる名セリフもたくさん出てきますよね。特にファーストガンダム。

でも、一番印象に残っているのはZガンダムの49話目で、カミーユがヤザンに対して言い放ったセリフ、、、とニュータイプの能力を最大限に発揮するシーン。

「生命(いのち)は、生命は力なんだ。生命はこの宇宙(そら)を支えているものなんだ!それを、それを、こうも簡単に失っていくのは、それは、それはひどいことなんだよ!何が楽しくて戦いをやるんだよ!」

参考

機動戦士ガンダム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0
機動戦士Ζガンダム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%CE%96%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0
機動戦士ガンダムΖΖ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%CE%96%CE%96

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
バンダイビジュアル (2006/12/22)
売り上げランキング: 571
おすすめ度の平均: 4.0

機動戦士ガンダムDVD-BOX 2
バンダイビジュアル (2007/01/26)
売り上げランキング: 800
おすすめ度の平均: 4.5

機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版
バンダイビジュアル (2007/11/23)
売り上げランキング: 4884
おすすめ度の平均: 4.5

機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版
バンダイビジュアル (2007/11/23)
売り上げランキング: 2951
おすすめ度の平均: 3.5

機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版
バンダイビジュアル (2007/11/23)
売り上げランキング: 3443
おすすめ度の平均: 3.5

2008/02/15

HKS EVC5 with Defi Meter

スーパーオートバックスへ


d:id:rx7:20080215:p1 で書いたとおりですが、バッテリーを上がらせてしまい、一度完全に空けてしまった状態なので、ナイトスポーツさんに行った帰りに、SABに来てみました。


今は、BOSCH製のMEGA POWER(85D23L)を使っているので、その後継品(BOSCH Mega Power Silver 90D23L)にしようかなぁ、、、と思って値段を見ると3万オーバー・・・高い!

確か、こんなに高くなかったよなぁ、、、と思いドライバッテリーのコーナーに行くと、そんなに値段が変わらない。どういうことだ。

どうしようかと悩んでいても仕方ないので、とりあえずバッテリーの無料点検をお願いすることにしました。


SAB店員: 「90%・・・ですね。あくまで基準値ですが、値を見る限りは正常です。不具合・不都合が無ければまだ使えそうですよ。」


とのこと。思ったより高かったこともあって、家に帰って真面目に調べようと思い、とりあえず様子見だけで、引きあげてきました。


家に帰ってネットで調べてみると、、、BOSCHさんのページで、

鉛蓄電池の主原料である鉛価格の急騰を受け、2007年10月には鉛蓄電池全般の値上げを実施いたしましたが、その後も鉛価格の急騰は続いており、今年の年初に比べ、約1.8倍以上と歴史的な高値を更新し続けています。またそれと同時に鉛蓄電池に関わるその他の資材(ポリプロピレン、ダンボールなど)の価格高騰も続いております。

1.対象商品

自動車用バッテリー

2.価格改定時期

2008年1月1日以降

3.価格改定内容(値上げ率)

40%以上


とのこと。なるほど。んで、高かったのね。まいったなぁ。


・・・おぉ、しかしネットで買うと結構安く(半額近く)買えますね。またバッテリーを上げてロードサービスを呼ぶのも気が引けるので、ちょっと検討してみようかな。


BOSCH ボッシュ MEGAパワーシルバー バッテリー 90D23L 国産車用

ブーコン移設&サイドステップ取り付け


以前(d:id:rx7:20071216:p2)取り付けたブーストコントローラ[HKS EVC5]の移設をするべく、ナイトスポーツさんへ。

今回、事前にフジタエンジニアリングさんとこのサイドステップ[アフラックス サイドステップ(カーボン製)]を某オークションで入手していたので、それの取り付けも同時にやっていただきました。


まずは、ブーストコントローラの移設。


http://farm3.static.flickr.com/2062/2267616583_75408bd3d6.jpg

以前のグローブボックス内より、ダッシュボード上に移設。以前は、この場所に古いレーダー探知機(VR651i)が鎮座していたのですが、先日のリプレース(d:id:rx7:20080209:p3)で取り払って、この場所へ移動。


そして、サイドステップです。


http://farm3.static.flickr.com/2131/2268404136_38a9e9ef04.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2387/2267616305_2cb0f9ef70.jpg

いやー、、、カッコイイ・・・です!!


この藤田エンジニアリングさんのサイドステップは、某オークションで中古で入手したこともあって、付属品は全てあるとのことでしたが、サイドステップ自体は綺麗なのですが、ビスや鉄板等は、結構錆付いていたことと、全て揃っているか分からない&そもそも正しい取り付け方が分からないこともあって、事前に調査をしたため、ここに記しておきます。

といっても、フジタさんに説明書(電子データ)をメールで送って欲しいとお願いしたところ、快く了解していただきましたので、それを見て確認した次第です。フジタエンジニアリングさん、本当にありがとうございました!


付属品としては、、、


  • カーボンサイドステップ本体(L/R)
  • タッピングビス(4x16) x 10
  • プレート x 2
  • 両面テープ

となるようです。

タッピングビスやプレート(鉄板、4つ穴しか売っていなかったですが)、ワッシャーは近場のホームセンター(Jマート)で購入。


せっかくなので、同じことで困る人がいないように、この藤田エンジニアリング製 アフラックス サイドステップ(カーボン製)の取付・取扱説明書も、ここに添付させていただきます。

以下の画像をクリックしていただくと、拡大して表示されます。

http://farm3.static.flickr.com/2263/2268424432_44b6b2425e_o.png

※問題があるようでしたら、コメント等でご連絡くださいm(_"_)m

バッテリー上がり


あぁ、我ながら不覚。。。


午後からナイトスポーツさんのところに行く予定にしていたので、その前に洗車してから行こうと思い、普通に駐車場へ。

ドアを開けようと、リモコンを操作するもドアが開かない・・・。まさかと思い、エンジンをかけてみるもスタータが全く動かない。完全にバッテリーが上がっています。。。orz


ということで、自動車保険に無料ロードサービスが付帯しているので、連絡。

すぐに来て頂いて、エンジンをかけていただきました。簡易チェックをしてもらいましたが、オルタネータが死んでいるとかではなく、単なるバッテリー上がりの模様。


先週乗る前に3週間空けていたから、バッテリーが弱ってたんかなぁ、とか、先日付けたレーダー探知機(CR920si)の電源まわりがおかしかったんかなぁ、と色々考えてたんですが、、、なんとルームランプが付きっぱなしだった形跡が。。。orz

こんなミス生まれて初めてです。不覚です。機械式駐車場って明るいので、そのままにして降りても気付きにくいのよね・・・言い訳すると。


これからは、気をつけるようにしよう。

って、一度とはいえ、完全にバッテリーを空にしてしまったので、買い換えたほうが良さそうかな。乗るの1週間おき、とかだし。2年強ほど使ったバッテリーだし。

2008/02/14

GODIVA (St.Valentine)

St.Valentine


なんだか正直、[食]のタグを付けてエントリを書くのも、微妙な気もしますが(^^;


相方から、頂戴しました。いきなり「サクサクしてるのとドロドロしてるの、どっちが好き?」って聞かれて、なんだろうなぁ?と思っていたら、今年は相方1人からなんと2つも!!

