元RX-7乗りの適当な日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

RX-7(FD3S)』関連のキーワードで検索されて来られた方へ。
右サイドのカテゴリ『』をクリックすると関連する項目だけが表示されます。
日々の写真は『Flickr』で公開しています。『MyMiniCity』もお願いします。

2011/09/04

tux (Linux)

新人のLinuxサーバ管理者におススメしたい1冊の書籍


ここ1〜2ヶ月くらい、色々な方に「最近入った新卒に読んでもらいたいLinuxの入門書とかってないですか?」と聞かれることがすごく多かったので、ここで紹介してみたいと思います。

ここで対象にしているのは、会社の新人研修なんかで1〜2日くらいは軽くLinuxに触れる機会があったけど、現場に配属されて、Linuxサーバの構築や運用をするような、Linuxサーバの"運用"初心者であるケースです。多少のコマンドの使い方や簡単な概念はわかったけど・・・の次のステップに上がるタイミングで手にとってみてはどうだろうか、と。


Linuxの教科書 - ホントに読んでほしいroot入門講座

私が本屋さんでペラペラとめくった感じでは、これが一番良かったです。

正直、細かい仕組みの話とかはあまり網羅していない感じですが、現場で必ず役に立ちそうな実践よりの内容でした。どこに何があるんだろう?とか、こういう時どこを見ればいいんだろう?とか、仕組みとか概念より(眠くなりそうな話より)、まず手を動かすために必要なことが網羅されている感じです。

Linuxサーバを扱う上で、rootになって諸作業をする方には、一通り読んでいただきたい内容です。実際に構築・運用する上できっと出てくる「?」な内容に答えてくれる1冊になるはず。読む対象がビギナーすぎず、エキスパートすぎない書籍だと思います。


追記:Amazonの在庫が無くなってきたので、楽天ブックスのリンクもw
・root養成講座(前編/後編)
・シェルの賢い使い方
・ファイルシステム入門
・デーモンの基礎と運用法
・クラッキング対策のイ・ロ・ハ
・シスログとcronによるサーバ管理
・バックアップ&リストアの実践ノウハウ
・サーバとネットワークの性能管理
・IPネットワークの障害対策(前編/後編) 

おまけ:他によく挙がるだろう書籍

こっちは意外と、仕組みの話が割りと書いてあって、上記で紹介したものよりは、深く理解するための1冊かも。どちらかというと、上記書籍の次に読みたくなるレベルのものじゃないかと。そんな印象。

私は、それよりはまず現場で実践的に使ってみて、より深く理解したくなれば仕組みを細かく見ていけば良いと思います。細かい仕組みの書籍はいくつかあるので、そちらも参考に見比べてもらえれば、と。


こっちは、Linuxというよりはもう少し幅広く"インフラ"全般にフォーカスをあてられています。


改訂 新Linux/UNIX入門

改訂 新Linux/UNIX入門

ちなみに、私が初めて買った書籍はコレだった。確か。

もう10年以上前で学生の頃だけど。まだ"新"が付いていなかったと記憶。隣に並んでいた独習Linuxよりはわかりやすかったかなw

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。


オススメ (一部は、最近読んでいる本とも言う)
クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~ [Web開発者のための]大規模サービス技術入門 ―データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ) [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 [WEB+DB PRESS plusシリーズ] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ) Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置 スケーラブルWebサイト 実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版 クラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術まで 4Gbpsを超えるWebサービス構築術 小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記 ――インターネットやサーバのしくみが楽しくわかる ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)