Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

高槻市議会議員 高木りゅうたの「原の畑からこんにちは」

ページビュー
195601

2018-07-12 9月議会日程

f:id:ryuuta126:20180708182325j:image

※原公民館の公園にいたクワガタムシ

◆議会運営委員会があり、傍聴。

先日ブログに書きましたが、私たちの会派(「立憲主義を守り、憲法を活かす会」略して「活憲」。ちなみに某党の結党より前に結成)

で震災関連の集中審議を臨時議会や、9月議会の日程の前倒しなどで、できるだけ早い段階で行うよう申し入れしていました。

…しかし、9月議会は例年通りの日程で行うことに。

◆議会初日に震災関連の補正予算の市長専決(緊急的なものなどで議会の議決なしに執行する予算)報告があり、

そこで震災関連の審議をすればいいのではないかとの提案がされました。

◆私たちの会派は震災の集中審議を行うと明確にすること。

そしてその審議が充分に行えるよう、予備日を設けるなど時間的余裕を確保してほしいと意見しましたが

…採用されず。

また会派代表の川口議員議員の権利である一般質問を6月議会では中止とした際に、前回の議運では9月議会で一般質問の時間を多めにとる

などの提案があったが、どうなるのか問いましたが

…これまで通りの時間で行う、ということに。

◆今年は8月後半の各常任委員会の視察も取りやめたので、早期の議会開会も期待したのですが、残念です。

6月26日に行った全員協議会の議事録のホームページ公開の要望は取り入れられました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20180712

2018-07-06 大雨

地震のあとにこの大雨。ほんとにまいります。

市内では道路冠水(7件)、崖崩れ(8件)うち家屋全壊1件(14時時点)などの被害が出ていて、今後も発生するかもしれません。

17時に洪水警報は解除されましたが、大雨警報土砂災害)は継続中。明後日まで雨が降り続くとの予報で油断できません。

避難指示・勧告が出ている地域のみなさん、その他の地域の方もどうぞお気をつけください。

◆お知らせ◆

昨日、名古屋高裁金沢支部が福井地裁大飯原発3、4号機の運転差し止め判決を取り消しました。

すでに3、4号機は再稼働しているものの、耐震性の評価に問題があると指摘されていて、

福井地裁判決でも「楽観的な見通しのもとに初めて成り立ち得る」と関電の主張する安全性を厳しく断じていました。

◆しかしながら名古屋高裁金沢支部の内藤裁判長は原発の廃止・禁止について、

司法の役割を超えている、立法府行政府の政治的な判断に委ねるべき」と無責任にもほどがある発言。

原発推進政府におもねるかのような判決。福島事故の現実を知らないのでしょうか。

◆写真の通り、今月22日(日)に私もメンバーの反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック(名前長いし、お堅い感じですが…)

誰でも参加できる集会です。原発現地の「いま」を知ることができる機会になると思います。

f:id:ryuuta126:20180706192748j:image

f:id:ryuuta126:20180706192852j:image

2018-07-05 要望書提出

◆7月2日になりますが、26日にあった全員協議会を踏まえて以下の要望書を議長と議会運営委員長に提出しました。

2018年7月2日大阪北部地震に関連する集中審議の開催と情報公開を求める要望書.doc 直

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20180705

2018-06-29 全員協議会質疑応答

f:id:ryuuta126:20180629195504j:image

◆6月26日(火)に開催された全員協議会で行われた議長の代表質問に対する市長の答弁文書が議員に配布されました。

市議会ホームページで公開されるのが望ましいですが、ひとまずこのブログPDFで掲載します。

全員協議会質疑応答.pdf 直

2018-06-26 全員協議会

f:id:ryuuta126:20180622201337j:image

地震から1週間が経過しました。

徐々に日常生活が戻りつつあるなか、現在も90名近い方が避難されています。

また屋根瓦がずれ落ちたりなど、住居の損壊で困っている方が多く、り災証明書の受付は現在2,900件で現在も増え続けています。

ブルーシートを屋根につけたくても人手が足りず、屋根の修理にいたっては9月以降まで待ってと言われたなんて話も聞きました。

自宅が損壊したけど建て替えるのも、引越しするのもどちらも気が滅入るという高齢の方の話、家の修理をどこに頼めばいいのか、

何をすればいいかわからないという方の話などなど、

市営住宅でも損壊のため避難されている方もおられ、住居問題は長期化しそうです。

◆本日付けで、高槻市ホームページ「被災した住まいに関する専門家による相談会」の案内が掲載されています。

こちら→ http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/shien/1529978478147.html

f:id:ryuuta126:20180626172919j:image

ただ現状では行政の支援策は対象者が限られているものがあり、制度の見直しや市独自の新たな施策などが必要です。

◆今日は本来は市議会で一般質問が予定されていましたが地震で中止となり、かわって地震に関する全員協議会が開かれました。

はじめに市長からこの間の地震への市役所の対応について資料をもとに説明がされ、

その後市議会各会派が提出した質問を議長が集約して読み上げ、市長が答弁するという方法で質疑応答が行われました。

◆先に書いた被災住宅の相談会など、被災者支援などについては新たな対応について言及があり、

またすでに提出していた質問、要望に対応したものなどもありましたが、

寿栄小の事故についてはすでに報道されていることが答弁され、再質問がないため、踏み込んだ質疑にはならず、形式的なもので終えたというのが感想です。

例えばブロック塀の設置経過は「不明」という答弁でしたが、どういった調査を行ったのか、どの程度までは判明しているのかもわかりません。

また「なぜ無資格の職員が点検したのか」など、提出して採用されなかった質問もあります。

◆事故の検証をはじめ、災害対策の課題が山積しているなか、今日の議論だけでは正直、消化不良です。

協議会ではこれまでの経過と現状を報告する資料と、議会の質問項目が書かれた文書が配布されたのみで

行政の答弁や議会の要望項目については文書配布がありませんでしたが、少なくとも今日の協議会の内容をホームページなどで市民に公開するべきです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20180626