Hatena::ブログ(Diary)

s3731127306の資料室

9999-12-31

意見広告:第二:危険な4つの法律を1日も早く否定しよう! (20170616)

(以前書いてあった「メモ」は捨てました。申し訳ありません)


2013年12月06日:特定機密保護法
2015年09月19日:安全保障関連法
2017年06月09日:退位特例法
2017年06月15日:組織犯罪処罰法(改正案)


この4つは《きわめて》危険な法律です。一日も早く否定せねばなりません。日本の有権者はもちろん、在日外国人のみなさんも、いろいろの理由で日本にこられるいろいろのかたがたも”標的”にされる可能性が高いです。否定にむけて長いたたかいになるでしょうが、筆者もがんばりますので、反対の立場のみなさんもがんばりましょう!



○反対理由
・特定機密保護法→http://synodos.jp/faq/7064
安全保障関連法→http://anti-security-related-bill.jp/ann.html
・退位特例法→http://www.jrcl.net/frame170605c.html
・組織犯罪処罰法(改正案)→http://synodos.jp/politics/19853

関連:http://nohimituho.exblog.jp/24547896/

意見広告 20151228の日韓”合意”を破棄させよう! (初投稿 20170424)(謝罪広告 20170429)

 2015年12月28日の日韓合意”は、日本・韓国アメリカ軍事同盟を強化するために被害者を見捨てた談合にすぎません。性犯罪の加害者が責任をきちんと認めず、わずかの金で性犯罪を”解決”させるという悪例をつくってしまいました。
 このことをみのがせば、遠からず軍事基地内外で兵士がおこす性犯罪の防止に非常に重大な悪影響が予想されます。また、ひいてはすべての種類の性犯罪の再犯防止にも重大な悪影響が予想されます。
 事態は二国間にとどまりません。遠からず世界中の国と地域に影響します。だからこそ、世界中の人々の反対で、日本政府日韓合意”を破棄させましょう!


2015年12月28日,日本和韩国的“协议”的不仅是串通投标,它摒弃了受害者,以加强日本,韩国和美国的军事同盟。性犯罪者没有正确认识到犯罪的责任,我们已经创建了一个恶劣的先例,导致轻微的黄金在性犯罪“决议”是。
如果错过这个东西,它有望在预防,在不久的将来没有一个军事基地造成内外士兵性犯罪非常严重的不利影响。此外,预计将有上累犯预防的,因此各种性犯罪的一个显著的不利影响。
情况不两国停止。不久,它会影响到世界各地的国家和地区。这就是为什么,在全世界人民的对立面,让我们放弃日韩“协议”给日本政府


2015年12月28日,日本和韓國的“協議”的不僅是串通投標,它摒棄了受害者,以加強日本,韓國和美國的軍事同盟。性犯罪者沒有正確認識到犯罪的責任,我們已經創建了一個惡劣的先例,導致輕微的黃金在性犯罪“決議”是。
如果錯過這個東西,它有望在預防,在不久的將來沒有一個軍事基地造成內外士兵性犯罪非常嚴重的不利影響。此外,預計將有上累犯預防的,因此各種性犯罪的一個顯著的不利影響。
情況不兩國停止。不久,它會影響到世界各地的國家和地區。這就是為什麼,在全世界人民的對立面,讓我們放棄日韓“協議”給日本政府


2015 년 12 월 28 일 한일 '합의'는 일본 · 한국 · 미국의 군사 동맹을 강화하기 위해 피해자를 버린 담합에 지나지 않습니다. 성범죄의 가해자가 책임을 제대로 인정하지 않고 약간의 돈으로 성범죄를 "해결"시킨다는 悪例을 만들어 버렸습니다.
이 것을 빼놓을하면 머지 않아 군사 기지 내외에서 군인이 일으키는 성범죄 예방에 매우 심각한 악영향이 예상됩니다. 또한 나아가서는 모든 종류의 성범죄의 재범 방지에도 심각한 악영향이 예상됩니다.
사태는 양국에 그치지 않습니다. 머지 않아 전세계 국가와 지역에 영향을줍니다. 그래서 전세계 사람들의 반대로 일본 정부에 한일 '합의'를 파기시켜보세요!


The Japan - Korea "agreement" on 28th December 2015 is just a bid - rigging bid rigging to victims to strengthen the military alliance of Japan, Korea and the United States. The perpetrators of sexual crime did not properly admit their responsibilities and made a bad example of "resolving" sexual crime with a small amount of money.
By praying for this thing, very serious negative impact is expected on the prevention of sexual offenses that soldiers will cause inside and outside the military base. In addition, serious adverse effects are also expected to prevent repeat offenses of all kinds of sex crimes.
The situation is not limited to bilateral relations. It will affect the countries and areas of the world far away. That's why, let's dismiss the Japan-Korea "agreement" by the Japanese government in opposition to people all over the world!


2015 28 декабря, Японии и Южной Кореи «соглашение» не только делать ставки, такелаж, которые отказались от жертвы в целях укрепления военного союза Японии, Южной Кореи и Соединенных Штатов Америки. Секс преступник не признается должным образом ответственности за преступления, мы создали плохой прецедент, который вызывает незначительное золото в «резолюции» секс преступлений.
Если пропустить эту вещь, ожидается очень серьезное негативное влияние на предотвращение сексуальных преступлений, которые вызывают солдат в ближайшем будущем не военную базу внутри и снаружи. Кроме того, как ожидается, окажет существенное негативное влияние на профилактике рецидива и таким образом, все видах сексуальных преступлений.
Ситуация не останавливается между двумя странами. До тех пор она будет влиять на страны и регионы по всему миру. Вот почему, в противоположность людей по всему миру, давайте отказаться от Японии и Южной Кореи «соглашение» японскому правительству!


2015 28 Disember, Jepun dan Korea Selatan "perjanjian" bukan sahaja untuk membuat tawaran tipuan, yang ditinggalkan mangsa dalam usaha untuk mengukuhkan pakatan tentera Jepun, Korea Selatan dan Amerika Syarikat. Pesalah seks tidak diiktiraf dengan betul tanggungjawab bagi jenayah itu, kami telah mencipta satu precedent buruk yang menyebabkan sedikit emas dalam jenayah seks "ketetapan" adalah.
Jika terlepas perkara ini, ia dijangka kesan buruk yang sangat serius mengenai pencegahan jenayah seksual yang menyebabkan tentera dalam masa terdekat tidak sebuah pangkalan tentera di dalam dan di luar. Di samping itu, ia dijangka memberi kesan sampingan yang ketara ke atas pencegahan kepulangan sakit daripada dan dengan itu semua jenis kesalahan seksual.
Keadaan tidak berhenti antara kedua-dua negara. Tidak lama kemudian ia akan memberi kesan kepada negara-negara dan wilayah di seluruh dunia. Itulah sebabnya, pada yang bertentangan dengan orang di seluruh dunia, mari kita membuang "perjanjian" Jepun-Korea Selatan kepada kerajaan Jepun!


2015 28 tháng 12, Nhật Bản và Hàn Quốc "thỏa thuận" không chỉ đấu thầu gian lận, mà bỏ rơi nạn nhân nhằm tăng cường liên minh quân sự của Nhật Bản, Hàn Quốc và Hoa Kỳ. Sex người phạm tội không được công nhận đúng trách nhiệm của tội phạm, chúng tôi đã tạo ra một tiền lệ xấu gây ra nhẹ vàng trong tội phạm tình dục "độ phân giải" này.
Nếu bỏ lỡ điều này, nó được dự kiến sẽ ảnh hưởng xấu rất nghiêm trọng đến công tác phòng chống tội phạm tình dục gây ra những người lính trong tương lai gần không phải là một căn cứ quân sự bên trong và bên ngoài. Bên cạnh đó, nó được dự kiến sẽ có một tác động tiêu cực đáng kể đối với phòng ngừa tái phạm và do đó tất cả các loại tội tình dục.
Tình hình không chỉ dừng lại giữa hai nước. Chẳng bao lâu nó sẽ ảnh hưởng đến các quốc gia và vùng lãnh thổ trên thế giới. Đó là lý do tại sao, ở đối diện của những người xung quanh thế giới, chúng ta hãy loại bỏ các Nhật Bản-Hàn Quốc "thỏa thuận" cho chính phủ Nhật Bản!


2015 ခုနှစ်ဒီဇင်ဘာလ 28 ရက်, ဂျပန်နှင့်တောင်ကိုရီးယား၏ "သဘောတူညီချက်" ဂျပန်, တောင်ကိုရီးယားနှင့်အမေရိကန်ပြည်ထောင်စု၏စစ်ရေးမဟာမိတ်ခိုင်မာစေရန်အလို့ငှာသားကောင်စွန့်ပစ်သောမသမာမှုများနှငလေလံဆွဲရန်သာဖြစ်ပါသည်။ လိင်ပြစ်မှုကျူးလွန်သူကိုစနစ်တကျရာဇဝတ်မှုများ၏တာဝန်အသိအမှတ်ပြုမထားဘူး, ကျနော်တို့လိင်ပြစ်မှုများ "resolution ကို" တွင်ရွှေအနည်းငယ်နေသည်ဖြစ်စေဆိုးထုံးတမ်းစဉ်လာကိုဖန်တီးထားသည်။
လွဲချော်ဤအမှုကိုဆိုပါကအတွင်းအပြင်နှင့်ပြင်ပရှိမစစ်အခြေစိုက်စခန်းမဝေးတော့တဲ့အနာဂတ်ကာလ၌စစ်သားဖြစ်ပေါ်စေသည်ဟုလိင်ပိုင်းဆိုင်ရာပြစ်မှုများများ၏ကာကွယ်တားဆီးရေးအပေါ်အလွန်လေးနက်သောဆိုးရွားသောသက်ရောက်မှုရန်မျှော်လင့်နေသည်။ ထို့အပြင်ခုနှစ်, ထိုသို့ recidivism ကြိုတင်ကာကွယ်ရေးအပေါ်သိသိသာသာဆိုးရွားသောသက်ရောက်မှုများနှင့်လိင်ပိုင်းဆိုင်ရာပြစ်မှုများ၏အရှင်အမျိုးမျိုးရှိသည်ဖို့မျှော်လင့်ရသည်။
အခြေအနေနှစ်နိုင်ငံအကြားရပ်တန့်မထားဘူး။ ရှည်လျားခြင်းမပြုမီကကမ္ဘာတစ်ဝှမ်းရှိနိုင်ငံများတွင်နှင့်တိုင်းဒေသကြီးများကိုထိခိုက်ပါလိမ့်မယ်။ ဒါကဘာကြောင့်, ကမ္ဘာတစ်ဝှမ်းရှိလူများ၏ဆန့်ကျင်ဘက်မှာမယ့်ဂျပန်အစိုးရ၏မှ Japan-တောင်ကိုရီးယား "သဘောတူညီချက်" ဖယ်ပါစေပဲ!


2015 28 Desember dari Jepang dan Korea Selatan "perjanjian" tidak hanya untuk tawaran-tali-temali, yang ditinggalkan korban untuk memperkuat aliansi militer Jepang, Korea Selatan dan Amerika Serikat. Seks pelaku tidak diakui benar tanggung jawab kejahatan, kami telah menciptakan preseden buruk yang menyebabkan sedikit emas dalam kejahatan seks "resolusi" adalah.
Jika lewatkan hal ini, diharapkan untuk efek samping yang sangat serius tentang pencegahan kejahatan seksual yang menyebabkan tentara dalam waktu dekat tidak sebuah pangkalan militer di dalam dan luar. Selain itu, diharapkan memiliki efek negatif yang signifikan terhadap pencegahan residivisme dari dan dengan demikian semua jenis kejahatan seksual.
Situasi tidak berhenti antara kedua negara. Sebelum lama akan mempengaruhi negara dan wilayah di seluruh dunia. Itu sebabnya, di balik orang di seluruh dunia, mari kita membuang Korea Jepang-Selatan "kesepakatan" kepada pemerintah Jepang!


2015 Disyembre 28, ng Japan at South Korea "kasunduan" ay hindi lamang mag-bid-mga palubid at palayag, na nilisan ang biktima upang palakasin ang militar alyansa ng Japan, South Korea at Estados Unidos. Sex-sala ay hindi kinikilala ng maayos ang mga responsibilidad ng krimen, lumikha kami ng isang masamang alinsunuran na nagiging sanhi ng bahagyang ginto sa sex krimen "resolution" ay.
Kung makaligtaan ang bagay na ito, ito ay inaasahan na napakaseryosong mga salungat na epekto sa pag-iwas sa sekswal na krimen na naging sanhi ng mga sundalo sa malapit na hinaharap ay hindi isang militar na base sa loob at sa labas. Bilang karagdagan, ito ay inaasahan na magkaroon ng makabuluhang salungat na epekto sa risidibismo pag-iwas sa at sa gayon ay ang lahat ng uri ng sekswal na pagkakasala.
Sitwasyon ay hindi hihinto sa pagitan ng dalawang bansa. Bago katagal ay makakaapekto sa mga bansa at rehiyon sa buong mundo. Iyon ang dahilan kung bakit, sa tapat ng mga tao sa buong mundo, hayaan itapon natin ang Japan-South Korea "agreement" sa pamahalaan ng Japan!


28 december 2015 Roh Japan en Zuid-Korea "overeenkomst" bladeren, Japan, Zuid-Korea en de Verenigde Staten Roh militaire alliantie wo versterking van het reservoir soortgelijke schade Sha wo verlaten andere tuigage twee alleen Mase beneden. Zedendelicten Roh daders Sha mot verantwoordelijkheid wo goed herkend figuur, iets Roh goud uit zedenmisdrijven wo "oplossing" is om slechte voorbeeld wo made hand Toyuu het weg is beter de andere.
Als missen dit ding, zal dit naar verwachting zeer ernstig negatief effect hebben op de preventie van seksuele misdaden die soldaten veroorzaken in de nabije toekomst niet een militaire basis binnen en buiten. Bovendien wordt verwacht dat een significant negatief effect hebben op recidive voorkomen en dus allerlei seksuele misdrijven te hebben.
Situatie stopt niet tussen de twee landen. Het duurde niet lang het zal invloed hebben op de landen en regio's over de hele wereld. Dat is de reden waarom, aan de overzijde van mensen over de hele wereld, laten we gooi de Japan-Zuid-Korea "akkoord" om de Japanse regering!


28 ديسمبر 2015، من اليابان وكوريا الجنوبية "اتفاق" ليس فقط لمحاولة تزوير، التي تخلت عن الضحية من أجل تعزيز التحالف العسكري من اليابان وكوريا الجنوبية والولايات المتحدة. لم يتم التعرف مرتكبي الجرائم الجنسية بشكل صحيح من مسؤولية الجريمة، وقد انشأنا سابقة سيئة أن يسبب طفيف للذهب في "القرار" الجرائم الجنسية هو.
إذا تدع هذا الشيء، فإنه من المتوقع أن تأثير سلبي خطير جدا على الوقاية من الجرائم الجنسية التي تسبب الجنود في المستقبل القريب ليس قاعدة عسكرية في الداخل والخارج. وبالإضافة إلى ذلك، فإنه من المتوقع أن يكون لها تأثير سلبي كبير على الوقاية من العود، وبالتالي جميع أنواع الجرائم الجنسية.
لا يتوقف الوضع بين البلدين. قبل فترة طويلة وسوف تؤثر على البلدان والمناطق في جميع أنحاء العالم. لهذا السبب، على العكس من الناس في جميع أنحاء العالم، دعونا تجاهل "اتفاق" اليابان وكوريا الجنوبية إلى الحكومة اليابانية!


2015 28 dicembre del Giappone e la Corea del Sud "accordo" non è solo per la manipolazione delle offerte, che ha abbandonato la vittima al fine di rafforzare l'alleanza militare del Giappone, la Corea del Sud e Stati Uniti. Sex Offender non viene riconosciuto correttamente la responsabilità del delitto, abbiamo creato un precedente che provoca leggera d'oro nella "risoluzione" crimini sessuali è.
Se perdete questa cosa, ci si aspetta di molto grave effetto negativo sulla prevenzione dei reati sessuali che causano i soldati in un prossimo futuro non una base militare dentro e fuori. Inoltre, si dovrebbe avere un significativo effetto negativo sulla prevenzione della recidiva e quindi di tutti i tipi di reati sessuali.
Situazione non si ferma tra i due paesi. In poco tempo che interesserà i paesi e regioni di tutto il mondo. Ecco perché, al contrario di persone in tutto il mondo, cerchiamo di scartare l ' "accordo" Corea del Giappone-Sud per il governo giapponese!


28 de diciembre de 2015, de Japón y Corea del Sur "acuerdo" no es sólo para la manipulación de licitaciones, que abandonó la víctima con el fin de fortalecer la alianza militar de Japón, Corea del Sur y Estados Unidos. Sexo delincuente no se reconoce adecuadamente la responsabilidad del crimen, hemos creado un mal precedente que causa ligera de oro en la "resolución" crímenes es el sexo.
Si se pierda esta cosa, se espera que el efecto adverso grave en la prevención de delitos sexuales que causan soldados en un futuro próximo no una base militar en el interior y el exterior. Además, se espera que tenga un efecto adverso significativo en la prevención de la reincidencia y por lo tanto de todo tipo de delitos sexuales.
La situación no se detiene entre los dos países. En poco tiempo va a afectar a los países y regiones de todo el mundo. Por eso, al contrario de personas en todo el mundo, vamos a descartar el "acuerdo" entre Japón y Corea del Sur-al gobierno japonés!


2015 децембар 28, Јапана и Јужне Кореје "споразум" није само понуде намештање, који напустили жртву у циљу јачања војну алијансу Јапана, Јужне Кореје и Сједињених Америчких Држава. Сексуални преступник не признаје правилно одговорност злочина, створили смо лош преседан који изазива благо злата у сексуални злочин "резолуције" је.
Ако пропустите ову ствар, очекује се да ће веома озбиљан негативан утицај на превенцију сексуалних злочина који изазивају војнике у блиској будућности не војне базе изнутра и споља. Поред тога, очекује се да ће имати значајан негативан ефекат на превенцију рецидив и на тај начин свих врста сексуалних деликата.
Ситуација не зауставља између две земље. Убрзо ће утицати на земље и регионе широм света. Зато, у супротном људи широм света, хајде да одбаците Јапан, Јужна Кореја-"договор" на јапанске владе!


2015 28. decembra v Japonsku a Južnej Kórei "dohody" je nielen bid-rigging, ktorý opustil obeť s cieľom posilniť vojenskú alianciu Japonsko, Južná Kórea a Spojené štáty. Sex páchateľ nie je správne uznal zodpovednosť trestný čin, vytvorili sme zlý precedens, ktorý spôsobuje mierne zlata na sexuálne zločiny "rozlíšením" je.
Pokiaľ si ujsť túto vec, saakáva, že veľmi vážne negatívne vplyvy na prevenciu sexuálnych trestných činov, ktoré spôsobujú vojakmi v blízkej budúcnosti nie vojenskej základne vnútri aj mimo. Okrem toho saakáva, že bude mať významný negatívny vplyv na prevenciu recidívy a tým aj všetky druhy sexuálnych trestných činov.
Situácia sa nezastaví medzi oboma krajinami. Onedlho to bude mať vplyv na krajiny a regióny po celom svete. To je dôvod, prečo na opak ľudí na celom svete, poďme vyradiť Japonsko a Južná Kórea "súhlas" k japonskej vlády!


2015 28. december, na Japonskem in v Južni Koreji "sporazum", je ne samo, da se potegujejo, vrvje, ki je opustila žrtev, da bi okrepili vojaško zavezništvo Japonska, Južna Koreja in ZDA. Seks storilec ni prepoznan pravilno odgovornost kaznivega dejanja, smo ustvarili slab zgled, ki povzroči rahlo zlata v "reševanje" na spolnih zločinov je.
Če zamudite to stvar, se pričakuje, da bo zelo resen neželen učinek na preprečevanje spolnih kaznivih dejanj, ki povzročajo vojakov v bližnji prihodnosti ne vojaško oporišče, znotraj in zunaj. Poleg tega se pričakuje, da ima pomemben negativen učinek na preprečevanje ponovitve kaznivega dejanja in s tem vseh vrst spolnih kaznivih dejanj.
Stanje se ne ustavi med obema državama. Kmalu bo to vplivalo na države in regije po vsem svetu. Zato, na nasprotni ljudi po vsem svetu, pa zavreči "sporazum" na Japonsko in Južno Korejo na japonske vlade!


2015 28. Dezember von Japan und Südkorea „Vereinbarung“ sind nicht nur Abrüsten bieten zu, die das Opfer, um die militärische Allianz von Japan, Südkorea und den Vereinigten Staaten zu stärken aufgegeben. Sexualstraftäter richtig die Verantwortung für das Verbrechen nicht erkannt wird, haben wir einen schlechten Präzedenzfall geschaffen, die in der Sex-Verbrechen „Auflösung“ leichtes Gold verursacht ist.
Wenn diese Sache vermisst, ist zu erwarten, sehr ernste negative Auswirkungen auf der Prävention von sexuellen Verbrechen, die Soldaten in der nahen Zukunft nicht eine Militärbasis innerhalb und außerhalb verursachen. Darüber hinaus wird erwartet, erhebliche negative Auswirkungen auf die recidivism Prävention und damit alle Arten von sexuellen Straftaten haben.
Situation nicht zwischen den beiden Ländern zu stoppen. Schon nach kurzer Zeit wird es die Länder und Regionen auf der ganzen Welt beeinflussen. Deshalb, im Gegenteil von Menschen auf der ganzen Welt, lassen Sie sich die Japan-Südkorea „Vereinbarung“ die japanischen Regierung verwerfen!


