Hatena::ブログ(Diary)

s3731127306の資料室

9999-12-31

意見広告:第二:危険な4つの法律を1日も早く否定しよう! (20170616)

(以前書いてあった「メモ」は捨てました。申し訳ありません)


2013年12月06日:特定機密保護法
2015年09月19日:安全保障関連法
2017年06月09日:退位特例法
2017年06月15日:組織犯罪処罰法(改正案)


この4つは《きわめて》危険な法律です。一日も早く否定せねばなりません。日本の有権者はもちろん、在日外国人のみなさんも、いろいろの理由で日本にこられるいろいろのかたがたも”標的”にされる可能性が高いです。否定にむけて長いたたかいになるでしょうが、筆者もがんばりますので、反対の立場のみなさんもがんばりましょう!



○反対理由
・特定機密保護法→http://synodos.jp/faq/7064
安全保障関連法→http://anti-security-related-bill.jp/ann.html
・退位特例法→http://www.jrcl.net/frame170605c.html
・組織犯罪処罰法(改正案)→http://synodos.jp/politics/19853

関連:http://nohimituho.exblog.jp/24547896/

意見広告 20151228の日韓”合意”を破棄させよう! (初投稿 20170424)(謝罪広告 20170429)

 2015年12月28日の日韓”合意”は、日本・韓国アメリカ軍事同盟を強化するために被害者を見捨てた談合にすぎません。性犯罪の加害者が責任をきちんと認めず、わずかの金で性犯罪を”解決”させるという悪例をつくってしまいました。
 このことをみのがせば、遠からず軍事基地内外で兵士がおこす性犯罪の防止に非常に重大な悪影響が予想されます。また、ひいてはすべての種類の性犯罪の再犯防止にも重大な悪影響が予想されます。
 事態は二国間にとどまりません。遠からず世界中の国と地域に影響します。だからこそ、世界中の人々の反対で、日本政府日韓”合意”を破棄させましょう!


2015年12月28日,日本和韩国的“协议”的不仅是串通投标,它摒弃了受害者,以加强日本,韩国和美国的军事同盟。性犯罪者没有正确认识到犯罪的责任,我们已经创建了一个恶劣的先例,导致轻微的黄金在性犯罪“决议”是。
如果错过这个东西,它有望在预防,在不久的将来没有一个军事基地造成内外士兵性犯罪非常严重的不利影响。此外,预计将有上累犯预防的,因此各种性犯罪的一个显著的不利影响。
情况不两国停止。不久,它会影响到世界各地的国家和地区。这就是为什么,在全世界人民的对立面,让我们放弃日韩“协议”给日本政府


2015年12月28日,日本和韓國的“協議”的不僅是串通投標,它摒棄了受害者,以加強日本,韓國和美國的軍事同盟。性犯罪者沒有正確認識到犯罪的責任,我們已經創建了一個惡劣的先例,導致輕微的黃金在性犯罪“決議”是。
如果錯過這個東西,它有望在預防,在不久的將來沒有一個軍事基地造成內外士兵性犯罪非常嚴重的不利影響。此外,預計將有上累犯預防的,因此各種性犯罪的一個顯著的不利影響。
情況不兩國停止。不久,它會影響到世界各地的國家和地區。這就是為什麼,在全世界人民的對立面,讓我們放棄日韓“協議”給日本政府


2015 년 12 월 28 일 한일 '합의'는 일본 · 한국 · 미국의 군사 동맹을 강화하기 위해 피해자를 버린 담합에 지나지 않습니다. 성범죄의 가해자가 책임을 제대로 인정하지 않고 약간의 돈으로 성범죄를 "해결"시킨다는 悪例을 만들어 버렸습니다.
이 것을 빼놓을하면 머지 않아 군사 기지 내외에서 군인이 일으키는 성범죄 예방에 매우 심각한 악영향이 예상됩니다. 또한 나아가서는 모든 종류의 성범죄의 재범 방지에도 심각한 악영향이 예상됩니다.
사태는 양국에 그치지 않습니다. 머지 않아 전세계 국가와 지역에 영향을줍니다. 그래서 전세계 사람들의 반대로 일본 정부에 한일 '합의'를 파기시켜보세요!


The Japan - Korea "agreement" on 28th December 2015 is just a bid - rigging bid rigging to victims to strengthen the military alliance of Japan, Korea and the United States. The perpetrators of sexual crime did not properly admit their responsibilities and made a bad example of "resolving" sexual crime with a small amount of money.
By praying for this thing, very serious negative impact is expected on the prevention of sexual offenses that soldiers will cause inside and outside the military base. In addition, serious adverse effects are also expected to prevent repeat offenses of all kinds of sex crimes.
The situation is not limited to bilateral relations. It will affect the countries and areas of the world far away. That's why, let's dismiss the Japan-Korea "agreement" by the Japanese government in opposition to people all over the world!


2015 28 декабря, Японии и Южной Кореи «соглашение» не только делать ставки, такелаж, которые отказались от жертвы в целях укрепления военного союза Японии, Южной Кореи и Соединенных Штатов Америки. Секс преступник не признается должным образом ответственности за преступления, мы создали плохой прецедент, который вызывает незначительное золото в «резолюции» секс преступлений.
Если пропустить эту вещь, ожидается очень серьезное негативное влияние на предотвращение сексуальных преступлений, которые вызывают солдат в ближайшем будущем не военную базу внутри и снаружи. Кроме того, как ожидается, окажет существенное негативное влияние на профилактике рецидива и таким образом, все видах сексуальных преступлений.
Ситуация не останавливается между двумя странами. До тех пор она будет влиять на страны и регионы по всему миру. Вот почему, в противоположность людей по всему миру, давайте отказаться от Японии и Южной Кореи «соглашение» японскому правительству!


2015 28 Disember, Jepun dan Korea Selatan "perjanjian" bukan sahaja untuk membuat tawaran tipuan, yang ditinggalkan mangsa dalam usaha untuk mengukuhkan pakatan tentera Jepun, Korea Selatan dan Amerika Syarikat. Pesalah seks tidak diiktiraf dengan betul tanggungjawab bagi jenayah itu, kami telah mencipta satu precedent buruk yang menyebabkan sedikit emas dalam jenayah seks "ketetapan" adalah.
Jika terlepas perkara ini, ia dijangka kesan buruk yang sangat serius mengenai pencegahan jenayah seksual yang menyebabkan tentera dalam masa terdekat tidak sebuah pangkalan tentera di dalam dan di luar. Di samping itu, ia dijangka memberi kesan sampingan yang ketara ke atas pencegahan kepulangan sakit daripada dan dengan itu semua jenis kesalahan seksual.
Keadaan tidak berhenti antara kedua-dua negara. Tidak lama kemudian ia akan memberi kesan kepada negara-negara dan wilayah di seluruh dunia. Itulah sebabnya, pada yang bertentangan dengan orang di seluruh dunia, mari kita membuang "perjanjian" Jepun-Korea Selatan kepada kerajaan Jepun!


2015 28 tháng 12, Nhật Bản và Hàn Quốc "thỏa thuận" không chỉ đấu thầu gian lận, mà bỏ rơi nạn nhân nhằm tăng cường liên minh quân sự của Nhật Bản, Hàn Quốc và Hoa Kỳ. Sex người phạm tội không được công nhận đúng trách nhiệm của tội phạm, chúng tôi đã tạo ra một tiền lệ xấu gây ra nhẹ vàng trong tội phạm tình dục "độ phân giải" này.
Nếu bỏ lỡ điều này, nó được dự kiến sẽ ảnh hưởng xấu rất nghiêm trọng đến công tác phòng chống tội phạm tình dục gây ra những người lính trong tương lai gần không phải là một căn cứ quân sự bên trong và bên ngoài. Bên cạnh đó, nó được dự kiến sẽ có một tác động tiêu cực đáng kể đối với phòng ngừa tái phạm và do đó tất cả các loại tội tình dục.
Tình hình không chỉ dừng lại giữa hai nước. Chẳng bao lâu nó sẽ ảnh hưởng đến các quốc gia và vùng lãnh thổ trên thế giới. Đó là lý do tại sao, ở đối diện của những người xung quanh thế giới, chúng ta hãy loại bỏ các Nhật Bản-Hàn Quốc "thỏa thuận" cho chính phủ Nhật Bản!


2015 ခုနှစ်ဒီဇင်ဘာလ 28 ရက်, ဂျပန်နှင့်တောင်ကိုရီးယား၏ "သဘောတူညီချက်" ဂျပန်, တောင်ကိုရီးယားနှင့်အမေရိကန်ပြည်ထောင်စု၏စစ်ရေးမဟာမိတ်ခိုင်မာစေရန်အလို့ငှာသားကောင်စွန့်ပစ်သောမသမာမှုများနှငလေလံဆွဲရန်သာဖြစ်ပါသည်။ လိင်ပြစ်မှုကျူးလွန်သူကိုစနစ်တကျရာဇဝတ်မှုများ၏တာဝန်အသိအမှတ်ပြုမထားဘူး, ကျနော်တို့လိင်ပြစ်မှုများ "resolution ကို" တွင်ရွှေအနည်းငယ်နေသည်ဖြစ်စေဆိုးထုံးတမ်းစဉ်လာကိုဖန်တီးထားသည်။
လွဲချော်ဤအမှုကိုဆိုပါကအတွင်းအပြင်နှင့်ပြင်ပရှိမစစ်အခြေစိုက်စခန်းမဝေးတော့တဲ့အနာဂတ်ကာလ၌စစ်သားဖြစ်ပေါ်စေသည်ဟုလိင်ပိုင်းဆိုင်ရာပြစ်မှုများများ၏ကာကွယ်တားဆီးရေးအပေါ်အလွန်လေးနက်သောဆိုးရွားသောသက်ရောက်မှုရန်မျှော်လင့်နေသည်။ ထို့အပြင်ခုနှစ်, ထိုသို့ recidivism ကြိုတင်ကာကွယ်ရေးအပေါ်သိသိသာသာဆိုးရွားသောသက်ရောက်မှုများနှင့်လိင်ပိုင်းဆိုင်ရာပြစ်မှုများ၏အရှင်အမျိုးမျိုးရှိသည်ဖို့မျှော်လင့်ရသည်။
အခြေအနေနှစ်နိုင်ငံအကြားရပ်တန့်မထားဘူး။ ရှည်လျားခြင်းမပြုမီကကမ္ဘာတစ်ဝှမ်းရှိနိုင်ငံများတွင်နှင့်တိုင်းဒေသကြီးများကိုထိခိုက်ပါလိမ့်မယ်။ ဒါကဘာကြောင့်, ကမ္ဘာတစ်ဝှမ်းရှိလူများ၏ဆန့်ကျင်ဘက်မှာမယ့်ဂျပန်အစိုးရ၏မှ Japan-တောင်ကိုရီးယား "သဘောတူညီချက်" ဖယ်ပါစေပဲ!


