あやのん手帖

2017.03.30

No.1119_coffee can!

毎度お世話になります!

松永です∴

お茶はほうじ茶が好きです。



コーヒー豆ってどうやって保管していますか?
密閉容器や瓶でしょうか。


コーヒー豆の保管容器に迷っている人、迷っていない人にもオススメしたい!
それがこちら。


f:id:sa-style:20170329143245j:image
「 C O F F E E 」
左 400g用(高さ:15.5cm  直径:11.5) ¥1,782(税込)
右 200g用(高さ:12 直径:10) ¥1,404(税込)



中は茶筒のような構造になっています。
f:id:sa-style:20170329143241j:image
f:id:sa-style:20170329143230j:image
まず外のフタがあって、中のフタ。
まさに茶筒。

ダブルのフタで湿気をできるだけ防ぎます。
(※完全密閉ではないので、シリカゲルなどの乾燥剤と併用するのが一番よいです◎)


私はマンハッタン珈琲店の、マスターが丹精込めてお店で「チマチマと炒った」コーヒー豆を入れています。
ビターブレンドが最近好きです。



コーヒー缶、豆以外にもちょうどよくあるものを入れられます。
f:id:sa-style:20170329143238j:image
こんなふうに。

正体はロータスビスケット。

コーヒーとロータスが揃ったら、サイコーですよね。
喫茶店気分です。


f:id:sa-style:20170329143236j:image
200g用サイズにはビスケットがこれだけ入ります。
タテにぎっしりいれて27枚。


f:id:sa-style:20170329143322j:image
400g用サイズはこんなに。
タテにぎっしり+上に並べて50枚。


ロータスビスケットは25枚入りか50枚入りで売っているので、
25枚入りが200g缶、50枚入りが400g缶というふうにも考えられますね◎


既にコーヒー豆用に200g缶を持っているので、
ビスケット用に同じ200g缶を買うか、50枚入る400g缶を買うかとても悩んでいます、、!


実はコチラの商品はメーカー廃番になってしまっているので、気になる方はぜひお早目に!

2017.03.18

No.1118_おてがる万年筆で丁寧に書く

毎度お世話になります!

松永です∴

焼肉が食べたいです。


シオアパの万年筆@いつもの。¥540-(税込)
f:id:sa-style:20170318172824j:image
f:id:sa-style:20170318172818j:image

黒くてシュッとしててカッコいい。
赤い転がり止めがポイントです。


価格も高くないので、初めての万年筆にオススメです。
初めてじゃないけど、たまには万年筆使ってみたいなぁって方にも。


人間工学に基づいたグリップの形状で、ペンを正しく持てるようになっています。
ということは正しい持ち方で字が綺麗になる!

なのでシオアパでは「字が綺麗になる万年筆」と名前を付けています。


普段から万年筆を使っている方も、ペンが正しく持てているか?の確認に使うことができます。


インクはカートリッジ式なので面倒なインクを入れる作業もなく、グッとカートリッジインクを押し込むだけ。
かんたん。
(PILOTのコンバーターも使えます。)


シオアパの万年筆@新しい仲間。¥540-(税込)
f:id:sa-style:20170318172802j:image
f:id:sa-style:20170318172800j:image

なんと透明!
転がり止めも透明。

透明が好きな私にとってはサイコーの一品。


この透明万年筆と一緒に入ってきた色を含めてカートリッジインクが6種類あります。
f:id:sa-style:20170318172912j:image
黒、緑、青、赤、ピンク ¥216-(税込)
ブルーブラック     ¥432-(税込)

ブルーブラックのみ12本入り、それ以外は5本入りです。


インクと透明万年筆をあわせると・・・!
f:id:sa-style:20170318172813j:image
キレイ!!!!

