Hatena::ブログ(Diary)

雑貨屋CHOUTARA企画 インド行かへん?旅日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-08 お引越します!!

お引越します!!

CHOUTARAの旅ブログお引越することになりました。

こちらがが旅日記の続きです。

宜しくお願いします。

新しい旅日記ブログへ

これからも旅日記書いていきますね。


CHOUTARA

2010-04-22 第21回インド行かへん?2010年夏

ryusaiogushi2010-04-22

第21回インド行かへん?2010年夏

今回で21回目の旅企画。

インドではダライラマのいるダラムサラ

シク教の大聖地アムリトサル

パキスタン国境の旗下げ競争

カオスな町デリー

砂漠のオアシスジャイサルメールでラクダに乗り

パワースポットでもあるバラナシではボートに乗ってガンジス河へ。

コルカタではマザーハウス

ダージリンではタイガーヒルに登ってエベレストを観る。


ネパールへは陸路で国境越えをします。

もちろん、今回も援助物資を運びにネパールの田舎の村へ足を運びます。


最後におまけの中央アジアイスラム国家ウズベキスタンへ。



この旅のことでわからないことあれば、なんでもきいてくださいね。

■下記日程です■

書いてある数字が参加できる残り人数になります。

参加者最大7名+案内人1名での旅です。

(現地集合現地解散、ガイドが現地空港まで送迎します)

参加に関してすべて先着順です。



●重要●

日程が都合や情勢により変更する場合があります。

2010年05月01日により募集いたします。

わからないことなどは、質問コーナーか、僕に直接

メッセージをください。

●(注意)●

☆マークは合流&帰国可能ポイントです。

最短5日間から参加可能です。(最長50日間)

日程の横に記載されている(○○○)はあくまで

この街でこんなことができますと記載しているだけです。

現地でそれぞれの体調にあわせて行動します。




●第21回インド行かへん?2010年夏

『今回で21回目になるバックパッカー的長期買い付け旅行。

ここ10年通いつめた僕の知っているディープアジアをご案内します。』



2010年06月03日現在↓↓

日付……行く地域 (国)……空き人数 (内容)

☆07/21 成田or関空タシケント (ウズベキスタン) …残07 タシケント空港泊

 07/22 タシケント→デリー (インド)…残07 ローカルバスで市内へ

☆07/23 デリー (インド) …残07 ニジャムデンへ

※07/23-07/28間は参加者の希望により、デリー周辺の町へ行くことも可能です。

 この区間に参加するメンバーで話し合います。

☆07/24 デリー (インド)…残07  インド動物園

☆07/25 デリー (インド)…残06 メインバザール散策

☆07/26 デリー (インド)…残06 ジャママスジットモスクへ

☆07/27 デリー (インド)…残06 地下鉄でコンノートプレイスへ

 07/28 デリー→パタンコット→ (インド)…残06 寝台列車で移動

 07/29 パタンコット→ダラムサラー (インド)…残06 チベット文化に触れる

 07/30 ダラムサラー (インド)…残06 チベット亡命政府

http://d.hatena.ne.jp/ryusaiogushi/200704ダラムサラー日記)

 07/31 ダラムサラー (インド)…残06 滝を見に行く

 08/01 ダラムサラー→アムリトサル (インド)…残06 バスで移動

☆08/02 アムリトサル (インド)…残05 シク教の聖地、黄金寺院へ 

http://d.hatena.ne.jp/ryusaiogushi/20060829/1260019196(過去の旅日記)

☆08/03 アムリトサル (インド)…残05 パキスタン国境へ(旗下げ競争)

 08/04 アムリトサル→デリー (インド)…残05 列車で移動

☆08/05 デリー (インド)…残04 お買い物

☆08/06 デリー (インド)…残04 美味しいカレー

☆08/07 デリー (インド)…残03 メインバザール散策

 08/08 デリー→ジャイサルメール (インド)…残03 寝台列車で移動

 08/09 ジャイサルメール (インド)…残03 フォート内散策

 08/10 ジャイサルメール (インド)…残03 ラクダに乗って砂漠泊

 08/11 ジャイサルメール (インド)…残03 市内散策

 08/12 ジャイサルメール→デリー (インド)…残03 寝台列車で移動

☆08/13 デリー (インド)…残02 出入国する場合は夜のみ

 08/14  日帰りアーグラー (インド)…残03 車でタージマハルへ(約4000円)