・・・と思ったら、自分が食べてみたかったかららしい(笑) そんな言い訳を付けるのも、相方らしい、と言えばらしいのですが(^^)


http://farm3.static.flickr.com/2240/2266625735_6ab3bf72ce.jpg

さて、早速食べてみましたが、、、ステラおばさんのクッキー(゚Д゚)ウマー

特にチョコチップのクッキーが最高です♪


「いいかい。クッキーやケーキを作るとき一番大切なのは、オーブンの温度じゃないんだよ。それを誰かの為に作ろうっていう気持ちなんだよ」


参考

ステラおばさんのお話
http://www.auntstella.co.jp/esite/Cockie/about_aunt.html

2008/02/13 奄美大島旅行 〜3日目〜

奄美大島海岸

3日間ほど奄美大島へ旅行してきました。本日は3日目最終日。

下から上へと新しいエントリになっています。いつもながらですが写真メインの絵日記風ブログでお届け致します。(^^)


本日撮った全ての写真
http://www.flickr.com/photos/nami73/archives/date-taken/2008/02/13/

屋久島種子島・奄美大島ベストガイド 2008年版 (SEIBIDO MOOK BEST GUIDE 19)
成美堂出版編集部
成美堂出版 (2007/03)
売り上げランキング: 129940

日産マーチの燃費


さて、今回の奄美大島への旅行で、3日間お世話になった日産のマーチくんですが、燃費状況を報告します。


総走行距離382.4 km
消費燃料25.85 l
走行距離/燃料14.8 km/l

過去のレンタカーと比較して、ヴィッツには遠く及ばないもののパッソよりは良い数字ですね。

用途的には、あまり変わらないですが、奄美大島自体、山道が非常に多いので、その分、沖縄で走らせたヴィッツやパッソよりは不利な数字が出そうかな?


マーチのインプレッションについては、d:id:rx7:20080212:p5 で記したとおりです。

奄美空港


さて、3日間の旅も終了し、レンタカーを返却して、奄美空港に到着です。

お土産コーナーで帰りに食べるおやつを買いつつ、搭乗手続きを済ませます。


http://farm3.static.flickr.com/2307/2263924643_473f6bb42d.jpg

ところで、帰り道の空路での所要時間は、行き道のそれとは異なり、どういうわけか短いです。


  • 行き(羽田⇒奄美)
    • 8:30発 ⇒ 11:05着
    • 155分
  • 帰り(奄美⇒羽田)
    • 19:00発 ⇒ 20:55着
    • 115分

これは何故なのだろうか。微妙に空路やら方向やら、他の飛行機とのタイミングが違うのだろうか。

途中のアナウンスでも、飛行速度が行きは580km/h、帰りは1060km/hで全然違った。なんでだ???


で、謎は解けぬまま(寝てしまったとも言う)羽田に到着。気温は2℃。奄美より10℃近く寒い状況です。


今回たまたまかもしれませんが、手荷物を受け取って、外に出るとき、羽田空港では当然のようにチェックを受けますが、奄美空港では、ほとんどノーチェックでした。引換証の回収も行わないくらいに。

私の場合は、わざわざ列に並んで、引換証を渡しただけでノーチェックでした。急いでいる人なのか、そのまま出て行っている方もいらっしゃったくらいです・・・。


これでいいのか・・・?

ま、あまり気にしないことにしよう。

奄美パーク


時間が少し余ったので、空港近くの「奄美パーク」に寄ってみました。

ここは、奄美の自然や文化をわかりやすく展示しているのが特徴です。私的には、それほど・・・だったのですが、相方はなかなか楽しかった模様。


http://farm3.static.flickr.com/2084/2264713220_84a62a2164.jpg

奄美パークそのものの敷地は結構広いです。↑は中央にある、美術館や様々な展示物がある建物です。


http://farm3.static.flickr.com/2212/2263923243_7aa5d9389c.jpg

万華鏡を覗く相方。確かにどれも良い出来で、かなり綺麗でした。


http://farm3.static.flickr.com/2334/2264713604_1a0342118c.jpg http://farm3.static.flickr.com/2329/2263923553_6163b6f1db.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2264/2263923695_3b52faa881.jpg http://farm3.static.flickr.com/2325/2263923967_b9ce797b7f.jpg

これ、ホログラムです。相方が掴もうとしていますが、当然つかめません。

実体は、内部の鏡体内にあります。よく出来ていました。パッと見、本物でしたからね。


http://farm3.static.flickr.com/2085/2263924133_ac25ef4d36.jpg

昔のお家を再現した建物。


http://farm3.static.flickr.com/2217/2264714420_b6a4cd2fc1.jpg

弦楽器を弾く相方。適当に弾いているのか、知ってて弾いているのかが分からん。

私の予想では、999:1で適当に弾いているはず。


http://farm3.static.flickr.com/2269/2263924399_729b7265fd.jpg

天気がよければ、施設内をぐるりと散策されても楽しいかと思います!

あやまる岬


笠利崎より東側の海岸を少し南下した場所にあります。

ここには、観光公園もあり(あやまる岬観光公園)、芝生が広がっている平地があります。

もちろん、綺麗な海岸沿いにも下りていくことが出来ます。


あやまる岬観光公園

http://farm3.static.flickr.com/2249/2263917787_17d2050ec8.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2381/2264708410_0c3045ff8e.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2419/2263918425_0b4dce4694.jpg

あやまる岬観光公園はこんな感じ。芝生の広場で思いっきり走り回りたいところです、子供の頃ならば。。。


http://farm3.static.flickr.com/2252/2263919177_266d7e0096.jpg

マーチも撮ってみました。なかなか画になっています。


http://farm3.static.flickr.com/2067/2264709158_926a9d91ce.jpg

小鳥さんもたくさんいます。


http://farm3.static.flickr.com/2090/2264711092_14611bc9c8.jpg

全体的に南国ちっくな作りになっています。ま、このあたりは奄美全体に共通していることですが。


あやまる岬

公園よりさらに高台の場所に「あやまる岬」があります。


http://farm3.static.flickr.com/2251/2264712386_8b89c7d530.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2135/2264712706_f5f3045298.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2078/2263922761_3133d64a48.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2341/2264712048_f5a6981663.jpg

遠浅な感じで、サンゴ礁一杯の海ですね。高台なだけあって眺めも良好です。

笠利崎


笠利崎にきてみました。ここは奄美大島の最北部にあたる場所です。

・・・といっても、このタイミングで再び豪雨に襲われたため、来ただけ、状態です。無念。

せっかくなので、記念撮影だけしました。


http://farm3.static.flickr.com/2241/2263917441_5b2b7cba02.jpg

夢をかなえる「カメ」さん、です。


灯台?らしきものもあります。あそこまで登っていくことができて、そこからの眺めは綺麗です。


http://farm3.static.flickr.com/2093/2267164580_4d07882211.jpg

↑4年前に撮った写真ですが。。。

# このときも、すごい勢いで曇っていますね・・・orz

笠利へ向かう途中にて


笠利崎に向かうべく、蒲生崎から一山越えるところで、見晴らしの良い休憩所があったので、撮影。


http://farm3.static.flickr.com/2218/2263916001_cd2ddd40eb.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2319/2264707050_1fcc6f25ec.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2375/2263917273_8ea4f06c98.jpg

