Hatena::ブログ(Diary)

「しまだ環境ひろば」 の日記

2016-12-10

しまだ環境ひろば 「12月度 定例会」

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。


今日 (12月10日 土 PM) は、「しまだ環境ひろば」 の隔月開催の、「12月度定例会」 を開催しました。


平成25年度までは毎月開催でしたが、会員の減少や、高齢化で定款 (細則) を変更し、隔月開催にしました。


しまだ環境ひろばの決議機関は、「総会」 と 「理事会」 ですが、理事会は、数人の役員で決める会であり、しまだ環境ひろばの成り立ちから判断して、已むおえない場合を除いて、もっぱら、総会のミニ版である、「定例会」 で種々の案件を決めてきました。


さて、隔月ですので、報告事項がどうしても多くなります。


報告時間を長くとると、どうしても協議時間や、意見交換の時間が制限されてしまいます。


従って、最近は、事務局が大変ですが、開催通知にその日の報告事項を全て書いて、事前に読んで出席するように変えています。


そのため、報告事項は、質問・指摘・意見を聞いて、定例会の時間は努めて、協議と意見交換に充ています。


今日も、報告事項は短時間で終えて、意見交換に時間を割きました。

                     <意 見 交 換>

■ 会員の減少と高齢化に伴い、活動現場の維持管理や、市民塾や展示会出展の環境活動が困難になって来たので、今後のしまだ環境ひろばのあり方や、行動について意見交換した。


しまだ環境ひろばは、会員が多数いた時代と比べて、イベントの回数や内容も落ちていませんが、今や、その維持管理が大変になって来ています。


(1) 活動現場の維持管理について


◆ 御仮屋市民農園

   

開設以来、来年9月で丸5年となり、契約満了となる。

このまま自然流で行けば自動更新となるが、行政に相談してみる必要があるかも。

この4年間、地主から何の音信もない。

第三者である農園参加者のことも考慮して、もう2〜3年は頑張ってみるか。

◆ 中溝町 コミュニティ農園

地主さんからいつ返却を求められるかわからない状態になっている。

返却の申し出があったら、これを機会に返却することとしたい。

大豆栽培と手づくり味噌作りが定番化しているが、その時はその時で別途考える。

◆ 伊太竹林 (2ヶ所)・梅林 (1ヶ所)

地主には全く手を入れる意思がない。

町内会に一緒にやれないか、打診をしたがその後返事無し。

これまで10年近く手を入れており、思い入れも強い。簡単には撤退できない。

ぁ ー蠅鯣瓦い燭蕁■嫁くらいで元の放置竹林に戻ってしまう。

ここ2〜3年は、会員のできる限りの応援を得ながら頑張って行く。


(2) 環境保全活動 (市民環境塾・くらし環境展など) について

◆ 市民環境塾塾

 〇圓琉兮事業から外れて以来、自前の市民環境塾として頑張ってきたが、最近は 「森づくり塾」 が3回程度、「手づくり味噌講座」 が3回程度に絞られてきてしまった。

◆〆の状況では、拡大する実力はないので現状の継続くらいか。

◆ くらし・消費・環境展

 ヾ超展は、環境月間の6月開催がベターではないか。

   本件は、経緯があって10月開催になっているが、環境展は、6月の環境月間に開催するのが本来のぞましい。機会をみて行政に働きかけることとしたい。

   