2015 28 Desember dari Jepang dan Korea Selatan "perjanjian" tidak hanya untuk tawaran-tali-temali, yang ditinggalkan korban untuk memperkuat aliansi militer Jepang, Korea Selatan dan Amerika Serikat. Seks pelaku tidak diakui benar tanggung jawab kejahatan, kami telah menciptakan preseden buruk yang menyebabkan sedikit emas dalam kejahatan seks "resolusi" adalah.
Jika lewatkan hal ini, diharapkan untuk efek samping yang sangat serius tentang pencegahan kejahatan seksual yang menyebabkan tentara dalam waktu dekat tidak sebuah pangkalan militer di dalam dan luar. Selain itu, diharapkan memiliki efek negatif yang signifikan terhadap pencegahan residivisme dari dan dengan demikian semua jenis kejahatan seksual.
Situasi tidak berhenti antara kedua negara. Sebelum lama akan mempengaruhi negara dan wilayah di seluruh dunia. Itu sebabnya, di balik orang di seluruh dunia, mari kita membuang Korea Jepang-Selatan "kesepakatan" kepada pemerintah Jepang!


2015 Disyembre 28, ng Japan at South Korea "kasunduan" ay hindi lamang mag-bid-mga palubid at palayag, na nilisan ang biktima upang palakasin ang militar alyansa ng Japan, South Korea at Estados Unidos. Sex-sala ay hindi kinikilala ng maayos ang mga responsibilidad ng krimen, lumikha kami ng isang masamang alinsunuran na nagiging sanhi ng bahagyang ginto sa sex krimen "resolution" ay.
Kung makaligtaan ang bagay na ito, ito ay inaasahan na napakaseryosong mga salungat na epekto sa pag-iwas sa sekswal na krimen na naging sanhi ng mga sundalo sa malapit na hinaharap ay hindi isang militar na base sa loob at sa labas. Bilang karagdagan, ito ay inaasahan na magkaroon ng makabuluhang salungat na epekto sa risidibismo pag-iwas sa at sa gayon ay ang lahat ng uri ng sekswal na pagkakasala.
Sitwasyon ay hindi hihinto sa pagitan ng dalawang bansa. Bago katagal ay makakaapekto sa mga bansa at rehiyon sa buong mundo. Iyon ang dahilan kung bakit, sa tapat ng mga tao sa buong mundo, hayaan itapon natin ang Japan-South Korea "agreement" sa pamahalaan ng Japan!


28 december 2015 Roh Japan en Zuid-Korea "overeenkomst" bladeren, Japan, Zuid-Korea en de Verenigde Staten Roh militaire alliantie wo versterking van het reservoir soortgelijke schade Sha wo verlaten andere tuigage twee alleen Mase beneden. Zedendelicten Roh daders Sha mot verantwoordelijkheid wo goed herkend figuur, iets Roh goud uit zedenmisdrijven wo "oplossing" is om slechte voorbeeld wo made hand Toyuu het weg is beter de andere.
Als missen dit ding, zal dit naar verwachting zeer ernstig negatief effect hebben op de preventie van seksuele misdaden die soldaten veroorzaken in de nabije toekomst niet een militaire basis binnen en buiten. Bovendien wordt verwacht dat een significant negatief effect hebben op recidive voorkomen en dus allerlei seksuele misdrijven te hebben.
Situatie stopt niet tussen de twee landen. Het duurde niet lang het zal invloed hebben op de landen en regio's over de hele wereld. Dat is de reden waarom, aan de overzijde van mensen over de hele wereld, laten we gooi de Japan-Zuid-Korea "akkoord" om de Japanse regering!


28 ديسمبر 2015، من اليابان وكوريا الجنوبية "اتفاق" ليس فقط لمحاولة تزوير، التي تخلت عن الضحية من أجل تعزيز التحالف العسكري من اليابان وكوريا الجنوبية والولايات المتحدة. لم يتم التعرف مرتكبي الجرائم الجنسية بشكل صحيح من مسؤولية الجريمة، وقد انشأنا سابقة سيئة أن يسبب طفيف للذهب في "القرار" الجرائم الجنسية هو.
إذا تدع هذا الشيء، فإنه من المتوقع أن تأثير سلبي خطير جدا على الوقاية من الجرائم الجنسية التي تسبب الجنود في المستقبل القريب ليس قاعدة عسكرية في الداخل والخارج. وبالإضافة إلى ذلك، فإنه من المتوقع أن يكون لها تأثير سلبي كبير على الوقاية من العود، وبالتالي جميع أنواع الجرائم الجنسية.
لا يتوقف الوضع بين البلدين. قبل فترة طويلة وسوف تؤثر على البلدان والمناطق في جميع أنحاء العالم. لهذا السبب، على العكس من الناس في جميع أنحاء العالم، دعونا تجاهل "اتفاق" اليابان وكوريا الجنوبية إلى الحكومة اليابانية!


2015 28 dicembre del Giappone e la Corea del Sud "accordo" non è solo per la manipolazione delle offerte, che ha abbandonato la vittima al fine di rafforzare l'alleanza militare del Giappone, la Corea del Sud e Stati Uniti. Sex Offender non viene riconosciuto correttamente la responsabilità del delitto, abbiamo creato un precedente che provoca leggera d'oro nella "risoluzione" crimini sessuali è.
Se perdete questa cosa, ci si aspetta di molto grave effetto negativo sulla prevenzione dei reati sessuali che causano i soldati in un prossimo futuro non una base militare dentro e fuori. Inoltre, si dovrebbe avere un significativo effetto negativo sulla prevenzione della recidiva e quindi di tutti i tipi di reati sessuali.
Situazione non si ferma tra i due paesi. In poco tempo che interesserà i paesi e regioni di tutto il mondo. Ecco perché, al contrario di persone in tutto il mondo, cerchiamo di scartare l ' "accordo" Corea del Giappone-Sud per il governo giapponese!


28 de diciembre de 2015, de Japón y Corea del Sur "acuerdo" no es sólo para la manipulación de licitaciones, que abandonó la víctima con el fin de fortalecer la alianza militar de Japón, Corea del Sur y Estados Unidos. Sexo delincuente no se reconoce adecuadamente la responsabilidad del crimen, hemos creado un mal precedente que causa ligera de oro en la "resolución" crímenes es el sexo.
Si se pierda esta cosa, se espera que el efecto adverso grave en la prevención de delitos sexuales que causan soldados en un futuro próximo no una base militar en el interior y el exterior. Además, se espera que tenga un efecto adverso significativo en la prevención de la reincidencia y por lo tanto de todo tipo de delitos sexuales.
La situación no se detiene entre los dos países. En poco tiempo va a afectar a los países y regiones de todo el mundo. Por eso, al contrario de personas en todo el mundo, vamos a descartar el "acuerdo" entre Japón y Corea del Sur-al gobierno japonés!


2015 децембар 28, Јапана и Јужне Кореје "споразум" није само понуде намештање, који напустили жртву у циљу јачања војну алијансу Јапана, Јужне Кореје и Сједињених Америчких Држава. Сексуални преступник не признаје правилно одговорност злочина, створили смо лош преседан који изазива благо злата у сексуални злочин "резолуције" је.
Ако пропустите ову ствар, очекује се да ће веома озбиљан негативан утицај на превенцију сексуалних злочина који изазивају војнике у блиској будућности не војне базе изнутра и споља. Поред тога, очекује се да ће имати значајан негативан ефекат на превенцију рецидив и на тај начин свих врста сексуалних деликата.
Ситуација не зауставља између две земље. Убрзо ће утицати на земље и регионе широм света. Зато, у супротном људи широм света, хајде да одбаците Јапан, Јужна Кореја-"договор" на јапанске владе!


2015 28. decembra v Japonsku a Južnej Kórei "dohody" je nielen bid-rigging, ktorý opustil obeť s cieľom posilniť vojenskú alianciu Japonsko, Južná Kórea a Spojené štáty. Sex páchateľ nie je správne uznal zodpovednosť trestný čin, vytvorili sme zlý precedens, ktorý spôsobuje mierne zlata na sexuálne zločiny "rozlíšením" je.
Pokiaľ si ujsť túto vec, saakáva, že veľmi vážne negatívne vplyvy na prevenciu sexuálnych trestných činov, ktoré spôsobujú vojakmi v blízkej budúcnosti nie vojenskej základne vnútri aj mimo. Okrem toho saakáva, že bude mať významný negatívny vplyv na prevenciu recidívy a tým aj všetky druhy sexuálnych trestných činov.
Situácia sa nezastaví medzi oboma krajinami. Onedlho to bude mať vplyv na krajiny a regióny po celom svete. To je dôvod, prečo na opak ľudí na celom svete, poďme vyradiť Japonsko a Južná Kórea "súhlas" k japonskej vlády!


2015 28. december, na Japonskem in v Južni Koreji "sporazum", je ne samo, da se potegujejo, vrvje, ki je opustila žrtev, da bi okrepili vojaško zavezništvo Japonska, Južna Koreja in ZDA. Seks storilec ni prepoznan pravilno odgovornost kaznivega dejanja, smo ustvarili slab zgled, ki povzroči rahlo zlata v "reševanje" na spolnih zločinov je.
Če zamudite to stvar, se pričakuje, da bo zelo resen neželen učinek na preprečevanje spolnih kaznivih dejanj, ki povzročajo vojakov v bližnji prihodnosti ne vojaško oporišče, znotraj in zunaj. Poleg tega se pričakuje, da ima pomemben negativen učinek na preprečevanje ponovitve kaznivega dejanja in s tem vseh vrst spolnih kaznivih dejanj.
Stanje se ne ustavi med obema državama. Kmalu bo to vplivalo na države in regije po vsem svetu. Zato, na nasprotni ljudi po vsem svetu, pa zavreči "sporazum" na Japonsko in Južno Korejo na japonske vlade!


2015 28. Dezember von Japan und Südkorea „Vereinbarung“ sind nicht nur Abrüsten bieten zu, die das Opfer, um die militärische Allianz von Japan, Südkorea und den Vereinigten Staaten zu stärken aufgegeben. Sexualstraftäter richtig die Verantwortung für das Verbrechen nicht erkannt wird, haben wir einen schlechten Präzedenzfall geschaffen, die in der Sex-Verbrechen „Auflösung“ leichtes Gold verursacht ist.
Wenn diese Sache vermisst, ist zu erwarten, sehr ernste negative Auswirkungen auf der Prävention von sexuellen Verbrechen, die Soldaten in der nahen Zukunft nicht eine Militärbasis innerhalb und außerhalb verursachen. Darüber hinaus wird erwartet, erhebliche negative Auswirkungen auf die recidivism Prävention und damit alle Arten von sexuellen Straftaten haben.
Situation nicht zwischen den beiden Ländern zu stoppen. Schon nach kurzer Zeit wird es die Länder und Regionen auf der ganzen Welt beeinflussen. Deshalb, im Gegenteil von Menschen auf der ganzen Welt, lassen Sie sich die Japan-Südkorea „Vereinbarung“ die japanischen Regierung verwerfen!


