元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)WRX STI関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。

2008/02/23

woodland

CentOS5をインストール後、やっておきたいyum関連の設定


CentOS(Red Hat Enterprise Linuxもそうだけど)を使っていると、yumを使ってパッケージをインストールすることは何かと多いかと思います。

他にも色々ある(サードパーティのリポジトリの設定とか)かとは思いますが、yumの使いはじめに、まずはやっておきたい設定をいくつか書き記しておこうと思います。


yumで速くDLできるリポジトリを自動選択

yumコマンドは、自分の持つダウンロードミラーリストから適当なサーバを選択してパッケージのアップデートを実施するのですが、yum-fastestmirrorパッケージを入れておくと、その中からネットワーク的に高速なサーバを自動的に選んで接続してくれる。

デフォルトで入れておいてほしいくらい。

# yum install yum-fastestmirror

centosplusを利用する

centosplusには、将来的に、CentOSのコアパッケージ群に含まれる(かもしれない)ものが使えます。ここのものを対象にテストされているみたい。

有効にするには、以下の設定を行います。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

上記、設定ファイルを編集します。

[centosplus]

・・・省略・・・

#enabled=0
enabled=1

・・・省略・・・

[centosplus]の部分のenabledを0から1に変更するだけ、です。


EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)を利用する

EPELはFedoraプロジェクトで開発・テストされたパッケージをRed Hat Enterprise Linux (RHEL) や RHEL互換のディストリビューションであるCentOSで利用することのできるパッケージ。

こいつを入れておくと、インストール可能なパッケージの幅が広がるので、是非とも有効にしておきたい。


導入は、以下の2コマンドを実行するのみ。32ビットOSの場合は、ダウンロードするURLのx86_64のところをi386に変更してください。

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-2.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-5-2.noarch.rpm

以上をやってしまうと、yumやGUIのパッケージマネージャーで使用可能なパッケージが大幅に増えていることが確認できるかと思います。


他にもyum関連で設定することは、好みに応じて多々あるかと思いますが、まずはここまで。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。


オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版 ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE) SQLアンチパターン インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化 Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)