Hatena::ブログ(Diary)

s3731127306の資料室

9999-12-31

不買ステッカー(はじめてこのサイトにこられた方は、まずはじめに読んでください。)

人物

安倍晋三池上彰杉田水脈三浦瑠麗橋下徹百田尚樹ケント・ギルバート(50音順)


(※1 池上彰氏は異論がある人も多いだろうが、”https://matome.naver.jp/odai/2143414470453854001”、”https://matome.naver.jp/odai/2143532063382458901”、”https://matome.naver.jp/odai/2143555191196249801”などの記事よりほとんど節操がないと判断した。もし節操があるならば、もっとはっきり撤回するはずだからである。万が一だとはおもうが、はっきりした撤回を望む。)

http://iss.ndl.go.jp/
https://ci.nii.ac.jp/



メディア(50音順ではありません)

岩波書店(三浦瑠璃、百田尚樹
新潮社杉田水脈
PHP研究所百田尚樹池上彰
幻冬舎百田尚樹
文藝春秋安倍晋三橋下徹池上彰
朝日新聞社橋下徹池上彰
河出書房新社橋下徹
東洋経済新聞社(橋下徹池上彰橋下徹
KADOKAWA池上彰
ポプラ社池上彰
日本経済新聞出版社池上彰
小学館池上彰
NHK出版池上彰
飛鳥新社池上彰
毎日新聞出版池上彰
ポニーキャニオン池上彰
集英社池上彰
講談社ケント・ギルバート




第一回:2018年09月23日、30分でつくった。それにしても、検索してみると日本の大手出版社に無罪認定できるところがほとんどない。おそらく諸外国の場合は日本より”マシ”レベルなのだろうが、そうすると日本の現状は改めて実に恐ろしいことになっているということである。
たとえていうならば、著名な有罪事件の当事者をデタラメな根拠で一方的に攻撃する書籍がジャンジャン売られている、そういうような問題である。

意見広告:第二:危険な4つの法律を1日も早く否定しよう! (20170616)

(以前書いてあった「メモ」は捨てました。申し訳ありません)


2013年12月06日:特定機密保護法
2015年09月19日:安全保障関連法
2017年06月09日:退位特例法
2017年06月15日:組織犯罪処罰法(改正案)


この4つは《きわめて》危険な法律です。一日も早く否定せねばなりません。日本の有権者はもちろん、在日外国人のみなさんも、いろいろの理由で日本にこられるいろいろのかたがたも”標的”にされる可能性が高いです。否定にむけて長いたたかいになるでしょうが、筆者もがんばりますので、反対の立場のみなさんもがんばりましょう!



○反対理由
・特定機密保護法→http://synodos.jp/faq/7064
安全保障関連法→http://anti-security-related-bill.jp/ann.html
・退位特例法→http://www.jrcl.net/frame170605c.html
・組織犯罪処罰法(改正案)→http://synodos.jp/politics/19853

関連:http://nohimituho.exblog.jp/24547896/

意見広告 20151228の日韓”合意”を破棄させよう! (初投稿 20170424)(謝罪広告 20170429)

 2015年12月28日の日韓合意”は、日本・韓国アメリカの軍事同盟を強化するために被害者を見捨てた談合にすぎません。性犯罪の加害者が責任をきちんと認めず、わずかの金で性犯罪を”解決”させるという悪例をつくってしまいました。
 このことをみのがせば、遠からず軍事基地内外で兵士がおこす性犯罪の防止に非常に重大な悪影響が予想されます。また、ひいてはすべての種類の性犯罪の再犯防止にも重大な悪影響が予想されます。
 事態は二国間にとどまりません。遠からず世界中の国と地域に影響します。だからこそ、世界中の人々の反対で、日本政府日韓合意”を破棄させましょう!


2015年12月28日,日本和韩国的“协议”的不仅是串通投标,它摒弃了受害者,以加强日本,韩国和美国的军事同盟。性犯罪者没有正确认识到犯罪的责任,我们已经创建了一个恶劣的先例,导致轻微的黄金在性犯罪“决议”是。
如果错过这个东西,它有望在预防,在不久的将来没有一个军事基地造成内外士兵性犯罪非常严重的不利影响。此外,预计将有上累犯预防的,因此各种性犯罪的一个显著的不利影响。
情况不两国停止。不久,它会影响到世界各地的国家和地区。这就是为什么,在全世界人民的对立面,让我们放弃日韩“协议”给日本政府


2015年12月28日,日本和韓國的“協議”的不僅是串通投標,它摒棄了受害者,以加強日本,韓國和美國的軍事同盟。性犯罪者沒有正確認識到犯罪的責任,我們已經創建了一個惡劣的先例,導致輕微的黃金在性犯罪“決議”是。
如果錯過這個東西,它有望在預防,在不久的將來沒有一個軍事基地造成內外士兵性犯罪非常嚴重的不利影響。此外,預計將有上累犯預防的,因此各種性犯罪的一個顯著的不利影響。
情況不兩國停止。不久,它會影響到世界各地的國家和地區。這就是為什麼,在全世界人民的對立面,讓我們放棄日韓“協議”給日本政府


2015 년 12 월 28 일 한일 '합의'는 일본 · 한국 · 미국의 군사 동맹을 강화하기 위해 피해자를 버린 담합에 지나지 않습니다. 성범죄의 가해자가 책임을 제대로 인정하지 않고 약간의 돈으로 성범죄를 "해결"시킨다는 悪例을 만들어 버렸습니다.
이 것을 빼놓을하면 머지 않아 군사 기지 내외에서 군인이 일으키는 성범죄 예방에 매우 심각한 악영향이 예상됩니다. 또한 나아가서는 모든 종류의 성범죄의 재범 방지에도 심각한 악영향이 예상됩니다.
사태는 양국에 그치지 않습니다. 머지 않아 전세계 국가와 지역에 영향을줍니다. 그래서 전세계 사람들의 반대로 일본 정부에 한일 '합의'를 파기시켜보세요!


The Japan - Korea "agreement" on 28th December 2015 is just a bid - rigging bid rigging to victims to strengthen the military alliance of Japan, Korea and the United States. The perpetrators of sexual crime did not properly admit their responsibilities and made a bad example of "resolving" sexual crime with a small amount of money.
By praying for this thing, very serious negative impact is expected on the prevention of sexual offenses that soldiers will cause inside and outside the military base. In addition, serious adverse effects are also expected to prevent repeat offenses of all kinds of sex crimes.
The situation is not limited to bilateral relations. It will affect the countries and areas of the world far away. That's why, let's dismiss the Japan-Korea "agreement" by the Japanese government in opposition to people all over the world!