 08/15  デリー→バラナシへ (インド)…残03 寝台列車で移動

 

☆08/16 バラナシ (インド)…残02 ガンジス

☆08/17 バラナシ (インド)…残02 ボートに乗って朝日を拝む

 08/18 バラナシ→コルカタ (インド)…残02 寝台列車で移動

☆08/19 コルカタ (インド)…残02 カーリー寺院へ (入出国は夜のみ)

☆08/20 コルカタ (インド)…残02 高級カレーを食べる。

☆08/21 コルカタ (インド)…残02 マザーハウス

 08/22 コルカタダージリン (インド)…残04 寝台列車で移動

 08/23 ダージリン (インド)…残04 ヒマラヤ山脈

 08/24 ダージリン (インド)…残04 エベレスト&トイトレイン

 08/25 ダージリン→カカルビッタ→カトマンドゥ (ネパール)…残04 陸路で国境越え

 ネパールの国境の情勢が悪い場合、ネパール国内で飛行機に乗る可能性もあります。

 (約1万円) 

 08/26 カトマンドゥ (ネパール)…残04 タメル地区へ

☆08/27 カトマンドゥ (ネパール)…残04 地図を持って町を散策

☆08/28 カトマンドゥ (ネパール)…残04 ボダナートへ

☆08/29 カトマンドゥ (ネパール)…残04 スワヤンブナートへ

 08/30 カトマンドゥ→田舎の村へ (ネパール)…残04 援助物資を運ぶ

こんな感じで援助物資を届けに行きます。

第20回ツアーhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1413323918&owner_id=1705310

第19回ツアーhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1283388524&owner_id=1705310

 08/31 田舎の村 (ネパール)…残04 学校訪問

 09/01 田舎の村→カトマンドゥ (ネパール)…残04 バスで移動

☆09/02 カトマンドゥ (ネパール)…残04 夜カジノに行く

☆09/03 カトマンドゥ (ネパール)…残05 パシュパティナートへ

☆09/04 カトマンドゥ→デリー→タシケント (インド)…残06 空路で移動

☆09/05 タシケント (ウズベキスタン)…残07

 09/06 (ウズベキスタン)…残07 

 09/07 (ウズベキスタン)…残07

 09/08 (ウズベキスタン)…残07 

☆09/09 タシケント成田 (ウズベキスタン)…残07 空路移動

☆09/10 成田関空 (日本)…残07 日本到着


2011年夏出発、80日間世界一周も同時に募集します。…残03



第21回CHOUTARAツアー『インド行かへん?』参加費


05日間まで… 3万円 (6日間3万5千円)

07日間まで… 4万円 (7日以降1日+3500円)

10日間まで… 5万円 (10日以降1日+3000円)

14日間まで… 6万円 (14日以降1日+2000円)

20日間まで… 7万円 (20日以降1日+1700円)

26日間まで… 8万円(26日以降1日+1200円)

35日間まで… 9万円(35日以降1日+1000円)

45日間まで…10万円(45日以降1日+700円)

☆参加費について☆

安宿の手配から現地でのチケットの手配、

10年近く南アジアを行き来して得た旅の情報などの安心料になります。

基本的に旅でのめんどくさいことなどを引き受けます。

そのへんをご理解のうえ、参加していただくことになります。

現地での滞在費、食費、交通費は別途負担。

南アジアを旅する上で1ヶ月3万5千円は必要と思います。)

飛行機代の相場南アジア方面6万5千円〜12万円ぐらい)


●この旅で必要な予算の例●

例) 30日間、一緒に旅をする場合の必要な最低予算

飛行機代100000円+参加費84800円+滞在費生活費など40000円、計224800円

例) 45日間、一緒に旅をする場合の必要最低予算

飛行機代100000円+参加費100000円+滞在費生活費など60000円、計260000円

例) 7日間、一緒に旅する場合の必要最低予算

飛行機代100000円+参加費40000円+滞在費生活費など12000円、計152000円

飛行機代は各自で探していただくので

これよりも安い場合や、高い場合も考えられます。あくまで

目安です。生活費もそれぞれのスタイルで変わってきます。

なので、海外のからの参加も可能。

旅の途中からのひとも大丈夫です。



インドからネパールへは往復ともに陸路を考えていますが

情勢の悪化により空路を選択する場合があります。(片道約12000円)

