Hatena::ブログ(Diary)

「しまだ環境ひろば」 の日記

2017-02-17

「ふじのくに地球環境史ミュージアム」を見学

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。


今日 (2月17日 金) は、静岡 生活情報交換会 2月例会」 参加しました。


静岡 生活情報交換会」 は、最初の発端は、某企業の退職者が、ボケないでお互いに刺激し合い、たまには良い話を聞こうと集まった会でしたが、幹事団の頑張りで、会員も増え、とうとう80回を超えるイベントをこなす会に発展してきました。


今日の題材は、「ふじのくに地球環境ミュージアム」 見学でした。


地球環境史」 とは、人と自然の関係のことで、そこから未来の豊かさを考えること目的です。


私たちは、便利で豊かな暮らしを築き上げましたが、その反面で様々なリスクに脅かされています


そこを考え、またその先を考えようと言うのが、ミュージアム」 の目的だという。


この「ミュージアム」 は、これまでの、見学者がただ見て歩く博物館ではなく、見て、聞いて、さわって、双方向のコミュニケーションを取るように心掛けているという。


ボランティアのガイドさんとは、質問・提案・意見などやり取り自由だという。


今日は、展示ステージだけではなく、これから展示のための工作室や、その作業なども見せて頂いた。


見学者と、ミュージアムとの、双方向のやり取りの中で、何かを見つけようという発想が窺えました。


発足当時から比べても、展示点数は格段に増加していることが如実に窺がえました。


地球環境史」 は、実に奥深い。


えば追うほど、調べれば調べるほど、奥が深い。


探究も、研究も尽きない。


今、私たちの暮らしは、地球2.5個分の豊かな生活をしているという。


いつか、地球の資源は尽きる。


その前に、考えられるあらゆる知恵を出して、身の丈に合った、地球一個分の生活に戻す必要を感じます。


パンフレットに、「そしてミュージアムは、そこから未来の豊かさとは何かを考えます」 と書いています。


豊かさとは、物と心の豊かさがあるという。


私たちは、物質的にはそれなりの豊かさを手に入れましたが、自然を犠牲にしました。


更に豊かさを追求するのか。


それとも自然を取り戻し、これ以上の豊かさを我慢するのか。


ミュージアムは、それを私たちに考えさせるように演出し、今日も、明日も訴えています。


私たちは、良く考え答えを出していかなければならない。


見学ステージは、8つのブースに分かれていますが、第9ステージ・第10ステージは、そのヒントを投げかけています。


少し、間を置いて、もう一回、訪ねてみようと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/s-k168/20170217/1487338637