2015 Décembre 28, du Japon et « accord » en Corée du Sud est non seulement à un truquage des, qui a abandonné la victime afin de renforcer l'alliance militaire du Japon, la Corée du Sud et les États-Unis. Le délinquant sexuel ne reconnaît pas correctement la responsabilité du crime, nous avons créé un mauvais précédent qui provoque une légère d'or dans les crimes sexuels « résolution » est.
Si manquez pas cette chose, il devrait très grave effet négatif sur la prévention des crimes sexuels qui causent des soldats dans un proche avenir pas une base militaire à l'intérieur et à l'extérieur. En outre, il devrait avoir un effet négatif important sur la prévention de la récidive et donc de toutes sortes d'infractions sexuelles.
Situation ne se limite pas entre les deux pays. Avant longtemps, il aura une incidence sur les pays et régions du monde. Voilà pourquoi, à l'opposé des gens du monde entier, nous allons jeter la Corée du Sud-Japon « accord » au gouvernement japonais!


2015 28. decembra u Japanu i Južnoj Koreji "sporazum" je ne samo da se nadmeću namještanju, koji je napustio žrtve u cilju jačanja vojnog saveza Japana, Južne Koreje i Sjedinjenih Američkih Država. Seksualni prestupnik nije ispravno prepoznat odgovornost kriminala, stvorili smo loš presedan koji izaziva blago zlata u "rezoluciji" seksualnih zločina je.
Ako propustite ovo, očekuje se da će vrlo ozbiljan negativan uticaj na prevenciju seksualnih zločina koji uzrokuju vojnika u bliskoj budućnosti ne vojnu bazu unutar i izvan. Osim toga, očekuje se da će imati značajan negativan utjecaj na prevenciju recidiva u i na taj način sve vrste seksualnih delikata.
Situacija ne zaustavi između dvije zemlje. Ubrzo će uticati na zemalja i regija širom svijeta. Zato, na suprotnom ljudi širom svijeta, da odbacite "sporazum" Japan-Južna Koreja japanske vlade!


December MMXV XXVIII, qui et Meridionalis Korea Japan, "concordia", non solum invitandi sunt, amisso clavo, quae relicta est ut victimam et pro societate belli confirma Japan, Auster Korea et United States. Proprie conscientia criminis reus sexus cogniti sumus exempli causa creati sex facinoribus parum auri "consilium" est.
Si deesset hoc expectatur gravissima crimina concubitus ne adversa effectus in causa non milites militum basi extra proximo. Praeterea, illud a significant adversa effectus in expectat ut recidivism cavendum ne existeret, et sic omnes coniunctiones sexuales largitor admitte.
Non prohibere situ inter duo terris. Ante diu non afficit illum per regiones et regionibus circa mundi. Hoc est cur, in contrarium de populi per orbem: et Meridionalis Korea, Japan scriptor abiicias per "concordia" in Iaponica regimen?







Google翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
http://fightforjustice.info/?page_id=4178
http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20080912/p1

------------------------------------------------------------

謝罪広告

 本ブログ筆者は、2015年12月28日の”日韓合意”の問題点を十分に理解せず、即座に反対声明を出すことができませんでした。それは、加害国国民としての意識をもっていたことで、「被害者との根本的な思考の差」「加害を徹底的に反省していない政府をもつ加害国民の思考の危険性」を認識しきれていないことが根本的原因です。この1カ月ほど、”日韓合意”関連報道および資料を再確認することで、この”合意”が日韓米の軍事同盟のための《野合》にすぎず、直接には軍事性暴力の再発防止と逆行するものであることを確信しました。
 ここに、本ブログ筆者は「加害国国民の危険な思考」をもっていたこと・放置していたことをここに認め、謝罪を示します。そして、この「危険な思考」を批判するための資料を本ブログで掲載する作業をしつづけることを宣言します。

 ここでこの謝罪広告をだしたのは、この「危険な思考を批判する作業」をする人が一人でも増えて欲しいからです。特に、加害国国民がその作業を”死ぬまで”続けるという事実は重大な重みを持つと筆者は考えます。どうか本ブロク読者のみなさま、よろしくおねがいします。


 


[20170424 01回目 たくさんの言語で呼びかけをした。順番はてあたりしだい。どこまでひろまるかわからないが、あとで後悔しないためにもやっておいた。あとでまた言語を追加する予定]
[20170429 02回目 謝罪広告。やはりきちんと謝罪することが大事だと結論づけた。]

日本政府への「s3731127306」に対する謝罪文請求

第1回目:20170628
第2回目:20170628、(3)に「在日朝鮮人に対する差別の未根絶」の分を追加、「100万2000円」→「110万2000円」、「メモ」の追加
第3回目:20170930、「第3目標期限まで」の一応の設定とメモ
第4回目:20180221、記事の題名変更、「ブロク作成者「s3731127306」は、日本政府に対し、各種”待たせ賃”「110万2000円」と明確であいまいさのない”待たせた”ことへの「謝罪(を明記した文書)」を要求する。→日本政府への「s3731127306」に対する謝罪請求
第5回目:「江華島事件」を追加

日本政府への「s3731127306」に対する謝罪請求

 大日本帝国政府日本軍は、日本軍慰安所」において、一連の重大な国際法違反をしました。敗戦後、大日本帝国政府の法的責任を連続するはずの日本国政府は、今もなお一連の重大な国際法違反を明確かつ誤解の余地のない公開声明で認めていません。
 私、「s3731127306」は数年前から、上に書いた国際法違反の継続を認識しておりました。2018年02月21日きょう、改めてこの法的事実を認めます。判断主体としての人間として、かつ特に日本の有権者として、日本政府国際法違反の継続に対する法的責任をこの公開の場で認めます。
 そのうえで、本日から改めて、日本政府に対して、「s3731127306」あての謝罪文を要求します。謝罪文の内容は、「日本軍慰安所」制度のかくかくの国際法違反の事実および、敗戦後の国際法違反の不認定の継続。この二点を公開で認めそれに反対する人間に対する謝罪文」です。これは一種の「(日本政府に対する)座り込み」です。その代用としての金銭および栄典は一切お断りします。国際法違反の直接の被害当事者への公開謝罪賠償・責任者処罰・記憶事業と、同時に謝罪文を受けとることを、「s3731127306」個人としては望みます。
 別の国際法違反に対する謝罪文の要求も予定しております。
(日付にとくに意味はありません。決心した日だというだけです)

追加:「江華島事件」を請求理由に追加

付記
・この問題の被害当事者(現在確認されているだけで1904年〜1929年の期間生まれ)に、「s3731127306」は道理の面で完敗したことをはっきり認めた。それを認めて何がおかしい?
(「1904年」は誤記ではないについては『日本人「慰安婦」』のP152〜153を参照)
・勲章なんてものが頼まれなくてもくるのに、謝罪文が頼まなくてはこないのはおかしい。
・「s3731127306」という名前が残ることはほとんどまったく関心がないが、方法が残るかどうかはとても関心がある。

添付文書001:「文明と野蛮(京都文教大学人間学研究所2003年度公開講演会) 」
https://ci.nii.ac.jp/naid/110004614721






1945年8月15日以降の日本社会において、いくつかの重要な脱戦争・脱植民地化のうごきがありましたが、それはすべて日本政府主導ではなく有権者有志の主導によるものでした。それも、被害当事者からの意見に長い時間をかけてでもむきあった家永三郎氏や梶村秀樹氏などごく少数のものが、結局のところ歴史的にも不動の価値を示しました。加害者には被害者のことはわからない、とはいいますが、”絶対に”ではないことを実例で示すことで、いわば後輩たちの逃げ道を断っているといえます。これは別の意味でいえば、”はげまし”であります。日本政府は、この人たちに並ぶことより逆走することに多大な労力をつぎこんできました。多数の日本人たちも、何を信用すべきか”2つを”比較して判断できず、日本政府側に賛同してしまっている事態がつづいています。日本政府はこの人たちに”正式に追いつく”べきであります。このことを筆者個人が、多大な痛みをもってでも、しるします。(20180128追記)


所属国家が法的犯罪を犯したとき、構成員は判例形成のために最大限の尽力をすべきである。それは、犯罪の被害者(所属の共同体)との最低限の信用形成のために絶対必要である。
筆者s3731127306は、日本政府の国家犯罪の判例構成のために微力ながら尽力することを決心する。その前提として、これまで判例構成の必要性を認識・決断することができずにいた。このことは大は日本政府の宣伝の結果だが、小ながら確かに存在するのは、日本政府正当性・成立根拠を決定的に破壊することで、これまでの”生活全体”が維持できなくなるのではないかというおそれがあった。しかし、それは被害当事者の主体性と被害事実を否定することであり、また結局のところ、日本社会他者との信用再構築に決定的欠陥をうむ。かつ、これまでの世界観のまちがいを正確かつ的確に認め、超長期間の更新をつづけるという非常に困難だが不可能でない方法で、信用再構築は可能であることが、ごく少数の実例から示されている。これは筆者たちに逃げ道が絶たれていることを示している。
のに過去に、その前例を打破した人たちにはげまされ、今ここに宣言する。あったはずの判例を構成に尽力し、「新しい世界観」「新しい”仲間(物理的には遠くとも)”」を形成することを宣言する。
(20180131追記、はしりがき)



”待たせ賃”一覧
(1)請求者「s3731127306」(以下、請求者と略す)は被害当事者に当然支払われるべき賠償金のごく一部を”前払い”した形になるので、請求者に”後払い”せよ。詳細がわからなくなったので、とりあえず1000円を要求する。
(2)日本政府が当然すべき、再発防止・記憶事業にかかる費用を”前払い”したので、請求者に”後払い”せよ。具体的には、関係資料の電子化である。「一覧」に題名を添付しておく。最低額として1000円を要求する。またこれに関係して、記念館の建設などの再発防止事業の”前払い”費用もこの「1000円」に含めているが、日本政府の過去および未来の行動に対する請求者の判断を根拠として、今後増額することも考えている。
(3)(1)および(2)の請求を「待たせ」ていることに対する「待たせ賃」10万円。これは、1日後でも500年後でも10万円のままである。
(4)国家の怠慢・国家間の合意などで関係者をごまかしたりして被害当事者を「待たせ」ていることは、加害国”有権者”の「平和に生きる権利」「加害者にならないための権利」を侵害している。日韓条約アジア女性基金日韓合意治安維持法被害者の未救済・公娼制度被害者の未救済・アイヌ民族に対する差別の未根絶・沖縄に対する差別の未根絶・在日朝鮮人に対する差別の未根絶部落差別の未根絶をとりあえず設定して10×9=90万円。追加予定あり。特に韓国以外の「慰安婦」に関する問題も関係づけたい。
(5)日本政府および都道府県政治家官僚ヘイトスピーチおよび歴史修正主義発言を防止・および処罰しないことによる加害国”有権者”の「他者からの信用の暴落」に対する賠償金として10万円。賠償額の内訳については改めて検討したい。


○まとめ○
請求者は、被請求者・日本政府に対して、合計110万2000円を請求する。



「一覧」
・「横浜裁判一覧」328件のケースの情報の電子化
・撫順戦犯管理所において書かれた戦犯の手記66点(約1000ページ分)
・撫順戦犯管理所と太原戦犯管理所において書かれた戦犯の供述書(2017年06月28日現在で約120ページ、今後も追加予定)
治安維持法被害者の鶴彬の著作物約600ページ分


謝罪請求の具体的なかみ、および注記の文章
[1]上の(1)〜(5)において、日本軍慰安婦」などの被害当事者が求めている、賠償をはじめとした「要求」の減額などは一切みとめない。
[2]上の(1)〜(5)において、請求者の請求を認めた理由および”待たせた”理由を書いた文書を「明確かつあいまいさのない文章で公開して」発行せよ。これにかわる措置は一切みとめない。請求者の名誉および社会的地位の”上昇”を代用しようとする措置は特に念入りに念入りに否定される。
[3]時効は一切みとめない。そもそもこの要求は、被害当事者の寿命を”人質にとる”戦略に対する対抗措置である。
[4]この要求は、特定の政府以外の組織にも適用することが可能であると請求者は考える。たとえば、企業・民間軍事企業・民間団体をよそおった政府関係団体、特定政府と同調する民間団体が事例である。
[5]賠償金は1000回払い、毎月1回とする。1回1円以上、支払い方法は請求者のみに決定権がある。
[6]どうせ、安倍首相をはじめとした歴史修正主義者たちはガタガタいってくるだろうから、できるかぎり高く要求を求めることにする。もちろん、請求の裏づけ理由はそのたびにきちんとつけることにする。もともと、日本がすべてなくなるほどの被害である。
[7]約100年前において、1918年終結第一次世界大戦における戦時性暴力・1919年の三一独立運動に対する大規模弾圧という植民地支配責任を裁くことは当時、ほとんどの人間が考えていなかったし考えられなかった。国際法はもっと発展させる必要がある。特に、不払い・未清算の放置を防止する法的措置において、特にそうだと請求者は考えている。
[8]要求内容は請求者がすべて決める。要求を認めるかどうかは、結局のところ、被請求者の”主体”にかかっている。
[9]支払い通貨の指定権利もまた請求者が決める。「福沢諭吉」の肖像を見たくない請求者もいる可能性はありうる。
[10]請求者の人数の上限は一切みとめない。また、国籍条項などは一切みとめない。このことによって、要求を総合すると非常に莫大なものになるが、これは罰金とみなしてほしい。また、各人(もちろん、直接の被害当事者をのぞく)の権利の譲渡を認める。このことによって、原理的には1000年でも被請求者(たとえば日本政府)に対して請求可能である。


メモ
・なぜもっとはやく、この方法に気がつかなかったのだろう? この原因はもっと強く追求されるべきだ。

----------------------------------------------------------------------

メモ
・慣習方としての請求額10分の1規定、金目当てとゴチャゴチャいわれないために
・慣習法としての「請求者からの減額」、そのかわりに被請求者に「減額をしたことを必ず認めさせる」、書類を大量に抱えておくことはいろいろ不都合がある。


反省文
「私、s3731127306、は日本政府国会議員に対する有権者でありながら、日本政府の過去の戦争犯罪植民地支配犯罪に対するサボタージュに対して、明確かつあいまいさのない抗議文、そしてその怠慢行為に対してアジア各地の被害者への個人としての反省文を公開しておりませんでした。本日、2017年07月19日、当ブログにて、アジア各地の被害者への”個人”としての反省を示す当文章を公開し、今後、よりいっそう強く日本政府に対し過去の国家犯罪の清算作業を行うことを求めます。その際に、清算作業の”まえばらい”をおこないます。」


----------------------------------------------------------------------
私の目標期日

第1、2115年12月28日、(100年後)
第2、2515年12月28日、(近代の年月、500年分)
第3、西暦102015年12月28日、(人類の歴史の一区切り、100000年分、これでも足りないかもしれない)

メモ、もしこの要求が受け入れられないならばどうなるか。私自身の考えでは簡単である。「東アジアの崩壊か、それとも日本政府の明確かつあいまいさないの謝罪か」→「破滅か謝罪か」、つきつめればこの2つのどちらかではない。これは、私個人の考えでは、極端でも何でもない、長い目でありのままに歴史を見れば、明らかすぎるほど明らか、その”はず”である。




2017年07月19日、第二回目、追加。

9999-01-01

本ブログの主要記事へのリンク(順次更新)


f:id:s3731127306:20180206194426j:image
f:id:s3731127306:20170423171536j:image
f:id:s3731127306:20180206195259j:image



○目次概要引用索引

おすすめ10本(時々かえます)

・「一下士官ビルマ戦記」(1981年、三浦徳平、葦書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150128/1482484219

・「華北戦記 中国であったほんとうの戦争(朝日文庫版)」(1997年、桑島節郎、朝日新聞社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150119/1482484219

・「資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」」(2013年、鈴木裕子編・解説、梨の木舎)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170610/1492240172

・「朝鮮人強制連行の記録」(1965年、朴慶植、未來社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150102/1420099354

・「つらい真実 虚構の特攻神話」(1983年、小沢郁郎、同成社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20130605/1370381495

・「フェミニズムと戦争:婦人運動家の戦争協力」(1997年鈴木裕子マルジュ社)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170807/1502102402




その他読んでほしい本

・「秋田県における朝鮮人強制連行」(2005年、野添憲治、社会評論社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150204/1482484403

・「秋田の朝鮮人強制連行」(1999年、野添憲治、彩流社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150205/1482484403

・「悪魔の日本軍医」(1982年、石田新作、山手書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150122/1482484219

・「近代民衆の記録6 満州移民」(1978年、山田昭次:編、新人物往来社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150126/1482484219

・「従軍慰安婦・内鮮結婚―性の侵略・戦後責任を考える」(1992年、鈴木裕子未来社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170809/1502259315


・「戦塵」(2002年、著:仁木靖武 編:仁木武子、新風書房
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150120/1482484219

・「戦争責任ジェンダー:「自由主義史観」と日本軍慰安婦」問題」(1997年鈴木裕子未来社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/99990101/1503622069

・「朝鮮人学徒出陣」(1997年姜徳相岩波書店
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150117/1482484219

・「朝鮮人強制連行」(2011年岩波書店、外村大)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150123/1482484219


・「当事者が書いた強制連行」(1999年、鄭皙仁、彩流社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150129/1482484403

・「日本の歴史」01巻〜26巻(1965年井上光貞・土田直鎮・石田進・佐藤進一・井上清・色川大吉ほか、中央公論社
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20150230/1482484403
-------------------------------------------------------------

梶村秀樹

タグ:[梶村秀樹]でくくっている

・「なぜ朝鮮人が日本に住んでいるのか」
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120315/1331796368


○鶴彬

タグ:[鶴彬]でくくっている


○槇村浩

タグ:[槇村浩]でくくっている


○聞書水俣民衆史

タグ:[聞書水俣民衆史]でくくっている


日本軍性奴隷制度(予定含む)

・性奴隷とは何か: シンポジウム全記録 (Fight for Justiceブックレット)
・Q&A 朝鮮人慰安婦」と植民地支配責任: あなたの疑問に答えます (FJブックレット)
・“平和の少女像”はなぜ座り続けるのか (ffjブック)
・沖縄戦場の記憶と「慰安所」
・忘却のための「和解」―『帝国の慰安婦』と日本の責任
・「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人
・「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)
日本軍慰安婦」問題の核心
・平和を希求して
・日本人「慰安婦」―愛国心と人身売買と

・「“記憶”と生きる: 元「慰安婦」姜徳景の生涯」(2015年土井敏邦大月書店
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170414/1492169407
・文玉珠(ムン・オクチュ)―ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 (教科書に書かれなかった戦争)
・NHK番組改変と政治介入


・「資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」」(2013年、鈴木裕子編・解説、梨の木舎)
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170610/1492240172




・「日本軍慰安婦」をどう教えるか
フェミニズム入門(大越愛子)
・100冊が語る「慰安所」・男のホンネ
・文玉珠(ムン・オクチュ)[旧版]
・沖縄の占領と日本の復興
・継続する植民地主義
・歴史と責任
・ポストコロニアリズムジェンダー
・現代フェミニズムエシックス
・脱暴力へのマトリックス
・戦後思想のポリティクス
・花に水をやってくれないかい?―日本軍慰安婦」にされたファン・クムジュの物語
・「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス
従軍慰安婦従軍看護婦(広田和子)

従軍慰安婦吉見義明

-------------------------------------------------------------
◎戦犯裁判関連資料

●横浜戦犯裁判
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141116/1416099570
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141118/1416307327
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141119/1416392275
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141120/1416478173
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141121/1416563762
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141122/1416641657
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141123/1416699582

●フィリピン戦犯裁判
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170810/1502347915
-------------------------------------------------------------

◎供述書

●R・M
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170815
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170818

●Y・M
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170326/1490347967

●S・Y
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170325/1490347967

●N・H
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20170225/1488071637



-------------------------------------------------------------
本多立太郎(元日本兵、平和運動家)氏の投稿
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120410/1334011856
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120409/1333931823

・石田隆至氏&張宏波氏&小林奈緒美氏の「認罪経験の歴史」研究
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20141115

・池田正枝(元植民地朝鮮の教師、平和運動家)氏の新聞記事の記録と抜粋
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120314/1331695180

・家近良樹(日本近世後期〜近代初期が専門)氏の記事
http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20160911/1473538583

梶村秀樹(朝鮮近世後期〜近代初期の経済史が専門、活動家としてのほうが著名)氏の新聞記事の記録と抜粋

http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120315/1331796375

使えるリンク先一覧その1

順次更新します。

調べたい単語があったら、以下のサイトすべてで検索することをおすすめする

Google 日本 http://www.google.co.jp/
Yahoo! JAPAN http://www.yahoo.co.jp/

Google翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/
CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所http://ci.nii.ac.jp/
Googleブックス http://books.google.com/?hl=ja
コトバンク http://kotobank.jp/
英和辞典・和英辞典 - Weblio辞書http://ejje.weblio.jp/
斎藤秀三郎『熟語本位英和中辞典』http://www.babelbible.net/kjvdic/kjvdic.cgi?mode=saito&imode=0&noexpand=0&dictype=ej&page=001
国会会議議事録検索システムhttp://kokkai.ndl.go.jp/
Webcat Plus http://webcatplus.nii.ac.jp/
Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
YouTubeJAPAN  http://www.youtube.com/?gl=JP&hl=ja
KAKEN(科学研究費助成事業データベース) https://kaken.nii.ac.jp/ja/index/


Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで【無料配送】 http://www.amazon.co.jp/
東京都立図書館(論文集の場合、一覧データがでる) http://www.library.metro.tokyo.jp/
Unicode/CJK統合漢字》 漢字検索 http://rtk.art.coocan.jp/cjk/index.html
ウィクショナリー https://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8



各言語の入門サイト、順番は一応公平性をたもつためwikipediaの左横表記順(まちがいのご指摘おねがいします)

・NHKゴガク https://www2.nhk.or.jp/gogaku/

・英語の文法 http://mysuki.jp/grammer-basis-154
韓国語を最短ルートでマスターする勉強法まとめ!効率的な学習の方法 http://coneru-web.com/how-to-study/
アラビア語 http://aagata.ciao.jp/arabiago/assalaam/index.html
・東外大言語モジュールtop > ビルマ語 http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/my/index.html
・フィリピノ語を基礎から独習するサイト http://pilipino.nobody.jp/mag-aral/
中国語入門(恋する中国) http://www.togenkyo.net/modules/study/




http://artic.or.jp/index.html
NPO法人植民地支配・侵略の被害者証言 を記録する会」」
↑一口3000円






保存――分子生物学の教材動画「garlandscience」のスクリプト http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20130405/1365122390



Google マップ - 地図 https://maps.google.co.jp/


・日本人戦犯の中国侵略に関する供述(45人分)http://japanese.cri.cn/781/2014/07/03/Zt145s223191.htm
・The Written Confessions of the Japanese War Criminals http://www.saac.gov.cn/zt/zfbg/index.htm

東アジアの永遠平和のために (「帝国の慰安婦」関連の記事が充実) http://east-asian-peace.hatenablog.com/


・FIGHT FOR JUSTICE http://fightforjustice.info/
・한국정신대문제대책협의회(挺身隊対策協議会) http://www.womenandwar.net/contents/main/main.asp
・中国「慰安婦博物館開館のニュース http://news.sina.com.cn/c/2016-10-22/doc-ifxwzpsa8374126.shtml
・阿嬤家  https://www.twrf.org.tw/amamuseum/
・中国慰安妇研究中心(中国慰安婦研究センター) http://cmsmag.shnu.edu.cn/Default.aspx?tabid=6631&language=zh-CN
・婦女救援基金會(台湾:婦女救援基金会)Taipei Women's Rescue Foundation https://www.twrf.org.tw/tc/index.php
・E-歴史館(韓国女性部作成) http://www.hermuseum.go.kr/japan/ (元「慰安婦」33人の証言が読むことができる。そのうち、「ムン・オクチュハルモニの証言」「キム・ハクスン」は1993年に出版された「証言 強制連行された朝鮮人慰安婦たち」に収録されたものとほぼ同じものである。おそらく朝鮮語の証言資料を日本語に翻訳するときに翻訳の違いがでたのだろうと推測される)
・関釜裁判を支援する会 http://kanpusaiban.bit.ph/(「PDF版 『関釜裁判ニュース』 全号」でpdf版のニュース資料が読むことができる)
・東北亜歴史ネット http://contents.nahf.or.kr/japanese/;jsessionid=2F4D98F940915F5EACFAEE401F83B44D
・NPO中帰連平和記念館 https://npo-chuukiren.jimdo.com/
ベルリン自由大学より、中帰連関連資料5冊分(原文日本語) http://www.geschkult.fu-berlin.de/e/japanische_selbstzeugnisse/index.html
・일본군위안부연구회(日本軍慰安婦研究会) http://blog.naver.com/jmssrnetwork (日本語話者はとりあえずgoogle翻訳で”つなわたりのようにのぞきみ”ることを試みるべきだろう)
・wam(アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館) http://wam-peace.org/


日本軍慰安婦」問題解決全国行動 http://www.restoringhonor1000.info/
日本軍慰安婦」問題・関西ネットワーク http://www.ianfu-kansai-net.org/index.html
・「慰安婦」問題ってなーに? 「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク http://kokoronokaihuku.blog.fc2.com/
・YOいっション (YOSHIMI裁判いっしょにアクション) http://www.yoisshon.net/p/blog-page_26.html

アジア女性基金 http://www.awf.or.jp/  ←筆者はかなり批判的だが、やはり徹底的に批判するには、資料を徹底的に読み込まねばならないと考え、ここに登録した。

使えるリンク先一覧その2

・強制動員真相究明ネットワーク http://www.ksyc.jp/sinsou-net/
・国立日帝強制動員歴史館 https://museum.ilje.or.kr/jap/Main.do;jsessionid=E0804AAF7FF1293ABD4FC7B6C6D90320


・戦争証言アーカイブス http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/
・فلسطين في الذاكرة http://www.palestineremembered.com/ar/index.html (English versionあり)

・戦後史証言アーカイブス http://www.nhk.or.jp/postwar/
・NHK東日本大震災アーカイブス http://www9.nhk.or.jp/311shogen/
・NHK動画で見るニッポンみちしる(新日本風土記アーカイブス) http://www.nhk.or.jp/archives/michi/
・沖縄戦70年語り継ぐ未来へ http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/
・NHK名作選みのがしなつかし http://www.nhk.or.jp/archives/
・NHK ECOCHANNEL http://www.nhk.or.jp/eco-channel/
・NHKクリエティブライブラリー http://www1.nhk.or.jp/creative/
・NHKデジタルアーカイブス http://www.nhk.or.jp/archives/digital/
・NHK戦争と平和 http://www.nhk.or.jp/war-peace/
・ヒバクシャの声 http://www.nhk.or.jp/no-more-hibakusha/koe.html
・NAGASAKI×PEACE http://www.nhk.or.jp/nagasaki/peace/
・NHK 平和アーカイブス http://www.nhk.or.jp/peace/
・『むくげ通信』(むくげの会) http://ksyc.jp/mukuge/tuusinn.html

新聞社・スポーツ新聞社リンク集 http://www.oyakudachi.net/newspaper/

朝鮮新報 The Choson Sinbo http://chosonsinbo.com/jp/
公式ブログ「月刊イオ」 http://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/
21世紀 核時代 負の遺産中国新聞) http://www.chugoku-np.co.jp/abom/nuclear_age/index.html


福島第一原発切抜帖http://onand.under.jp/genpatsu/index.php?FrontPage

・「福島第一原発事故と4 つの事故調査委員会」(国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 756(2012. 8.23.))http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3526040_po_0756.pdf?contentNo=1


・「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)」http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/
・「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会(内閣事故調 / 政府事故調)」http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/icanps/
・「福島原発事故独立検証委員会民間事故調)」http://rebuildjpn.org/fukushima/
・「福島原子力事故調査委員会」(東電調)http://www.tepco.co.jp/cc/press/2012/1205628_1834.html




NHKアーカイブスhttp://www.nhk.or.jp/archives/index.html
・NHK釧路 北方領土プロジェクトhttp://www.nhk.or.jp/kushiro/island/
・NHK エコチャンネルhttp://www.nhk.or.jp/eco-channel/
・NHK東日本大震災プロジェクト証言Webドキュメントhttp://www9.nhk.or.jp/311shogen/
・明日へ支えあおうNHK東日本大震災プロジェクトhttp://www.nhk.or.jp/ashita/

・ 終戦前後 2年間の新聞切り抜き帳http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/
・「原子力資料情報室http://www.cnic.jp/
・「原子力資料情報室 ダウンロードhttp://www.cnic.jp/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=5
・「はんげんぱつ瓦版」http://www.hangenpatsu.net/kawaraban/
原子力政策円卓会議 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/entaku/H11/
福島県エネルギー政策検討会のページ http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=569DC75FB388D64FFCF9FB03DF5795F6?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=22546
高速増殖炉懇談会−原子力委員会 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/old/koso/menu.htm
チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト http://chernobyl25.blogspot.jp/
原子力時代の死角 http://www.47news.jp/hondana/nuclear/
・原発の不都合な真実 http://www.47news.jp/hondana/futsugou/
河北新報社の「特集」欄(原子力問題を取り扱った「神話の果てに」などがある)http://www.kahoku.co.jp/spe/spej.htm


ドキュメンタリー映像'13(MBS)http://www.mbs.jp/eizou/
・FNSドキュメンタリー大賞  http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/backnumber/22.html
・NHKシゴト発見伝 http://www.nhk.or.jp/hakkenden/

林博史先生のHP www.geocities.jp/hhhirofumi/
日朝国交「正常化」と植民地支配責任(鄭栄桓先生のHP) https://kscykscy.exblog.jp/
「歴史戦の研究」(能川元一先生のHP) nogawam.blogspot.jp/2017/
慰安婦」問題をめぐる報道を再検証する会 readingcw.blogspot.jp/
在日本朝鮮人人権協会 k-jinken.net/
NPO法人731部隊・細菌戦資料センター http://www.anti731saikinsen.net/index.html
レファレンス協同データベースおすすめ事例一覧 http://crd.ndl.go.jp/jp/library/recommend_list.html
NHKクローズアップ現代 http://www.nhk.or.jp/gendai/index.html
歴史エンタテイメント専門チャンネル ヒストリーチャンネル http://www.historychannel.co.jp/
札幌郷土を掘る会 http://sapporokyodowohoru.blog29.fc2.com/
『幻想の英雄』(1〜3) http://www.junpay.sakura.ne.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=144:2009-05-10-14-05-17&catid=49:2009-01-31-19-02-14&Itemid=77
戦争と平和の資料館ピースあいち http://www.peace-aichi.com/
水俣市立水俣病資料館 http://www.minamata195651.jp/list.html 
9月、東京の路上で http://tokyo1923-2013.blogspot.jp/
反貧困ネットワークhttp://antipoverty-network.org/
年報 『東洋文化研究』(「未公開資料 朝鮮総督府関係者 録音記録」あり)http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/publication/nenpo.html
生活保護のリアル(みわよしこhttp://diamond.jp/category/s-seikatsuhogo
特定非営利活動法人アスペ・エンデの会http://www.as-japan.jp/j/
工場萌えな日々http://d.hatena.ne.jp/wami/
ウェブ魚拓http://megalodon.jp/
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_5.html
日本の古本屋http://www.kosho.or.jp/top.do
琉球朝日放送 報道部 » 動かぬ基地http://www.qab.co.jp/news/?tag=%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%ac%e5%9f%ba%e5%9c%b0
ブラック企業大賞 http://blackcorpaward.blogspot.jp/
公益社団法人著作権情報センター CRIC http://www.cric.or.jp/
情報――フジテレビオンデマンド http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/
人生を徹底的に破壊される、あなたはその苦しみを想像することが出来ますか? 星の金貨プロジェクト http://kobajun.chips.jp/hoshinoknka2/
ロバート・J・リフトン教授ロサンゼルス世界問題評議会における講演--(1)--http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1733/aum/lifton-speech-1.html
学年誌まんが照会 http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4855/
ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/hansen/kanren/4a.html
ノーモア南京の会・東京 http://www.jca.apc.org/nmnankin/index-j.html
在日韓人歴史資料館http://www.j-koreans.org/intro/intro.html

梶村秀樹bot (kajimura_h_bot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/kajimura_h_bot
石原吉郎bot (IshiharaYbot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/IshiharaYbot
中井久夫bot (nakaihisao2013)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/nakaihisao2013
高木仁三郎bot (jinzaburo_bot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/jinzaburo_bot
市民科学者 高木仁三郎 bot (TakagiJinza_bot)さんはTwitterを使っていますhttps://twitter.com/TakagiJinza_bot


戦場体験史料館http://www.jvvap.jp/
戦場体験放映保存の会 公式ブログhttp://keepast.seesaa.net/
戦場体験放映保存の会 全国キャラバン隊が行くhttp://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/

磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/9a3308d3730476a908c121a275e835e0
Yahoo!百科事典http://dic.yahoo.co.jp/
日本の戦争責任研究センターhttp://space.geocities.jp/japanwarres/
出版 神戸学生青年センター KOBE STUDENT YOUTH CENTER(ここでの書籍は全国の書店でも購入可能)http://ksyc.jp/publish/

医者のいないところで http://irohira.web.fc2.com/wndoc/index.htm
Astronomy Picture of the Day(APOD) http://apod.nasa.gov/apod/ap130921.html
史料としての日記について - 日本近現代史と戦争を研究するhttp://d.hatena.ne.jp/higeta/20070929/p1
「橋下市長の「慰安婦」問題発言に抗議する緊急集会」ほか (へばらぎ) http://blogs.yahoo.co.jp/n_hebaragi/67840930.html
きんちゃんパパのお部屋http://www.d8.dion.ne.jp/~judebu/papa/papa.html
【今だからこそ聞きたい戦争体験の真実】(井ノ口金一郎氏の戦争体験の聞き書きhttp://homepage1.nifty.com/oj-hiroba/sentaihold/sentai_mokuji.htm
模索舎http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/
地方・小出版流通センターhttp://neil.chips.jp/chihosho/
日本弁護士連合会 http://www.nichibenren.or.jp/
慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクト http://project.fmc.keio.ac.jp/
POW研究会 POW Research Network Japanhttp://neil.chips.jp/chihosho/
放送ライブラリー 封印 〜脱走者たちの終戦〜http://www.bpcj.or.jp/search/show_detail.php?program=159676
人権平和・浜松 http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/index.html
私設文庫館―太平洋戦争編― http://web.thn.jp/sisetu-bunkokan/index.html
POW研究会 POW Research Network Japan http://www.powresearch.jp/jp/index.html
壱花花WEBSITE http://18787.main.jp/index.html
ジェラス・ゲイ(JEALOUS GAY)(日本軍戦争犯罪に関する新聞記事のスクラップあり) http://eharagen.sun.macserver.jp/index.html
研究余録 〜全集目次総覧〜http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/
記事一覧 - 国立でむぱ研究室櫻分室http://d.hatena.ne.jp/dempax/archive
沖縄戦関係資料閲覧室http://www.okinawa-sen.go.jp/
沖縄戦関係資料閲覧室 証言集http://www.okinawa-sen.go.jp/testimony.html
米国国立公文書館http://archives.gov/
防衛研究所http://www.nids.go.jp/
外交史料館http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/
国立公文書館http://www.archives.go.jp/
国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/
アジア歴史資料センターhttp://www.jacar.go.jp/
沖縄県公文書館http://www.archives.pref.okinawa.jp/
沖縄県平和祈念資料館http://www.peace-museum.pref.okinawa.jp/
ひめゆり平和祈念資料館http://www.himeyuri.or.jp/
対馬丸記念館http://www.tsushimamaru.or.jp/
しょうけい館http://www.shokeikan.go.jp/
昭和館http://www.showakan.go.jp/
<60年目の証言>改め戦争を語りつぐ証言集 http://www.geocities.jp/shougen60/index.html
消費者庁ホームページhttp://www.caa.go.jp/index.html
株式会社 帝国データバンク[TDB] TEIKOKU DATABANK, LTD.http://www.tdb.co.jp/index.html
証券取引所 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%BC%E5%88%B8%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%80#.E4.B8.89.E5.A4.A7.E8.A8.BC.E5.88.B8.E5.8F.96.E5.BC.95.E6.89.80.EF.BC.883.E5.B8.82.E5.A0.B4.EF.BC.89
東京証券取引所 トップページhttp://www.tse.or.jp/
大阪証券取引所 トップページhttp://www.ose.or.jp/
三番瀬を未来に残そう http://www005.upp.so-net.ne.jp/sanbanze/index.html
成田空港問題円卓会議記録集 目次 http://www.rekishidensho.jp/symposium2.html
公益財団法人特攻隊戦没者慰霊顕彰会(会報『特攻』のpdfが公開されている)http://www.tokkotai.or.jp/kikanshi/
円テレビ対談第8回「シベリア抑留の真実」村山常雄さん、宮崎静夫さん、有光健さん http://www.madoka-yoriko.jp/blog/2700
ざまあみやがれい!http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/
京都盲唖院・盲学校視覚障害者の歴史(見えない戦争と平和) http://blogs.yahoo.co.jp/kishi_1_99 
Densyo Website(日系人収容所の記録サイト) http--www.densho.org-densho.asp

中央大学 図書館 図書館への図書寄贈の案内http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/library/h01_03_12_j.html
図書寄贈をお考えの方へ|法政大学図書館法政大学http://www.hosei.ac.jp/library/service/toshokizo.html
寄贈本システム「みんなの本ネット」のご案内 - 大分県立図書館http://library.pref.oita.jp/kento/guide/service-guide/minnanohon.html
図書の寄贈―新潟大学付属図書館 http://www.lib.niigata-u.ac.jp/services/guides/donation_stu.html
おしえて!ゲンさん http://www.oshietegensan.com/

龍渓書舎ホームページ 総合図書目録http://www.ryuukei.co.jp/sogotosho.html
現代史料出版 -- 新刊情報http://business3.plala.or.jp/gendaisi/index.xml
不二出版http://www.fujishuppan.co.jp/
株式会社緑蔭書房(専門図書出版社) - gooタウンページhttp://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=KN1300060500714783
久米島の戦争 - 沖縄を知る・見る・学ぶ  沖縄時事出版インターネット書籍販売http://www.oki-jiji.com/?pid=45914634
北海道の「民衆史掘りおこし運動」を掘りおこす(文献表) http://www13.ocn.ne.jp/~hoda/minsyushi.html
化学書資料館 https://www.chem-reference.com/index.html




------------------------------------------------------------------------------------------------------------

青空文庫 Aozora Bunko http://www.aozora.gr.jp/
Free ebooks - Project Gutenberg http://www.gutenberg.org/
PSU's Electronic Classics Site http://www2.hn.psu.edu/faculty/jmanis/jimspdf.htm?KeepThis=true&TB_iframe=true&height=600&width=800

テーマ別に調べる|キッズページリンク集子どもと本の情報・調査|国立国会図書館国際子ども図書館http://www.kodomo.go.jp/info/kids/theme/tech.html#anchor12
Vectorダウンロード Windows ゲーム 麻雀・将棋・パチンコ・カードゲームhttp://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/game/table/
科学技術週間(一家に一枚の周期表など) http://stw.mext.go.jp/
Nobelprize.org(youtube) http://www.youtube.com/user/thenobelprize?feature=watch
実験器具と仲良し http://homepage3.nifty.com/tbd-bake6022/chem/kigu/nakayoshi-top.html

とね日記 http://blog.goo.ne.jp/ktonegaw
RSC Visual Elements Periodic Table http://www.rsc.org/periodic-table
化学産業に関する主要企業名鑑類・企業リスト 調べ方案内 国立国会図書館http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102237.php
garlandscience(分子生物学関係の動画集) http://www.youtube.com/user/garlandscience?feature=watch
お願い!ランキング(テレビ朝日) http://www.tv-asahi.co.jp/onegai/index.html
きょうの健康 http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/
みんなのきょうの料理 http://www.kyounoryouri.jp/ 
The Feynman Lectures on Physics http://www.feynmanlectures.caltech.edu/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

公益社団法人日本化学会 活動 提言・報告書 http://www.chemistry.or.jp/activity/report/index.html
白書、年次報告書等 電子政府の総合窓口e-Gov[イーガブ]http://www.e-gov.go.jp/link/white_papers.html
JCIA 日本化学工業協会 http://www.nikkakyo.org/index.php3
こんな時期だから悪魔の就活用語辞典 http://sonicch.com/archives/21837630.html
就活用語集(就活大百科 キーワード1000)[1] 【事典・辞書サイトkotobankhttp://kotobank.jp/dictionary/jobhunting/
森ゼミhttp://www.morisemi.com/
京都・宝池ドライビングスクール学科練習問題 http://www.takaragaike.co.jp/se_q/seqsen.html
Hondaの交通安全―危険予測トレーニング http://www.honda.co.jp/safetyinfo/kyt/training/index.html
静電気ドクター https://www.keyence.co.jp/ss/ionizer/doctor/
気象庁 雷から身を守るには http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html
ボールペンのインクが出ない!即効で復活させる裏技はコレ! http://oyakudatijouhou.org/archives/11094.html

国家資格一覧―資格の王道 http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html
社団法人 日本速記協会 http://www.sokki.or.jp/
TOEIC(Test of English for International communication) http://www.toeic.or.jp/
実用数学技能検定公式サイト | 財団法人日本数学検定協会 http://www.su-gaku.net/
国家試験 知的財産管理技能検定ホーム http://www.kentei-info-ip-edu.org/
簿記 商工会議所の検定試験 http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/
公益財団法人 日本漢字能力検定協会 http://www.kanken.or.jp/




