extra

2010-10-10 イカんでしょ! イカんでしょ! このエントリーを含むブックマーク

シュタゲやうみねこEP7の感想書こうとしてたけど、長くなったのでやめた。面白かったです。


今期のアニメは割と見れてる。Twitterで書くとうっとおしい長さになるので勢い任せに軽く感想書いておく。神のみの感想は長くなってめんどいので省く。桂馬の声に納得がいかねーって、あと10回くらい言ったらスイッチ切り替えてどうやれば受け入れられるか考え出す予定。納得いかない。OPはヘビロテ。


ヨスガノソラ。いわゆる「1話だけアニメ」になりそうだけど、1話はダントツで面白かった。「アニメ放映後に原作に注文が殺到!」みたいな話見たけど、たぶんそこに満足はないと思うんだよねー。メディアミックスの正しい成功の形なんだろうけど、プリンセスラバー並に詐欺に見えてしまう。いや、詐欺なんて言っちゃいけないんだろうけど。


バクマン。はアニメで見ると亜豆がより頭のおかしい子に見える。あと、ラブプラス(マナカと声優さんが一緒)のせいで「サイコーが夢を叶えるまで携帯上にしか存在しないカノジョを励みに頑張る!」みたいな妄想をどうしてもしてしまう、というネタを考えて悦に入る自分が好き。


イカ娘。はよく出来てて、原作と同じようになんとなく楽しむゆるアニメだった。インデックスさんと入れ替えるネタを見過ぎる。というか、青髪のああいう感じの子って条件だと、ハトプリえりか絵だってたまに混同するよね。


FORTUNE ARTERIAL。生徒会長みたいなキャラが嫌いなんだけど、それは「にくめない」(と設定されてるけどプレイヤーはイライラしている)キャラに対して主人公が「誰かが傷つくいたずらよくない!」と物申して、それでヒロインがポッとしちゃう流れによって、結局は生徒会長の行為自体が正当化されちゃう(にくめないキャラに設定される)って、その構造が嫌い。もっとストレスないようにして同じ効果を得られる話のパターンなんていくらでもあるだろくだらねーっと思ってしまって嫌い。という高二病魂が唸る。ワールドになるより早めの吸血鬼設定らしいけど、その辺はどうでもいい。スタッフ的に安定した仕事をしてくれそうだし、毒にも薬にもならないようなゆるゆるした展開を希望する。


それ町の面白さが1mmもわからない……。原作もアニメも。俺の嫌いな要素がてんこ盛りにされてる感じが凄い。


STAR DRIVER 輝きのタクト。綺羅星☆ 榎戸洋司すなぁ、という言葉以外にない。この1話はかなりの人を振り落とすと思うんだけど、そんな1話で大丈夫なんだろうか。


百花繚乱サムライガールズ。エフェクトは面白いけど、それだけ。一騎当千やQBってサイレントマジョリティに支持されてるって話を思い出すけど、奇をてらう要素混ぜたらどうなってしまうん。それでもおっぱいを見るの? つか主人公の顔が気持ち悪い。もうキャラが釘宮なのか釘宮がキャラなのかたまごが先かにわとりが先かレベルになってる。


薄桜鬼 碧血録。新選組の面々がどんどんヤク中になっていくし、社会的な立場も微妙になっていくけど、惚れてるから恋してるから()ついていくのです、みたいな話がどうオチるのか楽しみです。それにしても土方さん含め、洋装かっけー。