2015 Décembre 28, du Japon et « accord » en Corée du Sud est non seulement à un truquage des, qui a abandonné la victime afin de renforcer l'alliance militaire du Japon, la Corée du Sud et les États-Unis. Le délinquant sexuel ne reconnaît pas correctement la responsabilité du crime, nous avons créé un mauvais précédent qui provoque une légère d'or dans les crimes sexuels « résolution » est.
Si manquez pas cette chose, il devrait très grave effet négatif sur la prévention des crimes sexuels qui causent des soldats dans un proche avenir pas une base militaire à l'intérieur et à l'extérieur. En outre, il devrait avoir un effet négatif important sur la prévention de la récidive et donc de toutes sortes d'infractions sexuelles.
Situation ne se limite pas entre les deux pays. Avant longtemps, il aura une incidence sur les pays et régions du monde. Voilà pourquoi, à l'opposé des gens du monde entier, nous allons jeter la Corée du Sud-Japon « accord » au gouvernement japonais!


2015 28. decembra u Japanu i Južnoj Koreji "sporazum" je ne samo da se nadmeću namještanju, koji je napustio žrtve u cilju jačanja vojnog saveza Japana, Južne Koreje i Sjedinjenih Američkih Država. Seksualni prestupnik nije ispravno prepoznat odgovornost kriminala, stvorili smo loš presedan koji izaziva blago zlata u "rezoluciji" seksualnih zločina je.
Ako propustite ovo, očekuje se da će vrlo ozbiljan negativan uticaj na prevenciju seksualnih zločina koji uzrokuju vojnika u bliskoj budućnosti ne vojnu bazu unutar i izvan. Osim toga, očekuje se da će imati značajan negativan utjecaj na prevenciju recidiva u i na taj način sve vrste seksualnih delikata.
Situacija ne zaustavi između dvije zemlje. Ubrzo će uticati na zemalja i regija širom svijeta. Zato, na suprotnom ljudi širom svijeta, da odbacite "sporazum" Japan-Južna Koreja japanske vlade!


December MMXV XXVIII, qui et Meridionalis Korea Japan, "concordia", non solum invitandi sunt, amisso clavo, quae relicta est ut victimam et pro societate belli confirma Japan, Auster Korea et United States. Proprie conscientia criminis reus sexus cogniti sumus exempli causa creati sex facinoribus parum auri "consilium" est.
Si deesset hoc expectatur gravissima crimina concubitus ne adversa effectus in causa non milites militum basi extra proximo. Praeterea, illud a significant adversa effectus in expectat ut recidivism cavendum ne existeret, et sic omnes coniunctiones sexuales largitor admitte.
Non prohibere situ inter duo terris. Ante diu non afficit illum per regiones et regionibus circa mundi. Hoc est cur, in contrarium de populi per orbem: et Meridionalis Korea, Japan scriptor abiicias per "concordia" in Iaponica regimen?







Google翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
http://fightforjustice.info/?page_id=4178
http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20080912/p1

------------------------------------------------------------

謝罪広告

 本ブログ筆者は、2015年12月28日の”日韓合意”の問題点を十分に理解せず、即座に反対声明を出すことができませんでした。それは、加害国国民としての意識をもっていたことで、「被害者との根本的な思考の差」「加害を徹底的に反省していない政府をもつ加害国民の思考の危険性」を認識しきれていないことが根本的原因です。この1カ月ほど、”日韓合意”関連報道および資料を再確認することで、この”合意”が日韓米の軍事同盟のための《野合》にすぎず、直接には軍事性暴力の再発防止と逆行するものであることを確信しました。
 ここに、本ブログ筆者は「加害国国民の危険な思考」をもっていたこと・放置していたことをここに認め、謝罪を示します。そして、この「危険な思考」を批判するための資料を本ブログで掲載する作業をしつづけることを宣言します。

 ここでこの謝罪広告をだしたのは、この「危険な思考を批判する作業」をする人が一人でも増えて欲しいからです。特に、加害国国民がその作業を”死ぬまで”続けるという事実は重大な重みを持つと筆者は考えます。どうか本ブロク読者のみなさま、よろしくおねがいします。


 


[20170424 01回目 たくさんの言語で呼びかけをした。順番はてあたりしだい。どこまでひろまるかわからないが、あとで後悔しないためにもやっておいた。あとでまた言語を追加する予定]
[20170429 02回目 謝罪広告。やはりきちんと謝罪することが大事だと結論づけた。]

ブロク作成者「s3731127306」は、日本政府に対し、各種”待たせ賃”「110万2000円」と明確であいまいさのない”待たせた”ことへの「謝罪(を明記した文書)」を要求する。

第1回目:20170628
第2回目:20170628、(3)に「在日朝鮮人に対する差別の未根絶」の分を追加、「100万2000円」→「110万2000円」、「メモ」の追加
第3回目:20170930、「第3目標期限まで」の一応の設定とメモ




”待たせ賃”一覧
(1)請求者「s3731127306」(以下、請求者と略す)は被害当事者に当然支払われるべき賠償金のごく一部を”前払い”した形になるので、請求者に”後払い”せよ。詳細がわからなくなったので、とりあえず1000円を要求する。
(2)日本政府が当然すべき、再発防止・記憶事業にかかる費用を”前払い”したので、請求者に”後払い”せよ。具体的には、関係資料の電子化である。「一覧」に題名を添付しておく。最低額として1000円を要求する。またこれに関係して、記念館の建設などの再発防止事業の”前払い”費用もこの「1000円」に含めているが、日本政府の過去および未来の行動に対する請求者の判断を根拠として、今後増額することも考えている。
(3)(1)および(2)の請求を「待たせ」ていることに対する「待たせ賃」10万円。これは、1日後でも500年後でも10万円のままである。
(4)国家の怠慢・国家間の合意などで関係者をごまかしたりして被害当事者を「待たせ」ていることは、加害国”有権者”の「平和に生きる権利」「加害者にならないための権利」を侵害している。日韓条約アジア女性基金日韓合意・治安維持法被害者の未救済・公娼制度被害者の未救済・アイヌ民族に対する差別の未根絶・沖縄に対する差別の未根絶・在日朝鮮人に対する差別の未根絶部落差別の未根絶をとりあえず設定して10×9=90万円。追加予定あり。特に韓国以外の「慰安婦」に関する問題も関係づけたい。
(5)日本政府および都道府県政治家官僚ヘイトスピーチおよび歴史修正主義発言を防止・および処罰しないことによる加害国”有権者”の「他者からの信用の暴落」に対する賠償金として10万円。賠償額の内訳については改めて検討したい。


○まとめ○
請求者は、被請求者・日本政府に対して、合計110万2000円を請求する。



「一覧」
・「横浜裁判一覧」328件のケースの情報の電子化
・撫順戦犯管理所において書かれた戦犯の手記66点(約1000ページ分)
・撫順戦犯管理所と太原戦犯管理所において書かれた戦犯の供述書(2017年06月28日現在で約120ページ、今後も追加予定)
治安維持法被害者の鶴彬の著作物約600ページ分


謝罪請求の具体的なかみ、および注記の文章
[1]上の(1)〜(5)において、日本軍慰安婦」などの被害当事者が求めている、賠償をはじめとした「要求」の減額などは一切みとめない。
[2]上の(1)〜(5)において、請求者の請求を認めた理由および”待たせた”理由を書いた文書を「明確かつあいまいさのない文章で公開して」発行せよ。これにかわる措置は一切みとめない。請求者の名誉および社会的地位の”上昇”を代用しようとする措置は特に念入りに念入りに否定される。
[3]時効は一切みとめない。そもそもこの要求は、被害当事者の寿命を”人質にとる”戦略に対する対抗措置である。
[4]この要求は、特定の政府以外の組織にも適用することが可能であると請求者は考える。たとえば、企業・民間軍事企業・民間団体をよそおった政府関係団体、特定政府と同調する民間団体が事例である。
[5]賠償金は1000回払い、毎月1回とする。1回1円以上、支払い方法は請求者のみに決定権がある。
[6]どうせ、安倍首相をはじめとした歴史修正主義者たちはガタガタいってくるだろうから、できるかぎり高く要求を求めることにする。もちろん、請求の裏づけ理由はそのたびにきちんとつけることにする。もともと、日本がすべてなくなるほどの被害である。
[7]約100年前において、1918年終結第一次世界大戦における戦時性暴力・1919年の三一独立運動に対する大規模弾圧という植民地支配責任を裁くことは当時、ほとんどの人間が考えていなかったし考えられなかった。国際法はもっと発展させる必要がある。特に、不払い・未清算の放置を防止する法的措置において、特にそうだと請求者は考えている。
[8]要求内容は請求者がすべて決める。要求を認めるかどうかは、結局のところ、被請求者の”主体”にかかっている。
[9]支払い通貨の指定権利もまた請求者が決める。「福沢諭吉」の肖像を見たくない請求者もいる可能性はありうる。
[10]請求者の人数の上限は一切みとめない。また、国籍条項などは一切みとめない。このことによって、要求を総合すると非常に莫大なものになるが、これは罰金とみなしてほしい。また、各人(もちろん、直接の被害当事者をのぞく)の権利の譲渡を認める。このことによって、原理的には1000年でも被請求者(たとえば日本政府)に対して請求可能である。


メモ
・なぜもっとはやく、この方法に気がつかなかったのだろう? この原因はもっと強く追求されるべきだ。

----------------------------------------------------------------------

メモ
・慣習方としての請求額10分の1規定、金目当てとゴチャゴチャいわれないために
・慣習法としての「請求者からの減額」、そのかわりに被請求者に「減額をしたことを必ず認めさせる」、書類を大量に抱えておくことはいろいろ不都合がある。


反省文
「私、s3731127306、は日本政府国会議員に対する有権者でありながら、日本政府の過去の戦争犯罪・植民地支配犯罪に対するサボタージュに対して、明確かつあいまいさのない抗議文、そしてその怠慢行為に対してアジア各地の被害者への個人としての反省文を公開しておりませんでした。本日、2017年07月19日、当ブログにて、アジア各地の被害者への”個人”としての反省を示す当文章を公開し、今後、よりいっそう強く日本政府に対し過去の国家犯罪の清算作業を行うことを求めます。その際に、清算作業の”まえばらい”をおこないます。」


----------------------------------------------------------------------
私の目標期日

第1、2115年12月28日、(100年後)
第2、2515年12月28日、(近代の年月、500年分)
第3、西暦102015年12月28日、(人類の歴史の一区切り、100000年分、これでも足りないかもしれない)

メモ、もしこの要求が受け入れられないならばどうなるか。私自身の考えでは簡単である。「東アジアの崩壊か、それとも日本政府の明確かつあいまいさないの謝罪か」→「破滅か謝罪か」、つきつめればこの2つのどちらかではない。これは、私個人の考えでは、極端でも何でもない、長い目でありのままに歴史を見れば、明らかすぎるほど明らか、その”はず”である。




2017年07月19日、第二回目、追加。

9999-01-01

本ブログの主要記事へのリンク(順次更新)

○目次概要引用索引

・「秋田県における朝鮮人強制連行」(2005年、野添憲治、社会評論社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150204/1482484403

・「秋田の朝鮮人強制連行」(1999年、野添憲治、彩流社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150205/1482484403

・「悪魔の日本軍医」(1982年、石田新作、山手書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150122/1482484219

・「一下士官ビルマ戦記」(1981年、三浦徳平、葦書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150128/1482484219

・「華北戦記 中国であったほんとうの戦争(朝日文庫版)」(1997年、桑島節郎、朝日新聞社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150119/1482484219