f:id:sa-style:20170318172810j:image
いやぁ〜キレイ。
カラーインクはぜひ透明万年筆で使って頂きたいです。


持ってみた感じ
f:id:sa-style:20170318185624j:image
f:id:sa-style:20170318172805j:image



万年筆とインクをセットにして、ギフトにもオススメです。
この万年筆はあまり文具店でも売ってなくて、イカしてるプレゼントになること間違いなしです。



万年筆つかってみて思うことは、一文字一文字を丁寧に書くことができます。
そう思って書くのではなくて、自然とそうなってしまいます。


一文字一文字を丁寧に書いたお手紙ってステキだなぁ〜って思ったら、
なんだか友達に手紙を書きたくなりました。

No.1117_オススメ中古食器〜あやのん編〜

毎度お世話になります!
松永です∴
ガトーショコラアイスは前のチョコ×チョコ仕様の方が美味しかったなぁ〜と思っています。


前回に引き続き中古食器のご紹介!




f:id:sa-style:20170318172625j:image
うつわ1 ¥180-(税込)

キレイなうつわ。
甘いもの、おかず、何入れても似合いそうなカタチと大きさ。
f:id:sa-style:20170318172821j:image

特にほうれん草のおひたしやサラダがピッタリだなぁと思います。
キレイな透明で爽やかなうつわです。



f:id:sa-style:20170318172629j:image
デポちゃんグラス ¥280-(税込)

1989年に行われたデザイン博のキャラクター「デポちゃん」がプリントされたグラス。


デポちゃんのキモさが絶妙です。
顔だけみたらかわいいんですが、体と思われる部分左端になぞのボツボツが付います。それがとってもイモムシ感満載です。

でもカワイイ。ストローでオレンジジュース飲みたいです。


f:id:sa-style:20170318172633j:image
下端が少しだけキュッとしてるのがまたカワイイ。
この“キュッ”がグラス全体からのデポちゃん感を醸し出している気がします。




f:id:sa-style:20170318172635j:image
うつわ2 ¥300-(税込)完売!

私の大好きなあし付き食器。
これはもうプリン一択ですね。プリンアラモードにしましょう。

乳白色っぽいですが、サンドブラスト仕上の食器です。
ざらざらした感触もたまりません。


スタッキングできるので収納にも困りません。



f:id:sa-style:20170318172638j:image
カップ ¥350-(税込)

このカップは普通の白いカップです。
コーヒー用くらいの容量です。

普通に見えるんですが、裏側がこれ。
f:id:sa-style:20170318172640j:image

「中日本ブルーマン」


団体?施設?全く何かわからない固有名詞が書いてあるんです。
3つあったのですが、私が1個買って、1個お客さんのお家にお嫁に行って、あと1つ。

私が買った子はサイコーにヤンキーなので自慢したいくらい大好きです。



中古食器は一期一会。
キリンビールのグラスみたいにたくさんでてくるものでも、プリントが薄かったり濃かったり、マークがマイナーチェンジしていたり。
1個ずつ個性があってみていてとっても楽しいし、愛着がわきます。
中古食器のいいところです。

2017.03.17

No.1116_オススメ中古食器〜板頭編〜

毎度お世話になります!
板頭です◎
ファンタで一番好きなのはピーチ。


中古食器コーナーに新しい仲間がたくさん加わったので、
板頭のオススメをいくつかご紹介致します。


f:id:sa-style:20170317181857j:image
f:id:sa-style:20170317181910j:image
¥291(taxin)
アデリアのガラス皿。透明感が気持ちいい。
f:id:sa-style:20170317181921j:image
f:id:sa-style:20170317181934j:image
これは何を乗せてもカッコいいやつ。
板頭的には刺身、フルーツの盛り合わせが最有力です◎


f:id:sa-style:20170317181557j:image
f:id:sa-style:20170317181758j:image
f:id:sa-style:20170317181607j:image
¥248(taxin)
ちょっと深みのあるガラス皿。
f:id:sa-style:20170317181631j:image
第一印象は豆腐。和のデザートもピッタリですね。
この子は醤油や黒蜜がすごく映えると思います。
二つセットで使いたい。


f:id:sa-style:20170317181749j:image
¥216(taxin)完売!
f:id:sa-style:20170317181740j:image
FANTA。ファンタ。圧倒的ファンタ。
個人的に一番推しています。
シュッとスマートな佇まい、金色の文字。
カッコいい。。。
これはもうファンタがぶ飲みします。
ファンタと言えばファンタふるふるシェイカーよく飲んでたなあ。。。
最近見なくなって悲しいです。


次回オススメ中古食器、あやのん編。
絶対見てくれよな!

2017.03.13

No.1115_ET66

毎度お世話になります!