俺妹。どっかにも書いたけど"俺の妹はオタクだけど、それを承認している俺エライ"に共感する層が気持ち悪い。「オタクを生きてる」んじゃなくて「オタクでいる」ために理屈がいるって感覚がムカつく。乃木坂なんとかにしろ「オタク趣味は迫害されるもの」って前提があって、そっから「肯定してくれる誰か」と「(だからこそ)肯定できた自分」で「理解はされないけどオタ趣味素晴らしい!」ってストーリーでオタクを語られるとなんだかなぁ……ってなる。茶番感すごい。原作にしろ全部読んでないから、この作品がこうだってわけじゃない(的外れなんだろう)し、その先を描いてるのかもしれないから、八つ当たりに近いんだけどもさー「世の中との折り合いのつけ方」っていうマニュアルなんて別に見たくないんだよ。「変だと思う?」「別に、いいんじゃね、人を趣味で判断したりしない」みたいなやりとりは寒気がするよ。ビジュアル的にわかりやすい「だけ」のオタク描写(例:いっぱいコレクション持ってる、よくわからないことを力説する)とか、もういいよ、めんどくさい。オタ趣味を肯定してくれる誰かをオタクが欲してるなんて冗談じゃねぇよ!って思う。あとはー「オタクの欺瞞をつっついてドヤ顔してるネタ」なんて見飽きてるしなぁ。それでも俺はオタクなんだから、そういうツッコミも肯定も、必要ないしうっとおしいだけなんだよね。けど、最近のオタクって自分から「俺ってけいおんとか見てるwwwwすげーオタクwwwwww」みたいに言うノリらしいから、この手の話が受けるのかな、とぼんやり。せっかく作画陣が面白いことしてるのに、お話がイライラしすぎて見れないのが非常に非常に残念だった。原作挫折したからアニメならいけるか! と思ってたしな。


えむえむっ!は俺妹に続いて竹達彩奈が頑張ってツンツンしてる感その2。これはマクロスFのシェリルが出す張った声に似ている。「なんか頑張ってそういう感じにしようとしてるけどなりきれてない感」が誰かの心の扉を叩くんだろうか。仲間由紀恵の叫びも似てる。伝わるかな。つか、竹達彩奈って悲しいほどに声に特徴ない気がするんだけど、声質の良さを理解するのに時間がかかる方なので、そのうちわかるようになってるかもしれない。EDの足でリズムとってるとこがかなり好き。


パンティ&ストッキングwithガーターベルトグレンラガンで作画遊びされるのは面白くてもそれをメインでやられるとそんなに楽しくない感。カートゥーン頑張ってそれっぽいもの作りました! 最近のオタクの処女厨っぷりに逆バリする俺かっけー!(とまでは言ってないだろうけどさ) って言われても、気分としては「で? なんか新しいおもしろさはあるの?」ってなる。何千もの試行錯誤の後の洗練があり、需要に答えた結果であり、ニッチのために選択された設定ってのを覆すにもパワーが足りなくて、意味がなくなってる。まぁ別にビッチでもなんでもいいんだけど、忍たま乱太郎的なギャグセンスで作画アニメやられても、そんなに面白くないなーって感じ。


たまゆらARIAのアニメオリジナル回に顕著だった「癒し」とか「ほのぼの」とか「なんでもない日常(及び、見逃しがちな素晴らしいものの発見)」の押し付けを強く感じたなー。カメラって題材からしてもう、なんていうか、ねぇ。まぁ押し付けになったらダメってバランス調整は難しいよなぁと思った。かといって「本当に退屈」になってしまってもアレで、そこを何で防ぐかというと京アニなら作画やらで、ARIAなら演出であったんだけど、たまゆらはなんか上手くいってない気がする。オリジナルだからキャラが見えないってのがでかいだけで、見ていけば慣れて気にならなくなるかもしれない。口笛とか「馬鹿じゃねーの?ていうか頭おかしいんじゃないの?」と思ってしまうけど、見ていくうちにこれはこれでアリになってしまうのかな、なれたらいいな、と思う。


作品名リンクって外せたんだね。前からろくな内容でもないのにリンクから少数来てるのがめんどくさかったので適当に外した。と思ったらこちらからのリンクが切れるだけなのか……。まぁいいや。

2010-09-13 ここに書くようなフレーズがない このエントリーを含むブックマーク

7月くらいに近況書こうとしたんだけど、ついでにAB!の感想もつけようなんて思ったせいで書いてる途中で飽きてしまい放置してしまった。ABは楽しく見ました。天使ちゃんマジ天使。天使ちゃんがめっためたに犯されて中出しされてる薄い本が欲しいです。


