Hatena::ブログ(Diary)

「しまだ環境ひろば」 の日記

2016-06-28

「健全な水循環、水資源」 について

NPO法人 しまだ環境ひろば 「エネルギー 担当」 と 「事務局」 です。


今日 (6月28日 火)、日経新聞朝刊 20頁 〜環境月間に考える〜 気候変動・エネルギー広告特集 「賢い選択で良い環境を継承 � 再生可能エネルギー導入の拡大を急げ」 を興味深く読みました。


記事は、近年、気候変動問題を巡って世界が大きく動き始めているとし、気候変動をどう抑えるか、それに伴い深刻化する水の問題にどう対処するかを報じています。 


更に、地球温暖化抑止に向け二酸化炭素に代表される温暖化ガス排出を削減する対策が一層求められるとして、再生可能エネルギーのさらなる利用促進に期待が集まっている、と強調しています。


この記事の中で、気候変動をもたらす大きな問題の一つに水の問題があるとして、キーワードは、健全な水循環」 だとしている。


政府は、「水循環基本計画法」 に基づいて、「水循環基本計画」 を策定して、健全な水循環、水資源の重要性について国民に訴求し、官民連携の運動を進めようとしているとのこと。


水循環施策の取組みとして、イメージ図も表示していますが、これも見ると、水は、「降雨」 ・ 「貯水」 ・ 「浸透」 ・ 「蒸発」 を繰り返しつつ、この過程の中で、森林の保全水や、農業・工業・生活用水に姿を変えて循環し役立っています。


気候変動の抑制、健全な水循環の維持、再生可能エネルギーの創出拡大と結びつけながら、論調の中にも、イメージ図の中にも、再生可能エネルギーである、「小水力発電への利用」 の表現が見当たらないのは違和感を感じます。


健全な水循環は、「水質問題」 「水の量の問題」 があるが、もう一つ 「水の使い方問題」 があると思います。


水の質と量は、本当に人間生活に直結する問題ですが、水の使われ方 (農業用水・工業用水・生活用水) 他に、再生可能エネルギー創出の要素であることを忘れてはならないと思う。


再生可能エネルギーの創出を論じながら、「小水力発電」 は、その位置づけはまだまだ低い。


今日の論調の中でも、太陽光風力発電は重要視されているけれども、小水力発電」 の、論じ方は極めて低い。


しかし、再生可能エネルギーは、地域によって重要性が異なる。


日照時間が長い地域は、「太陽光」 です。


温泉熱が豊富な地域は、「地熱」 です。


「水」 の豊富な地域は 「小水力」です。


今、持てる熱源の地域がそれなりに頑張ることです。


静岡県は、小水力発電」 と 「太陽光」 で頑張る地域であるし、その時であると思う。

2016-06-27

「ズッキーニ」 が実をつけ始めました。

NPO法人 しまだ環境ひろば 「農園 担当」 と 「事務局」 です。


しまだ環境ひろばでは、耕作放棄地を再生して、農園 2ヶ所、竹林 2ヶ所、梅林 1ヶ所維持管理しています。


しまだ環境ひろば 中溝町 コミィニティ農園」 、総面積 350坪の内、約280坪を共同区域として、毎年 大豆栽培しています。


残り、70坪は、個人区域として、2坪強/一区画 に区切って、一般市民に無料で貸出しています。


現在は、市民 10人が思い思いの野菜づくりを楽しんでいます。


市民農園 (無料) の目的は、


 (1) 自分で作る喜びや楽しさを味わってもらうこと。

 (2) 同時に、そんなに簡単に作物はできないことを知ること。

 (3) そうして、農家の苦労も理解すること です。


無料の条件は、


 (1) 共同区域の農作業を月一回 (毎月 第四日曜日 午前9時〜11時の2時間) 応援することです。


今、個人区域では、「サツマイモ」 「サトイモ」 「スイカ」 「ヤーコン」 などが元気に葉を広げています。


写真は、Mさんの個人畑で元気に実をつけ始めた、「ズッキーニ」 です。


ズッキーニ」 は、フランスイタリア料理では定番の野菜だそうですが、日本人にはまだなじみが薄い。


パスタや油炒めにすると美味いそうです。


f:id:s-k168:20160627165801j:image

2016-06-26

「タイタンビカス」 が開花

NPO法人 しまだ環境ひろば 「農園 担当」 と 「事務局」 です。


しまだ環境ひろばでは、昨年度 (平成27年度) から、「タイタンビカスを植えよう 事業」 を展開しています。


これからの島田をもっと楽しくしてみませんか?こんなキャッチフレーズに誘われ 「地域おせっかい 養成講座」 を受講した当会会員が 「居場所づくり」 の一環として本活動を提案したもので、しまだ環境ひろばの活動としてやっていくことになりました。


