夏草薫の赤裸々日記

2013-03-30 東京へ上陸

昨日、飛行機で福岡から東京に移動しました。

歩いた場所が海に近かったからか、台風かというような強い風が吹き、

ビルの谷間に桜の花びらが舞っていました。


僕が東京に来たことを祝ってくれている!

勝手にそう思い込むことにしました。


手荷物は2つだったのですが、そんな風景眺めながら、

を心の中で浪漫飛行を口ずさんでいました。

「トランク一つだけで浪漫飛行へ In The Sky 飛びまわれこの MyHeart」


4月1日より本社の方へ出向(転籍)となりました。

どれくらいの期間なのかはさっぱりわかりませんが、

しばらくの間、東京で暮らすことになりそうです。


学生時代から数えると16年ほどは福岡で過ごしたことになります。

愛着もあり、実家の長崎に近いので離れたくないのですが、

日本の中心である東京で新たな仕事の場を貰ったことを前向きに捉え、

自分なりに精いっぱいがんばろうと思います。


福岡で一緒に楽しく過ごさせて頂いた皆様、ありがとうございました。

福岡での海に、山に、読書に、お酒に、そして人に。感謝、感謝です。


東京にいらっしゃる方々、

これからよろしくお願い致します。


2012-12-05 WiMaxを買ってみたので

ほぼ一年ぶりの記述。

2003年からADSLインターネットに接続していたが、

WiMaxとやらに変更してみた。今、近所のCaffeにいるが、

そこからでもアクセスできるのはやはり便利。

なので、これからまた、ちょこちょこ書いていきたい。

2011-12-18 熱海で忘年会

f:id:ryohjit:20111218115705j:image

今週末、大学時代の親友ら5人で熱海に行って忘年会をしました。

おそらく全員が揃うのは卒業以来なので、10年ぶりくらいだったけど、

昔のままの会話ができて楽しかったです。

温泉ビール将棋とトランプと下らない会話。

また数年後に開催したいなあ。

2011-11-12 TPPに関する参議院の質疑

TPP締結が日本にとって有利なのか不利なのか?

僕はそれを判断できる知識がない。そういう自分にとって、

参議院における佐藤ゆかり議員の質疑は興味深かった。


知財特許(医療に関するものも含む)に関する条項と、

日本国が相手国の一企業に提訴される可能性を含んでいる

ISD条項に関する指摘等は重要だと思う。


http://www.youtube.com/watch?v=XJtWmYBNKck

2011-09-01 四万十川

3泊4日の行程で高知県四万十川に行って来ました。

四万十川はとにかくでかく、清流というイメージとは違っていました。

2回ほど沈下橋から飛び込み、夜は川エビを食べ、

静かな暗闇の河原で満点の星空を眺め、別世界の中に浸って来ました。


0日目:7/29日(金)

福岡(18:30発)→臼杵港(大分県)→ フェリー →

八幡浜(愛媛県) → 江川崎(高知県)のカヌー館(27:30(3:30)着)


1日目:7/30日(土)

江川崎(高知県)のカヌー館(10:00発) → 鵜の江(16:00着)でキャンプ


f:id:ryohjit:20110730120614j:image

江川崎から3人でゆっくりと漕ぎだしました。

全員2人艇に1人乗りなので気楽です。

天気も上々。気分も上々。

f:id:ryohjit:20110730110539j:image

1時間半ほど漕ぐと黒尊川という支流が流れこんでました。

結局この支流の流れが最も綺麗な流れでした。

泳いだり釣りしたり、岩から飛び込んだりして遊びました。

f:id:ryohjit:20110730151056j:image

3時頃になると少し疲れてきたので、橋の近くでねっ転がって休憩しました。

1日目はここから1時間ほど下ったところの河原でテントをはりました。

晩飯は超大盛りのスパゲティと川エビとビール等。

恐ろしいほどの数の星が見えました。


2日目:7/31日(日)

