ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Making of Ryukoku-cha

2012-07-01

陶器製ホイロ (信楽焼と朝宮茶の絶妙コラボ)

 紹介が遅くなってしまいましたが、先月、滋賀県甲賀市信楽町の「茶城 藤田園」さんから、陶器製のホイロを購入しました!

f:id:ryukoku-cha:20120701174019j:image

 信楽焼と朝宮茶との絶妙コラボの成果です。

 詳細は、こちらをご覧ください。

 当初、「売り切れで、手元にありません」とおっしゃっていたのですが、

「被災地・陸前高田に、気仙茶で紅茶を作りたいという方がいらっしゃって、実験用に使いたいんです!」

と、無理無理お願いしたところ、ご自身でお使いになっていたものを譲っていただきました!

 感謝です。

f:id:ryukoku-cha:20120701174137j:image

f:id:ryukoku-cha:20120701174202j:image

 試作用に「べにふうき」の茶葉も注文して、クール宅急便で送っていただきました!


 研究室に紙を敷きつめ、一枚一枚、お煎餅を乾かすように、しっかり萎凋。研究室は葉っぱだらけに(笑)。

 その後、カセットコンロを用意し、休日の某所で、同包されている秘伝マニュアルを見ながら、数時間かけて一人もくもくと試作してみたところ、かなり美味しい紅茶ができあがりました。



 実は、かなり半信半疑だったのですが(笑)、

 これはいける!

 と納得しました。



 葉の状態を見ながら火加減の調節ができるし、陶器なので温度管理もしやすいです。

 透明の鍋蓋などをかぶせれば、葉の状態をみながら発酵・乾燥もできます。

 ざらざらした陶器の上なので、揉みやすいし、何よりも手触りがとても楽しい!

 何台か並べれば、みんなでワイワイと体験教室もできます。


 さすが信楽焼。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。