元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)WRX STI関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。

2008/03/31

Redmineを運用するためのイロハを身に

gihyo.jpにてRedmine運用の連載第2回目が公開


gihyo.jpにて連載中の「Redmineを運用するためのイロハを身につけよう」の第2回目が公開されました。


Redmineを運用するためのイロハを身につけよう:第2回 新機能の詳細と使い方の紹介|gihyo.jp … 技術評論社
http://gihyo.jp/dev/serial/01/redmine-use/0002

今回は、新バージョン0.6.4(といっても、先日0.7のRCが出ましたが。。。)を中心に、以前のバージョンである0.5.1(以前、gihyo.jpで連載されていた「Ruby on Railsで作られたプロジェクト管理ツールredMineを使ってみよう!」)からの変更点や新機能の使い方などを紹介しています。

最新バージョンのRedmineの導入を検討されている方や、旧0.5系のRedmineからバージョンアップを検討されている方の参考になればと思います。

FOMA A2502 HIGH-SPEED のスループットとか


昨年末から、縁あってFOMAのデータ端末「FOMA A2502 HIGH-SPEED」を使わせてもらっています。

http://farm3.static.flickr.com/2361/2376777857_db405277e8_o.jpg

使い始めの頃はあまり速度も出ず(500kbps〜1Mbps)、こんなものか〜とも思っていたのですが、最近は何が変わったのかは分かりませんが、そこそこスピードが出るようになってきました。

今日、gooスピードテストでスループットを測ってみたら、"3.22Mbps"と素晴らしい結果を叩き出しました。

公称値で3.6Mbpsなので、相当良い結果かと思います。

http://farm3.static.flickr.com/2020/2376777753_050c806cb8.jpg

良い結果過ぎるような気もするので、ひょっとしたら、明日の10時対応の7.2Mbps化を一足はやめに体験できてしまったのかもしれません。

どちらにせよ、モバイルデータ端末で、これくらいのスループットが出せるのなら、もう十分に実用域ですね。


参考

FOMA A2502 HIGH-SPEED | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/relate/a2502/
goo スピードテスト
http://speedtest.goo.ne.jp/

MyMiniCity 人口100人突破!


MyMiniCityを始めて2ヶ月あまり(d:id:rx7:20080126:p3)。

本日、人口がめでたく100人を突破しました!"JAPAN RANKING"は4239位だそうです。次は1000人を目指します。

記念にスナップショットを撮っとこー。


http://farm3.static.flickr.com/2321/2377428136_e890763c9d.jpg


よろしければ、是非 MyMiniCity へご訪問をお願い致します!

2008/03/30

Google ”LOGO”

Googleを支える技術 -巨大システムの内側の世界-


前々から読みたかったので、余っている図書カードで購入。

この本は、論文やWebなどで公開されている情報をもとに技術的な側面から書かれているとのこと。


まだ、全部は読めていないけど、Google検索の技術的な仕組みから始まり、Googleが巨大になっていくシステムをどうスケールさせてきたか、更にその部分に踏み入り、分散ストレージ(GFSクラスタ)、分散データ処理(Work Queueクラスタ)を別章にして詳しく解説。MapReduceについても分かりやすく書かれています。

私にとって興味深かった、Googleの運用コストの話も1つの章として書かれています。ハードウェアコスト、データセンターのコスト(場所代、電力など)、、、と色々。少し前に話題になったハードディスクの耐久性の話なども。

最後にGoogleの開発体制についても取り上げられていますが、こちらはおまけ程度ですね。


技術書ながら、難しい表現はほとんどなく分かりやすく書かれており、かなり読みやすいと思いました。

全く知識のない方にはしんどいかもしれませんが、普段慣れ親しんでいるGoogleの内部が技術的にどのように動いているのかが知りたい方には、オススメの本です。



2008/03/29

桜 (新宿御苑)

新宿御苑へ花見に行ってきた


基本的に花粉症な私は、この季節に外に出ることは億劫なわけですが、春を感じたくなったのでカメラを持ってお花見に出かけることにしました。

東京に出てきて、実は今日で丸4年なのですが、新宿御苑に初めて訪れてみました。御苑内にいると、東京にいることなんて忘れてしまいそうなくらい自然がたくさんあるのですが、木々の後ろから所々見える高層ビルが不自然で、それはそれで情緒を感じました。


ちなみに、今年は平年より満開が早く、今日の新宿御苑からの帰り道は、人気アイドルのコンサート並に人並みで溢れかえっていました。が、新宿駅近辺自体がデフォルトでそういう状態なのが、東京(新宿)クオリティー。

今日撮影した写真一覧
http://www.flickr.com/photos/nami73/archives/date-taken/2008/03/29/

せっかくなので、以下に何枚か貼り付けておきます。


続きを読む

2008/03/28

KLab勉強会#4へ行ってきました


第3回に引き続き、第4回のKLab勉強会にも参加させていただきました。

今回のテーマは、システム管理に関するもので、割と普段やっていることに近い話題だったので、興味深かったです。

相変わらず、刺激をもらいまくりで楽しかったです。以下にメモをペタッと貼り付けておきます。


続きを読む

2008/03/27

Apache(SVN) + LDAP で "Invalid credentials"


社内でSubversionのホスティングサービスを運用していたりするのですが、そのSubversionの認証には、社内のディレクトリサービスであるActiveDirectory(Windowsドメイン)に委譲する形で行っています。

で、構成としては、Apache2.0とmod_auth_ldapを組み合わせる形で実現しています。

で、先日、ユーザから「認証が通らない」といった問合せがあり、調べてみるとApacheには以下のエラーログが残されていた。

# ちなみに、ActiveDirectoryは別部署で運用されていたりするので、調査がなかなか面倒で。。。


続きを読む

mod_rails for apache


mod_railsなるApacheモジュールが鋭意開発中っぽい。


Phusion Passenger (a.k.a. mod_rails for Apache) Preview
http://www.modrails.com/

↑のリンク先で、3分ほどのインストールデモンストレーションがあるんだけど、作業自体はものの1分ほどで完了していました。。。

使い勝手(運用面)とかパフォーマンスとか詳しいことは、まだ全然わからないけど、これは結構面白いことになるかもしれない。


今後に期待!



