元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)WRX STI関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。

2009/10/30

by Oxherder Arts

Amazon EC2でハイメモリインスタンスの追加と、利用料金の値下げ、新サービスの追加


少し出遅れた感の紹介ではありますが、Amazon EC2のインスタンスタイプで、ハイメモリタイプのサーバが追加されました。また、EC2のインスタンス料金の単価が11/1より値下げされます。

あと、それ同時に新サービスとして、MySQLデータベースをサービスとして提供するAmazon RDS (Relational Database Service)が発表されています。


インスタンスタイプの増加により、より用途に応じて利用の幅が広がったことと、利用料金の値下げが利用障壁の低下、利用継続(ライバルサービスへの牽制)となりうるのでしょうか。


ハイメモリタイプのインスタンス(High-Memory Instances)が追加

Amazon RDSのようなデータベース向きの仮想サーバ(インスタンス)としてなのか、メモリが従来のインスタンスの最大値のそれぞれ2倍、4倍となるハイメモリタイプのインスタンスが2種類追加されています。

これで、従来5種類から選ぶ必要があったインスタンスタイプが、全部で7種類に増えたことになります。


追加されたハイメモリタイプのインスタンスは以下の通りです。


High-Memory Instances
InstancePriceMemoryCPUDiskPlatform
High-Memory
Double Extra
Large Instance

$1.2034.2 GB13 EC2 Compute Units
(4 virtual cores with
3.25 EC2 Compute Units each)
850 GB64-bit
High-Memory
Quadruple Extra
Large Instance
$2.4068.4 GB26 EC2 Compute Units
(8 virtual cores with
3.25 EC2 Compute Units each)
1690 GB64-bit

価格こそ跳ね上がりますが、これまで以上に高クロックなCPUと、34.2GBもしくは68.4GBといった巨大なメモリを扱うことの出来るインスタンスです。DBサーバ向きでしょうか。

尚、価格はLinux/UnixベースのOSを利用した場合のものです。Windows OSを利用する場合は、20%増の価格となります。


せっかくなので、以下に従来から提供されている5種類のインスタンス表も書いておきます。


Standard Instances
InstancePriceMemoryCPUDiskPlatform
Small Instance
(Default)
$0.0851.7 GB1 EC2 Compute Unit
(1 virtual core with
1 EC2 Compute Unit)
160 GB32-bit
Large Instance$0.347.5 GB4 EC2 Compute Units
(2 virtual cores with
2 EC2 Compute Units each)
850 GB64-bit
Extra Large Instance$0.6815 GB8 EC2 Compute Units
(4 virtual cores with
2 EC2 Compute Units each)
1690 GB64-bit

High-CPU Instances
InstancePriceMemoryCPUDiskPlatform
High-CPU
Medium Instance
$0.171.7 GB5 EC2 Compute Units
(2 virtual cores with
2.5 EC2 Compute Units each)
350 GB32-bit
High-CPU
Extra Large Instance
$0.687 GB20 EC2 Compute Units
(8 virtual cores with
2.5 EC2 Compute Units each)
1690 GB64-bit

EC2インスタンス利用料金の値下げ

以下の価格表を見る限りは、Linux/UnixベースのOSを利用する場合は15%値下げの価格となります。

Windows OSの場合は、約4%の値下げです。

以下は、US(アメリカ)で稼動させる場合とEU(ヨーロッパ)で稼動させる場合の2パターンの価格表です。


United States

f:id:rx7:20091030183351p:image:w480


Europe

f:id:rx7:20091030182937p:image:w480


上段の黒色の数字が、現状(〜2009/10/31)の価格、下段の緑色の数字が新価格(2009/11/01〜)となります。

1つ気になるのは、長期利用割引であるReserved Instanceの存在※です。こちらは今のところ特に値下げは発表されていません(2009/08に値下げ済ですが)が、こちらも値下げされるようであれば、このコストパフォーマンスはかなり魅力的であると言えます。

Amazon EC2のReserved Instances(長期利用割引)が値下げ


Amazon RDS (Relational Database Service)

Amazon RDSは「MySQL」のデータベースをクラウドで利用できるサービスです。対応しているデータベースはMySQL 5.1ベースで、基本的にMySQLの機能をフルに利用可能です。

バックアップを自動で行ってくれたり、スナップショットが取れたり、DBを稼動させたままスケールアップ/スケールダウンをすることも可能(数分の切断があるらしい)です。完全にPaaS(DaaS)のレイヤと言えるでしょう。

料金は、1時間単位の従量課金で、時間単位の他に、ディスク容量(EBSと同価格)、I/O数、転送量などが課金されます。基本的には、Amazon EC2(MySQL) + EBS(ストレージ) + S3(スナップショット)という感じですね。