2015 28 декабря, Японии и Южной Кореи «соглашение» не только делать ставки, такелаж, которые отказались от жертвы в целях укрепления военного союза Японии, Южной Кореи и Соединенных Штатов Америки. Секс преступник не признается должным образом ответственности за преступления, мы создали плохой прецедент, который вызывает незначительное золото в «резолюции» секс преступлений.
Если пропустить эту вещь, ожидается очень серьезное негативное влияние на предотвращение сексуальных преступлений, которые вызывают солдат в ближайшем будущем не военную базу внутри и снаружи. Кроме того, как ожидается, окажет существенное негативное влияние на профилактике рецидива и таким образом, все видах сексуальных преступлений.
Ситуация не останавливается между двумя странами. До тех пор она будет влиять на страны и регионы по всему миру. Вот почему, в противоположность людей по всему миру, давайте отказаться от Японии и Южной Кореи «соглашение» японскому правительству!


2015 28 Disember, Jepun dan Korea Selatan "perjanjian" bukan sahaja untuk membuat tawaran tipuan, yang ditinggalkan mangsa dalam usaha untuk mengukuhkan pakatan tentera Jepun, Korea Selatan dan Amerika Syarikat. Pesalah seks tidak diiktiraf dengan betul tanggungjawab bagi jenayah itu, kami telah mencipta satu precedent buruk yang menyebabkan sedikit emas dalam jenayah seks "ketetapan" adalah.
Jika terlepas perkara ini, ia dijangka kesan buruk yang sangat serius mengenai pencegahan jenayah seksual yang menyebabkan tentera dalam masa terdekat tidak sebuah pangkalan tentera di dalam dan di luar. Di samping itu, ia dijangka memberi kesan sampingan yang ketara ke atas pencegahan kepulangan sakit daripada dan dengan itu semua jenis kesalahan seksual.
Keadaan tidak berhenti antara kedua-dua negara. Tidak lama kemudian ia akan memberi kesan kepada negara-negara dan wilayah di seluruh dunia. Itulah sebabnya, pada yang bertentangan dengan orang di seluruh dunia, mari kita membuang "perjanjian" Jepun-Korea Selatan kepada kerajaan Jepun!


2015 28 tháng 12, Nhật Bản và Hàn Quốc "thỏa thuận" không chỉ đấu thầu gian lận, mà bỏ rơi nạn nhân nhằm tăng cường liên minh quân sự của Nhật Bản, Hàn Quốc và Hoa Kỳ. Sex người phạm tội không được công nhận đúng trách nhiệm của tội phạm, chúng tôi đã tạo ra một tiền lệ xấu gây ra nhẹ vàng trong tội phạm tình dục "độ phân giải" này.
Nếu bỏ lỡ điều này, nó được dự kiến sẽ ảnh hưởng xấu rất nghiêm trọng đến công tác phòng chống tội phạm tình dục gây ra những người lính trong tương lai gần không phải là một căn cứ quân sự bên trong và bên ngoài. Bên cạnh đó, nó được dự kiến sẽ có một tác động tiêu cực đáng kể đối với phòng ngừa tái phạm và do đó tất cả các loại tội tình dục.
Tình hình không chỉ dừng lại giữa hai nước. Chẳng bao lâu nó sẽ ảnh hưởng đến các quốc gia và vùng lãnh thổ trên thế giới. Đó là lý do tại sao, ở đối diện của những người xung quanh thế giới, chúng ta hãy loại bỏ các Nhật Bản-Hàn Quốc "thỏa thuận" cho chính phủ Nhật Bản!


2015 ခုနှစ်ဒီဇင်ဘာလ 28 ရက်, ဂျပန်နှင့်တောင်ကိုရီးယား၏ "သဘောတူညီချက်" ဂျပန်, တောင်ကိုရီးယားနှင့်အမေရိကန်ပြည်ထောင်စု၏စစ်ရေးမဟာမိတ်ခိုင်မာစေရန်အလို့ငှာသားကောင်စွန့်ပစ်သောမသမာမှုများနှငလေလံဆွဲရန်သာဖြစ်ပါသည်။ လိင်ပြစ်မှုကျူးလွန်သူကိုစနစ်တကျရာဇဝတ်မှုများ၏တာဝန်အသိအမှတ်ပြုမထားဘူး, ကျနော်တို့လိင်ပြစ်မှုများ "resolution ကို" တွင်ရွှေအနည်းငယ်နေသည်ဖြစ်စေဆိုးထုံးတမ်းစဉ်လာကိုဖန်တီးထားသည်။
လွဲချော်ဤအမှုကိုဆိုပါကအတွင်းအပြင်နှင့်ပြင်ပရှိမစစ်အခြေစိုက်စခန်းမဝေးတော့တဲ့အနာဂတ်ကာလ၌စစ်သားဖြစ်ပေါ်စေသည်ဟုလိင်ပိုင်းဆိုင်ရာပြစ်မှုများများ၏ကာကွယ်တားဆီးရေးအပေါ်အလွန်လေးနက်သောဆိုးရွားသောသက်ရောက်မှုရန်မျှော်လင့်နေသည်။ ထို့အပြင်ခုနှစ်, ထိုသို့ recidivism ကြိုတင်ကာကွယ်ရေးအပေါ်သိသိသာသာဆိုးရွားသောသက်ရောက်မှုများနှင့်လိင်ပိုင်းဆိုင်ရာပြစ်မှုများ၏အရှင်အမျိုးမျိုးရှိသည်ဖို့မျှော်လင့်ရသည်။
အခြေအနေနှစ်နိုင်ငံအကြားရပ်တန့်မထားဘူး။ ရှည်လျားခြင်းမပြုမီကကမ္ဘာတစ်ဝှမ်းရှိနိုင်ငံများတွင်နှင့်တိုင်းဒေသကြီးများကိုထိခိုက်ပါလိမ့်မယ်။ ဒါကဘာကြောင့်, ကမ္ဘာတစ်ဝှမ်းရှိလူများ၏ဆန့်ကျင်ဘက်မှာမယ့်ဂျပန်အစိုးရ၏မှ Japan-တောင်ကိုရီးယား "သဘောတူညီချက်" ဖယ်ပါစေပဲ!


2015 28 Desember dari Jepang dan Korea Selatan "perjanjian" tidak hanya untuk tawaran-tali-temali, yang ditinggalkan korban untuk memperkuat aliansi militer Jepang, Korea Selatan dan Amerika Serikat. Seks pelaku tidak diakui benar tanggung jawab kejahatan, kami telah menciptakan preseden buruk yang menyebabkan sedikit emas dalam kejahatan seks "resolusi" adalah.
Jika lewatkan hal ini, diharapkan untuk efek samping yang sangat serius tentang pencegahan kejahatan seksual yang menyebabkan tentara dalam waktu dekat tidak sebuah pangkalan militer di dalam dan luar. Selain itu, diharapkan memiliki efek negatif yang signifikan terhadap pencegahan residivisme dari dan dengan demikian semua jenis kejahatan seksual.
Situasi tidak berhenti antara kedua negara. Sebelum lama akan mempengaruhi negara dan wilayah di seluruh dunia. Itu sebabnya, di balik orang di seluruh dunia, mari kita membuang Korea Jepang-Selatan "kesepakatan" kepada pemerintah Jepang!