(陸路での横断が不可能な場合です。例えば反政府組織が道路を封鎖した場合や

土砂崩れが原因で道路が遮断された場合のことをいいます。)


空港から市内に行く場合、別途タクシー代が必要になります。

(下記参照)

同じ飛行機で来られる人がいる場合はその人数で割り勘します。

デリー in 約600円

ポカラ in 約200円

カトマンドゥ in 約350円

コルカタ in 約650円

深夜便で到着の場合は深夜料金が必要な場合があります。

飛行機のチケット、各種ビザ代は各自で取得お願いします。

取り方は『りゅうさい』まで

注意!!!インドは日本でビザを取得する必要があります。

パスポートを持っていない方は、出発の3週間前には

必ず取得お願いします。

インド行かへん?』では最低3日間から参加可能です。

日本人ガイドが各現地国際空港まで迎えに行きますよ〜。

2010年05月01日より

先着順で受け付けております。

常時最大7名まで。

直接下記メールかメッセージまでご連絡ください。

baaratkobe@ybb.ne.jp


参加表明された方から順次、

歴代参加者が集まるコミュニティ

入っていただいて歴代参加者から

旅のアドバイスなどがきけます。

正直ちゃんとしたガイドではないですが何度も足を運んで

身に着けた旅をする上での知恵や情報はいっぱい

あるのでバックパッカー的な旅をサポート

できたらと思います。

この旅で、みなさんにあえるのを楽しみにしています。

りゅうさい


質問はこちらにお願いします。↓↓


*************************

旅でみつけた雑貨とチャイのお店。

CHOUTARA(チョウタラ)

650-0012神戸市中央区北長挟通4-7-4

元町会館2階奥CHOUTARA(チョウタラ)

TEL:078-392-1222 

mail : baaratkobe@ybb.ne.jp

OPEN 平日15:00-21:00/土日祝13:00-21:00

不定休

HP http://www.choutara.com/(工事中)

旅日記 http://d.hatena.ne.jp/ryusaiogushi/

CHOUTARAイベント情報 http://choutara.exblog.jp/


☆アクセスMAP☆

http://www.walkerplus.com/kobe/gourmet/DETAIL/V-KOBEX-6RTAR971/mapN/



ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

2010-04-09 ホーチミン空港でのWI-FIポイント

ホーチミン空港でのWI-FIポイント

今、トランジットでベトナムホーチミンの空港にいます。


無料で、できるWI-FIポイント発見です。

Espressamente ILLY

というカフェ?がトランジットエリアにあるので

その周辺の椅子に座れば、どこでも

電波拾えると思えます。

インターネットの速度も快適です。


ちなみにバンコクの空港でもイミグレーション通過後、

アクセスできるWI-FI、普通に見つかりました。



ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

2010-03-09 インドビザ 2ヶ月以内 再入国に関する情報 vol.2

インドビザ 2ヶ月以内 再入国に関する情報 vol.2

インドビザのその後です。

僕らはインドに入国後、ブータンに一度出国し

ブータンの国境で戻れないと言われてしまいました。

(デリーで問題ないと言われたことも伝えたけど…)

とりあえずブータン首都ティンプーインド大使館にて

72時間滞在可の通行証480ルピーをもらい(下記)

f:id:ryusaiogushi:20100303203412j:image


コルカタイミグレーションに行ってきいてみると

入国できているから問題ないって言われました。

不安だったので、ラビンドラサダンにあるFRROに

行ってきいてみると、ここでも、気にしなくていいとのこと。

やはり、デリーで聞いて通りのことを言っていました。

(周辺国は問題ないと)

でも不安なので書類をお願いすると

翌日、ゲット。(下記写真)

f:id:ryusaiogushi:20100303203402j:image

これで、気にすることなくインドを旅できそうです。

今は南インドにいます。


注意!!

