Hatena::ブログ(Diary)

Level88

2010-10-23

エクスペンダブルズ

| 12:58 | エクスペンダブルズを含むブックマーク

観てきました、『エクスペンダブルズ』! アクションスターが多数出演しているということで話題のこの映画。バリバリ現役な人もそうでない人も、それぞれに見せ場があって皆とてもカッコ良かったです!

冒頭のラングレンさんの早漏に始まり、筋肉と銃と爆破!それらをこれでもか!とばかりにぶち込んでるんですね。ただでさえむさ苦しい男たちが集まってるのに、あの爆破が加わったらどうなっちゃうのかと。今年の夏あっついあっつい言ってたオレがあそこにいたら間違いなく蒸発してますね。まあ確かに夏暑かったんですが…。最近は一気に寒くなりましたね。

で、この映画なかなかシャレがきいていて、「これアドリブなんじゃねぇの?」ってなセリフがそこかしこに散りばめられていて、笑えるんですよ。実際にそういう会話したことあるだろっていう。スタローン、シュワちゃんブルース・ウィリスが一堂に会して小気味よい会話を繰り広げる。もう最高ッスよ!!そのシュワちゃんの登場シーンがまたね、たまらんのです!あのウインクもいい!

チームのリーダーであるスタローンは齢64にして素晴らしい肉体。あれはメタボじゃないでしょう。ただ走ってる姿は観ててちょっと不安になりました。ラングレンさんとのラブシーンも必見。

でそんなスタローンの右腕がジェイソン・ステイサムなのは、やっぱりそういうことなんでしょうねー。ブルース・ウィリスも『RED』のインタビューでそんなこと言ってましたし。彼が女の相談をスタローンにしてるところはなんだか親近感が沸きました。

あとジェット・リー。やっぱいいですね!キャップを被ってるとなんだか皇居ランナーにも見えるんですが、彼はスピードを求めてひたすら全力。身長の低さを生かしたアクションも良かったです。

鑑賞後、マッチョな気分でハーレーに跨り、帰路に着きました。

D

まっぴまっぴ 2010/10/23 17:46 rysukyさん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
もしよろしければ、ご協力お願いいたします。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8

rysukyrysuky 2010/10/25 13:24 おぉ!?知りませんでした!
『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』の方にコメントさせていただきました。
見てみたいですね。ご紹介ありがとうございます!

しゅうしゅう 2010/10/27 19:06 初めまして。『海洋天堂』BBSに賛同メッセージをありがとうございました。
ブログの管理人のしゅうと申します。

賛同メッセージを寄せてくださったブログ様のリンク集を
作成しているんですが、こちらも掲載させていただいてよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

rysukyrysuky 2010/10/27 22:07 はじめまして。
こんなブログでよろしければ是非よろしくお願い致します。
活動がんばってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rysuky/20101023/1287806289