2015 Disyembre 28, ng Japan at South Korea "kasunduan" ay hindi lamang mag-bid-mga palubid at palayag, na nilisan ang biktima upang palakasin ang militar alyansa ng Japan, South Korea at Estados Unidos. Sex-sala ay hindi kinikilala ng maayos ang mga responsibilidad ng krimen, lumikha kami ng isang masamang alinsunuran na nagiging sanhi ng bahagyang ginto sa sex krimen "resolution" ay.
Kung makaligtaan ang bagay na ito, ito ay inaasahan na napakaseryosong mga salungat na epekto sa pag-iwas sa sekswal na krimen na naging sanhi ng mga sundalo sa malapit na hinaharap ay hindi isang militar na base sa loob at sa labas. Bilang karagdagan, ito ay inaasahan na magkaroon ng makabuluhang salungat na epekto sa risidibismo pag-iwas sa at sa gayon ay ang lahat ng uri ng sekswal na pagkakasala.
Sitwasyon ay hindi hihinto sa pagitan ng dalawang bansa. Bago katagal ay makakaapekto sa mga bansa at rehiyon sa buong mundo. Iyon ang dahilan kung bakit, sa tapat ng mga tao sa buong mundo, hayaan itapon natin ang Japan-South Korea "agreement" sa pamahalaan ng Japan!


28 december 2015 Roh Japan en Zuid-Korea "overeenkomst" bladeren, Japan, Zuid-Korea en de Verenigde Staten Roh militaire alliantie wo versterking van het reservoir soortgelijke schade Sha wo verlaten andere tuigage twee alleen Mase beneden. Zedendelicten Roh daders Sha mot verantwoordelijkheid wo goed herkend figuur, iets Roh goud uit zedenmisdrijven wo "oplossing" is om slechte voorbeeld wo made hand Toyuu het weg is beter de andere.
Als missen dit ding, zal dit naar verwachting zeer ernstig negatief effect hebben op de preventie van seksuele misdaden die soldaten veroorzaken in de nabije toekomst niet een militaire basis binnen en buiten. Bovendien wordt verwacht dat een significant negatief effect hebben op recidive voorkomen en dus allerlei seksuele misdrijven te hebben.
Situatie stopt niet tussen de twee landen. Het duurde niet lang het zal invloed hebben op de landen en regio's over de hele wereld. Dat is de reden waarom, aan de overzijde van mensen over de hele wereld, laten we gooi de Japan-Zuid-Korea "akkoord" om de Japanse regering!


28 ديسمبر 2015، من اليابان وكوريا الجنوبية "اتفاق" ليس فقط لمحاولة تزوير، التي تخلت عن الضحية من أجل تعزيز التحالف العسكري من اليابان وكوريا الجنوبية والولايات المتحدة. لم يتم التعرف مرتكبي الجرائم الجنسية بشكل صحيح من مسؤولية الجريمة، وقد انشأنا سابقة سيئة أن يسبب طفيف للذهب في "القرار" الجرائم الجنسية هو.
إذا تدع هذا الشيء، فإنه من المتوقع أن تأثير سلبي خطير جدا على الوقاية من الجرائم الجنسية التي تسبب الجنود في المستقبل القريب ليس قاعدة عسكرية في الداخل والخارج. وبالإضافة إلى ذلك، فإنه من المتوقع أن يكون لها تأثير سلبي كبير على الوقاية من العود، وبالتالي جميع أنواع الجرائم الجنسية.
لا يتوقف الوضع بين البلدين. قبل فترة طويلة وسوف تؤثر على البلدان والمناطق في جميع أنحاء العالم. لهذا السبب، على العكس من الناس في جميع أنحاء العالم، دعونا تجاهل "اتفاق" اليابان وكوريا الجنوبية إلى الحكومة اليابانية!


2015 28 dicembre del Giappone e la Corea del Sud "accordo" non è solo per la manipolazione delle offerte, che ha abbandonato la vittima al fine di rafforzare l'alleanza militare del Giappone, la Corea del Sud e Stati Uniti. Sex Offender non viene riconosciuto correttamente la responsabilità del delitto, abbiamo creato un precedente che provoca leggera d'oro nella "risoluzione" crimini sessuali è.
Se perdete questa cosa, ci si aspetta di molto grave effetto negativo sulla prevenzione dei reati sessuali che causano i soldati in un prossimo futuro non una base militare dentro e fuori. Inoltre, si dovrebbe avere un significativo effetto negativo sulla prevenzione della recidiva e quindi di tutti i tipi di reati sessuali.
Situazione non si ferma tra i due paesi. In poco tempo che interesserà i paesi e regioni di tutto il mondo. Ecco perché, al contrario di persone in tutto il mondo, cerchiamo di scartare l ' "accordo" Corea del Giappone-Sud per il governo giapponese!


28 de diciembre de 2015, de Japón y Corea del Sur "acuerdo" no es sólo para la manipulación de licitaciones, que abandonó la víctima con el fin de fortalecer la alianza militar de Japón, Corea del Sur y Estados Unidos. Sexo delincuente no se reconoce adecuadamente la responsabilidad del crimen, hemos creado un mal precedente que causa ligera de oro en la "resolución" crímenes es el sexo.
Si se pierda esta cosa, se espera que el efecto adverso grave en la prevención de delitos sexuales que causan soldados en un futuro próximo no una base militar en el interior y el exterior. Además, se espera que tenga un efecto adverso significativo en la prevención de la reincidencia y por lo tanto de todo tipo de delitos sexuales.
La situación no se detiene entre los dos países. En poco tiempo va a afectar a los países y regiones de todo el mundo. Por eso, al contrario de personas en todo el mundo, vamos a descartar el "acuerdo" entre Japón y Corea del Sur-al gobierno japonés!


2015 децембар 28, Јапана и Јужне Кореје "споразум" није само понуде намештање, који напустили жртву у циљу јачања војну алијансу Јапана, Јужне Кореје и Сједињених Америчких Држава. Сексуални преступник не признаје правилно одговорност злочина, створили смо лош преседан који изазива благо злата у сексуални злочин "резолуције" је.
Ако пропустите ову ствар, очекује се да ће веома озбиљан негативан утицај на превенцију сексуалних злочина који изазивају војнике у блиској будућности не војне базе изнутра и споља. Поред тога, очекује се да ће имати значајан негативан ефекат на превенцију рецидив и на тај начин свих врста сексуалних деликата.
Ситуација не зауставља између две земље. Убрзо ће утицати на земље и регионе широм света. Зато, у супротном људи широм света, хајде да одбаците Јапан, Јужна Кореја-"договор" на јапанске владе!