松永です∴

源氏パイ派です。



今日は電卓を紹介します。


「 ET66 」
これは1987年に発表されたBRAUNの電卓。


「 BNE001 」
これは2000年代に入ってから発売されたET66の復刻版


デザインはディーター・ラムス。
彼は1955年にブラウンに入社し、90年代まで様々な家電デザインに関わりました。


おなじみブラウンの時計や今日ご紹介する電卓、他にもレコードプレーヤーやスピーカーも。
様々なものをデザインしています。

彼のデザインは今見てもカッコよくて、古さを感じさせないデザイン。



とってもタイムリーなのでこちらも紹介します。
今月号の「カーサブルータス デザインのいい家電」。

その中でディーター・ラムスは「伝説の家電デザイナー」と紹介されています。




さて、電卓。
f:id:sa-style:20170313172859j:image
正面

f:id:sa-style:20170313172906j:image
背面

BNE001(ブラック・ホワイト) ¥6,480(税込)



今までは黒しか置いてなかったんですが、白が最近入荷しました!



初めて見た時、見た目で「これイイな」と思いました。
スッキリしていて、ボタンと、ボタンの配置と、ボタンの文字が分かりやすい。

電卓の四角の中に、ボタンの丸がいっぱい並んでいるのがかわいくて好きです。


ブラックはボタンに色が付いていて、この配色はiPhoneの初期の電卓の配色と同じ。
ホワイトはイコールだけボタンに色が付いています。色付きボタンでない代わりに文字に色が付いています。



この電卓にはカバーが付いています。
なので持ち運びも安心だし、ボタンにホコリも入りにくいです。
f:id:sa-style:20170313172908j:image
f:id:sa-style:20170313172912j:image

カバーが付いている姿もカッコいい電卓です。


カバーを外して、くるっと電卓の向き変えて、もう一回カバーを付けたら完璧。
出先で電卓を使っても、カバーを無くす心配もありません。

ついでにくるっと電卓出してる間に相手の視線もゲットです。



それと、電源が付いているのがいいです。
緑と、赤のボタン。小さくて丸っこくてカワイイ。

計算しないのにオンオフ押したくなります。
f:id:sa-style:20170313214352j:image


もちろん数字も押したくなる。
ボタンは押した感のある押し心地です。
f:id:sa-style:20170313214349j:image
押した感のある電卓が好きなので押した瞬間これはイイ!と個人的ヒット。


ブラウンを知ってる人も知らない人も、とりあえず押してみてほしい電卓です。



f:id:sa-style:20170313172914j:image
パッケージがカッコいいのでギフトにもオススメ。
値段もギフトにちょうどいい。


環境が変わることが多い3月。
お世話になったあの人に、これから新しい生活をするあなたに、ずっと使えるカッコいいデザインの電卓をぜひ。

2017.03.11

No.1114_思い出のヤツ

毎度お世話になります!

松永です∴

オリエンタルが出しているドアラカレーが気になります。




私が初めてシオアパに行った日に買ったものを紹介します。


.ぅ鵐妊ゴボーダープレート(17cm)
このプレートをみて、ショートケーキが絶対似合うと思って選びました。


そのあと、本当にケーキを買ってきてのせました。
f:id:sa-style:20170310180849j:image
やっぱり似合うんですよね。


コンビニで買ったケーキ、コンビニケーキらしくプラスチックのフォークで食べました。

プレートのネイビー、スポンジのイエロー、イチゴのレッド。
最高によい組み合わせです。


今もガンガン使っています。
さすが業務用、なかなか丈夫。



中古灰皿(四角)

