Hatena::ブログ(Diary)

rybičkaのプラハ・チェコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-21

…そして戦車がやってきた

[]IFもしも…「プラハの春」が続いていたら。。。 Kdyby mohlo pokračovat Pražské jaro...?

3年ぶりの日本訪問を終えて、故郷の国から、懐かしい人たちからエネルギーをたっぷりもらって帰国しました。幸運にもお会いできた方々にお礼を申し上げるとともに、会いたくてもかなわなかった方々とは近いうちの再会がかなうことを願いつつ、プラハの日常へ戻りました。

久しぶりに聞いた蝉の声も、うだるような湿気を含んだニッポンの暑さもまるで幻だったかのような涼しいプラハ。

ヴァーツラフ広場にもコスモスが美しく咲き、すっかり秋の気配です。

f:id:rybicka:20080821141514j:image

★「プラハの春」と「チェコ事件」

今からちょうど40年前の8月21日、正確には20日の深夜、チェコスロヴァキア(当時)は大きな悲しみに覆われました。新市街の中心的広場、ヴァーツラフ広場は、この悲しい出来事、いわゆる「チェコ事件」の象徴的場所です。

1968年8月21日早朝、“Rusové jsou v Praze!!”(プラハにロシア人がいっぱい!)の声で目覚めたチェコ人(ウチの旦那も例にもれず)が見たものは、プラハだけでなくチェコスロヴァキア全土に渡って夥しい数の戦車が美しい街々を蹂躙する姿でした。

f:id:rybicka:20080821134616j:image

第二次世界大戦後のヤルタ体制下、チェコスロヴァキアはソ連・東側ブロックの一員として48年には共産主義政権が誕生。50年代のスターリン批判を経て、主に検閲の廃止や芸術表現の自由などを盛り込んだ「人間の顔をした社会主義」を目指し、独自の民主化路線、いわゆる「プラハの春」を歩んでいました。この動きに対し、ソ連や旧東欧諸国は共産主義体制存続の危機を抱きます。再三の交渉にも関わらず当時のチェコスロヴァキア共産党を率いるドゥプチェクの改革路線が不可避であるとわかった時、ソ連軍ワルシャワ条約機構軍(※チャウシェスク体制下のルーマニアをのぞく)はチェコスロヴァキアへの軍事侵攻を実行します。

f:id:rybicka:20080821131426j:image

40周年を記念して、国立博物館前に再び現れたソ連製戦車。

結果、108人の犠牲者と500人以上の重軽傷者を出し、社会主義の理想を追い求めた「プラハの春」は道半ばで頓挫します。ドゥプチェクが更迭された後、実権を握ったフサーク大統領の時代は「沈黙の時代」と呼ばれ、ソ連共産党が望む体制の「正常化」を強いられます。翌年1月には、改革の絶望的な後退に悲観したカレル大学生のヤン・パラフ(Jan Palach、チェコ・フィルの本拠地、ルドルフィヌム前の広場の名前にもなっている)、続いてヤン・ザイーツ(Jan Zajíc)が抗議の焼身自殺をとげる悲劇もありました。

f:id:rybicka:20080821135545j:image

ヴァーツラフ広場の南正面、国立博物館のすぐそばにあるJan Palachの自殺跡の記念碑。

f:id:rybicka:20070814130349j:image

ヴァーツラフ広場中ほど、聖ヴァーツラフ騎馬像の下にあるzajícとともに写真が飾られた記念碑。

f:id:rybicka:20080823091722j:image

68年当時現役の外交官として「チェコ事件」を目撃し、日本へ伝えた春江一也氏の小説『プラハの春』(集英社文庫、上・下巻)は、「プラハの春」前後のチェコスロヴァキアの状況を日本語で読める良書。物語にのめりこめるかは個人差があるにせよ、このヤン・パラフも重要な役どころとなって出てきます。この本を読むと、歴史にもしも…はないとしても、「プラハの春」が邪魔されることなく続いていたら、世界はどうなっていたのだろうと考えたくなります。ベルリンの壁崩壊が早まったのか、資本主義でも社会主義でもない第三の道があったのか、などなど。。。