2015 28. decembra v Japonsku a Južnej Kórei "dohody" je nielen bid-rigging, ktorý opustil obeť s cieľom posilniť vojenskú alianciu Japonsko, Južná Kórea a Spojené štáty. Sex páchateľ nie je správne uznal zodpovednosť trestný čin, vytvorili sme zlý precedens, ktorý spôsobuje mierne zlata na sexuálne zločiny "rozlíšením" je.
Pokiaľ si ujsť túto vec, saakáva, že veľmi vážne negatívne vplyvy na prevenciu sexuálnych trestných činov, ktoré spôsobujú vojakmi v blízkej budúcnosti nie vojenskej základne vnútri aj mimo. Okrem toho saakáva, že bude mať významný negatívny vplyv na prevenciu recidívy a tým aj všetky druhy sexuálnych trestných činov.
Situácia sa nezastaví medzi oboma krajinami. Onedlho to bude mať vplyv na krajiny a regióny po celom svete. To je dôvod, prečo na opak ľudí na celom svete, poďme vyradiť Japonsko a Južná Kórea "súhlas" k japonskej vlády!


2015 28. december, na Japonskem in v Južni Koreji "sporazum", je ne samo, da se potegujejo, vrvje, ki je opustila žrtev, da bi okrepili vojaško zavezništvo Japonska, Južna Koreja in ZDA. Seks storilec ni prepoznan pravilno odgovornost kaznivega dejanja, smo ustvarili slab zgled, ki povzroči rahlo zlata v "reševanje" na spolnih zločinov je.
Če zamudite to stvar, se pričakuje, da bo zelo resen neželen učinek na preprečevanje spolnih kaznivih dejanj, ki povzročajo vojakov v bližnji prihodnosti ne vojaško oporišče, znotraj in zunaj. Poleg tega se pričakuje, da ima pomemben negativen učinek na preprečevanje ponovitve kaznivega dejanja in s tem vseh vrst spolnih kaznivih dejanj.
Stanje se ne ustavi med obema državama. Kmalu bo to vplivalo na države in regije po vsem svetu. Zato, na nasprotni ljudi po vsem svetu, pa zavreči "sporazum" na Japonsko in Južno Korejo na japonske vlade!


2015 28. Dezember von Japan und Südkorea „Vereinbarung“ sind nicht nur Abrüsten bieten zu, die das Opfer, um die militärische Allianz von Japan, Südkorea und den Vereinigten Staaten zu stärken aufgegeben. Sexualstraftäter richtig die Verantwortung für das Verbrechen nicht erkannt wird, haben wir einen schlechten Präzedenzfall geschaffen, die in der Sex-Verbrechen „Auflösung“ leichtes Gold verursacht ist.
Wenn diese Sache vermisst, ist zu erwarten, sehr ernste negative Auswirkungen auf der Prävention von sexuellen Verbrechen, die Soldaten in der nahen Zukunft nicht eine Militärbasis innerhalb und außerhalb verursachen. Darüber hinaus wird erwartet, erhebliche negative Auswirkungen auf die recidivism Prävention und damit alle Arten von sexuellen Straftaten haben.
Situation nicht zwischen den beiden Ländern zu stoppen. Schon nach kurzer Zeit wird es die Länder und Regionen auf der ganzen Welt beeinflussen. Deshalb, im Gegenteil von Menschen auf der ganzen Welt, lassen Sie sich die Japan-Südkorea „Vereinbarung“ die japanischen Regierung verwerfen!


2015 Décembre 28, du Japon et « accord » en Corée du Sud est non seulement à un truquage des, qui a abandonné la victime afin de renforcer l'alliance militaire du Japon, la Corée du Sud et les États-Unis. Le délinquant sexuel ne reconnaît pas correctement la responsabilité du crime, nous avons créé un mauvais précédent qui provoque une légère d'or dans les crimes sexuels « résolution » est.
Si manquez pas cette chose, il devrait très grave effet négatif sur la prévention des crimes sexuels qui causent des soldats dans un proche avenir pas une base militaire à l'intérieur et à l'extérieur. En outre, il devrait avoir un effet négatif important sur la prévention de la récidive et donc de toutes sortes d'infrac

9999-01-01

本ブログの主要記事へのリンク(順次更新)


f:id:s3731127306:20180206194426j:image
f:id:s3731127306:20170423171536j:image
f:id:s3731127306:20180206195259j:image



○目次概要引用索引

おすすめ10本(時々かえます)

・「一下士官ビルマ戦記」(1981年、三浦徳平、葦書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150128/1482484219

・「華北戦記 中国であったほんとうの戦争(朝日文庫版)」(1997年、桑島節郎、朝日新聞社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150119/1482484219

・「資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」」(2013年、鈴木裕子編・解説、梨の木舎
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170610/1492240172

・「朝鮮人強制連行の記録」(1965年朴慶植、未來社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150102/1420099354

・「つらい真実 虚構特攻神話」(1983年、小沢郁郎、同成社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20130605/1370381495

・「フェミニズムと戦争:婦人運動家の戦争協力」(1997年鈴木裕子マルジュ社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170807/1502102402




その他読んでほしい本
-------------------------------------------------------------
本多立太郎(元日本兵、平和運動家)氏の投稿
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120410/1334011856
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120409/1333931823

・石田隆至氏&張宏波氏&小林奈緒美氏の「認罪経験の歴史」研究
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141115

・池田正枝(元植民地朝鮮教師、平和運動家)氏の新聞記事の記録と抜粋
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120314/1331695180

・家近良樹(日本近世後期〜近代初期が専門)氏の記事
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20160911/1473538583

使えるリンク先一覧その1

順次更新します。

調べたい単語があったら、以下のサイトすべてで検索することをおすすめする

Google 日本 http://www.google.co.jp/
Yahoo! JAPAN http://www.yahoo.co.jp/

Google翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/
CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所http://ci.nii.ac.jp/
Googleブックス http://books.google.com/?hl=ja
コトバンク http://kotobank.jp/
英和辞典・和英辞典 - Weblio辞書http://ejje.weblio.jp/
斎藤秀三郎熟語本位英和中辞典http://www.babelbible.net/kjvdic/kjvdic.cgi?mode=saito&imode=0&noexpand=0&dictype=ej&page=001
国会会議議事録検索システムhttp://kokkai.ndl.go.jp/
Webcat Plus http://webcatplus.nii.ac.jp/
Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
YouTubeJAPAN  http://www.youtube.com/?gl=JP&hl=ja
KAKEN(科学研究費助成事業データベース) https://kaken.nii.ac.jp/ja/index/


Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで【無料配送】 http://www.amazon.co.jp/
東京都立図書館(論文集の場合、一覧データがでる) http://www.library.metro.tokyo.jp/
Unicode/CJK統合漢字》 漢字検索 http://rtk.art.coocan.jp/cjk/index.html
ウィクショナリー https://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