治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟http://www7.plala.or.jp/tian/
・韓国水曜デモ1000回アクション(http://restoringhonor1000.info/contents02.htmlの団体一覧が「有用」かも)http://restoringhonor1000.info/
中国帰還者連絡会中帰連http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/index.htm
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会 神奈川支部http://kanagawa.uketugu.org/
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会:岩手のブログhttp://pub.ne.jp/2135dera/
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会:岩手支部http://uketugukaiiwate.jimdo.com/
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会 北海道支部http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/UketsuguHokkaido.htm
・撫順の奇蹟を受け継ぐ会 関西支部hhttp://hugocafe.asablo.jp/blog/
日中友好元軍人の会http://www11.ocn.ne.jp/~donpo/
・不戦兵士・市民の会http://home.f01.itscom.net/fusen/index.htm
・日本華報社(日中戦争関連文献を多く出版している)http://jp.duan.jp/
東ティモール全国協議会ホームページ(「東ティモールにおける日本軍性奴隷制」などの連載が参考になる)http://www.asahi-net.or.jp/~AK4A-MTN/
戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(「封印された過去 ー 日本人慰安婦」(前編)http://www.kanpusaiban.net/kanpu_news/no-44/hirao%2044.htm(後編)http://www.kanpusaiban.net/kanpu_news/no-45/hirao-45.htmなどの記事がある)http://www.kanpusaiban.net/index.htm
・八路軍研究メモhttp://d.hatena.ne.jp/smtz8/
・黄土高原 紅棗がみのる村からhttp://d.hatena.ne.jp/maotouying/
三光作戦調査会http://www.h7.dion.ne.jp/~sankoh/index.html
・日本中国友好協会より「泥にまみれた靴で」http://jcfa-net.gr.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=sensou_dvd
・岡山・15年戦争資料センターhttp://homepage2.nifty.com/ojsc/
・雑誌「岡山の記憶」http://homepage2.nifty.com/ojsc/
・ノーモア南京の会・東京http://www.jca.apc.org/nmnankin/index-j.html
・旧満州への朝鮮人慰安婦」連行資料集 (satophoneさんのブログ) http://satophone.wpblog.jp
・祖父の証言〜戦争と従軍慰安婦http://testimony-of-grandfather.webnode.jp/(根本大さんのHP)
・伊藤孝司 WEB写真展[戦争と日本](伊藤孝司さんのHP)http://www.jca.apc.org/~earth/sub2.html
・佐久間哲ニッポンリポート http://tetsu.cool.coocan.jp/
・河辺一郎 国連と日本外交のページ  http://www.geocities.jp/kawabe_ichiro/
・映画送還日記 http://www.cine.co.jp/soukan/index.html
大西巨人/巨人館 http://www.asahi-net.or.jp/~hh5y-szk/onishi/kyojin.htm
同志社コリア研究センター出版事業 http://do-cks.net/works/publication/

外務省:日中歴史共同研究(概要)http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/rekishi_kk.html
日韓歴史共同研究委員会 - 日韓文化交流基金http://www.jkcf.or.jp/projects/kaigi/history/
・戦史研究年報-防衛省防衛研究所(各雑誌、pdf形式で公開されているものが多い)http://www.nids.go.jp/publication/senshi/index.html
ウェブ連動式 管理職検定連載 差別表現http://www.facebook.com/kanrishoku?sk=app_192986550751853
・Australia in the War of 1939–1945. Series 1 – Army - Volume Vol7 (AUSTRALIA WAR MEMORY)http://www.awm.gov.au/histories/second_world_war/volume.asp?levelID=67909
・Apes! Not Monkeys! はてな別館 http://d.hatena.ne.jp/Apeman/
大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター出版物 http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/publication.html
・青丘文庫研究会のホームページ http://www.ksyc.jp/sb/
・『青丘文庫月報』 http://www.ksyc.jp/sb/geppou.html
・雑誌「現代韓国朝鮮研究」http://www.meijigakuin.ac.jp/~ackj/
・科学図書館 科学図書館 http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/science/scilib.html
・「科学図書館」の紹介記事 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/11/news020.html
・安渓遊地 http://ankei.jp/yuji/

サイト紹介:斎藤秀三郎『熟語本位英和中辞典』
http://www.babelbible.net/kjvdic/kjvdic.cgi?mode=saito
全1595頁と序文も閲覧できる。


資料紹介:「東日本大震災クロニクル 2011.3.11-2011.5.11」および「東日本大震災クロニクル資料一覧」
参考になりそうなのでここに紹介する。

東日本大震災クロニクル 2011.3.11-2011.5.11http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/22109/5/dis0000100130.pdf
東日本大震災クロニクル資料一覧http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/22108/1/dis0000102700.pdf



資料紹介:雑誌「15年戦争と日本の医学医療研究会会報」

過去にパネル集「戦争と医学」http://war-medicine-ethics.com/War_and_Medicine/WarandMedicine_Doc/Japanese_panel.pdfamazonでも販売していた)を作成した団体の出している会報。http://war-medicine-ethics.com/の左側の「会報総目録」をクリックすれば見つかる。

ひとりからからはじめるボイコット・対象一覧

原則50音順。一社につき一か月あたり200円以内(一年あたり2400円以内)。本当はこれでも少ないのだが、足りない文献情報などはCiNiiやGoogle翻訳などで


NHK(エネエチケイ)
TBS(ティービーエス)=毎日新聞(?)
テレビ朝日朝日新聞社
テレビ東京日経新聞(?)
日本テレビ読売新聞社
フジテレビ産経新聞社

岩波書店
潮出版社
講談社
新潮社
ダイヤモンド社
東洋経済新報社
文藝春秋




KADOKAWAカドカワ
松竹
東映
東宝



ハリウッドという地名とその近くでつくられたものも、全部とりあえず対象



安倍晋三池上彰三浦瑠麗橋下徹百田尚樹(50音順)(※1 池上彰氏は異論がある人も多いだろうが、”https://matome.naver.jp/odai/2143414470453854001”、”https://matome.naver.jp/odai/2143532063382458901”、”https://matome.naver.jp/odai/2143555191196249801”などの記事よりほとんど節操がないと判断した。もし節操があるならば、もっとはっきり撤回するはずだからである。万が一だとはおもうが、はっきりした撤回を望む。)

http://iss.ndl.go.jp/
https://ci.nii.ac.jp/





作品の出版社とは、言い切ってしまえばラベルである。いや、もっと正確にいえば製造番号の一種である。一番大事なのは、作品がどこまで組み合わせ可能なものかどうかということである。現在の半分でよい。徹底的に原理的に言えば、編集者は他社にうつっても書き手が生きていれば作品はつくれる、はずである。。


---------------------------------------------------------------------------
CiNiiブックレット(仮)の出版メモ

梶村秀樹その軌跡」「”淵”から”今”を裂く」「政権交代とはなにか」「聞き書き運動の軌跡」「原田正純その軌跡」「語学のために」「経世済民の復活をめざして」「書評集」「新しい科学史」「自らを語るということ」「」「」「」






---------------------------------------------------------------------------

付記:性暴力加害性妄想に、バベル図書館と館トールの対角線論法をぶつけたものを、さらにぶつける

ある数学史研究者のはしりがきメモ(のふり)

・本ではなく、無限の本の組み合わせをイメージする
・たとえSFのように地球が滅亡しても、地球外部の知的生命体の中には、日本語《も》読解可能・再現可能な存在があるはずである。いや、もっと原理的に言えば、スペースキーと区切りキーの両方があるキーボードを発明した時点でどのような文章も永遠に生きるともいえる。いつかは発見されるはずだから。それがかくかくの期間にどれだけ賛成されるかはどもかく。
・性欲は存在する。感覚の存在は否定できないのだから。問題は、その実際形式《のみ》である。
人工知能など本当はいらない。少なくとも、”強い”人工知能はいらない。
・対象軸をみつけることが必要である。
・人工語に近い文字を学習しておこう。
・文字絶対原理主義を極限までおしすすめると、魂と区別がつかなくなるかもしれない。まるでキーボードは闇鍋だ。
・ランダムタイピング=ムゲンノサル定理
・国家制度と共同体と個人にはっきりと切れ目を入れること。孤独の覚悟が必要


(ある種の発想の飛躍である。大事なのは、これを飛躍だと常に意識しておくことである。妄想という言い方は、「願望」という意味を常にもっている。その対義語が「悪夢」である)

9998-12-31

成立年表:近現代史の資料集

(都合上、[リンク集]タグをつけます)

国会図書館での検索結果を使用した。



1992年07月:朝鮮人従軍慰安婦女子挺身隊資料集(226P)
1992年07月:戦場日誌にみる従軍慰安婦極秘資料集(398P)
1992年11月:従軍慰安婦資料集(599P)
1993年10月:証言-強制連行された朝鮮人慰安婦たち(345P)(挺対協主体の聞き取りにもとづく被害者証言を収録)
1995年12月:フィリピン日本軍慰安婦」(232P)(被害者「証言」を収録)
1996年03月:中国に連行された朝鮮人慰安婦(挺対協主体の聞き取りにもとづく被害者証言を収録)
1997年03月〜1998年07月:政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成全5巻(629P、418P、503P、366P、219P)
2001年08月:台湾慰安婦関係資料集全2巻(全608P)
2004年04月:黄土の村の性暴力(412P)(被害者「証言」を収録)
2006年06月:証言未来への記憶1アジア慰安婦」証言集(286P)(韓国で出版された証言集の翻訳、それに解説文をつけくわえたもの)
2006年12月:日本軍慰安婦」関係資料集成全2巻(890P、766P)
2008年08月:資料集日本軍にみる性管理と性暴力 : フィリピン1941〜45年(252P)
2010年05月:証言未来への記憶2アジア慰安婦」証言集(415P)(韓国で出版された証言集の翻訳、それに解説文をつけくわえたもの)
2010年12月:女性国際戦犯法廷NHK番組改変裁判記録集(952P)
2011年02月:東京裁判-性暴力関係資料(403P)
2013年12月: 資料集日本軍慰安婦」問題と「国民基金」(421P)




1962年1980年現代史資料全45巻+別冊1巻(みすず書房
1984年〜1996年:続・現代史資料全12巻(みすず書房

https://www.kinokuniya.co.jp/03f/oclc/netlibrary/booknews/washo/domestic/msz/No.04_misuzu_13jul.pdf#search=%27%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E8%B3%87%E6%96%99%27


2015年2016年:『行動する女たちの会 資料集成』全8巻(六花出版)

2010年〜2015年:「日韓国交正常化問題資料」全48巻(現代史料出版)

1987年〜1998年:「十五年戦争極秘資料集」全30巻(不二出版)
1996年〜2016年:「十五年戦争極秘資料集補巻」全47巻(不二出版)←(筆者注:30巻対47巻、どこが「補」なのだろうか?

1990年〜1995年:「十五年戦争重要文献シリーズ」全20巻(不二出版)
2011年〜2012年:「十五年戦争重要文献シリーズ 補集」全3巻(不二出版)


-----------------------------------------
[以下、戦時性暴力および性暴力の関連文献、順番はばらばら、あとで整理するかも]

・「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム(目次には性暴力の問題はない?)
・「慰安婦」問題と戦時性暴力: 軍隊による性暴力の責任を問う
・戦時・性暴力をどう裁くか―国連マクドゥーガル報告全訳〈増補新装2000年版〉
・「民族浄化」を裁く―旧ユーゴ戦犯法廷の現場から (岩波新書 新赤版 (973))
・ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇 (講談社現代新書)
バルカンに生きる―旧ユーゴ内戦の記録 ’91‐’96
・戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)
・戦争と一人の女(坂口 安吾、 近藤 ようこ)
・女たちの会津戦争 (平凡社新書)
・女たちの戦争責任
グアテマラ虐殺の記憶―真実と和解を求めて
・ユーゴ内戦後の女たち―その闘いと学び
民衆法廷の思想
・女・天皇制・戦争
・戦争を語りつぐ―女たちの証言 (岩波新書)
グアテマラ内戦後 人間の安全保障の挑戦 みんぱく 実践人類学シリーズ (みんぱく実践人類学シリーズ)
アフガニスタン国際戦犯民衆法廷ICTA公聴会記録第1〜10集
・RAWA声なき者の声―アフガニスタン女性革命協会
レバノン侵略とイスラエル―国際民衆法廷東京1983 (1985年)
アフガニスタン女性の闘い―自由と平和を求めて
・女たちの太平洋戦争朝日文庫
・女たちの「銃後」
・新女性を生きよ―日本の植民地朝鮮戦争を生きた二代の女の物語 教科書に書かれなかった戦争・らいぶ
バルカン・エクスプレス―女心とユーゴ戦争
・フジモリ元大統領に裁きを―ペルーにおける虐殺の被害者に正義を (GENJINブックレット)
ブッシュ戦争犯罪を裁く―国際社会の平和と安全を求めるために (アフガン戦犯法廷準備編) (GENJINブックレット (33))
ブッシュ戦争犯罪を裁く―平和の文化を紡いでいくために (Part2) (GENJINブックレット (35))
ブッシュ戦争犯罪を裁く (Part3) (GENJINブックレット (40))
イラク戦争・占領の実像を読む ブッシュブレア・小泉への起訴状―ブッシュ戦争犯罪を裁く〈Part4〉 (GENJINブックレット)
・非核と先住民族の独立をめざして―太平洋の女性たちの証言 (GENJINブックレット 18)
・入門国際刑事裁判所―紛争下の暴力をどう裁くのか (GENJINブックレット (29))
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈1〉日本・台湾・朝鮮編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈2〉中国・東南アジア太平洋編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・加害の精神構造と戦後責任 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・戦犯裁判と性暴力
女性国際戦犯法廷の全記録 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
女性国際戦犯法廷の全記録〈2〉 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
・男性神話彦坂諦
・女と男、のびやかに歩きだすために―アジアの片隅日本から、このいまを問いなおす (教科書に書かれなかった戦争)
・戦の中の女たち (戦争・暴力と女性)
・軍国の女たち (戦争・暴力と女性)
植民地戦争責任 (戦争・暴力と女性)
・平和構築―アフガン東ティモールの現場から (岩波新書)
東ティモールの成功と国造りの課題 ‐国連の平和構築を越えて‐ (創成社新書55)
・ナロマン―東ティモールの正義、和解、そして未来
・カラー版 ベトナム 戦争と平和 (岩波新書 新赤版 (962))
・本当の戦争の話をしよう (文春文庫)
・歴史としてのベトナム戦争 (科学全書)
・性暴力問題資料集成第鬼 <1945年1960年> 全25巻(第1巻〜第25巻)・別冊1 〔復刻版〕
・性暴力問題資料集成第挟  全11巻(第26巻〜第36巻) 〔復刻版〕
・黄土の村の性暴力―大娘(ダーニャン)たちの戦争は終わらない
・軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀


国連人権委員会特別報告書女性に対する暴力<クマラスワミ報告>
・女性に対する暴力をめぐる10年―国連人権委員会特別報告者クマラスワミ最終報告書
国際法からみた「従軍慰安婦」問題
・誰にも言えなかった―子ども時代に性暴力を受けた女性たちの体験記
サバイバーズ・ハンドブック―性暴力被害回復への手がかり
・マクマーチン裁判の深層―全米史上最長の子ども性的虐待事件裁判 (法と心理学会叢書)
1945年ベルリン解放の真実―戦争・強姦・子ども
ベルリン終戦日記―ある女性の記録
・過去の克服ヒトラー後のドイツ
・9人の児童性虐待者
子どもへの性的虐待 (岩波新書)

・『13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』(山本潤朝日新聞出版2017年
・『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(東小雪/講談社2014年
・『性犯罪被害にあうということ』『性犯罪被害とたたかうということ』(小林美佳/朝日新聞出版/2008年・2010年)
・『STAND―立ち上がる選択』(大藪順子/いのちのことば社/2007年)
・『涙のあとは乾く』(キャサリン・ジェーン・フィッシャー/講談社2015年

・策略―女性を軍事化する国際政治
朝鮮半島の分断と離散家族 アジア現代女性史
・女性史からみた岩国米軍基地―広島湾の軍事化と性暴力 (hiroshima・1000シリーズ)
・心的外傷と回復 〈増補版〉
無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国朝鮮人女性たち
・基地村の女たち―もう一つの韓国現代史

・ある日本軍慰安婦」の回想(マリ・ロサ・ヘンソン)
・文玉珠―ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私(文玉珠)
・ナヌムの家のハルモニたち
・戦場の「慰安婦」(朴永心)
・オレの心は負けていない(宋神道
・わたしは日本軍慰安婦」だった(李容洙)
・オランダ人「慰安婦」ジャンの物語(ジャン・ラフ・オハーン)
・黄土の村の性暴力―大娘(ダーニャン)たちの戦争は終わらない(中国山西省在住の被害者10名の証言、関係者の証言も収録)
・もうひとつのレイテ戦―日本軍に捕らえられた少女の絵日記(レメディアス・フェリアス)
・マリアの讃歌(城田すず子)


                                                                                                                                          • ・「慰安婦」・強制・性奴隷: あなたの疑問に答えます (Fight for Justice・ブックレット)

・性奴隷とは何か: シンポジウム全記録 (Fight for Justiceブックレット)
・Q&A 朝鮮人慰安婦」と植民地支配責任: あなたの疑問に答えます (FJブックレット)
・“平和の少女像”はなぜ座り続けるのか (ffjブック)
沖縄戦場の記憶と「慰安所
・忘却のための「和解」―『帝国の慰安婦』と日本の責任
・「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人
・「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)
日本軍慰安婦」問題の核心
・平和を希求して
・日本人「慰安婦」―愛国心と人身売買と
・記憶と生きる
・文玉珠(ムン・オクチュ)―ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 (教科書に書かれなかった戦争)
・NHK番組改変と政治介入

・資料集 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」

[以上15冊、最近出版の文献]
---------------------------------------------------------------------
・「日本軍慰安婦」をどう教えるか
フェミニズム入門(大越愛子)
従軍慰安婦従軍看護婦(広田和子)
・文玉珠(ムン・オクチュ)[旧版]
沖縄の占領と日本の復興
・継続する植民地主義
・歴史と責任
・ポストコロニアリズムジェンダー
・現代フェミニズムエシックス
・脱暴力へのマトリックス
・戦後思想のポリティクス
・花に水をやってくれないかい?―日本軍慰安婦」にされたファン・クムジュの物語
・「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス
・100冊が語る「慰安所」・男のホンネ

従軍慰安婦吉見義明

・男性神話
・女と男のびやかに歩き出すために
・従軍のポリティクス
歴史教育ジェンダー
総力戦と女性兵士
田村泰次郎の戦争文学―中国山西省での従軍体験から
・ぼくらはアジアで戦争をした
・「日本」国家と女
・日本の市民から世界の人びとへ
・吉原はこんな所でございました(上巻)(下巻)
・朝鮮近代史を駆けぬけた女性たち32人



[以上15冊+10冊、ebookもしくはkindleで入手可能]





[「<佐藤優現象>に対抗する共同声明」 http://gskim.blog102.fc2.com/blog-entry-23.html
岩波書店労働争議の最中のため、1人からでも不買運動をおこしたい人は図書館で読むという手がある]




以下、よりひろい世界観を組み立てるために

○日本の植民地支配の実像から現代東アジアを見通す
・白凡逸志 金九自叙伝
・東学史 朝鮮民衆運動の記録
・朝鮮独立運動の血史 (1)(2)
・日本と韓国の歴史教科書を読む視点

○日本の公娼制度から現代の性管理制度を見通す
・吉原はこんな所でございました(上巻)(下巻)

○過去の差別・暴力・貧困から現代の差別・暴力・貧困を見通す
憲法で読むアメリカ史(全)
・水子の譜 ドキュメント引揚孤児と女たち

植民地主義批判理論の名著をよみなおす
・地に呪われたる者

高等教育は人々に広い世界観をつくるようにできているだろうか? よりより教育のあり方とは?
・希望の教育学
パウロフレイレ「被抑圧者の教育学」を読む
ゲルニカ事件  どちらがほんとの教育か

ナチスドイツの実像
ヒトラーとナチ・ドイツ
ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌
・愛と欲望のナチズム
子ども収容所
・15000人のアンネ・フランク  テレジン収容所に残された4000枚の絵

○西洋の植民地支配・2つの世界大戦の実像
第一次世界大戦  忘れられた戦争
第二次世界大戦全4巻(チャーチル
イタリア現代史 第二次世界大戦からベルルスコーニ後まで
・近代ヨーロッパ

天皇制国家・日本軍の実像
・近代天皇制国家の歴史的位置 : 普遍性と特殊性を読みとく視座
・増補改訂版 天皇陛下の為のためなり
日本軍事史〈上巻〉 戦前篇
日本軍事史〈下巻〉戦後篇
・昭和陸軍全史全3巻

フェミニズムの視野のひろがり
・「ジェンダー」の危機を超える! 徹底討論!バックラッシュ
・恋愛の社会学 「遊び」とロマンティック・ラブの変容
メディア・セックス幻想 AVにつくられる女と男の性文化
・女はポルノを読む 女性の性欲とフェミニズ
・講座 人権論の再定位
総力戦と女性兵士
・男性神話
・「日本」国家と女
・従軍のポリティクス
歴史教育ジェンダー

○医学者が社会問題をみのがす理由
人間性なき医学 : ナチスと人体実験

○大戦前日本・近代日本はなぜ日本軍慰安婦」問題をくいとめられなかったのか? くいとめる可能性は本当になかったのか?(理論家編)
江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」
明治維新の遺産
文学者たちの大逆事件韓国併合
田村泰次郎の戦争文学
・日本人の自伝 別巻 三〇〇選

○大戦後日本はなぜ日本軍慰安婦」問題が視野にはいらなかったのか? 社会を視野に入る可能性はなかったのか?(理論家編)(文学者篇)(マンガ家編)
丸山眞男セレクション
藤田省三セレクション

○なぜ1991・8・14から25年たっても、”平成”日本社会日本軍慰安婦」問題への認識が貧困なのか? 話題になった著作を批判的にみなおす
敗戦後論
動物化するポストモダン オタクから見た日本社会
・リアルのゆくえ
・マンガでわかる永続敗戦論
・愚民社会

○大戦前ヨーロッパアメリカ社会はなぜ戦時性暴力をくいとめられなかったのか? くいとめる可能性は本当になかったのか?
・向う岸からの世界史 ―― 一つの四八年革命史論
ベンヤミンアンソロジー

○大戦後ヨーロッパアメリカ社会はなぜ戦時性暴力の深刻性が視野にはいらなかったのか? 社会を視野に入る可能性はなかったのか?
・知の考古学フーコー
フーコー入門
・暴力について――共和国の危機(アレント
アレント入門

○歴史記述をジェンダー植民地主義・貧困から批判的に読む(書籍編)(学習マンガ編)
・学習まんが 少年少女日本の歴史シリーズ
・学研まんが世界の歴史シリーズ

○差別・貧困・暴力をうみだすもの(特にジェンダーの視点からの批判的みなおし)
・「ニート」って言うな!
・ルポ 賃金差別
・ドキュメント高校中退 ――いま、貧困がうまれる場所
・繁栄からこぼれ落ちたもうひとつのアメリカ
・増補 光州事件で読む現代韓国

○言論・表現・思想の自由国家主義差別主義・人格への攻撃との衝突
人格権侵害と言論・表現の自由

公文書情報公開について
・日本の公文書
・国家と秘密 隠される公文書
公文書をつかう 公文書管理制度と歴史研究

○「《異なる他者》との最悪の形での”交流”」としての視点から戦争体験をみなおす
鳥の詩 死の島からの生還
・七歳の捕虜 ある少年にとっての「戦争と平和
・「留用」された日本人 私たちは中国建国を支えた
・米軍が恐れた「卑怯な日本軍」 帝国陸軍戦法マニュアルのすべて
・英語と日本軍 知られざる外国語教育史

○他者との交流を保ちつづけた人々がみつけたもの・たどりついたもの
・よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純
・高橋潔と大阪市立聾唖学校 手話を守り抜いた教育者たち
・手話讃美 手話を守り抜いた高橋潔の信念
・悩む力――べてるの家の人びと
・治りませんように――べてるの家のいま
・山代巴文庫[囚われの女たち4] トラジの歌
上野英信集第5巻 長恨の賦



○語学入門書






○極右の世界観を著作物からのぞく(この世界観の危険性を、読者はすこしでも共有していないといえるだろうか?)
・【割引版】日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 ポスト・サピオムック(SAPIO編集部・小学館
・ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実(PHP研究所)(←筆者コメント:ひと目でわかる、ほんとっぽいウソのつきかた、ではないのか?)

