Hatena::ブログ(Diary)

流山子雑録    『酔睡胡乱』

2017-12-03

湖北・長浜逍遥(14) 高月。

1時前駅へ戻る。昼飯を食おう。しかし、時刻表を見ると、高月への電車は13時11分発。それを逃すと次は1時間先。昼飯は高月で食おう。長浜から高月までは3駅10分だし。

高月に着いたら、駅の周りさしたるものは何もない。そば屋が1軒だけあった。「十割蕎麦」と書いてある。

私は蕎麦食いではない。十割蕎麦か。他に食堂がないのだから、そば屋があっただけでも良しとしなければならない。

何と言うものであったか忘れたが、温かい蕎麦を頼んだ。

f:id:ryuuzanshi:20171025134232j:image

少し時間がかかって、こういうものが出てきた。

店の親仁さん、蕎麦について、また食べ方について細々と説明をしてくれる。

まずは蕎麦だけを食う。次に箸の先に少しだけ岩塩をつけて、それでそばを挟み食う。その次ぎは薬味を入れないつゆに蕎麦をつけて食う。最後に薬味を入れたつゆに蕎麦をつけて食う。

薬味を入れたつゆで食うのが一番美味い、そんなこと当たり前じゃないか、なんて言うのは通じゃないんだな、きっと。

十割蕎麦の文字を見た時から、そういう「や」な予感がしていた。

なお、左にあるお皿に小さな盃が乗っているものは、そう、酒である。確か、「ちょっと一杯」とかという名だったような気がする。

よくラーメン屋で「ちょっと一杯」といってグラスビールを出しているが、日本酒の「ちょっと一杯」は初めてであった。お猪口も選べるし、酒も選べる。私はシンプルなこのお猪口を選び、酒は「北国街道」にした。

f:id:ryuuzanshi:20171025141804j:image

こういう紙片が置いてあった。

店の親仁さん、蕎麦の蘊蓄ばかりじゃなく観音さまのことごとも話してくれる。私以外他に客がいないのだから。危うく長居をしてしまうところであった。

向源寺(渡岸寺観音堂)の十一面観音を見にいかなきゃならない。

f:id:ryuuzanshi:20171025142824j:image

長浜をすぎると、急に静かになり、車で15分ぐらい行った所に、高月という駅がある。そこから東へ少し入った村の中に、貞観時代の十一面観音で有名な渡岸寺があって、土地の人々はドウガンジ、もしくはドガンジと呼んでいる。・・・・・、近江で一番美しい仏像が、こんなささやかな寺にかくれているのは、湖北の性格をしめすものとして興味がある>(白洲正子著『かくれ里』 1971年 新潮社刊)。 

白洲正子の『かくれ里』、その前々年から「藝術新潮」に連載していたものをまとめたもの。ほぼ50年前の高月であり、渡岸寺である。

f:id:ryuuzanshi:20171025143109j:image

すぐに、この石柱がある。

f:id:ryuuzanshi:20171025143155j:image

向源寺(渡岸寺観音堂)。ドウガンジ。

国宝 観世音」と刻された大きな石柱がある。

f:id:ryuuzanshi:20171025143209j:image

右手にはこの碑文。

f:id:ryuuzanshi:20171025143243j:image

山門を入る。

f:id:ryuuzanshi:20171025144716j:image

その境内、人気はない。

f:id:ryuuzanshi:20171025144641j:image

進む。

f:id:ryuuzanshi:20171025143415j:image

本堂。

ここから堂内へ入る。

向源寺(渡岸寺観音堂)、またドウガンジと言おうとドガンジと言おうと、立派な寺である。白洲正子が巡ったころとは、大分様変わりをしているのかもしれない。

白洲正子は、昭和50年(1975年)にやはり新潮社から上梓した『十一面観音巡礼』の中でも、こう記している。

<・・・・・、実は寺ではなく、ささやかなお堂の中に、村の人々が、貞観時代の美しい十一面観音をお守りしている。私がはじめて行った頃は。無住の寺で、・・・・・。茫々とした草原の中に、雑木林を背景にして、うらぶれたお堂が建っていたことを思い出す>、と。

f:id:ryuuzanshi:20171025144611j:image

今、十一面観音は、左に見えている収蔵庫に安置されている。

f:id:ryuuzanshi:20171109132239j:image

向源寺(渡岸寺観音堂)の国宝・十一面観音立像。

同寺のパンフを複写した。

白洲正子は、この十一面観音に会うために何度も何度も訪れている。その故もあろう、向源寺(渡岸寺)の十一面観音は全国区の十一面観音となった。素晴らしい、美しい、と。

確かにそうではある。が、私には、聖林寺の十一面観音や長谷寺の十一面観音、さらに室生寺の十一面観音の方により惹かれる。

f:id:ryuuzanshi:20171109132326j:image

ところが、この仏像に対する白洲正子の肩入れは尋常なものでない。

頭上の十一面について、考察を述べる。「私のような門外漢には」なんて言いながら。「門外漢」にも入らない我々はどうすりゃいいんだ。

それはそうと、十一面観音のの隣に大日如来坐像があった。これが凄かった。惹かれた。

f:id:ryuuzanshi:20171025143207j:image

門前にあった碑文をそのか所だけ。

f:id:ryuuzanshi:20171025145010j:image

すぐ近くの「高月 観音の里 歴史民俗資料館」へ。

f:id:ryuuzanshi:20171025150247j:image

こういうところ。

f:id:ryuuzanshi:20171025150256j:image

幾つもの観音さまが展示されているんだ。

f:id:ryuuzanshi:20171203174605j:image

同館のパンフを複写する。

「いも観音」の映像、上野の「びわ湖長浜KANNON HAUSU」で見たことがある。

f:id:ryuuzanshi:20171116135640j:image

神像か。

f:id:ryuuzanshi:20171109132743j:image

雨森芳洲肖像。

雨森芳洲は、高月出身の江戸時代中期の対馬藩に仕えた儒学者なんだ。朝鮮通信使の来日には、という役回りを務めたそうだ。朝鮮側との手紙のやりとりがある。それを読むと・・・

共に、とんでもないインテリである。

f:id:ryuuzanshi:20171025150528j:image

高月駅へ戻る。

7丁、700メートル強である。


関東大学ラグビー対抗戦の最終戦、早明戦があった。

早稲田、19対29で敗れた。

後半20分すぎの早稲田ゴール前、ぞくぞくとする攻防であった。

早稲田ゴール前5メートル、明治攻める。ゴール前3メートル、早稲田堪える。ゴール前1メートルとなり、50センチ、30センチとなった。フェーズ28、28回に及ぶ連続攻撃を明治は続けた。早稲田耐えるが明治に飛びこまれトライ。

後半30分すぎには早稲田明治ゴール前に押しこんだ。明治のペナルティーに早稲田の選択はスクラム

明治の重量フォワードスクラム戦を挑む早稲田の選択に、身体が震える。

敗れたが。