実際にインストールして動かしてみたよ!...d:id:rx7:20080412:p1

2008/03/25

ZPC

キーボード一体型オールインワンPC「ZPC」


キーボード一体型のPCが今は出ているのですね。「ZPC」というらしい。

そんな「ZPC」のCPUがアップグレードされた模様。

# Pentium4 ⇒ Core 2 Duo / Core 2 Quad

ハイエンドモデルZPC-GX31の基本仕様はCore 2 Quad プロセッサ(〜2.66GHz)、GMA X3100グラフィック、最大4GB DDR2メモリ、最大750GB HDD、DVDドライブ、mini-PCI x1、Mini-PCIe x1、カードリーダー、DVI, VGA出力など。

製品情報ページの透視図によるとスペースと右Altあたりにメモリ、F9 F10 - =あたりにCPU、テンキーの下にHDDが収まっているようです。価格は最小構成699ドルくらいから。

キーボード一体型オールインワンZPC、Core 2 Quad対応アップグレード - Engadget Japanese

ノートPCのスペックが今やデスクトップPCに肉薄する時代ですから、キーボード一体型でのハイスペックオールインワンPCにも頷けますが。



ちょっとだけ昔話ですが、私が小さい頃、我が家にはPC-8001という"パーソナルコンピュータ"がありました。

よく、テープから30分くらいかけてロードしたゲームで親父とよく遊びましたし、"BASIC"という雑誌を片手に親父がカタカタとプログラムを夜に打ち込んでいたのを今でも覚えています。(3〜4歳くらいだったけどw)

今回のようなキーボード一体型PCとか見かけて、そんな昔のことをふと思い出したのでした。


参考

キーボード一体型オールインワンZPC、Core 2 Quad対応アップグレード - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2008/03/24/zpc-core-2-quad/
PC-8000シリーズ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/PC-8000%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
PC-8001 (カタログ画像、仕様表も有)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/s-oga/cat1/pc8001.html

2008/03/23

by Christopher Chan

Rails 1.2.6 と 2.0.2 のパフォーマンス比較


先日のエントリ「RedmineでのRailsパフォーマンス比較(1.2.6 vs 2.0.2)」(d:id:rx7:20080221:p1)に続いて、Ruby on Railsのパフォーマンスに関する話題を1つ。

他のサイトでも、Rails2.0系と1.2系のパフォーマンスに関する結果が公開されていたので紹介します。


パフォーマンスに関して

Performance comparison: Rails 1.2.6 vs 2.0.2
http://izumi.plan99.net/blog/index.php/2008/03/18/performance-comparison-rails-126-vs-202/

上記リンク先を見てもらえばわかるのですが、超シンプルなダミーアプリに対して、ベンチマークした結果が以下。

I ran both applications in Mongrel (with the ‘production’ environment). The results of ‘ab -n 5000 http://localhost:3000/’ are as follows:

  • Rails 1.2.6: 141.19 requests/sec
  • Rails 2.0.2: 214.76 requests/sec

Wow, what a difference! Rails 2.0 is 50% faster in a dummy application!

Performance comparison: Rails 1.2.6 vs 2.0.2

Mongrelのproductionモードでの比較で、Rails2.0の方が1.2と比較して、50%アップ、つまり単純に1.5倍ものパフォーマンスが出ているとのこと。

やっぱり、速くなっていますね。物凄く!cookie storeであるアドバンテージもあるのでしょうか。

In Rails 1.2, a lot of time is spent in the session store. Let's see what happens if we specify “session :off” in both applications:

  • Rails 1.2.6: 189.51 requests/sec
  • Rails 2.0.2: 246.69 requests/sec

Wow! Even with sessions off, Rails 2.0 is still 30% faster! So the cookie session store isn't the only thing responsible for the performance improvement!

Performance comparison: Rails 1.2.6 vs 2.0.2

なわけで、セッションをオフにした状態でも比較されていますが、それでも30%も向上している模様。こりゃすごい。


メモリ使用量に関して

さらに同じサイトの別記事ですが。

Memory usage comparison: Rails 1.2.6 vs 2.0.2
http://izumi.plan99.net/blog/index.php/2008/03/19/memory-usage-comparison-rails-126-vs-202/

After a cold start with Mongrel 1.1.3, the private dirty memories were as follows:

  • Rails 1.2.6: 25.5 MB
  • Rails 2.0.2: 19.7 MB

Nice! A 6 MB memory reduction after a cold boot!

Memory usage comparison: Rails 1.2.6 vs 2.0.2

Mongrelを単純に起動させた時点で、既に6MBも使用量に差があって、Rails2.0の方が減っている模様。

So let’s find out what happens after 3000 requests and a garbage collection run. I added these actions to PostsController:

def gc
    headers["Content-Type"] = "text/plain"
    GC.start
    render :text => ObjectSpace.statistics
end

And this route:

map.connect '/gc', :controller => "posts", :action => 'gc'

Then I ran, for both apps:

ab -n 3000 http://localhost:3000/
links http://localhost:3000/gc

The memory usages were:

Rails 1.2.6
    Private dirty memory:28.1 MB
    Total heap size: 14,702 KB
    Free heap space: 7,789 KB

Rails 2.0.2
    Private dirty memory: 20.9 MB
    Total heap size: 8,059 KB
    Free heap space: 2,098 KB

Nice! I didn’t expect this, but apparently Rails 2.0 uses a lot less memory!

Memory usage comparison: Rails 1.2.6 vs 2.0.2

3000リクエストの後、GCを走らせた結果、やはりメモリの使用量はRails2.0の方が少ない模様。良いですね!

2008/03/22

Stamps!

MyMiniCityでエラーが出た


先日、MyMiniCityにアクセスするとこんな感じでMySQLのエラーが出た。

同時接続数の限界らしい。繁盛してまんなぁ〜。MyMiniCityのバックエンドはMySQLだったのか。


MyMiniCityMySQL・・・何か語呂が良いな。


http://farm4.static.flickr.com/3098/2352585182_70fd17fdcb.jpg


よろしければ、是非 MyMiniCity へご訪問をお願い致します!

