ryamadaの遺伝学・遺伝統計学メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

数学・コンピュータ関連の姉妹ブログ『ryamadaのコンピュータ・数学メモ』
京都大学大学院医学研究科ゲノム医学センター統計遺伝学分野のWiki
講義・スライド
医学生物学と数学とプログラミングの三重学習を狙う学習ツール
駆け足で読む○○シリーズ
ぱらぱらめくるシリーズ
カシオの計算機
オンライン整数列大辞典

2005-05-13

[]dviout for Windowsの設定


テキストエディタによってLaTeX形式の記載をし、数式などを多用した文書を作る。実際にそれをPDF化したり、PDF化したらどう見えるかを確認したりするためのWindows用アプリケーションがdviout for Windowsである。Vector  Vector Softライブラリ などの DLページ dviout for Windows(Windows95/98/Me / 文書作成) で「tex317w.exe」などをとってきて、適当に自己解凍インストールする。ほとんど選択の余地のないインストールなので失敗する点は多くないが、唯一、初回の起動時に最低限の設定をするウィンドウが立ち上がる。

はじめは、ページ設定なので、デフォルトのA4を選び、ついで、「TEXROOT」というのと「TEXPK」というのが訊かれる。Guessを選べばよい、と書いてあるウェブサイトなどもあったけれど、少なくとも僕は失敗した。数学用のフォントとかを使いたかったからかも知れない。数学用とかのフォントはptexというのを別途DLしてきて、その解凍先を「TEXROOT」に指定してやった。僕のマシンの場合は c:\ptex\share\texmf\fonts 

フォントに関する設定は初期起動時に失敗しても、ツールバー Option -> Setup Parameters から立ち上がるウィンドウのFont タグ、Font2 タグから設定しなおせるので、失敗したらそちらから。