---------------------------------------------------------------------
・政府調査「従軍慰安婦」関係文書資料 5冊(pdf)

http://www.awf.or.jp/6/document.html
---------------------------------------------------------------------
・女性史を拓く1〜5
従軍慰安婦・内鮮結婚―性の侵略・戦後責任を考える
・「従軍慰安婦」問題と性暴力
戦争責任ジェンダー―「自由主義史観」と日本軍慰安婦」問題
フェミニズムと朝鮮
天皇制・「慰安婦」・フェミニズム
フェミニズム天皇制歴史認識
・女たちの戦後労働運動
金子文子 わたしはわたし自身を生きる―手記・調書・歌・年譜 (自由をつくる)
フェミニズムと戦争―婦人運動家の戦争協力
・「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人

[以上、女性史家の鈴木裕子氏の著作]
---------------------------------------------------------------------

・皇軍慰安所の女たち (1993年、川田文子、筑摩書房
・赤瓦の家(1987年、川田文子、筑摩書房)(1994年、川田文子、ちくま文庫
・証言未来への記憶1(2006年、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」/編 、明石書店
・証言未来への記憶2(2010年、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」/編 、明石書店
・戦場の「慰安婦」(2003年、西野瑠美子、明石書店
・黄土の村の性暴力(2004年、石田米子ほか、創土社
従軍慰安婦正篇(三一新書) (1978年、千田夏光三一書房
従軍慰安婦続篇(三一新書) (1978年、千田夏光三一書房
朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」(三一新書) (1992年、尹貞玉三一書房
・日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍隊慰安婦(2003年、尹明淑、明石書店
台湾総督府慰安婦(2005年、朱徳蘭、明石書店

・ <証言>従軍慰安婦・女子勤労挺身隊 (1992年、伊藤孝司、風媒社)
・破られた沈黙(1993年、伊藤孝司、風媒社)
・平壌からの告発(風媒社ブックレット) (2001年、伊藤孝司、風媒社)
・平壌からの告発続(風媒社ブックレット) (2002年、伊藤孝司、風媒社)

・戦犯裁判と性暴力(2000年、内海愛子ほか、緑風出版)
・加害の精神構造と戦後責任(2000年、大越愛子ほか、緑風出版)
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態1 日本・台湾・朝鮮編  (2000年、金富子ほか、緑風出版)
・「慰安婦」・戦時性暴力の実態2 中国・東南アジア太平洋編 (2000年、林博史ほか、緑風出版)
女性国際戦犯法廷の全記録1 (2002年、松井やよりほか、緑風出版
女性国際戦犯法廷の全記録2 (2002年、松井やよりほか、緑風出版

・女性史を拓く1〜5(1989年〜1994年鈴木裕子未来社
・女・天皇制・戦争(1989年、鈴木裕子オリジン出版センター)
・おんな・核・エコロジー1991年鈴木裕子オリジン出版センター)
従軍慰安婦・内鮮結婚 (1992年、鈴木裕子未来社
・「従軍慰安婦」問題と性暴力 (1993年鈴木裕子未来社
フェミニズムと朝鮮 (1994年鈴木裕子明石書店
フェミニズムと戦争(1997年鈴木裕子マルジュ社)
戦争責任ジェンダー1997年鈴木裕子未来社
天皇制・「慰安婦」・フェミニズム(2002年、鈴木裕子、インパクト出版)


原爆と朝鮮人1〜7(1982年1991年長崎在日朝鮮人の人権を守る会、岡まさはる記念長崎平和資料館) 

---------------------------------------------------------------------


[20170430:第1回目:日本軍性奴隷制度関連の資料集について掲載]
[20170518:第2回目:複数巻にわたる資料集について追記。筆者はよくおもうのだが、資料の束を徹底的に読み解くというやりかたは、哲学関係者はめんどうくさくてやらないのだろうか? 筆者の知らないだけだろうか?]
[20170601:第3回目:「戦時性暴力および性暴力の関連文献」リスト、amazonキーワードをうちこんで1時間ほどで作成]
[20170610:第4回目:日本軍慰安婦」問題からみえる過去と未来と現在、という視点から文献リストを作成]

2018-08-24

「飢え」(作:クヌート・ハムスン、訳:宮原晃一郎) 9

     *

 一両日だった。
 僕はやはり下の家族室に同居していた。玄関の間には暖炉がないので、ひどく寒かった。おまけに夜は床《ゆか》の上に寝たのだ。
 海員の客は、やはり僕の部屋を占領して、容易に立ち退くようにも見えなかった。お午《ひる》に主婦が来て、あの人は一ヵ月分の前金を払ったと言った。その上にあの人は一等運転士の試験を受けに来ているのだから、当分その市《まち》に留まるのだと言った。僕はそばでそれを聞いて、僕の部屋は永久に塞がってしまったのだと悟った。
 僕は玄関に出て行って、腰をおろした。何かうまく書けるものなら、静かなこここそいいはずだ。僕が書きかけていた比喩譚《たとえばなし》は、もう駄目だった。僕は新しい考え、もっと、非常にすぐれた考案を得たのだった。僕は、『十字章』という、中世紀に材をとった一幕物を書こうと思った。とくに僕はそれに出てくる主要人物を、考え出していた。それは、一人の美しい、幻想的な娼婦であった。彼女は、その弱さからではなく、また好奇心からでもなく、かえって天には、天に対する反感から、祭壇の下で、その覆いを枕にして罪を犯すのである。
 時をたつままに僕はいよいよこの幻影にひきつけられた。その女はついに生きて、はっきりとした姿で僕の目の前に立った。それがまたちょうど僕の望みどおりの姿であった。彼女の体は欠点だらけで、いとわしいものである。丈《せい》が高くて、非常に黒く、歩くときには、その長い脛は一足ごとに裾をとおして見えるのである。彼女はまた大きな、飛び出した目をもっている。簡単に言えば、とても見るにたえぬ代物《しろもの》である。
 彼女が僕の興味を呼んだ点は、驚くべきほど無恥で、とっぴな、また必死の手段によって罪を犯したことである。
 彼女はまったく僕を力強くひきつけた。
 僕の頭は、この畸形の人物の姿で膨脹しきっていた。僕は二時間ぶっ通しにこの戯曲を書いた。
 僕が十枚、おそらくは十二枚も書いたとき――その間には面倒で、長いこと一向書けないで、紙をずたずたに引き裂いて、投げてしまったこともあった――僕は疲れた、寒さと疲労とに体がすっかり硬張《こわば》ってしまった。僕は立ち上がって通りへ出た。
 僕は三十分ぐらい前から、家族室の子供の喚き声のうるさいのに、とても、そこに落ちついておられなくなったのだった。
 そこで長いことドラムメンス小路を散歩しているうち、夕方になった。その間、僕は歩くかたわら、絶えず、どうしたら戯曲を続けて行かれるかを考えた。
 僕はその夜、宿に帰るとき次のようなことが起った――
 僕はカルル・ヨハンス街のはずれ、ほとんど停車場近くで、或る靴屋の前に立った。なぜこの靴屋の前に立ち止ったかはわからない。僕は店の窓を覗き込んだ。けれどもべつに、そのとき、靴が入用だと思ったのでもなかった。僕の考えは遠く別な世界へ飛んでいたのだ。
 僕のうしろを人が話しながら歩いていた。が、何を言っているのか、ちっともわからなかった。そのとき一つの声が僕を呼びかけた――
「今晩は!」
 それは『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』が、僕を呼びかけたのだった。
「今晩は!」と、僕はぼんやりとして答えた。僕は『お嬢さん』だと、すぐには気づかなかった。
「どうだね、君!」と、彼がきいた。
「うむ、べつに変りもない……例によって例のごとくさ」
「ところで」と、彼が言った。「君、やはりクリスティにいるのか」
「クリスティ?」
「君はいつぞや雑貨商のクリスティに勤めていると言ったようだが?」
「ああ! いや、あの家は出たんだ。あんな者と、一緒には働けなくなったさ。すぐ、ひとりでに居れなくなったんだよ」
「なぜ?」
「或る日僕が書き違いをすると……」
「嘘を書いたんだろう?」
 嘘を書いたんだって! 畜生、『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』の奴め、まるっきり僕が本当に嘘を書いたようなききかたをしやがった。あいつおまけに、面白いことのように、せきこんでききゃがった。僕はあいつの様子を見て、つくづくいやになったので、返事をしなかった。すると、
「うん、そりゃもう上手な人にでもあることだ」と、あいつは僕を慰めるように言った。やはり僕が嘘を書いたのだと思っているのだ。
「何だいその、そりゃもう上手な人にでもあることだというのは?」と、僕がきいた。「嘘を書いたんだって? おい、君、僕はそんな下等なことをする者だと思っているのか。僕が?」
「けれども。君、僕は君がそう言ったように思ったのだが……」
 僕は空嘯《そらうそぶ》き、『お嬢さん』に尻を向けて、街の下手《しもて》を見た。僕の目は、こっちへ近よって来る赤い女服にとまった。一人の女が、一人の男とつれ立って来るのであった。もし僕が『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』と話し込んでいたところででもなければ、そのとんでもない思い違いに立腹して、空嘯いて、向き直らなかったならば、僕は気づかずに、この赤い女服をやり過ごしたことであろう。
 しかし、一たいそれが僕にとってどうしたっていうんだ?
 それが女官ナーゲル嬢の赤服であったとしても、僕自身に何の関係があるのか?
『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』の奴め、思い違いを訂正しようとしてなお喋ったが、こっちはあいつの言うことをちっとも聞いていなかった。立ったままで、いよいよ近づいて来る赤い女服を見つめていた。すると胸騒ぎがしだした。僕は口へは出さずに心のうちで呟いた――
「ユラヤリィ!」
『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』もそっちの方を振り向いて、この男女を見ると、それに会釈して、目でその後をつけた(僕は帽子を取らなかったつもりだったが、無意識にそうしたかも知れない―英補訳)赤い女服はカルル・ヨハンス街を上って、消え失せた。
「あの女の連れは誰だろう?」と『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』がきいた。
「あいつは『公爵ヘルツゥゲン》』だよ、君はまだ見たことがないのか。『公爵ヘルツゥゲン》』という綽名がついているんだ。でも君はあの女の方は知っているだろう?」
「うん、いくらか。君は?」
「いいや」と、僕は答えた。
「でも、君は丁寧にお辞儀をしたようだったが?」
「僕がお辞儀した?」
「おやっ、君はしなかったのか」と、『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』が言った。「それは変だ! でも、あの女はしじゅう君にだけ目をつけていたぜ」
「どこで君はあの女と近づきになったんだい?」
 彼はしっかりしたことは知らなかった。が……
 何でも秋の或る夕方である。もう遅くなっていた。上機嫌な三人の仲間が、グランド・ホテルの方から来て、その女がひとりでカムメルマイエルの本屋にいるのを見て、声をかけたのであった。
 女は最初、いやいや返事していた。けれども仲間の一人で水火も恐れぬほどの無鉄砲な男が、女の拒むのを無視に、その家まで送ろうと言いだした。その男は、神に誓って、聖書に書いてあるとおり、髪の毛一筋だも女にさわらないどころか、ちゃんと送って行って、女が確かに自分の家へ帰りつけるようにしてやる。でなければ、どうしても自分は安心してその晩眠ることができないと言いはった。
 彼は歩きながら盛んに女に話しかけた。あれやこれやとだんだんお喋りをした。自分からワルデマル・アッテルダークと名のって、写真師だと言った。女はこの陽気な、自分が仕向ける冷淡さに辟易しない男に笑顔をみせなければならなくなった。そして男は、とうとう女を家まで送り届けることになった。
「では、それからどうなったのだ?」と、僕はきいて、固唾を呑んだ。「どうかって……おやっ! あれ、あの女があすこにいるぜ!」
 僕らはちょっと黙った。
「うん、あの男は、やはり『公爵ヘルツゥゲン》』のようだ。きっとそうだ!」と、彼は考えながら言った。
「けれどあの女があいつと関係があるんなら、僕はあの女のすることに責任を持とうなんて思わない」
 僕はやはり黙っていた。
 もちろん『公爵ヘルツゥゲン》』はあの女をつれて行くんだろう! それは何の不思議もないじゃないか! そんなことが僕に何の関係があるものか! 僕は彼女の魅力に洟《はな》もひっかけやしない、あの女なんか僕にとっちゃなんでもないのだ!
 僕はあの女のことを極度に悪く思って、自分を慰めた。女を泥のうちに引きずり込んで、嬉しがった。
 僕はあいつら二人の前になぜ脱帽したのか。あんな人間に、なんだって脱帽することがあるものか。僕はもうあの女に用はないのだ。決してないのだ。あの女はもうちっとも美しくはない。堕落してしまっている。へっ畜生。あの女め、すっかり色があせちまった! あの女はただ僕だけに目をつけたんだろう。それはありそうなことで、不思議でも何でもない。あいつ、きっと後悔しかけているのだろう。だからといって、僕があいつの足もとにひれ伏したり、会釈したりする必要があるものか。まして、あの女は近頃あんなに汚れているではないか。『公爵ヘルツゥゲン》』のお相手にちょうどお誂え向きだ! いつか、あの娘のいるのに目もくれずに、大威張りでそばを通れるときが僕にくるだろう。いや、きっとくる! へへ、そしたら僕の勝ちだ! もし僕の考えが間違わないならば、ぼくは今夜じゅうに戯曲を書き上げて、八日以内にあの娘に膝を折らしてみせよう。あの女がどんなに美しくても。へへ、あの女がどんなに美しくてもだ……
「さようなら!」と、僕はぶっきらぼうに言った。
 でも、『|お嬢さん《ヨムフルウェン》』は動かなかった。彼はたずねた――
「けれども、今君は何をしているか」
「何をしているのか? もちろん書いているさ。ほかに何ができるものか。それでこそ僕は生きて行けるのだ。現在は一大戯曲『十字章』を書いている、題材は中世紀だ」
「へへえ!」と、『お嬢さん』は正直に言った。
「君はそれを書ける見こみがある?」
「書けることについちゃ僕は何の心配もしない!」と、僕は答えた。「八日もたてば君は僕から何とかたよりを聞くだろう」
 そう言って僕は別れた。
 僕は家へ帰るとすぐに主婦にランプをともしてくれと言った。このランプをもらうことは僕にとって一大事であった。僕は今晩寝ない。僕の戯曲が、頭の中で荒れまわっている。僕は朝までには、立派なものが出来上ると確信している。
 部屋にはいると、主婦が非常に不機嫌な顔をしたのを見て、僕は自分の用事を、きわめて謙遜に持ち出したのであった。
「僕は今えらい芝居を、もう少しで書き上げるところです」と言った。「もう、後一二場たりないのです。きっとどこかの芝居小屋で舞台《いた》にかけられると信じています――僕自身すら、その台詞《せりふ》を覚えこむ暇もないうちに……ですからもしかあなたが大事なランプを……」
 けれども主婦はランプを一つも持っていなかった。彼女は考えてみたが、どこにもランプを余分に持っていることを想い出さなかった。もし十二時過ぎまで待っていたなら、或いは台所のランプが使えるかも知れない。なぜ僕は蝋燭を買わなかった。
 僕は口をつぐんだ。
 僕は蝋燭一本買う十オウレの金を持っていなかった。主婦はそれを知っているのに……
 もちろん、僕はまたやりそこなうのだ!
 そのとき、僕らのそばに女中が腰かけていた。女中はただこの部屋に坐ったままで、台所なんか少しもかまわなかった。だから台所のランプは、決してともされたことがなかったのだ。僕はそのことを思ったが、もう何も言わなかった。
 突然、女中が僕に言った――
「あなたはさっき、お城から出ていらしったのを見たように私思うわ。あなた、お城でご陪食になったのね?」
 女中はこう嘲って、げらげらと笑った。
 僕は黙って腰掛けると、紙を出して、ここにいる間に、いくらか書いてみようとした。紙を膝に置いて、気を散らすまいと、一心に床を見つめた。けれどもそれは駄目だった。何にもらなかった。僕はその後をつづけることはできなかった。
 家の二人の娘が猫を一ぴきもって、大騒ぎをしていた。その猫はほとんど毛のない、奇妙な病気の猫で、娘たちがその目を吹くと、ぼろぼろ涙が出て、鼻筋をつたって流れるのであった。亭主と他の二人の者はテーブルによって、カルタの百一をやっていた。主婦ひとりだけが、例のごとく忙しそうに何やら縫っていた。
 主婦はこんなに騒々しい中では、僕が何も書けないということをよくわかっていた。が、もう僕などにかまってはいられなかったのだ。それに女中が僕に、昼飯のことを言ってからかったときには微笑さえした。一家を挙げて僕を敵視しているのだった。僕が部屋なしになって、まるっきり闖入者のようにあしらわれていることが、意気地なしに見えたのだ。だからこの下女――ちっぽけな、目の碧い、額に縮れた毛のある、胸の平べったいすべたまでが、僕が夕方バタ付きのパンをお情けにもらうのを、馬鹿にしているのだった。この女は僕に、どこでいつも昼飯を食べるのか、僕が外出して物を食べたのを見たことはないないなんかと言った。僕の困りぬいていることを知っていて、僕を馬鹿にして、よろこんでいるのだ。
 ふと僕は、これじゃ脚本の台詞《せりふ》が一句も浮びはしなかろうと思った。僕は一歩一歩、いたずらに※[#「足へん+宛」、第3水準1-92-36]《もが》いているのであった。もう頭の中はがんがん鳴りだしたので、とうとう書くことをやめてしまい、紙をポケットに入れて、顔をあげた。女中はちょうど僕の前に坐っていた。僕は彼女を見た、その小さな背や、まだ本当に成長しないようなその低い両肩を見た。
 なぜこの女は僕にくってかかったのだろう。僕が宮城から出て来たところで、それが何だ。この女に何の妨げがあるのか?
 この女は二三日来、僕が運悪く、階段につまずいたり、裂けたところを縫うために衣服《きもの》を釘に掛けて置いたりすると、無礼な笑い方をした。この女が玄関に僕が裂き捨てておいた原稿の屑を拾い集めて、僕の戯曲を家族室で読み上げ、聴いている奴らと一緒に馬鹿にして笑ったのは、昨日のことだ。僕はまだこの女に迷惑をかけたことはない、何一つ用を頼んだ覚えもない。それどころか、僕は毎晩自分で寝床を床に敷いて、この女の手を煩わすを避けてさえいるのだ。この女はまた、僕の髪が脱け落ちるといって馬鹿にした。朝、洗盤に髪が散らばって浮いていたりすると、大へんよろこぶのだった。もう、僕の靴は悪くなっていた。とくにパンを積んだ馬車に轢かれた方がいけなくなった。するとこの女はまたそれを愚弄した。
「おやまあ、あなたの靴はどうしたんです?」と、言った。「ごらんなさいな、大きくってまるで犬小舎ほどあるわ!」
 この女の言うのは本当だった、僕の靴は穿き潰されていた。けれども僕は当分それをどうすることもできなかった。
 僕が、下女のこの無遠慮な悪意を想い出して驚いているうちに、小さい娘たちは、寝床の老人をいじめだした。二人の娘は老人の周囲をぴょんぴょん跳ねまわり、夢中になっていたずらをした。二人は藁の茎をもって、それを老人の耳の穴にさし込んだりした。
 僕はしばらくそれを黙って見ていたが、じっと我慢してあえて干渉しなかった。
 老人はそれに敵対しようと指一本動かすことさえしなかった。彼は刺されるたびに、怒った目つきをして、悪戯者どもを睨みつけるか、或いは突き刺さった藁をのぞくために、頭を振るだけであった。
 僕はその有様にだんだんと激昂して、それから目を放すことができなくなった。
 父親はカルタから目を上げて、二人の子を見て笑った。彼はまたカルタの相手に、目顔でそれを知らした。
 なぜ老人は黙っているのだろうか。なぜ彼は、手で子供たちを押しのけないのだろうか。
 僕は堪りかねて一歩、寝床に近寄った。
「子供にかまいなさるな。子供にかまいなさるな! 老人は足がきかないんだから!」と、主が叫んだ。
 こんなことに干渉して、亭主の不機嫌を買い、もうおっつけ夜になるのに、追い出されたりしては厄介なので、僕は静かにもとの席へ戻って、じっとおとなしくしていた。
 家内の争いに鼻を突き込んで、宿とバタ付きパンとを棒にふるような危いことをしてよいものか。半分死んでいる老人のために、場かなことをして損をしちゃこっちがたまらない。
 僕は立ち上って、まるで燧石《ひうちいし》のように硬くなった。
 二人の餓鬼はそのいたずらをやめなかった。老人が頭を動かすのにじれて、しまいには老人の目や鼻の孔まで刺した。老人は凄い目で、子供を睨んでいたが、何も言いもしなければ、手も動かさなかった。
 突然老人は体の上部を少し上げて、一人の娘の顔につばを吐きかけた。彼はもう一度のび上がって、別の一人にも吐きかけた。けれども今度はかからなった。
 僕は亭主がカルタを置いて立ち上がるのを見た。彼は真赤な顔をして叫んだ――
「うぬ、子供の目に唾を吐きかけやがったな、老いぼれめ!」
「だが、老人だって困っていたんだからな!」と、僕はわれを忘れて叫んだ。しかし追い出されやしまいかと、しじゅう懸念していたのだ、声にあまり力を入れることはしなかった。僕は激昂して、体じゅうがぶるぶると顫えた。
 亭主は僕の方へ向き直った。
「何だい貴様は! どうしたっていうんだ? 余計な口をきかずに、おれが言ったとおりにしていろ、その方が貴様のために一等いいのだ」
 すると、今度は主婦がどなり立てて、家じゅうが鳴りわたった。
「何だいお前さんたち、みんな気がちがいやしないかい?」と、彼女は叫んだ。「ここにいるつもりなら、おとなしくしていなさいよ、ええ! ならずものに宿を貸して、飯を食わしておくでさえ並大抵じゃないんだよ。それに近頃は、地獄の牛頭《ごず》馬頭《めず》までこの部屋へ入りこんじまった。わたしゃそんなものはもう真っ平だよ! お黙んなさい、子供たちも鼻をお拭き。拭けなきゃ、私が拭いてやる。私ゃまだこんな人たちを見たことがありゃしない! どこからか、十オウレの蝋燭一本買う金さえ持たないものがまぐれ込んで、真夜中まで家の奴らと一緒に騒ぐなんて、たまったものじゃない。お前さんたちは、よくまあそんなわがままなことをやらかして、私を踏みつけにするんだね! そんな真似はよしてもらいましょう。ここの家の者でない人たちは、みんなめいめい勝手にどこへでも行ってもらいましょう。私もちったあゆっくりしなきゃならないんだから!」
 僕は何も言わなかった。僕は少しも口をきかなかった。けれどもふたたび椅子にかけて、騒ぎを聞いていた。
 みなの者が喚き立てた。子供や女中までが、争いが起ったわけを口々を言い罵った。もし僕がただ黙ってさえおれば、それはおしまいになるのであった。また僕に何が言えよう。
 戸外《そと》は冬ではないか。おまけにおっつけ夜ではないか。決然テーブルを叩いて、帽子を取るに適当な時機ではなかったのだ。馬鹿なことをしちゃいけない。
 僕は静かに坐って、家を出なかった。出て行けと言われたも同様であったけれど。僕は、じっと壁を見つめた。そこには、印刷した油絵キリストの像が掲げてあった。僕は主婦が何と悪態《あくたい》をついても、堅く口をつぐんでいた。
「そうか、主婦さん、行けっていうんなら長居して、お前さんのお邪魔はしますまいよ」と、カルタをとっている一人が言った。
 彼は立ち上がった。も一人のカルタの相手も立ち上がった。
「いいえ、お前さんのことを言っているんじゃないわ。またお前さんのことでもないでしょう」と主婦はふたりに向って言った。「私の言ったのはほかの奴さ! 誰だかそれはちゃんとわかっているさ!」
 主婦は、少し間をおいて、こう僕に突っかかって来た。そして自分が暗示しているのは僕であると一そうはっきりさせるように、わざとのろのろ言葉を長く引っぱった。
「黙ってろ!」と、僕は自分に言った。「ただ黙ってろ! 主婦は僕に出て行けと、そぶりでも、口でも言いやしなかった! こっちじゃ傲慢な心を出してはならない、時機をわきまえぬ尊大な心を起してはならないぞ! 耳を塞いでおれ……だが、あの油絵キリストの髪は、あまりに青いな。といって、あれは青草とも見えない。正確に言えば、茂った牧草だ。ほう、僕の見立ては実にうまい、まったく茂った青草だ……」
 このときひそやかな連想が僕の頭の中に起った――僕の全心は青草から、あらゆるものの焼かれる最後の審判を書いた聖書の文句に、それからリスボン地震にそれて、とうとうスペイン製の真鍮の痰壷、僕がユラヤリィのところで見た黒檀のペン軸にまで移って行った。
 ああ! 何もかも過ぎ去ったことだ! 草のように燃えてしまった! すべてのものが、四枚の板(棺を指して言っている。棺は方形だから、四枚の板で作られる)と屍衣《きょうかたびら》で――門内内側、ヨンフルウ・アンデルセンのそれで――始末がついてしまった。
 この絶望的な瞬間、こんなことが頭の中に起っているとき、主婦が僕を追い出しに来た。
「この人は聞いていないんだよ!」と、主婦が叫んだ。「家をどいて下さいと私ゃ言っているんだよ。お前さん、わかってるじゃないか!
 この人はまあ狂人《きちがい》なんだろう! さあ、さっさと行っておくれな、もう余計なことなんか言わないで!」
 僕は戸口を見た、行かぬつもりで、決して出て行かぬつもりで。僕は大胆なことを考えた。
 もし戸に鍵があるなら、それをねじて、他の者と一緒に内に閉じ籠って、決して出て行くまいと。
 僕は戸外《とがい》へ出るのを、神経質に恐れた。けれども戸には鍵がなかった。僕は立ち上がった。もう何の希望も残っていなかった。
 そのとき突然、亭主の声が主婦の声と一緒に聞えた。僕はびっくりして立ち止った。今まで僕を脅していた亭主は意外にも僕のかたをもった。彼は言った――
「夜中に人を追い出すのはご法度《はっと》だってことは、わかってるじゃないか。そんなことをすれば罰をくうんだぞ」
 僕は、所罰されるかどうか知らなかった。僕はそんなことを信じなかったが、たぶんそうなのだろう。主婦はすぐに思い返して、静かになって、もうにも言わなくなった。そればかりでなく彼女は僕に、夕食のバタ付きパンを二つ出した。けれども僕は手をつけなかった。外出先で食べたふりをして、亭主に対する真の感謝の念から、それを受け取らなかった。
 僕がとうとう玄関に寝に行くと、主婦が後を追って来て、戸口に立って、大きなお腹《なか》を僕の方に突き出して高い声で言った――
「お前さんがここに泊るのも今夜ぎりですよ、わかってましょうね」
「ええ!」と、僕は答えた。
 僕が精出して探したら、或いは明日中に別な宿を見つけられるだろう。僕はどこかに泊るところを見つけなければならないのだった。けれども、さしあたり、僕はその晩に追い出されなかったことを有難く思った。