1年ぶりの内村プロデュース放送


私が無類の内村プロデュース好きだということは、何度もブログで書いている通りですが、今日1年ぶりにスペシャルという形で深夜に放送があった。

まぁ、もちろん面白かったのですが、スペシャルってこともあってか、若手芸人下克上ものの企画で、普段の内Pメンバー+若手(といっても、もう結構売れている芸人)の全15〜20名近くの面子での放送。

かなり豪勢だとは思う。が、正直、昔のレギュラー枠のようなこじんまりとした感じの頃の方が私は好きだ。


続きを読む

libneon.a: could not read symbols: Bad value


さっきのエントリ(d:id:rx7:20080322:p2)に続けて、Subversionの最新版(1.4.6)をインストールしていたら、またエラーが出た。また、64ビットOS(x86_64)特有のものぽい。

ちなみに状況は、OSがCentOS5(x86_64)で、SubversionをApacheとの連携(apxs)を前提としてインストールしていた時のこと。


まずは、さっきと同じですが、make時にこのエラー。

/usr/lib/libexpat.so: could not read symbols: File in wrong format
collect2: ld returned 1 exit status

このエラー。で、さっきと同じように"./configure"時に、

--with-expat=builtin

のオプションを付ける事で解消。

で、もう一度makeし直した時に、次は以下でエラーが出た。

/root/install/subversion-1.4.6/neon/src/.libs/libneon.a: could not read symbols: Bad value
collect2: ld returned 1 exit status

で、これまた調べて、"./configure"のオプションに以下のものを追加。

--enable-shared

で、その後、makeを実行すると、無事成功。

64ビットものは、いつもソースからのコンパイル(特にライブラリのリンク関連)で躓きます。



完全に余談ですが、ちょうど1年前の3月22日もApache + Subversionを触っていたことに気が付きました。

ちょうどその時の作業ログを見ながら構築している俺。やっぱり残しておくものやな〜と思いつつも、ちょっと複雑な気持ちになりますね。

個人的には3月22日は、ApacheとSubversionの日なのかもしれないなw

libexpat.so: could not read symbols: File in wrong format


CentOSにApacheの2.0系最新版(2.0.63)をインストールしようとしてmakeしていたらエラーが出た。

/usr/lib/libexpat.so: could not read symbols: File in wrong format
collect2: ld returned 1 exit status

調べてみると、何やら64ビットOS(x86_64)を使っているときに出るみたい。

libexpat.soは、/usr/libにもあるんだけど、64ビット用(x86_64)のは/usr/lib64にあると。


--with-expat=builtin

というわけで、書かれてある通り、"./configure"時に以下のオプションを追加して解決。

Windows Server 2003 でソフトウェアRAID


Windows Server 2003 なんてほとんど触る機会がないので、とりあえずメモっとく。


といっても、ウインドウズサーバで"ソフトウェアRAID"を組むこと自体が要件になることは、ほとんど無いと思うので、使う日が来るかどうかは不明だが。ま、誰かのお役に立てればと思います。


ちなみに、ここに書かれてある方法で正しく動くかどうかの補償はしませんので、あくまで自己責任でお願いします。何かあっても困らないようにバックアップを事前に取っておくことをオススメします。


続きを読む

2008/03/21

本当に美味しいラーメン ベスト30 in 2007


一緒に全制覇してくれる方、募集中。

D


Myランキング2位の京都『高安』は9位じゃったよ。全国レベルで考えると妥当なところなのかも。いや、流石というべきか。

しかし、Myランキング1位の和歌山『井出商店』は名前すら出てこなかった。違うんだって、本場和歌山の本店の味と、ラーメン博物館の味を一緒にしちゃいかん。

2008/03/20

Desktop

Re: 失敗しない Rails が動かせるホスティングサービス選びと環境構築


下記リンク先の記事を読ませていただきました。


つくるぶガイドブログ: 失敗しない Rails が動かせるホスティングサービス選びと環境構築
http://www.tkrb.jp/guide/2008/03/_rails.html

この記事では、Ruby on Railsを使ったサービスを作って公開するまでのガイドを10回にわたって公開されている素晴らしい特集で、上記リンク先が最終回となっています。

最終回では、公開するための土台選びについて書かれてあり、すごくまとまっていて参考になる記事です。


ただ、その中から一点だけ。


Ruby や Rails をシステムにインストールできる root 権限を持っていることが必要で、こうなると専用サーバーか、あるいは共用サーバー(一台を複数の利用者で使うのですが、仮想的に分割されていて、あたかも専用サーバーのように使えるサーバー)か、ということになります。

失敗しない Rails が動かせるホスティングサービス選びと環境構築

私はレンタルサーバを借りたことが無いので、どこまでユーザが弄くりまわせるのかが分からないところが痛いところですが、少なくともRubyやRailsをインストールするのにroot権限は必要ないはず

デフォルトのまま普通にインストールすると、/usr や /usr/local にインストールされることになるので、確かにroot権限が必要になりそう(環境によって変わるので、一概には言えませんが)ですが、ソースからコンパイルしてprefix(インストール場所)を指定して自分の home 以下の何処かにでもインストールしてやれば、root権限は必要なさそうです。


ただし、root権限を持っていないと特権ポートが扱えないので、80番ポート(HTTPのデフォルトポート番号)が扱えないなどの、別の弊害が出てきたりはするのですが。

このあたりの対策は、色々やり方があるとは思うのですが、レンタルサービスのメニューや、環境によりけりで一概には言えないので、まぁ確かにroot権限があったほうがやりやすいのは否めないですね。

この辺はレンタルサービスの価格との折り合いではないでしょうか。


しかし、よくまとまっている素晴らしい記事ですね。・・・なだけに、ちょっと気になってトラバさせていただいた次第です。何か間違っている部分があればご指摘いただけると嬉しいです。



・・・ここからは余談ですが。

Ruby on Railsが使えるレンタルサーバはやっぱりまだまだ少ないのですね。

サービスレベル低めながら価格を抑えた、ちょっと試しでRailsアプリを置いてサービス公開してみたい系のホスティングサービスなんかがあったら、需要はあるのかなぁ。。。ちょっとだけ画策中。

会社のマリオカート部(非公式)


随分前の話ですが、Googleにあるマリオカート部の話を、社内SNSに書いてみたら、ちょっとした評判になりまして、、、非公式ながら社内SNSで"マリオカート部"のコミュニティができました。