駐車場と↑の立派な松の木が目印です。

蒲生崎観光公園


蒲生崎観光公園は、奄美大島北部の西側の海岸沿いにあります。夕日の綺麗な場所として有名な場所だそうです。

途中から林道に入り、せっせと高台に(車で)登ってみました。


http://farm3.static.flickr.com/2224/2264699630_dece19481c.jpg

公園の入り口です。


http://farm3.static.flickr.com/2337/2264700016_9235c5d0e9.jpg

行く途中で、こんな眺めの良い場所もあります。


http://farm3.static.flickr.com/2104/2264700478_c978eba0e7.jpg http://farm3.static.flickr.com/2278/2264700644_8a3a5187c0.jpg

つきあたりまで進むと、建物が現れます。ここが展望台となっています。

・・・と、おまけ。


以下、展望台からの眺めです。四方ともに望む事が出来、まさに絶景です。素晴らしい!


http://farm3.static.flickr.com/2229/2263911821_70994bbc72.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2309/2263912141_08aa45a1da.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2189/2263912735_e1271b74d8.jpg

# ただし、我々の行ったときは風が強かったこともあり、まさに突風状態でしたが。。。


http://farm3.static.flickr.com/2386/2263914633_f9779295ba.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2095/2263915227_fdf9e720fe.jpg

植物も綺麗に生い茂っていました。

奄美大島の海岸沿い その2


「みなとや」から、少し北上した場所あたりで撮影。このあたりもオーシャンブルーが綺麗です。

場所としては、付近となります。


http://farm3.static.flickr.com/2345/2264698978_a5cfdeb678.jpg

(2986x1944)

http://farm3.static.flickr.com/2238/2263909305_39be877861.jpg

(2986x1944)

http://farm3.static.flickr.com/2387/2264697910_dc03ffa960.jpg

(2986x1944)

天気が良かったこともあって、見晴らしはこの通り素晴らしかったですよ。

再び「みなとや」で鶏飯


さて、「みなとや」は、一日目の昼食でも行った(d:id:rx7:20080211:p2)のですが、この素晴らしい味をもう一度、脳に焼き付けるため再訪。

詳細は、1日目のエントリ(d:id:rx7:20080211:p2)を見て頂くとして、晴れていたので何枚か写真を追加。


http://farm3.static.flickr.com/2299/2263905383_edb13d18ec.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2160/2264695776_d640e0acf3.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2164/2263905021_ca49d68f78.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2391/2263906207_e2b89d7998.jpg

外観をだんだん近づいていく感じでパシャリ。


http://farm3.static.flickr.com/2205/2264696756_e39ddbcf01.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2363/2264697104_89f03089ea.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2230/2264697416_b50757cf2b.jpg

今日も、もちろん頼むのは鶏飯(\1,000)。変わらぬ美味さ。最高ですよ。

失礼な話ですが、私の観点で、いつもラーメンエントリには評価を付けさせていただいていますが、番外編として、この「みなとや」の鶏飯のスープを評価するとS+++となります。完成された素晴らしい味です。


http://farm3.static.flickr.com/2053/2264696414_61291af928.jpg

なんか、ちょっと可愛らしいのがいたので、おまけ。

奄美大島の海岸沿い その1


昼食をとるべく北部へ走っているところで、見かけた美しい海岸。風が強かったこともあって、波も高めで迫力がありましたよ。

場所としては、安木屋場付近となります。

http://farm3.static.flickr.com/2303/2263895333_a3aaeabb56.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2146/2263895669_c1820d7a2f.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2297/2264690206_4ddaab581c.jpg

(2896x1944)

http://farm3.static.flickr.com/2310/2263901883_3751413c07.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2417/2263903919_aacd7edc53.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2198/2264691558_3637c74938.jpg

コンデジでも撮影したのですが、やはりデジイチが圧倒的に綺麗に映りますね。

奄美大島の集落(秋名)

琉球石垣やガマがあるようだったので、奄美自然観察の森から近かったこともあって、秋名へちょっぴり行ってみた。

・・・んまぁ、結論としてはたどり着けなくて残念だったのですが、秋名の集落の風景を撮影させていただきました。


http://farm3.static.flickr.com/2216/2264684386_86e48dd46a.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2261/2263894657_7535814427.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2412/2264685164_c6ef98f518.jpg

何か、こう風情が漂う感じで、落ち着きがありますね。歳をとったら、こういったところで長閑に暮らすのも良いですね。

奄美自然観察の森にて彼是


ちょっぴり気になる彼是を撮ってみました。


バス・歩行者

http://farm3.static.flickr.com/2079/2264683246_5e9ce00a7f.jpg

なんだろう、これは?


日産マーチ x 2

http://farm3.static.flickr.com/2160/2264682796_f3a8dcfa49.jpg

同色、ナンバープレート連番。同じレンタカー会社から借りたのかしら。とりあえず、あえて並べて駐車してみました。

ちなみに、帰ろうとしたときに、運転者の方も帰ってきて、ちょっと気まずかった。でもNikonのカメラ持参だったので、微妙な親近感を再び覚えた。

奄美自然観察の森


西郷南州謫居跡を出た後、さらに山奥に入ったところに奄美自然観察の森はあります。

さらに、と書きましたが、山道を5〜6kmを進むので、かなり山奥です。んまぁ、自動車なので、大変ってわけでもなんですが。


http://farm3.static.flickr.com/2407/2264683608_5b99dfc00b.jpg

残念ながら、我々の行ったタイミングで天候が悪くなり、物凄く寒かったこともあって、途中で諦めて引き上げることにしたのですが。。。


http://farm3.static.flickr.com/2227/2264683816_d913f213f2.jpg

展望台の1つからの眺めです。ここでも雨と突風で立っているのがやっとなくらい。

というわけで、残念ながら引きあげました。天候には勝てません・・・。


http://farm3.static.flickr.com/2095/2267015602_95ce8566a0.jpg

・・・というのも、アレなので、4年前にこの場所の別の展望台(最も高台)で撮影した写真を貼り付けておきます。

西郷南州謫居跡


ティダムーンを出発し、龍郷に入ったところあたりからは、再び晴れ。やはり局地的なスコールだった模様。


さて、「西郷南州謫居跡」へ行ってきました。

ところで「謫居」って難しい漢字ですよね。goo辞書によると「たっきょ」と呼ぶそうです。以下、引用。

(名)スル
とがめを受けて引きこもっていること。また、罰せられ遠方に配流されること。
「もし東国に―せば、津軽や夷のおくまでも/保元(中・古活字本)」

http://farm3.static.flickr.com/2266/2263886965_10607d6c6b.jpg

ここは、薩摩の偉人である西郷隆盛が奄美大島に流謫(島流し)されたときに居住していた地とされており、ガイドの方曰く、当時のまま(内装は昭和39年にシロアリの被害にあい、復元されているそうです)残っているようです。


http://farm3.static.flickr.com/2403/2264677596_931084839f.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2260/2263887825_4ee5619f41.jpg

足を踏み入れると、まずはこんな感じ。


http://farm3.static.flickr.com/2337/2263890479_9b42722972.jpg

奥に、その住まいとなった謫居跡があります。


http://farm3.static.flickr.com/2386/2264680404_eb9f117d4d.jpg

こんな感じで、現地にガイドさんがいらして、建物や当時のお話をしてくださいます。


http://farm3.static.flickr.com/2411/2263888113_10d7f3ca4b.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2283/2263888697_16f4fcb0a2.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2415/2263889663_5cbb92e711.jpg