ちなみに、Amazon Web Servicesには、既に「Amazon SimpleDB」と呼ばれるDaaSを展開していますが、いわゆるRDBMSの機能は備えていません。


具体的な使い方については、既に紹介されている方もいますが、私も改めて別エントリで紹介したいと思います。


関連リンク


まとめ


2009/10/29

Google先生に認識していただきました


ようやくGoogle先生に認めていただけたみたいです!

f:id:rx7:20091030185703p:image:w480

"他のキーワード"で私のフルネームが。

# で?っていう・・・(^^;;

2009/10/27

クラウド Amazon EC2/S3のすべて 〜実

見本誌が届きました「クラウド Amazon EC2/S3のすべて ~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~」


先日、宣伝(Amazon EC2/S3を使う上での設計/運用ノウハウをまとめた書籍を出します)させていただいた件ですが、今日手元に見本誌が届きました!


クラウド Amazon EC2/S3のすべて 〜実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ〜


この前のRedmine本の時(Redmine -もっと手軽にプロジェクト管理!- を書きました&発売されます!)も思いましたが、やはり見本誌が手元に届くと、書いたものがカタチになったことを実感しますね。あとは多くの方の手に取ってもらえるよう、アピールしていきたいと思っています。


f:id:rx7:20091027005036p:image

ちなみに、昨日Amazonのランキングでは全体で239位になっていたようで非常に嬉しい限りです!

ご予約・ご購入いただいた方、本当にありがとうございます!11/5まで、今しばらくお待ちくださいm(_"_)m


追記

オレンジニュースさんで取り上げていただきました!ありがとうございます!

(http://d.hatena.ne.jp/rx7/20091026/p1)

f:id:rx7:20091107190404p:image:w480

via. http://secure.ddo.jp/~kaku/tdiary/20091026.html



まとめ


2009/10/26

Amazon EC2/S3を使う上での設計/運用ノウハウをまとめた書籍を出します


日頃、私はビジネスで「Amazon EC2/S3」を活用させていただいています。

最初は手探りでやっていた、Amazon EC2を基盤としたシステム/サービスの構築/運用も、1年以上の実運用(SKIPaaS、他)を経て、今では多くのノウハウがたまり、わかってきたこともたくさんあります。


そんなこんなで、Amazon EC2/S3や、その他Amazon Web Servicesの具体的な操作方法を中心とした情報については、以下のエントリでまとめている次第です。


しかし、上記のエントリで紹介している多くは、チュートリアルや操作方法についてであって、実際に構築や運用を行う上での設計のポイントや実運用時のフローや注意点については紹介しきれていません。

そこで、Amazon EC2/S3を活用したシステム設計を行う上で、通常のオンプレミス(自前での構築/運用)の場合と比較して、どういった点を注意して設計すべきなのか、設計や運用を考える上でどこが違うポイントなのか、などを具体的に解説するべく以下の書籍としてまとめました。(11/5発売予定です!)



本書は、、、

  • クラウドコンピューティングやAmazon Web Servicesの概要
  • Amazon EC2/S3とその他のオプションサービスについての機能や詳細仕様について
  • なぜAmazon EC2/S3を採用するのか、それらのメリット・ポイントについて
  • Amazon EC2/S3を活用したシステム基盤を設計する際のポイント・注意点と対策
  • Amazon EC2/S3を活用したシステムのテストや運用のポイントや事例
  • Amazon EC2/S3の操作方法について、できるだけ詳しく!

的な内容となっています。

実は、もうちょっと書きたいこともあったりするのですが時間的に・・・、それでも十分中身の濃い内容に仕上がったのではないかと思っています。


これから、Amazon EC2/S3を活用したシステム/サービスを作ってみよう、動かしてみよう、という方に是非オススメできる本だと思っていますので、是非一度ご覧になっていただければと思います。


あと、本書をご購入いただいた方向けに、書籍の内容についてフォローできるような仕組みを考えていますので、是非よろしくお願い致します!(詳しくは書籍内に...)



まとめ


2009/10/19

iPhoneで文字入力を行うとアプリが落ちてしまう件


タイトル通りなんですが、非常に困ったことになり、対処・解決できたのでメモ。


メールでも、ブラウザでも、メモアプリでも、ありとあらゆる文字入力を行う場面で、どういうわけか「は」の文字を入力すると、アプリが即座に落ちる現象に遭遇した。再現率100%

「は」以外の文字を入力して変換待ちの状態で「は」を入力すると平気なのですが、何も変換待ちがない状態で「は」を入力すると落ちる。フリック入力で「ひふへほ」の入力は平気だったのですが。


こんな感じなので、メールのやりとりもままならず、困っていましたが、、、


[設定] ⇒ [一般] ⇒ [リセット] ⇒ [キーボードの変換学習をリセット]


を行うことで解決。

まいるよ、ほんと。でも無事直って良かったよかった。


追記

いただいたコメントを眺めていると「は」だけではなく、「な」とか「あ」とか「だ」とか様々な文字で発生するケースがあるようですね。


追記(12/6)

再び、2ヶ月経たずして、同現象に遭遇。今回もやはり「は」がダメでした。iPhone OS 3.1.2がダメなのかなぁ。


追記(2/3)

皆さん、多くのコメントありがとうございます!

