Hatena::ブログ(Diary)

RYUMI CHOI


漫文日記(初代)

25.12.2007

勝手ですが、日記を引っ越しました。

新しいサイトは、こちらです。

http://ryumichoi.blogspot.com/

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

青山のぞみ青山のぞみ 2015/07/24 15:56 ずーーと昔、チェルシーで一緒だったのぞみです。
おぼえているかな?
ユミと連絡とれたらって何気なくずっと思っていたらこのブログを見つけてしまいました。
8年前にお引越ししてるし気づいたら奇跡!
元気そうで、そしてロンドン生活楽しんでてうれしいです。わたしも地元の青森で元気してます。

ryumiryumi 2015/07/25 10:47 わー!すごい!!のぞだ〜!!!もちろん覚えてます。写真続けてる?のぞの友だちを撮った写真すごい好きだったからー。また見せてもらいたいな!(*^^*)

このこっぱずかしいブログを残してたかいがあったよ〜(笑)。わざわざ連絡してくれてありがとう。

私は結婚して、いまはロンドンからヨークシャーという所にすんでます。緯度的には、北海道と同じらしいけど、自然豊かでいいところです。また連絡取り合いたいけど、どうしたらいいだろう、、、Facebookとかしてる??

のぞみのぞみ 2015/07/25 15:37 えーーーーー!なんでなんでー(T_T)
よく気づいてくれたね(T_T)奇跡!今奇跡がおきてる!
だめもとでコメントしてよかった!
そして元気そうだね。幸せそうだね。ゆみだー♥️!
リッチと結婚したの?私いたころユミはドレッドで付き合いたてくらいな頃をおぼえているよ。
自分はなんだかんだで2年前くらいに結婚と出産として今はなんだかんだで子育てと陶芸をやっているよ。
fbやってる!Nozomi Aoyama で友達が描いた似顔絵が写真になってるよ。あとのん窯という名前で陶芸のページも最近作ったよ。実はfbでもryumi choiで探したの。私は十代の終わりの短い間しかいなかったけど不思議と今でもロンドンの夢とかたまーに見るの。どうしているかなーってネット上で探してみたらあっさりとブログ発見しちゃって笑。残しといてくれてありがとう!インスタグラムもやってるよ。やってる?そっちはzozomi0415

09.10.2007 秋のリハビリ計画

・・・まずはヨガから

http://www.youtube.com/ep.swf?id=ABCACEABDEBAA974&eurl=


涼しくなってきたので、走ってみると気持ち良いかも

まずはストレッチから

http://www.sugisetsu.net/stretch/running.html


からだに負担がかからないことを一番に気にかけながら

楽に走れれば、少しは続くかも

http://www.wataclub.net/training/tr_jogging.html


運動は覚えることがたくさんあって、最初はそれが大変なのかも



走ってみたいご近所コース
  • 秋のハイドパーク、もみじが散る木の下を遊走(紅葉のベストポイントを探しながらゆっくり走る、納得の行く場所を見つけしだい休憩)
  • 噛み合わせのわるい歯みたいなヘンリームーアさんのスカルプチャーから、Old power station まで、テムズ川沿いをツッ走る(途中アートや廃工場スポットを愛でながら休憩)
  • 秋のバターシーパークを迷走(途中パンプハウス・ギャラリーでの展示をチェックしながら休憩)*公園に着くまでは走らない、無理しない。
  • 秋のセント・ジェームズパークを、ガーデナーさんたちがデザインしてる美しい花壇を愛でながら、花のまわりを競歩(途中バッキンガム・パレスの前でロイヤルファミリーがどこかの窓にたってこちらを眺めていないか確認しながら休憩)(もしくは噴水の周りに座って、ぴちぴちとはねる水に軽くあたりながら休憩)


来週からにする。

ちひろちひろ 2007/10/13 10:20 廃工場いってみたいっす!!