さて40周年の今年は、各地で写真展をはじめ、様々な催しが。

いまだ当時の弾丸跡をその外観に残す国立博物館では、「…そして戦車がやってきた」(...a přijely tanky)と題する「プラハの春」と「チェコ事件」関連の展示が9月末まで続く予定。

f:id:rybicka:20080821134220j:image

ほぼ国葬扱いだったヤン・パラフのお葬式の様子などの映像、写真、チェコ国内でも初の公開となるドゥプチェクやパラフの愛蔵品、市民の手紙やイラストなど多角的に振り返ることができる内容になっています。

f:id:rybicka:20080821135732j:image

博物館の周りは戦車を中心にすごい人だかり。

f:id:rybicka:20080821131245j:image

珍しいソ連の警察車両もお目見え。

f:id:rybicka:20080821140505j:image

f:id:rybicka:20080821140144j:image

f:id:rybicka:20080821132152j:image

f:id:rybicka:20080821131931j:image

チェコ人でも若い人たちには実感の湧かない過去の出来事なのかもしれません。

記念撮影を求める観光客、戦車の前で無邪気に遊ぶ子供たち、のんびりお散歩してる犬…平和な光景をじっと見つめる年配のチェコ人たち。

f:id:rybicka:20080821135327j:image

当時の落書きが再現された壁をひとつひとつ目で追っていた年配の女性に、書いてあるチェコ語を尋ねました。

“včera bratři, dnes loupežníci!”(昨日までは兄弟、今日は略奪者!)という文章を説明してくれた後、彼女は当時のことを話し始めました。「100人が死んで…戦争、とは呼べなかったかもしれないけれど、それと同様の悲しい出来事だった。ちょうど1週間前に娘が生まれたの…。だからよく覚えているわ。」と。

f:id:rybicka:20080821165833j:image

「チェコ事件」の犠牲者のひとり、マリエ・ハロウスコヴァーさんの記念碑には、トポラーネク首相からの真新しい花束が置かれていました。マロストランスカー駅に程近いこの緑地にある記念碑、すぐ隣は1945年第二次世界大戦のドイツ支配の犠牲者となったボツェクさんの記念碑。

f:id:rybicka:20080821165911j:image

すぐ隣り合う場所で、解放者としてのソ連と弾圧者のソ連が存在しているのです。

f:id:rybicka:20080821170025j:image

天文時計でおなじみの旧市庁舎1Fでは、9月13日までヨゼフ・コウデルカ(Josef KOUDELKA)氏の写真展「68年侵攻」(invaze 68)で、当時の様子が見られます。

f:id:rybicka:20080821172746j:image

当時の状況を考えれば、撮ったはいいものの、本名で発表などしたら命に関わる問題。作品は翌年秘かに西側へ持ち出され、撮影者のクレジットはPrague Photographer、つまり匿名で発表されます。コウデルカ氏は西側へ亡命しましたが、チェコ国内に残っていた家族のため、84年(家族が亡くなった年だそう)になるまで名乗ることはできませんでした。

最後にちょっと変わった戦車をもうひとつ。

f:id:rybicka:20080823095655j:image

キンスキー広場にこっそり置かれたこのショッキング・ピンクの戦車の一部は、ジシコフのテレビ塔を這う赤ちゃんや、ルツェルナ宮殿にある逆さ馬にまたがる聖ヴァーツラフ像、カフカミュージアム前のチェコ地図の上の向かい合うしょんべん小僧、フソヴァー通りのぶら下がり男などの奇想天外なオブジェで知られる有名なチェコの彫刻家、ダヴィッドチェルニー(David ČERNÝ)氏の代表作のひとつ。