2018-10-15

告知:ブログ移転のお知らせ

はてなダイアリー」運用停止の予定につき、「はてなブログ」に記事を移転します。その際、不十分な内容と判断した記事を大量削除します。

以下に、移転もしくは削除した記事の一覧を書いておきます。

2018年10月08日〜2018年10月15日:タグ「戦争証言アーカイブス」「国会図書館リサーチ・ナビ」「国会議事録」「マンガ」「長谷川町子」[CiNii][CiNiiブックレット]の記事の削除、[鶴彬][槇村浩]記事の移転と削除、はしりがきメモ40点あまりの記事を削除、新聞記事より抜粋の記事3件・文字起こしの記事2件の移転と削除、
「「転落と再生の奇跡 中国戦犯は如何に生きてきたのか(中国帰還者連絡会 広島岡山支部50年の歩み)」(2003年7月、中国帰還者連絡会広島岡山支部シンセアート株式会社広島日宝製本株式会社)」「「覚醒 戦犯管理所の六年」(1995年、中国帰還者連絡会翻訳編集委員会新風書房)」「「山口県史 史料編 現代1 県民の証言 体験手記編」 (1999年、山口県:編集発行)」「「旧日本軍作戦の記録写真 46枚発見 上海近郊「ゲリラ掃討」「日中戦争 掃討作戦の写真」(2013年08月14日 毎日新聞 1面および24面)」「メモ――朝日新聞の過去の記事を調査したときのメモその1 「国民基金」を中心に (公開は20170402)」「「ある<同時代性> 藤井たけし」(青丘文庫月報No188 2004年6月1日)の紹介」「「働きすぎの時代(岩波新書)」(2005年、森岡孝二岩波書店)」「」「」の削除
2018年10月16日 「「梶村秀樹の「未発の契機」――植民地歴史叙述と近代批判――」(車承棋)の紹介」「「ある元日本軍慰安婦」の回想(3)〜(6)」(吉見義明その他多数)の紹介」「「講演 中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について」(石田米子)の紹介」「「“記憶”と生きる: 元「慰安婦」姜徳景の生涯」(2015年土井敏邦大月書店)」「「黄土の村の性暴力」(2004年、石田米子ほか多数、創土社)」の移転と削除





2018年10月15日、あやまって元記事を削除してしまいました。申し訳ありません。

2018-09-02

メモ――大塚英志氏への批判的コメント、あるいは戦後日本サブカルの竹内好?

最近、主にセクシズムを主に、自己反省を書かれている「オタク」(この単語の意味もかなり広いが、それはおいておく)が少なからずおられる。それはいいことだと思うのだが、私が見るかぎり、東浩紀氏や宮台真司氏はまだともかく、大塚英志氏への批判的コメントは少ない。私もあまり勉強していないが、とりあえずメモしておく。以下メモへの批判はできるかぎり対応する予定である。

まず、山本七平への好意的引用(「メディアミックス化する社会」にて)。これを読んだときは本当に驚いた。

沖縄への視線鹿野政直氏と比較すれば、奇妙さは明白。沖縄文学がまったく抜け落ちている。「戯曲人類館」すら言及がないらしいのである! これはあまりにも奇怪なことである。

朴裕河事件への大塚氏の批判はないらしい。


人を救うことができる”何か”は、人を殺すこともできる。文化は、必ずそういう性格をもつ。文化は無力ではない、だからこそ恐ろしくもある

母語といわれる最初の言葉を使えることは、なにか偶然のものである。このことに大塚氏はたぶん気が付いていない。母語でつまずくことの重要性。
日本人が日本語を話すことができるのは、必然的ではない。いいかえれば、なにか根本的に偶然であることを決して否定できない。もっといえば、いの国の人が「ろ」語や「は」語ではなく「い」語を話すことができるのは、なにか偶然ということがつきまとう。たとえば新自由主義はこのことを指摘しても何の問題もないのに、指摘できなかった。

隠ぺいから改ざんまで堕落すること、よき建前を放棄すること。それは他がどうであれ、文化の崩壊の始まりである。


日本語を降りる、ということ。
あなたが(わたしが)が、何々語をはなすことができるというのは、なにか偶然性なことがらに過ぎない。
生き残る権利と衝突するならば、一度降りたってかまわない。

メモ――「歴史修正主義とサブカルチャー」について

公開メモを書きながらのほうが考えがまとまる、と思ったので、ここに公開することにした。どうせこんな記事など、読む人はほとんどいないだろう。



新潮45の件。これを商業主義と言ってしまうと、的を外すだろう。ここで発言者が欲しがっているのは、金よりも発言力なのである。その背景には、あらゆる知的権威が半壊状態の現代社会で、どうやって説得力を根拠づけるのか、という問題、そして市場原理新自由主義の問題がある(これは大きすぎるだろうが)。このようなメディア環境の特徴の一つは、使い捨てのカリスマ」とでもいうべきものである。もし、杉田水脈が何らかの理由で失脚したとしよう。現在の杉田の支持者たちはそれでも支持し続けるだろうか? 私はほぼ確実にしないと考えている。別の「カリスマ」を支持することになると思う。勘違いしてはいけない、(1)支持者の”俗情(開き直りともいう)”を吸い上げて(2)”ひとまとめ”にしてくれる「カリスマ」だから支持するのであって、この二つのどちらかが欠けたら「カリスマ」の座から確実に転落する。
このタイプの「カリスマ」にはもう一つ、必然的な弱点がある。「絶対に負けるわけにはいかない」ということである。それを認めれば最後、「カリスマ」では物事の真実性より説得力を優先するのだから、それは当然と言えば当然なのだが、この弱点の悪質性は極めて大きい。「しゃべりつづけなければならない」「しゃべらないやつはいないも同然」というメッセージを社会に向けて強烈に発信すること。これが公共性という社会の原理を破壊しないわけがないのである。現在の日本社会レイシズムの社会だ、というのはひょっとしたら核心部分を突いていないのではないかと、私は考えている。正確に言えばこうだ、「現代の日本社会は、社会自身を壊している社会だ」


言語(特に文字)は、あらゆる血統原理と何の関係もない。この当たり前の原理を人はよく忘れる。ひょっとしたら、一生忘れたままかもしれない。しかし、考えてみれば、言語と血統原理と何の関係もないこと、そして言語が二種類以上あるということは、きわめて奇妙な事態なのである。
思考実験をしてみよう。A国人とB国人がそれぞれC語とD語を話しているとする。ある日、神のいたずらか、A国人がD語の読み書き、C国人がC語の読み書きしかできなくなったとする。その日以前に作成されたすべての文字資料・音声資料はすべてそのままである。また、A国人はC語を離せなくなったことに気がついているし、B国人はD語を離せなくなったことも気がついている。この語どうなるか? 私の予想では、初期の混乱はともかく、もとのA国人―C語+B国人―D語の構図に戻ることはないだろうと考える。それは現実的に不可能というよりは、言語の連続性原理からいって不可能なのである。そして、数百年後には、A国人―’D語+B国人―’C語、つまりそれぞれの言語が何らかの大きな変貌を遂げることになるだろうと考える。幕末期の「日本語」に外来語が大量に入ったことで、150年後にいまここで書いているような「日本語」になった、という事実を例にイメージしてもらえればいい。「言語の輪郭が変った」といっていいかもしれない。

