Hatena::ブログ(Diary)

s3731127306の資料室

2012-02-09

槇村浩「明日はメーデー」「誤って健康を伝えられた同志たちに(1)転向」

槇村(槙村)浩(1912〜1938)が生涯に残した詩は(小学校時代を除くと)26点。だが日本のプロレタリア詩人の中でも高く評価されている詩人のひとりである。
テキストの作成に際しては先駆けて電子テキスト化なさっていたサイト「名詩の森」様のhttp://www.urban.ne.jp/home/festa/makimura.htmを使用させていただいた。感謝の念をここに表する。
〔以下アイウエオ順〕

・明日はメーデー
槇村浩

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)軋《きし》

/\:二倍の踊り字(「く」を縦に長くしたような形の繰り返し記号)
(例)そろ/\
*濁点付きの二倍の踊り字は「/″\」
-------------------------------------------------------

古ぼけたぜんまいがぜいぜいと音を立てて軋《きし》る
もう十二時になるのに
あなたはまだ帰ってこない
くすぶった電球の下で
私はもう一度紙きれを拡げてみる
――八時までにはかならず帰る
    待っていてください  T
前の道路を行くヘッドライト
急に大きく
ぽっかりと障子にうつる
私はぎっくりして
寒い下着の襟をかき合わす
あなたはもう帰ってこない
あなたはセンイのオルグ
朝の四時
氷柱《つらら》を踏んで私たちが工場へ急ぐ時
あなたはニコニコ笑いながら
電柱のかげからビラを渡してくれた
――賃銀三割値上げしろ!
――労働時間を七時間に!
――鬼のような見番制を廃止しろ!
――外出、外泊、通信の自由をよこせ!
――全協日本センイ××(1)分会の確立へ!
ゴジックで大きく書かれたその文句は
焼けつくように私の眼頭《めがしら》にしみ込んだ

毎日毎日
あなたは電柱のかげに立っていた
氷雨《ひさめ》の降る朝でも
破けた傘にチビけた駒下駄《こまげた》をはいて
あなたは根気強くビラを渡してくれた
「ありがとうよ」
そういってビラを取る私たちの胸に
あなたの姿はなんというなつかしい印象を残したか
字なみの揃ったインクのかおりは
苦しい生活のなかで
どんなにか私たちを力づけたことか

そして私たちの分会ができた!
乾燥場の奥で私たちは最初の会合を持った
私たちのただ一つの組合である
全協!
その署名を見るたびに
私たちの胸には何かしら熱いものがこみ上げてきた
私たちはこの二字のなかに
全国の同じ工場のなかで
つきのめされ、疲れ切って
資本への憎しみにかたまっているおおぜいの兄妹を見た
旗をかかげ
腕を組んで
最期の日までのたゝかいに突き進む
何万の同志らの叫びを聞いた
私たちは集まって工新の発行を協議した
名前は「セリプレン」ときまった
「セリプレン」は二度めには百部出た
その時から
監督の顔色が険《けわ》しくなり
スパイが工場のなかをうろつき始めた
毎日
不眠で眼をまったにはらした見番が
何人かの名前を読み上げた
そして
フミちゃんも
しづちゃんも
呼び出されたきり帰ってこなかった

「赤い」というのを口実にしてそろ/\首切りも始まったし
おまけに一時間の居残り労働
積立金はビタ一文くれないで
「お国のために」しがない給料から天引きせねばならんという
戦地にいる兵士のことを思って」とぬかしやがった社長のハゲチャビンめ
だれが働き手を戦場に連れ出したんだ
だれがもうけるために戦争を始めたんだ

アジビラは毎日のように出たし
分会員の数は三倍にふえた
そこへ二割賃下げの発表だ
工場は急にどよめき出した
レンラクにいそいそとアジトへきた私なのに
立ち上がる日の近づいたという吉報をもって
あなたをよろこばせようとした私なのに
あなたはもう帰ってこない
どの街角であなたはあげられたのか
そして今夜
吹きっさらしの部屋のなかで
どんな拷問にあなたは耐えているのか

手紙を焼き
ガリ版をフロシキに包んで私は外へ出る
この寒空に
張っているパイ公もいないらしい
なつかしいアジトよ さようなら
あなたは帰ってこないが
あなたは後にたくさんの若芽を残した

さあ今夜はビラまき
夜が明けたら
すばらしい野天の五月のお祭りだ
フミちゃんやしづちゃんや
そしてあなたへの復讐に
私たちの解放のために
みんな!
がっちり腕を組んでストにはいろう
――明日はメーデー

(1)片倉


・誤って健康を伝えられた同志たちに(注・「健康」は正しくは「転向」)
槇村浩

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)呪《のろい》

/\:二倍の踊り字(「く」を縦に長くしたような形の繰り返し記号)
(例)かる/″\しく
*濁点付きの二倍の踊り字は「/″\」
-------------------------------------------------------

健康(1)の一語をかる/″\しく口にするな!
健康(1)の錯誤は健康の犠牲よりいたましい
これほどわたしら共同の仕事の大きな邪魔者があろうか!

どちらがより多く仕事が出来るか?
獄内で坐っているわたしらにか、獄外で迫害に耐えているきみらにか?
わたしらはいつもきみらの過誤と素朴と情熱とを愛した
わたしらは出獄した時のきみらの仕事の成果をまじめに期待した
その後のわたしらが引きついでやりぬくために!

だが
仕事をせぬために過誤せぬもの、わづかの差異をたてに責任の摘発に自慰するもの、卑劣なあげあしとりを事故の合理化と宣伝とに利用するもの
革命の寄生虫――ルンペンプロレタリアートに呪《のろい》あれ!

わたし、転向を知らぬ何千万の鋼鉄の裁判官の一人として
健康を伝えられた不幸な同志たちに代って宣告する
「汝等のうちに罪なきもの、先ずづ石を投げうて!」

(1)転向

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/s3731127306/20120209/1328756244