f:id:rybicka:20080823095524j:image

89年のビロード革命後、ようやく本当の自由を手にしたチェコを祝って製作(って言っても色を塗っただけだけど…)されたもの。普段は地方の軍隊博物館に納められていますが、最近勃発した南オセチアをめぐるロシアとグルジアの紛争に、チェコ事件を見る思いだという抗議の意味でチェルニー氏が無許可(笑)でココに置いたという話。「チェコ事件」と南オセチアの件が同種のものなのかということについては、考察が必要だと思いますが、いずれにせよ言いたいことはこれ。

f:id:rybicka:20080821170800j:image

「戦争のない世界は可能、そして必要」

自分はふかふかのベッドで戦車が来る心配のない絶対安全地帯で眠りながら、世界のどこかへ戦車を派遣している人たちが今もいることに腹立たしさを感じます。

f:id:rybicka:20080821135456j:image

奇想天外なオブジェでも花瓶でも、戦車の使い道はヒトゴロシ以外にもあるのだから。

イタクライタクラ 2008/08/26 01:15 Karel KRYL(カレル クリル)は代表的な歌手
http://video.google.com/videoplay?docid=909188620518858046&ei=VNmySMiNBZSgiAKSyqHrDA&q=%22Bratricku+zavirej+vratka%22&vt=lf

haccihacci 2008/09/05 16:46 rybickaさんこんにちは!今回の記事を拝見しましてなるほど…と気付きました。
そうか、今年は’68年から…40年経ったのですね。ブルノの街の中心部の大通りにもも(プラハほどの規模ではありませんが)当時の様子が撮影された白黒写真がずらーっと展示されています。何かのアートかしら?と気にもとめていませんでしたが…なるほど…40年、歴史の重みを改めて感じます。68年といえば全世界的に政治パラダイム転換が大きなうねりとなって現れた時代、まさにその象徴となる舞台のひとつが「プラハ」だったのですよね。激動の当時を知る人にとって、今のチェコはどのように映るのでしょうね。
それにしてもコスモスのヴァーツラフ広場からのぞむ写真のなんと美しいこと!秋ですね〜♪わたしもrybickaさんから遅れることひと月?しばらく日本に戻ります。日本からも更新を楽しみにしていますね^^

U ŠumavyU Šumavy 2008/09/06 14:38 無事にお戻りになったようで、なによりです。rybickaさんが滞在されていた日本でも,21日夕刻チェコ大使館で、「プラハの春」40周年記念行事(ワルシャワ条約機構軍がチェコに侵攻してきた日を忘れない)として、上記小説『プラハの春』の著者春江一也氏と、当時20歳の大学生であったNovoty大使のお二人が、大使館内で講演をされました。
その話の中で印象に残ったのは、国営放送局が地下に潜伏し、そこから放送を続
け,「挑発に乗って、抵抗をしないように」と放送し続けたことです。これに対して情報発信源を制圧しようとしたワルシャワ条約機構軍(ソ連軍)は、国立博物館を放送局と勘違いして発砲したそうで、その銃痕がいまも生々しく残っているのだそうです。だから国立博物館前に戦車を置くのでしょう?

U ŠumavyU Šumavy 2008/09/07 10:12 失礼しました。大使のお名前の綴りnが抜けてました。正しくは、Novotný大使です。

spotspot 2008/09/14 13:07 2003年8月にチェコを旅したものです。
rybickaさんの記事はとても参考になります。
これからも時々おじゃましますね。

rybickarybicka 2008/09/15 07:59 イタクラさん
返信遅くなって大変失礼しました。貼っていただいたこれ、有名な曲ですね。チェコ事件の映像を見ると、一般の人があんなに戦車に近づいて大丈夫!?と思うのだけど、やはり“兄弟”という感覚が浸透していたからなのでしょうかねぇ。いまだにチェコ人に愛されている曲みたいですが、今はレーダー基地反対に対して使われてるようですね。

hacciさん
今頃日本にいらっしゃっるでしょうか。返信大変遅くなりごめんなさい。プラハでもマーネス橋のたもとでチェコ事件関連の写真展をやっていて、ブルノの様子も多数見られました。小さい国とはいえ、隅々まで戦車が入っていて、圧倒的な圧力に感じられたのでしょうね。当時を覚えている人たち、つまり年齢で言えば50歳以上の人たちとこういう話をするのは、外国人としては難しいですよね。ちょっと仲良くなったぐらいで話しても、なかなか本音は話してくれないんじゃないかなと思ったりします。