     *   *   *

 僕は朝の五六時頃まで眠った。さめたときには、まだ明るくはなっていなかった。けれどもすぐに起き上がった。寒いのでごろ寝をしていたから、べつだん衣服《きもの》を着更える必要はなかった。僕は水を飲んで、なるべくそっと音のしないように戸を開けて外へ出た。主婦にふたたび会うのを恐れたからであった。
 徹夜していた一二の巡査だけが、僕の見た街路にいる唯一の生物であった。それから少したってまた二人の者がガス燈を消してまわった。
 僕は当てもなく歩きまわった。キルケ街を要塞の方へ行った。寒いのと、まだ眠いのと、長い散歩の後、膝も背も疲れているのと、かつ非常に空腹を感じたのとで、或るベンチに腰掛けて、永いこと眠った。
 僕は三週間、朝夕主婦がくれるバタ付きパンだけで生きていたのだった。が、今は最後の食事をしてからほとんど二十四時間もたっていた。飢えがまた僕を苦しめだした。僕はすぐにそれに対する方法を発見しなければならなかった。そう考えたので、ベンチの上にまたもや寝こんでしまった……
 僕は、近くで話をする人声に目がさめた。われに返ってみると、好天気で、人はみな起きていた。僕は立ち上がって、歩きだした。
 太陽は丘の上に昇った。空は青く美しかった。この幾週間の闇の後、美しい朝が来たので、僕は一切の苦しみをけろりと忘れたが、今受けた苦しみは、今まで幾度となく受けたそれよりも、もっとひどかったようにさえも思うのだった。僕は自分の胸を叩いて、ひとりで何やら小唄をうたった。が、僕の声はかすれて、まったく力が抜けていた。僕は、われ知らず涙を誘われた。この美しい日、この青く、光りに満ちた空さえも、僕にはつらかった。僕は声を出して泣いた。
「あなたがどこかお悪いのですか」と、一人の男が寄ってきいた。僕は返事をしなかった。すべての人に自分の顔を隠して、急いで立ち去った。
 僕は波止場に下りた。
 ロシヤの国旗を掲げた大きな船が、石炭をおろしているのを見た。僕は舷側の船の名をコペーゴロと読んだ。この外国船の甲板に行われていることが、ちょっと僕の注意をひいた。それは、荷役はもう大方すんで、すっかり空船になったらしく、船脚《ふなあし》は十一フィートも水上に出ているし、石炭人足がその重い長靴で甲板の上をどしどし歩くと、船じゅうがぼんぼん響くのであった。
 太陽、光り、海からの潮風、この忙しい、愉快な生活が僕を力づけさせ、血を沸き立たした。ふと僕は想いついた――今のうちなら、戯曲の二場を仕上げることができるだろうと。そこで僕はポケットから原稿紙を取り出した。
 僕は一修道士の口から一句、力と苛辣に満ちた台詞《せりふ》を書こうと試みたが、成功しなかった。僕は修道士をやめにして一つの演説神殿の冒涜者に対する裁判官演説を書こうとしたが、これも半ページでよしてしまった。どうしても本当の気分にはいって行けなかった。僕の周囲の忙しさ、荷揚げ唄、揚錨機の音、絶えず鎖のがちゃがちゃ触れ合う音。――それらは僕の戯曲のうちに、霧のように立たねばならぬ中世紀の、ぼんやりとした黴臭い空気とは、そぐわぬものであった。僕は紙をたたんで立ち上がった。
 けれども今僕はよい方に向ってきた。僕は事情がゆるせば、きっと何か書けると、明らかに感じた。
 静かな場所さえあれば!
 僕はそれを思って、道ばたに立ち止って考えた。けれども、僕が一時間と腰を落ちつけえられる静かな場所は、全市中どこにもなかった。ただファテルランドの旅宿へ帰って行くよりほかには、仕方ないのであったが、僕は嫌って、それはいけないことだと始終自分に言ってきかした。けれども僕は依然そっちに方へ行って、だんだんと禁制の場所へ近よった。それが哀しむべきことだとは僕自身も認めていた。まったくそれは汚ないことで、卑屈な話だった。が、何とも仕方がなかった。僕はそのとき、少しも傲慢な心は持たなかった。最も傲慢ならぬ人間の一人であったのだ。で、僕は行った。
 僕は門のところに立ち止って、も一度考えてみた。
 一か八《ばち》か、思いきってやっつけろ! いけなかったらちょっと体の向きを変えるだけのことじゃないか。第一、ほんのちょっとの間のことだ。第二に、僕がまたもこの家に逃げ込んで来たのは、紙も許したまうことだろう。
 僕は中庭へはいった。凸凹《でこぼこ》な石畳《いしだたみ》を歩いているうちには、まだ心がきまらないで、門の方へ引き返そうかと思った。僕は歯をくいしばった。
 いや、尊大な自負心を起すべきときではない! 一番運悪く行ったところで、僕は公然と別れを告げ、勘定の話をしに来たと言い訳をすることもできる。
 僕は戸を開けて、玄関に入った。
 僕は内へはいって、じっと立っていた。僕のすぐ前、僅か二歩のところに、亭主が帽子もかぶらず上衣も着ないで、鍵穴から、家族室を覗き込んでいた。彼は手真似で、僕に静かにしろと命じて、ふたたび鍵穴から覗いた。彼はにやりと笑った。
「ここへ来てごらん」と、彼はささやいた。
 僕は爪立ちして近よった。
「ここを見なさい」と言って、亭主はくすくすと笑った。「覗いて見なさい、ひひひひひ。あすこに寝ていらあ、あいつらが! 老人を見なさい! お前さん、老人が見えるかね?」
 寝床のうち、油絵キリストの下、右側、ちょうど僕に向った方に、二つの影、すなわち、主婦と外人の運転士が寝ているのを見た。主婦の白い脛が、黒い夜具にくっきりと対照を作っていた。また他の壁ぎわにある寝床には、主婦の親父の跛足《ちんば》な老人が坐って、例のごとく頬杖ついて、うずくまって、身動きもしないでいた。
 僕は亭主の方に向き直った。彼は自分の口を手で塞いで、一生懸命に高い笑いをこらえていた。
「老人を見たかね?」と、彼は囁いた。「見たろう? 老人は坐って、じっと見ているんだ!」
 亭主はまたもや鍵穴を覗いた。
 僕は窓に行って、そこに腰掛けた。
 この光景は容赦なく僕の思想を掻き乱して、僕の気分をすっかりぶちこわしてしまった。
 これが僕に何の関係があるのか。もし亭主がそれを見て面白がっていたら、またそれに非常な興味をもっていたのなら、何も僕がそれにかかずらうことはない。また老人はまた老人にすぎない。彼はまだ、一度もそれを見たことがなかったのだろう。おそらく坐って眠っているのだろう。或いは、死んでいるのかも知れやしない。彼が坐ったまま死んでいたからとて、僕に何の不思議があろう。そのことで何の僕の良心を煩わすことはないのだ。
 僕は紙を取り上げた。そして中絶した印象をふたたび得ようとした。
 僕は裁判官演説の真最中に身を置いた……
「――神と法律とがわれにかく命ずるのじゃ、聖賢の教えはわれにかく命ずるのじゃ、またわが良心がかく命ずるのじゃ――」
 僕は窓の外を見て。裁判官の良心が彼に何と命じたことにしようかと考えた。
 小さな物音が部屋の内から僕の耳に聞こえてきた。
 そんなことはかまったことじゃない、ちっともかまったことじゃない。老人は死んでいるんだ。たぶん今朝の四時に死んじまったんだ。だがその音は、ひそやかな僕の冷静を妨げない。ええ、くそっ! なんだってそんなことを考えるのだ。静かにしろ! ええと……
「――わが良心がわれにかく命ずるのじゃ――」
 けれども物事がみな、僕に対して逆行した。
 亭主はその鍵穴のそばに、少しもじっとしていなかった。僕は彼の忍び笑いを聞き、彼が顫えるのを見た。外の通りではまた、僕の気を散らす何事かが行われているのであった。向う側の歩道には、一人の子供が日向《ひなた》に遊んでいた。彼は平和に、何の危険をも感じていないらしく、ただ細長い紙片をひねっているだけで、何もいたずらをしていなかった。が突然、彼は跳び上がって、悪口をついた。彼は車道あとしざりして行って、向うの二階の開いた窓から顔を出してその頭に唾をひっかけた赤鬚の大人《おとな》を睨んだ。子供は怒って泣いた、大人の方では子供の顔を見おろして笑った。こんなことがおよそ五分ばかりもつづいただろう。
 僕は子供の泣くのを見まいとして、向き直った。
「――わが良心がわれにかく命ずるのじゃ――」
 それ以上僕はつづけることができなかった。とうとう何もかもこんがらかってしまった。すでに書き終えたものさえも物の役には立たない、実に、全体の思想が恐ろしく馬鹿げているように思われた。
 もともと中世紀の人間の良心を語るということはできないのことだ。良心は舞踏の教師シェクスピアによって始めて発見されたものである。だから、僕のこの演説は全然間違っている。すると、この原稿のうちには何のいいとこもないのか。
 僕は読み返してみた、そしてすぐに前の疑いを解いた。僕は立派な、非常に目立つ、ほんとにいい文句を発見した。それがまた僕をすっかりのぼせあがらして、どうしてもこの戯曲の結末を書かなければならないと思わせた。
 僕は立ち上がって、亭主が、静かにしろと怒った手真似をするのにはかまわないで、戸口へ行った。僕はぷんぷんしながら、思いきって、玄関を出て、二階の階段を昇ると、僕がもといた部屋にはいった。運転士は実際そこにいなかった。
 だからここにちょっと僕がいたところで何のさしつかえがあるものか。僕は何の彼の所有物にさわりはしない、ちょっとだって彼の机を使いはしない。ただ戸口のそばの椅子に腰掛けて、それで満足するだけである。
 僕は膝の上に、勢いよく原稿紙をひろげた。
 さて、幾分かの間は格別のこともなくて過ぎた。一句は一句と告ぐ次に僕の頭の中に出来上って、僕は絶えずそれを書きつけて行った。僕は一ページまた一ページと白紙を文字で満たして、まっしぐらに進んだ。僕のいい気分をほくほくよろこびながら、ほとんどわれを忘れて。この間に僕が聞いた唯一の物音は、ただ自分の嬉しそうな鼻歌だけであった。
 また僕の戯曲の或る部分で、協会の鐘を一つ鳴らさなければならぬという、面白い考案が浮んだ。すべてが素晴らしい勢いで進んだ。
 そのとき、僕は階段に足音を聞いた。僕は顫えた。ほとんど気がちがいそうになった。まるで撥条《ばね》の上に腰かけているようにそわそわと、心配しながらも、飢えにのぼせあがりながらも、しいてそこに腰を落ちつけていた。僕は神経を鋭くし、鉛筆をじっと掴んで聴いていた。もう一語も書けなかった。戸が開いて、下の部屋から来た二人の人がはいって来た。
 僕がまだ、ご免なさいと言う間もあらせず、主婦《おかみ》はいきなり頭からどなりつけた。
「ああ、こりゃ、どうしたことだえ、この人またここに来ているじゃないかね!」
「ご免なさい!」
 僕は後をつづけようとしたが、出なかった。
 主婦は戸をがらりと開けて叫んだ――
「出ていけ、ぐずぐずすると巡査《おまわり》さんを呼んでくるから!」
 僕は立ち上がった。
「僕はただあなたにお別れを言いに来ただけです」と、口ごもりながら言った。「あなたを待っていたのです。何にもさわりはしませんでした。ただ椅子にかけていただけで……」
「いやなに、そんなことは何でもない!」と運転士が言った。「何をするもんか。うっちゃっておきなさい」
 僕は階段まで来ると、突然、後をつけて来て、僕の出て行くのを急《せ》かしたてる、太った、孕み女が、むやみに癪にさわったので、最もひどい悪口を跳ねかけてやろうかと、口をもぐもぐさして、ちょっと立ち止った。けれども、僕は思い直して黙った。主婦のうしろにいる運転士に対する感謝の念から、その人に聞かれてはと思って、黙っていた。
 主婦《おかみ》はずっと僕のあとをつけて来て、しっきりなしに悪口をついた。だから僕は歩いて行くうち、だんだん腹が立ってきた。
 僕らは庭へ降りた。僕は主婦の相手になったものだろうかしらと、考えながら、なおもぐずぐずと歩いていった。
 僕はこのとき怒りに心を掻き乱されていた。そして、最悪な血まみれ騒ぎまえでも考えていた。たった一突きでこの場に主婦を殺してやろうか、たった一蹴りで、腹を突き破ってやろうか? とさえ思った。
 一人の郵便配達が門内へはいって、僕に会釈して行き過ぎたが、僕はそれには答えなかった。彼は僕のうしろにいる主婦に向って、僕のことを聞いていた。けれども僕は振り向かなかった、
 門を出て一二歩行くと、配達人は、僕に追いついて、改めて僕に声をかけた。彼は一通の手紙を渡した。僕はぷりぷりしてしぶしぶと封を切った。封筒の中には十クローネル札が一枚はいっていたきりで、手紙もなければ、何とも書いていない。
 僕は配達人を見てたずねた――
「何だい、この馬鹿げたことは? 誰がよこした手紙だ?」
「私は知りません」と、配達人は答えた。「けれども、それをお頼みになったのは、お嬢さんでした」
 僕は静かに立っていた。
 配達人は去った。
 僕はふたたび金を封筒に入れ、それを押し丸めて、なお門の内から僕の方を見ている主婦の向っ面《つら》にそれを投げつけてやった。僕はうんともんとも言わず、主婦がそのもみくちゃになった紙をあらためているのを尻目に見て、さっさと行ってしまった。
 へん、これこそ立派な行いと言えよう! 封筒の中身は何とも言わずに、大きな札を、すましてもみくちゃにして、追いかけて来た奴の面《つら》に叩きつけてやったんだ。これこそ堂々たる行いと言えよう! あんな畜生どもにはこうしてやらなけりゃ!……
 僕がトムテ街の停車場の角に来たとき、突然、僕の目にはあたりの世界がくるくるまわって、頭ががんがんと鳴った。もう一歩もあるけなかったので、家の壁へたおれて寄りかかった。前こごみになった体をのばすことすらできず、壁にもたれて立ちながら、気を失いかけた。僕の狂った心は、この困憊の極に起った発作に、ただいきり立った。そして鋪道に地団駄を踏んだ。僕は他にいろいろ力を出そうとしてみた。歯を食いしばったり、額に皺をよせたり、やけに目をみはったりしてみた。するとそれがどうやら、役に立ってきだした。
 僕の頭は明るくなったので、もうたおれるところだなとさとった。そこで手を前に伸べ、壁から身を放した。街路はやはり僕の目にくるくると舞っていた。僕はじれて、すすり上げた。自分の惨苦に対して魂の奥底からたたかった。たおれるのがいやさに、立っていようと勇敢に抵抗した。立ちながら死のうと思った。
 一台の荷車がのろのろと通って行った。僕は、その上に馬鈴薯が積んであるのを見た。けれども怒っているのと、心が頑固になっているのとで、僕はわざとそれを馬鈴薯と認めず、キャベツと思った。僕は何といってもそれはキャベツであると言って、恐ろしく誓いを立てた。
 僕は自分で言っていることをよく聞いていた。そして、ただ自分は途方もない虚偽の誓いを立てていることに、愉快な満足を求めるため、この嘘を絶えずついているのであった。僕はこの稀有《けう》な罪にすっかり酔わされて、三本の指を空にあげて、これこそはキャベツであると、震える唇で、父と子と聖霊のみ名によって誓った。
 時はたった。
 僕はそばの階段にどっかりと腰をおろして、額や頸の汗を拭い、深く空気を吸って、心をしいて落ちつけようとした。
 もう午後で、太陽は傾いていた。
 僕はふたたび自分の位置を案じ始めた。飢えが激しく僕に襲って来た。その上に、もう少したてば夜になるのであった。まだ日の暮れないうちに、何とか身の振り方をつけなければならなかった。僕の考えはまたもや手ひどくやっつけられた、あの旅宿へ戻ることであった。が、戻って行きたいのではなく、それを考えないではいられなかったのだ。
 もちろん主婦《おかみ》が僕を追い出したのは当然であった。金を払わないで、誰のところにだって住っておられるものではない。それにもかかわらず、主婦は時には僕に食物すらも与えてくれたではないか。僕は主婦の不機嫌を買った昨夜《ゆうべ》でさえも、二つのバタ付きパンを出したのだ。僕にその必要があると知っていたから、好意で出したのだ。だから何も不足を言うところはなかったのだ。
 僕は心のうちで、主婦に対して怒ったことをひそかに詫びた。とくに僕が最後に恩を忘れて、その顔に札《さつ》を抛りつけたことをひどく後悔した……
 十クローネル!
 僕は吐き出すように言った。
 配達人が持って来た手紙はどこから来たのか?
 今始めて僕はそれをはっきりと思い浮かべて、ふいに一切の関係を推察した。僕は苦痛と恥とに打ちしおれた。僕は幾度も、嗄れた声でユラヤリィと呟いて、頭を振った。