◆ヾ超展は、同一テーマで出展する団体同士で、重複や抜けがないように事前協議することが望ましい。


今日は、有意義な意見交換ができました。

2016-12-09

都市と田舎の交流、「相賀の里めぐりと農業体験」 好評価

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。


今日 (12月9日 金) は、「相賀の里を良くする会」 主催の、「相賀の里めぐりと、農業体験」 開催しました。


しまだ環境ひろばは、「相賀の里を良くする会」 を支援しています。


         <都市と田舎の交流会 「相賀の里めぐりと農業体験」 の開催内容>


  ■ 日時: 12月9日 (金) 午前 10:30 JR島田駅集合 

  ■ 会場: 島田市相賀 高山公会堂 ・ 高山白山神社

  ■ ご来場者:  (静岡市) 生活情報交換会 会員の皆様 15名

             (東京三鷹市) みんなのみたか 代表者 2名

  ■ 対応者: 「相賀の里を良くする会」 会員

  ■ 目的: 都市と田舎の交流会 地域活性化・賑わいのまちづくり

  ■ 内容:  

     ◆ バーべキュー で歓迎会 (昼食)   * 地元産のお米でおむすび 

                                * 猪肉

     ◆ 農業体験  * こんにゃくづくり

     ◆ 講演会    * 「万葉集秋の七草」 植物民族学者 岩井先生講演

     ◆ 伊太和里の湯 で、慰労会兼 意見交換会     終了 18:30


今日は、朝から盛りだくさんの、都市と田舎の交流会でしたが、好評価を頂きました。


静岡新聞取材もありました。


     ◆ これまでいろいろな体験会に参加したが、「こんにゃく作り」 は、始めての経験です。本当に楽しい。

     ◆ 相賀米で作った 「おにぎり」 が美味しい。 30個、あっという間になくなりました。


     ◆ 今日捌いた猪肉は、一切れも残りませんでした。


     ◆ 万葉集は、難しい。しかし次回は、秋の七草を、「相賀の里」 で本物を見たい。


     ◆ 地元産の、「相賀米」 「みかん」 大豆」 「作ったこんにゃく」 のお土産を、みなさん、本当に喜んでお持ち帰り願いました。


     ◆ 伊太和里の湯に一泊したい。 是非宿泊の施設を切望。


     ◆ 「相賀の里を良くする会」 の活躍と、「相賀の里」 の活性化の成功を望む。 などなど。


帰り際の、みなさんの慰労の言葉で、今日の疲れも吹っ飛んでしまいました。


次回は、杏子でいっぱいの、「相賀の里」 へ招待をしたいものです。


そうして、相賀の住民が、みんなで歓迎をし、交流するような場にしたいものです。


頑張ろう!


写真は、今日の交流会の一コマです。

f:id:s-k168:20161209205540j:image

f:id:s-k168:20161209205530j:image

2016-12-08

明日は、「相賀の里めぐりと農業体験」

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。


しまだ環境ひろばは、島田市の相賀地域の活性化を目的に立ち上がった、「相賀の里を良くする会」 を、まだ個人レベルながら事務局入りをして支援しています。


支援の理由は、環境保全という活動は、どんなに良い活動を行っても、地域に根を下ろさなければ、効果は薄い。


その点、地域で立ち上がった、「相賀の里を良くする会」 は、地域に根差した活動で賑わいのあるまちづくりを目指しており、「しまだ環境ひろば」 の理念と一致します。


明日 (12月9日 金) は、静岡 生活情報交換会」 のみなさん 15名と、東京 みんなのみたか」 のみなさん 2〜4名を相賀にお招きをして、一日、有意義に田舎を満喫してもらおう、と企画しました。


タイムスケジュールは、朝10:30 JR島田駅に集合し、コミバスで、「相賀 高山」 で下車、高山公会堂で、「バーベキュー」 で歓迎会、「こんにゃくづくり」 で農業体験、次いで、講演 「万葉集秋の七草」 を聞き、「伊太和里の湯」 に移動して、慰労会兼意見交換会で終了。


相賀の里では、今年度、都会人との交流は3回目です。


都市と田舎の交流会は、来られる人も、招待する側も、協働作業が原則です。


一生懸命に、「おもてなし」 はしますが、一方通行ではありません。


とにかく、明日は、お互いの目的に向けて、有意義な時間を過ごしたいものだ。


さて、この2日間、島田市相賀地区は、「サルの出現」 で話題が沸騰!