ちひろちひろ 2007/10/13 10:20 廃工場いってみたいっす!!

hitomihitomi 2007/10/18 17:10 やばい行きたい!!

ryumiryumi 2007/10/18 22:32 きょうは歌いながら返答。ちいちゃんへ。
ははは、はいこうじょー♪ととと、とおくからー♪ててて、てむずがわごしにー♪みみみ、みるんだー♪しゃしゃしゃ、しゃしんではー♪こここ、こんなかんじ〜→ http://www.e-architect.co.uk/london/jpgs/battersea_power_station.jpg

ひとみちゃんや〜。へいへいほーぅ♪ heyheyho-u♪走るのはしんどいので〜、やっぱり〜、サイクリングになりそうだー♪それでも少しは見所がないとォー、重い腰がうごかないンだァ〜 (*^*) ぺいぺいぽーぅ、ぺいぺいぽーぅ♪

04.10.2007 秋の帰省計画

11月のはじめの二週間、リッチともみじを採りに日本へ。という計画を立て始めました。夏は働き詰めだったので、秋休みです。ここまでくるなら、いっそのこと冬休みにして『除夜の鐘とお正月と雪山の温泉でお風呂につかりながら日本酒で一服』なコースをリッチに体験させてあげたかったけど、さすがに年末に長期休暇を取るのはごひんしゅく、だそうで。人生で二回目の日本は、ぜひ秋を堪能して、存分にリラックスしていただき、できれば(仕事もうちょっと頑張れるかな〜)などと迷いを感じ始めるほどの状態にまで回復していただきたいと思います。


ということで、まずは日本の紅葉を見てもらわないと。

JennyJenny 2007/10/04 16:17 いいねぇ。私も行きたいー

ちひろちひろ 2007/10/04 17:40 はやくおいで〜!
会えるの楽しみにしてるよ!
ってか、会う時間あるのー???

ryumiryumi 2007/10/04 23:35 jeniちゃん 何いってんの。いつでも行けるっしょ。車が運転できたらね〜、みんなでドライブでも行けたらいいんだけどね。
ちいちゃん、もちろん!なくてもつくる!でももしかしたら1、2週間私が先に帰るか、残るかするかも。せっかく帰れるんだからゆっくりしておいでよ、ってリッチも言ってくれてるのさ。そのときにね、水入らずで〜(あ、普通は逆か)笑

hitomihitomi 2007/10/08 13:32 おおおお!会いたい〜〜♪

まみむまみむ 2007/10/09 13:45 良いじゃんね!紅葉の日本。東京は銀杏だけど、Japan Rail Passで京都の紅葉に行っておいでよ。すっごく美しいよ。私も11月半ばから日本。京都のお宿も随分前に予約入れちゃった〜。

ryumiryumi 2007/10/10 16:57 ひとみちゃん、うん、またちゃんと決まったら連絡するね。ぜひまた地元でお会いしましょー☆
まみむちゃん、アラー!ぎりぎり同じ頃だっ!!秋に帰るってめずらしいかな〜と思ってたの。だけど、こんな近くに秋休みのお友達がいるなんて。ジャパンレールパス、私まだ買えないのよ、結婚していないから。でもそうだよね、すっごい旅行費うくよね。京都のお宿〜〜〜!また土曜日にあうときにぜひお話きかせてねー!

yukinoyukino 2007/10/15 10:57 おぉ〜会いたい!!!ちょー会いたい!!
奥多摩日帰りなんて・・・私joinしたい♪休みの日だったらオイラの車でドライブとかできちゃうかも。まぁ、時間取れなくてもお電話で話でもしようね。詳細決まったら連絡ちょうだいな。

ryumiryumi 2007/10/18 23:03 ぬななに〜〜〜!!!!わたしの知り合いの女の子で運転が出来る人がいるなんてっ!どひゃー、ソンケイシマス、心から〜!
すごい前向きな希望では、かってに(本人の意見は聞いておりません)リッチに運転してもらえばいいや〜、と思ってました。でも冷静に考えると、普段運転しない人が、見知らぬ地で、しかも時差ぼけ中にドライブ、てなんか危ないよな〜・・・などと迷いが。落ち着いたら、その現地に行ってレンタカーでも借りてちょろっと田舎道を回るくらいなら出来るだろうか、と考えてたよ。あ〜、ゆきのちゃんに運転してもらうなんてトキメク〜(☆=☆)・・・でも折角のお休みに運転させるなんて、それも胸が痛イ・・・ぬお〜、あまりの優しい言葉に乗っかってしまうところだったよーーーー!とにかく電話します電話します。ありがとさ=ん。