 僕があの女に今後出会ったなら、最も冷淡なふうをして、彼女のそばを通り過ぎてやろうと決心したのは、ついまだ昨日のことではなかったか。しかるに僕はかえってあの女から同情を受けて、金を恵まれてしまった。いや、はや、僕の堕落は限りがない! 僕は決して彼女と同等の位置に立つことはできなかった。僕が向うところ、すべてこれ堕落であった、膝まで、腰まで。僕は汚濁の底に沈んで、もう二度と浮び上がれない、二度と! それはどん底だ! 匿名の施与者に突き戻しもしないで、お情けの十クローネルばかりの端金《はしたがね》を取れと言われるままに、両手に掴み、内々惜しくて、いやだと思いながら、それを宿料に使ってしまう……
 僕はどうにかしてこの十クローネルを取り戻すことはできないかしら。主婦のところへ行って、金を返してもらおうなんてできない相談にきまってる。もし考えてみたら、もっとよく考えさえしたら、別な方法もあるはずだ。あたりまえの考え方じゃいけない、この十クローネルを取り戻す方法は、僕の全身、全力をつくして考えなければならないのだ……
 そこで僕は一生懸命に考え始めた。
 たぶん、四時頃だ。二時間ばかりして僕が戯曲を書き上げさえすれば、劇場の支配人に会えるだろう。僕は原稿を取って、一生懸命に最後の三四場を仕上げようとした。僕は考えた。僕は汗を流した。そして始めから読み直してみた。けれども何にもならなかった。
「馬鹿なことはいけないぞ!」と、僕が言った。「もう頑固なことをしてはいけないぞ!」
 僕は夢中で戯曲を書いた。急いで仕上げて、筆を置きたさに、何でも頭に浮かんだだけはみな書いた。僕は新たに大切な時機がきたと想像した。僕はすっかり自分を欺いた、明らかに欺いて、あたかも何の言葉もさがす必要のないもののように書きまくった。
「これはいい! まったく発見だ!」
 僕は始終こう呟いた。
「ただ書け、書け!」
 とかくするうち、僕が今書いていた台詞《せりふ》が信用できないように思われだした。それは第一幕の台詞とはあまり似つかぬものであった。のみならず、中世紀の人の口の端《は》にのぼるようなものではなかった。僕は鉛筆を噛み折って、地団駄ふんで、原稿をずたずたに引き裂いた。一枚一枚ずたずたに引き裂いた。帽子を路に投げて、踏みにじった。
「僕はもう駄目だ!」と、ひとりで呟いた。そして帽子を踏みつけているうちは、それよりほかのことは何も言えなかった。
 一人の巡査が数歩離れたところにいて、僕の方に気をつけていた。彼は車道の中央に立って、僕よりほかのものには少しも注意していなかった。
 僕は頭をあげると、彼と目を見合わした。おそらく彼はもう永い間そこに立って、ただ僕を見つめていたのであろう。僕は帽子を取り上げてもとの通りにかぶり、巡査のところへ行った。
「何時ですか」
 彼は時計を取り出すのにちょっとぐずついたがその間も始終僕から目を放さなかった。
「四時頃です」と、彼は答えた。
「まったく」と、僕は叫んだ。「四時頃、よく当りました。あなたは自分の職務をよくご存じですね、僕はよくあなたを覚えておきましょう」
 そう言って僕は巡査の傍を去った。巡査は非常に驚いて、口をあんぐりあけ、手に時計を持ったまま僕を見送っていた。ローヤル・ホテルの前に来てから振り返って見ると、巡査はまだそこに立って、目で僕をつけていた。
 はっはっ、あんな奴にはこうしてやるべきものだ! 最大の侮辱を与えてやるんだ! ひどく脅かされてやがる! びっくりしてやがる!
 僕はすっかり悦に入って、またもや小唄をうたい始めた。昂奮のために、もはや苦痛も感じないで、また少しも不愉快な気持すらしないで、また少しも不愉快な気持すらしないで、羽のように軽く道を行った。市場のところを曲りヴォール・フレールセルス教会傍のベンチに腰をおろした。
 僕が十クローネルの札《さつ》を送り戻してやるかなどうかは、無関心にすましておられることじゃなかった。一たん受け取った以上、あれは僕のものだった。そしてまたくれた人には、確かに必要のないものなのだ。わざわざ僕に宛てて送られたものなら、僕はそれを受け取るべきであって、配達人の手に留めておくのは無意味であった。なおまた僕が受け取ったあの金でなく、別の十クローネルを返してやるのもいけない。だから何とも仕方がないのである。
 僕は市場の繁昌を見て、心をまぎらわしてしまおうとしたが、駄目だった。僕は始終十クローネルの札のことを考えていた。しまいには手を握りしめて、怒りだした。
「もし送り戻したなら」と、僕は言った。「あの女は腹を立てるだろう。だから、どうしてそんなことをしてもいいものか」僕はいつだって、あらゆるものに対して、自分の優越を感じ、傲然と、頭をもたげて――「いや、有難う、もうたくさんです!」と答える。今僕は、その結果がどうなったかを知った。
 僕はふたたび野天の街頭へ出てしまったのだ。僕はあのいい暖かな旅宿に泊っておられる機会を握りながら、それを利用しえなかったのだ。僕は傲慢だった。最初の一言でもう跳び上がった。おれはそんなけちな人間じゃないんだぞ、と右に左にぱっぱと十クローネルを払って、自分の路を行ったのだ。……
 僕は自分の宿を去ったので、困ったけれど、正しく自分を処置して、あやまらなかったのである。
 その他は僕はみな黄金魔のなすにまかした。僕はあの十クローネルを下さいなんて言ったのではなかった。ただそのときちょっと手に取っただけで、すぐにそれをやってしまった。も一度会えるか会えないかさえわからない、何の縁もない無作法な人間に払ってしまった。僕はこんな人間であった。当然そうすべきものなら、最後の一オウレまでも払ってしまうのだ。ユラヤリィが僕の理解しているとおりの女ならば、彼女は、僕にあの金を送ったことを後悔しないはずだ。だから、何だって僕はじりじり怒っているのだ? おりおり彼女が僕に十クローネル送ることは、彼女にできる一番ちっぽけなことなのだ。あわれな娘は、まったく僕に惚れ込んでいる。へへへ。たぶん死ぬほど僕に惚れているのだろう……
 僕はこう考えて、自分で大いに威張ってみた。あわれなあの娘が、僕に惚れ込んだのは疑いもないことであった。
 五時であった。僕は永い間神経を昂奮さしたので、またもや頭の中ががんがん鳴るように思った。僕は前を見つめて、目をかっと見ひらき、象の看板を出したエレファント薬店の方を見た。すると飢えがまたひどくなって、僕は大いに苦しんだ。そこに坐って空間を見ているうち、僕の緊張した視覚に一つの影が少しずつあらわれてきて、とうとう明瞭にそれがわかった。エレファント薬店のそばの駄菓子屋の老婆だった。
 僕は身震いして、ベンチの上に伸び上がり、考え始めた。
 やあまったくだ! あの売台の前、あの場所にいる、あの婆さんだ。僕は二度ぶつぶつ言って、指を鳴らし、ベンチから立ち上がって、薬店の方へ行った。
 馬鹿なことはよせ! それは罪悪の金だろうが、それともコングスベールィ産の金で造った、いいノールウェイの小銭《こぜに》だろうが、僕にはどうでもいいんだ! 僕はわらいものにされたくはない、あんまり威張ると、死ぬようなことにもなる……
 僕は角のところへ行き、老婆に目をつけて、その前に立ち止った。僕は笑いかけて、親しそうにうなずいて、僕がふたたびやって来たのは、さも当然であるかのような調子で言葉をかけた。
「今晩は!」と、僕が言った。「お前さんはたぶん僕を見知っちゃいなさるまいね?」
「ええ」と、婆さんはゆっくりゆっくりと答えて、僕を見上げた。
 僕は、婆さんが覚えていないというのは、まったく冗談に言っているのだと思っているようなふりをして、やっぱりにやにや笑いながら、言った――
「この前、お前さんに五クローネルあげたことを覚えていないかね? 僕はあのときには、何とも言わなかったように思っている。何とも言わなかったに相違いない。正直な人を相手にするときには、一々約束なんかいらないからね。つまり小さなことに一々証書を取らないでもいいのだ。はははは。あの金を上げたのは、まったく僕だったよ」
「あらそう、あなたでしたか。考えてみると本当にそうですね、あなたでしたね……」
 僕は婆さんがお金の礼を言うのをとめようと思った。だから、大急ぎで台の上に、何か食うものはないかと見まわした。
「だから僕は菓子を貰いに来た」
 婆さんはその意味がわからなかった。
「お菓子だよ」と、僕は繰り返した。「僕は今菓子を貰いに来たのだ。なあにみなでなくてもいい、あの金のうち、いくらでもいいのだ。今日みな貰って行こうと言うんじゃないよ」
「あなたはお菓子を取りに来なすったのか」と、婆さんはきいた。
「ああ貰いに来たのだよ!」と、僕は答えた。そして婆さんに、僕が菓子を取りに来たことを気づかせるように、高く笑った。僕はなお台の上からフランスパンのような菓子を一つ取って、それを食べ始めた。
 婆さんはそれを見ると、売台の前に立ち塞がって、われ知らず、その品物をかばう身振りをした。そして僕に、品物を盗まれるのを、決して手をこまねいて待ってはいないぞと、悟らした。
「そうじゃないか」と僕は自分に言った。「ほんとにそうじゃないか。婆さんは実際立派な人だ。誰だって一山もある金を預けておいて、あとで取り戻しに来ない人はなかろうじゃないか。それごらん! 婆さんは僕があんなふうに金を投げつけたので、あれはおそらく盗んだ物と思ったのだろう。いや、むろんそんなことを思っているのじゃない。それでよろしいのだ。まったくよろしい! 婆さんが僕を正直な人間と思っているのは、まことに有難いと言わなけりゃならないのだ、ははは。まったく、婆さんはいい人だ!」
 けれども何だって僕は婆さんに金をやったのだ?
 婆さんは怒って、わめいた。僕は婆さんに金をやったことを説明した。低い声で、噛んでふくめるように説明した。
 僕は誰でも信用しているのだから、あんな具合にするのが習慣であった。いつだって、誰か僕に、契約をしようとか、証文をやろうとかいうときには、僕は頭を振って、「いいえ、どうしまして!」と言うのであった。僕がそうすることは誰だって知っている。
 けれども婆さんにはやはりわからなかった。
 僕は他の手段を取った。僕は下らんことを言うなと烈しくどなりつけた。
「こんなふうにして、まだ一度も前金というものを受け取ったことがなかったのかね」と、僕は婆さんにきいた。もちろん僕は裕福な人、たとえば領事のような人からのことを言っているのだ。そんな例はなかったのか。でも僕は、それが婆さんにとっては、いまだかつて知らない習慣であるからといって、許してはおけない。それは外国の風習、習慣である。婆さんはおそらく外国に行ったことがあるまい。それごらん! だから婆さんはこんな話ができないのだ……
 僕は台の上の菓子をなお二つ三つ取った。
 婆さんはぶつぶつ言って、頑固にこばんだ。僕の取ったものを一つ奪い返して、それを台に戻しさえした。僕はすっかり怒って、台を叩き、巡査を呼んで来ると脅かしつけた。
「僕は婆さんに情けをかけてやったのだ」と、僕が言った。もし僕が価だけのものをみな取ったなら、店は潰れてしまうのだ。僕が婆さんに前渡ししておいた金は莫大な額である。けれども僕はそれだけの菓子を取ろうとは言わない、僕はその価の半分だけ取ればいいのだ。そればかりじゃない、もうこれっきりで来ないというのだ。婆さんがこんな人間だと知った上は、もう誓って来やしない……
 とうとう婆さんは、二三個の菓子を法外な値をつけて投げ出した。四つか五つの菓子に途方もなく高い値段を言って、それを持って、さっさと行っておくれと行った。
 僕はなお婆さんと言い争うて、婆さんが少くとも一クローネをごまかし、その無法な高価で、僕の金を絞り取ったと主張した。
「こんな悪いことをすると罰せられるってことを知らないのか?」と、僕は言った。「大変なことだぜ、お前さん一生涯牢屋へぶち込まれてしまうぞ」
 婆さんは、一つ菓子を抛り出して、噛んで吐き出すように、行ってくれと言った。
 そこで僕も去った。
 ふん、あんな仕方のないくそ婆あったら見たことがない!
 僕は路を歩き歩き、むしゃむしゃ菓子を食いながら、婆さんの悪口を言った。今しがた僕らがお互いに言い合ったことを繰り返した。僕は、婆さんよりもずっと立派な人間であると思った。僕は人のみな見ている前で菓子を食べてて、そのことを喋った。
 菓子は一つずつなくなった。僕がどれほど食ったからとて、少しも腹にこたえなかった。僕は無限に飢えていたのだから。畜生め、なんぼ食ったって腹にたまらない! 僕はあぶなく最後の菓子まで食べてしまうところであった。それは赤鬚の男に唾をひっかけられた、ヴォウンマンス街の子供にやるために、残しておくつもりだったのに。僕はその子供のことをよく想い出した。彼が跳び上がって、泣きながら罵ったその顔を忘れることができなかったのだ。彼は、大人に唾をかけられたとき、僕のよっている窓に向っていたが、僕もそれを見て笑っているだろうと思ったらしく、僕の方を見た。僕があそこに帰って行ったら、今、あの子供に会えるかどうかはわからない! が、僕はできるだけ急いで、ヴォウンマンス街に行こうとして、さきに作りかけの戯曲を引き裂いたところを過ぎた。そこには、まだその紙片が残っていた。僕はさきに驚かした巡査の前を通り過ぎ、とうとう子供が坐っていた階段に立った。
 子供はもうそこにいなかった。街路は、ほとんどがらあきで、あたりは暗くなりかけていた。僕は子供をどこにも見つけ出せなかった。で、菓子をそっと出して、戸の端に置き、烈しく戸を叩いて、すぐに跳びのいた。
「子供はきっと見つける!」と、僕は自分に言った。「あの子が出て来て、一番さきに目につくものは、きっとこの菓子だ!」
 僕の目には、子供が菓子を見つけ出すという馬鹿げたよろこびのために、涙が湧き出した。
 ふたたび鉄道桟橋のところへ来た。
 今、僕は飢えを感じなかったけれども、さきに食べた甘いもののおかげで胸が悪くなった。
 もし僕がこの船のともずなをこっそりときってしまったら、どんなものだろうか。突然火事だと叫んだら、どうであろうか。
 僕は桟橋の先へ行って、一つの箱を見つけると、その上に腰掛け、腕を組んだ。僕は頭がますます狂うのを感じた。僕は動かなかった。ちっとも身をまっすぐにしていようとは思わなかった。
 僕は腰をおろして、ロシヤの国旗を掲げたコペーゴロ号を眺めた。欄干のところに一人の男がいた。後甲板の赤燈がその頭を照らしていた。僕は立ち上がって、彼に話しかけた。何の目的があってでもなく、また返事を受けようとも思わなかった。僕は言った――
「今晩出帆ですか、船長?」
「ああ、もうじき」と、彼は答えた。彼はスエーデン語で話した。だからきっとフィンランド人だと僕は思った。(フィンランドは昔スエーデン領で、かつロシヤに対する反感からスエーデン語をよく話す。)。
「とき、船長さんの方で、人はご入用じゃありませんかね?」
 僕はこのとき、いると言われようが、いらんと言われようが、かまわない。どんな返事をこの男がしたからとて、無頓着であった。僕は答えを待って、彼を見た。
「ああ、若い者が一人いる」
 若い者! 僕はぎっくりした。そっと眼鏡をはずして、ポケットに入れ、架け板を渡って、甲板に上った。「僕は、まだ海員になったことはありませんか、何でも、言いつけられたことはやります。船は、どこへ行くんですか」
「レースまで空船で行って、石炭を積みにカジスへ行くのだ」
「そりゃ結構です」と、僕は船長に迫った。
「僕はどこへつれて行かれたってかまいません。僕はするだけの仕事はします」
 彼はちょっと僕を見て、考えていた。
「彼はまだ無経験だね?」と、彼がきいた。
「ええ。けれども今も言ったとおり、何かさして下されば、やってお目にかけます」
 彼はふたたび思案した。僕は、必ずつれて行ってもらおうと決心した。それと同時に、陸へ追い戻されはしまいかと心配し始めた。
「どうお考えですか、船長?」と、僕はきいた。「僕は何でもやります。きっと! 言いつかったことができないようなら、僕はまったくつまらない人間です。僕は二直(当直二度の意味 航海用語)を交代せずに一気につづけてやれます。僕にはそれをやれます、十分堪えます」
「そうだね、じゃ試してみよう」と、船長は僕の最後の言葉を聞いて、微笑した。「それができなかったら、英国で船からおろすことにするよ、いいかね」
「もちろんかまいません」と、僕は喜んで答えた。そしてもしいけなかったら、英国で下船することを僕らは繰り返して言った。
 で、船長は僕に仕事を言いつけた……
 峡湾《フィヨルド》を出ると、僕は熱と疲労とに汗を掻いた体を伸ばして、陸の方に向い、家々の窓から華やかに燈火《ともしび》がかがやいているクリスチャニヤの市に別れを告げたのであった。