あくまで、僕が個人的に行って調べた結果なので

同じ対応とは限らないので、注意が必要です。

日本でビザを申請するときに往復の航空券を提示したうえで

旅の日程表を提出すると、指定された周辺国には

(日程に記載された)

問題なく行けるようです。

もし、普通にビザを申請された場合は

現地にて再申請されることをおすすめします。

(上の例のように)



ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

2010-02-13 インドビザ 2ヶ月以内 再入国に関する情報

ryusaiogushi2010-02-13

インドビザ 2ヶ月以内 再入国に関する情報


今、デリーの空港に到着しました。

いろんな噂がある再入国の件

デリー空港のイミグレーションに確認してみました。



f:id:ryusaiogushi:20100213181807j:image




上の写真は最新のインドビザ左下に記載されている例の再入国についての記載。

この意味をデリー空港のイミグレーションの人に、きいてみると、周辺国(ネパールやバングラデッシュ、スリランカパキスタン、タイとも言っていた。)に

行く場合は適用されないとのことです。

ただ、中国や日本に一度戻ると(インドから遠方の国)2ヶ月間は再入国できないそうです。


ただ2010年2月13日現在の情報なので変更される場合があるので、それぞれで確認されるといいと思います。


インドビザその後のこと

http://d.hatena.ne.jp/ryusaiogushi/searchdiary?word=%2A%5B%A5%A4%A5%F3%A5%C9%A5%D3%A5%B6%A4%CE%BC%E8%A4%EA%CA%FD%A1%CA%C2%E7%BA%E5%A1%CB%5D




ちなみにインドデリーの空港に入国する情報です。

まずはイミグレーションに向かいます。

イミグレーションカードは、書ける範囲で書くといいです。

アドレス欄は泊まる予定のホテルの住所とホテル名を記載。

適当でも大丈夫です。


f:id:ryusaiogushi:20100213171758j:image

イミグレーションにてパスポートにスタンプを押してもらったあと

預けている荷物を受け取り、グリーンチャンネル(出口)に向かいます。


f:id:ryusaiogushi:20100213173114j:image







そこを出ると、たくさんの人が出迎えて待っています。

出て右(EXIT 02)に出ると市内に出るエアポートバスが1時間に一本ぐらい出ています。(50ルピー




ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

2010-01-18 インドビザの取り方 at 大阪

インドビザの取り方 at 大阪

今日2010年1月18日、大阪堺筋本町にあるインドビザセンターに

インドビザの申請に行ってきました。

ちょっと前までインド領事館でのビザ申請だったけれど

変わったんですね。



インドビザセンター(大阪

住所:〒541-0057 大阪市中央区久宝寺町1-9-6 ネオオフィス堺筋本町1階2号

Tel.(06)6271-5488

Fax.(06)6271-5525

申請時間:10:00〜12:00

受領時間:16:00〜17:00

★休日:土曜日、日曜日、日本の祝日、インドの祝日(要注意)


★申請のときに必要なもの

1)パスポート(めっちゃ重要)

2)顔写真(パスポートサイズって書いてあったけど、なんでもいいと思う)

3)ボールペン(置いてないので)



★申請するときに必要なビザ代;1935円

申請されると6ヶ月マルチが受理されるみたいです。

申請後、翌々日に受け取り可能です。(営業日で数える)


行き方ですが、地下鉄堺筋本町駅 下車後7番出口を出ます。

そこから徒歩3分ぐらいです。

あとは地図を参照してください。

20100118173633


申請用紙がインドビザセンターにあるのですが、

記載欄の中に本籍地や現住所、その他、勤務先または所属する学校などの住所、連絡先

緊急用に住所をもう一つ記載する欄もあったり…

インドのどの場所に行く?、期間などいろいろ書く項目ありなので注意が

必要です。

日程や、滞在期間、滞在場所などの記載欄が

あるけれど、あんまり重要では、なさそうなので

適当に目安って感じで記載して提出しても大丈夫です。

(ちゃんと書ける人は書いたほうがいいですけど…)


インドビザの情報ですが、流動的なので

直接、問い合わせてみるのもいいかもしれません。


それと、きいた話だと

日本で取得したマルチプルのインドビザ

途中で一度インドを出国すると2ヶ月は

インドに戻って来れないそうです…。

追記

ネパールから空路でデリーに再入国を

挑戦してみました。

問題なく入国!!