建物の内部はこんな感じです。

肖像画や、実際に使ったとされる携帯用の折りたたみ枕なども展示されています。

※カメラ撮影はOKだそうですが、ビデオカメラはNGだそうです。


http://farm3.static.flickr.com/2177/2263890957_c92af4a789.jpg

帰りにもう一枚外観を撮影。植物も綺麗ですね。


あと、その帰り道、少し離れた場所にある「西郷松」も見学。かなり立派な松でした。


http://farm3.static.flickr.com/2007/2264682046_e877431c1a.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2395/2264682300_5171770656.jpg


参考

奄美大島の歴史〜西郷隆盛と奄美‖奄美三昧
http://amami.vqj.jp/amami/history8.html

ティダムーンにて朝


本日も8時前起床。相方は既に朝風呂済み。ここまでは昨日と一緒(笑)

その後、カーテンを開けると、、、おおっ!太陽光が!!


http://farm3.static.flickr.com/2087/2263883531_477c826212.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2158/2264673912_d44e56bc13.jpg

・・・待望の「晴れ」です。(※雲有り、ですが)

その後、着替えを済ませて朝食へ。


http://farm3.static.flickr.com/2376/2264674362_65902ab676.jpg

今日は和風な感じです。パパイヤのきんぴら風が結構美味しかったです。


http://farm3.static.flickr.com/2261/2264674540_b1dbbe97f5.jpg

食後の紅茶とガジャ豆(かな?)をいただいて落ち着いたところで、ホテルのチェックアウトを。


http://farm3.static.flickr.com/2023/2264674852_502ebe9f62.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2020/2264675158_8a2e6bd03f.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2416/2264675502_e17c4ed544.jpg

最後にロビーと外観の写真をおさめて、さぁ出発しようとすると、、、。なんでやねん。

どうも、局地的なスコールが多い気がします。ま、南島ってことか。

2008/02/12 奄美大島旅行 〜2日目〜

マングローブ原生林

3日間ほど奄美大島へ旅行してきました。本日は2日目。

下から上へと新しいエントリになっています。いつもながらですが写真メインの絵日記風ブログでお届け致します。(^^)


本日撮った全ての写真
http://www.flickr.com/photos/nami73/archives/date-taken/2008/02/12/

屋久島種子島・奄美大島ベストガイド 2008年版 (SEIBIDO MOOK BEST GUIDE 19)
成美堂出版編集部
成美堂出版 (2007/03)
売り上げランキング: 129940

今日買った物たち


今日は、天気が悪かったこともあって、お土産やら何やら買い揃えてみました。

色々と試食させていただきましたが、お世話になったのは、主に奄美物産センターとビッグ怯眸。お世話になりました。


http://farm3.static.flickr.com/2320/2263882265_1c3faeeb3d.jpg

まずは、新小勝の滝近くで無人販売されていた「はっさく」。

でっかいのが7個入って\300。そばに置いたロッテの板ガムと比べると、大きさ具合がよくわかっていただけるかと思います。


http://farm3.static.flickr.com/2057/2263882905_de39a9562d.jpg

相方と二人分あわせたお土産の山

多分、奄美大島で主に購入できる黒糖を全て試食した結果、一番美味かったのが「むちゃむちゃ黒糖」でした。ので、大量購入(笑)

あと、「かさんもちざた」ってのが、もちもちした食感で美味しかった。これも購入。

あとは諸々。


http://farm3.static.flickr.com/2125/2264673266_e077c77cc0.jpg

こうやってみると、お土産店でも開けそうな勢いですな(笑)

奄美大島紬村


1300年あまりの歴史を持つと言われる奄美大島紬。その生産工程を見学することが出来るのが、この大島紬村です。

入園料は\500。その他にも泥染め体験や手織り体験などもあるようです。

(かなり)遅い昼食を食べた後、行ってみました。


http://farm3.static.flickr.com/2045/2264671862_845b5a5bb6.jpg

入り口。このゲートをくくると、受付があります。

入園料を支払うと、ガイドさんが生産工程を説明しながら、各施設を案内してくれます。


http://farm3.static.flickr.com/2342/2264666932_00d2016f5e.jpg

この施設内には、島特有の植物たちもたくさん栽培されています。

そのうちの1つがコレ。物珍しいから撮ってみたけど、名前は忘れちゃった・・・(^^;


http://farm3.static.flickr.com/2179/2263877777_389fe9bf34.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2349/2263877487_d85f5684e8.jpg

最初に向かったのは、染色を行う場所。


http://farm3.static.flickr.com/2061/2264667230_43a7979b65.jpg

大島紬は、何度も何度も染め直しを行うそうです。白絹糸から80回以上染め直しを行うそうです。


http://farm3.static.flickr.com/2206/2264669150_13c10702e6.jpg

次に、泥染田です。


http://farm3.static.flickr.com/2021/2263878395_350b162632.jpg

この寒い(気温約10℃)中、職人さんは染めていらっしゃいました。


http://farm3.static.flickr.com/2104/2264669546_2b1dc7ba6a.jpg

続いて手織り室です。

実際に織られている職人さんから、説明を受けたのですが、それはそれは気の遠くなる作業です。

1日8時間作業をして、30cm程度しか進まないそうです。しかも、かなり繊細さが要求される技術です。


この柄は、大島紬で一番高価な柄だそうです。(※後の販売所で説明を受けた)


http://farm3.static.flickr.com/2279/2264669874_4f37039794.jpg

手織り機。


http://farm3.static.flickr.com/2192/2263880315_f3cb7e9573.jpg http://farm3.static.flickr.com/2397/2263880441_154a585e7a.jpg

高床式倉庫もありました。


http://farm3.static.flickr.com/2111/2263880793_2fea5a185d.jpg

こんな感じで、なかなか南国な気分を味わうことの出来る庭園です。


http://farm3.static.flickr.com/2404/2263881139_94e9e51edf.jpg

花も綺麗に咲いていました。


http://farm3.static.flickr.com/2050/2264671188_14ff01b3ca.jpg http://farm3.static.flickr.com/2152/2264671320_de15f414e0.jpg

「カナリーヤシ」です。かなり、ヤシですよね。

・・・と洒落を言っている場合ではないくらい寒かったです。島一番の冷え込みらしかったので。


こんな感じで、丁寧に生産工程を説明していただけるので、大島紬に興味のある方は見学されてみると面白いかと思います。


奄美大島紬村
http://www.tumugi.co.jp/

鶏飯ひさ倉


d:id:rx7:20080211:p2 で紹介した「みなとや」と並んで鶏飯で有名な「ひさ倉」へ行ってきました。

「ひさ倉」は、温かい御飯に様々な具材をのせて、地鶏のスープをかけて食べる、といった現在の鶏飯のスタイルを考案したお店と言われています。所謂、元祖ってやつですね。


http://farm3.static.flickr.com/2162/2263904253_48de7ab847.jpg

お店の外観です。結構大きく、店内は100人超でも大丈夫そうな大きさです。駐車場も20台分完備。


http://farm3.static.flickr.com/2283/2264694592_50894af6a5.jpg

昔使われていたと思われる古い店舗も隣に残っています。


http://farm3.static.flickr.com/2405/2264665998_2bba362ce2.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2018/2264666588_0a9edd4ae4.jpg