2018-08-23

「飢え」(作:クヌート・ハムスン、訳:宮原晃一郎) 8

[#5字下げ]四[#「四」は中見出し]

 冬が来ていた。ほとんど雪のない、霧の深いじめじめした冬が来た。霧と常闇《とこやみ》の夜が、そよとの風も吹かないで、まる一週間ぶっ通しにつづいた。街頭には終日ガスがともされていたが、人はそれでも霧のうちに衝突した。すべての音――寺の鐘の響き、辻馬車の鈴の音、人の声、蹄の音など、みな沈みはてて濃厚な大気の中に埋もれた。来る週間も来る週間も、天気は同じであった。
 僕は依然としてファテルランドに泊っていた。
 僕は困っていたが、いよいよ深くそこに馴染んだ、金はとうの昔に失くなっても、まるで自分はその旅宿にいる権利をもっていて、打ちくつろいでおられるもののように、すましてそこを出入りした。主婦《おかみ》はまだ何とも言わなかった。けれども支払いができないことが、僕を悩ました。
 こんなことで三週間たった。
 僕はもう幾日も前から、創作にとりかかっていたのだが、自分の満足するほどのものがあいにくと書けなかった。朝早く、または夜ふけてまで勉強して、努力してみても、どうしてもうまく行かなかった。僕の努力は効《かい》がなかった。幸運は僕を見棄てて行った。
 二階の一室、最上の客室で、僕は書いていたのだった。僕は金が懐中《ふところ》にあって、支払いができた最初の晩から、そこに納まっていたのだ。
 僕は、とにかく一編を書きあげて、間代も、またその他の支払いもすまそうという希望を、始終抱いていたのであった。僕が勉強したのは、そのためであった。僕は書き始めた本屋の火事の比喩譚《たとえばなし》にとくに非常な期待をもっていた。その深遠な構想を一つ書き上げて、新聞社の『大将』に持って行こうと思っていた。そうしたら『大将』は、あのとき(鉄道桟橋で十クローネルを与えた)は、本当に一箇の天才を助けたのだと思うであろう。僕は彼のそうさとることを信じて疑わなかった。だから今はただインスピレーションの来降を待つだけのことであった。どうして僕にインスピレーションが来降しないものか。なんでそれが絶大な勢いで僕に来降しないものか。もはや僕の邪魔をするものとては一つもない。僕は毎日主婦から少しずつ食物を供給された、バタ付きのパンを、朝と夕とに少しずつ。そして僕の神経過敏はほとんど消失してしまった。僕はペンをとるとき、もはや手にぼろを巻く必要はなかった。また二階の窓から通りを見おろしても、眩暈《めまい》のするようなことはなかった。僕の能力、すべての点において、非常に改善されたにもかかわらず、まだその比喩譚《たとえばなし》ができないのを怪しく思った。僕にはそれが何の関係でかはわからなかった。
 或る日僕は、どんなに衰弱していたか、またどんなに頭が鈍く、働きがなくなっていたかということを、つくづくと思わされてしまった。その日、主婦《おかみ》は書付を持って来て、これを見てくれと言った。
「勘定書には何か間違いがあるかも知れませんから……」と、彼女は言った。それは彼女の控え帳とは合わなかった。けれども彼女は何の間違いも発見しなかった。
 僕は計算をしてみた。主婦は僕の目の前に坐って、こっちを見ていた。僕はその二十項の数字を、初めから順に一通り計算して、合計が正しいことを知った。それからも一度今度は逆に計算して、やはり同じ結果を得た。
 僕は主婦の顔を見た。彼女は僕の目の前に坐って、僕の言葉を待っていた。僕はそのとき彼女のお腹が大きいことに気がついた。それは僕の注意を免れなかったけれど、僕は、無作法にじろじろ見るようなことは避けた。
「締高《しめだか》は違っていませんよ」と、僕は言った。
「ええ、でも内訳を調べて下さい」と、主婦は言った。「そんなにたくさんはないはずですから。私、そうおもっていますの」
 そこで僕は項目を一々あらためた――
パン二個      二五オウレ
ランプホヤ一個   一八オウレ
肉汁        二〇オウレ
バタ        三二オウレ
 ……こんな勘定をするのは賢い頭のいるべき仕事ではなかった。それは小商人の勘定で、天下の大問題でもないんだから。
 僕は、主婦が言っている間違いを見つけようとしてみたが、見つからなかった。
 二三分間この数字を調べた後、僕は頭がてんてこ舞いをするのを覚えた。僕にはもう貸方借方の区別がわからなくなって、両方をごっちゃにしてしまった。僕はとうとう次の項になって、ぱったりと行き詰ってしまった……
  三ポンド5|16チーズ 一六オウレ
 僕の頭はすっかり滅茶苦茶になった。ぼんやりとそのチーズを見つめているきりで、もう何もしなかった。
「これはまたどうしてごちゃごちゃに書いたものだろう!」と、僕は当惑しながら叫んだ。「ここに一六分の五というチーズがある。へへ、わけがわからない。まあごらんなさい、これですぜ!」
「ええ」と、主婦は答えた。「そう書く習慣《しきたり》なんです。それは緑チーズ(野菜を入れたもので緑色をしている)です。ええ、間違いありません。一六分の五は五ロット(一ロットは半オンス)……」
「それはよくわかっている」と、僕は遮った。もっともそれだけで、後はわからなかったのだが。
 僕は一二カ月前なら、たった二分間で終ってしまうこの小さな計算を、また改めて初めからやりなおした。僕は全力をつくして、汗みどろになって、この謎のような計算を考え、まるで一心不乱になって研究しているもののように、瞬きしたりした。けれども僕は投げ出してしまわなければならなかった。この五ロットのチーズはすっかり僕の心を転倒せしめた。僕は頭の内で何か破裂したように感じた。
 僕はやはり計算にふけっているように思わせるため、唇を動かし、ときどき数字を口に出して言った。だんだん計算を進めて、ついに終りに近づいているように見せかけた。
 主婦はじっと坐って、待っていた。
 ついに僕は言った――
「さあ僕は今初めから終りまで調べましたが、見たところで何の間違いもありませんね」
「ありませんか」と、主婦は言った。「ほんとにありませんか」
 けれども主婦は僕を信じていないことがわかっていた。そして突然、今まで僕が知らなかった冷淡な調子と、僕に対する軽蔑とが、その言葉のうちにわれた。彼女は、僕がおそらく十六分の幾つという計算には不馴れだろう、だから誰かほかの、計算のうまい人のところへもって行かなければならんと言った。彼女は僕に恥をかかせるようなひどい言い方をしないで、かえって僕を考えさせ、また真面目にさした。彼女が戸口に行って、出ようとしたとき、僕の方を見ないでこう言った――
「お邪魔しました。ご免下さい」
 主婦は行ってしまった。
 しばらくたってから、戸がふたたび開いて、主婦《おかみ》がまたはいって来た。廊下に出て、そう遠くまでは行かずに引っ返して来たらしかった。
「ほんとのことを申し上げるんですが」と、彼女は言った。「悪くおとりになっちゃいけませんよ。私あなたに少しお願いがありますの。あなたがお泊りなすってから、昨日で三週間になりましょう? たぶんそうだと思いますわ。あなたも、よくお考えなすって下さい。こんな大きな家族で暮らしていくのは、なまやさしいことではありませんよ。ですからねえ、いつまでも信用でお泊め申すなんてことは、実際できないんですよ……」
 僕は彼女の言葉を遮った。
「僕は、前にお話したように新聞の原稿を書いていますから」と言った。「それが出来上れば、すぐに金が手に入ります。安心しておいでなさい」
「けれども、いつまでたってもそれをお書き上げにならないじゃありませんか」
「主婦《おかみ》さん、そう思っていますかね。だがインスピレーションが明日にも、また今夜のうちにも僕に降《くだ》って来るかも知れません。或いは今夜来ないともかぎらない。そしたら、せいぜい十五分間で僕の文章は出来上るんです。僕の仕事は、他の人のとは同じでないことが今にわかるでしょう。僕は幾日のうちと日を限って自分の仕事をしやしません。僕はただ或る機会を待っているのです。いつ幾日にインスピレーションが降《くだ》るってことは誰も言うことはできないでしょう。それはインスピレーションの都合次第なんですからね」
 主婦は去った。けれども僕に対する彼女の信用は確かに動揺していた。
 僕はひとりになるとすぐに跳び上って、やけに頭をかきむしった。
 本当に僕には一つも救いがない、一つも、一つも救いがない! 僕の頭脳《あたま》は破産してしまった! 僕はもう緑チーズの一小片の価すら計算することができないほど、馬鹿になってしまったのか。しかしこんな疑問が自分に起っているのに、それでもやっぱり僕は理性を失ってしまっているのだろうか。のみならず計算をしている最中に、主婦が妊娠していることを明瞭にみてとったではないか。僕が前からそれを知っているはずがなかったのだ。誰もそれを僕に話して気化したのでもなかった。またひとりでにそれを考え出したわけでもなかった。僕はそこに腰かけて、自分の目で見て、すぐに、僕が十六分の五を計算する一瞬間に、それをさとったのだ。僕はそうした僕の頭の働きを何と解釈しよう?
 僕は窓のところへ行って、外を見た。窓はヴォウンマンス街に向っていた。二三人の、ぼろぼろな衣服《きもの》を着た子供が、汚ない町の通りで遊んでいた。子供たちが一つの空壜を投げ合ってわめき叫んでいる傍を、家具を積んだ荷車が一台のろのろと通って行った。それは家を追い出された家族で、家移《やうつ》り時(ノールウェイでは三月十月の十四日)の来ない前に、居所を移すのであろう。
 僕はすぐにこの方へ頭を向けた。
 荷車の上には蒲団や道具や、むしばんだ寝を投げ合っている子供たちを見おろしていた……
 こんなものを僕は立って見ていたが、何事が起っているかを理解するのに、何の骨も折れなかった。
 僕は窓ぎわに立って、こんなことを見ている間に、台所で、この家の娘がうたっているのを聞いた。その歌は僕も知っていた。だから僕は、歌を間違えはしないかと思って聴いていた。そして僕はひとりごちた――
「こんなことは白痴《ばか》にできることではない。有難い、僕はやはり他の人間と同じように正気なんだ」
 突然僕は、通りの子供のうち、二人が喧嘩を始めたのを見た。その一人は僕が知っているのであった。それはこの家の主婦の子であった。僕は窓を開けて、何を言い合っているかを聞いた。するとすぐに窓の下に子供らは集って、何ものかを僕に期待するように見上げた。
 何を待っているのだろうか。何か投げてでももらえると思っているのか。しなびた花、肉のついた骨、葉巻の屑というような、かじるか、それとも、おもちゃにできるものを投げるとでも思っているのか?
 子供たちは寒さに蒼ざめた顔をして、いかにも物欲しそうな目つきで、窓を見上げた。その間に喧嘩をしている二人の子供は、お互いに悪口《あっこう》をつき合った。この子供たちの口には、大きなねばねばした怪物のような言葉がうようよたかっていた。恐ろしい下等な言葉、売女や、船員などの言葉が叫び交わされた。おそらく、波止場で聞き覚えたものであろう。この二人の子供は喧嘩にすっかり夢中になっていて、主婦が、どうしたのかと、そばへ駈けつけて来たのも気がつかなかった。
「うん!」と、主婦の子は言った。「あの野郎、おれの咽喉をしめやがって、おれ、もうちっとで息がきれッちまうところだった!」
 そして、そこに立って、意地悪く薄笑いをしている相手に向き直り、やっきとなって、どなり立てた――
「地獄へうせろ、こん畜生! 人の首をしめやがって! どうするか、見ていやがれ!」
 すると母親――大きなお腹《なか》で、狭い小路一ぱいになっている妊娠《みもち》の女は、その十歳になる子供の手を取って、家に引っ張り込もうとしながら答えた――
「しっ! お黙り! そんな口をきくものじゃない! お前なんだってそんな下等な口をべらべらときくんだね! 内におはいりってば!」
「いやだ。はいらない!」
「おはいりってば!」
「いやだ。はいらない!」
 僕は窓のところに立って、母親がますます腹を立てるのを見た。
 この不愉快な場面は烈しく僕を昂奮させた。僕はもう、じっとしていられなかった。下の子供に、僕のところへちょっと上って来いと叫んだ。僕はこの場を早くおさめようとして、一二度叫んだが、ただ彼らの邪魔をしただけだった。最後に、うんと声を張り上げて叫ぶと、母親は仏頂面をしてこっちを振り向いて、僕を見た。そしてすぐにきっとなって、忌わしそうな目つきをし、ひどく傲慢な顔をして僕を睨みつけた。それから、息子を罵りながら、もとのとおりに向き直ったが、声が高いので、何と言っているが、僕は聞きとることができた――
「ええ、お前恥かしくないかね。人がみな見て、お前を笑っているよ!」
 こんな具合に、僕が立って見ていたすべてのもののうちで、どんなつまらぬことにしろ、ただの一つでも僕の注意を免れなかった。僕の注意力は非常なものだった、僕はこまかいことを、一つ一つ注意深く吸入して、何事か起るたびごとに、それをしっかりと心にとめておいた。だから、僕の頭脳に故障があるはずがなかった。どうして故障なんか、あるものか?
「おいこら、お前は知っているはずじゃないか」と、ふいに僕は自分に言った。「お前はもう永い間、理解力がどうのこうのって、そればっかり心配しているじゃないか。だが、もうそんな馬鹿げたことはやめにしろ! お前のようにすべてのものを正確に認めて、それをさとれるのに、それがどうして狂気の印《しるし》なものか。いやもう確かに。お前はほんとに僕をふき出さしてしま。それは滑稽でないでもない。簡単にわかりよく言えば、人はすべて一度はとらわれることがあるものだ。しかも、ほんのつまらぬことにこだわるものだ。べつに深い意味があるのでなくて、ただほんの偶然にそうなるのだ。今も言ったように、僕は間一髪でふき出しちまうところだった。あの小さな勘定、みすぼらしい、貧乏人のチーズとでも言うべきあんなものが何だ――へへ、青物と、胡椒《こしょう》のはいったチーズ――あの笑うべきチーズのことなら、世界一の利口者でも、馬鹿になってしまう。あの臭いだけでも人は馬鹿になってしまう……僕は緑チーズで大馬鹿者になった……いや、食べるものを僕に持って来いというのだ。なんなら十六分の五のいいバタをもって来い! それならばまた別のことだ!」
 僕は自分の思いつきに対して、病的な笑いをもらした。そしてそれが、非常に愉快であった。僕の頭には本当に何の欠陥もなかった。僕はしっかりしていた。
 僕の愉快は、部屋の中を歩きまわってひとりごとを言っているうちにますます加わってきた。僕は高々と笑った、非常に嬉しかった。この僅かな間――こうも心に何の隅もなく、明るい喜びに満たされている瞬間、僕の頭は十分仕事にたえるだろうと思った。
 僕は机に向って、あの比喩譚《たとえばなし》を書きにかかった。すると大変具合がよかった。これまでよりもずっとよかった。早くは進まなかったが少しばかり書き終えたものは、みな素晴らしい出来ばえであった。僕は疲れもせずに一時間ほど書きつづけた。
 そこで僕は、この比喩譚の眼目ともいうべき点、本屋の火事のところへ来た。ここは僕にとって最も肝要で、すでに書き上げた他の部分とはとても比較にならないように思われた。
 僕は、焼けたのは本ではない、それは頭、人間の頭であるとすっかり考えをきめていたところだった。そしてこの燃えている頭で聖バルトロメ(一五七二八月二十四五日の両夜フランスで新教徒を虐殺した故事。虐殺の比喩)をまざまざと描き出すつもりだった。そのときふいにあわただしく戸口が開いて、主婦がつかつかとはいって来て、いきなり部屋のまん中に立った。ちょっとでも戸口に止まるような遠慮なんかしなかった。
 僕は小さな、嗄れた叫びをあげた。僕はまるでポカリと一つなぐられたようだった。
「何ですって?」と、彼女は言った。「何かおっしゃったようですね。私どもではお客しゃんがお見えになりましたので、この部屋にお入れ申さなければなりません。あなたは今夜から階下《した》の私たちの部屋にお泊めすることにして、別に寝床をさしあげます」
 そして僕がまだ何とも返事をしないうちに、主婦はさっさと机の上の原稿を掻き集めて、順序を滅茶苦茶にしてしまった。
 僕は愉快な気分を荒らされて、立腹し、失望して、すぐに立ち上った。そして主婦が机を片づけるにまかせて、何も言わなかった。すると彼女は原稿をみなそっくり僕の手に渡した。
 どうにも仕方がなかった。僕は部屋を立ち退かなければならなかった。
 さあ、この貴重な刹那も破られてしまった!
 僕は新来の客と早くも階段で会った。彼は袖に大きな錨の印《しるし》をつけた若者で、うしろには、肩に船乗りの用いる箱をかついだ人足が一人ついていた。この人はきっと海員で、夜間にたまたま上陸したのだろう。だからそう永くは僕の部屋を占領することはあるまい。たぶん明日立つだろうから、僕がふたたびインスピレーションを受ける好機会にあうときには、もう邪魔もなくなっているであろう。たった五分のことで、火事の場面が出来上るところだったのに! それもまた運命だったのだ……
 僕は前に一度も家族の部屋に来たことがなかった。それはたった一つきりの部屋で、そのうちには昼も夜も、主人主婦、祖父及び四人の子供がごたごたと一緒にいるのであった。女中は台所に住って、夜もそこで寝た。僕は非常にいやだと思ったが、戸に近づいて、ノックした。が何の答えもなかった。内では話し声が聞えていた。
 亭主は、僕が入っても一言もいわなかった。僕の挨拶にも答えなかった。彼はまるで僕に関係のないもののような冷淡さで僕を見た。彼は一人の男とカルタ遊びをしていたが、その男は僕が波止場で見た、『ガラス板《グラス・ルウテ》』と呼ばれる担ぎ人足であった。向うの寝床には赤ん坊が寝ていて、ひとりで何やら片言を言っていた。主婦《おかみ》の父は寝椅子にうずくまり、自分の胸か腹かが痛みでもするように、手で頭をささえていた。その老人の髪は、ほとんど真白であった。彼が坐っている姿は、何かの獣が聞き耳を立ててうずくまっているようだった。
「ご迷惑でしょうが、今晩ここに置いていただきに来ました」と、僕は亭主に言った。
「あれがそんなことを言いましたか」と彼はきいた。
「ええ、新しいお客が僕の部屋に見えましたので」
 亭主はこれには答えなかった。彼はふたたびカルタを始めた。
 この男は、来る日も来る日もこうして、誰とでもカルタをやっているのだった。何のためにするでもなく、ただ時間をつぶして、手慰みをしていればよかったのである。彼は何をしようともしなかった。彼のぐうたらな体が欲しないかぎりは、ほとんど身動きもしなかった。けれども主婦《おかみ》は階段を昇ったり降りたり、家中を駈けまわって、客の待遇に気をもんでいるのであった。彼女は波止場人足と関係をつけておいて、それが新しい客をつれ込んで来るたびに、ちやほやするのであった。人足を一晩泊めることもたびたびであった、今、この『ガラス板《グラス・ルウテ》』も、新しい客を手引きして来たのだった。
 二人の男の子供と、痩せた、雀斑《そばかす》のできた二人の娘とがはいって来た。いずれもひどくみすぼらしい姿《なり》をしていた。それから少し後に、主婦もはいって来た。
 僕は主婦に今晩どこに泊めてもらえるかときいた。彼女は簡単にみなと一緒にここへ寝るとも、また玄関の間の長椅子の上に寝るとも、どちらでも都合のいいようになさいと答えた。彼女は僕にこう言いながら、部屋の中を歩きまわって、いろいろなものを片づけ、ちっとも僕の方を見ようとしなかった。
 僕はその不愛想な言葉にがっかりして、戸のそばに立って、まるで自分の部屋を、一晩他の者へ貸したことに満足しているもののように、できるだけ体を小さくしていた。僕は主婦の気にさわらないようにと、またひょっとして、家《うち》から追い出されてしまわないようにと、しいてにこにこしたのであった。
 僕は言った――
「それでは、どうにでもご都合のいいようにしましょう!」
 そう言って、僕は黙った。
 主婦はやはりせかせかと室内を片づけてまわった。
「ですがね、私は、信用でお客様にお宿をしたり、ご飯をさしあげたりすることはできませんよ」と、主婦は言った。「そのことは、前に申し上げておきましたとおりなんです」
「そうですよ主婦《おかみ》さん、もう、ほんの二三日です、僕の原稿が出来上るのは」と、僕が答えた。「そしたら、宿銭のほかに五クローネルあげますよ」
 けれども主婦はやはり、僕の原稿ができるものと信じていないことはわかっていた。僕はそれを推察することができた。が僕は、傲然としてこの家を出て行くことはできなかった、僕は少し加減が悪かったのだから。もし出て行ったなら、僕の体はどうなるか、ちゃんとわかっていた。