これに、なんかカギとか入れようと思って買いました。
結局入れたのはアクセサリー。
f:id:sa-style:20170310180848j:image

シオアパに入ってからはあまり着けていませんが、アクセサリーが結構好きです。

この、四方向から同時に行けます!って感じが好きです。
丸のタイプもあったのですが、これは四角だろう!と。


板頭くんと灰皿のよさについて語り、やっぱり四角だな!と決まりました。


いまシオアパにある丸いゴツいのもかなり好きです。あと、オレンジのも。
f:id:sa-style:20170311144433j:image



ホルガ135BC(ブルー)
トイカメラ
f:id:sa-style:20170311144431j:image

トイカメラが結構好きで、棚の上に置いてあったホルガがとても気になって、
ほかにもありますよーって、板頭くんにたくさんトイカメラを出してきてもらいました。


その沢山のなかからやっぱり最初にみたホルガにしました。
ホルガは持っていなかったのもあってこの機会に、と思って。


カメラは結構持っているのですが、NikonFM10以外は全部トイカメラ。
その中でもスメナ19というのをメインに使っていました。


そこに、どこかから帰ってきた伊藤オーナーがあらわれて、スメナ持ってるよ!と言うので、なんだかトイカメラの話ができて楽しかった記憶があります。



これが私の初めてのシオアパ。
去年の6月でした。懐かしいなぁ。


物を買うとき、なんとなくだけで決めることってあんまりないと思います。
だから、どんなものでもエピソードがあると思います。

是非あなたの初めてのシオアパも教えて下さいね。

2017.03.10

No.1113_カリモク60新商品紹介

毎度お世話になります!

松永です∴


ピノはノーマルが好きです。パッケージ赤いやつ。




カリモク60、2016年末と2月にドドドっと新商品が発売されました!
新商品全ラインナップ紹介です!



●ロビーチェア専用モタレクッション
f:id:sa-style:20170309164221j:image

ロビーチェア用モタレクッション ¥ 19,656-(税込)
サイズ:W500×D450


ロビーチェアの座り心地をよくするプレミアムクッションです。
ウレタンとフェザーでできています。
カラーはモケットグリーンのみです。




●カフェテーブル1200
f:id:sa-style:20170309160452j:image

カフェテーブル1200 ¥ 59,940-(税込)
  サイズ:W1180×D590×H60


昨日のブログでもご紹介したカフェテーブル1200。
Kチェア2シーターにピッタリのテーブルです。




●ダイニングテーブルT1300・1500

T字脚のダイニングテーブルも追加されました!

ウォールナット
f:id:sa-style:20170309164223j:image

モカブラウン色
f:id:sa-style:20170309164225j:image

ピュアビーチ色
f:id:sa-style:20170309164224j:image

カラーラインナップは通常ダイニングテーブルと同じです。

サイズは1300と1500の2つ。


ダイニングテーブルT1300
ウォールナット ¥ 78,300-(税込)
モカブラウン  ¥ 78,300-(税込)
ピュアビーチ  ¥ 96,120-(税込)


ダイニングテーブルT1500
ウォールナット ¥ 81,000-(税込)
モカブラウン  ¥ 81,000-(税込)
ピュアビーチ  ¥102,600-(税込)


T型ダイニングテーブルは脚の場所を外・中・内の3パターン選ぶことができます。
お客様自身でも脚の場所を変えることができるので、用途に応じでカスタマイズができます。

また、ダイニングテーブルにベンチを合わせる際は脚が真ん中にあるので出入りがしやすいです!




●ローボード1800
大型テレビが置けるローボードが発売になりました!
f:id:sa-style:20170309164227j:image

ローボード1800 ¥181,440-(税込)
サイズ:W1770×D442×H403〜558


なんと脚をとり外すことができます。
f:id:sa-style:20170309164226j:image

床でテレビを見る場合には、脚を取り外した状態にすることで低い位置で見ることができます。


また、棚板・仕切り板のパターン変更ができます。
f:id:sa-style:20170309164228j:image
f:id:sa-style:20170309164229j:image


背板も取り外し可能で、配線溜まりスペースもあります。

実用的に、しかもキレイに見えるようにつくられているローボード1800です。




新商品の展示はシオアパにカフェテーブルがあります。
全ての商品ご注文して頂けますので、気になる商品がありましたらスタッフにお声がけください。

2017.03.09

No.1112_待望の1200が仲間入り!

毎度お世話になります!

松永です∴

セブンイレブンのチーズアイスをサンドしたやつが美味しかったので皆さんぜひ試してみて下さい。



今日2回目のブログ更新。

木曜日は定休日明けでなにかと入荷が多い曜日。



そんな入荷DAYの今日、展示の仲間入りを果たした子がいます!