・「近代民衆の記録6 満州移民」(1978年、山田昭次:編、新人物往来社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150126/1482484219

・「従軍慰安婦・内鮮結婚―性の侵略・戦後責任を考える」(1992年、鈴木裕子未来社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170809/1502259315

・「資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」」(2013年、鈴木裕子編・解説、梨の木舎)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170610/1492240172

・「戦塵」(2002年、著:仁木靖武 編:仁木武子、新風書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150120/1482484219

・「戦争責任ジェンダー:「自由主義史観」と日本軍慰安婦」問題」(1997年鈴木裕子未来社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/99990101/1503622069

・「朝鮮人学徒出陣」(1997年姜徳相岩波書店
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150117/1482484219

・「朝鮮人強制連行」(2011年岩波書店、外村大)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150123/1482484219

・「朝鮮人強制連行の記録」(1965年朴慶植、未來社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150102/1420099354

・「つらい真実 虚構の特攻神話」(1983年、小沢郁郎、同成社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20130605/1370381495

・「当事者が書いた強制連行」(1999年、鄭皙仁、彩流社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150129/1482484403

・「フェミニズムと戦争:婦人運動家の戦争協力」(1997年鈴木裕子マルジュ社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170807/1502102402

・「日本の歴史」01巻〜26巻(1965年井上光貞・土田直鎮・石田進・佐藤進一・井上清色川大吉ほか、中央公論社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150230/1482484403
-------------------------------------------------------------

梶村秀樹

タグ:[梶村秀樹]でくくっている

・「なぜ朝鮮人が日本に住んでいるのか」
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120315/1331796368


○鶴彬

タグ:[鶴彬]でくくっている


○槇村浩

タグ:[槇村浩]でくくっている


○聞書水俣民衆史

タグ:[聞書水俣民衆史]でくくっている


日本軍性奴隷制度(予定含む)

・性奴隷とは何か: シンポジウム全記録 (Fight for Justiceブックレット)
・Q&A 朝鮮人慰安婦」と植民地支配責任: あなたの疑問に答えます (FJブックレット)
・“平和の少女像”はなぜ座り続けるのか (ffjブック)
沖縄戦場の記憶と「慰安所
・忘却のための「和解」―『帝国の慰安婦』と日本の責任
・「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人
・「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)
日本軍慰安婦」問題の核心
・平和を希求して
・日本人「慰安婦」―愛国心と人身売買と

・「“記憶”と生きる: 元「慰安婦」姜徳景の生涯」(2015年土井敏邦大月書店
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170414/1492169407
・文玉珠(ムン・オクチュ)―ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 (教科書に書かれなかった戦争)
・NHK番組改変と政治介入


・「資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」」(2013年、鈴木裕子編・解説、梨の木舎)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170610/1492240172




・「日本軍慰安婦」をどう教えるか
フェミニズム入門(大越愛子)
・100冊が語る「慰安所」・男のホンネ
・文玉珠(ムン・オクチュ)[旧版]
沖縄の占領と日本の復興
・継続する植民地主義
・歴史と責任
・ポストコロニアリズムジェンダー
・現代フェミニズムエシックス
・脱暴力へのマトリックス
・戦後思想のポリティクス
・花に水をやってくれないかい?―日本軍慰安婦」にされたファン・クムジュの物語
・「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス
従軍慰安婦従軍看護婦(広田和子)

従軍慰安婦吉見義明

-------------------------------------------------------------
◎戦犯裁判関連資料

横浜戦犯裁判
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141116/1416099570
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141118/1416307327
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141119/1416392275
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141120/1416478173
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141121/1416563762
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141122/1416641657
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141123/1416699582

●フィリピン戦犯裁判
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170810/1502347915
-------------------------------------------------------------

◎供述書

●R・M
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170815
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170818

●Y・M
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170326/1490347967

●S・Y
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170325/1490347967

●N・H
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170225/1488071637

使えるリンク先一覧その1

順次更新します。

調べたい単語があったら、以下のサイトすべてで検索することをおすすめする

Google 日本 http://www.google.co.jp/
Yahoo! JAPAN http://www.yahoo.co.jp/

Google翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/
CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所http://ci.nii.ac.jp/
Googleブックス http://books.google.com/?hl=ja
コトバンク http://kotobank.jp/
英和辞典・和英辞典 - Weblio辞書http://ejje.weblio.jp/
斎藤秀三郎『熟語本位英和中辞典』http://www.babelbible.net/kjvdic/kjvdic.cgi?mode=saito&imode=0&noexpand=0&dictype=ej&page=001
国会会議議事録検索システムhttp://kokkai.ndl.go.jp/
Webcat Plus http://webcatplus.nii.ac.jp/
Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
YouTubeJAPAN  http://www.youtube.com/?gl=JP&hl=ja
KAKEN(科学研究費助成事業データベース) https://kaken.nii.ac.jp/ja/index/


Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで【無料配送】 http://www.amazon.co.jp/
東京都立図書館(論文集の場合、一覧データがでる) http://www.library.metro.tokyo.jp/
Unicode/CJK統合漢字》 漢字検索 http://rtk.art.coocan.jp/cjk/index.html
ウィクショナリー https://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8



各言語の入門サイト、順番は一応公平性をたもつためwikipediaの左横表記順(まちがいのご指摘おねがいします)

・NHKゴガク https://www2.nhk.or.jp/gogaku/

・英語の文法 http://mysuki.jp/grammer-basis-154
韓国語を最短ルートでマスターする勉強法まとめ!効率的な学習の方法 http://coneru-web.com/how-to-study/
アラビア語 http://aagata.ciao.jp/arabiago/assalaam/index.html
・東外大言語モジュールtop > ビルマ語 http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/my/index.html
・フィリピノ語を基礎から独習するサイト http://pilipino.nobody.jp/mag-aral/
中国語入門(恋する中国) http://www.togenkyo.net/modules/study/




http://artic.or.jp/index.html
NPO法人「植民地支配・侵略の被害者証言 を記録する会」」
↑一口3000円






保存――分子生物学の教材動画「garlandscience」のスクリプト http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20130405/1365122390



Google マップ - 地図 https://maps.google.co.jp/


・日本人戦犯の中国侵略に関する供述(45人分)http://japanese.cri.cn/781/2014/07/03/Zt145s223191.htm
・The Written Confessions of the Japanese War Criminals http://www.saac.gov.cn/zt/zfbg/index.htm

東アジアの永遠平和のために (「帝国の慰安婦」関連の記事が充実) http://east-asian-peace.hatenablog.com/


・FIGHT FOR JUSTICE http://fightforjustice.info/
・한국정신대문제대책협의회(挺身隊対策協議会) http://www.womenandwar.net/contents/main/main.asp
・中国「慰安婦博物館開館のニュース http://news.sina.com.cn/c/2016-10-22/doc-ifxwzpsa8374126.shtml
・阿嬤家  https://www.twrf.org.tw/amamuseum/
・中国慰安妇研究中心(中国慰安婦研究センター) http://cmsmag.shnu.edu.cn/Default.aspx?tabid=6631&language=zh-CN
・婦女救援基金會(台湾:婦女救援基金会)Taipei Women's Rescue Foundation https://www.twrf.org.tw/tc/index.php
・E-歴史館(韓国女性部作成) http://www.hermuseum.go.kr/japan/ (元「慰安婦」33人の証言が読むことができる。そのうち、「ムン・オクチュハルモニの証言」「キム・ハクスン」は1993年に出版された「証言 強制連行された朝鮮人慰安婦たち」に収録されたものとほぼ同じものである。おそらく朝鮮語の証言資料を日本語に翻訳するときに翻訳の違いがでたのだろうと推測される)
・関釜裁判を支援する会 http://kanpusaiban.bit.ph/(「PDF版 『関釜裁判ニュース』 全号」でpdf版のニュース資料が読むことができる)
・東北亜歴史ネット http://contents.nahf.or.kr/japanese/;jsessionid=2F4D98F940915F5EACFAEE401F83B44D
・NPO中帰連平和記念館 https://npo-chuukiren.jimdo.com/
ベルリン自由大学より、中帰連関連資料5冊分(原文日本語) http://www.geschkult.fu-berlin.de/e/japanische_selbstzeugnisse/index.html
・일본군위안부연구회(日本軍慰安婦研究会) http://blog.naver.com/jmssrnetwork (日本語話者はとりあえずgoogle翻訳で”つなわたりのようにのぞきみ”ることを試みるべきだろう)

日本軍慰安婦」問題解決全国行動 http://www.restoringhonor1000.info/
日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク http://www.ianfu-kansai-net.org/index.html
・「慰安婦」問題ってなーに? 「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク http://kokoronokaihuku.blog.fc2.com/
・YOいっション (YOSHIMI裁判いっしょにアクション) http://www.yoisshon.net/p/blog-page_26.html

アジア女性基金 http://www.awf.or.jp/  ←筆者はかなり批判的だが、やはり徹底的に批判するには、資料を徹底的に読み込まねばならないと考え、ここに登録した。

使えるリンク先一覧その2

・強制動員真相究明ネットワーク http://www.ksyc.jp/sinsou-net/
・国立日帝強制動員歴史館 https://museum.ilje.or.kr/jap/Main.do;jsessionid=E0804AAF7FF1293ABD4FC7B6C6D90320

・戦争証言アーカイブス http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/
・戦後史証言アーカイブス http://www.nhk.or.jp/postwar/
・NHK東日本大震災アーカイブス http://www9.nhk.or.jp/311shogen/
・NHK動画で見るニッポンみちしる(新日本風土記アーカイブス) http://www.nhk.or.jp/archives/michi/
沖縄戦70年語り継ぐ未来へ http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/
・NHK名作選みのがしなつかし http://www.nhk.or.jp/archives/
・NHK ECOCHANNEL http://www.nhk.or.jp/eco-channel/
・NHKクリエティブライブラリー http://www1.nhk.or.jp/creative/
・NHKデジタルアーカイブス http://www.nhk.or.jp/archives/digital/
・NHK戦争と平和 http://www.nhk.or.jp/war-peace/
・ヒバクシャの声 http://www.nhk.or.jp/no-more-hibakusha/koe.html
・NAGASAKI×PEACE http://www.nhk.or.jp/nagasaki/peace/
・NHK 平和アーカイブス http://www.nhk.or.jp/peace/


新聞社・スポーツ新聞社リンク集 http://www.oyakudachi.net/newspaper/

朝鮮新報 The Choson Sinbo http://chosonsinbo.com/jp/
公式ブログ「月刊イオ」 http://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/
21世紀 核時代 負の遺産中国新聞) http://www.chugoku-np.co.jp/abom/nuclear_age/index.html


福島第一原発切抜帖http://onand.under.jp/genpatsu/index.php?FrontPage

・「福島第一原発事故と4 つの事故調査委員会」(国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 756(2012. 8.23.))http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3526040_po_0756.pdf?contentNo=1


・「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)」http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/
・「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会(内閣事故調 / 政府事故調)」http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/icanps/
・「福島原発事故独立検証委員会民間事故調)」http://rebuildjpn.org/fukushima/
・「福島原子力事故調査委員会」(東電調)http://www.tepco.co.jp/cc/press/2012/1205628_1834.html




