Hatena::ブログ(Diary)

陋巷戦史 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 

2006-12-27

[]正しい戦争なんて、どこにもない。責任者でてこい!

僕たちの戦争萩原

僕たちの戦争 (双葉文庫)

“根拠なしポジティブ”の現代のフリーターと、
昭和19年の「海の若鷲」にあこがれる軍国青年が時空を超えて入れかわった!
それぞれの境遇に順応しつつも、
ふたりはなんとか元の時代に戻ろうとするが…。
おもしろくてやがて切ない、愛と青春の戦争小説

ホントなんだろうね。この完成度の高さは。

前回の『母恋旅烏』に続き、またしても感動の一作でした。


仕立てとしてはよくあるタイムスリップもので、昭和19年の飛行隊訓練中の若者「吾一」と現代の若者「健太」が入れ替わってしまうものですが、特徴としてそれぞれの時代の話がほぼ並行して進められ、互いの心の変化がシンクロし、それが頂点になり交差してフィナーレって流れは文学的というよりすごく数学的でさえありますな。

特に、タイトルの台詞

「正しい戦争なんて、どこにもない。戦死に尊いも賎しいもない。責任者、出てこい!」

クライマックス回天人間魚雷)に搭乗し、お国のためではなく、仲間のために空母に突っ込む健太の叫びがすごく胸を打ちました。

その意味では、戦争を知らない我々に対し、こうしてタイムスリップによって舞台を整え、疑似体験をさせることが萩原大先生のやってみたかった事なんだろうなと思ってみた。

いずれにしろ名作。『父親達の正上位』もとい『父親達の星条旗』よりゃよっぽど戦争ってものがリアルにわかるんではないかと。