早速紹介します!

f:id:sa-style:20170309160452j:image
カリモク60 カフェテーブル1200 ¥59940-(税込)
サイズ:W1180×D590×H600
天板:メラミン化粧板(ホワイト)
カラー:ウォールナット



昨年の新作「カフェテーブル1200」
Kチェア2シーターにピッタリ合うサイズです。


以前から展示のお問い合わせを多くいただいていましたこの子がついにやって来ました!

展示を少々動かして、2階のルームに展示です!
f:id:sa-style:20170309160500j:image



座ってみた感想
「これはいいわぁ!!」



f:id:sa-style:20170309160522j:image
高さは60僉D名鑒妊フェテーブルと同じです。
脚を組むとちょうど膝がくる高さ。(私調べ)


ちょっとしたラックが付いているので小物を置くことができます。
f:id:sa-style:20170309160458j:image



Kチェア2シーターに座ってお食事も作業もコーヒーで一服も、ぜんぶやっちゃいたい方にオススメ。

天板はメラミン化粧板なので、お手入れも楽。ガンガン使っていけます。


私はパソコン作業をするビジョンが見えました。
合わせるとしたら2シーターのタープブルー!タープブルー推しです。
モケットグリーンもいいかも。
f:id:sa-style:20170309162219j:image
f:id:sa-style:20170309162218j:image


一緒にクッションもつけたら更に快適なKチェアライフを送ることができます。


この快適さ、座ってみないと分からない。
ぜひ体感しに来てくださいね!

No.1111_KNS勉強会!

毎度お世話になります!

松永です∴

雪見だいふくのスイートポテト味がおいしかったです!

そして記念すべき1111回目のブログ。



定休日の昨日3/8(水)は姉妹店ホーミィルームスタイル主催のKNS勉強会に参加してきました!
f:id:sa-style:20170309141343j:image


K・・・カリモク
N・・・ニュー
S・・・スタンダード

カリモクニュースタンダードの勉強会。
KARIMOKU NEW STANDARD


シオアパでは、3階にある大物、キャストールソファなどのキャストールシリーズ、カラーウッドダイニング、トリイエス
などの展示があります。




カリモクニュースタンダードとは2009年にできたブランドで、本来紙にしかならないような細い木を加工して家具にしています。


実は切り出される木のうち、大半は木材として使われていないんです。
その大半は木材になるには太さが足りなくて紙の原料パルプ用のチップになるのですが、そのような木はかなり低付加価値。
だから、そのような木を紙ではなく付加価値の高い木材として利用し、日本の林業活性化ができないかという考えからうまれたカリモクニュースタンダード。

その木はもちろん全て国産で、北海道・青森・岩手・秋田からやってきています。

製造ももちろん日本国内のカリモク家具の工場で。
“完全国産家具”なんです。




こんなふうにじっくりと内容の濃い(もっと濃かった)、カリモクニュースタンダードとはなんぞや?というところから
日本の森林事情、木について、もちろんカリモクニュースタンダードの商品知識までをレクチャーしていただきました。


お話していただいたのはカリモク家具池田さん。(画面奥)
f:id:sa-style:20170309141342j:image



個人的な思い出ですが
池田さんには昨年11月の国際家具見本市で初めて会いました。


もちろん挨拶をさせていただいたのですが、その際に「あなたのことは知っていますよ」
と言われて心を奪われてしまいました。
(伊藤オーナーがFBか何かで私のことを書いてくれていたようです。)


2回目の池田さん。
前回はちょっと挨拶程度だったのでわからなかったんですが、
池田さんめちゃめちゃユニークな方でした。


そして池田さんのお話は全然飽きない。
13時から始まった勉強会も気付いてたら外は暗くなっていて18時を回っていました。
f:id:sa-style:20170309141336j:image

大須DECO神谷さんのジャケットのトラがイイ◎



カリモクニュースタンダードについて知らなかったことを知ることができて、
カリモクニュースタンダードの商品に詳しくなって、
なんだか今までよりもっと自信をもっておススメできる気がします!


モリモリメモをとる大須DECO吉見さん。
f:id:sa-style:20170309141338j:image





今回KNS勉強会を主催のホーミィルームスタイル。
f:id:sa-style:20170309141340j:image

3月で17周年!!!!!
私が小学生の頃にはもうあったお店なんですね・・・歴史が長いです。


そんなホーミィルームスタイル、17周年企画として
3月18日(土)〜4月2日(日)まで
「カリモクニュースタンダードフェア」を開催です!