んで、先日、ようやくですが、会社内で"社員交流会"と称して第一回マリオカート大会を開催しました。

言いだしっぺの私でしたが、面倒くさがりで何もしない私を、後輩がドライブをかけてくれて実現しました。ありがとう。


http://farm4.static.flickr.com/3020/2346386357_4a7e00a625.jpg

で、参加者は6名のみでしたが、予想を上回る大白熱。会社の会議室を借り切った(もちろん業後)のですが、それでもちょっとうるさかったのではないか、というのが第一回の反省。

でも、流石マリオカートというかゲームイベント。すぐに周りの人と仲良くなれます。社内で横の輪を広げるには持ってこいだと思います。

会社などの組織では、他部署間、他チーム間が疎になりがちで、大きな会社ほど、その傾向が強いかと思いますが、やはりこういった部活動的なモノや、人が一体化できるような熱いイベントは社内の輪を広げる効果は大きいですね。今更ですが再認識。


もう既に第二回目の"社員交流会"も予定されており、前回より多くの人が集まりそうで、次回も楽しみにしています。

暖暮


久しぶりのラーメンネタです。

先日、会社の後輩と会社帰りに行ってきました。暖暮(だんぼ)というラーメン屋さんです。

ここは福岡発のとんこつ系のラーメン屋さんで、もう随分と、とんこつの独特臭を嗅いでなかった私はちょっと期待を膨らませ、神田店へ向かいました。


http://farm4.static.flickr.com/3209/2347215340_47f6dc92e7.jpg

神田店の店構えはこんな感じです。

私は都合上JRで行ったので、神田駅から歩いたのですが、神田駅からは約10分ちょいといったところでした。

店の場所は、大きい看板もあるので、割と分かりやすい場所にあると思います。


http://farm3.static.flickr.com/2160/2346386427_783351e41f.jpg

で、ラーメン(\650)です。

この店は烈火ラーメン(\700)という辛い系のラーメンが売りの店なのですが、そこまで辛いラーメンは得意ではないので、ラーメンに"辛みダレ少なめ"で注文したので、少し大人しめの見栄えです。

あ、麺の固さと辛みダレの分量は、お店の人が注文時に聞いてくれます。


さて、店に入って、あ!と思わせるとんこつ臭があったこともあって、久しぶりに純とんこつラーメンを食べました。が、ここはそこまでコテコテのとんこつラーメンではなく、かなり臭みや食感を抑えてあり、かなり品良くまとめてある印象です。

その部分に関しては、まとめるのに苦労した完成度の高い部分が見え隠れしており、間違いなく"辛みダレ"と合う感じです。辛ければ辛いほど、とんこつスープの甘みとコクが浮かび上がりそうなイメージです。


ということで、とんこつラーメンが苦手な人にでも薦められるとんこつラーメンと言えます。結構美味しいですよ!

とんこつラーメンが好きで、辛いのも大好きって方には、大いに推奨ですね。


スープA-
A
チャーシューB
総合A-

リンク

暖暮
http://www.danbo.jp/

2008/03/17

Redmine (gihyo.jp)

gihyo.jpにてRedmineの新連載が始まりました


縁あって、gihyo.jpにてRedmineに関する記事を寄稿させていただくことになりました。id:interuとの共著です。


Redmineを運用するためのイロハを身につけよう
http://gihyo.jp/dev/serial/01/redmine-use

この連載では、Redmineの最新版である0.6系の新機能紹介から、使いやすくするためのカスタマイズや実際に触って運用してみてわかったTIPSなどを紹介していく予定です。

さらに、後半2回くらいは、Redmineを題材にして、軽量Webサーバを使った(パフォーマンスを意識した)運用方法の紹介や、Javaプラットホームでの動かし方(つまりJRubyでの運用方法ですね)などの紹介も予定しています。お楽しみに!


んで、本日、その第1回目が公開されました。


第1回 新機能の紹介と最新版が利用できるまで
http://gihyo.jp/dev/serial/01/redmine-use/0001

第1回目は、さほど目新しい話題ではないのですが、Redmineの構築手順に焦点をあてた記事となっています。

普通に初期インストールを行う手順だけではなく、前バージョンからのバージョンアップ方法についても明記してありますので、実際に運用されている方の参考になれば、と思います。


感想や、何かありましたら、コメント等でお寄せいただけると大変ありがたいです。


# 技術評論社様には、以前JAVA PRESSでも、Mavenの記事を寄稿させていただいており、その節はお世話になりました。今回もよろしくお願いします。

2008/03/16

Snow Mountain

ディスクレスサーバを作ろう - その2.NFS-rootで構築


さて、前回書いたときから、随分と間が空いてしまいました。

前のエントリはコチラ(d:id:rx7:20080131:p1)。

今回からは、ディスクレスサーバの具体的な作り方を書きたいと思います。


まずは、一番簡単な方式として、ルートファイルシステムを作成して、それをオンメモリではなく、外部ディスク上のNFSで共有されているルートファイルシステムをマウントするやり方を紹介しようと思います。


続きを読む

2008/03/13

ende

Redmine 0.6.4 Release


Redmineの新バージョンが出ましたね。

3ヶ月ぶりのリリースで、そろそろ0.7が出るのかと思いきや0.6.4

# このタイミングでか・・・くぅ。


Redmine 0.6.4 bug fix release
http://www.redmine.org/news/show/11

基本的には、BugFixが中心の模様。セキュリティ関連(LDAP)のものから、IE6での「問題」一覧でのサブメニューが使えない問題とか、Mercurialとの連携部の修正など数点。



			
  • Fixed: private projects name are displayed on account/show even if the current user doesn't have access to these private projects
  • Fixed: potential LDAP authentication security flaw
  • Fixed: context submenus on the issue list don't show up with IE6.
  • Fixed: Themes are not applied with Rails 2.0
  • Fixed: crash when fetching Mercurial changesets if changeset[:files] is nil
  • Fixed: Mercurial repository browsing
  • Fixed: undefined local variable or method 'log' in CvsAdapter when a cvs command fails
  • Fixed: not null constraints not removed with Postgresql
  • Doctype set to transitional

2008/03/12

Ship

lighttpd 1.4.19 Release


lighttpdの新バージョン1.4.19が約半年ぶりにリリース。

http://www.lighttpd.net/2008/3/10/1-4-19-made-in-germany


多くのBugFix(セキュリティに関するものも)を含んでいるとのことで、1.4系を利用されている場合は、この新しい1.4.19のバージョンにアップすることが推奨されているようです。


fcgi関連(spawn-fcgiが多いけど)や、mod_extforwardに関するものもあがっているみたいなので、社内で使っているlighttpdもバージョンアップしてみようかな、と検討中。


続きを読む

Subversionで特定のリビジョン間の差分ファイル一式が欲しいとき


社内SNSにて質問が挙がっていたものについて回答したもの。社内で思ったより関心度が高かったので、こちらにも。

挙がった質問は以下。

保守案件のリリースごとにタグを分けるとして

前回のリリース以降に変更されたファイルだけを取り出したい。(お客様に送るので)

どうすればできますか?


