Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

高槻市議会議員 高木りゅうたの「原の畑からこんにちは」

ページビュー
156143

2016-11-30 屁理屈

◆今日は市議会初日。

決算委員会の報告、契約案件や条例案、補正予算案が提出されました。

即決案件(市が即日提案し、その場で採決)としては、

不当労働行為救済申し立ての府労委命令取り消し訴訟の承認案が提出されました。

◆概要は昨年、姉妹都市トゥーンバから来た英語指導助手(AET)が労働組合に加入し、雇用差し止め等をやめるよう活動したことから

「卒業式に来ると式の進行を妨げる」と市がAET2名の卒業式の出席を認めませんでした。

これを大阪府労働委員会が不当労働行為と認め、市に対して組合あてに謝罪文を出すよう命令しましたが、市がそれを不服として訴訟を起こしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

厚労省HPでは・・・

〔不当労働行為として禁止される行為〕

組合員であることを理由とする解雇その他の不利益取扱いの禁止(第1号)

労働者が、 労働組合の正当な行為をしたこと、を理由に、労働者を解雇したり、その他の不利益な取扱いをすること。

労働委員会への申立て等を理由とする不利益取扱いの禁止 (第4号)

労働者が労働委員会に対し、不当労働行為の申立てを(中略)したことを理由として労働者を解雇し、その他の不利益な取扱いをすること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

となっていて、

教育委員会は昨年の市議会でAETの卒業式出席を認めなかった要因を

ビラの配布、市役所前での抗議活動、大阪府労働委員会への申し立てなどと発言しています。

上の禁止される行為に当てはまりますよね。

でも今日の質疑では「組合活動を理由に卒業式への出席を認めなかったわけではない」と答えました。

いや、ちゃうやん、どうみてもそうやん。それ以外の理由ないやん。

裁判でこんな屁理屈が通用するのだろうか。

AETたちの勤務態度が良かったというのは市教委も認めています。そんな人が卒業式を妨害をするだろうか。

労働組合=狼藉者のように決めつけるのは

労働組合という制度への無理解と偏見があるのではないでしょうか。

憲法28条に反する訴訟提起は認められないと反対しました。ほか7人の議員も反対しましたが賛成多数で承認されてしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20161130

2016-11-22 告示

◆20日(日)の憲法カフェは孫世代から祖父母世代まで幅広い年齢層の参加がありました。

カフェのなかをこどもたちが走りまわるなか、

コーヒーを飲みながらの憲法論議もなかなかいいものでした。

◆ちょっとだけわかってたつもりの憲法

講師の弘川弁護士の話から「この条文にはこういう意味があったのか」「人権にもいろいろ定義があるのか」

憲法の見方がまた更新されました。「もっと多くのひとに憲法について知ってもらう機会を」と弘川弁護士

いま大阪でもねずみ講式に憲法カフェが広がっているとのこと(例え方がアレですが)。

また違った形でも「知憲」の場を作れたらと思います。

◆今日は12月議会の告示日。議案書が配布されました。

日程はこちら→http://www.city.takatsuki.osaka.jp/shigikai/gikainittei/teireirinji.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20161122

2016-11-08 憲法カフェ

f:id:ryuuta126:20161108091917j:image

◆今月3日は憲法公布70年の日でした。

来年が施行70年となりますが、その憲法が変えられようとしています。

なにがどのように変えられようとしているのか、

自民党の改憲草案の中身ってどんなん?

そもそも憲法とは何?

みんなの憲法、みんなで考えよう

ということで企画しました。「憲法カフェ」。

◆講師は全国で憲法カフェを主催する「明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)」のメンバーでもある弘川欣絵弁護士

場所もその名の通り富田のカフェ・コモンズで開催します。

◆肩肘張らずお茶を飲みながら「知憲」なんていかがでしょうか?