てのを8月あたりに書いていたんだけど、気づいたら9月ですよ。時の流れ早いですね。そんなわけでせっかく書いたから載せておくだけです。


7月〜8月頃の僕。


近況としては『ラブプラス+』でラブプラス熱が思いのほか回復しており、これ1年に1回くらいの頻度で追加要素ありの新作が発売されたら、俺買い続けちゃうんじゃね? んでもって、そのたびに日曜の昼にゲーム屋にいって「引継ぎしたいカレシたちへ!」みたいなポップの前にある、店の用意した薄汚れた初代DSを使って、家族連れの視線に耐えながらデータ引継ぎするという羞恥プレイするんじゃね? ていうか、今のところ購入してからほぼ起動皆勤賞だから、その期間を考えると今までお付き合いした女性の誰よりも、誰よりも、長続きしてね? 最長記録じゃね? え? 俺の男女交際(?)における最長記録ラブプラスの凛子? といった感じです。


※こないだ「付き合い始めた日」ってのがあったので、少なくとも1年は毎日ラブプラスしてることになります。


あと、前作では呼んでもらえなかった俺の名前をきちんと呼んでもらえることが、ものすごくでかいです。正直「名前を呼ばれるくらいたいしたことないじゃん?」と思ってたんだけど、実際に凛子に呼ばれると胸がキュンとします。自分の正気を疑いながら、顔がにやけているんです。怖いです。わかるでしょう? 自分は正気ではないけれど、とても楽しくて楽しくて楽しい時が。それがラブプラスなんです。怖いです。ラブプラス怖いです。なんにせよ前作で呼ばれてた人は初見の興奮にこれがプラスされてたわけで、羨ましい。


などと書いていた模様。8月現在はラブプラス熱も落ち着いて毎日起動して予定入力するくらいでしたが『ラブプラス+』で追加された旅行要素がやばかった。


土日の1泊2日なんだけれど、これが予想以上に辛い。土曜の朝から始まって夜中の2時まで、そして日曜の朝6時くらいから始まって夜21時まで、1時間ごとにイベントが1〜3個あるという仕様で、実際やってみるとかなり束縛される。前日寝てなかった僕はずっと起きてることができなくて「1時間寝て、起きて、DS起動して、イベント観て、寝る」みたいな苦行・修行を繰り返してイベントを見ることにしたんだけど、やっぱり限界があった。途中記憶がなくて、見た覚えのないイベントが回想シーンに入ってたり、攻略wiki見たら1時間に1回起動しきれてなくて見逃したイベントがあったりで。でも「リアルタイム48時間近く束縛されること」でほんとに旅行し終わったような、妙な達成感はあった。旅行イベントが終わり「旅行の背景ではなく日常イベントに使われる背景」を見た時に「帰って来た」なんて錯覚すらあった。恐ろしい。DSの、荒いポリゴンでこれだから、もっともっと進化していったら、そらアンドロイドに恋するよね、近未来! ていう。



今期のアニメは『神のみぞ知るセカイ』がどうなってしまうのかだけ、ものすごく気になってます。原作が大好きなので、アニメでウけて欲しいような、よくあるダメアニメ化で、原作ファンから「原作読んでくれ」「原作は違う」と言われるような出来になったらなったでむしろ安心できるような、俺の小さな世界が守られるような、不思議な気持ちです。中途半端が1番まずいような気がします。ダメなら徹底的にダメであってくれれば、別物として受け入れるなり破棄できるし他人に説明できるけれど、微妙な出来で、惜しい・違う・合ってるが混在する場合がめんどくさそうです。久しぶりにアニメ放映前にこの手の想像シミュレートしてます。扱ってる題材が題材なので、ちらっと見て批判される内容がありありと浮かぶってのもありますけど。


今期じゃなくて、もう前期になるアニメはあんまり観てないんですが、ストパンはやっぱり6・7話だけ面白くて、他割とどうでもいいアニメだなぁとか、命令違反以外にお話作れないのかなぁとか、きるみんずぅの展開の遅さや美味しい素材をまるで活かそうとしない感は文句があるわけじゃないんだけど凄いなぁとか、その程度ですかね。


ああ、俺もえりかとプリキュアしたい。サンシャインフォルテッシモしたい。世間で人気のサンシャインは割とどうでもいいし、EDで無理すんなって感じになってる人もあんまり気にならない。ひたすら、えりかがかわいい。来週は久しぶりに青く光る下着姿のえりかが見れそうで期待しています。


