Hatena::ブログ(Diary)

両谷園日記  お茶、入りましたよ

2017-10-28

晩秋も終盤

22:02

 あっという間に、夏から秋、そろそろストーブを出そうかという時期になってきました。

  色川では、稲刈り、芋ほり、栗拾いと収穫の秋でした。


収穫の秋のメインはやっぱりお米  

f:id:ryokokuen:20170925114723j:image:w640

まだ晩夏の頃、袋詰め隊員A子さんの田圃の稲刈り風景

ナル(稲を干すための木の棒)を担いでいるのは、力持ちの外山さん。

賄いの栗ご飯の美味しかったこと。

f:id:ryokokuen:20171024135028j:image:w640

色川でももうラストに近い稲刈り 荒木家の稲刈り風景。

f:id:ryokokuen:20171019120944j:image:w640

収穫した稲の藁を使って、草鞋を編みも行われています。


今週も台風が通過するということで、すでに色川は風、雨が強くなってきています。


昨年から始めました両谷園のお歳暮。

ただいま、お歳暮のチラシを製作、発送準備をしております。今年も、暮れのご挨拶におお使いいただきますよう、宜しくお願いいたます。  

2017-08-30

色川の夏

13:56

お盆を過ぎると、ちゃんと秋の空気になってきました。 猛暑猛暑の日々も過ぎればすこし寂しいような気もします。

色川ではそろそろ稲刈りのシーズンを迎えています。 地域のみんなで連携して農作物を食い荒らす猿の目撃、追跡情報発信メールの内容も、柿木、稲、栗木など秋の収穫物の被害情報になっています。  スーパーのレジ袋を持参で農作物を盗みに来る猿もいるそうです。

今年の色川盆踊り大会

f:id:ryokokuen:20170814205846j:image:w640

f:id:ryokokuen:20170814193317j:image:w640

かき氷の上にはフルーツ載せサービス


f:id:ryokokuen:20170814202608j:image:w640

待ってました! 二年目の出店 地味だけど滋味 

f:id:ryokokuen:20170814193327j:image:w640

こちら初出店 両谷園袋詰め婦人部fちゃんの旦那  家業の紀州備長炭をつかった焼き鳥

来年はぜひ色川の廃鶏で! 廃鶏とは採卵お勤めを終えた年寄り(2歳ぐらい)の鶏のことです。普通の食肉用ブロイラーに慣れていると廃鶏の肉の硬さが嫌がられるのですが、味があってホントに美味しい! 


恒例 夏の避暑地 色川神社

f:id:ryokokuen:20170820125519j:image:w640


f:id:ryokokuen:20170729064123j:image:w640

夏休みもあと1日  

2017-07-23

本当に一区切り

23:01

  農繁期マックス峠越えといえども、日々ドタバタとしているとブログ更新がたいへんご無沙汰となっておりました。 この間に、紅茶の刈り取りも無事終わりました。今年は例年の収量の7割程度とやや少なめ。 紅茶は虫や雑草、天気に左右され(雑草は取ればいいのですが、、、)安定的な収穫量を確保するのが難しいです。 ただいま販売している紅茶も在庫がかなり少なくなってきております。



 紅茶の収穫を終え、夏の剪定も終え(夏に出る虫、病気を防ぐために夏に葉を落としてしまう)さぁ、今週の木曜日は年に一度のご馳走祭り!両谷園の打ち上げです。

2017-06-26

ようやく一区切り

23:27

 4月からのご予約いただいていたご注文の発送作業。 今日で新茶予約分の発送が終わりました。本当に長い間お待ちいただきありがとうございました。  今年の新茶はいかがでしたでしょうか。

 

  

f:id:ryokokuen:20170626173057j:image:w640

午前中は発送作業をこなし、午後はせっせと田圃の草取りをする岡夫人。




  

  世の中はどんどん加速。 両谷園のお茶を飲んで、ほっと一息していただけたら幸いです。 



  

2017-06-20

日曜日の生産者

14:07

茶刈に始まり、夏野菜の植え付け、田植え、そして梅仕事と農繁期も終盤にさしかかった色川。


とあるにちようびの両谷園生産者  

f:id:ryokokuen:20170618173031j:image:w640

生産者 外山 【田植え】

袋詰めでおなじみのA子さん、両谷園のパンフレットの改訂版をデザインしてくれた最近移住してきたオシャレなT夫婦が田植えを手伝っていました。

f:id:ryokokuen:20170618140434j:image:w640

生産者 原   【消防団】

地域の安全を見守る頼もしい消防団  この日は訓練の後、子供たちに消防車を公開、乗車させてくれるイベントを開いてくれました。

 


f:id:ryokokuen:20170618140922j:image:w640


生産者 荒木  【子守】

週末は子守でへとへとになりますが、子守のお陰で、地域のいろんな人との交流や、自然とのふれあい気づきをもらえます。君たちこそ日曜日よりの使者です。


 ようやく明日から梅雨らしい天気予報となってきました。