さて、当然頼むのは鶏飯(\950)です。

見た目は、「みなとや」とあまり変わりませんが、「みなとや」と比べて、ミカンの皮の変わりに、パパイヤが刻まれたものが入っています。

スープは、濃コクな「みなとや」とは異なり、あっさりと食べられる感じです。


個人的には、「みなとや」の圧勝ですが、年齢を重ねるとともに、こちらの鶏飯の方があっさり美味しく食べれるかもしれない、、、と思ったりもします。


http://farm3.static.flickr.com/2096/2263876175_a5e86cd738.jpg

あとは、「鶏さし」も注文。

というか、鶏刺つき鶏飯(\1,350)を頼んだので、その1人前分です。


この鶏刺は、新鮮な印象を受けました。裏で飼われている鶏をそのままおろしたものなのでしょうか。

結構、美味しかったです。


奄美の郷土料理−鶏飯の店ひさ倉−
http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/

名瀬にてマーチと


北部への帰り道に少し立ち寄って、相方が菓子店へ寄り道。

少しだけ、停車させておく必要があったので、私は車でお留守番。その間に二枚ほど写真を。


http://farm3.static.flickr.com/2070/2263875443_6509bed51d.jpg http://farm3.static.flickr.com/2338/2264665588_1b4de0c2de.jpg

名瀬の街中は、こんな感じです。田舎の中でも栄えた場所的な感じで、街中だけど落ち着きがある・・・そんなところです。


あと、紹介が遅れましたが、今回の旅で、お借りすることが出来た、日産のマーチくんです。

実は、前からマーチに乗りたくて、レンタカー屋で、軽自動車クラスではなく1000ccクラスの自動車を借りることにしたのです。

すると、運良くマーチを借りることができたというわけ。


いや、他にも高齢者の運転者が多い場所で、前後左右から突っ込まれても、軽自動車よりは安全性が高そうとか、色々思慮した結果、でもあるのですが。


さて、マーチなんですが、過去にレンタカーで借りたヴィッツやパッソと比べて、かなりキビキビと走るイメージです。エンジンパワーも前述の2台より上だと感じたし、ハンドリングも悪くなかった。あとは燃費がどうか。

# 足回りは、このクラスはどの車も変わらんかな・・・。


スタイルもなかなか好きだし、これならセカンドカーとして購入しても良いと思った。

新小勝の滝


原生林より、さらに南下して、奄美で有名な滝である、新小勝の滝(アランガチの滝)に向かう。

この滝は、山の中にあり、車で行くときは山道をずっと進んでいくことになるのだが、なかなかわかりにくい場所にある。少なくとも簡易ガイドしか持たない私には、少々わかりにくかった。


東側(住用町、瀬戸内町)から進んだ場合、新小勝トンネルというトンネルがあり、そこを抜けるとすぐに「滝は右手700m先にある」旨の標識が見える。

そこを右折すると集落に入っていくが、ここからは標識は一切無く、ここであっているのか?と疑いたくなるが、遠慮なく集落の真ん中の広い道を突き進んでいく。

すると突き当たりに一本の細い橋が見えてくる。その橋を渡り、川沿いの細い道をさらに進んでいくと、それ以上は自動車で進めないくらいの道に突き当たる。

そこには農園の入り口っぽい場所があるので、そこに少し車を停めさせてもらい、車を降りよう。もう、滝の音が聞こえるはずなので、真っ直ぐその方向に進んでいくだけ。


私が行ったタイミングは、雨がそれなりにザーザーと降っている時だったが、それでも滝の音は判ったので大丈夫。


http://farm3.static.flickr.com/2230/2264665172_d5e80219c5.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2281/2264665010_116be4eccb.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2412/2264665334_cc6967017a.jpg

ん〜、雨が降っていたので、デジタル一眼レフカメラで撮影できなかったことが心残り。

しかし、コンデジとの併用はこういう時、すごく便利。今回の旅行では、私は常に2つとも持ち歩き、ハイブリッドで使えるようにしていました。

奄美アイランド


原生林の近くの「奄美アイランド」に行くことにした。

ここは、自然の共生と調和をテーマにした複合施設で、博物館と植物園、水族館もある。

ここなら天候が悪くても楽しめそうだから、という判断。


http://farm3.static.flickr.com/2218/2264664880_08976a4e3f.jpg

本日、定休日・・・orz

やっぱり思いつきで行動するとダメだなぁ。。。


奄美アイランド 原野農芸博物館
http://www3.ocn.ne.jp/~amamicf/

マングローブ原生林


今日は、一気に南下し、名瀬に寄り道しながら原生林の茂る方面へ。

原生林を見学したり、マングローブへ足を踏み入れようとしていましたが、あいにくの天気で突然豪雨に襲われたり、止んだり、突風が吹いたりなど、天候が荒すぎたため断念。

でも、通りかかった高台から眺めるマングローブは物凄く雄大で圧倒された。


# 雨なので、少し見栄えが良くないです・・・。

# 天気が良かったら、もっと写りも良かっただろうに。。。


http://farm3.static.flickr.com/2278/2263874735_9972e42a5e.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2182/2263873965_a2b7c77f2d.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2372/2264663534_2605bc4955.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2030/2263872343_303c35d30a.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2112/2264661960_8b970480f0.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2234/2264660806_4062640c03.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2382/2263870509_95e72cd7b7.jpg

ティダムーンにて朝食


前日の5時半起床がたたったか、8時起床(遅)。相方は既に朝風呂ってました。

# ティダムーンには、スパ(浴場)が併設されています。


さて、ティダムーンでは、朝食付きのプランとなっているので、併設されているレストランにて朝ご飯。


http://farm3.static.flickr.com/2172/2263868451_b25394fc49.jpg

洋風です。んまぁ、見たままな味でした。

物珍しいものといえば、「きびす」ってのが付いていて(左上)、さとうきび+お酢らしく、なかなか美味しかったです。美容と健康にはよろしそうな感じです。


http://farm3.static.flickr.com/2073/2263868827_1e0abb815c.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2363/2263869785_e49bfbf690.jpg

朝、部屋からの眺めです。

この日も天気は曇り〜雨な感じ。ん〜、今日は南下して、自然を堪能しようと考えていただけに、かなり微妙な旅行になってきました(ToT)

2008/02/11 奄美大島旅行 〜1日目〜

鶏飯 みなとや

3日間ほど奄美大島へ旅行してきました。本日は1日目。

下から上へと新しいエントリになっています。いつもながらですが写真メインの絵日記風ブログでお届け致します。(^^)


本日撮った全ての写真
http://www.flickr.com/photos/nami73/archives/date-taken/2008/02/11/

屋久島種子島・奄美大島ベストガイド 2008年版 (SEIBIDO MOOK BEST GUIDE 19)
成美堂出版編集部
成美堂出版 (2007/03)
売り上げランキング: 129940

焼鳥・島料理 てっちゃん


晩飯は、焼鳥・島料理「てっちゃん」で。

ホテル「ティダムーン」から車で10分くらいのところにあります。


このお店には「けいはんラーメン」なるものがあって、ちょっと気になる一品。

# 前述した「みなとや」のスープを使った「けいはんラーメン」だったら、すごく食べてみたいのだがね。


http://farm3.static.flickr.com/2250/2264657678_66bdf2b1c0.jpg

お店の外観です。さほど派手な感じではないので、晩は少し注意しておかないと通り過ぎてしまうかも。


http://farm3.static.flickr.com/2190/2264657044_d79cc88f7a.jpg

私は「ナスミソ炒め定食」(\700)を注文。

味噌がかなり美味しかったです!!かなりの勢いで御飯が進む系です。あとスープも鶏ダシがよく出ている味でした。


http://farm3.static.flickr.com/2142/2264657406_92daff3f0f.jpg

相方が注文した「油ソーメン定食」(\700)。相方が食べたがっていた油ソーメン、美味しかったです。

が、ソーメンと御飯なので、お腹の空く学生さん向けですかね、どちらかと言うと。


http://farm3.static.flickr.com/2077/2264657538_747eecdd01.jpg

ついでに注文した焼鳥。鶏串。

上から「トリ」「三枚肉」「スナズリ」。これまた美味しかったです。下のキャベツにかかってるのが味噌ダレなんですが、これまた絶品!