きいてみると、インド周辺国は

まったく問題ないようです。

ブータンの国境は、バックパッカーが行かないので

無理でしたけど。

その後の日記なども書いています。

ブログランキングに参加しています◆


この旅日記をみて、参考になったっていうひと

インド行かへん?旅日記のランキングが気になる人、

他のインド旅行ブログが気になる人、ポチっとお願いします(笑)

↓↓

にほんブログ村 インド旅行

2009-04-17 老人がいない町

ryusaiogushi2009-04-17

老人がいない町

いつもは、モーチットバスターミナルから行くのだけど

今回は、はじめてエカマイバスターミナルから行くことにしました。

というのも、介護のため泊まっていた高級病院が、最寄だったからです。笑)

f:id:ryusaiogushi:20090403065724j:image



ここから、カンボジアとの国境の町アランへは約4時間。

モーチットよりも、安く速かったです。国境のマーケットまで

直行のバスでした☆200B(帰路は160Bでした)

国境では、案の定、25ドルビザ代を請求されました。

20ドル+200Bか1000Bでもいいっていっていたけど、どれもレート悪い。

一番の感動は、あのシェムリまでの、悪路が

快適な道のりに、生まれ変わっていました。

ほんま、感動もの。

f:id:ryusaiogushi:20090404061455j:image





次の日、朝早く起きてアンコールワットへ。

朝日は、雲が厚すぎてみえず…。

f:id:ryusaiogushi:20090404064245j:image




こんなトゥクトゥクを1台チャーターしました。

f:id:ryusaiogushi:20090404073522j:image



バイヨンにて

f:id:ryusaiogushi:20090404084427j:image


f:id:ryusaiogushi:20090404085510j:image





タ プロームにて

f:id:ryusaiogushi:20090404104433j:image


f:id:ryusaiogushi:20090404105039j:image


f:id:ryusaiogushi:20090404104850j:image


f:id:ryusaiogushi:20090404105409j:image



こんなに食べても100円しないです。

しかも、うまい♪

f:id:ryusaiogushi:20090404150646j:image





これ、有名な牛鍋らしいです。

ホルモン鍋って感じでした。

他にも、ドジョウ鍋が有名って現地のひとが言っていました☆

f:id:ryusaiogushi:20090404200012j:image



ドクターフィッシュ初体験。まさかカンボジアで体験するとは…。

肌が綺麗になった気がします。

f:id:ryusaiogushi:20090404212926j:image


シェムリアップから約50キロ離れたところにある

バールスピアンがあるクレーン山を30分、登る。

かなり、いい空気が漂っていました。

ここは、かなり好きかも。

f:id:ryusaiogushi:20090405091213j:image




地雷博物館でお昼寝です。

いろいろと考えされたれた博物館でした。

f:id:ryusaiogushi:20090405122918j:image


f:id:ryusaiogushi:20090405134929j:image



なぜか、宿の裏にクロコダイルファームありました。

宿は1泊400円。

f:id:ryusaiogushi:20090405144158j:image


カンボジアご飯は、こんな感じです。

だいたい50円から100円ぐらいでした。

f:id:ryusaiogushi:20090406075211j:image


f:id:ryusaiogushi:20090405144932j:image



僕は、何年ぶりか、忘れたけど

カンボジアに行ってきた。

前回行った時とくらべて、道もよくなり

シェムリも、カオサン並みに観光化がすすみ

昔行ったときの、面影がないぐらい…。


今回、感じたのは、お年寄りが

ほとんどいないこと。

前回は、そこまで頭が回らなかったけど

街中にいるひとの、ほとんどは、40代ぐらいまでのひと。

その上の世代が、本当にいなかった。

たまたま、みなかっただけかもしれないけれど、

カンボジアの、つい最近まであった過去のことを

考えると、胸が、つまった…。



何事も、なく(トラブルなど)無事にタイに戻ろうとしていたときに

久々に見てしまった。

僕らが、シェムリから国境の町ポイペトにむかっているときの話だ。

僕らがチャーターしたタクシーを一台の路線バスが、すごいスピードで

飛ばしていった。

その五分後、少女が血を流して

道路に倒れていた…


その先に、僕らを追い越して飛ばしていたバスが…。






バスのバンパーが大破。


これも、カンボジアなのかもしれない…




f:id:ryusaiogushi:20090409123446j:image

話は変わって無事にバンコクに戻ってきました。

彼は僕のドレッドをリペアしてくれる職人アリさんです。

リペアしたいひとは、彼に電話してください〜。

かなり、うまいです。


そして、帰国の日。

ASEANの影響か?赤いシャツを着た人々が

道路をボイコット

また、ストライキである。

今回の旅では、何度、道路封鎖のストライキにあったことでしょうか?