鵜の江(10:00発) → 中村市四万十川橋(15:30着) → 市街で湯と食事

→四万十の支流の黒尊川の上流に移動(23:00着)→キャンプ


この日は朝から沈下橋から2度ほど飛び込み、魚が盛んに跳ねる姿を観ました。

ただその後は、ひたすら漕ぎました。流れがなくまるで湖面のよう。

逆風が吹くと全く進みません。腕がだんだんけだるくなります。

4時ごろに中村市にかかる赤い大きな四万十川橋に到着しました。

f:id:ryohjit:20110731094721j:image

その後に温泉に入り、そこでカツオのたたきとビールを頂きました。

うまかった。

f:id:ryohjit:20110731203000j:image

そして締めに川エビも頂きました。

f:id:ryohjit:20110731224152j:image

うまかった。


3日目:8/1日(月)

黒尊川の上流(11:00発)→四国の山脈え→宇和島市市街でうどん

三崎港(愛媛県)→フェリー → 佐賀関(大分県) → 福岡(21:00着)

f:id:ryohjit:20110801094235j:image

朝目覚めると黒尊川の綺麗な流れが目に入ってきました。

水はとても冷たく、泳ぐ気にはなれませんでした。

しかし「泳いでいる魚が見えるよ!」といわれると我慢できず、

水の冷たさの方を我慢して、少しだけ泳ぎました。

初めて大きな川魚(あまご)が泳いでるのを観ました。

f:id:ryohjit:20110801082703j:image

帰りは黒尊川の上流に向かって狭い山道を車でひたすら走り、

四国山脈の一部を超えて宇和島市に抜け、うどんを食べて、

九州に一番近い三崎港からフェリーに乗りました。


中学生の頃から椎名誠野田知佑の本を読んで行きたいと思っていた

四万十川をこのたびようやく下ることができた。

今度は四万十川の上流の方を下ってみたい。

2011-08-03 カフェインの効果を初めて実感

コーヒー覚醒効果があることについて懐疑的であった。

これまで深夜にもうひと踏ん張りしたい時、

コーヒーを飲んでも特に覚醒効果を感じたことがなかったからだ。


しかし、先日の深夜12:00頃に無性に喉が渇き、

たまたま冷蔵庫にあった貰いもの1ℓのアイスコーヒー

コップに2杯ほど飲んで床についたところ、2:00過ぎまで寝れなかった。


寝つきは良い方なので、これは多分、

カフェインの影響だと思う。

無意味な時にコーヒーカフェインの威力を実感してしまった。


この経験から導かれる結論:

眠気を払うためには、2杯以上のコーヒーが必要です。かな?

2011-07-17 ちょっとがんばって

博多駅で「九州新幹線CMのDVD」を販売しているとのこと。

本日早速行ってみると、すでに博多駅分は完売してしまったようだ。

新大牟田駅まで行けば、まだ80枚程度残っているらしい。


たかがDVDを買うためだけに、新大牟田駅まで行ってよいものか大いに迷った。

どうしよう、どうしよう、と迷いながら、博多駅構内を10分ほどさまよった。

そして徐々に今買わなければ、きっと2度と手に入れることはできないような気がしてきた。


ふと切符売り場に差し掛かると、切符を販売するデスクの一つが空いていた。

誰もそこに並ぶ気配がなかったので、新大牟田駅までの値段を確認するつもりで

そこに行くと、「新大牟田駅までの往復切符を下さい」と思わず言ってしまった。


お姉さんは、その発言を撤回する暇を与える間もなく、

瞬間的に発券操作をし、「5千円」です。と言った。

想像よりもずいぶんと高かったが、えい、ままよと、

財布から5千円を出して往復してきた。


f:id:ryohjit:20110717223717j:image

まだ見ていません。

どうか新大牟田駅まで行ったかいがありますように。

いや、きっとそれだけの価値はあります!!