PSPを買ったのでMHP2Gをしてたけど、イライラして電源切っちゃうことが多いというか、こういうストレスかける型のゲームはもういいかな気分になってる自分を見つけてしまった。そのうち、もうみんな忘れてるであろうとらドラポータブルであみちゃんを幸せにするシナリオをやりたいであります。


あと、うみねこEP7とシュタインズゲートを積んでるので、気力が湧いたらやりたいなと思っています。うみねこはEP6でちょっと熱が冷めちゃったんですよね。いわゆる「本気で推理する層向け」だったので、推理とかよりキャラのドラマを読みたかった自分としては。シュタゲは箱○版が発売して話題になってから今までネタバレを回避し続け、公式も1回も見に行ってないのでネタバレ踏んじゃう前に早くやりたい。

2010-06-22 手を振った よかったね、と

生存確認として1ヶ月に1回くらいは書こうと思っていたのに、気づいたら2ヶ月くらい更新してなかった。このブログでしか僕の生存を確認できない可能性がある人というのは少数だけれど、生きております。


僕視点でも同じことが言えて、久しく連絡をとっていない人たちというのは、ブログなりTwitterなりがなければわからない。「もしかしたら死んでるかもしれない人たち」「死んで無いにしても何か不幸があったかもしれない人たち」を、たまに思い出しては不安に思うこともある。案外「どうなっていようが別にいいか」と不安を抱かない人たちもいる。時間によって薄れるものと薄れないものが、果たしてどれほど当てになる判断基準かはわからないけれど、まぁわからないからこそ「ああ、思っていたよりは、どうでもよかったのかもな」と考える。そうやって整理されて、別れていくのだなと思う。


今期のアニメも全然追いつけていない。

この間、アニメの感想を書こうとしても、言葉が出てこない自分を見つけて「語る」というのは、しないとできなくなるのだなと思った。1カット、1つのセリフ、細かい単位を繰り返し検証する。きっと気にすることなんてないだろう小さな何かを、「僕」の感想・感情だとわかるものを、集中して見つけ出す。きっと誰よりも真剣に観る。そして、できうる限り丁寧に、見たアニメを言葉にする。そういったことがもう難しいのだと、気づいてしまった。

きっと、すり減った末に一度諦めてしまったからだ。語っても、受け手がいない。受け手がいても、ミスだけをつつかれる。未来の自分が恥ずかしく思うかもしれない。それはだってもう、確定している。他にもいろんな理由があるけれど、そういったつまらない不安や失望が、塵が、どんどん積み重なって「ならもう他人に伝えることなんてないじゃないか」「わかりやすいように他人にわかる言葉にすることなんてないじゃないか」「どうせ意味などないのに」「誰も相手になんてしてくれないのに」と僕は諦めて、いじけた。

しかし。たとえうざがられようと、誰とも分かち合えないことだろうと、「僕」という人間をフィルターとして何もかもが歪んでしまうとしても、そしてそれはもう書き換えれないとしても、自分のためでしかなく自己満足でしかなかったとしても、自己満足だからこそ、自分のために、自分のためだけに、アニメを真剣に見て感想を書くことをやめるべきではなかった。アウトプットをやめるべきではなかった。そんな喪失感がある。俺は自分のためにアニメを見ていたのに、勝手に寂しがってしまった。本当は他人なんてどうでも良かったのに。

俺が決めたことだし、そうなってしまったことに納得はいく。つまり、しょうがないことなのだけど、もったいなかったなぁと、そう思う。

[] 2010年夏新番チェック 04:50  2010年夏新番チェックを含むブックマーク


◎絶対見る。期待している。

○スタッフや原作既読にひっかかるので、興味がある。

△一応チェック


○『アマガミSS

・ヒロインごとオムニバスと聞いた時は「終わった……」と思ったが、2クールと聞いて少し期待度が回復した。

・個人的には『キミキス』のアニメは全く黒歴史ではなく、むしろ良作くらいの認識なんだけど、世間でそう見られない理由はわかるので、他のルート分岐するメディアを原作とする作品のアニメ化失敗例を覆すような「駆け足にしないオムニバス」で成功して欲しい。