03.10.2007 マニッシュ・アローラさん

めずらしくファッションのハナシ。超ハイテンション・ファッションはっけん。ていうか私がファッションに疎すぎるだけで、かなりのメジャー人なのかもしれない。たまたま見ていたインタビューでこのデザイナーさんの話しを聞いた、けどチョーウケル!この人一体なに者?ホームページ見ても一体何がしたいのか、いや絶対笑かしたいだけだ!としか思えない。あらたなる謎の天才。

作品が街を歩く様子がとてもシュール、とってもきれいだった。ここのページのManish Aroraのところ押すと動画が。


http://www.manisharora.ws/

ちひろちひろ 2007/10/04 18:03 うわー!なかなか見ない感覚!
デザイナー自身もアヤシイ!!

ryumiryumi 2007/10/04 23:40 うほっ笑、その通り!すごいよね、この人の頭の上にのってる蓋、完全にとれてるよね。すごい勢いで何かを出しまくりだよね。キャラまで出しまくりだよね!上の写真は中でも一番淡いテンダーな色合いだけど、ほんと見てると目がつぶれそうになるよ。

ryumiryumi 2007/10/04 23:41 ごめんごめん、この写真の服が、じゃなくて他の彼の作品を見てると、目がつぶれそうになった、ということです。

ちひろちひろ 2007/10/13 10:25 あはは!!目がつぶれるって!!でもすごくある意味もっともっと
世に出て欲しいねーーー!!なんか勇気をもらうよ!!

ちひろちひろ 2007/10/13 10:26 あはは!!目がつぶれるって!!でもすごくある意味もっともっと
世に出て欲しいねーーー!!なんか勇気をもらうよ!!

ryumiryumi 2007/10/18 23:08 どゥははー!なんじゃそりゃー!なんか意味が含み含まれだねー!!!あはー、なんかちいちゃんのコメントがつぼにハマっちゃったヨ=ぶひぶひ笑ッ

30.9.2007 デンティスト

はがいたい!やばい!でも病院こわい。いや、痛みじゃなくってお値段が・・・。早く直さなきゃ、と思いつつまだ大丈夫だと思ってたら、本当に痛くなって来た。前にいったときは、左半分、虫歯だらけって言われたんだけど。歯って痛みが遅くくるから、なかなか行動にうつしずらい。のんびりやの私にはとくに!イギリスの歯医者さんの腕ってどうなんだろう。どうしよ、どうしよ、今すぐこちらで直すべきか、我慢して日本で直すべきか・・・。


Updates & Memo:

ググって見た。http://london05.exblog.jp/3532842 わかりやすい・・・

なるほど、リッチが行ってたとこと同じだ。 http://www.ukjnetwork.com/living/healthcare.htm


こういうのもあるらしい。

海外医療費支給(海外療養費支給制度)の請求手続

▼ 海外で

1. 受診した海外の医療機関では、一旦、かかった金額の全額を支払います。

2. その医療機関で、治療内容やかかった医療費などの証明書(注1)を書いてもらいます。

(注1)

A. 「診療内容明細書」(治療内容が記載された証明書)

B. 「領収明細書」(医療費が記載された証明書)

またはA、Bに準ずる証明書

※上記A、B証明書の用紙は市町村・国保組合の担当窓口で入手できます。

hitomihitomi 2007/10/01 15:44 あたしは前、ロンドンで風邪ひいたとき日本人が経営する病院に行ったよ!
ロンドンにも日本人が経営する歯医者あるかもしれないから探してみたらいいんじゃないかな?

ryumiryumi 2007/10/02 08:52 ひとみちゃんありがと。そうだよね、確かになるほどっと思って早速検索してみたよ。でも私、もう保険入ってないからな。日本人の病院、来た当時はお世話になってたんだけどね。で、検索したら、思ってたより安かった! http://www.ukjnetwork.com/living/healthcare.htm ちょっと私、このせんで調べてみます!