どんな内容になるのでしょうか。
詳しくはホーミィルームスタイルからのお知らせをお待ちください。
待ちきれない!!という方はお問い合わせしてみて下さいね。
【 ホーミィルームスタイル TEL 052-808-4949 】
Homey Room Style ホーミィールームスタイル



そして天童木工リバイバル展示も終わり(予約は3/26まで受け付け中です!)、少しスッキリした3階。
久しぶりにあのブランドの家具が展示に追加されます!


続報を待て!

2017.03.06

No.1110_天童木工リバイバルエディション、一般予約開始です!

毎度お世話になります!

松永です∴

ハーゲンダッツのきなこ黒蜜(でしたっけ?)が食べたいです。



天童木工リバイバルエディションの展示が終了いたしました!

ご来店くださいましたみなさま、ありがとうございました。



実は今回のリバイバルエディション巡回展示にあたって、先月に姉妹店全店スタッフ天童木工の勉強会を行いました。

担当の天童木工加藤さんがお話ししてくださいました。

バタフライスツールなどの椅子ができた経緯やたくさんの知識を教えて頂きました。


カリモク60もそうですが、知れば知るほど愛着がわいてしまう天童木工の家具たち。

なにか聞いてみたいことがあったら、天童木工にさらに詳しくなったスタッフに質問してみて下さいね。



リバイバルエディションの展示は終了いたしましたが、実はまだバタフライスツール・ヘロンロッキングチェアのご予約は受け付け中です!


本日からは一般予約販売となっております。

本日から3月26日まで受け付けております。


東海地方ではシオアパ、スミカのみでの販売です。

お気軽にお問い合わせ下さい。


シオガマアパートメントスタイル TEL 052-806-4228 
スミカ TEL 0565-34-5653



※ご予約が多数の場合は抽選となることがあります。

2017.03.03

No.1109_天童木工リバイバルエディション展示中です!

毎度お世話になります!


松永です∴


今日はピノを買ってシオアパに来たのですが、買ったことを忘れて30分程過ごしてしまいました。
冷凍庫に入れましたがもう一度固まってくれるでしょうか・・・心配です。




さて、くるぞくるぞ〜と前々からお知らせしていました天童木工リバイバルエディション。
昨日から展示を開始いたしました!


限定の取扱いが決定して、予約開始して、スミカに展示がきて、シオアパにも展示がきて、やっとここまできた!という気持ちです。



伊藤オーナー渾身の配置換え。
まるで天童木工ショールームのよう。
f:id:sa-style:20170303112740j:image



●バタフライスツール 全国120脚限定
f:id:sa-style:20170303112745j:image
やはり木目がカッコいいです。
インドローズウッドはバタフライスツール発売当初に使われていたものと同じ材料。


今回の限定バタフライスツールは、木目をいかすために現行モデルとは違う塗装を施している為、触り心地も全然違います。


シオアパには現行モデルのメープル材・ローズウッド材のバタフライスツールも展示がございますので、違いを見比べて頂くことができます。
f:id:sa-style:20170303112741j:image




●ヘロンロッキングチェア 全国120脚限定
f:id:sa-style:20170303112747j:image
シオアパには布地(張地ランクB:エヌシー・シアン)のロッキングチェアがやってきています。


f:id:sa-style:20170303112737j:image
左が現行モデルで、右が今回の限定ロッキングチェアです。

ステッチのスパンが今のものよりも狭い、発売当時とおなじデザインのものが特別に作られます。


また、木部はナラ材。こちらも発売当時と同じ材料です。
深いアメ色に変化していくのが特徴です。

新品の状態でも、現行のホワイトビーチ材よりも色が深いです。




バタフライスツール、ロッキングチェアともに現行モデルと見比べはもちろんのこと、座り比べて頂くこともできます!



世界的に有名になったバタフライスツール、成型合板技術の集大成ヘロンロッキングチェア。

この2つの発売当時の姿を一気に見られるチャンス。是非見に来てくださいね。


3月5日(日)までの開催です!