Subversionで、特定のリビジョン間や、あるタグ(バージョン)とタグでの変更ファイル一式(差分のみ)が欲しいときはどうやればよいのか、というもの。

TortoiseSVN(社内での利用率が高いため)を使って、実現してみます。


以下の方法で、多分上手くいくと思います。お試しください。

# 上手くいかなかったら、ごめんなさい。



まず、リポジトリブラウザで、


http://farm4.static.flickr.com/3024/2329226440_dfd812e266.jpg

差分が欲しいバージョン(タグ)を上図のように選択(2つ)します。

で、右クリックして「リビジョンを比較」をクリックします。

上の例は、タグを選ぶ形ですが、「ログを表示」などから、特定のリビジョン間を選択することも可能です。


http://farm4.static.flickr.com/3064/2329226524_eb63bdabe5.jpg

すると、上で選んだバージョン間(リビジョン間)で変更されたファイルの一覧が表示されますので、全部選んで、右クリックして「選択をエクスポート」をクリックすると、現在の作業コピーとは別の場所とかに、エクスポートすることが可能です。

もちろん、必要なものだけを手動で選択してエクスポートしてもOKです。


# マスキングしたら、エラく見難い画像になってしまった・・・すんません。

2008/03/11

RX-7(FD3S)

FD(RX-7)を一眼レフで夜間撮影


先日、無性に流したくなって羽田空港までブラリとドライブしてきました。

前回行ったとき(d:id:rx7:20070707:p3)は、コンデジで記念写真を撮っていたのもあって、今回はデジタル一眼レフ(Nikon D80)と三脚を持って出かけてみました。


当たり前なんですが、やっぱり三脚とリモコンがあるとブレないから楽ですね。

↓のデジ一で撮った写真を見た後は、やはりコンデジの写真(d:id:rx7:20070707:p3)はそれ相応の写りに見えますね。。。


続きを読む

GRUBで停止してOSが起動しない場合


CentOS5の話。

何気なく"yum update"を実行し、パッケージのアップデートを実施した。で、kernelのアップデートも含まれていて、それも踏まえた上で普通にアップデートしたつもりだった。


が、しかし、その後、kernelがアップデートされたので再起動したところ、画面に「GRUB」の文字が表示されたままビープ音が鳴り続け、OSが起動しなくなってしまった


久しぶりですよ、GRUBで止まったの。復旧手順なんてすっかり忘れてしまった。フロッピーディスクドライブもないしなぁ、、、と呟きつつ、Google大先生に教えてもらいましたYO!


とりあえず、CentOS5のインストールディスク(私はネットワークインストール用を使いました d:id:rx7:20080220:p1)からCDブートし、「linux rescue」と入力し、レスキューモードで起動。

んで、ごちゃごちゃと注意書きとガイドが出てくるので、OKを数回押しつつ、シェルのプロンプトが出てきたら、以下の順にコマンドを叩いて復旧。


# chroot /mnt/sysimage
# grub-install /dev/md0

私はソフトウェアRAIDを組んでいるので、/dev/md0(/boot用のパーティション)としています。

普通にハードディスク1本の場合は、/dev/hda1か/dev/sda1というところでしょうか。この辺はお使いの環境にあわせてご変更ください。


GRUBの再インストールが完了したところで、再起動すると見事に復旧。


ちなみに、、、

# grub-install /dev/md1
/dev/md1 does not have any corresponding BIOS drive.

最初、勘違いして、/dev/md1と叩くと上記のエラーが出ました。いつもの癖でソフトウェアRAIDの場合、md"0"から始まっていることを忘れていました。

OSインストール時のディスクパーティションの切り方にもよりますが、このあたりご注意を。

ファイルサーバのハードディスクを選定中


さて、大容量NASを作るべく、ディスクが入っていないML115が転がっているのですが、こやつにいい加減ディスク(4本)を付けて、RAID5あたりで構築しようと思っています。

長年、色々ハードディスクを使ってきたけど、やっぱり買うならSeagate製かな。


て、ことで、"Barracuda 7200.11"と"Barracuda 7200.10"を比較中。


ModelBarracuda
7200.11
750GB
Barracuda
7200.10
750GB
Barracuda
7200.11
500GB
Barracuda
7200.10
500GB
Cache32MB16MB32MB16MB
Heads/Disks6/38/44/26/3
Price(Akiba)\18,690\17,980\10,980\9,980

※Priceは2008/03/11現在のものです。


4本入れることになるので、500GBだと2TB(RAID5なので、実効容量は1.5TB)、750GBを買うと3TB(RAID5なので、実効容量は2.25TB)。

もちろん、単位容量あたりのコストパフォーマンスが高いのは500GBモデルなのだが、これくらいの差なら750GBでもいいかなーと思ったり。

Cache容量の違いは、どのくらいあるか分からないけど、やっぱりプラッタ枚数が少ないのは、パフォーマンスおよび耐久性に影響が出そうなこともあって、Barracuda 7200.11に惹かれるなぁ。

やっぱりプラッタの枚数は2枚までが理想で、頑張っても3枚までにおさめたいところですよね。


となると、もうBarracuda 7200.11の750GBが欲しいという結論に達する。ん〜、4本一気に買わなければいけないのが(金銭的に)迷わせるところだ。


参考

Barracuda 7200.11 データシート
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_barracuda_7200_11.pdf
Barracuda 7200.10 データシート
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_barracuda_7200_10.pdf