想起説の奇妙さ。

昔の人たちは、言葉には「ことだま」が宿っていると考えた。私はこれを笑わない。ただし、「ことだま」はどこか遠くにあるのではない。本当は、いたるところに”ある”。

男性は妊娠しない。あたりまえではある。しかし、なぜだろう? 私は本当に奇妙なことだと考える

中西新太郎氏の解説に似ている。ただし、新自由主義については直接の言及はなし。

アマチュアの両義性、知の権威性と信用性の関係、
新自由主義に魂を撃ったアマチュアは権威主義と等しく堕落である。
ただし、アマチュアリズム自体は否定できない。それは近代の知の歴史をみてもはっきりしている。

マチズモ絶対勝利史観」は、きつい言い方になるが「弾圧万能史観」と同じである。少なくとも、まだ説明されるべきことがらが残っている。

私は鏡をまじまじとみて、奇妙に思う。「ああ、自分は鏡をいくらみても、自分がこれこれにとらわれているんだと”わからないでいる”」


亀山氏の「カラマーゾフの兄弟」誤訳問題
橋爪・大澤両氏の「ふしぎなキリスト教」問題
これと歴史修正主義の強大化は絶対に関係がある。

反知性主義という言葉は何かおかしい、まるで(日本に限っても)知性主義(論壇?)がまだ大丈夫であるかのような錯覚をあたえる。断言するが、それは間違いなく錯覚である。それに、教養があれば歴史修正主義を徹底的に批判できるのか、特に性に関する問題について。これは大いに疑問だ。


歴史修正主義がなぜ悪なのか→<私>の闇、<私たち>の闇、<近代>の闇がどれほどのものなのかがわからなくあってしまうから、というのが一つの答えである。これは(私の理解では)ベンヤミンの考えたことである。



歴史修正主義によって、何が見えなくなるのか。これははっきりさせたい。神ならぬ人間は自分のことをすべて知っているわけではない。古くて新しい「汝、我を知れ」。


P035→やはりか
P082→酒井隆史 「アマチュアリズムが知識人の権威を、アマチュアというだけで否定する、というポストモダン? な事態」


ファノンの名言「植民地主義は体系的なアイデンティティ抹殺であって、被植民者に《自分が何者なのか》と絶えず問わさせることになる(大意)」をもじっていうならば、「宗主国人は、自分が何ほどのことをしでかしたかわからず、何ほどのことすらできないかもわからず、そしていつ・なぜ自分が”何者”になったかがわからない」
いくら倫理主義者といわれても、最後の問は重要だと私は判断する。
私は”いつのまにか”日本語を話せていて日本人になっていて、何が日本人であるかどうか証明しているのかもわからないのに、とにかく日本人だと考えているのである。なんだか実存主義哲学パロディのような問題だが、おそらくこれは政治哲学の重要問題であろう。
近代国家ならば、いつの時点で国家が成立したのか宣言できるはずであるし、実際にアメリカフランスは(一応)できる。そこに、国民と国民出ないものの(恣意的な)差があるにしても。しかし、日本の場合はもっとあいまいである、いや混とんとしているといったほうがいいかもしれない。それに、明治日本国家が”何月何日に”成立したのかよく知らない人がほとんどである。



高木仁三郎氏の名著を反歴史修正主義に応用する

原発事故はなぜくりかえすのか」をもじっていうならば、「歴史修正主義はなぜまちがいをくりかえすのか、そもそも”何を”まちがえているのか?」特定集団への差別意識? それはおそらく”せますぎる”


新自由主義と国民登録の法の自由の範囲について
なぜ、百重国籍は不可能なのか?本当に不可能なのか?私はつまらない冗談を言っているのではない。本気である。
また、百重民族は不可能なのか? 言語の交換性は一応成立するうえに、神秘的かつ一貫的な言語の核心性は認められないのに。
たしかに、いわゆる普通の日本人は生まれた瞬間に普通の日本人になるのではない。それに、ある時点で普通の日本人の条件を満たしていたとして、ある条件を満たしたときに、本人のまったく知らないうちに日本国籍や日本戸籍を失い、普通の日本人でなくなる可能性が確かにあるのである。
具体的に言えば、日本人の男と日本人の女の間に生まれ、日本語を語ることができかつ書くことができ、(たとえば)正月に餅を食べないとおちつかなくとも、ある条件をみたせば日本国籍・日本戸籍を失わないという保証はどこにもないのである。

たしかに日本人は日本国籍をやめることができる。そして、「日本戸籍をやめる」と言うだけでは不十分である。しかし、なぜだろうか?

日本人がひとりひとり日本国籍をやめて戸籍を放棄して、別国籍・別の住民登録をしていくとする。最後にできないのがいわゆる天皇家の一員たちである。ワシントンの子孫は日本戸籍をとることができるし、とらないこともできる。


ハイデッカーの存在論について。
ハイデッカーが言語に強い関心をもっていたのは有名である。しかし、「言語の違い」がどうしておきるのか、Hの存在論においてその点を考察されているという解説は読んだことがない。
それに、Hの全集をみていくと、題名に登場する人名は、見事に古代ギリシャドイツ哲学者詩人に限定されている。ゴッホ論があるはずなのだが。ラテン語フランス語ロシア語ヘブライ語圏内著述家のものがない。Hの視野の広さを考えてみれば、とても奇妙な印象を受ける。また、Hは牧師の息子なのだから、キリスト教解釈にはヘブライ語が必要なことを知らないとは思えない。
http://www.sobunsha.co.jp/result.html?search=4


言葉や文字に税金をかけることはできない。しかしなぜだろうか?

言葉の支配において、国家が個人より圧倒的に強いのは確実である。しかし、国家が言葉を完全に支配できるわけでないのも確かである。古代ローマ皇帝の逸話。



・私がこの本に注目したのは、歴史修正主義の「やり口」を知りたいということもあるが、もう一つ、1980年代以降の”サブカルチャー”のありように深刻な欠陥があるのではないか、という問題意識があったからである。
サブカルチャー”というより、”メディア環境”といったほうがより正確だろう。現代日本メディア環境は、巨大マスメディアからアングラ傾向のインターネットサイトまで共通する、重大な欠陥がある、そしてそれは狭義の歴史修正主義に限定されない、と私は考えている。ここでつけくわえておくが、私は「商業主義」とか「承認欲求をこじらせた」とかは、せいぜい問題の一部分にすぎないとすら思っている。
この本はその”欠陥”とそのメカニズムを解明する糸口になると思われる。

