Hatena::ブログ(Diary)

両谷園日記  お茶、入りましたよ

2017-01-21

色川 自給自足図鑑 

| 14:12

  今月の始めは正月だったなんて信じられないほど、いつもの生活が繰り広げられ、会議会議の色川です。(色川は何かと会議が多い)


自給自足 「土木

 f:id:ryokokuen:20170120170552j:image:w640

昨日、生産者仲間でもあり、よきご近所仲間でもある岡家に用事にしにいくと、土木工事を家族総出でやっていました。  

  自給自足といえば、食に関するイメージが大きいですが、大工仕事も色川の人は器用に何でもやる人が多いです。

この日の土木工事は、敷地内の地面のエグレを補修中。  

子供たちも、こうやって家の仕事を自然に手伝うことで、いろいろなことが繋がっていくのだろうと思います。

 

 中学生の時、「砂漠や、船の上などで水が手に入らない状況になったとき、どうやって水を確保しますか?」という先生の質問に、クラスメートが「蛇口を持ってくる。」と答え、サバイバル的方法の答えを期待していた先生が憤慨していたのを思い出しました。

  色川で育った子供たちには、その答えはないと思います。 

 

大雨が降れば、水は濁るし、止水して、お父さんが復旧に行きます。

食べ物は畑、山の恵みをもらいます。 

トイレは、匂うし、汚物はくみ取ります。 


色川の暮らしの中で、目に見えるそういう流れはとても大事なことなんだろうと、ふと岡家を訪ねた帰りに思いました。


自給自足「燃料」 

 薪ストーブは色川でも大活躍してます。

f:id:ryokokuen:20170120171502j:image:w640

 岡家の薪ストーブはちょっと高級。 でも買ったんじゃなくて、もらったそうです。


f:id:ryokokuen:20170120181052j:image:w640

荒木家の薪ストーブ

色川で使用者が一番多い、8000円ぐらいのお手頃薪ストーブ。 煮炊きするならこの手のタイプが使いやすい。

2015-09-10

秋の装い

| 11:16

 長雨が明け、また水だし茶が活躍する暑さが戻ってきました。 そろそろ色川も稲刈り時期になり、棚田に干された稲が、美しい風景となっています。



f:id:ryokokuen:20150910112735j:image:w640

夏の来客ラッシュの産物  ペットボトル

「飲み物も食べ物もあるから、何も買ってこなくていいよ。」と伝えてもお茶を買ってくる都会人。 せっかくだからここの水で淹れた色川茶を飲んでほしい、、、とも思うが、このペットボトルは何かと使えて便利です。こんな立派な密閉容器を一回で使い捨てるなんてもったいない。 お茶を入れたり、種を保存したり、お米を保存したり、、、、、大変重宝しています。 再利用者としては炭酸水のペットボトルを希望します。 


f:id:ryokokuen:20150910112035j:image:w640


さゆりや  凛然たりし 草刈り場    たりし? 




f:id:ryokokuen:20150910112108j:image:w640

草刈り後 ひゅるりといずる  彼岸花

2014-08-27

カクカクシカジカ

| 23:35

  


f:id:ryokokuen:20140825102732j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140825174928j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140825190413j:image:w640

御馳走様でした。

2014-08-15

続 お盆 

| 21:08

 先日色川盆踊りが行われました。 おいしくて、楽しい屋台、久しぶりに会った人とのおしゃべりと毎年楽しみにしている楽しい行事です。

  

f:id:ryokokuen:20140814194621j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814192030j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814191925j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814191801j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814191726j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814191712j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814194659j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814194432j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814194339j:image:w640

f:id:ryokokuen:20140814193451j:image:w640

色川産のジャガイモ、両谷園のお茶を使ったゼリー、シカ肉コロッケなど、オリジナリティー満載の楽しいお祭りです。

2014-08-12

お盆

| 22:53

  あっという間にお盆になり、 普段は軽トラか軽バンばっかりの色川道も帰省してきた人、訪ねて来た友人など県外ナンバーの綺麗な乗用車の通行が多くなっています。

 「コチラはいつも以上に自給自足を前面にだし、貧乏エンジョイ生活を自慢し満足、アチラは普段の生活と全く違う雰囲気、行動に大喜び。」という来客シーズンであります。

  普段は都会の便利な暮らしにどっぷりの人もたまにはこういう暮らしも楽しいみたいで、訪れる人はみんな楽しい田舎暮らしを体験して帰ります。そして家に帰って、「あぁやっぱり便利っていいねぇ」と改めて思うのかもしれません。

  しかし、いざ台風、災害などでライフラインが止まると一転、こういう暮らしのほうが便利だなと思うのです。断水してもトイレの水は要りませんし、停電してもIHではないので煮炊きもばっちりです。

f:id:ryokokuen:20140811135528j:image:w640

今回の台風では、停電は免れましたが、水は沢水なので大雨になると使えなくなります。 湯船にためておいた水で洗濯するのには、この骨董品のような洗濯板と桶が大活躍します。 せっせと洗濯板で洗い物をした後は   脱水機のお力を借ります。  昔の道具もすばらしいし、現代の機械もすばらしいと思えるひと時です。

  しかし、昔の道具はどうしてこんなに美しい形をしているのでしょう。