2008/03/09

alook

眼鏡を買った


眼鏡が壊れてしまったので、新宿のalookで眼鏡を購入。


今使っている眼鏡や、その前に使っていた眼鏡も、Four Nines(999.9 : フォーナインズ)の眼鏡だったのですが、今回は安めの眼鏡にしてみました。

ちなみに999.9の眼鏡は、2回ともセルフレームで、両方とも折れてしまいました。セルフレームの眼鏡を長年使用した以上、仕方の無いことなのかもしれません。ちなみに、今回は4年半ほど使用。


今回、眼鏡を購入させていただいたalookは、かなりリーズナブルな値段設定で、フレーム+レンズが\5,250, \8,400, \12,600, \18,900の4パターンのみとなっていて、種類もかなり豊富に置いてあります。


レンズが一番安いタイプ(球面レンズ)で上記の価格設定なので、非球面レンズを買おうとすると、もう少し高くなります。


http://farm3.static.flickr.com/2354/2320423347_baa557ec9c.jpg

このビルの全フロアがalookとなっています。結構広いでしょ。

7Fが検査フロアとなっているので、手ぶらで行っても大丈夫です。眼鏡を購入するにあたっての検査は無料でやっていただけます。


http://farm4.static.flickr.com/3062/2321237630_b0738da5a9.jpg

買った眼鏡がコレ。今回はメタルフレームにして、ちょっとインテリな感じを目指してみました。

ちなみに、999.9の眼鏡を買ったときの1/3くらいの値段で買えてしまいました。学生の頃の方が高い眼鏡を買ってたワシって。。。


ちなみにalookで扱っているレンズは5種類あって、標準から2段階グレードを上げてみた(非球面レンズ)のですが、今使っている999.9におさまっているレンズは、かなり良い薄型のレンズであったことが判明。通りで高かったわけだ。


3プライス 着替えるメガネ / アルク alook
http://www.alook.jp/

RX-7 Magazine 2008年3月号


タイトルの雑誌ですが、RX-7乗りの方なら誰もが一度くらいは手にしたことがあるかと思う定番の雑誌です。

が、が、とうとう絶版車になって6年余り、そろそろネタも尽きてきたのかしらね。


とうとう表紙のメインがRX-7ではなくRX-8になっちゃっています。。。


まぁ、、、止むを得んか・・・。でも、RX-7マガジンなんだけどなw



2008/03/08

ガレージングマンション「クレエ浮間舟

ガレージングマンション「クレエ浮間舟渡」


ビルトインガレージに憧れている車乗りの方は数多くいるはず。

最近、単なるガレージ付きのマンションではなく、ガレージと住居が一体化しているマンションも数多く建設されていると聞きます。今回紹介するガレージングマンションは、それが分譲ではなく賃貸であることがポイントです。


ここは、1階と2階部分が、自動車用の賃貸物件(メゾネット)となっていて、1階部分がガレージ+ユーティリティスペース、2階部分が居住スペースです。

3階より上は、バイク専用の物件となっていて、エレベータもバイクが載せられるほど大きなものです。


ちょっと前に、RX-7マガジンを読んでて存在を知ったこのマンションに、本気で引越ししようかと検討をはじめました。

写真だけは色々とWebでも見れたのですが、間取りや家賃の詳細がわからなかったので、問い合わせたところ、すぐにパンフレットのPDFを送っていただき、詳細がわかりました。


色々と検討したのですが、、、

  • 家賃が、今住んでいる場所の家賃+駐車場代よりも、1万円強高い。
    • 今の家賃+駐車場代を超えるのは、生活を切り詰める必要がありキツい。
      • ボーナス無しでも生活していけるようになるくらいじゃないと。
    • つまり、ガレージがあってもガレージングライフを楽しむことができないかもしれない。
  • 駅近にはなるが、今より若干通勤時間が増える。
    • といっても、5分程度なので、それほど問題ではないのですが。
  • 引越しが面倒くさい。

とまぁ、金銭的なところが大きいのが本音ではありますが、今回は見送らせていただくことにしました。

パンフレットPDFを送っていただいた担当者の方、ありがとうございました。そして申し訳ありません。


しかしまぁ、かなり魅力的なマンションなんです!憧れますよね。もう少し家賃が安ければ住んだかもしれません。デザインと環境は申し分なさそうです。


数日前に1F+2Fの自動車向けの住まいが残っているか問い合わせたところ、残っているそうですので、気になる方はお早めにお問い合わせされたほうが良いかと思います。


マジでイケてるので、もうちょっと写真つきで宣伝してみます。


http://farm3.static.flickr.com/2381/2317681883_95e60492f3_o.jpg

これがマンションの外観前景です。デザイナーズマンションなので、外観もかっこよくて申し分ナシです。

前に面している道路も広そうで、車庫入れで困ることもなさそうです。


http://farm3.static.flickr.com/2159/2317681451_5c27d9b552_o.jpg

これが検討していた1F+2Fの自動車向けの物件。ガレージも外から見えるので、車をアピールすることが出来ます。


http://farm3.static.flickr.com/2200/2317681493_ccfae8001e_o.jpg

別角度から。シャッターはもちろん電動で、ポリカーボネート製だそうです。


http://farm4.static.flickr.com/3193/2318517792_13dcbe10a6_o.jpg

構造的にはこんな感じです。


http://farm4.static.flickr.com/3251/2317681531_34e946295c_o.jpg

オープンさせるとこんな感じ。電動シャッターはセンサー付きで挟み込みの心配も無いそうです。


http://farm4.static.flickr.com/3035/2317681563_0a230d8beb_o.jpg

ガレージ内部はこんな感じです。十分に広く、原付や自転車も余裕で置けそうです。


http://farm4.static.flickr.com/3130/2318489020_bb6f453d73_o.jpg

なんと地下ピット付きなんですよ!!!鉄板を外せばこの通り。使わないときは、収納庫としても使えそうで、かなり実用的ですよね。


http://farm3.static.flickr.com/2219/2317681613_c19d9071ba_o.jpg

そしてガレージの奥にはユーティリティスペースがあります。工具置きにするもよし、バイクを置くもよし、プライベートルームにするもよし、と想像が膨らみます。


http://farm4.static.flickr.com/3233/2317681717_61a75e39c2_o.jpg

ユーティリティスペースから2Fに上がると、そこはもう居住スペース。ちなみにこの写真の手前が玄関のようです。(人が入ってくるときのね)