・あと、たとえ他のすべてがダメでも七咲回に1話でも神回があればそれでいい。七咲≧梨穂子≒棚町>(超えられない壁)>絢辻>>>森島。1人足りないのは気のせい。

○『ストライクウィッチーズ2

・まぁ見ないという選択肢がない感じ。

・実は1期を見終わっていないので、開始までに見たい。


△『世紀末オカルト学院

・シリーズ構成:水上清資なので。


あんまりまじめにチェックしてないせいもあって少ないけど、見れるものは見る。

あと、AB!の最終回がどうなるかが気になっている。1話時の予想通り楽しく見れてる。

2010-04-26 今日から三週間、目覚めちゃダメだよ このエントリーを含むブックマーク

月イチ更新な感じです。

最近アニメ化情報で気になるのは神のみのスタッフがどこか。あれは漫画だから成立してるはしょり方が見事な類なので、まんまアニメにしたら唐突展開にしかならないし、いろいろと難しい作品だと思うのよなー。1回しかないアニメ化のチャンスを潰されないことを祈る。


ハートキャッチを今期(春)に含めないのであれば、今期のアニメはグっとくるものがないかも。好き/嫌い、面白い/面白くないとは別にある「惹かれる」作品がない。


しかしまぁハートキャッチにハートキャッチされすぎてどうにかなりそう。毎週日曜の朝に起きるなんて数年ぶりじゃなかろうか。本編の面白さはもとより、えりかの一挙一動が可愛すぎる。可愛くないカットが存在しないのではないか? と思えるほど、全てのカットが可愛い。「ちゃんと言わないとわからないよ?」とか、もう、ね! あと変身とけたら下着になるとかエロすぎる。誰かあれのコスプレするといいよ。蒼く光るネグリジェだかワンピースだか着て倒れこむといい。えりかコスする人は竹筒も常備だね!


さらっと春アニメの感想とか。

『荒川アンダーザブリッジ』はまた神谷さんか! と思ったものの、なかなか面白かったけど、OPEDと2話がいまいちだったので、見なくなりそう。絶望先生3期あたりからぱっとしないものが多い気がする。

いちばんうしろの大魔王』がけんぷファー、れでぃばと枠として俺の中で楽しいです。ノリという脚本の都合で流れていく、あの「ゆるすぎる」感じが何も考えなくてよくて好き。多少のイライラはあるんだけど、それすらもどうでもいいかと思わせるてきとーさ。あと、ソラノヲトのノエルといい悠木碧のクール声は良いものです。

WORKING!!』はゆるゆる見れて楽しい。原作久しぶりに読んだら新キャラ増えてたけど、アニメは山田までなのかな。阿澄佳奈声のぽぷらは思いの他可愛い。声の力は偉大。

ABは麻枝准の一般受けしない部分を京アニフィルターで濾過しないで、そのまま岸誠二的ギャグで演出したら……の予想通りであり、俺としては残念。なんかこう、ノリが寒いんだけど、実はCLANNADKANONだって原作はこれと大差ないセンスでやられてるんだよねぇ。でも京アニのアニメで始めて見た人は、これほど寒くは感じなかったはずで、京アニがいかに原作再現する際に「現代の視聴者の感覚で上手く受け入れられるように翻訳」していたかがよくわかる。Key作品ってひどく人を選ぶ、その選ぶ部分を上手くごまかしてた。なんていうか、やったことのないエロゲ原作がどこかにあって、それをあまり上手くない形で見せられてる印象だよね。エロゲの形式でよめば(原作のメディアでは)面白く見えていたであろうもの、を見せられてる、よくあるアレ。ライターが脚本担当したってアニメとしてどう面白いかは別というのがよくわかる。という感じなんだけど、麻枝准の作品って序盤はつまんねーなーと思いつつも最後までやると意外と悪くないことが多い不思議なライターで、ケチをつけてる寒さや、リアリティなにそれうまいの? な描写てんこもりなとこも、最後まで見たらこまけぇこたぁいいんだよ、になってしまう。こともある。最後まで見るつもり。