・私がこの本を読みながら考えたことの一つは、「歴史修正主義は何をいつも間違うのか?」という問題である。
特定集団への公平性? たしかにそれは核心ではあるが、それと同時に「問題の枠組そのもののつかみかた」ということを指摘しなければならないのではないだろうか? ちょうど、核の取扱が他のエネルギーにくらべてはるかに難しいのは確かだが、そのことのみが核産業の危険性のすべてではない(このことは最晩年の高木仁三郎氏が的確に指摘した)ことと同じように。
一例を挙げる。本書第五章で明らかになったように、歴史修正主義者・西岡力1991年8月の金学順氏のカミングアウト(と、その後のカミングアウトの爆発的連鎖)を奇妙なほど軽視している。その原因はおそらくミソジニーではない。むしろ、問題の枠組を党派的に設定しなければ”説得力”を発揮できない「歴史修正主義のやり口」自体に原因がある。
ここでもう一つ補足すべきことは、問題が大きければ大きいほど、歴史修正主義側の問題のつかみかたの歪みが大きくなるということになる。

・倉橋氏はアマチュアリズムの問題を指摘しているが、私にはむしろ、「アマチュアリズムが発言力を確保しようとして、”禁じ手”」ということだと考えている。その”禁じ手”とは何か、ということであるが、本書でおおよそ明らかになったが、それは「売れるパワー」だと考える。それは単なる商業主義とは違う。売れるパワーで優先されるべきことは、金というよりは発言力なのである。発言力が資源なのだともいえる。

・本書ではアマチュアリズムが「加害者」とされているが、「慰安婦」問題史をしらべてみると、これは最大級の皮肉であることがわかる。1991年8月のあのカミングアウト以前に、「戦争犯罪」ならばともかく、「戦時性暴力」「軍事性暴力」の専門家というものは国連司法機関を含めて存在しなかった。これは歴史的事実である。
 そして、1991年8月以前および以後、「戦時性暴力」解明の歴史がいわば突貫作業だったこと、そしてそこで重要な役割をはたした複数のアマチュアが存在したことも、また事実である。

・隠ぺいから改ざんへと進んだら、破局の手前と判断するべき。ほぼまちがない。

・私が1980年代以降のサブカルチャー史と「慰安婦」問題史を重ね合わせると、日本のサブカルチャーがいかに”無能”だったかがはっきりとわかる。
問題の重要性に気がつかない、
問題の枠組みをおもいきりまちがえる、
自分たちの力量であつかえるかどうかもわからない、
証言の読みこみをまるでやらない、
一時資料にろくにあたらない、
過去史どころか現代史もおもいきりまちがえる(そしてそのことにきがつかない)
言っていることになんの奥行きもない(問題の奥行きがわかってないのだから当たり前であるが)、
解決」という言葉を考えなしに使う
最終的に隠ぺいどころか改ざんにまで手を出す、

金と時間と人員があるにもかかわらず、これだけ失策を重ねた集団に、いったいどれだけの判断力を期待できるというのか? 確かにハイカルチャーも実態は同じようなものであるのだが、そんなことだけ同じでは先はない。せめて、「自分たちの力量ではあつかえないと宣言する」「隠ぺいや改ざんには手を貸さない」の二つだけでも守るべきだった。それを守れなければ、そのカルチャーは根元からくずれてしまう。
 たとえば、ライトノベルズと一般小説の間の距離がなくなるかどうかという問題が一部で論じられているが、そんなことは私にはまったく関心がない。そんなことより、「戯曲人類館」にならぶほどの作品をあと10作書くことのほうが優先されるべきはずではないか。
 私が言っていることはたしかに極端かもしれない。しかし、カルチャーの普遍性とその限界を観察するとき、この問題ほどわかりやすいものはない。もしこの問題の枠組をまちがってとらえ続けるならば、そのカルチャーの未来は、はっきりいって、ない。


・能力がなかった。いいかえれば、できることもできなかった(吉岡斉)。

新自由主義者は「自由はどこまで可能か?」という本を書いたことがある。自由と国家(もしくは社会)の関係はきわめて複雑であるが、おそらくそのことを新自由主義者はある種の”決めつけ”で回避してしまっている。もし、そう批判を超えたければ、「国家が国籍を売り買いするのは自由。百重国籍だって自由である。」「民族意識だって売り買いするのは自由。百重民族意識だって自由である。」「金さえ出せば矛盾する教義の信者にだってなれる。百重だって信者になれる。」「言語の違いなど存在しない、そんなことを信じるのは頭の悪い奴の錯覚である。」「男女の違いなど一切存在しない、そんなことを信じるのは頭の悪い奴の錯覚である。」「真理だって売り買いできる、だから金さえ出せば三角形の内角の合計は360度、ということだって真理にすることができる(もちろんユークリッド幾何学内で」などなど、こういったことを遠慮なく断言すればいい。もちろんここで言ったことは私の仮説であるが、こういったことに答えられない新自由主義者は必然的に、”ハコ”としての国家をだらだらと肯定し続けるしかない。近代の入り口をひらいたホッブススピノザは一応これらの問題に答えようとしていた。少なくとも、「国家の成立」が自明だとはまったく考えていなかった。
個人としては、新自由主義者は、自分は頭がとてもいいと思っていて大口をたたくことが多いわりに、視野がせまくて大した判断力がないところがいくつも見えて、どうしても好きになれない。


・私は、なぜかわからないのだが、自分が神と勘違いする可能性はあるのだが、自分がデカルトだとかスピノザだとかセルバンテスだとかシェークスピアだとか勘違いする可能性は限りなくゼロにちかい。それに、自分が神だと発言したら信じる人がいそうなのだが、自分がデカルトだといっても信じてくれる人はいないだろう。ここで断っておくが、「デカルトのようだ」ではなく、17世紀フランスに生まれヨーロッパのあちこちを旅し『方法序説』その他を書いたあのデカルト本人そのものが私だ、ということである。たしかにどうみても私はデカルトではない。しかしなぜそう断言できるのだろう? 意識は単なる入れ物ではない。

・「普通の日本人」の系譜上にみられる性質。「普通の日本人」の一代前の先祖は日本人であって、二代前〜十代前の先祖も高い確率で日本人だったろう、中国人朝鮮人かフィリピン人だったかのアジア人だったかもしれないが、ヨーロッパの誰かでもないしアフリカの誰かでもないし猿人類やイヌ科の誰かでもない。近代以前では、ないわけではないが、なかなかそういうことは考えにくい。近代以降では、ほとんどの人がたのみもしないのにそういう機会が増えた。



主体より問題が”えらい”。問題こそ公共的である。一人だけしかあてはまらない真理は真理ではない。

スピーチアクトの視点からオルタナティブファクトを分析すること。


学習や受刑は一人でできるかもしれない(多分ちがう)が、労働や問題解決は決してそうはいかない。自信に満ちたN氏はひょっとしたら大東亜共栄圏の夢をみてしまうかもしれない(途中で目が覚めるだろうが)。


・大口をたたく小心者がぞろぞろでてきた。

・売れるパワーとカリスマ性、小林よしのりはその典型的な例。その次が池上彰だとみてよい。そしてそれは未開拓の歴史記述には大変不向きな方法論だ。たんなる商業主義とのちがいは、「できないことがある」とはいえないことだろう。