http://farm3.static.flickr.com/2398/2317681765_9281397b54_o.jpg

まぁ、この辺の見た目は普通のワンルームマンションですね。照明なんかがデザイナーズマンションな雰囲気を醸し出しています。


http://farm3.static.flickr.com/2408/2318489150_dc4d9a5a2e_o.jpg

マンションのエントランスです。上品にまとまっていますね。吹き抜けになっているようです。


http://farm4.static.flickr.com/3250/2320518385_464bd1a862_o.jpg

エントランスから中に入り、上を見上げるとそこは吹き抜けとなっているそうです。開放感ありますね。


http://farm3.static.flickr.com/2382/2321333996_ef020b8417.jpg

エレベータも、バイクを自在に部屋へ運びこめる、この余裕の広さ。さすが、バイカーズマンションでもある。


http://farm3.static.flickr.com/2334/2320518489_040019ecc1_o.jpg

3F以上のフロアはこんな感じで、ワンルーム形式でかなり広々(20畳超)使えるようです。ここはここで羨ましい!ガラス張りのためバイクをアピールすることが可能です。


http://farm3.static.flickr.com/2196/2321333834_41cc5b27f5_o.jpg

こんな感じで自転車マウントがあるお部屋もあるみたいです。


http://farm3.static.flickr.com/2349/2318488726_c79d8f51d0_o.jpg

最後にもう一度外観前景です。どうでしょう?かなり魅力的ではないですか?


気になった方は、以下のブログからお問い合わせされると良いかと思います。偶然にも同じRX-7(FD3S)乗りの方のようです。FDカッコいいなぁ。


やまちゃんガレージングライフでいこう!
http://shinyafd3s.cocolog-nifty.com/

参考

もっと他の写真や情報が気になる方は以下リンク先をご覧になられるのが良いかと思います。


クレエ浮間舟渡一覧
http://shinyafd3s.cocolog-nifty.com/photos/fudo/index.html
クレエ浮間舟渡平面図
http://shinyafd3s.cocolog-nifty.com/photos/fudo1/index.html

これ以上の情報が欲しい方は、お問い合わせされると、さらに詳細なパンフレットPDFを送付していただけます。

小物入れ(Nintendo DS用)


相方が作ってくれました。

以前から、ニンテンドーDS用の入れ物がなくて、そのまま持ち歩いていたのですよ。プチプチに入れてたこともあったっけ。

なかなか可愛い感じです。幼稚園や小学生の頃、母親に作ってもらったのを思い出しますね。


http://farm4.static.flickr.com/3100/2317767895_64169bb8a0.jpg

NFSの接続でタイムアウトが発生した時の対処(mount: RPC: Timed out)


ディスクレスサーバを作っている時の話。

ネットワークブート用のセグメントを使って、PXEブートしたサーバから、NFSサーバをマウントし、ルートファイルシステムをごっそりコピーしようとすると、マウントできず、以下のエラーが表示された。


mount: RPC: Timed out

色々、設定を見直すも、


  • iptables(ファイヤーウォール)は動かしていない
  • portmap(ポートマッパー)は稼動している
  • NFSのデーモンはもちろん、rpc系のプロセス(rpc.mountd, rpc.lockd, rpc.statdなど)も全て生きている
  • ネットワーク的な疎通はできている(ftpやpingはOK)
  • /etc/hosts.denyに記載はない
  • サーバはNFSv3、クライアントもv3に対応していると思われる
  • showmountコマンドで、設定が正しく反映されて稼動していることを確認
  • 他のクライアントからは正常にNFSマウントできる

さて、どうしたものか。

ちなみに、この際のNFSサーバ側のログ(syslog)は以下。


Mar  6 10:43:00 blaze mountd[20658]: authenticated mount request from 10.2.2.240:679 for /tftpboot/Linux (/tftpboot)

9章. NFS(Network File System)
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/ch-nfs.html

↑のページによると、

NFSは、クライアントシステムが共有NFSリソースをマウントしようとする時にのみ、認証を実行します。NFSサービスへのアクセスを制限するにはTCPラッパーを使用します。
TCPラッパーは、/etc/hosts.allowファイルと/etc/hosts.denyファイルを読み込み、ある特定のクライアントやネットワークによるNFSサーバーへのアクセスの許可/拒否を判定します。
TCPラッパーによるアクセス制御の設定についての詳細は章17章を参照ください。

とある。が、上記のsyslogを見る限りは、認証は上手く通っているように見える。でも、どこの認証が通っているかもよくわからないなぁ?と思い、他にも色々探していたのですが、何とか答えが見つかった。


[linux-users:51681] Re: NFSでTimed outが出ます
http://search.luky.org/linux-users.5/msg01650.html

↑のURL内での回答を以下に引用させていただきます。

nfs は tcp wrapper が接続してくるクライアントを監視していますから、
ip number -> ip name への逆引きができるようになっていないとうまく
接続できません。

おぉ、確かに、NFSクライアントは、ネットワークブート用のセグメント(つまり、DNSには登録されないようなアドレス)から接続に来るため、/etc/hostsにでも名前を定義しておかないと、IPアドレス⇒ホスト名の逆引きが出来ない状態でした。


なので、/etc/hostsに、IPアドレスと名前のマッピングの定義をしてやることで無事NFSマウントできるようになりました。

NFSのタイムアウトエラーで、困ったときのご参考まで。


ちなみに、/etc/hostsに静的にホスト名とIPアドレスを登録したので、PXEブート(ネットワークブート)時にDHCPから割り当てるIPアドレスを固定にしました。(DHCPサーバの機能で、MACアドレスに紐づくIPアドレスを登録しておくことで、固定のIPを割り当てることが出来ます。)


参考

[linux-users:51681] Re: NFSでTimed outが出ます
http://search.luky.org/linux-users.5/msg01650.html
9章. NFS(Network File System)
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/ch-nfs.html
17章. TCPラッパーと xinetd
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/ch-tcpwrappers.html