相方は、この味噌ダレを購入。お値段少しお高めですが、500mlのペットボトルに入って\800。でも、それだけ美味しかったってことです。


http://farm3.static.flickr.com/2037/2263866735_5670bb5114.jpg

おまけ。店内に飾られていた魚拓。126.5cm / 34kg のアラ。巨大ですね。。。

ティダムーンへチェックイン


本日から、二泊お世話になるリゾートホテルである「ティダムーン」へ。

雨が降っていたので、外観の写真は撮れませんでした。(が、3日目の朝に撮りました ⇒ d:id:rx7:20080213:p1)

到着後、早速中へ。


http://farm3.static.flickr.com/2191/2263864457_2572c7a270.jpg

なかなか洒落たロビーで、こんなのも置いてあった。上部からお水が湧き出ていて、ちょっと気に入りました。

http://farm3.static.flickr.com/2005/2264654784_f73593f121.jpg

パッションジュースを飲みながら、ホテルについての説明を受ける。これ美味しい。


http://farm3.static.flickr.com/2329/2264655166_e730cd7d6e.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2175/2263865419_e0257594ec.jpg

オーシャンビュールームに宿泊しました。部屋の中はこんな感じ。


http://farm3.static.flickr.com/2326/2263865717_8be41b6698.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2251/2264656036_e60d384c73.jpg

バルコニーからは海の眺め。あいにくの天気で、映えない感じですが、天気がよければ、かなり綺麗に映るかと思います。(※3日目の朝に晴れたので、何枚か撮りました。)


http://farm3.static.flickr.com/2327/2263866367_8351caf6e1.jpg

おまけ。相方の持つ色違いのスーツケースを並べてみました。

結構このデザインが気に入っています。d:id:rx7:20070214:p8 の時にも書いた通りだけど。


http://farm3.static.flickr.com/2383/2264657994_c537d06a87.jpg

プールも付いていて、夜はこんな感じになります。綺麗。


http://farm3.static.flickr.com/2299/2263868295_c374207998.jpg

これまた、おまけ。夜にも部屋内を一枚撮影。


ティダムーン
http://www.thidamoon.com/

ヤマアのお味噌


雨が降って相変わらず、行き場に困っていたので「ビッグ怯眸」という巨大なショッピングセンターへ。

そこで、お土産とか島の食べ物なんかを見繕っていたわけですが、その中で「ヤマア」のお味噌というのが、すごく目立っていました。

そう、島ではこの「ヤマア」のお味噌が主流?なのか、どのお店でもお味噌売り場には、この「ヤマア」の味噌が登場します。


http://farm3.static.flickr.com/2020/2263864383_f0c704670d.jpg

何が面白いって、我々が良く知る、あの「ヤマサ」とロゴがそっくりなんですよ。

いまいち関係はわかりませんが、面白かったので取り上げてみました。


以下の公式HPから、ロゴを見比べていただくと良くわかるかと思います。


松合食品ホームページ−熊本県こだわりの醤油・味噌 (ヤマア)
http://www.matsuai.co.jp/
ヤマサ醤油株式会社
http://www.yamasa.com/

原ハブ屋奄美


ちょっくら寄ってみました。原ハブ屋奄美です。

というものの、初日はすごい勢いで雨が降っていて、自然と戯れる目的で来たばっかりに行く場所がなかったんですよ(^^;


が、ここはなかなか面白いところでしたよ。

注意!!ヘビが苦手な方は、この先見ないほうが良いですよ。一応、念のためお断りを。


http://farm3.static.flickr.com/2162/2264651412_69a14e5e13.jpg

お店の外観です。目の前は海で、晴れていたらなかなか綺麗な眺めになりそうな場所でした。


中は、お土産売店みたいな感じですが、ハブを使った商品ばかりです。ハブ皮製品やら、お守りやら。ハブ油などまで。


http://farm3.static.flickr.com/2267/2264651700_e5e7f62cec.jpg

待合所には、様々な飼育生物が展示されています。これ何だっけ?


http://farm3.static.flickr.com/2060/2263861903_a7e7b9614f.jpg

後述のショーで登場してきます。「アカマタ」です。


ハブと愛まショー

このお店目玉のショーです。名前も洒落ています。

所要時間は30分弱くらいのショーですが、なかなか見所満載で、十分に楽しめます!お値段、お一人あたり\800。事前に開演時間を確認してから伺うと良いと思います。

私が見たのは14時開演でした。その後は、16時開演のもあったみたい。


http://farm3.static.flickr.com/2258/2263862265_2bacbeb517.jpg

こんなところで、おじさんがヘビと戯れながら面白話を聞かせてくれます。


http://farm3.static.flickr.com/2417/2263862569_cbe8a458bb.jpg

まずは、奄美に住むヘビの基礎的な話から。


http://farm3.static.flickr.com/2413/2263862837_4d93f94a8f.jpg

なかなか面白いおっちゃんで、こんなお茶目なところも。


http://farm3.static.flickr.com/2126/2263863495_55861a6c36.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2010/2263862901_df35fc940d.jpg

基本的に、ヘビと戯れながらの話なので、間近でヘビが見れます。一部、ですが迫力満点です。

ネタバレにもなるので、内容については、そんなにここでは書きません。


http://farm3.static.flickr.com/2096/2264653714_c430b42049.jpg

ショーが終盤になると、おじさんがハブを生け捕りにするところを、実演してくれます。

本番さながらに、夜行性であるハブを考慮して、真っ暗にしての実演です。(フラッシュ撮影はOKでした)


http://farm3.static.flickr.com/2296/2263863909_35f2fd3101.jpg

ハブの動きも、生け捕りの瞬間も、かなり迫力がありました。


http://farm3.static.flickr.com/2243/2263864225_89fb1a6d54.jpg

この通りです。もちろん本物のハブです。


とまぁ、こんな感じの30分弱です。

心臓が弱い人には、オススメしません(笑)が、楽しめることは間違いないと思います。

私が見た回には、ツアーの人っぽい方々もいて、30人くらいが見に来ていましたが、全員満足な様子で、たくさんお土産を買って帰っていましたよ。

鶏飯 みなとや


私にとって、この旅、最大の目的である「みなとや」の鶏飯を食すべく、空港到着後まっ先に「みなとや」へ。

実は、私は奄美大島に来るのは2回目なのですが、以前来たときに食した、この「みなとや」の鶏飯が忘れられず、死ぬまでに絶対にもう一回食べに来ようと誓ったあの日から、はや4年と少々。早くも実現させてしまいました。


http://farm3.static.flickr.com/2348/2264651158_72bcb8f2da.jpg

お店の外観です。外は生憎の雨。ざーざー。


http://farm3.static.flickr.com/2090/2263859809_f15aea9319.jpg

当然ですが、相方と二人で鶏飯(\1,000)を2つ注文。


http://farm3.static.flickr.com/2391/2263859561_f3eaa4ed68.jpg

ご飯をおひつからついで、この具材を上に盛り合わせて、、、


http://farm3.static.flickr.com/2063/2264650160_1a67060028.jpg

スープを注げば出来上がりです!