本日のiPhone OSのバージョンアップ(3.1.3)の修正内容の中に、

「日本語かなキーボード使用時にアプリケーションがクラッシュする原因となり得る問題を修正」

という項目が含まれていますね。

今回のアップデートで、この問題は修正されたのかもしれませんね〜。

2009/10/18

葛西臨海公園 + ロードバイク

チャリで60km強ほど走ってみた


7月末、執筆続きで疲れてきた頃に、無性に運動がしたくなり、入門用のロードバイクを買いました。楽天で買える安いやつですが。

元々、チャリを持っていなかったので、せっかく買うならと、普通のチャリではなく、少しだけいいやつにしてみました。

安物のロードバイクではありますが、楽天のレビューを見ていると悪くない感じだったので。


ロードバイク


こんなやつです。アルミフレームで700C(700×25C)サイズ。

(楽天では残念ながら、既に売り切れています。)


今まで普通のチャリしか乗ったことなかったのですが、自転車って、こんなに軽く進むものなんですね!ビックリしましたよ、まじで。

もっと高価なヤツは、こんなものじゃないのだろうけど、今の僕にはこれで十分に満足ですw


そんなこんなで、今日は家から海を目指して、ひたすら川沿いのサイクルロードを進み、葛西臨海公園まで行ってみました。往復60km強。

まー、、、思ったよりバテました。というのも行き道は風があったので、かなりしんどかったですね。特に海が近づくにつれては。

そして帰り道は、ほとんど風がなかったので結構楽でしたが、やっぱり足がちょっと痛くなりました。


とはいえ、やっぱり秋のサイクリングは気持ちいいですね!良い運動です。

最近こんな感じで、よく体を動かしています。けっして健康診断の結果がおもわしくなかったからではないw


江戸川

旧江戸川

葛西臨海公園

2009/10/12

bashのキー操作一覧まとめ


bashでは、"Ctrl"や"Esc"キーと組み合わせることで様々な操作ができるので、メモ代わりにまとめておきます。

よくやるのが「Ctrl + s」キーを押してしまうと、フリーズしたかのように見えるので一瞬焦ってしまう。そんな時は・・・


Ctrl + bカーソルを左へ1文字移動 (←キーでもOK)
Ctrl + fカーソルを右へ1文字移動 (→キーでもOK)
Esc + bカーソルを右へ1単語移動
Esc + fカーソルを右へ1単語移動
Ctrl + phistoryの1つ前に入力したコマンドを表示 (↑キーでもOK)
Ctrl + nhistoryの1つ後に入力したコマンドを表示 (↓キーでもOK)
Ctrl + hカーソルの左1文字を削除 (BackspaceキーでもOK)
Ctrl + dカーソルの右1文字を削除 (DeleteキーでもOK)
Ctrl + aカーソルを行の先頭へ移動
Ctrl + eカーソルを行の末尾へ移動
Ctrl + wカーソルの左位置にある1単語(スペースまで)を削除
Ctrl + kカーソル位置から行の末尾までの文字列を削除
Ctrl + u行の先頭から、カーソル位置までの文字列を削除
Ctrl + y直前に削除した文字列を貼り付け
Esc + cカーソルの右1単語の先頭を大文字に
Esc + uカーソル位置から行の末尾までの文字列を全て大文字に
Esc + lカーソル位置から行の末尾までの文字列を全て小文字に
Esc + .historyの最後の1単語を表示
Ctrl + l画面のクリア
Ctrl + jEnter(Return)キーと同じ
Ctrl + mEnter(Return)キーと同じ
Ctrl + oEnter(Return)キーと同じ、かつhistoryの次のコマンドを表示
Ctrl + tカーソルの左位置にある1文字を右の1文字と入れ替え
Ctrl + cフォアグラウンドで実行中のプログラムを強制終了
Ctrl + rhistoryの検索モード (インクリメンタルサーチ)
Ctrl + s画面への出力を停止
Ctrl + q画面への出力を再開

※下記カーソルの右側は、カーソル位置そのものが示す文字列の場合有。


あわせて読みたい



オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版 ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE) SQLアンチパターン インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化 Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)