Hatena::ブログ(Diary)

流山子雑録    『酔睡胡乱』

2018-07-21

御嶽海の涙。

稀勢の里は初日から休場、白鵬も4日目から、3連覇がかかった鶴竜も6日目から休場で横綱不在の場所となり、あまつさえ5日目まで5連勝で今場所は栃ノ心の場所になるな、と思われた新大関栃ノ心も6日目玉鷲に敗れた時に足の親指を負傷、7日目から休場となった。

大相撲名古屋場所、上位陣総休場の場所となった。

f:id:ryuuzanshi:20180717170449j:image

そのような状況の中、中日を過ぎ10日目までの星取りはこのようなものであった。

この日のNHK正面解説者の北の富士、「これはすんなりと御嶽海といくな」と言っていた。

そうである。何しろ横綱が誰もいないというのに、それに続く大関の二人がだらしないんだ。豪栄道高安の二人、共にカド番。カド番脱出に汲々としている状態なんだから情けない。

f:id:ryuuzanshi:20180721153717j:image

御嶽海の優勝確率、限りなく高くなった今日のNHK、御嶽海が属する出羽海部屋の優勝力士を示す。

名門出羽海部屋の最後の優勝力士三重の海。それ以来38年ぶりの出羽海の優勝はあるのかどうか、とNHKは煽る。

f:id:ryuuzanshi:20180721163037j:image

今日、花道の奥で出を待つ御嶽海。

蹲踞の姿勢をとっている。

f:id:ryuuzanshi:20180721163252j:image

土俵下、控えでの御嶽海。

このところの御嶽海、控えではいつも瞑目している。

f:id:ryuuzanshi:20180721164301j:image

御嶽海、今日まで1敗。

追うのは豊山と朝乃山のふたりであるが、3敗の彼らとは2差がある。

なお、今日の相手・栃煌山は実力者、今場所は好調である。

f:id:ryuuzanshi:20180721164956j:image

が、寄り切りで破る。

御嶽海、初優勝である。

以前から醜男・御嶽海のファンであることを公言してきた私、とても嬉しい。

f:id:ryuuzanshi:20180721164755j:image

NHKの画面、このようなニュース速報が流れる。

f:id:ryuuzanshi:20180721165639j:image

インタビュー室での御嶽海、「嬉しいです」と言った後・・・

f:id:ryuuzanshi:20180721165654j:image

手で顔を覆う。

言葉が出ない。

涙を流す。

f:id:ryuuzanshi:20180721165659j:image

泣く。

f:id:ryuuzanshi:20180721165705j:image

泣く。

f:id:ryuuzanshi:20180721165712j:image

そして、こう語る・・・

f:id:ryuuzanshi:20180721165725j:image

「すごく緊張していたけど、・・・・・、なかなか経験できないことじゃないんで、できて良かったです」、と。

贔屓の相撲取りは何人もいるが、今、頂点を狙おうという力士は」御嶽海ひとり。気合を入れてくれ。

御嶽海、東洋大の学生の時、学生横綱とアマチュア横綱を取っている。平成27年(2015年)3月場所で幕下付出しとして初土俵。わずか3年半で幕内優勝を決めた。

来場所は、大関取りの場所となろう。

それはそうである。が、しかし、日本相撲協会理事長・八角「3横綱栃ノ心が出てくる9月場所が勝負である」、と語る。

そうであろう。そうである。御嶽海、自分より上の横綱大関に対し、対戦成績、すべて負け越している。これを何とかしなければ。