2011-06-29 職場でも涙、家でも涙

友達ブログで紹介されていた、九州新幹線のCM。

何気なく職場の昼休みそれを見たら、不覚にも胸がいっぱいになり、なんだか泣けてきた。

そして家で改めてみると、やはりなんだか泣ける。


カンヌ国際広告祭「金賞」。

見たら、「金賞」の意味を納得。

見なけりゃわからん。

D

ふじふじ 2011/07/16 13:01 これ、震災後に日本人のエールだって噂になってたから見たんだけど、ほんとに自然と涙がこぼれてきた。
CM作るために皆さん手を振ってくださいとお願いがあったのは知ってたものの、シンプルなんだけどなぜか心の琴線に触れて忘れられないCMになったみたい。

金賞だったんだね。人の輪の力を感じました。

夏草薫夏草薫 2011/07/18 00:07 この映像はやはりいいですよね。何度も見返しました。
そして、こらえ切れずにとうとうCMのDVDを買ってしまいました。
九州万歳!

2011-05-17 とある高校生の一途な姿勢

早朝の地下鉄で、隣の女子高校生が何事かを一生懸命、ノートに書いていた。

僕の方も、その日にすべきことを手帳に書き出していたので、

あまり隣の高校生のことは気にとめていなかった。

しかし、15分ほど経ち、自分の手帳に書くべきことがなくなると、

その高校生のことが気になりだした。

まだ、カリカリと相当早いスピードでノートに文字を書き込んでいたからだ。


ちょっと横目でそのノートを覗いてみた。すると、

ノートの一番上に太いペンででかでかと、「日本一に必ずなる!!全国制覇」と書かれていた。

そして、彼女はその下に細かい文字をびっしりと書き込んでいたのだ。

ちょっとその熱さに圧倒された。

全国で優勝するといことに対して、それだけ言葉を書き続けることができる

想いの強さを素晴らしいと思った。

何のスポーツかわからないが、きっと彼女は活躍するだろう。

f:id:ryohjit:20110514123450j:image

2011-05-16 シャクナゲ色とは

福岡県豊前市の犬ヶ岳(1130.8m)の稜線はシャクナゲが満開であった。

中学校で習った尾瀬の歌にシャクナゲが出てきていた。

あの有名な「夏が来れば思い出す、はるかな尾瀬・・・」という歌だ。


それ以来、シャクナゲ尾瀬まで行かなければ見ることのできない

とても貴重な花なのだと思い込んでいた。それはおそらく、

「石楠花(しゃくなげ)色にたそがれる。はるかな尾瀬 遠い空」という部分が原因だと思う。

「はるかな尾瀬」、「遠い空」とかいう言葉が続くとずいぶんと貴重なものに思えるのも無理はない。


しかし、ある程度高い山であれば、近場の山にも咲いているのだ。

今回はじめて、満開のシャクナゲを見ることができた。


f:id:ryohjit:20110514122640j:image

稜線上にはこのような情景があちらこちらに。

新緑に映えてとても美しかった。


来年のこの時期も機会があればまた行きたい。

いい山であった。

2011-05-07 核爆発の可能性に関する報道の不可思議

原発に関する大手の新聞やテレビの報道にはやはり問題がある。

地震後、核分裂反応(核爆発(核暴走?))が起きた可能性が専門家より指摘されている。


一つは3月15日の3号機での爆発が、単なる水素爆発ではなく核爆発を伴っていたこと。

米国フェアウィンズ社のアーニー・ガンダーソン博士(スリーマイル原発事故の調査団のメンバー)が

1号機と3号機の爆発の規模の違いや、3号機では、はっきりと赤い閃光が観察される点などを

根拠に燃料プールにあった核物質が核分裂反応(核爆発(核暴走?))を起こしていた可能性を指摘している。

http://www.youtube.com/watch?v=P4KXX24Dv1U

この映像を僕が目にしたのは一週間以上前であったと思うが、

その時は一つの可能性指摘しているだけで、それが真実である可能性は低いと考えていた。


しかし、今日、京都大学小出裕章先生も、5月4日のラジオ

3月15日の爆発が核爆発(核暴走)であった可能性を指摘していたことを知った。

根拠は群馬県高崎市にある、通常は諸外国の核実験の監視を行っている

高崎放射性核種監視観測所において、地震から4日後の3月15日の時点で

半減期の短いヨウ素が大量に観測されていたことだ。


3月11日の時点で制御棒により核分裂反応は停止しており、

それ以降、原発ではヨウ素は生成されていないはずである。

それにもかかわらず、3月15日になって大量のヨウ素が検出されたことは

新たに核分裂反応が起こったことを考えなければ説明がつかない。

http://www.youtube.com/watch?v=QfMsauUspfI


ガンダーソン博士と小出裕章先生という全く異なる立場の専門家

具体的な証拠をもとに核爆発が起こった可能性を指摘している。

なのに、これに関する報道がなされているようには思われない。

何故?


