元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)WRX STI関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。

2008/06/12

HatenarMaps

SSL証明書の価格ってピンキリですよね


Webサーバで利用するようなSSL証明書の価格って、物凄くピンキリですよね。

違いが良くわからなかったので簡単に調べたのですが、ピンキリの価格差は、以下の項目への対応度合いと、ブランドイメージ(ネームバリュー)が強く価格に出ている感じがしました。


  • ルートCAであるか、中間CAであるか
    • 中間証明書の場合は、クライアントのブラウザに証明書のインストールが必要
  • 各種ブラウザへの対応状況
  • 携帯電話ブラウザへの対応状況
  • 企業存在確認の方法(機械的か、人手を介するか)
    • EV SSL証明書(厳重な審査&ブラウザのアドレスバーが緑になるらしい)などもある
  • 暗号化レベルの対応幅(40bit, 128bit, 256bit...)

SSL証明書といえば代名詞的な存在がVeriSign(ベリサイン)社ですが、いかんせんお高い。

そもそも信頼性を保障するものなので、厳密に審査されるものはお高くて当然なのですが。


が、世の中には物凄く安いSSL証明書も存在しています。

それがRapid-SSL(http://www.rapid-ssl.jp/)です。

Rapid-SSLは、別に怪しい業者でも何でもなくて、かのGeoTrust社の中の一部門が販売を推進している低価格ソリューションです。


しかも、なんと年額3,900円です。

シングルルート証明書ですよ。複数年契約すると、さらにお得になります。

SBMや個人事業主向けには、求められる要件次第ではありますが、こういったお試し価格的に始められるSSL証明書は良いですね。


RapidSSLの詳細については以下URLからどうぞ。

http://www.rapid-ssl.jp/ssl-certificate-products/ssl-certificate.htm


その他、サーバの様々なSSL証明書の比較については、以下の参考リンク先が結構いい感じでまとまっています。

# あ、別に、私は回し物でも何でもありませんので。。。


参考

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。


オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版 ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE) SQLアンチパターン インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化 Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)

Connection: close