Hatena::ブログ(Diary)

I 慣性という名の惰性 I

2012-08-31

禅と金融政策の相性は意外といい


これを読んでクスッときたので。

⇒「FED理事 VS 禅師」by Scott Sumner – 道草 http://econdays.net/?p=7014


非風非幡

僧A「実質金利が下がったのだ」

僧B「総需要に作用したのだ」

禅師「動いたのはそなたらの【期待】である」

六祖、因みに刹幡(せっぱん)を颺(あ)ぐ。

二僧有り、対論す。

一は云わく、幡動く。

一は云わく、風動くと。

往復して曾て未だ理に契わず(かなわず)。

祖云わく、是れ風の動くに非ず、是れ幡の動くに非ず、仁者の心動くのみと。

二僧悚然(しょうねん)たり


無門関第二十九則・非風非幡


隻手音声

「金融政策と財政緩和を合わせると総需要ショックに対処できる。では片方だけではどのようになるのか」


「隻手声あり、その声を聞け」

(大意:両手を打ち合わせると音がする。では片手ではどんな音がしたのか。)


白隠 隻手音声