ちひろちひろ 2007/10/02 17:40 私もそっちいたとき、つめものがとれて、日本人の歯医者にいったら
つめるだけで60ポンドだった。高い!
トーセキ(覚えてる?)が去年イギリス人の歯医者に行ったら、抜いちゃい
ましょーと言われて、逃げ帰って、日本人とこだったら抜かなくてよかった
そうだよ。どうなのかね??

ryumiryumi 2007/10/02 22:18 ほほーう、どうなのかねぇ?とりあえず nhs 予約しにいってきたよ。来週まで開いてないっていうことで、火曜日に予約した。私行ったとこは nhs サービスか private サービス選べって言われて、nhs で見てくれるスロットの日が限られてるようでした。でもちょっと余りにも設備がヤバそうな病院だから、もうひとつ nhs で見てくれる病院、明日見に行ってきます。とりあえず来週まで待って見てもらう!

ryumiryumi 2007/10/02 22:23 うん、もちろん!トーセキさん覚えてるよ。奥さんヨーロッパの人だったと記憶しております。ということは今もロンドンに住んでるんだよね?まったくわたし、歯だけは丈夫な方だ、と思ってたけど。まさかロンドンでお世話になることになるとは。やっぱなかなか日本に戻れないからな〜。1年おきくらいに定期検診くらいはしておかないとだね。ウップす

25.9.2007 パスポート返却

IGS Visa を申し込んでいたパスポートが帰ってきました。郵送してから2週間強でしょうか。思ったよりずっと早かった〜!ほんとびっくりです。補足資料 supporting documents もごっそり全部戻ってきました。バンク・ステートメントも、卒業証書も、次のビザを申し込むときに必要だったので良かったです。それでは取り急ぎご報告までに。

ちひろちひろ 2007/09/25 16:42 それって、1年間のビザが取れたと言う事??
そうっだったら、おめでとーーー!!!

ryumiryumi 2007/09/25 19:27 そうだよ〜!お仕事できるビザなんだよ〜。ありがとねー!!!仕事さがさなキャーーー!

yukoyuko 2007/09/28 14:37 majide? sugoku hayaine. watashiha mada moushikonn de naidesu.
Paper work owattara mata kakuninn sasetekudasai-!

ryumiryumi 2007/09/29 10:44 sure sure! call me or we can meet up and check the form to make sure there’s no mistake if you like. i guess i was abit early than i thought. anyways i can’t expect anything about them. d’u know what i mean? neather home office nor our college offices. how they work is always mistery.

yukoyuko 2007/10/01 16:12 I’ll call you next couple of days! Shall we go for a coffee?

24.9.2007 スチュアート:演技と芸術

今朝方、空からつよい雨がふってきた。庭の椅子にかけてあったリッチのズボン、カーテンを開けなくてもずぶ濡れになっているのが目に見えるよう。いつもこんな雨がふると、そのうち水があふれて、この家は沈んでしまうかも・・・と。一瞬、小さな恐怖がよぎる。が、雨が力強く床をうつ音に耳を傾けているうち、まるで大波に揺られる船のゆりかごにでも乗ったような気分で、しあわせな気分に。心地よくなり改めて二度寝。

起きてから、カーテンを開けて晴天をカクニン。ただ、昨晩見たドラマのことがどうしても頭から離れず、朝方から考え過ぎて頭がいたくなってしまった。有り難いことにじかんもあることだし、今朝はまず、それをここに書き出してしまおうと決めた。



『Stuart: A life Backwards』という本の、タイトルをそのまま使った実写版ドラマを、きのう寝る前に何気なく途中から見始めた(日本ではまだ訳されていないようだから、私が勝手にタイトルを訳してみると「スチュアート:うしろからの人生」かな?アレキサンダー・マスターズ著)。BBCでやってた、どうも特別企画のドラマらしかった。

お話の内容は、新米物書きのアレキサンダーが、「ドラック漬けでアルコール中毒、自分を傷つけるのが好きで、他害行為もたまにするサイコパス、自殺願望がありしかも家なし」という、すったもんだのホームレス・スチュアートと出会い、彼についての本を書くためスチュアートにインタビューをする、その様子を記録したお話。イギリスのホームレス事情についての社会派的なテーマに違いはないだろうが、それよりも、複雑な問題を抱えているにも関わらず人間的な魅力を失わないスチュアートと、ふたりの間に育まれる友情関係がとてもユーモラスに描かれていて、重い内容を扱っているにも関わらず堅苦しさが一切なく、一つの人間ドラマとして体験できる。見終わった後、さわやかな感動につつまれつつも、ともに考えさせられるという、かなり秀逸な作品だったと思う。途中からだったにも関わらず、あれはほんとうに映画を見た後のような見応えだった。