タイタンとは、ギリシャ語由来、とても元気な神様という意味から来ているとのこと。


開花は7月中旬から10月で暑い盛りに大輪の5種類の花が咲きます。


植付け場所は、「しまだ環境ひろば 御仮屋市民農園」 の東側土手と、「しまだ環境ひろば 中溝町コミュニティ農園」 の北側土手とし、平成27年7月4日(土) 御仮屋市民農園に会員が集まり、タイタンビカスの苗を30本植付けました。


昨年は、7月下旬から咲き始め、10月初めまで楽しませてくれました。


しまだ環境ひろば 「中溝町 コミュニティ農園」  北川土手のタイタンビカスが、今年は、昨日から開花を始めました。


これから、毎日、色とりどり、5色の花が次々と咲き始めます。


昨年は、まだ初年度のため、株分けはしていませんが、今年度は株分けをします。


タイタンビカスは、株分けすればドンドン増えて行きます。


市民のみなさん、見に来てください。


  ◆ 「しまだ環境ひろば 御仮屋市民農園」  旧国道一号線 御仮屋歩道橋を北へ渡ってすぐです。


  ◆ 「しまだ環境ひろば 中溝町コミュニティ農園」  中溝町 はなみずき通り 旧COOP島田店 北側の畑です。


写真は、「中溝町 コミュニティ農園」 のタイタンビカス です。

f:id:s-k168:20160626170834j:image

2016-06-25

今年の我が家の「グリーンカーテン」

NPO法人 しまだ環境ひろば 「エネルギー 担当」 と 「事務局」 です。


今月 (6月) は、環境月間です。


真夏の準備をする月でもあります。


筆者の自宅では、毎年、南側窓面に、「グリーンカーテン」 を設置しています。


一昨年は、「きゅうりのグリーンカーテン」 、 昨年は、「小型すいかのグリーンカーテン」 でしたが、今年は、やはり きゅうりの 「グリーンカーテン」 にしました。


今週から、毎日1〜2本のきゅうりが取れ始め、窓の直射日光も遮られ、一石二鳥です。


グリーンカーテンは、つるもの野菜に限りますよ !


第一、毎日、新鮮な野菜が食べれれるのですから。


みなさんもやって見てください。


写真は、まだこれから、窓いっぱいに広がります、きゅうりの 「グリーン カーテン」 です。


f:id:s-k168:20160625142710j:image

2016-06-24

「島田市 くらし・消費・環境展 2016」 第一回実行委員会

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。


今日 (6月24日 金) は、「島田市 くらし・消費・環境展 2016 第一回 実行委員会」 に出席しました。


今年度の出展団体が一堂に会しました。


今年の開催計画は、次の通りです。


  ◆ 日時: 平成28年10月15日 (土) 10:00〜15:30

  ◆ 会場: プラザおおるり 

 

今日の実行委員会では次の事項が決まりました。


  ◆ 出展団体 25団体を確認し承認しました。

  ◆ 実行委員長として、出展団体から、「NPO法人 しまだ環境ひろば」 の代表を選出しました。


    今年度も実行委員長を引き受ける (3回目) ことになりました。


  ◆ 副実行委員長として、「島田市 消費者グループ」 の代表を選出しました。

  ◆ 運営予算は、事務局案を承認しました。

  ◆ 全体事業として、「スタンプラリー」 を承認しました。

  ◆ 広報は、前年実績プラス、市内全小学校 低学年(1〜3年生) へのチラシ配布を決定しました。

  ◆ 全体テーマは、昨年と同じ、「見て、聞いて、さわって感じよう、生活のヒント」 で決定しました。


出展団体の出展テーマを、7月8日までに事務局へ提出を約束して、今日の第一回実行委員会を終了しました。


くらし・消費・環境問題は山積しており、市民に訴求する課題は多い。


今年度も、出展団体が協力して、充実した展示に努め、是非共成功に導きたいものだ。