元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)WRX STI関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。

2011/08/22

by rfranklinaz

HTTPで疎通やレイテンシを確認する「httping」


少し前に、某所のサーバ(自分たちで管理)で、通常時は問題ないのだけど、時々HTTPレスポンスで数秒かかる現象が見受けられたので、再現させるときに目視確認でひたすらHTTPリクエストが送れてレイテンシが確認できる「httping」を利用しました。

httpingは、所謂"ping"のHTTP版。HTTPリクエストでポーリングしてくれるコマンドです。ICMPは受け付けないけどHTTPはOK、そんなサーバにも監視などで使えます。


インストール

Ubuntuでは、aptでインストールできました。簡単。

$ sudo apt-get install httping

これだけです。


簡単な使い方

$ httping (URLまたはIPアドレス)

で、実行可能です。以下、実行例。

$ httping http://xxx.xxx.xxx.xxx/
PING xxx.xxx.xxx.xxx:80 (http://xxx.xxx.xxx.xxx/):
connected to xxx.xxx.xxx.xxx:80, seq=0 time=17.03 ms 
connected to xxx.xxx.xxx.xxx:80, seq=1 time=9.49 ms 
connected to xxx.xxx.xxx.xxx:80, seq=2 time=17.71 ms 
connected to xxx.xxx.xxx.xxx:80, seq=3 time=17.24 ms 
connected to xxx.xxx.xxx.xxx:80, seq=4 time=15.96 ms 
--- http://xxx.xxx.xxx.xxx/ ping statistics ---
5 connects, 5 ok, 0.00% failed
round-trip min/avg/max = 9.5/15.5/17.7 ms

特定のURLに対して、HTTPでのリクエスト/レスポンスの確認となり、応答時間(RTT)の最小/平均/最大がわかります

ちなみに、デフォルトで利用されるのはHEADリクエストです。(レスポンスのボディが含まれない。)

オプションを特に何も付けないと、Linuxでのpingコマンド同様、延々とリクエストを繰り返します。


レスポンスボディの送受信時間も確認したい場合

以下のような感じで実行してみます。(よく使うオプションを色々付けてみました。)

$ httping -c 5 -G -b -s -g http://yyy.xxx.com/img/xxx.jpg
PING yyy.xxx.com:80 (http://yyy.xxx.com/img/xxx.jpg):
connected to yyy.xxx.com:80, seq=0 time=1668.50 ms 200 OK 129KB/s
connected to yyy.xxx.com:80, seq=1 time=1897.33 ms 200 OK 113KB/s
connected to yyy.xxx.com:80, seq=2 time=2075.83 ms 200 OK 99KB/s
connected to yyy.xxx.com:80, seq=3 time=2197.23 ms 200 OK 97KB/s
connected to yyy.xxx.com:80, seq=4 time=1920.53 ms 200 OK 111KB/s
--- http://yyy.xxx.com/img/xxx.jpg ping statistics ---
5 connects, 5 ok, 0.00% failed
round-trip min/avg/max = 1668.5/1951.9/2197.2 ms
Transfer speed: min/avg/max = 97/110/129 KB

この例では、少しサイズのある画像をリクエストし、"-G"オプションを利用してGETリクエストを送り、ファイルデータといったBODY自体の送受信時間も含んでいるため、応答時間が↑の例より大きくなっていることが確認できるかと思います。

ちなみに"-c"は回数の指定、"-G"はGETリクエストの指定、"-b"はデータ転送速度の表示(KB/sec)、"-s"はステータスコードの表示、"-g"はターゲットとなるURLを指定するオプションです。

尚、"-b"オプションを付けているため、転送速度の最小/平均/最大値も確認できます。


その他のオプション

を参考までに載せておきます。

ちなみに、今回↑で私が使ったバージョンは、1.4.4でした。

$ httping -V
HTTPing v1.4.4, (C) 2003-2010 folkert@vanheusden.com
SSL support included

SSLもサポートしていますね。(自分でビルドするときはopensslなどのライブラリが必要なはず。)

他にも、インターバルのオプションはよく使うし、↓のオプション一覧を見ていると、Proxyの設定や、UserAgentやリファラの定義、何をもってしてOKとするかなどの定義、BASIC認証の対応、Cookieの付加、Nagios modeなんてのもありました。

気になる方は、色々試してみてください。


$ httping --help

-g url         url (e.g. -g http://localhost/)
-h hostname    hostname (e.g. localhost)
-p portnr      portnumber (e.g. 80)
-x host:port   hostname+portnumber of proxyserver
-c count       how many times to connect
-i interval    delay between each connect
-t timeout     timeout (default: 30s)
-6             use IPv6
-s             show statuscodes
-S             split time in connect-time and processing time
-G             do a GET request instead of HEAD (read the
               contents of the page as well)
-b             show transfer speed in KB/s (use with -G)
-B             like -b but use compression if available
-L x           limit the amount of data transferred (for -b)
               to 'x' (in bytes)
-X             show the number of KB transferred (for -b)
-l             connect using SSL
-z             show fingerprint (SSL)
-f             flood connect (no delays)
-a             audible ping
-m             give machine parseable output (see
               also -o and -e)
-o rc,rc,...   what http results codes indicate 'ok'
               coma seperated WITHOUT spaces inbetween
               default is 200, use with -e
-e str         string to display when http result code
               doesn't match
-I str         use 'str' for the UserAgent header
-R str         use 'str' for the Referer header
-r             resolve hostname only once (usefull when
               pinging roundrobin DNS: also takes the first
               DNS lookup out of the loop so that the first
               measurement is also correct)
-n warn,crit   Nagios-mode: return 1 when avg. response time
               >= warn, 2 if >= crit, otherwhise return 0
-N x           Nagios mode 2: return 0 when all fine, 'x'
               when anything failes
-y ip[:port]   bind to ip-address (and thus interface) [/port]
-q             quiet, only returncode
-A             Activate Basic authentication
-U Username    needed for authentication
-P Password    needed for authentication
-C cookie=value Add a cookie to the request
-V             show the version


--url			-g
--hostname		-h
--port			-p
--host-port		-x
--count		-c
--interval		-i
--timeout		-t
--ipv6		-	6
--show-statusodes	-s
--split-time		-S
--get-request		-G
--show-transfer-speed	-b
--show-xfer-speed-compressed		-B
--data-limit		-L
--show-kb		-X
--use-ssl		-l
--show-fingerprint	-z
--flood		-f
--audible-ping		-a
--parseable-output	-m
--ok-result-codes	-o
--result-string	-e
--user-agent		-I
--referer		-S
--resolve-once		-r
--nagios-mode-1	-n
--nagios-mode-2	-n
--bind-to		-y
--quiet		-q
--basic-auth		-A
--username		-U
--password		-P
--cookie		-C
--version		-V
--help			-h

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rx7/20110822/p0

オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版 ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE) SQLアンチパターン インターネットのカタチ―もろさが織り成す粘り強い世界― ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化 Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)