僕らを乗せたタクシーは遠回りをして空港に向かう。

空港に到着したのは、フライトの一時間前。

やはり、オーバーブッキングでした。

ということは…

そう、最新式のビジネスクラス。笑)

何が感動って、椅子がほぼフラットになります。

この椅子に座って、何度、椅子を上下させたか。

そう、興奮しすぎて寝れませんでした。

せっかく、いい席だったのに。

僕は、エコノミーの方が、よく寝れるようです。笑)

ということで、無事に日本に帰ってきました。

2ヵ月半7カ国、旅して

いろんな宝物集めてきました。


チョウタラで、みんなに会えるのを楽しみにしています☆


ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅日記書いていきます〜♪

2009-04-09 バムルンラード病院は、まるで日本だ。

ryusaiogushi2009-04-09

バムルンラード病院は、まるで日本だ。

まずは過去に日記に掲載しようと思っていた写真を掲載します。


インド寝台列車に乗っていると、いろんなひとがやってきます。

f:id:ryusaiogushi:20090227110849j:image



f:id:ryusaiogushi:20090227120602j:image




f:id:ryusaiogushi:20090227130901j:image



f:id:ryusaiogushi:20090227162408j:image



寝台列車のベットは、こんな感じ。

f:id:ryusaiogushi:20090227203749j:image



夜中の1時にアーグラーに到着し今から宿探し。

f:id:ryusaiogushi:20090228010644j:image



デリーで一番好きなお寺。

f:id:ryusaiogushi:20090301183955j:image



バラナシでタブラ奏者のチントゥーさんの家に遊びに行く。

f:id:ryusaiogushi:20090304223339j:image



無事にガンガーからの朝日を拝む。

f:id:ryusaiogushi:20090305062914j:image



バラナシしゃん亭のハニーさんの結婚式へ行く。

f:id:ryusaiogushi:20090305220103j:image



ガンガーでボートに乗る。

f:id:ryusaiogushi:20090306063446j:image



インドネパールの国境が目の前に、徒歩で国境を越える

f:id:ryusaiogushi:20090307120003j:image



そして、ブータンを旅した後から相方が体調を崩し

コルカタの病院に入院。

インド人の医者の説得を聞かずに無理をして

一緒にバンコクに飛び、空港から

バムルンラード病院に直行し、もちろん入院。

病名は、急性胃腸炎

もちろん、海外旅行保険でおりるようです。


きっと、旅の疲れが、一気にきたんでしょう。

相方はここでゆっくりし、

日程どおり、僕は数年ぶりにカンボジアを目指すことになった…。



ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

2009-03-27 ブータン行ってきました☆

ryusaiogushi2009-03-27

ブータン行ってきました☆

往復ともに陸路で3泊4日、ブータンに行ってきました。

ネパール国境でのストライキでは、どうなるか心配したけど

なんとか無事にガイドにも国境で落ち合えました。


5年か6年前にブータンの国境の町プンツォリンに泊まったことありましたが今は情勢が変化したのか、正式なビザがない人は入国できないようです。


かなり、厳重でした。

写真でブータンを伝えようと思ったので

たくさんの写真を掲載します。


f:id:ryusaiogushi:20090322100852j:image


これが念願のブータンビザです。



f:id:ryusaiogushi:20090322164853j:image


国境から首都ティンプーまで170キロでした。

車窓の景色も、のどかで日本の田舎のよう。



f:id:ryusaiogushi:20090322172842j:image

ここがティンプーにある政治の中心になるゾンです。

参加者のMさんとガイドのナムゲさん。




f:id:ryusaiogushi:20090322174033j:image

奥の小さな建物に男前の国王が住んでいるようです。

住まいは、小さく庶民的。



f:id:ryusaiogushi:20090322210054j:image

今日の晩御飯。ブータン料理は、唐辛子をたくさん使っています。

これは、辛さを多少手加減してくれていたようです。

美味しかったです。



f:id:ryusaiogushi:20090323094454j:image

今からパロの奥のほうの崖の上にある

タクツァン寺院に向かいます。

片道2時間。



f:id:ryusaiogushi:20090323095259j:image

お寺に向かう途中、中央ブータンから来られた家族と記念撮影しました。



f:id:ryusaiogushi:20090323115929j:image


途中、ゾンガ語がよくみられました。



f:id:ryusaiogushi:20090323125040j:image

トイレの男性用の看板。民族衣装の『ゴ』を着ています。笑)