NHKアーカイブスhttp://www.nhk.or.jp/archives/index.html
・NHK釧路 北方領土プロジェクトhttp://www.nhk.or.jp/kushiro/island/
・NHK エコチャンネルhttp://www.nhk.or.jp/eco-channel/
・NHK東日本大震災プロジェクト証言Webドキュメントhttp://www9.nhk.or.jp/311shogen/
・明日へ支えあおうNHK東日本大震災プロジェクトhttp://www.nhk.or.jp/ashita/

・ 終戦前後 2年間の新聞切り抜き帳http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/
・「原子力資料情報室http://www.cnic.jp/
・「原子力資料情報室 ダウンロードhttp://www.cnic.jp/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=5
・「はんげんぱつ瓦版」http://www.hangenpatsu.net/kawaraban/
原子力政策円卓会議 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/entaku/H11/
福島県エネルギー政策検討会のページ http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=569DC75FB388D64FFCF9FB03DF5795F6?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=22546
高速増殖炉懇談会−原子力委員会 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/old/koso/menu.htm
チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト http://chernobyl25.blogspot.jp/
原子力時代の死角 http://www.47news.jp/hondana/nuclear/
・原発の不都合な真実 http://www.47news.jp/hondana/futsugou/
河北新報社の「特集」欄(原子力問題を取り扱った「神話の果てに」などがある)http://www.kahoku.co.jp/spe/spej.htm


ドキュメンタリー映像'13(MBS)http://www.mbs.jp/eizou/
・FNSドキュメンタリー大賞  http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/backnumber/22.html
・NHKシゴト発見伝 http://www.nhk.or.jp/hakkenden/

レファレンス協同データベースおすすめ事例一覧 http://crd.ndl.go.jp/jp/library/recommend_list.html
NHKクローズアップ現代 http://www.nhk.or.jp/gendai/index.html
歴史エンタテイメント専門チャンネル ヒストリーチャンネル http://www.historychannel.co.jp/
札幌郷土を掘る会 http://sapporokyodowohoru.blog29.fc2.com/
『幻想の英雄』(1〜3) http://www.junpay.sakura.ne.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=144:2009-05-10-14-05-17&catid=49:2009-01-31-19-02-14&Itemid=77
戦争と平和の資料館ピースあいち http://www.peace-aichi.com/
水俣市立水俣病資料館 http://www.minamata195651.jp/list.html 
9月、東京の路上で http://tokyo1923-2013.blogspot.jp/
反貧困ネットワークhttp://antipoverty-network.org/
年報 『東洋文化研究』(「未公開資料 朝鮮総督府関係者 録音記録」あり)http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/publication/nenpo.html
生活保護のリアル(みわよしこhttp://diamond.jp/category/s-seikatsuhogo
特定非営利活動法人アスペ・エンデの会http://www.as-japan.jp/j/
工場萌えな日々http://d.hatena.ne.jp/wami/
ウェブ魚拓http://megalodon.jp/
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_5.html
日本の古本屋http://www.kosho.or.jp/top.do
琉球朝日放送 報道部 » 動かぬ基地http://www.qab.co.jp/news/?tag=%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%ac%e5%9f%ba%e5%9c%b0
ブラック企業大賞 http://blackcorpaward.blogspot.jp/
公益社団法人著作権情報センター CRIC http://www.cric.or.jp/
情報――フジテレビオンデマンド http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/
人生を徹底的に破壊される、あなたはその苦しみを想像することが出来ますか? 星の金貨プロジェクト http://kobajun.chips.jp/hoshinoknka2/
ロバート・J・リフトン教授ロサンゼルス世界問題評議会における講演--(1)--http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1733/aum/lifton-speech-1.html
学年誌まんが照会 http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4855/
ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/hansen/kanren/4a.html
ノーモア南京の会・東京 http://www.jca.apc.org/nmnankin/index-j.html
在日韓人歴史資料館http://www.j-koreans.org/intro/intro.html

梶村秀樹bot (kajimura_h_bot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/kajimura_h_bot
石原吉郎bot (IshiharaYbot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/IshiharaYbot
中井久夫bot (nakaihisao2013)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/nakaihisao2013
高木仁三郎bot (jinzaburo_bot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/jinzaburo_bot
市民科学者 高木仁三郎 bot (TakagiJinza_bot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/TakagiJinza_bot


戦場体験史料館http://www.jvvap.jp/
戦場体験放映保存の会 公式ブログhttp://keepast.seesaa.net/
戦場体験放映保存の会 全国キャラバン隊が行くhttp://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/

磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/9a3308d3730476a908c121a275e835e0
Yahoo!百科事典http://dic.yahoo.co.jp/
日本の戦争責任研究センターhttp://space.geocities.jp/japanwarres/
出版 神戸学生青年センター KOBE STUDENT YOUTH CENTER(ここでの書籍は全国の書店でも購入可能)http://ksyc.jp/publish/

医者のいないところで http://irohira.web.fc2.com/wndoc/index.htm
Astronomy Picture of the Day(APOD) http://apod.nasa.gov/apod/ap130921.html
史料としての日記について - 日本近現代史と戦争を研究するhttp://d.hatena.ne.jp/higeta/20070929/p1
「橋下市長の「慰安婦」問題発言に抗議する緊急集会」ほか (へばらぎ) http://blogs.yahoo.co.jp/n_hebaragi/67840930.html
きんちゃんパパのお部屋http://www.d8.dion.ne.jp/~judebu/papa/papa.html
【今だからこそ聞きたい戦争体験の真実】(井ノ口金一郎氏の戦争体験の聞き書きhttp://homepage1.nifty.com/oj-hiroba/sentaihold/sentai_mokuji.htm
模索舎http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/
地方・小出版流通センターhttp://neil.chips.jp/chihosho/
日本弁護士連合会 http://www.nichibenren.or.jp/
慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクト http://project.fmc.keio.ac.jp/
POW研究会 POW Research Network Japanhttp://neil.chips.jp/chihosho/
放送ライブラリー 封印 〜脱走者たちの終戦〜http://www.bpcj.or.jp/search/show_detail.php?program=159676
人権平和・浜松 http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/index.html
私設文庫館―太平洋戦争編― http://web.thn.jp/sisetu-bunkokan/index.html
POW研究会 POW Research Network Japan http://www.powresearch.jp/jp/index.html
壱花花WEBSITE http://18787.main.jp/index.html
ジェラス・ゲイ(JEALOUS GAY)(日本軍戦争犯罪に関する新聞記事のスクラップあり) http://eharagen.sun.macserver.jp/index.html
研究余録 〜全集目次総覧〜http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/
記事一覧 - 国立でむぱ研究室櫻分室http://d.hatena.ne.jp/dempax/archive
沖縄戦関係資料閲覧室http://www.okinawa-sen.go.jp/
沖縄戦関係資料閲覧室 証言集http://www.okinawa-sen.go.jp/testimony.html
米国国立公文書館http://archives.gov/
防衛研究所http://www.nids.go.jp/
外交史料館http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/
国立公文書館http://www.archives.go.jp/
国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/
アジア歴史資料センターhttp://www.jacar.go.jp/
沖縄県公文書館http://www.archives.pref.okinawa.jp/
沖縄県平和祈念資料館http://www.peace-museum.pref.okinawa.jp/
ひめゆり平和祈念資料館http://www.himeyuri.or.jp/
対馬丸記念館http://www.tsushimamaru.or.jp/
しょうけい館http://www.shokeikan.go.jp/
昭和館http://www.showakan.go.jp/
<60年目の証言>改め戦争を語りつぐ証言集 http://www.geocities.jp/shougen60/index.html
消費者庁ホームページhttp://www.caa.go.jp/index.html
株式会社 帝国データバンク[TDB] TEIKOKU DATABANK, LTD.http://www.tdb.co.jp/index.html
証券取引所 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%BC%E5%88%B8%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%80#.E4.B8.89.E5.A4.A7.E8.A8.BC.E5.88.B8.E5.8F.96.E5.BC.95.E6.89.80.EF.BC.883.E5.B8.82.E5.A0.B4.EF.BC.89
東京証券取引所 トップページhttp://www.tse.or.jp/
大阪証券取引所 トップページhttp://www.ose.or.jp/
三番瀬を未来に残そう http://www005.upp.so-net.ne.jp/sanbanze/index.html
成田空港問題円卓会議記録集 目次 http://www.rekishidensho.jp/symposium2.html
公益財団法人特攻隊戦没者慰霊顕彰会(会報『特攻』のpdfが公開されている)http://www.tokkotai.or.jp/kikanshi/
円テレビ対談第8回「シベリア抑留の真実」村山常雄さん、宮崎静夫さん、有光健さん http://www.madoka-yoriko.jp/blog/2700
ざまあみやがれい!http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/
京都盲唖院・盲学校視覚障害者の歴史(見えない戦争と平和) http://blogs.yahoo.co.jp/kishi_1_99 
Densyo Website(日系人収容所の記録サイト) http--www.densho.org-densho.asp

中央大学 図書館 図書館への図書寄贈の案内http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/library/h01_03_12_j.html
図書寄贈をお考えの方へ|法政大学図書館法政大学http://www.hosei.ac.jp/library/service/toshokizo.html
寄贈本システム「みんなの本ネット」のご案内 - 大分県立図書館http://library.pref.oita.jp/kento/guide/service-guide/minnanohon.html
図書の寄贈―新潟大学付属図書館 http://www.lib.niigata-u.ac.jp/services/guides/donation_stu.html
おしえて!ゲンさん http://www.oshietegensan.com/

龍渓書舎ホームページ 総合図書目録http://www.ryuukei.co.jp/sogotosho.html
現代史料出版 -- 新刊情報http://business3.plala.or.jp/gendaisi/index.xml
不二出版http://www.fujishuppan.co.jp/
株式会社緑蔭書房(専門図書出版社) - gooタウンページhttp://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=KN1300060500714783
久米島の戦争 - 沖縄を知る・見る・学ぶ  沖縄時事出版インターネット書籍販売http://www.oki-jiji.com/?pid=45914634
北海道の「民衆史掘りおこし運動」を掘りおこす(文献表) http://www13.ocn.ne.jp/~hoda/minsyushi.html
化学書資料館 https://www.chem-reference.com/index.html




------------------------------------------------------------------------------------------------------------

青空文庫 Aozora Bunko http://www.aozora.gr.jp/
Free ebooks - Project Gutenberg http://www.gutenberg.org/
PSU's Electronic Classics Site http://www2.hn.psu.edu/faculty/jmanis/jimspdf.htm?KeepThis=true&TB_iframe=true&height=600&width=800

テーマ別に調べる|キッズページリンク集子どもと本の情報・調査|国立国会図書館国際子ども図書館http://www.kodomo.go.jp/info/kids/theme/tech.html#anchor12
Vectorダウンロード Windows ゲーム 麻雀将棋・パチンコ・カードゲームhttp://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/game/table/
科学技術週間(一家に一枚の周期表など) http://stw.mext.go.jp/
Nobelprize.org(youtube) http://www.youtube.com/user/thenobelprize?feature=watch
実験器具と仲良し http://homepage3.nifty.com/tbd-bake6022/chem/kigu/nakayoshi-top.html