ハナシはずれるけれども、BBCはこういうクオリティーの高いものを、特別大掛かりな宣伝もなく、ある日の夜に、何となくやってしまう節がある。国営ということもあるだろうし、もともと作品の平均レベルが高いというのもあるだろうけど。こんな大きな団体に対して受ける印象としては、不思議な言い草かもしれけれども、私にはなんだかこういうところにも、イギリス人のお国柄というか、金銭に対する大らかさ、みたいなものが垣間見えるように思えるのだが。

私があの時、たまたま起きていて、リッチがあの時、たまたまテレビのチャンネルを回していなかったら出会えなかった作品だ。だからどうしても、ちょっとした運命のように感じてしまう節があって、頭のなかで気になってそわそわするのかも。



時たま流れるイラストレーションの存在感もすごい。ほとんど線で描かれただけの、白黒イラストであるにもかかわらず。それが合間あいまに流れて、とても効果的に、この映画、いやドラマの味を引き出していた。だから最初私はてっきり、これはコメディードラマなのか、それともアート・ビデオなのか、と判断しかねたくらいだった(結局はどちらも間違いだったけど)。調べて後から分かったことだったが、これは実在の著者、アレキサンダーさんのイラストだったらしい。このドラマのために、アニメーションも書いたんだろうか。こういうマルチな才能を持てるって素敵だな、と。また絵心というものは、こういう風にも生かすのことが出来るのか、と学んだ気がした。



(さて、ここからは更にまとまりのないハナシなので、予めご了承ください。ここまで読んでいただいたうえ、更なる長文乱文すみません。)



とにかく何より心に残っていたのは、スチュアート役をしていた役者さんの圧巻の演技。こちらの国に来てから、こういうすごい演技をする役者さんに、どういうわけかブラウン管の上でよく出会うなぁ、と。じつはそのことを考えていて、それが頭から離れなかった。


まとまっていないが考えていたことがふたつ。


ひとつは何故映画ではなくてドラマで、このような見事な演技ができるのか。どうも芸術として認められている演技の場、としては劇場や映画で、とどこか相場が決まっているような節がある。こういう演者さんは、テレビだけではなく数々の映画にも出演している。それを思うと、このような演技を見せる場は他にもたくさん恵まれているのだから、当然そちらで見せることが期待されるものではないだろうか、と。だけど、鳥肌のたつようなここまでの演技に、さきほども触れたように、イギリスではなぜかテレビの上で触れる機会に、日本より多く恵まれているような気がする。たとえば去年、くせのある Kenneth Williams というコメディアンのキャラクターを見事に体現していた Michael Sheen さんを見たのも、同じような状況でのことだった。これはいったい、日本とイギリスの役者さんがそれぞれ、異なった哲学を持っているのか、それとも業界のシステムの違いが影響しているのだろうか。


それに続き、ふたつめに引っかかっていたのは、演技の芸術性に関することだった。これほどの演技は、演者さんが相当精神と誠意を費やして作り上げたものに違いない。その努力や集中力の発端を、わたしはアートだと受け取ったのかもしれないし、それとも他になにか理由があるのだろうか、と。とにかく演技やパフォーマンスの方面はからきし無知のわたしが、こんな個人的な感想を申し上げるのは恐縮だけれども、端から見てきのうは(芸術の域に達した演技ってこういうことじゃないかなぁ)と思った。