東電は具体的なデータを最も持っているから、その内部の専門家

恐らくその可能性に気が付いているであろう。

しかし彼らは自らに不利な情報を隠蔽したいからそれを自ら言及するはずはない。

問題なのは新聞やテレビがそのような情報に触れない点だ。

何故?


東電等の電力業界は日本のマスメディアの有力な広告スポンサーである。

そのことで筆が鈍っているのか?

せめてHNKだけはそのような可能性を報道してもよさそうなものだ。

何の為に受信料を広く集めているのか? 


報道に携わる人々が意図的ではなくとも、

ネガティブな情報をできるだけ国民に伝えないようにしているのであれば、

それは都合のよい情報しか伝えられないあの戦争の時と同じ状況だ。


半世紀前の日本。そこには、

厳しい現実から目をそらし、過度に楽観的な見通しに立って戦争を指導した人々がいた。

そのことによって発生した理不尽な状況に立ち向かわされた兵士達がいた。

そして最終的に金に換えられぬ高い代償を支払うことになった国民いた。


これらの不幸な日本の歴史を過去のことだと一笑に付すことができない。

2011年の現在、僕は今、全く同じ構図をこの日本に見ている。


報道に携わる人たちよ。

真実を追求し明らかにすることにもっと真摯であって欲しい。

薫 2011/05/13 01:24 リンク先の画像が削除されていたので修正しました。
ご指摘ありがとう。

薫 2011/05/13 01:24 リンク先の画像が削除されていたので修正しました。
ご指摘ありがとう。

2011-04-30 カヌーで波に乗る方法

(1/5)波が十分に大きいことを確認します。

f:id:ryohjit:20110429155133j:image

(2/5)波を乗り越え沖に出ます。

   波が垂直な壁に見えても、カヌーを信じ続けます。

f:id:ryohjit:20110430075800j:image

(3/5)大波をつかまえ全力で漕ぎだします。

f:id:ryohjit:20110430075933j:image

(4/5)信じられないスピードが出ますが、

   波に対して角度を保つためにさらに全力でこぎ続けます。

f:id:ryohjit:20110430075936j:image

(5/5)崩れてきた波に囲まれても最後まで笑顔で喜び続けます。

f:id:ryohjit:20110430075939j:image

おしまい。

(この方法の検証はくれぐれも自己責任にて。)