U Šumavyさん
返信大変遅くなりまして申し訳ありません。
国立博物館への銃撃は誤解によるものだったのですね!あんなりっぱなネオ・ルネサンスの建物がラジオ局だなんて、なんで思ったのかしら。近い場所にあったから、電波探知機でアバウトに当たりをつけて発砲しちゃったのかしら。
でもその後ラジオ局の場所はつきとめられて100人強の死者のうち、20人ぐらいはラジオ局周辺で亡くなっているようです。命がけの放送だったのでしょうね。
40周年記念行事で春江さんのお話が聞けたなんて、行ってみたかったです〜。実際の目撃者ですものね。お聞きになったお話、また今度詳しく教えてくださいませ。

spotさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
5年前はまだ今ほど物価が高くなくていい時期だったかもしれませんね。今は日本と同じか、それ以上に感じます。お店が増えたり、便利になったところもいろいろありますけれど。。。また時々のぞいてやってください。

CkrCkr 2008/09/20 16:15 ヴァーツラフ広場とコスモスの写真、すごくいいですねぇ。

rybickarybicka 2008/09/24 08:13 Ckrさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
プラハはもうすっかり寒くて、秋を通り越して冬の寒さです。こちらのコスモスは花が日本より気持ち大きい感じです。ヴァーツラフ広場の真ん中には、季節を感じる花々が植わっています。ちょうど現在はヴァーツラフ広場を昔から写真に撮ってるカメラマンの写真展をやっていて、興味深いです。

LOVEピ・ヨンジュンLOVEピ・ヨンジュン 2008/10/12 15:48 こんにちは〜
世界遺産を旅行するのが好きです。
チェスキークルムロフ、テルチ歴史地区
などへ行く時にその辺に年末年始に行っても、
宿泊するところはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

rybickarybicka 2008/10/15 09:31 LOVEピ・ヨンジュンさん
初めまして。書き込みありがとうございます。
こちらの年末年始は日本ほどでないにしろ、クリスマス休暇からそのままお休み、という人が多いので、旅行する人も多いと思います。クルムロフ、テルチどちらともホテルなど宿泊施設はありますが、事前に予約されていったほうが安心かと思います。プラハに宿をとって、日帰りするという手もあります。特にテルチは有名な広場以外、特に見るものがなかったような記憶が。。。チェコの世界遺産なら他にプラハから近いクトナー・ホラも面白いし、リトミシュルなどもオススメです。よいご旅行を。

LOVEピ・ヨンジュンLOVEピ・ヨンジュン 2008/10/15 20:43 rybicka さんどうも、ありがとうございました。
先日テルチが、TVに出ててどうかと思ったのですが、広場だけなんですね〜
おすすめの、クトナー・ホラ・リトミシュルにも、行ってみたくなりました〜
まだ他の、中欧も巡りたいので、検討したいと思います。
手持ちのガイド本には、あまりのってないので、インターネットを見てみます。
URLを載せ忘れましたが、こちらにもあそびにきてね〜vv

rybickarybicka 2008/10/17 06:03 LOVEピ・ヨンジュンさん
広場だけなんていったらテルチに失礼かな。お城もあるようですが未踏です。クトナー・ホラはインテリアが全て骸骨(笑)でできてる仰天な教会で有名、リトミシュルはスメタナ生家と見事なルネサンスのお城がある可愛らしい町です。ちょこっとそちらへもお邪魔致しました。たくさんご旅行されていて、勉強になる情報いっぱいですね。チェコご旅行後の記事upを楽しみにしています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rybicka/20080821
Connection: close