その演技の芸術性って、いったいどこから違いが生まれ、こころのどこの部分で感じるんだろう、と考えていたら、一方で持ち上がって来たのは演技のシャーマニズム性だ。

それは特に亡くなっている人をもう一度 re-create する、biographic な作品だった、今回のような場合だったからこそ、私にはさらに分かりやすく感じたのかもしれない。演じる、ということは、ある人の人格を、演技する人のからだをつかってもう一度そこに発生させる、という行為だ。それはまるで校庭という、ひとつの世界に起こった小さな竜巻のように見える(わたしはなぜか、竜巻を想像するときに、アメリカで起こる巨大な竜巻よりも、都会の路地裏で起こるビル風の竜巻よりも、こどものとき日本の校庭で見たあの小さな竜巻を思いおこしてしまう)。いっとき、人の目にふれたあとに、それはまた消えてゆくのが正しい。

それは最初、誰かのまねをする、一連の動きをもった物まねのようなものなのかもしれないし、それは、いかに精巧におりなされたかがモノを言う技術なのかもしれない。だけどその技術のなかに(ほとんど物まね以上のイタコとでも言うべき)人格が降り立った時、それが神秘の域にたち入った時に、多分そこに何かと何かがぎりぎりの値で振動しているんだと思う。演技のなかに発生した、その一瞬の奇跡の集合体から、芸術が生まれ感じられるのかもしれない。それに芸術とはもともと、神性、神秘なものを扱うということだから、まさにこれはそういうことで、そのままつながっているのだから・・・う〜ん、やっぱりまだまだ考えがまとまらないや。これは保留!

とても長くなったが、とにかく今回の経験で今言えること。それは、演技によって生み出されるアートは、劇場のパフォーマンスや映画だけで拝むものじゃない。運が良ければそれは何気ない一日の、何気ない夜に起きるんだ、ということ。それを何気ない居間の一間で、何気なく一緒にいた人と、わたしは体験した、というだけの、なが〜い記録。



Stuart: A Life Backwards (2007) (TV) http://www.imdb.com/title/tt0853153/

Kenneth Williams: Fantabulosa! (2006) (TV) http://www.imdb.com/title/tt0490126/

ちひろちひろ 2007/10/13 10:45 前にくれた手紙でもryumiは映画ってすごいって語ってた。
私もそう思う。最近GYAO(日本の動画サイト)で夜中にお気楽に
映画を見ると、1枚の絵を美術館で見るよりもすごくインパクト
を受ける事が多い。それは特別な存在ではなくて、役者さんが演じる
事によって、自分の日常にとても身近に感じるられたり、感情移入しやす
かったりするからだったりするんだけれど、じゃあ、アートってなんだろな??
あと最近{食}ってすごいと思う。目でも鼻でも口でも耳でだって楽しめるし、
体に栄養を与えたり、幸せにしてくれたり、逆に食べ過ぎて気持ち悪くなったり、
コックさんやお母さんってものすごいクリエイターだわ!!

ryumiryumi 2007/10/18 23:25 あらー!こんな長い日記にコメントくれたのね。ワルイコトした!!こんなの書いて、よましちゃって!!!ほわー、でもありがたいや〜。
映画についての談義は、ちいちゃん専門だもんね。こっちでトークしてたときも、わたしの知らない映画たっくさん知ってて色々教えてくれたよね〜。わたしはちいちゃんに紹介してもらった映画、まだほとんど出会えてないよ。ほへー、インターネットで映画みれるの?お金払うのかな、もちろん??いいね〜、そいうとこで良い映画見れるっって。ちょっとハナシかわるんだけど、最近こっちのDVD屋さん寄っても、ほんとに見たい映画ってなかなか置いてなくって、フラストレーション感じるんだよね。せっかく何か見るキがあって行っても、探すのにつかれちゃって、毎回結局何も借りないで帰ってくる。だから、とくにそういうとこで手に入らないようなレアものや、アーティーな映画はインターネットとかでもっと見やすくなったらいいのにね〜。
ほーう食ですかっ!それ話すと深そうなテーマだね〜。ぜひ、良い一品を前にトークで一戦交えますか。そういう風に感じて教えてくれるひとはいても、私はまだ心から『食』がすげー!っておもったことがないのだよ。だからぜひお伺いしたいの。あ、でも。食ならぬ『飲』なら大好きだーって言えるけどねー!コーヒー『愛』でございますよ。こんどは、喫茶VS食そして酒、ぜんぶハシゴするべ。

いらっしゃい、175385

Connection: close