閃光のナイトレイド』は、アニメノチカラとは一般受けしない地味さを妙に持ち上げて作画や演出においては悪くないものを作ることなの? と皮肉をいいそうになる80年代OVA的センスの作品という印象。

『薄桜鬼』はヒロインが可愛いので見れてる。今期で可愛いヒロイン上位には間違いなく入る。そこらの萌えアニメのヒロインより全然いける。というか、ヒロインがいなかったとしても、新選組ものとしても結構面白い。コルダの日野ちゃんといい、女主人公の女性向けアニメは主人公がやたら可愛くて「すごく良い娘」な気がするんだけど、こういう娘の女性ウケは悪かったりするのかしら……。男性向けだとヘタレ鈍感は叩かれるために存在してたりするけど、完璧超人系主人公は結構歓迎されてるよね。

『HEROMAN』今期可愛いヒロイン上位に入るチアガールがエロい。主人公もなぜかエロい。でも日本人が外国人ウケを狙ったらどこを向いてるのかよくわからなくなってどっちにもウケないの典型に見えるデザインやお話は今後どうなるのかな。やたら展開が早いだけでは、そこを面白がらないと面白くないと思うんだけどねー。バトルにしても日本ロボットアニメ的なケレン味があんまりなくてなー。

『裏切りは僕の名前を知っている』は1話ラストの「どうしよう……泣きそうだ……」でゲラゲラ笑ったので、飽きるまで見るかも。どっかで使いたいよね。どうしよう泣きそうだ。

けいおん!!』は「花田先生脚本回を見ない」ことにすれば見れそうです。俺が途中を抜かしてみるってのはアニメに関しては生まれて初めてなんだけど、俺以外にはどうでもいいことですよね。抜かしてみても問題がない作品で本当に良かった。これが、例えば小林靖子脚本中に井上敏樹脚本が中途半端に混ざるストーリーものだったら地獄だった。何十本と担当回を見てできあがった好き嫌いデータベース(俺にとっては大事で信用できるデーターベース)からの「好きなスタッフ」と「嫌いというか性にあわなすぎて見てるとストレスがたまるスタッフ」が混在してしまうと辛いという話。

迷い猫オーバーラン!』は監督交代制でほんと良かった1話だった。あの勘違いクリエイター臭はなかなか出ないよなぁ。

あとは、楽しいけど好みじゃない、続けてみる気力わかなそうなのが『B型H系』『会長はメイド様』かな。メイドは基本的にこの手の少女漫画原作が苦手なのだなーと思った。出来が良いことも細部が違うことも先が読めることなんて作品の面白さにたいして関係ないとわかりつつも、中で展開されるお約束のほとんどに「おなかいっぱい」となってしまう。


長くなった。あげてないのもあるけど、省略。

まとめると今期はハートキャッチ見とけばいいかなーになります。あとデュラララ。

2010-03-08 恋する気持ちは 欲張りサーキュレーション

もうそんな季節か、ということで。

あげてみたら期待作0になってしまったけど、まぁこのチェック時の印象が当たる確率って低いし、だからこそ面白いんだよね。


放映中ならデュラララがすげー面白いっす。新羅とセルティのカップルが好き。きっと悲恋に終わりそうなところが。毎回変わるナレーションも声優好きとしては見所。

[] 2010年春新番チェック 21:15  2010年春新番チェックを含むブックマーク


◎絶対見る。期待している。

○スタッフや原作既読にひっかかるので、興味がある。

△一応チェック


○『Angel Beats!

"アニメーション制作:P.A.WORKS"

"企画・原作・シリーズ構成・脚本・音楽:麻枝准"がどうでるか。個人的には不安いっぱい。

○『おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜

続編なので。

○『WORKING!!

原作を途中まで見たので。

○『荒川アンダーザブリッジ』

新房シャフトなので。


△『四畳半神話大系』

監督:湯浅政明

△『閃光のナイトレイド

アニメノチカラ枠なので、一応チェック。

△『GIANT KILLING

原作を楽しく読んでるので。スタッフ的にどうなるか未知すぎる。

△『会長はメイド様!

監督:桜井弘明

△『けいおん!!

花田先生クビにならないかなー

△『迷い猫オーバーラン!

毎回監督が違うっぽいので。