とね日記 http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw
RSC Visual Elements Periodic Table http://www.rsc.org/periodic-table
化学産業に関する主要企業名鑑類・企業リスト 調べ方案内 国立国会図書館http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102237.php
garlandscience(分子生物学関係の動画集) http://www.youtube.com/user/garlandscience?feature=watch
お願い!ランキング(テレビ朝日) http://www.tv-asahi.co.jp/onegai/index.html
きょうの健康 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/
みんなのきょうの料理 http://www.kyounoryouri.jp/ 
The Feynman Lectures on Physics http://www.feynmanlectures.caltech.edu/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

公益社団法人日本化学会 活動 提言・報告書 http://www.chemistry.or.jp/activity/report/index.html
白書、年次報告書等 電子政府の総合窓口e-Gov[イーガブ]http://www.e-gov.go.jp/link/white_papers.html
JCIA 日本化学工業協会 http://www.nikkakyo.org/index.php3
こんな時期だから悪魔の就活用語辞典 http://sonicch.com/archives/21837630.html
就活用語集(就活大百科 キーワード1000)[1] 【事典・辞書サイトkotobankhttp://kotobank.jp/dictionary/jobhunting/
森ゼミhttp://www.morisemi.com/
京都・宝池ドライビングスクール学科練習問題 http://www.takaragaike.co.jp/se_q/seqsen.html
Hondaの交通安全―危険予測トレーニング http://www.honda.co.jp/safetyinfo/kyt/training/index.html
静電気ドクター https://www.keyence.co.jp/ss/ionizer/doctor/
気象庁 雷から身を守るには http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html
ボールペンのインクが出ない!即効で復活させる裏技はコレ! http://oyakudatijouhou.org/archives/11094.html

国家資格一覧―資格の王道 http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html
社団法人 日本速記協会 http://www.sokki.or.jp/
TOEIC(Test of English for International communication) http://www.toeic.or.jp/
実用数学技能検定公式サイト | 財団法人日本数学検定協会 http://www.su-gaku.net/
国家試験 知的財産管理技能検定ホーム http://www.kentei-info-ip-edu.org/
簿記 商工会議所の検定試験 http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/
公益財団法人 日本漢字能力検定協会 http://www.kanken.or.jp/




治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟http://www7.plala.or.jp/tian/
・韓国水曜デモ1000回アクション(http://restoringhonor1000.info/contents02.htmlの団体一覧が「有用」かも)http://restoringhonor1000.info/
中国帰還者連絡会中帰連http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/index.htm
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会 神奈川支部http://kanagawa.uketugu.org/
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会:岩手ブログhttp://pub.ne.jp/2135dera/
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会:岩手支部http://uketugukaiiwate.jimdo.com/
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会 北海道支部http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/UketsuguHokkaido.htm
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部hhttp://hugocafe.asablo.jp/blog/
日中友好元軍人の会http://www11.ocn.ne.jp/~donpo/
・不戦兵士・市民の会http://home.f01.itscom.net/fusen/index.htm
・日本華報社(日中戦争関連文献を多く出版している)http://jp.duan.jp/
東ティモール全国協議会ホームページ(「東ティモールにおける日本軍性奴隷制」などの連載が参考になる)http://www.asahi-net.or.jp/~AK4A-MTN/
戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(「封印された過去 ー 日本人慰安婦」(前編)http://www.kanpusaiban.net/kanpu_news/no-44/hirao%2044.htm(後編)http://www.kanpusaiban.net/kanpu_news/no-45/hirao-45.htmなどの記事がある)http://www.kanpusaiban.net/index.htm
八路軍研究メモhttp://d.hatena.ne.jp/smtz8/
・黄土高原 紅棗がみのる村からhttp://d.hatena.ne.jp/maotouying/
三光作戦調査会http://www.h7.dion.ne.jp/~sankoh/index.html
日本中国友好協会より「泥にまみれた靴で」http://jcfa-net.gr.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=sensou_dvd
・岡山・15年戦争資料センターhttp://homepage2.nifty.com/ojsc/
・雑誌「岡山の記憶」http://homepage2.nifty.com/ojsc/
・ノーモア南京の会・東京http://www.jca.apc.org/nmnankin/index-j.html
・旧満州への朝鮮人慰安婦」連行資料集 (satophoneさんのブログ) http://satophone.wpblog.jp
・祖父の証言〜戦争と従軍慰安婦http://testimony-of-grandfather.webnode.jp/(根本大さんのHP)
・伊藤孝司 WEB写真展[戦争と日本](伊藤孝司さんのHP)http://www.jca.apc.org/~earth/sub2.html
・佐久間哲ニッポンリポート http://tetsu.cool.coocan.jp/
・河辺一郎 国連と日本外交のページ  http://www.geocities.jp/kawabe_ichiro/
・映画送還日記 http://www.cine.co.jp/soukan/index.html
大西巨人巨人館 http://www.asahi-net.or.jp/~hh5y-szk/onishi/kyojin.htm
同志社コリア研究センター出版事業 http://do-cks.net/works/publication/

外務省:日中歴史共同研究(概要)http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/rekishi_kk.html
日韓歴史共同研究委員会 - 日韓文化交流基金http://www.jkcf.or.jp/projects/kaigi/history/
・戦史研究年報-防衛省防衛研究所(各雑誌、pdf形式で公開されているものが多い)http://www.nids.go.jp/publication/senshi/index.html
ウェブ連動式 管理職検定連載 差別表現http://www.facebook.com/kanrishoku?sk=app_192986550751853
・Australia in the War of 1939–1945. Series 1 – Army - Volume Vol7 (AUSTRALIA WAR MEMORY)http://www.awm.gov.au/histories/second_world_war/volume.asp?levelID=67909
・Apes! Not Monkeys! はてな別館 http://d.hatena.ne.jp/Apeman/
大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター出版物 http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/publication.html
・青丘文庫研究会のホームページ http://www.ksyc.jp/sb/
・『青丘文庫月報』 http://www.ksyc.jp/sb/geppou.html
・雑誌「現代韓国朝鮮研究」http://www.meijigakuin.ac.jp/~ackj/
・科学図書館 科学図書館 http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/science/scilib.html
・「科学図書館」の紹介記事 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/11/news020.html
・安渓遊地 http://ankei.jp/yuji/

サイト紹介:斎藤秀三郎『熟語本位英和中辞典』
http://www.babelbible.net/kjvdic/kjvdic.cgi?mode=saito
全1595頁と序文も閲覧できる。


資料紹介:「東日本大震災クロニクル 2011.3.11-2011.5.11」および「東日本大震災クロニクル資料一覧」
参考になりそうなのでここに紹介する。

東日本大震災クロニクル 2011.3.11-2011.5.11http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/22109/5/dis0000100130.pdf
東日本大震災クロニクル資料一覧http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/22108/1/dis0000102700.pdf



資料紹介:雑誌「15年戦争と日本の医学医療研究会会報」

過去にパネル集「戦争と医学」http://war-medicine-ethics.com/War_and_Medicine/WarandMedicine_Doc/Japanese_panel.pdfamazonでも販売していた)を作成した団体の出している会報。http://war-medicine-ethics.com/の左側の「会報総目録」をクリックすれば見つかる。

9998-12-31

成立年表:近現代史の資料集

(都合上、[リンク集]タグをつけます)

国会図書館での検索結果を使用した。



1992年07月:朝鮮人従軍慰安婦女子挺身隊資料集(226P)
1992年07月:戦場日誌にみる従軍慰安婦極秘資料集(398P)
1992年11月:従軍慰安婦資料集(599P)
1993年10月:証言-強制連行された朝鮮人慰安婦たち(345P)(挺対協主体の聞き取りにもとづく被害者証言を収録)
1995年12月:フィリピン日本軍慰安婦」(232P)(被害者「証言」を収録)
1996年03月:中国に連行された朝鮮人慰安婦(挺対協主体の聞き取りにもとづく被害者証言を収録)
1997年03月〜1998年07月:政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成全5巻(629P、418P、503P、366P、219P)
2001年08月:台湾慰安婦関係資料集全2巻(全608P)
2004年04月:黄土の村の性暴力(412P)(被害者「証言」を収録)
2006年06月:証言未来への記憶1アジア慰安婦」証言集(286P)(韓国で出版された証言集の翻訳、それに解説文をつけくわえたもの)
2006年12月:日本軍慰安婦」関係資料集成全2巻(890P、766P)
2008年08月:資料集日本軍にみる性管理と性暴力 : フィリピン1941〜45年(252P)
2010年05月:証言未来への記憶2アジア慰安婦」証言集(415P)(韓国で出版された証言集の翻訳、それに解説文をつけくわえたもの)
2010年12月:女性国際戦犯法廷NHK番組改変裁判記録集(952P)
2011年02月:東京裁判-性暴力関係資料(403P)
2013年12月: 資料集日本軍慰安婦」問題と「国民基金」(421P)




1962年1980年現代史資料全45巻+別冊1巻(みすず書房
1984年〜1996年:続・現代史資料全12巻(みすず書房

https://www.kinokuniya.co.jp/03f/oclc/netlibrary/booknews/washo/domestic/msz/No.04_misuzu_13jul.pdf#search=%27%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E8%B3%87%E6%96%99%27


2015年2016年:『行動する女たちの会 資料集成』全8巻(六花出版)

2010年〜2015年:「日韓国交正常化問題資料」全48巻(現代史料出版)

1987年〜1998年:「十五年戦争極秘資料集」全30巻(不二出版)
1996年〜2016年:「十五年戦争極秘資料集補巻」全47巻(不二出版)←(筆者注:30巻対47巻、どこが「補」なのだろうか?

