Hatena::ブログ(Diary)

流山子雑録    『酔睡胡乱』

2018-11-03

視覚芸術百態 19のテーマによる196の作品展。

来春には大規模改修工事も終わるようだが、一昨年春過ぎから東京都現代美術館が長期休館に入っている今、まとまったコンテンポラリー・アートが見られる美術館は、大阪中之島国立国際美術館となる。

琵琶湖から流れ出た水脈が淀川となり、大川となり、中之島にぶつかり二つに別れ、中之島の北側が本流となり堂島川と呼ばれ、南側の細い流れは土佐堀川と呼ばれる。中之島の北と南、堂島川土佐堀川、双方合わせて中之島に24の橋が架かるが、それを過ぎれば二つの川はまた合流、安治川として大阪湾へ流れこむ。

地理の勉強のようだが、淀川の流れはこのようなもの。

地下鉄四つ橋線肥後橋で降り、土佐堀川に架かる70メートルに満たない筑前橋を渡り中之島へ入る。

f:id:ryuuzanshi:20180602172037j:image

筑前橋から土佐堀川の上流の方を見る。

ビルが立てこんでいる。この向こうの中之島には、北から南へ大阪の中央を走る御堂筋を挟んで日銀大阪支店と大阪市役所が向き合う。

中之島、その向こうには大阪発祥の財閥・住友家が前世紀初めに大阪市に寄贈した列柱の立つ壮大、堂々とした中之島図書館があり、明治末、北浜の相場師・岩本栄之助が当時の金で100万円を寄付し建てた壮麗なバロック様式大阪市中央公会堂があり、3、40年前になろうか安宅産業が破綻した時、その素晴らしい陶磁器コレクションの散逸を防ぐため、住友グループが一括して譲り受け、建物も建て大阪市へ寄贈した東洋陶磁美術館がある。私が知る限り、日本で最も素晴らしい陶磁美術館である。

歴史の勉強になっちゃたか。ごめんなさい。

f:id:ryuuzanshi:20180602172021j:image

筑前橋を渡り、中之島へ。

f:id:ryuuzanshi:20180602172146j:image

前の方、パイプのようなものが見える。

これが国立国際美術館

f:id:ryuuzanshi:20180602172219j:image

国立国際美術館、中央部はガラスで覆われているが、地上には上や左右へ延ばしたパイプのようなものしかない。

展示スペースその他、すべて地下にある。世界でも珍しいらしい。設計者はアメリカシーザー・ペリ。世界的な建築家であるそうだ。現在、日本唯一のスーパートールであるあべのハルカスも彼の作だそうだ。

f:id:ryuuzanshi:20180602172549j:image

入る。

このようなものに迎えられるが、すぐにB1、地下1階へ誘われる。

f:id:ryuuzanshi:20180602172448j:image

B1(地下1階)が見える。

f:id:ryuuzanshi:20180602172728j:image

B1フロア。

B1(地下1階)にはエントランス、案内所、レストラン、ミュージアムショップなどが。

f:id:ryuuzanshi:20180602172603j:image

B1とB2の間に、ミロとコールダーの大きな作品がある。

このような・・・

f:id:ryuuzanshi:20180602172626j:image

ジョアン・ミロのこういう作品。それはそれとし、

国立国際美術館、元はと言えば大阪万博の後、万博公園の中で誕生した。その後、2004年、中之島の現在地に移設、開館した。

f:id:ryuuzanshi:20180602172633j:image

コールダーの大きなモビール。

f:id:ryuuzanshi:20180602172858j:image

B1からB2へ下りる。

f:id:ryuuzanshi:20180602172939j:image

B2からB3へ下りる。

f:id:ryuuzanshi:20180602173022j:image

19のテーマって「点・線・面」とか、「色彩」とか、「素材と形態」だとか、「空間」とかといったこと。何らかのことに当てはまるよ。

f:id:ryuuzanshi:20180602173309j:image

全館、国立国際美術館の所蔵作品で構成している。

凄い。

f:id:ryuuzanshi:20180602173332j:image

B3(地下3階)、展示室への入り方は幾つかあったようなのだが、私はここから入った。

f:id:ryuuzanshi:20180602173346j:image

ヘンリー・ムア≪ナイフ・エッジ≫。ブロンズ

ヘンリー・ムアの作品、何となく抒情に過ぎる感じがしさほど好きではなかったが、この作品はいい。

文字通り、エッジが効いている。

f:id:ryuuzanshi:20180602173612j:image

こちらから。

f:id:ryuuzanshi:20180602173638j:image

岡崎乾二郎≪あかさかみつけ≫。

アクリル、ピグメント、ポリプロピレン、ポリエチレン。なくさなきゃ。

f:id:ryuuzanshi:20180602173647j:image

これとこれを。

f:id:ryuuzanshi:20180602173653j:image

これも。

f:id:ryuuzanshi:20180602173448j:image

高松次郎≪柱と空間≫。

油彩、木。

f:id:ryuuzanshi:20180602173427j:image

右手・・・

f:id:ryuuzanshi:20180602173856j:image

高松次郎≪国生み≫。

鉛筆、色鉛筆、グワッシュ、紙。

f:id:ryuuzanshi:20180602173942j:image

その一部。

f:id:ryuuzanshi:20180602174020j:image

このような部屋。

その右奥に・・・

f:id:ryuuzanshi:20180602174253j:image

工藤哲巳≪二つの軸とコミュニケーション≫。

ミクストメディア

工藤哲巳って怪し気な作品を作っていたな。これはまだしもの部類。

f:id:ryuuzanshi:20180602174112j:image

何じゃこれってものもある。

あっち見たり・・・

f:id:ryuuzanshi:20180602174106j:image

こっち見たり・・・

f:id:ryuuzanshi:20180602174149j:image

ライアン・ガンダー≪あの最高傑作の女性版≫。

アニマトロニクス、コンピューター。コンピューター制御で動いているんだ。目ん玉が。

f:id:ryuuzanshi:20180602174355j:image

マルセル・デュシャン≪ロト・レリーフ≫。

1935/65、紙ディスク6枚。

f:id:ryuuzanshi:20180602174402j:image

f:id:ryuuzanshi:20180602174424j:image

f:id:ryuuzanshi:20180602174410j:image

f:id:ryuuzanshi:20180602174435j:image

6枚表裏、12点の作品があるともいうが、どうなのか。