つか、最高。濃コクな鶏スープは五つ星レベルです。盛り付ける鶏自体も、やや鳥のくさみが残っているところが美味いです。スープと絡んで完成の域に達しています。流石老舗の味!


http://farm3.static.flickr.com/2019/2264650466_9bd8326c0b.jpg

口直しには、このパパイヤの漬物を。黒糖&醤油漬けですが、意外とさっぱり食べられます。


http://farm3.static.flickr.com/2243/2264650720_1145ffe7df.jpg

あっという間にご飯三杯ほどで、鶏飯を完食。ボリュームも満点で言うことないですよ、ほんと。


http://farm3.static.flickr.com/2013/2263860939_46d2fdf874.jpg

店内は結構広いです。旅館にもなっているみたいで、↑は今回案内された場所ですが、ほんの一部です。


奄美大島の全てを知るわけではないですが、この「みなとや」の鶏飯は絶品です。

他店の鶏飯はお茶漬けに感じる程度ですが、この「みなとや」のは段違いというか、レベルが違うというか。本物の鶏飯が味わえます。

羽田空港へ


起床5時半予定・・・から遅れて10分。5時40分起床。

# 相方は5時起床予定も、諦めて5時半起床。まぁしょうがないよね、あの激烈な寒さには勝てない(^^;


一度、家を出た後、最寄り駅に着くまでの間に、免許証を忘れたことに気付いてダッシュ!危ねぇ、レンタカーを借りられないところでした(滝汗)


そんなこんなで、予定より10分遅れで羽田空港に到着。8時半発奄美大島行きに乗るべく搭乗手続きを進める。

# といっても、ツアー申し込みなので、基本的には手配済みなんですが。


待ち時間にJALのジェット機と富士山をパシャリ。


http://farm3.static.flickr.com/2301/2263858917_92a7717662.jpg

(2896x1944)

http://farm3.static.flickr.com/2072/2264649256_dcb38dcf2a.jpg

2008/02/10

NHK Osaka Building

NHKについて考える


今日、Yahoo!ニュースを見ていたら、以下のNHKに関する記事があった。


NHKもう行かない!橋下知事ブチ切れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080210-00000080-sph-soci

ご覧になられた方も多いのではないかと思いますが、NHKのひどい有様が綴られています。そりゃ橋下さんが怒るのも無理はない。


上記リンク先から、少し引用させていただくと、、、

 橋下知事によると、途中参加の要因は公務スケジュールの都合に加え、同時間帯に自身が出演する関西テレビ「ムハハnoたかじん」の放送があったから。「裏番組に出られるわけがない。民放なら常識ですよ」と語気を強めた。

 気乗りしない新知事に、NHKは「公務を切り上げてでも出ろ。(裏番組は)関係ない。公務外だ」と、尊大な態度で出演を迫ったという。東京から帰阪する新幹線にも、スタッフを同乗させるという徹底管理ぶり。おまけに、局に入っても「お疲れさまです」などの、あいさつの一つもなかったらしい。

 こういった伏線を経て「頭にきていた」橋下知事に、番組司会者は「30分の遅刻ですね」と悪者扱い。何とかせき止めていた感情が、大噴火したというわけだ。

 「お金が黙っても入ってくる組織は、こういうものかと。民間の企業ではああいう態度はとれない」NHKのカメラも構える前で皮肉全開。「僕は公人なんで、取材には応える」と、取材禁止までは通達しなかったが、突然の関係断絶がしばらく尾をひくことは間違いない。

現状の業界の仕組み的に仕方の無いこと、で片付けるのはあまり好きではないけど、完全にお役所仕事と化しているのではないだろうか。日常的に浮き彫りにされる不祥事の数々、上の記事のような内部の醜態ぶりで、何故世の中まかり通っているのか理解に苦しむ。


NHKは「公務を切り上げてでも出ろ。(裏番組は)関係ない。公務外だ」と、尊大な態度で出演を迫ったという。

このあたりとか、もうわけがわからんよね。NHKへの出演も公務に入るのか?

出演者あっての番組、それをあいさつもなし、事前に調整の上での出演なのに、視聴者の前で遅刻扱い、常識を非常識として捉えるあたり、もうね、、、一国民のはしたない感想ですが、呆れるばかりです。



こういう体質は、とっとと改めて欲しいものです。是非、民間と同じポジションに立って競争にご参加いただきたい。


↑の話とは、直接関係ないのですが、受信料を強制的に徴収するのをいい加減やめていただけないだろうか。

何故、観もしない放送局の番組に、税金のようにお金を払っているのかが解せません。税金なの?何なの?

そりゃ番組を作るのにもお金はすごく必要だろうから、お金を視聴者から徴収するのは当然のことだろうと思うけど、それは番組を欲するユーザから取ればいいし、お金を出し合っているユーザに対して有益なものを提供するのがサービスではないだろうか。


毎月毎月お金を払っていますが、番組に対する意見や要望を聞いてもらう機会なんて、未だに一度だって無いし、利用したこともない。完全に自分の中では税金的存在です。


本当に必要としている方から、料金を徴収し、そのユーザ方から要望を抽出して、素晴らしい番組を作っていただきたいものです。今と同じビジネスモデルでいくのなら、スクランブルなり何なりかければ良い。

サービス』であるということを意識して、皆がWin-Winになるような仕組みを作ること自体が先にすべきことなのではないのかな。


自由権って法律であった気がするのですが。何なんでしょうね。


# 最後の方は、完全に愚痴になってしまいました。気分を害してしまった方、本当にすみません。

2008/02/09

DEUX LIMONS

DEUX LIMONS


先日、相方が買って帰ってきてくれました。

吉祥寺にあるお店で、よくケーキやらクッキーやら買ってきてくれるんだけど、結構美味しいですね。種類にもよるけど、しつこくない味わいで、後味も悪くない。

そんでもって、いちごとクリームがなかなかナイス。


http://farm3.static.flickr.com/2003/2252679980_ca8cffaffa.jpg

Flickr Pro Account 更新


そういえば、d:id:rx7:20070218:p1FlickrProアカウントを取得してから、あと10日程で1年。

ということで、更新することにしました。1年更新だと$24.95。2年更新だと$47.99。

ま、もうしばらく使うだろうし、今更乗り換えたりもできないので、2年更新しておきました。


サクっと、PayPalを利用してクレジットカードで購入。あっちゅう間に更新完了です。


・・・情けない話ですが、こうも英語だらけのサイトでお買い物するのは、ちと緊張しますね。notice!とか出されるとドキドキしちゃいます(笑)

んまぁ、買い物するときはちょっと緊張するくらいがちょうど良いよね。ネットで、カードで、ってあまりにも簡単に買い物が出来ちゃう時代だから。

先週に続き積雪


埼玉の入間から、帰りに三鷹のJマートに寄ってから帰って来た。

帰り道、吹雪の中、車を走らせていたが、東村山あたりからは雨混じりに変わってきたので、予定通り三鷹に向かった。

Jマートでタッピングビスとワッシャーを購入し、外に出ると、、、豪雪!!