この話題は、明日の 「都市と田舎の交流イベント」 の中で、ひとしきり話題となろう。

2016-12-07

大豆の脱穀

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。


しまだ環境ひろばは、耕作放棄地を再生した畑 「中溝町 コミュニティ農園」 で、約1反部 (280坪)、 大豆栽培して今年でもう8回目です。


しまだ環境ひろばは、相賀地区の活性化を目的に立ち上がった、「相賀の里を良くする会」 を支援していますが、同会でも、耕作放棄地を再生した畑 約1.5反部 (450坪) で、大豆栽培して1年目です。


昨日 (12月6日 火) と 今日 (7日 水) の両日、両農園で、脱穀機で脱穀作業を行いました。


しまだ環境ひろばは、機械で脱穀するのは初めてです。


もっぱら手作業で来ましたが、高齢化には勝てません。


脱穀機の威力は物凄く、これまで数日かかっていた脱穀作業たった2時間で終わってしまいました。


2つの畑共、11月20日頃から、刈り取りを始めて、乾燥させていましたが、さやから豆が飛び出すほどの勢いで、脱穀のベストタイミングでした。


  ◆ 中溝町 コミュニティ農園 (約1反部)  今日の収穫は、大豆 150kg

  ◆ 相賀 大豆畑 (約1.5反部)  昨日の収穫は、大豆 180kg


相賀の大豆畑は、耕作放棄地でやや、痩せ地でしたので、収量が落ちましたが、初年度ですのでまずまずです。


さて、「しまだ環境ひろば」 と 「相賀の里を良くする会」 では、市の 「農林課さん」 や、「健康づくり課さん」 の協力を頂いて、都合6回の、「新春 手づくり味噌の体験会」 を開催します。


収穫した大豆は、手づくり味噌の材料となります。


  期日: 1月15日(日)・16日(月)・18日(水)・21日(土)・26日(木)

       ・未定1日の6回

  会場: 島田市東光寺 園田農園

  内容: 毎回 90kgの味噌を、10人位 ( 6回で60余名 540kgの味噌づくり )         の市民が集まって、自分用の味噌を仕込みます。


耕作放棄地を再生して、大豆栽培し、大豆を使って、伝統食の、健康で安全な、「手づくり味噌」 を仕込み、地産地消にも貢献する! 循環型社会づくりの基本的活動です。

下記は、「新春 手作り味噌の体験会」 の募集チラシでした。 お蔭さまで大勢の市民が応募されてきました。 とにかく楽しくやりましょう。


f:id:s-k168:20161019151539j:image

2016-12-06

12月25日は、「里山の再生活動」へ参加しよう。

NPO法人 しまだ環境ひろば 「森づくり担当」 と 「事務局」 です。


「しまだ環境ひろば」 は、平成15年3月に発効した、「島田市 環境基本計画」 に書かれている、市民の取組みを実行して、今年で13年経過しています。


活動は、5つの分野に及んでいます。

 

  ◆ 自然環境の保全   ◆ ごみの削減   ◆ 省エネルギー  (地球温暖化防止)

  ◆ 食の改善 (安心・安全・伝統食の継承など)   ◆ 市民環境教育



しまだ環境ひろばにとっては、どれも大事な活動ですが、中でも 「森づくり」 は、一丁目一番地です。


大規模な森林整備の実力はありませんが、地元の里山くらいは、地域住民と協働して整備しようと、里山の再生活動」 を13年間続けています。


来る、12月25日 (日) は、今年度、3回目ですが、地元の 「やらざあ会」 と 「静岡県緑化推進協会」 と協働して、「竹林整備後の散策道の整備をしよう」 を開催します。


市民のみなさん! 飛び入り参加歓迎、是非お越しください。 (申し込み: 35−1814 平間


詳しくは、下記のチラシをご覧ください。


f:id:s-k168:20161206171941j:image