ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Making of Ryukoku-cha

2018-09-18

最近、 陸前高田関連の古本雑誌を集め始めました

〇『岩手の総合誌 地方公論』(青年社)9号、4月号、1973年

f:id:ryukoku-cha:20180918170826j:image

 盛岡で発行された雑誌です。滝沢市の雀羅書房という古本屋さんからネット通販で購入しました。

〇『地域』1982年春第3号(NSK地方出版社)

f:id:ryukoku-cha:20180918170855j:image

 気仙沼出身の西田耕三さんという方が発行人の雑誌です。

f:id:ryukoku-cha:20180918171845j:image

 西田さんは、とても高い志を持った方だったということがよくわかります。

f:id:ryukoku-cha:20180918171636j:image

f:id:ryukoku-cha:20180918171711j:image

f:id:ryukoku-cha:20180918171939j:image

f:id:ryukoku-cha:20180918172245j:image

 『地域』は、気仙沼のイーストリアスという古本屋さん(出版・編集業務も)からネット通販で購入。(店主さんのブログはこちらです。震災後、仮設店舗で営業されていたようです。)

 ひょっとしたら、震災前に陸前高田市内に所蔵されていたものはぜんぶ津波で流されてしまったのではないか、今はもう誰も集めていないのではないか....「地方の歴史・文化」が無くなってしまうのではないか...ちょっと心配になったので。(もちろん、陸前高田市立図書館は頑張っていますが)

 ゆくゆくは、陸前高田のどこかの図書館に寄贈しようと思います。受け取ってくだされば、の話ですが。私はコピーで十分ですので。

 

小野小野 2018/10/18 08:30 ご無沙汰しております。西田さんはお会いした事あります。確か、ジョニーあたりで。いろいろ懐かしい名前がいっぱいです。

ryukoku-charyukoku-cha 2018/10/21 18:56 書き込みありがとうございます。
そうでしたか。
「文化の復興の必要性」をヒシヒシ感じます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。