2008/03/06

Building

Debianでnslookupやdigが使えない場合


dnsutilsが入っていないだけの模様。

普通にCD等からOSインストールすれば当たり前のように使えるユーティリティも、debootstrapで作るイメージは本当にミニマムセットだから、入っていないことも。

というわけで、aptでインストールすれば無事nslookupもdigも使えるようになります。

# apt-get install dnsutils

上記コマンドでインストールするのみ。


# apt-cache search dnsutils
dnsutils - Clients provided with BIND

参考まで。

2008/03/01

mozilla Firefox (紙袋 : OSC2008)

オープンソースカンファレンス2008(OSC2008 Tokyo/Spring)に行ってきました(2日目)


今日も行ってきました。OSC2008。

とはいっても、午後からは会社に行かなければいけなかったため、朝一の仮想化のセッションだけお邪魔してきました。

# 午後のOpenPNEの話も聞きたかったなぁ。。。


オープンソースカンファレンス2008 Tokyo/Spring
http://www.ospn.jp/osc2008-spring/

昨日のは、d:id:rx7:20080229:p1 に書いています。


「Xen」 - こんな使い方はいかがですか?

Xenとは何か?は程々に、Xenでこんなこと出来ますよ!的な本に載っていないような変わったHOWTOが満載だった。

昨日のXenのクラスタに引き続き、このセッションでもiSCSIでの接続が取り上げられていた。Xenでのストレージ活用のトレンドが移ってきてるように感じた。


講演者
  • 長谷川 猛 氏
    • 仮想化友の会
    • (株式会社SRAの方)
    • 普段は、検証環境でVMwareを使ったり、趣味でXenを使ったり

仮想化とは
  • 担当者のイメージ
    • VMwareの画面イメージみたいな実際に動いているイメージ
  • IT部門責任者・お客様のイメージ
    • コスト削減、プロビジョニング・・・
  • 運用コスト
    • サーバ設置する場所
      • 物理的空間、電力、空調設備、コンソール
    • その他
      • 物理的な管理(ケーブリングとか)、運用が複雑化(システムの電源オン・オフ手順、UPS・・・)
      • H/W保守費用とか馬鹿にならない
    • H/Wの利用率向上が見込める
  • x86系プロセッサの特権管理
    • Ring0
      • OSカーネル動作
      • 複数のOSを動かすことが原則できない
    • Ring1, Ring2
      • 普段は未使用
    • Ring3
      • ユーザプログラムが動作
    • VMwareは、Ring0で動いているOSをRing1に追い出して動かしている
  • 仮想化のカタチ
    • コンピュータの仮想化
      • 仮想マシン、パーティニング
      • グリッドコンピューティング
    • ディスクの仮想化
      • RAID
      • 論理ボリュームマネージャ(LVM)
        • LinuxのLVMは、まだまだ不安定なところがある
          • スナップショットとったら壊れちゃったり・・・
      • グリッドファイルシステム
    • ネットワークの仮想化
      • VLANなど
  • 現在の仮想化技術
    • ハイパーバイザ型
    • ホスト型
    • カーネル共有型
  • CPU動作クロックの限界がきている
    • 動作クロックの限界、電力あたりの効率悪化
    • これからは、マルチコア化、マルチスレッド化へ進んでいる

ネットワークストレージの活用化
  • iSCSI
    • Internet SCSI
      • SCSIプロトコルをTCP/IP網で使う
      • SANみたいなのが簡単(安価に)に組める
      • IPベースなので距離制限がない(ディザスタリカバリなどの用途にもGood)
    • XenとiSCSIの組み合わせ
      • (Xen徹底入門に解説がある)
      • クイックガイド
        • iSCSIターゲット
          • /etc/inetd.conf
        • イニシエータからOpen-iSCSIを使って接続する
          • iscsiadm ・・・
        • Domain-UからiSCSIデバイスを使用する
    • iSCSI + IPSec
      • iSCSI自体は、I/Oトラフィックを保護できない
        • IPSecを使って保護する
      • Dom0とストレージの間をIPSec化
        • IPSecポリシの設定

仮想ネットワークの活用
  • Domain-UからのPPPoE
    • ルータとは別に、Domain-Uでプロバイダ接続(PPPoEで)
      • network-bridgeを使う
      • pppoeconfでPPPoEの設定
      • /etc/network/interfaceでDomain-Uが起動した瞬間にPPPoEセッション張るように設定しておく
    • iprouteを使って経路制御

まとめ
  • 今回はXenの話を全然していない
  • 今回使ったもの
    • IPSecスタック(usagi)
    • user-mode PPPoE
    • iproute2
    • iSCSIイニシエータ、ターゲット

質疑応答
  • 仮想化させたときのI/Oオーバーヘッドは?(iSCSI)
    • I/Oは仮想化でもそれほどエミュレーションしていない
    • PVドライバを使用(I/Oエミュレーション)したときと未使用(準仮想化I/O)の場合を比較して、約20倍の性能差が出た(準仮想化の方が高速)
    • 物理マシンと比較しても9割の性能値は出ている
  • マルチコアのマシンは簡単に使える?コアは使いきれる?
    • 入れるだけでOKの認識。Xenでは、どのマシンをどのコアに割り当てるか、など柔軟な設定が可能
  • CPU利用率はどのくらいを目安に構築するべきか(サイジング)
    • 普通の本などには書かれていないので、日々試行錯誤している
    • 仮想マシンにのせるサービスによりけり
    • ピークタイムが分散しているようなアプリケーションを仮想化で統合するような使い方が望ましい
    • 講演者の身近なところでは、60%前後まででおさまるように設計している
  • Xenでは、複数のマシンからディスクを共有した場合に、I/Oトラフィックを均一化・制御できるのか?
    • Xen側で優先度を付けることが可能
    • ディスクのグループ(LVMなど)も分けてしまって手動で運用するパターンもある

AutoExe Options 2008


今年も、AutoExeさんからの贈り物が届きました。いつもありがとうございます!

もう春が来たんですね・・・。(ちょっと言い過ぎか)


http://farm3.static.flickr.com/2348/2301405319_4782411e1d.jpg

新アテンザが気になるなぁ。


オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版 ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE) SQLアンチパターン インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化 Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)