2011-04-22 もっとセロリを

近所に四川料理の店がある。

メニューの数が多く、かなりの高確率で、感動的にうまい初めての味に出合える。


先日、職場の同僚らとその店に行き、今まで当たり前すぎて

オーダーするのを避けていた焼き餃子を頼んだところ、ヒットだった。

餃子の中の野菜としてセロリが入っており、その香りと味が

餃子の餡としてはこれ以上のものはないと思わせるほどであった。

日本ではセロリに熱を加えて調理することはあまりないが、肉とよく合う。


今はその店のメニューから消えてしまっているが、

牛肉とセロリの炒め物も本当に美味しかった記憶がある。

考えてみると、餃子にはニラやニンニクといった癖のある野菜を使うが、

それが肉と合うからなのだと思う。そして、セロリも匂いに癖があるという点では、

本質的には肉と合う野菜なのだと思う。

日本の家庭料理でももっとセロリを積極的に使うようにすればいいのにと思う。

f:id:ryohjit:20110327093437j:image

2011-04-18 喜びの共有

先週の金曜日、一緒に仕事をしている大学の教授から

満開に咲いた桜の写真が5枚ほど送られてきた。

仕事のメールで花の写真を受け取るとは夢にも思っていなかった。


そのメールには、皆さんと春がきた喜びを共有したいと思いました。

という内容が綴られていた。


ちょうどその時、ヨーロッパのとある国のメンバーにメールを書いている途中であったので、

まだまだ寒いであろう、その国に、日本の桜が美しく咲いている様子の写真を送った。

そして職場の隣の席の人達にもついで転送してみた。

皆、職場でそのようはメールを受け取るとることに驚いた様子であったが、

きっと、写真の美しさ、春が来た喜びを共有できたと思う。


ちょっとのことだけど、そういう姿勢って大事なんだろうなあと思った。

送る方も嬉しくなる。


ここでは、僕が春の到来の喜びを感じた風景を共有できたらよいなあと思う。

これは海辺の岸に自生していた山桜です。

f:id:ryohjit:20110327102712j:image

2011-04-17 うららかな春の海

f:id:ryohjit:20110327103022j:image

実家での散歩コースにあった、うららかな春の海の風景。

向こう岸の島のあちこちに山桜が咲いていました。

のどかでいい風景でした。


今年の冬は忙しかったので、3月の中旬から今まで、

なるべくのんびりと過ごすように努めていました。


ようやく心が落ち着いてきたようなので、

また少しバタバタを開始しようかなと思う。

さーてと。

ふじふじ 2011/04/27 14:08 仕事中というのに頭が行き詰ってしまった。また1年ぶりくらいに訪れてみました。というのも、ゴッドマザーとたこちゃんのことを話して懐かしくなってしまい・・・。

たまに帰省すると以前は当たり前だった風景が新鮮味を帯びて目に焼きつくんじゃないかな。私は毎日何をやってるかわからなくなったときに、ぼ〜っと海を見に行きます。最近は網場の堤防が高くなって上ることができなくなっちゃったのがちょっとした不満。

実家近いし、今度かえってくるときは連絡してみてね!

薫 2011/04/30 23:29 近所の海の風景は、個人的な思い入れがなかったとしてもいい風景だと思うよ。海と島と陸のからみ具合のバランスが素晴らしい。
今度また何人かで集まって飲みますかね。連絡します。

2011-04-16 覚醒状態の混濁

数日前、新しいタイプの悪夢を経験した。

夢の中で金縛りにあったのだ。

これまで何度か金縛り状態を経験したことがある。

眠りから覚めていても、体が目覚めていない状態で、

体のどの部分も動かせないという、きわめて不快な状態になる。

しかし、時間が経てば体も動かせるようになり、「ほっと」することができる。

しかし今回は、体が動くようになって「ほっと」しても

そこがまだ、悪夢の中であった。


僕はテレビをつけたまま寝ていたらしく、

朝ぼんやりと目を覚ますと、マクドナルドKFC等の

ファーストフードの店員のような格好をした女性が、

片手にサラダを持ちながら、「毎日サラダを食べましょう」と

テレビでしつこく連呼していた。

さわやかな声ながらもしつこくサラダを押しつける不快さと、

テレビの中から徐々にこちらの方へせり出してくるような圧迫感に恐怖を感じて、

テレビを消そうとしたが、金縛りで体が動かない状態だった。


やばい、はやく覚醒しなければと、布団の中で体を動かすことに意識を集中し、

「えいっ!」と気合いを入れ、体を動かせる状態になった。

そこでようやく布団から体を起こし、これで不快なテレビを消せる、とほっとしたが、

今度はサラダを持った女性がテレビを抜け出てこちらに迫ってきたのだ。


金縛り状態を脱しても、まだ恐怖が続いてしまったのだ。

もちろん、これは夢だったらよかったのだが、

金縛りを脱しても、さらに恐怖が続くという、

奇妙な夢に朝から疲れ果ててしまった。

いったいどいいう精神状態なのか。

我ながら自身のの深層心理に興味津々である。

ストレスか?

