Hatena::ブログ(Diary)

ココロオキラクBLOG 地獄はオレの遊び場だぜ RSSフィード

2011-05-23

ダークナイト

| 05:56

ダークナイト [DVD]

ダークナイト [DVD]

 法治社会で生活する以上、自警という行為は不法として戒められる。分かりきったことではあるのだが、それでも法治が成り立たっていないというのは、結局構成員一人一人の意識や道徳心に起因しているわけで。法秩序を本来のものに戻していくにはどうしたらいいか。

 政治に参加するとか、社会運動を展開するとかいろいろあるが、突き詰めていくと自警という行為になってしまうのか。

 映画のなかでヒーローについて論議されていて、選挙によって選ばれた高潔な人物「光の騎士」への期待が高まるけれども、やはり完璧な人間は存在しない。私憤によって復讐に駆られていく。となると、法を犯す、裁かれるハンディを背負いつつも、個人で高潔さを貫く「闇の騎士」というやり方が成立するのかもしれない。とても危ういやり方だ。まぁ「ダーティハリー」なんだな。

 この映画が上手なのは、騙すものが騙されるみたない話を要所に挟んでいるところにある。ブルースは真実を隠しても、高潔というイメージを社会のために守ろうとするのだが、そのブルースも自分に愛想を尽かしたレイチェルの心中を知らず、虚構の上で自分を支えている。

 映画全体の重苦しさは、すべてが混迷の上に危うく立っているところにある。それがまた深みとなり、主人公の強さと弱さを引き立てて、「キック・アス」のような作品をも生み出すことになっているのだと知った。とても、面白かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ryuuusei1/20110523/1306097810