論破、とは問題を強引に消滅させる方法だとみてよい。

サブカルチャー新自由主義に親和的だった。売れないものはいないも同然、の論理になりがちだったからだ。そのことと真実の発見とはほとんど関係がないのにもかかわらず。

・京都学派に足りなかったのは何か? 国民国家批判論だけではない。生殖哲学言語哲学だろう。とりわけ、言語哲学! まあ、「哲学」と名前をつけるのは大げさではある。ことばについてのある種の驚異(脅威?)を感じることが必要であった。梶村秀樹は、やむをえずではあるが、この驚異を確かに感じとり、持続させた。


歴史修正主義を平板にとらえてしまっているのではないだろうか? 歴史修正主義自体が平板なのだからしょうがないのだが。歴史修正主義といっても、複数の要因があるはずであるし、個々の社会状況と切り離されているわけではない。むしろ、個々の社会を映し出す鏡かもしれない。いや、積極的に鏡とすべきだろう。


中心的日本人の構成原理について。
日本人の男と日本人の女から日本人が生まれる。このことがすでにおかしいのである。一種の消去法というか、近似でしかない。
近代国家は、共産主義国家をふくめて血統原理を完全に放棄したことなどない。そういう意味で、天皇制の血統原理は、ある種の”模範例”といえる。問題なのは、この”日本人の輪郭”が、ないとはいわないまでも、ある種の通過点でしかないということである。まして、ある種の真理性など
これは、言語の違いを例とするとよりみえてくる。
「生まれるところをえらべない」 これが人間最初の不条理、国家の秘密


歴史の風化、この言葉を私は半分は認めるが、もう半分は断固拒否する。そうでないと歴史の詐術がみえてこない。

2018-09-01

「サザエさんをさがして」全6巻(2006年〜、朝日新聞be編集グループ、朝日新聞出版)

サザエさんをさがして」(2005年)

はじめに
カラーテレビ   002
ゴミ収集   006
お酒   010
女性週刊誌   014
ちゃぶ台   018
押し売り   022
正座   026
たばこ   030
きもの   034
海外旅行   038
お嫁さん   042
学園紛争   046
停電   050
お中元   054
選挙   058
敬語   062
漫画   066
男性化粧品   070
クーラー   074
光化学スモッグ   078
ワッペンブーム   082
夏休みの宿題   086
ほうき   090
電話   094
おはぎ   098
デパート   102
台風   106
バナナ   110
株   114
マイホーム   118
西部劇   122
番犬   126
ジョニ黒   130
パン食   134
ボーナス   138
忘年会   142
餅つき   146
マッチ   150
皇室   154
ストーブ   158
たき火   162
ゴキブリ   166
競馬   170
スキー   174
受験   178
育児書   182
御用聞き   186
美空ひばり   190
卒業式   194
お魚   198



-----------------------------------------

サザエさんをさがして その2」(2006年)

恐妻   002
青少年   006
美人   010
街頭紙芝居   014
手作り服   018
ドラ猫   022
精神安定剤   026
縁側   030
婦人   034
畳たたき   038
外国人   042
女装   046
ノーネクタイ   050
美容体操   054
海水浴   058
東京タワー    062
タクシー   066
ハエ捕り紙   070
新婚旅行   074
美容整形   078
CMソング   082
げた   086
大相撲   090
郵便屋さん   094
育毛剤   098
スパルタ教育   102
エチケット   106
風呂   110
便所   114
小遣い   118
夜道   122
定年   126
美術展   130
みどりのおばさん   134
電気冷蔵庫   138
3億円事件   142
障子張り   146
カズノコ   150
長谷川町子   154
モテ男   158
美容院   162
推理小説   166
パパ、ママ   170
ネズミ   174
少子化   178
上司   182
ハイセイコー   186
山本有三   190
原節子   194
マザコン   198


-----------------------------------------

またまたサザエさんをさがして(2007年)

はじめに
一億総中流 002
いたずら 006
帽子 010
タロ、ジロ 014
ぬかるみ 018
万博 022
伝言板 026
電気釜 030
街頭録音 034
雪男 038
谷岡ヤスジ 042
校庭の映画会 046
ちんどん屋 050
二世帯同居 054
おサル電車 058
蚊帳 062
カブトムシ 066
首相の引き際 070
氷屋 070
冷や麦 078
エレキブーム 082
大食堂 086
としよりの日 090
チクロ 094
エッチ 098
過熱取材 102
寝台車 106
パズル 110
花嫁衣裳で実家を出る 114
駐車場 118
ペコちゃん 122
順法闘争 126
石焼き芋 130
岡田嘉子 134
マージャン 138
カツオ節削り器 142
インスタントラーメン 146
獅子舞 150
しつけ 154
反抗期 158
経済評論家 162
湯たんぽ 166
メタボリック 170
テトラパック入り牛乳 174
ハチ公 178
火鉢 182
質屋 186
半ズボン 190
国際結婚 194
集団就職 198


-----------------------------------------

サザエさんパンダを見に行く サザエさんをさがしてその4」(2009年)

はじめに
傘   008
パンダ   012
アンポ   016
磯野フネ   020
植木等   024
駄菓子屋   028
お手伝いさん   032
電報   036
ペニシリン   040
フラフープ   044
世論調査   048
登山   052
不快指数   056
3本立て   060
キセル   064
LPレコード   068
修整写真   072
ゲバゲバ90分   076
山下清   080
サマータイム   084
自動販売機   088
リヤカー   092
学校給食   096
女性と規範   100
マツタケ   104
脚気   108
ハッスル   112
田河水泡   116
スーパーマン   120
郵政監察   124
ワイン   128
手塚治虫   132
ローマ風呂   136
ぼけ   140
河上哲治   144
自動ドア   148
三船敏郎   152
羽根つき   156
火の用心   160
テレビアニメ   164
お受験   168
カイロ   172
物干し台   176
寄席   180
低温ブーム   184
路面電車   188
「病原豚」騒動   192
海老さま   196
金の自由化   200
とんち教室   204

-----------------------------------------

サザエさんをさがして5 原っぱで夕焼けを見ていた頃(2010年)

はじめに 003
ウーマンリブ 010
原っぱ 016
風呂敷 022
伝書バト 028
シミーズ 034
大久保清事件 040
ご飯 046
南極観測 052
冠婚葬祭入門』 058
アドバルーン 064
ミネラルウオーター 070
氷柱 076
ホタル 082
往診 088
エスカレーターガール 094
ホットパンツ 100
ゴルフ 106
洗髪 112
落書き 118
肥満児 124
桜新町 130
喫茶店 136
ダイヤル177 142
節電 148
ジャパマ 154
たたき売り 160
大東京祭 166
たどん 172
居酒屋 178
ホテル 184
観光写真屋さん 190
パチンコ 196
イクラちゃん 202
月賦 208
大根足 214
クリスマス 220
林芙美子 226
四コマ漫画 232
靴磨き 238
昼食 244
007 250