f:id:ryusaiogushi:20090323104240j:image

あの崖の上のお寺を目指します。

ちなみに標高は3000mあり。

内部は写真撮影禁止でした。かなり神秘的ないいお寺でした。

行く機会あれば、おすすめです。




f:id:ryusaiogushi:20090323161302j:image

途中、小学生?がいたので記念撮影。

制服も民族衣装の『キラ』を着用しています。




f:id:ryusaiogushi:20090323163819j:image

パロの街中で男子学生を激写です。

やはり、制服は『ゴ』を着用しています。



f:id:ryusaiogushi:20090323171128j:image

パロでは庶民的な民家に訪問しました。

ここで、ご馳走になったスジャ(バター茶)は

今まで過去に飲んだどのスジャよりも、美味しかったです。



f:id:ryusaiogushi:20090323171744j:image

ここは台所。鍋がたくさんあります。



f:id:ryusaiogushi:20090323172340j:image

これが玄関につながる階段でした。



f:id:ryusaiogushi:20090323201422j:image

美味しいと評判のティンプーにあるブータンキッチンというレストランに行ってきました。

ガイドのカルマさん、要望をきいてくれてありがとうです。

めっちゃ美味しかったです。



f:id:ryusaiogushi:20090324074226j:image

ティンプー市内の小学生。



f:id:ryusaiogushi:20090324074531j:image

ティンプー市内のタクシースタンド。民族衣装

日本の着物に、そっくりです。僕も購入しました。



f:id:ryusaiogushi:20090324080509j:image

ブータン映画を上映する映画館。



f:id:ryusaiogushi:20090324110617j:image

たまたま日程が、お祈りの日と重なっていたので

お祈りを観に行ってきました。


f:id:ryusaiogushi:20090324112311j:image


これが、ブータンナショナルトリーっていっていました。


f:id:ryusaiogushi:20090325111253j:image


郵便局にて。

切手も記念に購入しました。



f:id:ryusaiogushi:20090326060230j:image


このバスでコルカタに帰ってきました。


ブータンは、すごくピースフルで、盗難の心配なんて

ありえないぐらい、のんびりしていました。

空気も綺麗で南アジアを旅行している気がしないぐらいです。

ガイドさんも、最後まですごく親切で、僕らの要望を

できる限り、きいてくれて2泊3日分のビザしか申請していなかったけど

3泊4日泊まらせてもらいました。笑)

ちょっと、裏技使いましたが…。笑)

ブータン、ほんまにおすすめです。

特に、民族衣装が、かなりかっこいいです☆

(王様も)




ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

2009-03-24 旅にハプニングは、つきものだ。

ryusaiogushi2009-03-24

旅にハプニングは、つきものだ。

僕らは無事にカトマンドゥ

ニューバスパークを夕方の4時に出発した。

今回は夜行バスだ。

ネパールに入国したときは

ストライキで道路が封鎖され通れず

仕方なく飛行機を使った。

今度は無事にバスに乗り

朝7時くらいに目が覚めた。

しかし、なぜか長い休憩である。

気になったので外に出てみると

みんな深刻な表情だ。

しかも、まわりにはバスが同じように

とまっている。

きいてみると

なんと、またストライキが始まったようだ。


f:id:ryusaiogushi:20100323020250j:image



ここは国境まで70キロの場所。

あと2時間も走れば国境なのに

また道路封鎖とは…。

手段は、やはり徒歩かサイクルリキシャしかない。

といっても70キロの距離。

明日の早朝までにブータンとの国境まで

行かなくてはいけない。

行けなかったら事前にブータン側に支払っている

大金が意味をなさなくなってしまう。

僕らは、結局

1500ルピー(1800円)の大金を使って70キロの道のりを

サイクルリキシャで行くことにした。

結果、3回リキシャを乗り換えて

8時間後に無事に出国できた。

ここで車をチャーターして

ブータン国境を目指す。


f:id:ryusaiogushi:20100323020249j:image


国境到着予定時間は夜の12時。

さぁ、どうなる?

行き当たりばったりの旅は続く。



ワンクリックご協力いただけたら、うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

これからも旅情報書いていきます〜♪

Profile

ryusaiogushi

ryusaiogushi

旅でみつけた雑貨とチャイのお店CHOUTARA店主

Calendar
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 09 | 10 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 08 | 09 |
2009 | 02 | 03 | 04 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
Connection: close