1990年〜1995年:「十五年戦争重要文献シリーズ」全20巻(不二出版)
2011年〜2012年:「十五年戦争重要文献シリーズ 補集」全3巻(不二出版)


-----------------------------------------
[以下、戦時性暴力および性暴力の関連文献、順番はばらばら、あとで整理するかも]

・「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム(目次には性暴力の問題はない?)
・「慰安婦」問題と戦時性暴力: 軍隊による性暴力の責任を問う
・戦時・性暴力をどう裁くか―国連マクドゥーガル報告全訳〈増補新装2000年版〉
・「民族浄化」を裁く―旧ユーゴ戦犯法廷の現場から (岩波新書 新赤版 (973))
・ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇 (講談社現代新書)
バルカンに生きる―旧ユーゴ内戦の記録 ’91‐’96
・戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)
・戦争と一人の女(坂口 安吾、 近藤 ようこ)
・女たちの会津戦争 (平凡社新書)
・女たちの戦争責任
グアテマラ虐殺の記憶―真実と和解を求めて
・ユーゴ内戦後の女たち―その闘いと学び
民衆法廷の思想
・女・天皇制・戦争
・戦争を語りつぐ―女たちの証言 (岩波新書)
グアテマラ内戦後 人間の安全保障の挑戦 みんぱく 実践人類学シリーズ (みんぱく実践人類学シリーズ)
アフガニスタン国際戦犯民衆法廷ICTA公聴会記録第1〜10集
・RAWA声なき者の声―アフガニスタン女性革命協会
レバノン侵略とイスラエル―国際民衆法廷東京1983 (1985年)
アフガニスタン女性の闘い―自由と平和を求めて
・女たちの太平洋戦争朝日文庫
・女たちの「銃後」
・新女性を生きよ―日本の植民地朝鮮戦争を生きた二代の女の物語 教科書に書かれなかった戦争・らいぶ
バルカン・エクスプレス―女心とユーゴ戦争
・フジモリ元大統領に裁きを―ペルーにおける虐殺の被害者に正義を (GENJINブックレット)
ブッシュ戦争犯罪を裁く―国際社会の平和と安全を求めるために (アフガン戦犯法廷準備編) (GENJINブックレット (33))
ブッシュ戦争犯罪を裁く―平和の文化を紡いでいくために (Part2) (GENJINブックレット (35))
ブッシュ戦争犯罪を裁く (Part3) (GENJINブックレット (40))
イラク戦争・占領の実像を読む ブッシュブレア・小泉への起訴状―ブッシュ戦争犯罪を裁く〈Part4〉 (GENJINブックレット)
・非核と先住民族の独立をめざして―太平洋の女性たちの証言 (GENJINブックレット 18)
・入門国際刑事裁判所―紛争下の暴力をどう裁くのか (GENJINブックレット (29))
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈1〉日本・台湾・朝鮮編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈2〉中国・東南アジア太平洋編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・加害の精神構造と戦後責任 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・戦犯裁判と性暴力
女性国際戦犯法廷の全記録 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
女性国際戦犯法廷の全記録〈2〉 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・男性神話彦坂諦
・女と男、のびやかに歩きだすために―アジアの片隅日本から、このいまを問いなおす (教科書に書かれなかった戦争)
・戦の中の女たち (戦争・暴力と女性)
・軍国の女たち (戦争・暴力と女性)
植民地戦争責任 (戦争・暴力と女性)
・平和構築―アフガン東ティモールの現場から (岩波新書)
東ティモールの成功と国造りの課題 ‐国連の平和構築を越えて‐ (創成社新書55)
・ナロマン―東ティモールの正義、和解、そして未来
・カラー版 ベトナム 戦争と平和 (岩波新書 新赤版 (962))
・本当の戦争の話をしよう (文春文庫)
・歴史としてのベトナム戦争 (科学全書)
・性暴力問題資料集成第鬼 <1945年1960年> 全25巻(第1巻〜第25巻)・別冊1 〔復刻版〕
・性暴力問題資料集成第挟  全11巻(第26巻〜第36巻) 〔復刻版〕
・黄土の村の性暴力―大娘(ダーニャン)たちの戦争は終わらない
軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀


国連人権委員会特別報告書女性に対する暴力<クマラスワミ報告>
・女性に対する暴力をめぐる10年―国連人権委員会特別報告者クマラスワミ最終報告書
国際法からみた「従軍慰安婦」問題
・誰にも言えなかった―子ども時代に性暴力を受けた女性たちの体験記
サバイバーズ・ハンドブック―性暴力被害回復への手がかり
・マクマーチン裁判の深層―全米史上最長の子ども性的虐待事件裁判 (法と心理学会叢書)
1945年ベルリン解放の真実―戦争・強姦・子ども
ベルリン終戦日記―ある女性の記録
・過去の克服ヒトラー後のドイツ
・9人の児童性虐待者
子どもへの性的虐待 (岩波新書)

・『13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』(山本潤朝日新聞出版2017年
・『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(東小雪/講談社2014年
・『性犯罪被害にあうということ』『性犯罪被害とたたかうということ』(小林美佳/朝日新聞出版/2008年・2010年)
・『STAND―立ち上がる選択』(大藪順子/いのちのことば社/2007年)
・『涙のあとは乾く』(キャサリンジェーン・フィッシャー/講談社2015年

・策略―女性を軍事化する国際政治
朝鮮半島の分断と離散家族 アジア現代女性史
・女性史からみた岩国米軍基地―広島湾の軍事化と性暴力 (hiroshima・1000シリーズ)
・心的外傷と回復 〈増補版〉
無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国朝鮮人女性たち
・基地村の女たち―もう一つの韓国現代史

・ある日本軍慰安婦」の回想(マリ・ロサ・ヘンソン)
・文玉珠―ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私(文玉珠)
・ナヌムの家のハルモニたち
・戦場の「慰安婦」(朴永心)
・オレの心は負けていない(宋神道
・わたしは日本軍慰安婦」だった(李容洙)
・オランダ人「慰安婦」ジャンの物語(ジャン・ラフ・オハーン)
・黄土の村の性暴力―大娘(ダーニャン)たちの戦争は終わらない(中国山西省在住の被害者10名の証言、関係者の証言も収録)
・もうひとつのレイテ戦―日本軍に捕らえられた少女の絵日記(レメディアス・フェリアス)
・マリアの讃歌(城田すず子)


                                                                                                                                          • ・「慰安婦」・強制・性奴隷: あなたの疑問に答えます (Fight for Justice・ブックレット)

・性奴隷とは何か: シンポジウム全記録 (Fight for Justiceブックレット)
・Q&A 朝鮮人慰安婦」と植民地支配責任: あなたの疑問に答えます (FJブックレット)
・“平和の少女像”はなぜ座り続けるのか (ffjブック)
沖縄戦場の記憶と「慰安所
・忘却のための「和解」―『帝国の慰安婦』と日本の責任
・「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人
・「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)
日本軍慰安婦」問題の核心
・平和を希求して
・日本人「慰安婦」―愛国心と人身売買と
・記憶と生きる
・文玉珠(ムン・オクチュ)―ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 (教科書に書かれなかった戦争)
・NHK番組改変と政治介入

・資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」

[以上15冊、最近出版の文献]
---------------------------------------------------------------------
・「日本軍慰安婦」をどう教えるか
フェミニズム入門(大越愛子)
・100冊が語る「慰安所」・男のホンネ
・文玉珠(ムン・オクチュ)[旧版]
沖縄の占領と日本の復興
・継続する植民地主義
・歴史と責任
・ポストコロニアリズムジェンダー
・現代フェミニズムエシックス
・脱暴力へのマトリックス
・戦後思想のポリティクス
・花に水をやってくれないかい?―日本軍慰安婦」にされたファン・クムジュの物語
・「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス
従軍慰安婦従軍看護婦(広田和子)

従軍慰安婦吉見義明

[以上15冊、ebookもしくはkindleで入手可能]
[「<佐藤優現象>に対抗する共同声明」 http://gskim.blog102.fc2.com/blog-entry-23.html
岩波書店労働争議の最中のため、1人からでも不買運動をおこしたい人は図書館で読むという手がある]




以下、よりひろい世界観を組み立てるために

○日本の植民地支配の実像から現代東アジアを見通す
・白凡逸志 金九自叙伝
・東学史 朝鮮民衆運動の記録
・朝鮮独立運動の血史 (1)(2)
・日本と韓国の歴史教科書を読む視点

○日本の公娼制度から現代の性管理制度を見通す
・吉原はこんな所でございました(上巻)(下巻)

○過去の差別・暴力・貧困から現代の差別・暴力・貧困を見通す
憲法で読むアメリカ史(全)
・水子の譜 ドキュメント引揚孤児と女たち

植民地主義批判理論の名著をよみなおす
・地に呪われたる者

高等教育は人々に広い世界観をつくるようにできているだろうか? よりより教育のあり方とは?
・希望の教育学
パウロフレイレ「被抑圧者の教育学」を読む
ゲルニカ事件  どちらがほんとの教育か

ナチスドイツの実像
ヒトラーとナチ・ドイツ
ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌
・愛と欲望のナチズム
子ども収容所
・15000人のアンネ・フランク  テレジン収容所に残された4000枚の絵

○西洋の植民地支配・2つの世界大戦の実像
第一次世界大戦  忘れられた戦争
第二次世界大戦全4巻(チャーチル
イタリア現代史 第二次世界大戦からベルルスコーニ後まで
・近代ヨーロッパ

天皇制国家・日本軍の実像
・近代天皇制国家の歴史的位置 : 普遍性と特殊性を読みとく視座
・増補改訂版 天皇陛下の為のためなり
日本軍事史〈上巻〉 戦前篇
日本軍事史〈下巻〉戦後篇
・昭和陸軍全史全3巻

フェミニズムの視野のひろがり
・「ジェンダー」の危機を超える! 徹底討論!バックラッシュ
・恋愛の社会学 「遊び」とロマンティック・ラブの変容
メディア・セックス幻想 AVにつくられる女と男の性文化
・女はポルノを読む 女性の性欲とフェミニズ
・講座 人権論の再定位
総力戦と女性兵士
・男性神話
・「日本」国家と女
・従軍のポリティクス
歴史教育ジェンダー

○医学者が社会問題をみのがす理由
人間性なき医学 : ナチスと人体実験

○大戦前日本・近代日本はなぜ日本軍慰安婦」問題をくいとめられなかったのか? くいとめる可能性は本当になかったのか?(理論家編)
江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」
明治維新の遺産
文学者たちの大逆事件韓国併合
田村泰次郎の戦争文学
・日本人の自伝 別巻 三〇〇選

○大戦後日本はなぜ日本軍慰安婦」問題が視野にはいらなかったのか? 社会を視野に入る可能性はなかったのか?(理論家編)(文学者篇)(マンガ家編)
丸山眞男セレクション
藤田省三セレクション

○なぜ1991・8・14から25年たっても、”平成”日本社会日本軍慰安婦」問題への認識が貧困なのか? 話題になった著作を批判的にみなおす
敗戦後論
動物化するポストモダン オタクから見た日本社会
・リアルのゆくえ
・マンガでわかる永続敗戦論
・愚民社会

○大戦前ヨーロッパアメリカ社会はなぜ戦時性暴力をくいとめられなかったのか? くいとめる可能性は本当になかったのか?
・向う岸からの世界史 ―― 一つの四八年革命史論
ベンヤミンアンソロジー

○大戦後ヨーロッパアメリカ社会はなぜ戦時性暴力の深刻性が視野にはいらなかったのか? 社会を視野に入る可能性はなかったのか?
・知の考古学フーコー
フーコー入門
・暴力について――共和国の危機(アレント
アレント入門

○歴史記述をジェンダー植民地主義・貧困から批判的に読む(書籍編)(学習マンガ編)
・学習まんが 少年少女日本の歴史シリーズ
・学研まんが世界の歴史シリーズ

○差別・貧困・暴力をうみだすもの(特にジェンダーの視点からの批判的みなおし)
・「ニート」って言うな!
・ルポ 賃金差別
・ドキュメント高校中退 ――いま、貧困がうまれる場所
・繁栄からこぼれ落ちたもうひとつのアメリカ
・増補 光州事件で読む現代韓国

○言論・表現・思想の自由国家主義差別主義・人格への攻撃との衝突
人格権侵害と言論・表現の自由

公文書情報公開について
・日本の公文書
・国家と秘密 隠される公文書
公文書をつかう 公文書管理制度と歴史研究

○「《異なる他者》との最悪の形での”交流”」としての視点から戦争体験をみなおす
鳥の詩 死の島からの生還
・七歳の捕虜 ある少年にとっての「戦争と平和
・「留用」された日本人 私たちは中国建国を支えた
・米軍が恐れた「卑怯な日本軍」 帝国陸軍戦法マニュアルのすべて
・英語と日本軍 知られざる外国語教育史

○他者との交流を保ちつづけた人々がみつけたもの・たどりついたもの
・よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純
・高橋潔と大阪市立聾唖学校 手話を守り抜いた教育者たち
・手話讃美 手話を守り抜いた高橋潔の信念
・悩む力――べてるの家の人びと
・治りませんように――べてるの家のいま
・山代巴文庫[囚われの女たち4] トラジの歌
上野英信集第5巻 長恨の賦



○語学入門書






○極右の世界観を著作物からのぞく(この世界観の危険性を、読者はすこしでも共有していないといえるだろうか?)
・【割引版】日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 ポスト・サピオムック(SAPIO編集部・小学館
・ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実(PHP研究所)(←筆者コメント:ひと目でわかる、ほんとっぽいウソのつきかた、ではないのか?)