2011-04-11 アンパンマンの歌

震災直後に、ラジオからアンパンマンの曲が流れてきた。

それは被災地に向けた東京FMの番組だった。

最初は何気なく聴いていたのだが、途中ドキリとした。

明らかに、「死」ということを強く意識した歌詞が出てきたからだ。

「えっ!」と思って、ラジオに耳を向け始めたのは、

多分、次の歌詞のあたりから。


時ははやくすぎる

光る星は消える

だから君はいくんだ

ほほえんで


そうだうれしいんだ

生きるよろこび

たとえどんな敵があいてでも


子供向けの歌のはずなのに、明らかに、「君たちもいつか死ぬんだよ」

というメッセージを込めている。

曲をフルコーラス聴いてはじめてそれに気かついて驚いた。

そして改めて歌詞全体を調べてみて、実にいい詩だと思った。


僕が特にすごいと思ったのは、歌の一番はじめに、

「そうだ、嬉しんだ、生きる喜び」というフレーズを持ってきているところ。

歌のはじめに一人称で、いきなり、「そうだ嬉しいんだ」という

個人的な叫びみたいな言葉を持ってきているのが、

歌を作る人が非凡であることを感じさせた。

普通は、なかなか、真っ先にそういう言葉を選ぶことはできないと思う。

そして、歌全体を眺めると、その言葉が全体を通じたメッセージになっていると思う。

いい詩だな。


だまされたと思って、一度フルコーラスで味わってください。

http://www.youtube.com/watch?v=BUGh-7Y5kZA


ちなみに、この詩を書いたのは「手のひらに太陽を」という

有名な曲の作詞もしている「やなせたかし氏」であり、

まさにアンパンマンの作者その人なのだ。

尊敬する人が一人増えた。

DaiDai 2011/04/13 02:11 非凡でないは、平凡ってこと?になるような。。

夏草夏草 2011/04/14 20:40 日本語を間違えましたた。後で訂正します。
最近、プログですら日本語を使っていないようなのに鋭いな。
ブログ見ていると、日本語を忘れているのかとすら思ってたよ。
あと最近、海洋のヒトとよく会ったから、よくYJのこ最近よく話す。

DaiDai 2011/04/15 16:13 はは、多分職業柄からだと思うよ。でも薫さんのコメントにもまだ間違いがあるので、私が鋭いわけでもないかも。。

2011-02-25 ようやくひと段落

博士取得の件で忙しかったけど、ようやくひと段落した。

最終的な論文審査も通ったので、この春無事に取得できそうです。

休日も家にこもって作業することが多かったので、体がなまってしまった。

春になってきたことだし、まずは体を動かしますか。

2010-09-28 いい川

f:id:ryohjit:20100924121608j:image

熊本県を流れる球磨川の支流の川辺川、とてもいい川であった。

この川辺川を、途中でキャンプしながら、3人でカヌーで下った。

ゴールは球磨川人吉市駅の近く。


f:id:ryohjit:20100924144643j:image

九州にはカヌーで楽しめる川はないと思い込んでいたが、

それはとんでもない思い違いであった。

今まで写真でしかみたことのない、川辺の風景がそこにしっかりとあった。


カワセミが普通にちょろちょろとその辺を飛んでいたし、

川の魚を取る為の網が干してあったりした。

はじめて見る川の風景に少しばかり感動した。


そして、適度なスリルを楽しめる瀬もあり、

まるで神様がカヌーの為に作ってくれたような川であった。

感謝。

そして上流のダム建設事業が完全に中止されることを希望。

YamYam 2010/10/06 00:19 一人旅もいいけれど複数もいいものなんだと。

本州にはもっとすばらしい川が残っているようだよ。

zonozono 2010/11/14 20:05 夜のたき火の写真を見ながら、、、あの日の事が夢の様。先月から東京でアリのように(?)働いております。明日は朝一で出張。Dr論文?頑張ってね。

2010-09-18 もうやるしかないですね

大学へ正式に博士試験の申請書を提出する前に、

研究室内での口頭試問による判定会があった。

一応、合格ということで、正式にエントリーすることになった。


とりあえずその瞬間だけはほっとした。

ただ、もう後には引けない。

どんなに怠けたくても。。。。


口頭試問2回と、博士論文提出の3つをクリアする必要がある。

会社の方でもオーソライズされたので、なおさら後には引けない。

先生の口から直接「もうやるしかないですね」と言われた。

まさにその通り。


今年の秋から冬にかけては多少忙しくなると思うが、

ばっちりとクリアするか。