参加希望の方はこちらまでご連絡ください。

TEL 072-675-3737 FAX 072-675-3200 mail ryuuta-takagi@hb.tp1.jp

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20161108

2016-11-07 通信

◆朝駅前で配布をしています。

「高木りゅうた通信27号」です。高木りゅうた通信No.27.pdf 直

◆先週はひさびさに畑へ。さつまいもを掘ってそのあとにんにくの定植。

この数年、にんにくは自給自足です。

f:id:ryuuta126:20161103135626j:image

31日は大阪府動物一時保護センターを見学。

高槻森林観光センター内にあります。

捨てられたり、飼い主不明で迷子になった動物(犬以外)が飼育されています。

来年、羽曳野市に整備される大阪府動物愛護管理センター(仮称)に移管するとのことで来年には閉鎖されるとのこと。

丁寧に応対してくれた府職員(獣医)さんは「責任をもって引き受けてくれる方にきてほしい」と話してくれました。

見学や動物の譲渡についてはこちら↓

大阪府動物一時保護センター

f:id:ryuuta126:20161031145818j:image

◆2日、3日は文教市民委員会の視察で川崎市(小中一貫校)と市川市(合葬式墓地)へ。

写真は合葬式墓地。墓地用地確保が難しいことや無縁墓地の増加などで合葬式墓地を導入。

応募も多く、ほぼ抽選になるとのこと。

f:id:ryuuta126:20161102104955j:image

2016-10-27 TPP批准反対

f:id:ryuuta126:20161028090303j:image

TPP批准反対の緊急集会のため茨木へ。

講師は元農水大臣の山田正彦さん。

◆現職の頃から現在もTPP批准阻止のため、精力的に活動しておられ、

講演会の冒頭にも「明日28日のTPP衆院特別委員会で強行採決という話も出ていてこの後すぐに東京に向かいます」と。

結局講演中に「明日の採決は見送られたようだ」との一報が入ったが、現農水大臣が「強行採決する」と口走っていたし、

予断できない状況は続く。

◆山田さんの大臣時代、菅総理が突如TPP交渉への参加を表明。

菅さんTPPがどういうものかよくわかっていなかったんじゃないかなぁ」と山田さん。

Tとんでもない Pペテンの Pプログラム

とも訳されているTPP

◆政権が自民党に代わってからのTPP交渉で農産物の聖域は守られたと甘利TPP担当相(当時)は豪語していたが、実際は「批准後7年ですべての農産物の関税は撤廃」される。

「食品の遺伝子組み換えや産地表示はできなくなる」。

医療は「医薬品は高額に、混合診療となって公的健康保険料は値上げ、高度・高額医療は民間保険に加入する富裕層しか受けられなくなる」。

公共事業は「水道事業や公立病院、建設、土木工事の外資参入」が広がり、雇用は「非正規化、低賃金化の拡大」が進むと予測されている。

うまみがあるのは多国籍企業

ISD条項なるものによって、企業活動の妨げになるものは国を相手取って企業が損害賠償請求できることに。

先例として、他の貿易協定のISD条項により、最低賃金を引き上げたエジプト政府をフランスの企業が利益を損なったと損害賠償請求を起こしているそうだ。

一国の憲法、法律よりもTPPでの取り決めが上位に。多国籍企業多国籍企業による多国籍企業のための政治・経済ができあがってしまう。

安倍首相は日本を取り戻すとのたまっておられたが、取り壊すもしくは売り渡すというのが正しい。

f:id:ryuuta126:20161028090304j:image

◆山田さんはTPP批准阻止のため米国の関係者にも接触し、6000ページに及ぶTPP協定書を分析。

8月に「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」という本を出版している。

大統領選候補者の二人がTPP反対を打ち出した背景にも触れられている。必読の書です。

大阪では10月29日の土曜日に緊急集会&デモが企画されています。

山田さんは「アメリカの世論も変化し、大統領選と同時に行われている下院議員選挙でもTPP反対が多数とみられている。日本でもみんなで批准を止めさせましょう」と檄を飛ばして東京へ向かわれた。

f:id:ryuuta126:20161028093303j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuta126/20161027