---------------------------------------------------------------------
・政府調査「従軍慰安婦」関係文書資料 5冊(pdf)

http://www.awf.or.jp/6/document.html
---------------------------------------------------------------------
・女性史を拓く1〜5
従軍慰安婦・内鮮結婚―性の侵略・戦後責任を考える
・「従軍慰安婦」問題と性暴力
戦争責任ジェンダー―「自由主義史観」と日本軍慰安婦」問題
フェミニズムと朝鮮
天皇制・「慰安婦」・フェミニズム
フェミニズム天皇制歴史認識
・女たちの戦後労働運動
金子文子 わたしはわたし自身を生きる―手記・調書・歌・年譜 (自由をつくる)
フェミニズムと戦争―婦人運動家の戦争協力
・「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人

[以上、女性史家の鈴木裕子氏の著作]
---------------------------------------------------------------------

・皇軍慰安所の女たち (1993年、川田文子、筑摩書房
・赤瓦の家(1987年、川田文子、筑摩書房)(1994年、川田文子、ちくま文庫
・証言未来への記憶1(2006年、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」/編 、明石書店
・証言未来への記憶2(2010年、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」/編 、明石書店
・戦場の「慰安婦」(2003年、西野瑠美子、明石書店
・黄土の村の性暴力(2004年、石田米子ほか、創土社
従軍慰安婦正篇(三一新書) (1978年、千田夏光三一書房
従軍慰安婦続篇(三一新書) (1978年、千田夏光三一書房
朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」(三一新書) (1992年、尹貞玉三一書房
・日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍隊慰安婦(2003年、尹明淑、明石書店
台湾総督府慰安婦(2005年、朱徳蘭、明石書店

・ <証言>従軍慰安婦・女子勤労挺身隊 (1992年、伊藤孝司、風媒社)
・破られた沈黙(1993年、伊藤孝司、風媒社)
・平壌からの告発(風媒社ブックレット) (2001年、伊藤孝司、風媒社)
・平壌からの告発続(風媒社ブックレット) (2002年、伊藤孝司、風媒社)

・戦犯裁判と性暴力(2000年、内海愛子ほか、緑風出版)
・加害の精神構造と戦後責任(2000年、大越愛子ほか、緑風出版)
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態1 日本・台湾・朝鮮編  (2000年、金富子ほか、緑風出版)
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態2 中国・東南アジア太平洋編 (2000年、林博史ほか、緑風出版)
女性国際戦犯法廷の全記録1 (2002年、松井やよりほか、緑風出版
女性国際戦犯法廷の全記録2 (2002年、松井やよりほか、緑風出版

・女性史を拓く1〜5(1989年〜1994年、鈴木裕子未来社
・女・天皇制・戦争(1989年、鈴木裕子オリジン出版センター)
・おんな・核・エコロジー1991年鈴木裕子オリジン出版センター)
従軍慰安婦・内鮮結婚 (1992年、鈴木裕子未来社
・「従軍慰安婦」問題と性暴力 (1993年鈴木裕子未来社
フェミニズムと朝鮮 (1994年、鈴木裕子明石書店
フェミニズムと戦争(1997年鈴木裕子マルジュ社)
戦争責任ジェンダー1997年鈴木裕子未来社
天皇制・「慰安婦」・フェミニズム(2002年、鈴木裕子、インパクト出版)


原爆と朝鮮人1〜7(1982年1991年長崎在日朝鮮人の人権を守る会、岡まさはる記念長崎平和資料館) 

---------------------------------------------------------------------


[20170430:第1回目:日本軍性奴隷制度関連の資料集について掲載]
[20170518:第2回目:複数巻にわたる資料集について追記。筆者はよくおもうのだが、資料の束を徹底的に読み解くというやりかたは、哲学関係者はめんどうくさくてやらないのだろうか? 筆者の知らないだけだろうか?]
[20170601:第3回目:「戦時性暴力および性暴力の関連文献」リスト、amazonキーワードをうちこんで1時間ほどで作成]
[20170610:第4回目:日本軍慰安婦」問題からみえる過去と未来と現在、という視点から文献リストを作成]

2017-12-10

日本における”アメリカ歴史学”の重要性の歴史についてのメモ

 筆者は五年ほど前、ハワード・ジンの「学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史(上)(下)」と、ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて(上)(下)」を読んだことがある。
 筆者としては、前者には普遍性を求める”ひとびと”の闘いの姿を描こうとしているジン氏の姿勢に尊敬の念を感じ、後者には詳しいことは詳しいがうっすらと平板さを感じた。今考えるとそれば、たとえば丸山眞男などの米軍占領政策に応答しようとした人々の可能性と限界を描こうとしていないことによるものだと思う(筆者の記憶違いかもしれないが)。
 さて、2人ともアメリカ本国で有名な歴史学者であるが、日本ではダワー氏のほうが有名のようだ。そのことは、ジン氏の主著「民衆のアメリカ史」(明石書店)は現在絶版中であることからもうかがえる。この主著はアメリカ本国では100万部売れたというのに、である。

 ごく最近、朝鮮半島アメリカと日本の関係を考えていてふと気がついたことだが、そういえば日本人で有名なアメリカ合衆国専門の歴史学者というのはパッとおもいつかない。
 日本で有名かつ著名な著書のある歴史学者というと、筆者が思い出せるかぎりでは、阿部謹也ドイツ中世史・1935―2006「自分のなかに歴史をよむ」)、網野善彦(日本中世史・1928―2004・「異形の王権」)、家永三郎(日本古代史から出発・1913−2002・「日本文化史」「太平洋戦争」「戦争責任」)、石母田正(日本中世史・1912―1986・「中世世界的世界の形成」)、川北稔(イギリス近代史・1940―・「砂糖の世界史」)、藤原彰(日本近代史・1922−2003・「南京日本軍」「餓死した英霊たち」)、遅塚忠躬(フランス近代史・1932―2010・「フランス革命歴史の中の劇薬」)、良知力(ドイツ近代史・1930―1985・「向う岸からの世界史」)といったところだろうか(敬称略・あいう順)。
 もちろん、阿川尚之・鎌田遵・猿谷要・本田創造などの各氏がいることは筆者も知っているが、たとえば一般的知名度石母田正網野善彦にならぶかといわれれば、おそらく違うだろう。むしろ、岸田秀の「黒船インパクト説」という”たわごと”(たとえばロシアソ連の存在はどうなる?)のほうが影響力が大きいかもしれない。
 考えてみればこれはとても奇妙なことである。大戦後の日本にとってアメリカ合衆国の巨大な存在感を否定できる人間はいないだろう。それなのに、大戦後日本において、日本人のアメリカ観に決定的な転換をあたえた日本人歴史家がいない”らしい”という事実を、どう考えたらいいのだろうか。

2017-12-08

昭和天皇は徳川慶喜にはるかに劣っている

 以下に書くことは、一個人のメモである。もしご指摘があれば、ぜひともコメント欄にコメントおねがいしたい。

 筆者の理解では、国際法における戦争犯罪の概念は、実行責任・命令責任・監督責任の三つに分けられる。女性国際戦犯法廷において、昭和天皇戦争責任は三番目の監督責任根拠とした。最高責任者に監督責任がないとすると、誰が監督するのか? ということになるからである。
 さて、今日12月08日は日本とアメリカとの開戦日である。筆者は日米開戦についてはあまりよく勉強していないのだが、ただの個人かつ最高責任者である昭和天皇に焦点をあててみると、不思議なことに、昭和天皇の積極的な行動があまり見当たらないのである。このことは考えてみれば不思議なことではないだろうか? また、12月08日の真珠湾攻撃成功の報道日本国民の多くが歓喜したことはいくつもの歴史書にも書かれていることだが、筆者が知るかぎり「昭和天皇はよく決断してくれた」というような感想が多数派だったという歴史学根拠はみたことがない。
 このことと、いわゆる08月15日の「聖断神話」を比較すると、最高責任者が都合のいい時に表に出たり裏にかくれたりするということが天皇制(近代の、という但し書きが必要だと筆者は考えるが)の諸悪の根源であると断言できる。最高責任者が都合の悪い時に逃げると、法の支配が崩壊してしまうからである。
 さてここで、この記事の読者にとっても意外な人物昭和天皇との比較対象にしたい。その人物とは、第15代江戸幕府将軍・徳川慶喜である。

 徳川慶喜という人物についていうと、「他人のことがよく理解でき、自分のこともよく理解できている」といえば、それほどはずれてはいないと筆者は考える。「敗者の側から幕末維新史を振り返る : 会津藩徳川慶喜はなぜ敗れたのか」(家近良樹)によると、徳川慶喜西洋文明への理解力も高く、決断力も高かったという。そして、例の王政復古クーデターのことを知らされていながら黙認した、それは結局のところ幕府政治が(少なくともそのままでは)寿命が尽きていたことを理解していたという。このことについては家近氏の「徳川慶喜」(2014年吉川弘文館)に詳しく書いていたと思うが、残念ながら手元にこの本がないので記憶で書く事になる。
 筆者の興味からすると、徳川慶喜の人生で注目すべきことは、鳥羽伏見の戦いを正面から戦うことを断念して降伏し(これが逃げたとも言われるわけだが)、その後は寿命が尽きるまで政治的には死人同然として行動したことである。これこそまさに、「他人がみえていて自分もみえている」ということではないだろうか? 筆者は、政治家の無能とか有能とかは、結局その支持基盤の質の反映であると考える。そう考えると、徳川慶喜の基盤たる”江戸時代”が、慶喜を将軍におしあげ、いくつかの決断をさせることができたのではないだろうか? そこで昭和天皇にもどると、昭和天皇の基盤たる”日本近代(昭和、では決してない)”こそが、昭和天皇の無行動をつくりあげたのではないだろうか? かなり抽象的な比較だが、そんなにはずれていないと筆者は考えている。もちろん筆者は、江戸時代を美化したいわけではない。現実の近代を徹底的に批判する作業を勧めているだけである。
 最後に、徳川慶喜は最晩年に明治天皇と会見したそうだが、筆者はあるときふと昭和天皇マッカーサー会見を思い出してしまった。このときの昭和天皇の節操のなさは最大限批判されるべきだろう。