http://farm3.static.flickr.com/2396/2251727893_b9bb59c852.jpg

Jマート駐車場から眺めるスーパーオートバックス三鷹店。


東八道路は既に白くなっていて、低速で曲がっても、ケツがつるり。赤信号からの発進も、後輪が軽く空回り。この程度、実家の車のときは、そこまででもなかったのに。ここまで雪の日のFD、、、というかFR車が扱いにくいとは。


大きい道を通って帰ろうと、甲州街道〜環八を目指したのですが、吉祥寺通りでは、再び雨混じりに変わるものの、甲州街道からは再び吹雪。環八に入ってからは結構ヤバイ感じになりつつも、なんとか家にたどり着きましたとさ。


http://farm3.static.flickr.com/2293/2251728261_e8255e6698.jpg

屋内駐車場に入った後は、みるみる雪は解けるばかり。んまぁ、気温は当然寒いんだけど、FDの熱をさますのにはちょうどいいくらいですワ。。。


http://farm3.static.flickr.com/2085/2251775459_71eeebf226.jpg http://farm3.static.flickr.com/2100/2251775497_79dc6da855.jpg

ちょっと経った途端、環八もこの有様。幹線道路がこれじゃ、今晩は大人しくしているのが良さそうですね。しかし、携帯電話のカメラで撮ると、全然キレイにとれませんなー。


http://farm3.static.flickr.com/2070/2251861663_5aa19c7978.jpg

しばらくして、駅まで相方を迎えに行ったときに撮影。雪が風情をさらに出してくれていますね。


話は少し変わりますが、今日車を動かしておいて良かった気がします。

結果的に、大雪で車には可愛そうな一日になったわけですが、先週末も大雪、先々週は私が腹痛で動けずで、今日は約3週間ぶりに車を動かしたわけです。エンジンのかかりも最初は、やや弱かった気もするし。

ちゃんと、日々エンジンをまわしてあげたいんですけどね。なかなか。

YUPITERU CR920si


取り付け完了です。

以前取り付けたYUPITERU VR651i(d:id:rx7:20051107:p2)から、同じYUPITERUのCR920siに変更です。

今回はダッシュボードの上ではなく、ルームミラー付近に宙吊りにしてもらいました。

フロントガラスの都合上、若干助手席向きになってはいますが、視認性は全く問題なく、全然気にならないレベルです。


http://farm3.static.flickr.com/2385/2251727129_e6711b1dc8.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2091/2251727547_3f2fddd2ac.jpg


が、先日、ユピテル社より新型である「CR940si」が近日中に発売される旨が発表されましたね(^^;

まぁ、機能的にはほとんど変わらず、ディスプレイの大型化(2.2インチ ⇒ 2.4インチ)とレーダースコープ3D化の実現といった見た目部分のバージョンアップがメインなので、案外安くなってきた、このCR920siがお買い得な気がします。

まぁ、この辺の話は好みの問題。

Apacheでパラメータに「%2F」(/の符号化文字列)が含まれていると404(Not Found)が返される


社内のサービスでは、フロントエンドにリバースプロキシ兼ロードバランサ用途として、Apache2.2を使っていることは、たまにちょくちょく書いている通りですが、そのバックエンドにいるアプリの開発メンバーにURL文字列をエンコードすると404エラー(Not Found)が返されるようになったと相談を受けました。


正直、その場で原因がわからなかったので、色々調べ始めると、

Apacheでは、AllowEncodedSlashesディレクティブっつーのがあって、公式ドキュメントから引用すると、

AllowEncodedSlashes ディレクティブは符号化されたパス分離文字
(/ は %2F、さらにシステムによっては \ に対応する %5C)が存在する
URLの使用を許可するかどうかを決定します。通常はそのようなURLは
404 (Not found) エラーで拒否されます。

だそうな。


ということで、

フロントのApacheで部分的に%2Fを許可する設定をしました。

といっても、


AllowEncodedSlashes On

の1行を特定部分に書いただけなんだけど。

そんな感じで、他の部分への影響が無いかどうかを確認してもらっています。


参考

http://httpd.apache.org/docs/2.0/ja/mod/core.html#allowencodedslashes

埼玉へ


今、入間のZEUS DRIVEさんのところに来ています。

目的はレーダー探知機のリプレース。色々あって、現行のレーダー探知機(YUPITERU VR651i)を取り外して、新しいレーダー探知機(YUPITERU CR920si)を取り付けることにしました。


ZEUS DRIVEさんといえば、セキュリティ専門店のイメージが強いですが、こういった電装品を取り付けるサービスも展開されており、美しい取り付けを期待してのお願いです。でなきゃ遥々埼玉までは来ないわな。


が、向かっている途中から降雪。夕方まで持つかなぁと思ったのですが。

雪が舞う中、到着したわけですが、俄然降り続けていますね。これは積もりそうな予感。


積もる前に引きあげたいものです。めっちゃノーマルタイヤやしwセブンやしw


http://farm3.static.flickr.com/2201/2252525598_56018d807d.jpg

2008/02/03

from Flickr

HP ProLiant ML115の罠


何が悪いのか、ワイドディスプレイ(d:id:rx7:20060624:p1)が悪いのか分かりませんが、HP ProLiant ML115で複数のLinuxディストリビューション(X Window)が正常に表示されません。画面上部は問題なく、下部がおかしな状態になります。


  • Fedora 8
  • CentOS 5.1

で確認しました。Debian 4.0(etch)やUbuntu 7.10ではOKでしたよ。

ま、X Windowさえ使わなければどうってことないのですが。色々やりたいこともあるので、使いたいのよね。多分ワイドディスプレイの出す信号に、ビデオカード上の制約が強くて上手くあわせられないんだろうなぁ。。。

インストール完了後、再起動した瞬間におかしくなっちゃいます。とりあえずテキストログインして、正しい解像度にあわせてやればOKかしら。面倒くさくなってそれ以上は追っていません。


さすが、サーバマシンというか、VRAMが2MB(正確には1664KBらしい)しかないってところが、また可愛らしい。



追記:

d:id:rx7:20080406:p1 にて一時的な対処方法を記しました。

東京積雪


今、14:30過ぎだけど、朝からずっと雪が降っていて止む気配がないですね。

さっき散髪しに出かけてきたんだけど、お外はエラく寒かった。今日の最高気温3℃だから、そりゃそうか。

今日はホームセンターに行きたかったけど、ちょっと車に乗る気にはなれないなー。東京での積雪は d:id:rx7:20060121:p1 の日以来かな?

ブログを書いていると、思い出迷子にならなくて良いね(^^)


せっかくなので、写真におさめておくか。

http://farm3.static.flickr.com/2275/2237823423_78b371b572.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2207/2237824257_a784cefc98.jpg

2008/02/02

Ciscoのお箸


会社の先輩がイベントのお土産にくれた。ケースがなかなか洒落ている。


http://farm3.static.flickr.com/2040/2236784870_53c6665cee.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2162/2235995653_074a6ae197.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2247/2235996057_ab05029b7c.jpg

これまた、ただそれだけ。

Googleからのレター


Googleから葉書が届きました。

二つ折りにされ、三方からシールが貼られているだけ。封の仕方が超ざっくり。


http://farm3.static.flickr.com/2105/2235996609_0752dfd1e1.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2077/2236785868_8c06d2ab55.jpg

いや、ただそれだけ。


オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版 ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE) SQLアンチパターン インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化 Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)